時輪

  ◆ T a b l e t か ら の ご 案 内 ◆
ご案内
「移転のお知らせ」
占い処タブレット

◆店舗住所
北九州市小倉北区魚町2丁目商工会館ビル1階
電  話 093-953-6616
11時〜20時まで営業

移転のお知らせ
占い処たぶれっとは、
移転いたしました。
場所は
福岡県北九州市小倉北区魚町2-6-1
第一小倉商工会館108号 です。
ご来店される際は、ご予約のご連絡をお願い致します。
お待ちしております!
Tel093-953-6616   

●予約を入れて頂く意義

占いのご希望が、
今日の何時からと言われることが多く
当日予約ですと、予約が一杯で
お断りせざるをえない場合が多くなります。
出来ましたら、ご予約は2、3日前迄にしていただけると、
とても助かります、宜しくお願いいたします。
---------------------------------
その方の先天運と後天運を事前に出しますが、
3回は読み直して伝えるべき事を調べます。
一人に30分を2、3回、鑑定前にかけて調べます。
ご来店され、その場でサッと診られるより、詳しくわかります。
結婚、転職、子供への接し方、出産、退職後の生活、
家は買うべきか、借りるべきか、不倫、離婚、再婚、
病の早期発見、会社の倒産危機の時期、後継ぎ、
人によって変わる婚期から、適職、事故になりやすい年、
もう1000人いたら、1000人が一人ひとり違います。
自分を知ることから、生き方は決めましょう。


----------------------------------------------------
「 学生割引を始めました 」

●高校生の皆さんに大サービス
お一人様 60分 : 1500円 で占います。
(ドリンクサービス有り)
電話予約してお越し下さい。

10代のうちに占いで知っておきたい自分の適職と婚期と結婚相手の特徴。 この3つさえ間違わなければ、不幸になんかはならないよ。 この3つを高校生の皆さんに高校生割引きで、お教えします。 お2人でいらっしゃって大丈夫です 毎週月曜日、水曜日、金曜日にお越しください。 前日までに電話で予約して下さい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・

●大学生の皆さんに大サービス
お1人様40分間¥2500(ドリンク付き)
前日16時までにご予約下さい。


----------------------------------------------------
「 新企画!電話鑑定について 」


最近、ありがたいことに
遠方から、小倉まで来られての
鑑定依頼が数多くあります。
面談での鑑定もとても価値のあることですが、
あまり負担をかけずに鑑定を行えるように
電話鑑定を1日に1名様に限り行います。
時間は20時から。
完全予約限定の、申し込み先着順です。
詳しくは占い処「たぶれっと」
電話093・953・6616へ。
料金は基本1時間 を10000円といたします。
土曜日、日曜日、祝日は
お休みとさせていただきます。
----------------------------------------------------

◆ 最近のブログ 令和6年6月14日
「カレー仙人高野のブログ」

?短い恋愛、長い結婚はあり。長い恋愛、長い恋愛はなし。無い物ねだりをする貴方は、地図の無い社会に住んでいるから、キツイ、辛い。漫画やアニメの2次元の世界には、人間は生きれないよ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月14日
「カレー仙人高野のブログ」

漢方薬の例えばツムラ。これは国が保証するから。が、訳のわからぬ漢方薬を売る漢方薬局で買った薬を飲んで、副作用が出ても、泣き寝入りするしかない。コロナ、インフルエンザに効くとか、予防になるとか。薬害として患者が多いのはこの類いが今は一番。ご注意を。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月14日
「カレー仙人高野のブログ」

その昔、遊郭があった場所に井戸がかったり、川があったりすると、病気や殺されたりした遊女の遺体は、井戸に葬られたり、川に流されたりしたと言う。そんな地が多かった元遊郭の場所にはやはり今でも怨霊が出ることがまだまだある。南無阿弥陀 安らかに眠りなさいませ。南無阿弥陀 南無阿弥陀。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月12日
「同棲の一般論」

勝手なもので、同棲していて幸せ気分に浸っていたくせに男性は、 同棲をするような女性とは結婚したくないと言う。 男性は同棲中の女性が浮気することを別れの理由として告げることすらある。 女性は簡単に同棲などするべきではない。 これが一般論だが、正論と言える。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月12日
「四柱推命で貴方の幼少期にタイムスリップしませんか?」

四柱推命の占いで、貴方が赤ん坊の時から小学生に上がるころまでの、   貴方が、母親が、父親がわかる。   見えてくる。   だから今の貴方が、わかってくるから興味深いのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月11日
「カレー仙人高野のブログ」

一年で人が亡くなるのが一番多い月は何月か? 昔と逆転して12月から1月にかけてが一番多い。昔は夏だったが、温暖化のせいか?変わってきた。満月の大潮の満潮時に人が生まれ、干潮時に人が亡くなる、は変わらず。風邪を拗らせての肺炎、肺癌は相変わらず高い死因になる。風邪の邪気は背中の首元から入る。タートルネック、マフラーは冬の必需品と言える。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月10日
「カレー仙人高野のブログ」

10代のうちに占いで知っておきたい自分の適職と婚期と結婚相手の特徴。 この3つさえ間違わなければ、不幸になんかはならないよ。この3つを高校生の皆さんに高校生割引きで、お教えします(。)お2人でいらっしゃって大丈夫です。毎週月曜日、水曜日、金曜日にお越しください。?前日までに電話で予約して下さい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月10日
「カレー仙人高野のブログ」

ほとんどの独身女性が結婚するべき時期に先延ばしして結果、結婚を諦めている。または、結婚すべき運気でないのに結婚してしまい、結果わかれてしまっている。他は、アイドルの追っかけで30代まで頑張り、気づいたら40代中にはバージンを捨てるチャンスも逃がし、癌になり60代が目前の人もいる。少子化は男性が女性にたいする思いやりが足りないから起こっている社会問題と。  

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月9日
「カレー仙人高野のブログ」

コロナ、インフルエンザにかんする漢方薬による薬害が大変多いので、くれぐれもご注意下さい。腎臓、肝臓、膵臓と異常を感じたら即座に大きな病院へ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月8日
「カレー仙人高野のブログ」

食べ物の番組ばかりのテレビ。同じくらいに野球のアイドルが登場して来る。春の高校野球もエンタメ色を出している。昭和のカラーが懐かしく恋しく、それを探すとなると街並みではなく海や山、河、森にさらには花、野菜、果物、となってくる。  最近は野菜がとても美味しく感じる。いや美味い。土から生きる野菜。人も土と共にいきるのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月7日
「カレー仙人高野のブログ」

ある愛想が良い店主の話し。外面が良い。まわり近所の人からの受けも良い。奥さんが悪いと言う悪口しか聞こえてこない。その悪口は最悪。が、その奥さんに言わせると、ロクデモナイ亭主でパワハラが物凄く、ひざまづいて亭主を迎え入れろ。ひざまづいたなら、オレ様のナニを舐めてサービスをしろ、それをしないなら俺は他の女と遊ぶ。こちらが実話である。近所では受けが良すぎて、奥さんの為にご主人が苦労して可哀想だ。そのご主人の店のある一帯から火の気が出て火事になった。奥さんが悪い、と言っていた近所の店もその火事で焼けてしまった。バチが当たったと僕は思った。その夫婦の生年月日の命式をみて、そう思った。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

h5>◆ 最近のブログ 令和6年6月6日
「カレー仙人高野のブログ」

実は僕も恋愛に関しては、融通がきかな純文学の浪漫派がベストだと信じていたのです。だから恋は苦しいほど価値があるとか、素晴らしいのだと思い込んでいました。イージーな恋愛はくだらないとか、美しくないとか、差別していました。それが間違いだと30代に感じ、人生とは何であるのか?と、悩み多い大人でありました。戦後の団塊の世代は、こんな生きかたをした人が多かったのです。すみません!としか言いようが無いほど、無知でした。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月5日
「カレー仙人高野のブログ」

恋愛は楽しいにしろ、辛いにしろ、振るにしろ、振られるにしろ、結果よりも過程を経験する為にあるのです。だから、恋愛したらそれだけで人生が活きていると実感できるから、結ばれなくともいいのです。だから、その経験から学ぶことがあるから、意義ある事です。確かに。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月4日
「カレー仙人高野のブログ」

「たぶれっと」が京町から魚町へ引っ越しをしました。魚町と言っも「資さんうどん」のある裏魚町2丁目。商工会館ビルの1階ですから、解りにくい場所になるでしょう。常連客の方には穴場的で好まれそうだな、と言う見方を僕はしていますが。裏魚町という言葉も古い言葉。表魚町に対しての裏魚町ですから、占いの店には相応しくもある呼び名です。裏魚町は劇場・昭和館に向かいます。そして中津口からやがて中津へ辿り着く。中津には関西から物が運ばれて、それが小倉の表と裏の魚町で売られていた。物は勿論、違いのあるモノでした。中津と小倉は縁のある仲。県境の山国川の水が北九州市民に呑まれているなどもあり、。中津の津は港を表しているわけで、瀬戸内海を舟が行き交い、関西と北九州を人、モノ、文化で結んでいたとなります。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年6月3日
「カレー仙人高野のブログ」

私の尊敬するフランス創作料理「リップ」のオーナー・シェフのIさんの店に行って、シュークリームとエクレアを持ち帰った。味も出来栄えもオリジナリティも素晴らしかった。ケーキのようでケーキでない。料理の延長に生まれた逸品。大人の味が妙にお菓子っぽくないし、これを食べに北九州の小倉に来る価値がある。つまり北九州の自慢すべき銘品として位置付けするべき食文化が味わえると絶賛したい。こう言った食文化に貢献されてる料理人さんを大切にしてこそ、街は栄えていく。北九州市はモノづくりの街なんだから。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月31日
「カレー仙人高野のブログ」

若松ボートでBーDの連勝単式で35800円と言う大穴が出た。事故レースで3艇が転覆した。僕の知人が特券で3枚買っていた。約100万円だ。彼はやがて会社を辞めることになり、大阪辺りでキャバレーで働いていた。ギャンブルの怖さを語ることにした。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月30日
「カレー仙人高野のブログ」

昨日は熊本から15年来のお客様がお見えになられました。こちらの方は3年前に宝クジを当てられた方のお一人です。参考までに言うならばバラ券を3枚買い、内2枚が当選した方もいらっしゃいました。半信半疑だが、皆様当たると、もっと買えば良かったと思う方と、これで充分と満足される方がいます。満足される方は御礼のお小遣いを下さります。欲の消えない方は次はいつか?と聞いてきます。人生、浮世はそんなものです。だから面白い訳ですね。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月26日
「カレー仙人高野のブログ」

悪い気、邪気、気をもらうなど。神社に行き過ぎると悪い気を貰う? いやいや、人生ばかり行ったんじゃ有り難みがわからなくなるから、そう言うし、そう言われるのだ。病院ばかり行って、検査検査するのと同じように神社神社、占い占い、お祓いお祓い、恋愛恋愛、勉強勉強、色気色気、男、男、女、女するのは、有り難みを忘れる愚行である。飲む打つ買うで人生終わったらいかん!ですよ、と言うことだ。 

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月23日
「カレー仙人高野のブログ」

占いで結婚した人、出来た人、また離婚した人、再婚した人、再婚出来た人、大学入試に合格した人、選挙で当選が出来ないと諦めていたのが出来た人(これは本人の運の力)、あと100人握手したら受かると伝えたのにしなくて惜しくも落選した人(こういうまさかを信じないのは、やる気がないか、落ちたい運気の時か)、さらに大病を早期発見で食い止めて延命した人達(これはかなりの方がいらっしゃる)、わざと浪人して次の年に一流の国立大学に合格した人、さらに、なんと騙された気で買った宝クジが当たった人バラけん3枚の2枚が当たりの人、これが占い。運を見て行動すると叶うことがある。パートナーから付き合いを始めたい男女の方はタブレットにご連絡下さい。カレー仙人迄。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月22日
「カレー仙人高野のブログ」

玉の輿はおろか、結婚も恋愛も難しかろう女性は? 女性を良く知る人は男女共に、女性の仕草、話し方、声を実によく観察しているし、聞き耳をたてている。顔は見なくとも人柄や性質の善悪、頭の賢い、賢くない、父が母に難ありまで見抜いていく。しゃべりにはお里が知れる隠語が含まれているとさえ、言い切る。どんなに自分を装っても、裸の王様は裸だと。話し言葉でお里が知れる。海か山か街か田舎かまで解ると。たとえ凄い美人であったとしても、騙されてしまうのは、駄目男だと。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月21日
「カレー仙人高野のブログ」

四柱推命占術と東洋医学の鍼灸の専門学校を北九州市の小倉に創りのが夢だった。そうしたら整骨院の鍼灸レベルになっていなかったと悔やまれる。これが残念。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月20日
「カレー仙人高野のブログ」

占いを始めた理由が馬鹿らしいどうでも良いことなら、その占いは、その世界からはなかなか抜け出せない。つまり占いで恋占いや、人の性格の悪いところを知り陰口をいう程度の他愛のないあそび以下の悪戯で終わる。ここから抜け出すには、学問的な考察をひつようとする。フロイトやユングの心理学と真っ向勝負して生きて行かねばならない。四柱推命をタロット以下にしては意味がない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月19日
「カレー仙人高野のブログ」

おしゃれは大切だと何故に教えないのか。 メガネはオシャレしない方が人からは好かれる。世の中の人でメガネに金をかけた人は、殆どが自己満足。性格の悪い部分をさらに悪化させている人が多い。つまりブスで頭が悪く、生活の悪い人は、特に女性は、気持ち悪くなるくらいに化け物になってしまう。(眼鏡)メガネが色っぽいなんて、嘘だ。メガネはブス顔を隠す部品。メガネは人は似合わないから、かけなさんな。ガチャ目、メガネ猿、と影で言われてる。鼻が低い日本人はメガネは似合わないのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月18日
「カレー仙人高野のブログ」

文系?理数系?大学、短大、高卒? 関係なしに生きれる様に生きて行く。皆そうなるし、なって行く。世渡りの優れた人は苦労を買って出る。世渡りのまずい人は、苦労をしたくないだけ。最後は学歴のせいにして自分を正当化している。危機はチャンスという人は、チャンスをモノにする。今の日本は無意味な大卒とチャレンジャーで成り立つ。  大卒は挫折を地獄の様に考えるから成功しない。学歴すてれば怖いモノなしになるから、ご安心下さい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月16日
「カレー仙人高野のブログ」

陽の男女とも、喋りがゆっくり。が、感情的になると早くなるのは女性。男性は幼稚な単語を使ってしまう。陰の土の男女とも喋りは不得意。マイペースで起伏なし。陽火の男女とも明るい喋り。陰の火の男性、乗るとよく喋り、乗らないと黙る。陰陽の木、よく喋り、本音を出す。批判力あり。陰陽の水、男女共に無駄口なし。陽水は仲の良し悪しにより話す内容変わる。陰陽の金、男女共にハキハキと物申す。ウソが下手でバレバレの嘘しか言えない。柔らかい説明下手で、それに自分が腹立たしくなる。話しのテンポ独特。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月15日
「カレー仙人高野のブログ」

スケベ度合いは親の愛情により柔らかくなり、兄弟を見ながら度合いは深まっていく。これは男。女は、寂しがりやは助平に間違えられる。母との仲良ければ、爽やかな助平。悪ければ、男に都合の良い女性になり易し。が、助平は悪いことではない。盗撮は馬鹿、阿保、クズ、ケチ、最悪。戦知らずの素人童貞は気持ち悪がられから、風俗に行きなさい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月14日
「カレー仙人高野のブログ」

会社経営は土の特技。陽土はケチ、陰土は陽火の助けがあれば企画力で活躍する。水は販売、接客に向き、こだわり持てばカリスマとなる。木は実行力に優れて、金銭感覚も鋭い。陰の木は技術に優れている。陽の木は、センス劣るが行動力は抜群。金の陽は、上司次第。陰金は、マネージャーが鍵を握る。陽火はやがて独立していく。陰火は、風流人だから、扱いは難しいが、才能豊かでマニアックで、必ず認められる底力を持つ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月13日
「カレー仙人高野のブログ」

陽の火を太陽とし、陰の火は夜に耀く灯とする。太陽も灯も上に上がる故、陽火も陰火も上昇する生き方を好み、上昇するための努力は怠らない。陽の火は太陽の動きのように解りやすい。単純、単調と評することもある。明るい性格で、仕事は早いが雑。細かい作業や片付けは苦手。洗濯も早いが雑。干したモノを取り込んでも片付けない。主婦業は失格的である。几帳面さはなく、飽きっぽいで大雑把。が、ケロリとした楽天家。イロジロ女性は男好き。
陰火はろうそく、松明、焚火、花火と例える。自分も輝いて目立つが、暗いとこを照らして明るくするため、見えないモノを見る力は鋭い。だから発想は企画力はすぐれ、文章が上手いし、やる事、生き様は個性的。おとなしいろうそくの火と火事場の火の両面を持つ。鋭いが、解りづらい一面を持つ。批判力は抜群。人の先を見ているので、何を考えているのか分からない。芸術家、音楽家ならまだ解りやすいが、政治家は解らないタイプ。石破茂はモロ。矢沢永吉、伊勢正三、役所広司、松方弘樹、黒柳徹子、松田聖子、広瀬すず、アラン・ドロン、ロバート・デ・ニーロ。陽の火は、大原麗子、美空ひばり、秋吉久美子、江川卓、志村けん、旭道山。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月12日
「カレー仙人高野のブログ」

陰の水と陽の水。共に水は様々な器に形を変えて生きていくから、確かに対人関係はスムーズで、敵がいない平和主義。つまり戦わないのが骨頂。ただ陰水は水が少なく行動的ではない。陽の水は水タップリで力があり決断的。人への施す力は陽大。陰過小となる。つまり陰水は保者的とも言えるから、冒険を好まない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月11日
「カレー仙人高野のブログ」

男性と女性、どちらが先に?卵と鶏のどちらが先かもわからない。ただし女性が先のように思える今日この頃。貴方はどう考えるかな? 男性が弱くなって、そう思い始めた。しっかりした女性が多いからそう思い出した。逞しい女性が多いから、もとは男性だと思う。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月10日
「カレー仙人高野のブログ」

結婚した女性、つまり奥様を評すると2つの生き方が見えて来る。まず、奥様に成るにはもったいないタイプ。つぎが、よくまあ結婚出来ましたねのタイプ。前記と後記。前記が必ずしも美人とは限らないし、後記が必ずしも不細工な女性とは限らないのが世の中の矛盾と複雑さ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月9日
「カレー仙人高野のブログ」

頭の良いヤツ、成績の上位の者などの同学年生は、学校を離れてもつきまとうと言うか、縁が切れない。が、仲は良かったはずなのに、早いヤツは中学以降、消息が不明になったり、再会することがなく縁が遠のく。どこかに引っ越したり、親が再婚したり、離婚したり、昔の時代でもあったのだ。顔は覚えている。特徴も。皆、共通するのが貧しい生活。どこか寂しそうな表情。だが一生懸命に遊んでいたこと。幸が皆に有ります様に。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月8日
「占い処タブレットが移転しました」

予てからご連絡していましたとおり、
占い処タブレットが移転しました。
小倉北区魚町2丁目商工会館ビル1階になりました。
「おい街カフェ・四柱推命占いの店たぶれっと」です。
高校生、大学生の割引をしています。
四柱推命の教室もあります。マンツーマンです。
興味のある方は御連絡ください。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月7日
「カレー仙人高野のブログ」

目立つ美人やイケメンは人気者。貴方にオススメしたいのが、目立たない美人や二枚目、ハンサムになる人など。つまり青田狩りをしなさいと言う話し。中学から、また高校生から大人になるにつれ、段々と男女共にひと皮も二皮もむけて、変わる人がいるのだ。変わるとは、色気づくのだ。だから、節穴の目をしていてはならぬ、と言う忠告だ。世の中の美人は大人になって作られていくのだ。普通なら化けるかもだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月6日
「カレー仙人高野のブログ」

「どう」と言う字も様々ある。堂、同、銅、道、など。ぱんの「どんばる堂」「ひさや大黒堂」。堂は〇〇公会堂と、人が集まって来る信仰的な意味合いも含む。小倉にあった本屋の「金栄堂」は初代オーナーが、本屋より格式が上であると名付け、以降親しまれた。〇〇書店より本格的な意味合いを示す。三省堂があったし、〇〇書房も書店より格式が高く感じる。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月5日
「カレー仙人高野のブログ」

人相が良くない男女を計500人調べてみた。人相が悪いとは、幸薄そうなとか、人に嫌われそうだとか、頭があまりよくなさそうな顔つきの人を選んだ。好感度を与えそうにないタイプの人ばかりを。で、命式を出して考察してみた。むろん声に覇気がないとか、ブツブツした物言いとか、声が聞き取りにくいなどの人、目付きが恨みつらみの感強いとかの人も選んだ。  結果、12運が弱い人がとても多かった。死運が2つある人、もしくは衰運、死運の重なる人、立命が一才未満の人、父母との縁が薄い人、冬生まれの人で木の弱い人など。亥が命式に2つあると双子として産まれる、又は双子を産みやすいなどもあり、身体が弱いとなる。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月4日
「カレー仙人高野のブログ」

旅芸人がいた時代。昭和30年代。1960年の記憶。僕のクラスには親が旅芸人を仕事にしている同級生が何人かいた。彼らは小学校は卒業したが、中学には来ずじまい。旅芸人の1人として家族と行動を共にし、生きたのだろう。小学校は8クラスがあったが、ひとクラスに2、3人はいたと思われる。中学には行きたくとも行けない家庭の事情があったのだ。  ただし彼らは、すこぶる芸達者な子供で、幼心に「どこでこんな芸を覚えたのだろうか?」と不思議に思うほど卓越したモノマネや口上が得意だった。泣きバイをやる同級生もいたくらいだ。彼らは、勉強はしないが、頭は良かったし、歌は抜群で、大人の歌う演歌、歌謡曲をモノマネ混じりで聴かせてくれた。  この時代は中学には行かずに働く少年は沢山いた。農業や大工、とび職仕事を稼ぐためにする、むろん少女もいた。泣き虫で人のいい、貧しい、が楽しそうに芸をする。彼らは平和主義であった。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月3日
「大学」

大学行っても何も学ばない、教える方も何もおしえようとしない。親は一応大学にやったと妙な安心感を得ている。企業は一流大学卒業なら、なんとかやれると、二流、三流大学卒は使いたくないで面接。大学4年間の時間、高い学費、生活費は誰のお金やら? 大学がそうであるなら高校もそうなる。貧しい日本の中で夫婦共働きで、子育ては出来ない現実。結婚してやり甲斐を、生き甲斐を実感出来ないことを今の若い世代はどこで悟ったのか?誰にさとされたのか? 初恋の時こそ婚期。これが真ならば、なんと味気ない大人世代と貴方は思うだろう。なら、2度目の成婚とするべきか。今日は晴れているし。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月2日
「1970年、昭和45年」

1970年、昭和45年に南こうせつ、伊勢正三、山田パンダのかぐや姫がデビューとなっている。実際に人気が出たのは、1971年辺りだ。僕が東京の中野にあったコーヒー専門店と洋菓子・ケーキの店のダブルで働いていたころだ。  バイトの女子大生が、新宿のライブハウスに、かぐや姫をよく見に?聴きに行っていたのを思い出す。その時代は、まだ和製フォークを男が聴くのは許されない時代。まだまだロックが男性的であると思われていた時代。「ダニエル」「クロコダイル・ロック」のエルトン・ジョンやT.レックスがまだまだラジオからガンガン流れていたのだ。かなりフォーク・ソングに対して偏見が僕の中にあって、新宿のライブハウスには行きたくない、フォークのどこがいいのか?と、保守ロック路線をまだ貫いていた。午前中の洋菓子・ケーキ屋には中野サンプラザ帰りの10代らが溢れ、南沙織、浅田美代子、アグネス・チャンらに色めき立っていた。中野で働いていると、当時は野坂昭如、青島幸男、劇団ひまわりのメンバーとも遭遇することが多かった。コーヒー専門店ではカウンターに、そんな方が 座る。対面販売ならぬ、対面創作メニューを並べることになるわけで、最初は緊張もした。が、北九州弁が面白いと言われ、馴染み客になってくれたりした。この時代が僕は今考えると一番面白かった。時代、社会が躍動していた感がある。日大あたりはまだまだまだ内ゲバが廃ってなかったし、下北沢あたりも論争の街であった。北九州に帰ったらひと仕事せねばならぬ。覚悟が揺らぐ前に東京駅を後にした。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年5月1日
「衰退を危惧」

姓名判断や手相、人相もひと昔前は占いとしての信頼度はまあまああったが、〇〇宇宙な63どの流行りに、まず姓名判断は実のないものになった。 そしてコンピュータの手相占いにより、手相占いも廃れてしまった。 タロット、星座占いも若い人が占い師になることから、衰退が始まる。 若い故の素人化が進んでいき、深みがなくなる。 それを一番感じているのが、客となる若い人たち。 少女マンガが辿ったような現象が、占いの世界でも起きる可能性はある。 アイドルの世界、おニャン子の出現により、アイドルが自ら滅んでいったことを知る人は理解できるだろう。 四柱推命を簡略化することを危惧するのは、必然性があるからだ。 アナログからのデジタル化にはすべてのジャンルにおいて危険性がある。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月29日
「夏生まれの名前」

夏生まれの名前。 夏生まれは5月、6月、7月生まれとする。 5月は春とは違うし、8月は秋生まれ。 この間違いは四季すべてにあるのです。 夏生まれは太陽が強く照りつけるから、陽子、赤絵、熱華などは良くないとする。 夏で夏子もバツ。砂火も。 熱い熱を和らげる、と考えること。 明恵、良さそうですがダメ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月28日
 「ニュー高齢者」

アナログ時代、昭和30年代から昭和40年代を楽しく生きた人には、今の社会が物足りなく感じることが多々あるだろう。 映画、音楽、料理、小説、ギャンブル、ファッション、恋愛、セックス、スポーツ全般、何を取り上げても、今はつまらないのだ。 勿論、政治、経済、教育、すべてに対して、いつになったら間違いに気付くのだろうか?と、レコード針を落とし、コーヒーを啜る。 が、グダグダ不満を言うのは頑固な年寄りと言われるだけだから、寡黙を貫く。 これがニュー高齢者で、アメリカン・スピリット神話に敗れた日本人だ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月27日
「陰気さの極みが満ちた日」

この原稿を書いている今日は、2月21日。 外を見ると曇り空。雨はパラパラ。気温は高い。 5月の梅雨入り前のような初夏を思わせる陰気さの極みが満ちている。 川は濁りグレーな世界。 家に篭るか、サボってパチンコなら少しはヤル気が。 今年は田植えが早まりそうだから、今のうちにパチンコか、、。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月26日
「自称東大卒」

東大卒の期待された新入社員が、なんと電話しながらハナクソをほじくっていた。 これを偶然見た女子社員がいて、唖然と! その自称東大卒君は、0.5秒で鼻の中の指を抜き出した。 そこから、「東大卒はハナクソをほじくらんやろ」「いや、東大卒も人間やからハナクソは溜まるし、ほじくる」と彼のいない時は論争が。 ハナクソが発端になり興信所を使い調査した結果、彼は東大卒ではなかった。名もなき私立の中退であった。 昭和30年代の話。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月24日
「キャベツの千切り」

キャベツの千切りに関して言うならば、千切りは細く長い方が見た目はキレイだが、美味しいか?と言うと、細くなくて短い方が美味しく感じることがある。 ご飯のオカズとしたなら間違いなく短くて細くない方が合う。 これは細面の女性が畑仕事に似つかわしくないのと同じことかもしれない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月23日
「整骨院、整体、整形外科。山積みの問題あり。」

整骨院、整体、整形外科、数は多いが名医は過小で、技術的に治療の可能な人がいない。 これが現実。 架空請求をするから、とりあえず食っていける。学校を卒業したら、すぐに開業できて保険も適応できる。 つまり修行期間がないのにいきなりプロの顔して営業しているから、税金の無駄遣いを国が促進しているようなもの。 整骨院の下手さ、不正請求の実態をマスコミは知らん顔。役所も知らん顔。 鍼灸になると、頑なに鍼灸に取り組んだ歴史や偉業を潰しにかかっているごときの技術をもって美容鍼だのやる。知らぬ人がまた美容鍼を受ける。 山積みの問題ありの東洋医学。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月22日
「女性の悪口を言う女性は」

女性が女性の悪口を言う。これは人間的にまるで成長していないから、高校生以下。陽の土、木の人に多い。 先に言った方が良いようだが、悪い。御里が知れるし、今以上にその人が好かれることはない。 女の世界は1割の優しさと9割の悪口で成り立っている。 売れるほどやっかみやら悪口が囁かれるのが人気商売や女性優位社会。人の悪口を言えば自分が優位に立てると勘違いしている。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月21日
「山には大男が住むという」

山に大男が住むとか、山で大男に遭遇した、そんな話が結構伝えられている。 山に住む少年が大男と仲良くなり、高さ10メートルはある木の枝に持ち上げられていた。それを発見した父親は、山火事を起こし大男を焼いた。焼け跡からは獣を焼いた臭いが立ち込め・・。 これは実話らしい。雪男と言う説もあり、いや宇宙人だと言われたり。真意はハッキリしないまま。 僕が東京で働いていた時に、男性客2人の話を耳にしたことがある。多分50代くらいの男性2人。真面目に、真剣に話し込んでいた。 1人の男性は山に登った時に、身長が5メートルはある大男に出会って驚いて逃げ出した話を事細かく話していた。嘘ではない話しぶり。嘘つきではないタイプのおじさん2人。 山に大男がいる話は何度も書籍で読んでいたから、ヒソヒソ話で当然と、僕は聞き耳を立てた。信州長野県だったと記憶する。 驚いた時の表情、その様を再現した仕草は、冗談や作り話ではないと確信した。東京・中野にて。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月20日
「占い師と占術家の違い」

カメラマンと写真家の違いは作品を見れば明らかに違う。
占い師と占術家の違いはこれまた人生経験が違い、語る内容もまた違う。
占いは外してもいいが、占術家は外すことが少ない。見るところや考え方、視点が違う。一般的には白いとされるものを黒と言ったり、またその逆もアリ。
運よりも大切なことは、自然を愛する生き方であると。畑、海、山で生活する人は神の使いと語る。空の雲行きや風の方位で天気を当てる。人の体を見て性格を言う。声を聞いて身体のどこに気をつけてと言う。
神業ではなく、予知するのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月19日
「高嶺の花」

自他共に認める美人。
一校に1人いるかいないか、そんな人がいたな。
全校にそう1人の飛び抜けた美人で頭がいいし、成績も優秀。
清水小学校6学年に1人。
小倉南校3学年に1人。
何が言いたいか?
僕には縁がなかった。
が、縁があったら人の目が気になり困っただろうと思うと、運が良かったのかも。
たった一言も話さなくて、それでも記憶にあるから素敵だ。
高嶺の華と昔の若者は言葉にした。
俺は厄介者だから。と言ったり。
味があるな。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月18日
「男性運がないのなら」

男性運のない人は、ある人をしっかり観察、考察すること。
ある人は男性に受ける色気があったり、可愛かったりする。
色気とは話し方、語り方、笑い方、食べ方が女性らしいのだ。
可愛いのだ。
これに勝る才能が貴女にあるなら、貴女は負けない魅力を持っている。
ヒステリーは、煮ても焼いても食えないから、ヒステリーは出さないこと。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月17日
「気をつけなさい、こんな人(異性)には。」

気をつけなさい、こんな人(異性)には。
私は、僕は、不幸な人と自称語る人。
私は、僕は、霊感が強いだなんだと言いふらす人。
私は、僕は、友達ができない、いないと言う人。
私は、僕は、凄くモテると言いたげな話ばかりする人。
私は、僕は、タレントにスカウトされたと言う人。
私は、僕は、人に騙されやすいと自慢げに言う人。
嘘つきの特徴ある作り話。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月16日
「レコード・プレイヤー」

小学生の時、家にあった電蓄が壊れて、レコードを聞く事ができなくなった。
が、レコード・プレイヤーがある。
僕は78回転のレコードをプレイヤーに乗せて指でレコードを回した。
針圧が高い時代のプレイヤーが幸いして曲が聞こえる。
こうしてレコードを回して聴く楽しみができた。カルメン組曲だ。
78回転は、曲を聴いて調節した。
アナログの世界は工夫と思いつきがあれば楽しめた。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月15日
「同棲」

同棲したカップルの約半数が別れている。別れなくても遠ざかっている。
だったら同棲はしない方が良いのか?  
いつも、何度も同棲しても、相手に別れたがられる人はいつも別れたがられているし、別れようとする人は、いつも別れようとする、こういう結果もまたあることを考える。
貴方は嫌われる側か?嫌う側か?
まず共同的生活故に、向き不向きはあろう。
だらしがない。お金使いが荒い。仕事に行かない。浮気をする。これらは最低。料理を作れない。作らないもしかり。
六畳ひと間の同棲は、まだ気遣いが必要だが、今どきのマンション住まいの同棲は、ワガママが出そう。
同棲イコール=貧しい2人イコール=不安定イコール=親には内緒イコール=絶対に妊娠は出来ないイコール=刹那的な青春の1ページである。
だから同棲したい、できる、なのだ

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月14日
「22才の別れ」

「22才の別れ」と言う曲がある。
22才で彼氏と別れる女性は多い。
結婚しないなら踏ん切りで別れる、と。
男性からしたら恋はできたが、結婚はまだまだ、と。
この価値観の違いが、2人を別れに追いやる。
男と女の価値観の違い。
世の中の風潮、価値観には相対的な男女、だから。
恋、愛、仕事、夢、野心。
結婚は少し違うらしい。
妥協できないし、恋愛とは違うと何故か考える。
仕事が絡むとややこしい。
が、現実は如何だろう?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月13日
「夜中に書いたラブレター」

夜中に書くラブレターは真剣だが嘘が多くなる。
こんな恥ずかしいことよく書けるな的な内容になる。
その手紙を朝読み返すと、殆ど出すの止めとこー、になる。
これは若い男性の性欲のなす技であるから、致し方ない。
朝、読み返さなくて出すと、待ち合わせのことなど忘れたり、すっぽかしたりが常。
つまり出来心で本気ではないのだ。
夜に強い人はこうなる。闇夜は特に。
が、夜があるから人は人に恋するとも言える。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月12日
「北国へ帰る」

今から夏。
だが仮にあなたが北国に帰るとなると、侘しいだの寒いだの、陰湿にならざるを得ない。
つまり北国は明るくないし、帰るのは、希望的にはなり得ない。
北の理念があり、想像しただけで憂鬱になる。
南へ帰るのは明るい明日を追いかけていくようで、希望的だ。
「北帰行」という歌がある。とても暗い。
「北国の春」、も春だから帰る気になる。
北国の冬は、屯田兵に重なり、重たい、暗い、寒い、寂しい。
シベリアへ君が戦に行くなら、勝って帰れそうにない。それは寒さや雪のせい。また寡黙になるためだろう。
「寒い国から帰ったスパイ」。この映画も暗かったし、東西冷戦のスパイ映画だ。だから北の国に煖炉は絶対に必要。寒さと暖かさは、理念が違うし変わる。
九州から北国への旅は覚悟がいる。「北の蛍」は寒かろうに。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月11日
「進学」

バレンタイン・デーのある2月は、まだまだコートが脱げない寒さであるのが例年。
3月、卒業式。ここから進学への夢、または挫折が始まる。
可愛いあの子とは会えなくなる寂しさに男友達と連む日々がしばらく続く。
こうして進学先での生活が始まり、新しい出会いが起こる。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月10日
「結婚とは」

結婚とは?
楽しい生活を送るための手段。これは×(バツ)。
互いに助け合い、補い合うための男女の生活の形。これは○(マル)。
結婚には責任が生じる。
結婚に於ける愛とは、人生の伴侶の尊敬と尊厳が基本だ。だから難しいし、やり甲斐がある。感謝を伴う業だ。
甘くないぞ。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月9日
「辰、戌、丑、未」

陰陽五行の蔵干の辰。
今年の干支だ。
辰、戌、丑、未と本気に土を持つから強い。
辰、戌は陽土を持つから一番を目指すし、プライドが高い。
辰は柔らかい湿土。
戌は渇いた陽土。
丑は一月で冷たく湿度のある陰土。
未は秋への土用へ熱を持つ陰土。
みな土用にあたるために変化を好む。
この土が金に影響を与えやすいのは当然。
木には頑固になるし、土を嫌う。
水には慎重になる。
未、戌に美人が多いのは火を持つから。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月8日
「青い影」

僕が18歳の時にプロコル・ハルムの「青い影」が空を覆った。 一瞬にして青春の色が暗雲により土留色に変わってしまった。 学校を辞め、本を捨て、青春を捨て、愛を疑い、 歩いていると、ホームレスの住む横丁に迷い込んだ。 ここには愛はない。 愛が欲しいなら五万円で売ってあげるが、中身は保証しない。 ここは偽りの世界だから、安心しな。 お前さん、「青い影」を聴いたんだな。 そう言って笑い出した男は、港の舟に乗り、消えてしまった。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月7日
「ここでは答えません」

ワキガの人を会社には入れたくないなら、どうするといいか?  この回答はここでは答えません。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月6日
「占う以前のバレンタイン」

少し前のブログ原稿ですが、あげときます。
バレンタインデー。 この日を利用して女性が、男性に告白する。 男性に会えないなら、きっと他の女性からの告白を受けている。 つまり、会えないならダメで、縁も切れたことになる。 これはタロットで診てもらわなくても解ることだから、占う以前の問題。 シビアなバレンタインデーになったかな?   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月5日
「手術で名器」

舌がザラザラしている人は〇〇だからだ。〇〇である。〇〇が悪いと舌が荒れる。ここでは猫だの、キッスがどうだのとは関係ないとする。 じゃあ、女性の名器は何であるのか?と単純に質問されたなら、医者は何と答えるか。 たまたまだろう。偶然の産物だよ。と答える。 手術で名器に整形するだと?そこまでしてモテたいのなら、余程の男好き。 医者も儲かるなら何でもやる時代か?その傾向は強い。 寂しがり屋に名器は多し。
手術して名器にしたら寂しがり屋になるか?
NO!   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月4日
「音楽とコーヒー」

映画「避暑地の出来事」のテーマ曲「夏の日の恋」を聴きながら、まったりとした午後を過ごす。
夜には「星を求めて」、こちらはビリー・ヴォーンだ。コレを聴きながらまったりと過ごす。
海辺のホテルのラウンジで、夜空を眺めながらコーヒーを飲む。
これを今一番やってみたい心境。
心地良い音楽と海、空、コーヒー、それに明日があれば人は優しくなれる、誰もがきっと。
ナポリいや、ハワイいや、岩屋でも。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月3日
「結婚するなら」

結婚するなら・・健康、丈夫な出産力、生活力、料理力、癒し力、清潔力、行動力、自重力、寡黙力、忍耐力、が欲しいと。
男性も女性も。    

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月2日
「精子が減って、世の中は?」

1970年以降の男性の精子の数が減りに減り、今では当時の50%の数。これでは少子化に歯止めがかからない。 結果、結婚する男性の精子検査、人工的受精、相続出来ない男性(夫)が増え、不動産の売却、譲渡が増える。
また、バツイチ子持ち女性の養女による家の継承も起こる。子供の価値が高くなり、子持ちの母も強くなる。同性婚が増加していく。
土地、家屋問題を財界、政府がほったらかしにしておくわけがない。家に住まわせられる人が増えると、様々なる人が住む。国籍、性別、資格などが緩くなっていく。これは日本だけの話ではない。
男役のできる女性が求められるのは、当然の社会になるだろう。
帝旺、冠帯以上の女性が今以上に活躍する社会は目の前。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年4月1日
「夫婦の揉め事」

目玉焼きによる離婚があるなら、パスタ麺の茹で方、うどんの湯掻き方まで、夫婦間の揉めごとは絶えることがない。
洋式トイレの蓋を閉める閉めない、タオルを分けて使うから、ご飯の炊き方、柔いか硬いかと生活には育ちの違い、男性兄弟が多い、女性姉妹ばかしと、論理が男寄りか女か寄りかで片寄る。 最近こそ台所の流しと洗面台が分かれていることが当たり前になってきたが、昭和時代は、洗面台はまだま
だ普及していなく、顔を何処で洗うかも問題になっていた。 すき焼きにキャベツを入れるか? 議論してください。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月30日
「紫色」

紫式部とは、なんという様の女性であったのだろうか。紫は紫色の紫。では式部とは?
兎にも角にも素晴らしい才覚の女性を表している名前なのだろう。 紫は高貴な色。ゆかり(縁)とも読む。紫色は素晴らしいはずが、何故に紫色は女性にスーツやスカート、ブラウス、ジャケット、コートにと好まれないのか? 高貴な色故の遠慮心があるのか?
染料費が高いが故に高価な品が多い、様々なる要因がありそう。カジュアルな服に紫色は合わない。だからヤンキーが紫色を好んだか。紫色を欲求不満の象徴の色とする向きがあるが、ヤンキーに拘り過ぎでは。 ディープ・パープルに紫の煙、パープル・レインはたまたまでよし。
紫ブルース、北九州市の紫川は藤の花が流れていただの嘘くさい言い伝えがあるが、川は上流と下流で呼び名が変わる常がある。 さてさて。
ダンスホール「紫宴」は昭和の時代にあった。紫ウニは桃屋か。紫のまわしは高価で、玉の海がしていた。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月29日
「愛ある別れ」

「愛ある別れ」というタイトルのシカゴのヒット曲がある。
男は「愛ある別れ」をした経験があると思っている人が多い。
女は「愛がなくなくなったから別れた」と考え、決別をするという。
都合良く、男はこう考えてしまう。
男はやはりロマンティストだから、恋も多くなる。多くなるから、つまり未練がましくなる、と。
男と女の魂が別れているから、くっついたり離れたり。
縁ある2人は魂が影響を与え合う。
つまり別れた人も縁あったから出会ったとなる。
縁ある人とは、気が合う。話が合う。考え方が似ている。
懐かしいと、初対面で感じる。
縁は縁側の縁だ。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月28日
「縁」

人生には別れと出会いがある。
誰もが生きている限り、経験又は体験するようになっている。 共に学業生活を送る同期生との出会いと別れは、幼稚園、小学校に集まるところから始まる。続けて中学、高校、大学と。嫌が上でも別れと出会いは訪れる。
これは好き嫌いに関係ない定めのようなもの。日本に住む以上は、このシステムに乗っかって生きていかねばならない。こうして親友、友達、恋人と別れていき、やがては家族とも。
この流れを打ち消す力が「縁」。
縁とは縁談の縁、縁起の縁、縁側の縁で、何かしら力を働かせるモノ。縁があって事は起こる。愛があるだけでは弱い力。学問が優れていても出世はしない。縁は人間に強烈に働きかけるが、縁を作り出すのは難しい。陰陽五行の関係があるのかもしれない。無いのかもしれない。霊界に存在する力なのかもしれない。
縁は色彩なり。綾なり。と、しておこう。
さらば恋人。あなたではなく、恋人と呼ぶのは、もう縁のない他人だと思うことにしたからだ。     

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月27日
「美人が結婚しないのは」

雪女も雪男もいた方がいい。幽霊だっていた方が。
で、美人は何で結婚しないのか?を知った方がいい。
何で? 束縛されるのが嫌であるから。
美人ほど自由気ままな生き方を好むし、選ぶ。
美人は3日で飽きない。
3日で手に負えないでうんざりする。
だから結婚を男性は選ばない。
解りにくい美人は最後は哀しい。
美人はいなくても、人生は楽しい。
美人より偶に美人になる女性でいいからね。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月26日
「辰と戌」

辰を見たら戌が見える。
戌を見たら辰が見える。
さらに丑、未も見て見ぬふりを。
四柱推命の奥義は、これ。
見て見ぬふりができるか否かだ。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月25日
「美しい女性」

美しい女性は、0階に住む。
いや、霊界に棲む。
だから美しくある。だから男性を突き落とす残忍さも兼ね備えている。美しさとは残忍さのカバーにあたる。そう解った時、彼は、人懐っこさを持ったややブスが一番いいのだと心に決めた。
彼の純な単調無垢さに、幸せの公式を知った。
一掛け一は一です。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月24日
カレー仙人高野のブログ
「真実が見えない」

真実が、見えない。
皆がせせら笑っているようで、ボクはハメられているのかも。
あの夜の少女達の微笑みは、僕を面白がった笑いだったのか。
エドガー・アラン・ポーよ、これからどうなる?   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月23日
カレー仙人高野のブログ
「ギャンブル場」

北九州高専を中退し上京後、東京浅草座のアート・ディレクターになった友人がいる。 彼は福岡の浅草座に転勤して、僕と再会した。 浅草座にはビートたけしが若い頃にいたから、僕の友人と同時期に働いたことになる。 僕も東京では浅草辺りに職場があったのだ。 場外馬券売り場が浅草にあり、そこにビートたけしも友人も僕も行っていたことになるから、浅草座には人を寄せ集める力が働いている。 小倉競輪にも若松競艇場にも同じ様な力が働くのか、ギャンブル場での再会を沢山経験した。 金が動く所には磁力がある。だから人は寄ってくる。パチンコ屋もしかり。 ギャンブルにはそんな魔力があるから、北九州は栄えたのだろう。 小倉の街はパチンコ屋で持っている。言いたくないが、YESだ。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月22日
カレー仙人高野のブログ
「涙」

姉が亡くなり、涙がまだ止まらないで困っている。涙脆くなったねと言われて、歳のせいかと、眼科にいくべきかと考えている。
子供の頃は泣き虫と呼ばれるのが嫌で我慢していたが、感動が直ぐに涙となる質だった。手相の感情線が確かにハッキリと上がっているし深い。
泣きまねはできないから役者は無理。サクラの観客ならできそう。
アズ・ティアーズ・ゴー・バイは好きだ。
ティアーズ・イン・ヘヴンもまた。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月21日
カレー仙人高野のブログ
「短所、長所」

自分の短所、長所を知っていますか? 
知ると短所の出ない、長所を活かした行き方とは?になる。
それが仕事を選ぶ基準にもなる。
それを見抜くのは親の役目。
それが光明になる。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月20日
カレー仙人高野のブログ
「運」

運の強い人が最後は残ったり、勝ったりすることが常ではあるが、だからといって運だけで勝つことはできないし、人に勝ることはできない。
だから、占いを全てのように考えたり、信じたりしない方が良い。受験に失敗したおかげで、その後の人生が開けた人もいるし。
但し、柳の下にいつもドジョウはいないから、運も解らないと思った方が賢い。
運を動かす力は、時には努力であったり、行動力、また熱意、金、政治力と、これもある。あと3百万使ったら当選できたのに、、、こんな選挙結果が身近なところで起きている。
さて恋愛に運は関係するか?
ノオ!恋愛は縁と我慢、努力、自省の賜としか言えない。 類は類である。友でもある。  占い離れが少しできたなら、運が良い。   
(カレー仙人高野)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月19日
カレー仙人高野のブログ
「愛のエネルギー」

生きている以上、人は誰かを好きになったり、また新しい人から好かれたり、またまた、思いがけない人を好きになったりするものだ。
愛にはエネルギー不滅の法則があり、それが相互、相対作用を働きかけ、自然は動いている。   
(カレー仙人高野)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月18日
カレー仙人高野のブログ
「沈黙は金」

「沈黙は金」とは?  人間は疲れると怒りっぽくなる。 怒りっぽい人は、自分の考えが間違ってないと。つまり自分が正しいと疑わない。
女性で怒りっぽさを抑える事が出来たら、間違いなくいい女の人。女の子から女性へと変わっていく間に、怒ることを身につけていく。 怒りと涙は相対しているので、悔し涙も出る。
五行で涙をよく出すのが木の人。 木は目と関係して肝臓に通じる。 木は木刀になるから、金属ともやり合う。金と木は激しく喧嘩する。金、木の陰陽の特徴。
さらに、ここから土、水、火の陰陽の特徴を理解して推命学は始まり、終わる。
人の長、短所をこれだけ細かく分かりやすく説いている学問があっても、人は人を怨んだり、怒ったり。 焼き餅は脹れて破れると、ミジメ。 自分の蒔いた種を他人が蒔いたとするとは、まだまだ人間未熟。
男性の傷官と女性の傷官は違ってくる。 女性は口うるさい。男性は頑なすぎる。   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月17日
カレー仙人高野のブログ
「大恋愛中」

大恋愛中の彼女、社員旅行が寂しくて仕方ない。彼に会えないから。 彼は慰めの意味で彼女に履かせた、彼のパンツを。彼女は喜んで履いた。ところが旅先の宿で1人の女性が、さあ、皆んながどんなパンツを履いてるのかチェックしなくちゃ、とパンツの見せ合いっこを始めた。
彼のパンツを履いた女性は激しく抵抗。絶対に見せなかった。 まあ、彼女が彼のパンツを。どんなパンツだったか?
実は越中ふんどし。   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ ご案内 令和6年3月16日
ご案内
「移転のお知らせ」

移転のお知らせ
占い処たぶれっとは、
4月上旬頃移転する予定です。
場所は
福岡県北九州市小倉北区魚町2-6-1
第一小倉商工会館108号 です。
ご来店される際は、ご予約のご連絡をお願い致します。
お待ちしております!
Tel093-953-6616   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月14日
カレー仙人高野のブログ 「緑色」

緑色の水着が似合う女性は誰だ? 
答え・・緑のおばさん。キリギリス。国鉄職員。佐川急便。畠山みどり、緑魔子、など。    

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月10日
カレー仙人高野のブログ 「運がいい女性」

頭が良くて綺麗で、スタイルは抜群。
こんな女の子が羨ましいかい? 
人が欲しいモノ全部を兼ね備えている。だったら運がいい? 
残念ながら、こう言った女性を運がいいとは言わない。
綺麗すぎて、賢すぎて、スタイル良すぎて、男性が警戒してモテない。 人並みの女性の方が得するようになっているのが人生。
人並みの幸せって解るかな?
運がいいのと、幸せはイコールではないから、占いが流行るんだろうね。   

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月9日
カレー仙人高野のブログ 「占い客、相談さまざま」

こんな占い客も来た。
「インサイダーで捕まった。刑期は重くなるか?罰金はどのくらいに?」
ーーーー 来年の貴方は白黒ハッキリつく年。刑期を取るか金を出すかになります。刑期を永くする方向で自白しなさい。そちらが吉となります。

またある人は
「義理の父親と肉体関係が、、、」
ーーーー 好きなように生きているから、仕方ないでしょう。旦那さんを好きなら耐えるんですね。貴女は凄く逞しい。男性関係をこれ以上、広げないように。広がらないですが。

こんなお客様もいらっしゃるのです。 

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月8日
カレー仙人高野のブログ 「北九州の日雇い労働」

日雇い労働者。
日雇い労働者に大学生も浪人生も無職も犯罪者も関係なし。
その昔、門司港、若松港の港湾労働、住金の深夜溶鉱炉作業は、人手が足りない景気の良さで潤っていた。
住金は日当がその日払いでない分、人集めが大変だったと思われる。なんだかんだと言っても、最後は手配師と人間関係が上手くいくと、この人の頼みは聞いてやろう、となる人情の世界。
この気質が北九州の根底にあるから、これは北九州の特徴だと他県から来た人らが驚く優しさ、人懐っこさになっているのかも。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月7日
カレー仙人高野のブログ 「災い」

故人を騒ぎ立てたり、リバイバル化したりするのは良くないと言われている。
例えば、日本の怪談のお岩さんの舞台をやると事故が起こるなど。
ある男優、故人の映画を再三やると同じく災いが起こると。
古い建物の建ち並びも災いをと。
ぎゃーて、ぎゃーて、はらそーぎゃーテー。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月6日
カレー仙人高野のブログ 「半身の真鯛」

天然のデカい真鯛が釣れた漁師はこのデカさでは食べきれまい、と真鯛を半分に切って売ろうと考えた。
「縁起が良い真鯛の天然物が半身で5,000円の安さだよ。まるごとだったら30,000円。それが半身で5,000円。お得だよー。」
@めでたい鯛を半身にするとは縁起が悪いから買わない。
A真鯛の半身?片方の半身はあったか?
この真鯛は鮫に食われて流されていた真鯛だ。だから半身でしか売れないのさ。安いようだが傷モノで、半身じゃないと売れない不良品だ。
@もAも考えられる。 商売とは売り方さまざま。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月5日
カレー仙人高野のブログ 「クイズ」

@雪がとけたら何になる? A卵の白身と黄身はどちらが好き? B貴方、ひょっとして山野さん?
@ABの解答は? @は、雪がとけたら春になる。  A黄身(キミ)が好き。 B山野ですが、「彼方」ですよ。 以上が相手が求めている答えです。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月4日
カレー仙人高野のブログ 「それでもモテたい?」

君がモテたいなら10万円の領収書を持った女性が100人列を作って並んで待っていると思え。
嫌になるだろう。
その100人の女性の50人が妊娠して、50人がバージンだとしてもモテたいか?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月3日
カレー仙人高野のブログ 「ある老女の訴え」

「先生!私この歳まで女性の悦びを知りません。なんとか私に悦びを教えてください。冥土の土産に持って行きたいのです。」 こんな相談事もある。
その老女、実は名器故に、悦びを得られないまま歳をとったのだ。悦びを得る前に相手が果ててしまうから。 これが本音の悩みなり。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月2日
カレー仙人高野のブログ 「量産美人」

顔は作られていく。
目、歯、髪型。この3箇所さえ上手に工夫したら、美人らしき人は量産。 目鼻はプチ整形。歯が白いはマスクを外した後にも大切。目元は描きまくれ。アニメ顔が好きな男の子が増えているから、アニメ化しなさい、貴女の顔。バストやケツは風船みたいに膨らますか。簡単にモテ子になれるよ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年3月1日
カレー仙人高野のブログ 「恋愛をしたいなら」

いいですか。男性運が悪いのではなく、恋愛運が悪いのではないですか?
よく考えてみよう。恋愛をしたいのならば、先ず女性らしく振る舞うこと。女が途中から男に変わる女性が多い。男に変わるから異性運が落ちていく。ずっと女ならば、よりも戻せるし、戻る。女性が強くなったせいで、オトコになる女性が増えた。だから長生、偏官、壬が良いと言われる。これは変えようのない気質。養女相、養子相の人は決め打ちならば良縁となる。
金持ちほどケチで助平だから、慰謝料はないよ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月29日
カレー仙人高野のブログ 「陽の金の特徴」

陽の金の方は、歯が丈夫でキレイ、または差し歯がある。丈夫なのに何故に差し歯があるのか?活動的だから歯を食い縛り歯がポロっか、歯がボロボロになったか。
性格は分かりやすい。頭がいいと明るい。優しいし、楽しい。恋愛は一途に。陽金は目の玉大きく目はキレイ。メシは早い食べ方。小銭を大切にする。色白、身体が細い。金なのに優しい。母親は。質の良い悪いの差は激しい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月28日
カレー仙人高野のブログ 「質屋」

昔の質屋が今はBOOK OFFか!? 小倉の街中にも質屋が結構な数あった。店構えが分かりにくいほど、入りやすかった。腕時計を担保にお金を借りる時などには。 麻雀の牌を質屋に入れて、旅費にあてがったのは埼玉にいた時。質屋の中古自転車が欲しかった小学生時代。エレキギターを17歳の時、質屋で買った。
質屋、しちゃいけないのシチヤ。銀行と変わりゃしない。女房を担保に金を借りに来るなんて、女郎屋じゃあるまいし。 人攫いのあった時代は戦後まで続いた。 ソープランドの側にある薬局は潰れない。学校前のたこ焼き屋も繁盛する。拘置所前の差し入れ所もしかり。海岸にある魚屋は?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月27日
カレー仙人高野のブログ 「憑き物の話」

憑物の話。キツネ、ネコの憑いた人がたまにいる。 特徴は女性は声が低い。ブツブツ言うから、何を言ってるのか分からない。モノの食べ方が動物的。口を皿に持っていく。皿を舐めたりする。目が悪い。眼を合わさない。
キツネはシッポを出していることがある。引きこもり。身体が弱い。ジャンプする。目覚め悪い。魚好き。骨をなめる。声はスローテンポの低音。笑うことがない。髪の毛がシトっとしている。寒がりだが、火を怖がる。目クソがついている。息が臭い。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月26日
カレー仙人高野のブログ 「理想的な最期」

この世からの去り方もいろいろあると言われる。
夜中に目が醒めると、可愛い女の子が部屋にいて、こちらを見てニコリと。あまりの可愛らしさに見惚れていると、彼女は手招きして僕を誘なう。やがて川を渡るが、小舟を用意して2人で川を降るのだ。気づかないが、これが三途の川で、こうしてあの世に行くのだ。
これが理想的なあの世への渡り方。芸術家はこういった最期を見ると言う。芸術家でありたい。最期もファンタジーならば、可愛い女の子がいい。怖い女性は嫌。川下りはやはり12月か。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月25日
カレー仙人高野のブログ 「天ぷら料理」

天ぷら定食の天ぷらの中に、海老、牛肉、魚などがあると知ったのは、僕は18歳の時だったかな。
家の晩のオカズ。子供は天ぷらが好きだ。「夜は天ぷらよ」の母の言葉に、「わーい、わーい。天ぷらだ」と有頂天の子供達。 で、出てきた天ぷら。な、な、なんと、全部芋。この子供らは、美味しい天ぷら定食を食べてたから、期待した。イカ、海老、牛肉、魚の天ぷらを。 芋の天ぷらも天ぷらだから、母親は騙した訳ではない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月24日
カレー仙人高野のブログ 「天ぷらがバレる」

悪口を言えば100倍になって自分に返ってくる。口に戸を立てられないのなら100人の人に団子を分け与えなさい。 西洋の諺だが、日本にも近い言い伝えがある。 天ぷらがバレる。見た目だけは人を欺いても、すぐに中身がわかってしまう。美しい女性に見た目はなれても、性格までは変えようがない、と言う例え。 天ぷらばかりの芸能人や政治家。人の振り見て我が振り直せ。 あなただけが生き甲斐なの・・・。 てなこと言われてその気になって、女房にしたのが大間違い。 炊事洗濯まるでダメ・・はい、それまでよー。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月23日
カレー仙人高野のブログ 「字の中に生きる」

こうしてブログを1日に3、4本書いている。スマホは嫌いだが、病院のベッドの上では便利だと。ただし使いこなしがまるでできない。使いこなせるともっと色々なことができるのだろうに。スマホに対する苦情は年齢が上がるほど多くなるだろうから、改善の余地はまだまだ沢山ある。

書くという作業を長年やると、人は字の中に生きることができる。 それは料理人が味の中、素材の中に生きて料理が作られていくように、字の中、言葉の中で世界が広がるということだ。

戦後の野坂昭如を思い起こし、ジョン・レノンの詩と音楽を聴き直す。ルースターズの大江慎也のロックが重なってくる。 ルースターズは生きている。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月21日
カレー仙人高野のブログ 「看板に〇〇あり」

コーヒーが美味しいと評判の店。これはとある喫茶店の看板に書かれたコピー。この類いの広告看板で、こういうのがあった。二軒のラーメン屋が並ぶ。一軒が「ラーメンがうまいと評判の店」。もう一軒は「絶対に美味しいラーメンの店」と看板を出した。目立っていたので、好奇心から一度、食べた。どちらのラーメン屋だったか覚えていないが、大した味ではなかった。
つまり「俺は金持ち。俺はモテる。」は、あてにならないという事だ。「安あがり」というウドン屋もあったが。他「若くて美人の店」「当たる占い」「素晴らしい青春」皆ウソなのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月20日
カレー仙人高野のブログ 「春生まれの名前」

雪が降っているが、春はすぐそこまでやって来ている。雪女が冬ならば、春は春枝に春美に小春。が、これらは怖い女性ではない。春枝は芯の強そうな古き良き時代の女性か。確かに春枝さんと言うお婆さんが昔隣に住んでいた。春美は昭和っぽい。小春は将棋の坂田三吉の女房。春夏秋冬の季節生まれにちなんだ名付け方は、明治以降、昭和まで?
今はユニークな名前が花盛り。春生まれなら、ひなげし、つくし、さくらにひばり。名前の姓名判断は下火になるが、足の裏占い、鼻糞占い、下着占い、、。何でも作ろうと思えば当たるように作れる、とする人がいる。
春は、陽炎のような女性がゾクっとするか。妖艶=陽炎で、カゲロウ。不思議なキミ、キミのことだよ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月19日
カレー仙人高野のブログ 「分かりやすい恋心」

見栄っぱりの分かりやすい恋心。彼は野球好きな女性に恋をした。それ以来、バッターのフォームを真似したり、ピッチャーの投げる真似をしたり。最後は審判のストライク、セーフ、アウトのジェスチャーまで。その格好を見た彼女が好意を持つかもしれないと、凄い読みをしたのだった。こうして彼の読みはその後も続く。
次はボウリングを。さらにはギター弾きも演じる。バンド好きな女性を好きになった時は、ジミヘンや矢沢永吉、ディープ・パープルと賑やかしいロッカーに成長していた。最近はサッカー。会社の外にてサッカーの練習を。とうとう彼は会社を首になった。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月18日
カレー仙人高野のブログ 「70年代。街に出会いが溢れていた時代」

YAMAHA。レコードが売れていた1970年代には、女子店員さんには美人が揃っていた。そして化粧品の美容部員さん。資生堂、カネボウ、MAXファクターには、いたいた美人さんが。さらに当時はエレベーター・ガールさんがいた。井筒屋、玉屋、東映会館。
どこの方も容姿端麗だったから、男性は憧れる女性が沢山いたことになる。喫茶店にはウェイトレスさんがいる。デパートには販売員さんと、女性は街を色付けていた。出会いがないわけない時代。
ところがややこしい女性にハマる男性は昔からいたから、変わった女の子は変わり者に好かれた。インテリ男性は昔からよく中国人を好きになり、結婚もあった。難しいことが得意な男性は、難しい恋が好きなんだと。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月17日
カレー仙人高野のブログ 「青春時代のアイドル」

節分前に雪。なごり雪というのか。が、節分から春。本当の年明けで、旧正月。明けましておめでとう御座います!ここから運気が変わります。湯豆腐、餅、海藻類が縁起が良い。今年はラーメンに湯豆腐か焼き餅を入れるか。
60年前の僕は加山雄三の人気に、あの野郎め、こんちくしょう!と。当時の加山雄三はアイドルかな。慶應ボーイでくだらない曲を作詞作曲して稼いでいたから、女性は一目置いていた。加山雄三が早稲田大学ならダセーで無視していたが。慶應は小倉高校の男子にも好かれていなかったから、高専生にとってはなおさら僻みの対象として存在した。
2月の雪上がりの夜、上到津の丘の上から見る小倉の夜景は綺麗だった。初めてのデートの日の夜。冬空の星は輝きを増し、加山雄三の「夜空の星」が流れてくるようだった。加山雄三を好きなその子に裏切られ、女性が信用できない青春を送った僕は、加山雄三を結婚式の披露宴で歌う男を馬鹿にするようになった。加山雄三はフランク・シナトラの歌い方を真似ている、とまだ好きになれないが、懐かしい青春が甦える。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月16日
カレー仙人高野のブログ 「陰陽で求める男女の仲」

陰は陽を求め、陽は陰を求める。明るい男性は暗い女性を好きになりやすい。暗い女性は明るい男性を好きになりやすい。男性的女性は、女性的男性を求めやすい。優しい男性はハッキリとした女性を求めてしまう。小柄な男性は大柄な女性が好きだ。上手く行くはずの男女の仲。上手く行かせないのは母親のせいかもしれない。仮面ライダーV3は、父も母も妹も殺されたから、結婚しなかたった。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月15日
カレー仙人高野のブログ 「小学生の頃。好きだから、こんな事を。」

好きだから、こんな事をしてしまう。こんな事を言ってしまう。「お尻は真っ赤でドレスは綺麗」(小学生2年生の男の子が同じクラスの女の子をからかう)。「〇〇がお前の事を好きち言いよったぞ」(そう言ってるが、本当は自分が好き)。誰もが一度や二度は経験があるだろう。 ところがこれを大人になってもやる奴がいる。で、言われた方が真剣に受け止めて浮気や不倫へ走る事がある。噂されたり、噂が立つうちが華でもあるから、まあまあ恋の花咲く丘は身近にある。イエス・マイ・ラブ、オーケー?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月14日
カレー仙人高野のブログ 「島原で思い出すこと」

人前で歌う。ロックバンドをやっていた僕が人前で三味線で歌う。それも芸者さんのいる座敷で。会社の慰安旅行での席で。場所をわきまえて僕は「人生劇場」にチャレンジした。20歳の時。長崎県は島原の温泉宿だった。時代は夜桜銀次が博多で銃殺された3年後。やはり「人生劇場」なのだ。三味線のキーがわからず難しかったので、「君こそ我が命」に変更。こちらはキーが合い良かった良かった。席にはカヨさんという17歳の芸者の卵の方がいて、僕は彼女から好かれてしまった。小倉まで逢いに行くと。小倉に帰ってからも、あの芸者さん来た?と暫く周りから聞かれたくらいに、アプローチが凄かった。彼女は美人だったから、尚更。でも芸者さんを相手にするにはお金がないと無理なことくらい承知していたから、僕は大丈夫だった。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月13日
カレー仙人高野のブログ 「指輪が嫌味に映るのは」

宝石屋には何の怨みもないが、指輪(結婚・婚約)は、僕には嫌味なモノにしか映らないのは何故だろうか? 
男性が指輪をしているのは、ギタリストならカッコいいと感じるし、実業家タイプの男性にも似つかわしいと思う。
指輪が嫌味に感じる女性は、例えば看護師。指輪が太い程、偉そーな存在感が出ている。よく結婚できたな、相当にせびった、諦めの悪い結婚に漕ぎ着けたんだな、というように見えてしまう。
指輪は男性にはオシャレに映るが、女性にはオシャレに映らないのは、まず指輪が太過ぎるから。次は似合わないから。嫌な性格だと「私を認めた男がいるのかって?それがいるのよ」とでも言いたげ。それは昔の話なのに。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月12日
カレー仙人高野のブログ 「美しい女性と付き合いたいのなら」

美しいと自称する女性に相手にされなかったなら、君がさらなる努力をしてカッコ良い男性になりなさい。そうしたら、美しいと自称する女性が相手にしてほしいと言い寄ってくる。そこで一言。「好みでないからゴメンなさい」。男は叩かれて強くなり、悔しい思いをして成長する。外ヅラ勝負も諦めてはならない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月11日
カレー仙人高野のブログ 「男らしさ 女らしさ」

男らしさ。喧嘩が強いと男らしいとした、昔は。今では、喧嘩が許されるのは学生時代まで。社会人は喧嘩ができない社会構造になっているが。さてさて。  女らしさ。絶対に違うのは、見た目で女らしさを判断すること。これは間違えやすい。強い女性でも女らしい人はいるし、美人でなくとも女らしい人はいる。難しいから皆間違えやすいのだ。賢い人は女らしさを表現する力があり、賢くない人は表現力が弱い。 引いたり足したり、割り引いたり、割り増ししたりの花嫁探し。やさしい=女らしい。イエス。またはノー。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月10日
カレー仙人高野のブログ 「春を迎える」

2月に入った。
今は小潮で1月の土用がユタユタと明けようとしている。
今朝、姉が息を引き取った。
想定通り、土用の2月1日だった。

政治を見るなら、派閥がまだ生まれている。
年寄りが若い者を引き込もうとしている。
A氏、M氏、N氏。クソだ。
この時期、政治は春を迎える。
新しい芽が伸びそうだ。
それを摘むな、長老政治家もクソマスコミも。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月9日
カレー仙人高野のブログ 「一杯のコーヒーから」

一杯のコーヒーから恋が生まれる。
そんな馬鹿な!真面目にロマンしたい団塊世代の最高の生き方、考え方は、やがて真面目に政治を語り始めた。
そしてジャズやらロックまでも、踊る聴くから、語る考える音楽にしてしまった。
ジャズ喫茶、ロック喫茶は偉ぶる人間の溜まり場となり、音楽は解放から排除の役割を果たすことになる。
最悪の、70年代が始まる。
この流れは終わることなく2000年代も続いている。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月8日
カレー仙人高野のブログ 「目玉焼き離婚」

目玉焼きの黄身を固く焼き、彼女に嫌われる。とろとろの黄身が好きなのに破茶滅茶にしたと。半熟にするには卵が新しくないから、と言い訳するも性格の悪い彼女の怒りはおさまらない。テーブルの上にある目玉焼きをゴミ箱に捨ててしまった。たかが目玉焼きで、こうもヒステリックになるとは、、。
彼はそれ以来、料理を一切やらなくなった。やがて離婚。食が上手くいかないと離婚する?当たり前。
目玉焼きは難しい料理だ。黄味、白味の焼き加減は様々な好みがあるし、ソース派、?油派と分かれる。食ありきの人生劇場。 結婚指輪なんか、するな!お前は!

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月7日
カレー仙人高野のブログ 「武士道」

喧嘩と殺し合いは違う。殺し合いはやるか、やられるかの戦争と同じで、卑怯も正々堂々も問われない。喧嘩はやり過ぎると殺し合いに発展することもあるから、昔からルールらしきものがあったし、ルールを決め喧嘩をすることもあった。つまり道具は使わないだの、参ったで止めなければならないなど。
雪が降りそうな寒さが、赤穂浪士の討ち入りを思い起こしたりする。やはり日本人なら武士道やら義理人情やらが絡めば心は靡く。 小倉大門にて営むラーメン店「麺屋一の坊」の前を行く。ここは北九州の長崎街道。坂本龍馬もこの地を歩いたのか、と思いは武士道へ。長崎街道室町にあった提灯屋が懐かしい。取材したのは15年前だったか。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月6日
カレー仙人高野のブログ 「ひとさらい」

先日の金田公園の話で思い出したのが、人攫いの話。昔は本当に子供を攫う、人攫いがいたのだ。
「赤い靴 履いてた女の子 異人さんに連れられていっちゃった」
これは横浜の波止場の話。北朝鮮から拉致されたのも人攫いの話。
北九州市では門司港、若松港が。少し南下して行橋辺りからは瀬戸内海に点在した私設遊廓に女性は売られた。
金田公園で旅芸人一座の公演の最中、1人の男が身を隠しながら、僕をじっと見つめていたことがある。
子供の僕は、ピンときた。
狙われている!攫われる!と。
逃げた逃げた一目散に。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月5日
カレー仙人高野のブログ 「姉へ」

上の姉が病院で昏睡して、お迎えを待っています。血圧が60くらいです。 今日は確か中潮から小潮で、潮の満ち引きはゆったりとしています。
83歳を前にお別れします。
負けん気の強い昭和の女性でした。 絵画、習字、エスプリある文章が得意で、昭和の終戦前の生まれだから、才能が埋もれたのだと思います。 西南女学院の中・高校を卒業しました。 大学に行きたかったと。 きっと美術系に進めば成功の人生が待っていたのでしょうが、まだまだ地方にいては認められない時代だっただけに、惜しいことをしたと思います。 よく82歳迄逞しく、頑張って生きたと弟として誇りに思い、また労りの言葉もかけてあげたくなります。
ありがとう。さようなら!佳代子姉さん。
また何処かで会えるよね!

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月4日
カレー仙人高野のブログ 「金田公園。かつてこの地は」

小倉西郵便局のある金田。金田公園もある。この金田公園は北九州市で一番狭い公園として60年の園歴を持つ。正しくは公園の規準に満たない広さで、公園とは名ばかりの存在だった。公園ができる前、この場所で旅芸人の一座が来て公演をすることがあった。旅芸人が頻繁に活動していた時代だ。小学生だった頃の僕の記憶の光景は、金田公園ができる前の地に広がっている。僕は投げ銭こそしていないが、大人の観客は投げ銭をして芝居を楽しんでいた。公園や路上は庶民のものであり、公園は子供や大人の憩いの場であった。相撲や野球に興じた子供たち。子供の声がうるさいだと!やかましい。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月3日
カレー仙人高野のブログ 「冷めた恋を凍らせたなら」

熱い恋が冷めたら、そう思いっきり凍らせてみる。そうしてまた食べてみたら違った美味しさが味わえて、恋が復活するかもしれない。復縁どころか復活だ。腐れ縁ではない。新鮮さが味わえるのだ。ただし誰もができるわけではない。男女共にできる人とできない人がいる。それには2人の生年月日が必要。2人の相性を吟味して、タイミングを見計らう。この占術は大変なので滅多にやらないが、一生深い仲となる相手を探せる。一生深い仲といってもそれは、結婚しない事が条件となる動物的かつ野性的な男女の関係であるから、、、君には必要ないかも。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年2月1日
カレー仙人高野のブログ 「雪女って、こんな人」

雪女は、どんな性格ですか?この質問に答えよう。まず、寒い地に住むから、寡黙でおとなしい感じの顔貌である。寒い地だから、孤独を嫌い、軽い会釈をよく交わす愛嬌のよい人。家からあまり遠くへは出掛けない。雪女とて雪の中を5キロは歩けないから、行動半径は狭い。人とよく話すのは北の国なら当然。知り合いがいないと生きていけないくらいに、不安だからだ。絶対に引きこもりにはなれないのが北の理念。分厚いコートを着ている。食料のほうが愛だの恋より優先。だから美しいとは言い難い。野糞も平気な野生児。そんな女性がいたら、雪女だぞ。肥えているから、イメージが違う。下着はGUNZEのブラウン色。理由?解るだろうから書かない。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月31日
カレー仙人高野のブログ 「大潮に思う」

今日から新月の大潮になる。24日がピーク。便秘の方は大潮に気張るべきか。確かに大潮は排卵が始まったり、小便が近くなったり、そして大便も出やすくなる。出産も多くなるし、命日となる方もまた。宇宙全体がゼロになり易く、悩みも消えて行くとする。新しい希望、目論みが育っていくから、くよくよするなが善策となる。快眠、快便、快食は優しく。野菜は優しく、肉は憎らしくをつくる元になるとか。大分県の鶏肉に対し熊本県は馬肉やベコ肉。大分県は落ち着きがない。熊本県はドッシリしている。気質?身体?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月30日
カレー仙人高野のブログ 「可愛い彼女がフラれる理由」

可愛くて綺麗な女の子。彼女はモテるがフラれやすい。 その理由は? 話をしてみたら賢くないのが伝わる会話に、男性がうんざりしてしまうのだ。「君は頭が良いのか悪いのかわからないね」と付き合うひと皆に言われてしまう。
「卵は黄身と白身どっちが好き?」と唐突に聞く。キミが好きと言ってほしくて聞いたのに、真剣に考えた男性は皆、白身と答えたそうだ。
男性は容姿と頭の賢さにギャップを感じると、これ以上深入りしたくないと思ってしまう。恋物語にセンスや言葉は欠かせない。これを知るのはやはり賢い人。口が臭いのは嫌われる御時世。勿論黒いパンツは呪いの色で警戒されるし。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月29日
カレー仙人高野のブログ 「罪な奴」

魚釣りをする人に悪い人間はいない、とは言い切れない。魚釣りに行って魚泥棒にあうことがあるからだ。
釣った魚を保存するクーラーボックスに、海に返したらいいのにと思うほどの小さな魚ばかりしまう人がいた。セコいが、本人は宝物を掘り当てた気になっている。そこにさらにセコい人がやってきて「ペットの猫に食べさせたいから魚をくれないか」と言う。小さな魚をめぐり持って帰りたい2人の意見が飛び交う。この続きは、やがて泥棒騒動に発展する。つまりクーラーボックスに入っているはずの小さな魚が消えてしまうのだ。恐らくペットの胃の中なのだろう。悔しがる釣り人。セコい猫好きは罪な奴。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月28日
カレー仙人高野のブログ 「嫌気がさす」

スマホに出て来るモデル体質の女性には嫌気がさしている。整形顔は気持ち悪いし、売れるような体型は加工アニメチックで人間らしさがない。味気ない果物のミカンを連想してしまう。わざわざ加工してまで、あんな姿がいいと本気で思っているのか?あれでは、男性から本気で愛されまい。
つまりは味がないのだ。

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月27日
カレー仙人高野のブログ 「鼻くそ丸めて黒仁丹」

鼻くそ丸めて黒仁丹、、、、。これは昔の子供の唄。
歳を取ると鼻くそを取りたくなり、さらに取った鼻くそを誰かに投げつけたくなったり、くっ付けたくなったりするらしい。ある介護施設では、朝食時に鼻くそ投げが始まる日があるそうだ。男は参加しないから、女の戦いになると。
意地の悪さは女の方が一枚上だから女の戦いになるのだと言ったり、汚い物嫌いが女を鼻くそ投げに駆り立てるのだと言ったり、様々なる声が聞こえてくる。
貴方の見解は?

(カレー仙人高野)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月26日
カレー仙女ルカのブログ 「ケンカは好かんです」


突然胸ぐらをつかまれたらどうする?
甲申 無抵抗でガンつける。
丙午 何倍にでもして返す。
己丑 すぐそこに自分の親がいることを教えてあげる。
庚子 そもそもそんな目に合わない。
壬子 「あ?らごめんなさ?い」とぶつかって逃げる。

ケンカは好かんです。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月24日
カレー仙人高野のブログ 「生日壬の特徴」

立つ鳥跡を濁さず。
これが生日壬、陽の水の特徴として挙げられる。
会社を辞める時は
会社の都合に合わせて辞められるから、社長さん、大喜び。
鳥は水鳥。水が付くから水をたいせつにする。
故に幸を得にくくもある。
馬車に乗り遅れて、早くしたら良かったのに、の後悔を。
金の人にはない性格。高倉健、長嶋監督ら。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月23日
「 帝旺の子供 」

帝旺の子供は、好きなように生きたほうがいい。
その親が冠帯やら長生を持っていると、過保護になる。
子供は良い子でいようとするも、その反動がきてしまう。

親子の相性の問題だ。
親のプライドの高さ故に、その子もプライドが高く、失敗を人のせいにする。
母親はもちろん、子育ての失敗を父親のせいにする。
父親も同然だ。
その夫婦喧嘩を見て、他の子供は親に幻滅する。

親もその子の人生の責任は取れないわけだから、自分の理想を押し付けないでほしい。
何が正解だったかとは言い切れないか、その子らしく生きることが絶対的に必要なわけだから‥。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月22日
「 2代目のママ 」

クラブのママを娘が継ぐ。
2代目のママは試行錯誤して独自の考えで切り盛りする。
そのまた娘が店を手伝うも、辞めようか迷ってしまう。
3代目の娘は、子供の頃から言いたいことを言えない性格。
ああ、食傷星がないんだなと思う。
2代目ママは続けてほしいと頼むが‥!?

こんな時に四柱推命が活用できたらなーと思ってしまう
3代目も辛いだろうに。
家業を継いで良い人と悪い人もいるわけだし。
TVを観ると、そんなヤキモキすることがある。

リラックスタイムにまで何やってるんだ私。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月19日
「 大運偏印 」

大運偏印が子供の時にくると、本当に忘れ物が多く、音楽が好きで、変わった子供に育つ。
ランドセルだって忘れる勢い。
ピアノは音大だって行けるくらい。
大人しそうにみえるけど、か、変わってる。
誰もついていけないくらい‥!!

大人になって大運偏印が来ると、病気が発覚したり、生活の質が下がったりもする。
もちろん、おばあちゃんやおばさんとの縁も強くなる。

大運偏印は波乱があったりするが、あの時のおかげで今があると思えるようになる。
そう、確かに価値観は変わったのだから‥!!

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月17日
「 男性運のない人 」

男性運が悪い人は、傷官があったり、墓、絶がある尽くし型で、ダメ男と縁がある。
望んでもないのに、偶然、元同僚の駄目男が隣に引っ越して来たりする。
その元同僚にしても、女性に騙される女性運がない奴だったりする。
男性運のない人は、なるべく自分を大事にしましょう。
それくらいで丁度良いから。
無理をしない関係が楽だし、尽くし過ぎると束縛につながるから。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月15日
「 運には色々ある 」

運には色々ある。
金運、男性運、女性運、健康運などなど。
例えば事故運を持っている人の話。
みんな事故にあうのか?
例え事故運があっても、運の良い人は死なない。
怪我ひとつしない。
落花物さえすり抜ける。
運とは、命の運だと思う。
そういう人は、人が良かったりする。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月12日
「 食傷星を持たない人 」

食傷星を持たない人は、表現力が弱いという。
その運気が来ると、多少補えるという説があるが。
比肩が来ると、主張はする。

そういう人ととは、一緒に住むと相手の気持ちは伝わってくるから、
合わせやすい。
が、ひと度離れると、何を考えているか分からない。

それでも、分かりやすい五行を主星に持つ人は、分かりやすい。

財星を持つかにもかかってくる。

そこを見て、関係を保ちやすいかをみないと。

もちろん、自分がその星たちを持っているかにもかかってくるが‥。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月11日
「 婚期の話 」

婚期の話。
35過ぎても結婚しない人は、結婚しないという定説がある。
ところが、そんな人でも45歳で結婚したりする。
女性がいないと絶対駄目な人。
彼女にフラレて寂しくてたまらんかったから。
などの条件が揃い、半年の交際で結婚を決意。

相手の女性は3歳下で、
五行の相性は非常にくっつきやすく、遊んで暮らしたいタイプ。
子供はほしい。専業主婦がいい。
などなど、条件が揃い交際1年で結婚。

陽の土と、陰の金の夫婦誕生!
男性は、不妊治療の精神的ストレスで、セックスレスに。
どんどん太る妻。
それでも、生格は合うから別れない。
結果、元カノにストーカーチックにもなる。
妻にあれ買ってこれ買ってと言われる。

まるで、事故のような事がないと結婚しない人はいる。
病気になった時に、結婚してて良かったと思ったそうだ。
そんなもんだ。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月10日
「 乙巳の沐浴 」

変わった人を好きになる人は、
男女問わず変わった人に好かれやすい。
考えてみると、あの人変わってるんだなーと気付いたりする。
縁があるから、行く店が一緒だったりする。
街でよくすれ違ったりする。
しかも、スゴいタイミングで。

それは、内祖母の影響だと思う。
内祖母は、乙巳の沐浴。
なるほどね。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月9日
「 ペーターの気持ち 」

周りに迷惑をかけても何とも思わない人がいる。
本人は、悪気ほない。
自分のポリシーもある。
迷惑をかけていることすら気付かない。
そういう人に限って、笑顔が可愛かったりする。

純粋な人なんだと思う。
あっけにとられてしまうが、私の方が間違っている気すらなる。
憎めないその人と、また会う約束をするも、嫌な気にはならない。
私が歳をとったからなのか??
危なっかしいから心配になる。
いや、自分もまた然りなのだが‥(汗)
ペーターの気持ちが分かる気がする‥。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月4日
「 優しさの限界 」

優しさの限界は人それぞれ。
介護の仕事をしていると、それを垣間見る。

ご両親を自宅で介護し、看取った方がいる。
最後は施設か病院に入るけど、
限界まで家で過ごしてもらったと。
彼女はとても寂しがり屋だけど、とても強い。

だから、とても優しい介護士さん。

これからもよろしくお願いします、と伝えたい。
去年は本当にお世話になったから!!

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月3日
「 大運長生の運気 」

大運長生の運気のせいか、
転職の度に上司に見出され派閥に入れられそうになる。
でいうと、側近。

はむかうと、パワハラを受けることに!

上司は選ばないと。
自分の方が感覚が鋭いのであれば、意見も言わないと。

イエスマンでは決してないと、先日実感した。
ただし、親子げんかにすぎないが‥。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月2日
「 元旦におみくじを引いた 」

元旦に菅原神社へ行っておみくじを引いた。
小吉。
おみくじは、今の運気が出る。
2024年は2月の節分を境にして始まる。

2月以降にまた来ようかなーなんて思う。

参拝の方も多く、参拝の方も色々で、
マナーとか見てるだけで性格が出るよなー、
なんて観察してしまった。

運も実力のうちとは言うが、
実力がないと運は引き寄せない。
昔のドラマで、司法試験の前に主人公がお百度参りをしていた。
が、試験は不合格。

そう、当たり前だが、運だけでは駄目なのだ。
ならば、対策を、だ。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和6年1月1日
「 明けましておめでとうございます 」

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(._.)

去年の反省と、今年の抱負をかかげよう!

おみくじは今の現時点の運勢を示す。

何か対策をと思われたら、お立ち寄り下さい。
よろしくお願いします!

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月28日
「 2023年がもうすぐ終わる 」

2023年がもうすぐ終わるが、
四柱推命では節分を境にして始まる。
たとえば転職をしたくなる年は、必ず巡ってくる。
辞めたくなるのだ。 
たが、本当に辞めたほうがいいかどうかは
見極める必要がある。
まず、適職なのかどうか。
年齢、社会情勢を踏まえると、
どちらが適当かどうか。
転職に良い年かは分かるが、
1つどころにおさまったほうが、出世しやすいわけだし。

運気が悪いときには良い転職の話は来にくい。 

とにかく、自分の仕事の質を高めること。

それに尽きるのかも。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月27日
「 沐浴を持つ人 」

沐浴を持つ人は、孤独に耐えうる。
理解されにくい為か、友達がいなくても、
恋人がいなくても生きていける傾向がある。
ただ、絶運、墓運が巡る時は、やはり寂しいのだろう。
身内がいなくなり、残るは姉妹だけに、とか。

頭が良いだけに、理想は高くなるし。

沐浴の人が本当に一人ぼっちになってしまったら‥。

基本、一人でも平気だけど、
どこかに自分の心のよりどころは作るはずだ。

ただ、その時だけでいい。
そういう時間があるだけで、いいんだ。

そこが嫌になってしまったら、こなくなるかもしれないが。
そもそも、もう来ないのかもしれないが。

沐浴を持つ人の悲しみに触れた。
この独特な星を持つが、その前に人であるわけだし。

そんな沐浴の人を前にすると、
私は母親のような存在でいたいと思うし、そうなる。
それは、沐浴の特性があるがゆえか、
私の特性の為かは分からないが‥。

(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月26日
「 アップルパイを作った 」

今回、クリスマスということでアップルパイを作った。
昼間は占いがあるため、夜通しに作ることに。
夜中は完全に1人ぼっちに。
自分との対話の時間。
ルカは寂しがり屋の星を多く持つ。
が、何かに集中すると、没頭する。
全く寂しくない。
3日でこのマフラーを作ると決めたら、ご飯以外マフラー作りしかしない。
ワンピースを作ると決めたらそれしかしない。
そんな少女だったな。

あんたはケーキ作ってたら余計なことしなくていいね。
高野先生にこんな嫌味を言われた。

寂しがり屋の人は、スケジュールをいっぱいにする。
寂しがり屋の人は、好きなことに打ち込むと寂しくない。

墓、絶を持つ人は寂しがり屋。
この星は弱い。弱いから優しい。
優しい人に攻撃する人は少ない。
だからか、私と長続きする人は墓、絶を持ち、寂しがり屋だ。
故に人を大事にする、のだ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月25日
「 メリークリスマス! 」

今回、クリスマスということで、
アップルパイを数個作って売った。
このアップルパイの決め手は蜂蜜にある。
日という会社の蜂蜜を頂いていたので、使わせて頂いた。
自然食の国産の蜂蜜。
試しにアルゼンチンの蜂蜜も使ってみたが、
りんごの味が変わってしまう。

たぶれっとのスイーツは、きび砂糖と自然食の蜂蜜を使っていて、
体に優しいお菓子を作っている。
店に来てくださった占いのお客さんも、
蜂蜜の香りに包まれていかれた。
占いとカフェで、ホッとして頂けるように。
メリークリスマス!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月20日
「 陽の木 」

陽の木は傷つくと、立ち直りに時間がかかる。
気をつけることといえば、
傷つけた相手の立場に立つことが大事。
ずーっと愚痴を言い続けることになり、
人を失いかねない。
反省し、前向きな方向性を持つこと。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月19日
「 女性二人組 」

女性二人組。
仲が良いんだなーと思ったら、
お互いに必要な五行を持っていることが判明。
そのことをお伝えすると、結束は更に強まったご様子。

出会いを人としての出会いと捉えると、
2人は運命的な出会いだったのかも。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月18日
「 色の使い方 」

色の使い方。
もし、貴方が戊の人なら、
青色の物を部屋に置くと、働きたくなる。

ラッキーカラーは、その人をより美しく見せる色。
ラッキーカラーのシャツを着た時に、
とても似合うと言ってくれたのは、陰の金の上司。
色彩感覚の優れている金の人だから。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月15日
「 沐浴の年はモテる 」

沐浴の年はモテる。
沐浴の年は迷う。
迷うだけに、ハズレを引きやすい。
結局は、別れるハメに。

モテるなら、選ぼう。
目をつぶる所があっても、良いとしよう!
100%合うなんて、とても難しいんだから。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月14日
「 カンの良い人 」

カンの良い人がいる。
そういう人を母親に持つと、ものすごく守られる。
また、受け身なので待ちの姿勢の仕事には向いている。
基本はゆっくりで丁寧。
だから、モノ作りの才能があっても時間がかかる。
ただし、それは見事なものを作り上げる。
財星がないと、生業にはしない。
無駄な動きがない。

カンの良い人は、カンに頼りすぎない事が大事。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月13日
「 12月は慌ただしい 」

12月は慌ただしい。
クリスマスを過ぎると、
占いどころではない感がある。
だから、12月に占いに来る人は、
来年のことを考えたうえで来られる。
2月からの運気を前にして、
今から準備を始める方は、先手をうったことなる。
勝負に勝つかどうかの鍵となるのかもしれない。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月12日
「 運の良い人 」

運の良い人がいる。
運だけが良くても、成功はしない。
常日頃の努力は必須。
社会性も求められる。
いざという時の勝負強さも。
思い切りの良さも。
だから、正財や正官があると助けられる。
傷官も良い方に働くことに。
何よりも、プラス思考であること。
反省もする。

運の良い人は、周りに助けられていることも分かっている。
だから、必ず恩返しもする。

何か昔話みたいになったな。
でも、結局は同じ原理かも?
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月8日
「 最近、ケーキを焼いている 」

最近、ケーキを焼いている。
アップルパイは完成した。
数年前もよく作っていたのだが、
今回は美味しさを更に追求している。
これに、なんの意味があるのだろうか??
意味があるから動くのではなく、好きだから頑張る。
そうすると、道は開かれるのだ。
確かに!!
こうやってケーキを焼くのも、
小学生の時からマドレーヌを作っていたことから始まるし。
単純に作るのが好きだったから。
とにかく今日も作るぞ!!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月7日
「 ダンスの動画 」

最近、ダンスの動画をみている。
自分にない才能だけに、見入ってしまう。
笑って許される場合があるのなら、
踊って許される場合もあるはずだ。
もう踊るしかない。
えらいやっちゃと。
大運沐浴のとき、自分は踊り出すのだろうか?
それとも、食べることに執着する?
でも、踊ったら太らない??
実験台は自分なり。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月6日
「 ドラえもん 」

ドラえもんののび太は、3秒で入眠する。
ルカも寝付きがとても良い。
ある意味気絶している状態。
絶は、魂が出たり入ったり、出たり入ったりしている状態。
出ている時は、ボーッとしてて、入ってる時は本来の気性が出る。
絶の人は、口を少し開けてポーッとし、
次の瞬間はあっかんべーをするような人だったりする。
どの絶も、ポーッとしてる瞬間がかなりある。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月4日
「 栄養ドリンクをもらった 」

昨日、仕事中に栄養ドリンクをもらった。
同じ年の女性から。
私が「わー、ありがとう」と喜んでいたら、
彼女はププッと笑って「かわいい。買ってきたかいがある」
とニコニコしていた。
ん?私はペットか小動物か?
何かと人にあげることが多いので、
頂き物はスゴく嬉しい。
のんびりしてたのは分かったけど、
子供みたいであることが判明。
これもハイジの影響か?
おじいさんの肩の荷はなかなか降りないなあ‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年12月1日
「 流石やなと感心した 」

先日、180センチの身長の男性か来られた。
その彼女は小柄。
私は160センチあるかないか。
座ってると、そうでもなかったのに。
やあ、驚いた。
小柄な女性だけに、背の高い男性を選んだのだろう。
イケメン好きな彼女だけに、彼氏はイケメン。
流石やな、と感心した。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月30日
「 男女の相性 」

男女の相性として、
相手の気持ちが分かりやすい人かどうかは
大事な決め手となる。
分かりやすい人が良い人がいれば、
分かりにくい人が良いという人もいる。
水の人は分かりにくい方が多いかも。
一緒にいる時に実体がないだけに!
金や木の人は、ハッキリしている。
土はグレーゾーンが広いだけに曖昧。
陰の火は謎めいている。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月27日
「 危機管理について 」

危機管理について。
女性より、男性の方が危険を感じる力が強いのか?
私の母はそれがうとかったので、
窓を開けっ放しで寝る人だった。
で、私は用心深い方だと思っていた。

先日、戸締まりした後に
男女が話しながら歩く音がベランダで聞こえた。
また鍵を確認してこようかと、ペアの男性の先輩に言うと、
行かなくて良いと言われた。
襲われたらどうする?と言われた。
でも、男性と女性ですよ?と私。
今の人はわからないよ、何をするか、と先輩。
なるほど!!

女性の友人にこの話をしたら、彼女も私と同じ反応。

男性は、家を出る時に7人の敵と出会うらしい。
じゃあ、私は7人の小人と出会うと思ってるのか?

そうかも。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月24日
「 死を持つ男性の話 」

先日、死を持つ男性の話をしたが、
今度は女性が来た。
しかも、陽の土の日に生まれた酉月生まれの女性だ。
故に、月柱の十二運は死となる。
よく喋り、表情はクルクル変わる。
子供の頃によく海外に行ってた為か、
1人で英語でブツブツ言うらしい。 
やはり、死を持つ人は、酉を持つとブツブツいうのだな、
と確信した!
素敵な出会いだった。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月22日
「 自分はせっかち 」

カレー仙女ルカとしては、自分はせっかちだと思う。
今まで、そう思ってきた。
が、周りから見たら、
すごくのんびりたゆっくりとしてるらしいではないか!!
止まってるようにみえるらしい‥。
だ、が、いざという時はスピーディで行動力はあると、
高野先生は言っている。
仕事が速いと先輩に褒められたこともあるし。
偏財とかあると瞬発力があるのだが、持っていないが。

‥見た目、ゆっくりということか?
のんびり見えることに、
今頃気付くところがのんびりしているのだが‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月21日
「 のんびりした人 」

のんびりした人は、
同じくらいのんびりした人といると、落ち着く。
ペースが乱されない。
のんびりと言っても、仕事が遅いわけではない。
話し方とかのことで、とても穏やかなのだ。
頭の回転は速い。

だから、一緒にいて、ストレスがかからない。
ただ、それだけだが。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月20日
「 優しい人 」

優しい人には優しい人が合う。
相手にも優しさを求めるからだ。
優しくないと、嫌いになってしまう。
イザというときに、裏切られそうに思う。
これは、本当に当たっている。

自分本位な正義感は、当てにならない。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月16日
「 恋愛のペース 」

人には恋愛のペースがあって、ゆっくりの方がいい。
ただし、ゆっくりすぎると他の人にとられる可能性がある。
かわいい人やカッコいい人は、常にモテるのだ。
対応が少し冷たくなったら、危険信号なのだ!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月15日
「 帝旺の女性は? 」

人にはそれぞれの気の強さがある。
普段気が優しくても、
ピンチになると男っぽく思い切りが良かったり、
また逆もしかり。
帝旺の男性は、土壇場で身を隠す。
帝旺の女性は?
実は男っぽくなる。
とても頼りがいがあるのだ。
敵わないなー。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月10日
「 傷官を持つ女性 」

傷官を持つ女性は、
夫の運を下げるとか言われるが、
そうとも言えない。
介護の仕事をして良化するし。
困った人を助ける。
なんかやってくれそうな気がするらしい。
例えば、蛙の化け物に飲めと言われて、
身代わりにそのジュースを飲み干す、とか。
‥なんじゃそりゃ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月9日
「 本気で好きになれた人がいたら 」

一生のうちに、一人でも本気で好きになれた人がいたら、
幸せだと思う。
誰よりも1番に大事にしたりする。
無意識に。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月7日
「 親の五行 」

親の五行が火の人とか木の人の子供が、
火とか木の人だったりして、
更に食傷星を互いに持ってたりすると、
その芸術的な学問的な才能は受け継がれる。
大体、子供は親の真似をするし。
血筋というものもある。
似たくないところも似る。
親は、自分のせいではないという。

与えられた才能を精いっぱい活かすことが、
親孝行なのかなと思う。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月3日
「 逞しく生きる女性にヘーンシン! 」

30歳の時は精一杯で不安定な自分だったが、
10年経つと別人のように逞しく生きる女性にヘーンシン!
昔のことも、そんなことあったねとひと笑い。
四柱推命を勉強することは、開運となる。
是非お勉強しに来られてください^^
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年11月2日
「 尽くし型の女性 」

尽くし型の女性はダメ男に本当に尽くす。 
見返りがなくても、施しがち。
10人の男性に贈り物をするとする。
その中で一人でもお返しをくれる男性がいたなら、
その男性を大事にすべきだろう。
その人は、貴女の気持ちを考えてくれる人だから。
特にケチな人だとすると、精いっぱいの意思表示なはず。
たとえ尽くし型だとしても、自分を大事にしないと。
大切にされる喜びを感じないと。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月31日
「 待つ女は... 」

待つ女は、最終的に勝つとは言った。
が、待つに価する男性かどうかが大事。
不倫とか、浮気をするような10年間が巡る
男性だっているわけだし。
子供がいるかどうかもあるし。
10年待つのは長い。
が、待つ人は待つ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月31日
「 恋愛は、ゆっくり 」

恋愛は、ゆっくり進展したほうがうまくいく。
早急に進展すると、
ジェットコースターのようにあっという間に終わる。
大体、熱しやすい人は冷めやすい。
ゆっくりな人は慎重だし、こちらの気持ちを考えてくれている。
こちらが居心地のいいように対応することが大事。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月30日
「 モテる男性と付き合う場合 」

モテる男性と付き合う場合、待つ姿勢が大事。
男性が仕事に夢中でも、
他の女性と短い恋を楽しんでも。
放ったらかされても。
しばらくして連絡がきたら、怒らず受け入れる。
そういう女性が、勝つ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月27日
「 好きな人が出来た 」

好きな人が出来たとする。
相手は食傷星がなく、自分はある。
ならば、自分からあたっくしなきゃと思うのは間違い。
例え相手が男気がないとしても、
やはり相手から言い寄ってくるのを待った方が良い。
相手は相手のペースがあるのだ。
女性はそのペースに合わせて近づきやすくすれば良い。
その方が、成就する確率は高い。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月26日
「 12運が病の男性 」

12運が病の男性は、病的に甘えん坊。
母性本能が強い女性からしては、カワイイと思うが、
ゆきすぎると男としての魅力を感じれなくなる。
束縛も強くなる。
嫉妬も強い。
対処法としては、ギュッと抱き締めて背中をポンポンとしてあげること。
それだけで、夫婦仲は良くなるし、結婚を考え出す。 
ストレスがたまると、一人遊びをしだすので、
その時はそっとしてあげましょう!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月25日
「 胎と沐浴を持つ人 」

一昨年から胎と沐浴を持つ人4人と出会った。

みんな勉強は嫌いと言っていた。
仕事が細かい。
モテる。
電話、メールが苦手。
基本的に優しい。

みんな食傷星がない。

沐浴の人は以前から多くいただろうが、しかし多いなあ。
そして、皆さん孤独に強い。
友達はいらないと言ってた。
本音を話されるということは、気を許されているのだろうが‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月23日
「 相性をみる 」

相性をみるとき、自分にとって必要な
五行を持っている相手にひかれたとする。
しかし、その相手の主星は
自分が苦手とする五行だったりする。
助かるんだけど、根本的には合わない。
だとすると、やはり自分が傷つくのだろう。
無理しないのが1番!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月20日
「 木が少ないので疲れる 」

大木である陽の木の人は、
都会に行くと木が少ないので疲れる。
街は石の文化なのか?
と言いたくなるほど建物でいっぱい。
都会育ちの陽の木の人に出会ったが、
彼は周りに木が少ないことは気にならないようだった。
彼は鉢植えなのだろうか‥と疑った。
陽の木は、種が落ちた場所の環境条件で
人生の勝負をしなければならない。
街にいられたのは、水運と木運だったからだ。
やっぱり北九州が好きだ?
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月19日
「 四柱推命は自然哲学 」

四柱推命は自然哲学である。
山には五行が全て揃ってある。
自然を観察すると
自然の摂理を見たように思うし、法則も知る。
だから、山の男はなんでも知っているという
ハイジのオンジの言葉は、真実だと思う。
まあ、私も海に行くより
山にキャンプに行くほうが好きだったもんなー。
なので、四柱推命を研究する上で
その法則が成り立つかの判断は、
自然として成り立つかどうか、だ。
そこに通変星は関係ない。
基本は陰陽五行たから。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月18日
「 アルプスの少女ハイジ 」

アルプスの少女ハイジは、
私の子供の頃再放送が放映されていて、
夕方観るのをとても楽しみにしていた。
オンジは言っていた。
「山の男はなんでも知っている」と。
だから、「教えて、おじいさん。教えてもみの木よ」なのだ。
その教訓があった為か、ルカは師である高野先生には、
オンジばりに質問しまくった。
だいぶ迷惑だったと思う(汗)。
まあ、若気の至り、みたいなやつ?
じゃあ、もみの木は誰??何??
ザワザワしか聞こえないしねー‥。
んー、やっぱり、そこは自分で研究するしかないのだと
もみの木も言ってるに違いない。
いやいや、間違いなく!だ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月17日
「 失職運がめぐる年 」

失職運がめぐる年がある。
会社の規定を破った為に、自ら退職したり。
失職まではいかず、
部所が変わって地方に移動になる場合もある。
ある人は、前任者から引き継いでない事があった為に事故がおき、
責任問題になった。
クビを覚悟する。
が、この人は上司から大変可愛がられる人で、
その上司たちから守られた為にお咎めは軽くすみ、
前任者が責任をとることに。
仕事は真面目に一生懸命することが大事。
この失職運を乗り切るには、それしかないと思う。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月16日
「 正義の味方になれる人 」

正義の味方になれる人は限られる。
偏官を持つ人は、悪を取り締まる。
警察とか自衛隊機に入る人もいる。
サラリーマンでも、困っている人を助ける。
ひったくり事件を目撃したら、走る走る!
犯人のスピードが落ちたところで、バッグを投げて命中!
倒れた犯人の所に警察がくると、
バッグを拾って名も告げず立ち去るのだ。
実際の話。
本人曰く、体が勝手に動いたとのこと。
彼の生まれた使命なのだな、と納得した次第だ。
カッコいい!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月12日
「 五行は親と同じことが多い 」

親の五行と同じ五行を持つ子供が生まれやすい。
祖母は陰の木で、その三人の子供は陽の木。
その中の長女から生まれた私たち兄弟ののうち三人は陽の木。
私の日干日支は叔母と同じ。
兄2人は同じ日干日支で、叔父とも同じ。
兄たちと叔父が似てると感じたことは確かにあった。
起こりうることだったんだ!
生き方はやはり、全く違うけどね!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月11日
「 海の方から来た女 」

海の方から来た女の子がいた。
彼女はかまぼこを作る会社の娘で、
街の方に出てくることはなかなかなかったそうだ。
高校はこの女子校でという親に言われたそうな。
人見知りで、大人しかった。
髪は黒黒して多く、少し波打っていた。
肌も浅黒い。
まつ毛もバッサバッサしていた。
水の人は基本肌が黒みがかるという。
彼女の家系は古くからその海の側で生息していたのだろう。
五行が水だったかは調べようがないが、
彼女は水の要素を持って生きてきたと言える。

どこで生まれたか、どこで育ったかは、
その人の人生に大きく関係する。
双子なら、先に生まれたか後で生まれたかでも違う。

高校生の私は、海の人が珍しかった。
余計なことは言わず、
海苔の佃煮が入ったお弁当を食べる彼女を見て、
私は海の生活を想像したのだった。 
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月10日
「 25歳以上の方いらっしゃい!! 」

25歳以上の方に特別鑑定1時間10,000円のところを、
5,000円(ドリンク付)で鑑定いたします。
前日の16時までご予約下さい。
お待ちしております!
------------------------------

カレー仙人流四柱推命講座開講!!

・ 〜あなたも占いで副収入を〜
・ 月2〜4回
・1回90分間の個人レッスで何処よりも分かりやすく指導いたします。
・約1年間で卒業
・入会金5000円
・1回 5000円
・受講日時はお相談に応じます。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月9日
「 沐浴を持つ人はノイローゼにならない? 」

仕事で失敗したとする。
やらなければならない手順をふんでなかったのが原因。
ただ、その日はすごく忙しかったし、
他の人もミスを犯していてからの失敗だったとする。

1.自分が悪かった。
2.誰にでも間違いはあるから、仕方ない。
3.終わったことだから、もう忘れる。

あなたはどれに当てはまりますか?
沐浴を持つ人は、2と3に当てはまると思う。
故にノイローゼにならない。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月6日
「 好みのタイプは人によって違う 」

好みのタイプは人によって違う。
胸が大きい人がタイプな男性に、
一生懸命話しかけてはしゃぐ痩せてる女性がいる。
男性は、適当に話を合わす。
でも、誰も彼の本心を知らない。
話が終わって満足する女性。
婚期を過ぎても、何年も片思い。

好きな人が出来たら、相手の好みのタイプを知ろう!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月5日
「いずれ自分の元に返ってくる」

木は太陽の光を浴び育ち、
水を含んだ土から栄養をもらう。
斧で伐採され薪となり、
火に燃やされ灰と化すが、
土に帰すことにより、
木の養分となす。
だから、木が火にしたことは、
いずれ自分の元に返ってくる。
必ず。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月4日
「四柱推命には流水算を用いるべきだ」

こんにちは、ルカです。
高野先生より原稿かとどきました。
よろしくお願いします!

カレー仙人高野のブログ

「四柱推命には流水算を用いるべきだ」

幸せになると時の流れを早く感じる。
普通の10年と違い、幸せな10年は瞬く間に過ぎ去ってしまう。
夜半の大潮は流れを早める。
その潮流が日付を、時を、先に超えていくのは確かなこと。
だから四柱推命には流水算を用いるべきだ。
大運偏財、あるいは食神。
このロマンの10年を人生にどう使うか。
あとは嫌な時を楽しくしていく。
それしかないし、それだけなんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月3日
「 水の人 」

水の人は人に合わせる性格らしい。
だから、人といる時は実態はない。

でも、好き嫌いは誰でもある!
アイツがキライなんだけど、口外されたくないから言えないんだ。
あー気分悪い!と思ってるはず。

だから、気を許した人には本音が出る。
批判的にもなる。

そこは陽でも陰でも水の人は同じだと感じた。

水の人から悪口を聞いたあなた、
ものすごく心許されてますよーん!!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年10月2日
「 やっと秋が訪れた 」

やっと小倉に秋が訪れた。
今朝、ブーツを履いている女性を見たからだ。
ブーツ=秋、冬だ!
秋は金気が多いから、木が恋しくなる。
だから、編み物がしたくなる。
座椅子に座り、コーヒーを飲みながら、編み物をする。
もちろん、お気に入りの曲を聞きながら。
(なんか自分に酔ってないか?)

秋は物悲しいけど、幸せを感じる季節なのだ!
わ〜い!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月29日
「 カレー仙人から電話が入った 」

朝一番に、カレー仙人高野から電話が入った。
「ルカさん、玉虫色って何色かね?」
「は?緑っぽいんじゃないんですか」 
「うん、なら来年のラッキーカラーは玉虫色だよ。
玉が少ないからね。少子化だから」
「‥そうですか」
「美人が困っとる。玉が少ないから」
「美人が性格が悪いんですよ」
「もう来年の事を考えんとね。じゃ、ブログに載せといてね」

玉虫のブローチやネックレスが流行ったりして‥と電話を切った。
来年は陽の木の年で緑色の年だからラッキーカラーと言えるわな、確かに。

明日のブログはこれで決まりや。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月28日
「 束縛を嫌う沐浴 」

束縛を嫌う沐浴を二つ持つ女性曰く
「結婚しても別々に暮らしたい。
部屋が隣同士がいい」と。

やっぱ本音はそうなんだなーとしみじみと思う。
沐浴だったら、
ルームシェアなら一緒になれるかなと思ったりしてたが、
それも無理なんだなーと。

その女性は寂しがりやの星も持っていた。
それでも隣同士なのか‥。

といいつつ、寂しがりやの私は一人が気楽になっている。
たまに会うくらいがいい。

沐浴とか関係なく、実際はみんなそう思っているのかもよ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月27日
「 しょうがないなーと呆れた 」

四柱推命を勉強し始めた頃の話。
初恋?の人の命式を出してみたら、
当時お付き合いしていた彼と同じ日干日支だと判明。
元命も偏官で同じときている。
ただ、初恋の人は背は高い方だった。
彼氏は小柄。
小柄で偏官を持つ男性は、凶暴性があるという。

自分はしょうがないなー、と呆れた。
やはり、先天運は変わらないからか??
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月26日
「医者は変わり者の集まりだ」

「医者は変わり者の集まりだ」
と言ったのが医者の息子であるT君。
同級生の彼は医学部を出て、研修生として地元に帰ってきていた。
久しぶりの再会だったが、彼のマイペースな所や斜めに切るような発言に、
「変わってるな」という印象を持っていた。

四柱推命で彼をみると、彼にもその変わり者の星が‥!?

T君は確かにお医者さんに向いていたんだな!
きっと立派なお医者さんになってるはず!
達者でな!!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月25日
「 麺屋一の坊のラーメン 」

麺屋一の坊のラーメンがウマいことは周知のこと。
このあっさりしたラーメンをコッテリにするのが黒だれ。
確かに、コッテリに!?旨味倍増!!
今まで知らんかったわん。

また、チャーハンも、もうソースかけずしてそのままでええやんと食す。
餃子も肉々しい。ペロッと食べれる。

ルカはラーメン食べに行くと、ラーメンしか食べない派でしたが、一の坊に行くとこれだけ食べる。
理由として、ウマいから。
ラーメンだけじゃないんです!モグモグ。
また近いうちに食べに行こっと。
カレーじゃなきゃ、ラーメン!でした!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月22日
「 土の多い人は介護に向く 」

土の多い人は介護に向く。
なぜ?
土が作物を育てるように、お年寄りを育てることができるから。
お年寄りを育てるとかあるの!?
確かに土の多い人は筋の通ったことを言うために、お年寄りも一目置いている。
介護歴20年だったりする。
そういう人がいると、お年寄りも頑張る。
土の人が多い日本は、安定しているのだ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月21日
「 カレー仙女誕生の秘話 」

カレー仙人高野の作るカレーはウマい。
ルカはそのカレーを昼飯夜飯と1日に2回食べたりした。しかも、おかわりもしていた。
こうして、ルカは立派なカレー仙女となったのだ?
これがカレー仙女誕生の秘話。
案外ベタだったな‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月20日
「 性格は運命を作る 」

男っぽい女性がいるとしよう。
彼女はカッとなりやすい。
そのせいで、お客を失ってしまう。
四柱推命を知っていれば、事前に気をつけて防げたことなのに。
「性格は運命を作る」

ふ、深い言葉だな?!!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月19日
「 人魚姫の話 」

人魚姫の話。
海で遭難した王子様を助けた人魚姫は、どうしても王子様と結婚したかったので、美しい声を魔女に売り、代わりに人間の足を手にいれた。
王子さまに接近する人魚姫。
しかし、王子様は自分を助けたのは別の姫と勘違いして、その姫と結婚してしまう。
失恋に打ちひしがれた姫は、海の泡となって消えてしまうという話。
人魚なのに、人間の足!?
生まれもって与えられたものに逆らうと、泡となって消えてしまうのだ!
人間もしかり、なのだ。
尽くし型の女性は、ダメ男を選んでしまうのだ。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月18日
「 寝る子は育つ 」

ある5人兄弟の話。
この兄弟の母親は、教育熱心。
早く寝て睡眠時間が長い子は賢くなるということで、我が子で実践することに。
5人のうち3人は母親の言うことを守り夜8時に就寝した。残り二人は夜更し夜遊びをした。

結果、早寝した二人は背が高く伸びた。
残り2人は小柄に成長した。

寝る子は育つ。
確かに!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月17日
「死を持つ人は、ブツブツ言う」

「死を持つ人は、ブツブツ言う」と書物に書いてあった。
死を持つ男性と出会っても、当てはまらないなーとずっと思っていた。
会社の飲み会で隣に座った男性が一人でブツブツ話しだしたので、もしやと思い、生年月日を聞き出した。
彼は9月の丙午の日に生まれていた。
9月とは、酉の月。
酉の人はよく喋る。

別の同僚の男性が、彼のことを言っていた。
「男3人でお茶しに言ったら、あいつ3人の時でも一人でブツブツ言って勝手に話をしててさ。心配になってね」と。
そう話した彼は、酉の日に生まれているため、よく喋る。

9月生まれの丙の人は、ブツブツ言うのだろう。
では、日柱が死で、9月生まれの人もそうなのかもしれない。

いつか出会わないかなー。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月16日
「 冗談も空回りする‥ 」

鑑定をしていると、「そうですね」「はい!わかりました!」とあっさりと時間が終わるお客様と、なかなか終わらないお客様がいる。
後者の方は、ほぼ土の人。
何でも丸くおさめようとして、曖昧な感じになってしまう。
食傷星がないと、話した内容が伝わったのかもわからなくなる。

冗談も空回りする‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月15日
「 S または M の相性 2 」

相性をみるポイントとして、SかMかがある。
性の相性として、とても大事なことだし、関りとしても大事。
たとえば、陽の金と陽の木とでは、相性は難しい。
木は金である斧にばっさり切られてしまうからだ。
斧だって刃が痛むし。

ところが、この組み合わせのカップルは存在するのだ。
陽の木の女性は自分を痛めつけるのが好きなドM。
陽の金は男らしく、S。

もう3年の付き合いだとか。お互いに50代。
SMの関係は、本当に重要だと思う今日この頃。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月14日
「 S または M の相性 1 」

50代の陽の木の女性と陽の金の男性がいるとしよう。
木は金に尅される。
つまり木は斧である金にバッサリ切られてしまう。
木の女性は金の男性からの猛アタックを無視することに。
ところが、この木の女性、自分を痛めつけるのが好きな傾向あった。
なんと1年後この2人はカップルになったのだ!

SとМってとっても大事なんだなと思い知らされた。
距離を保った関係だからこそ、うまくいくのかもしれないが‥。
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月13日
「 こんにちは、カレー仙女のルカです 」

こんにちは、カレー仙女のルカです。
四柱推命の鑑定をしております。
高野先生がしばらくブログをお休みされるので、代わりに私がブログを書くことになりました。
どうぞよろしくおねがいします。
陰陽五行に基づく私の目線で(そうとはかぎられませんが‥)見た世界を、ちょっと真面目におかしく読んで頂ければ幸いです。
ではでは!
(カレー仙女ルカ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月12日
「 霊界に限り無く近い色が黒 」

黒い下着をつけている人は基本、汚れが目立たないから、の気持ちでつけている。
白い下着は汚れが目立つから、汚さないように習慣付いて、綺麗好きになる。
黒い下着をつけた人は、実は汚らしい人が多い。
黒は安あがりで、いつまでも捨てないようになるから、益々安あがり。
黒は喪服の色。昔から喪服はあったが、腰巻は黒ではなかった。
霊界に限り無く近い色が黒。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月11日
「 パチパチ、まばたき、咳 」

目をパチパチして落ち着きの無い人は、男女共に幸せ感に飢えた人。こんな人を恋人に持つなら、たえず褒めて讃えよ。自分に自信がないために、耐えず相手がどう考えているかとか、好きなの気持ちを素直に出せない為に、自己嫌悪を感じている人なのだ。
まばたきをしない人は男女共に異性を数多く知った人。異性に対して気持ちがぶれにくい人だ。
咳をよくする人も又、自分に自信がない人。咳で誤魔化しているだけ。そんな人は、綺麗だね、のひと言で幸せ感には浸るから、言ってあげなさい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月10日
「 幸せになりたいのなら 」

自分が幸せになりたいのなら、こんな人を結婚相手に選ぶな。又は選びなさいを、相性の良い悪いを超越した所にあるから、そっと教えよう。
貴女が、または君が、安定した家庭を望むのならば、生年月日の生日が陰の土の人を選びなさい。

貴女、君が、安定した収入があるとか、不動産の賃料の収入があるならば、生年月日の生日が陰の金の人を選びなさい。ただし貴方が何らかの事情で収入が途絶えたならば、一年は待ってくれないので覚悟をしなさい。
これは秘伝と言っても間違いない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月9日
「 絶運の年に殺害された 」

建禄を持つ男性は、若くして財を築くと妻が病弱になる。建禄を持つ人はだからアクセクと働かない方が良い。若い時は。だからノンビリとするべきだ。
沐浴を持つ人が生家を離れないと、絶運の時に旅先で死ぬことがある。特に男性は。
安倍晋三元総理が絶運の年に殺害された。

四柱推命では、こんな迷信っぽいことが実際に起こるから、しっかりと診なければならない。他の九星気学や六星占術の嘘臭い「死ぬ」は信じないこと。今までに、そう言われた方が沢山来た。そして皆、外れていた。四柱推命をもっと勉強しなさいと、いつも言ってるのだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月8日
「 今の時代のいわゆる芸能人 」

今の時代、いわゆる芸能人の数が相当に膨れ上がっている。役者、歌手、俳優、アイドル、モデル、司会者、お笑い芸人、スポーツ、評論家、作家、漫画家、カメラマン、、。テレビや映画、YouTube、雑誌などに登場する人達。登録数は2万以上で、予備軍、自称、卵、などを含めると3万にはなるだろうと言われる。確かに今や、アイドル、モデル、タレント、俳優、歌手のすべてにおいて境目はない。人数が増えると見た目優先となり、顔だけ一流で実力は三流が増えて来る。映画は原作は漫画が多くなり、演技をする間の取り方はなしで、喋るだけの忙しい映像となる。これだけの役者がいるから、様々なる世界各国の映画祭に出典して、なんとか〇〇賞を受賞して、格を上げるしかない。勿論、賞に対しては金が動くからこそ、受賞もあり。様々なる映画祭が増えたのは、裏事情は俳優や作品に対する格上げを操作的にするための手段だ。
日本の役者やら芸人はレベルが低いと言われ、また監督、脚本も軟弱と映画人が言うほどだ。少子化になるほど食っていけない芸能人は増えるし、今でも他の仕事をやりながらの人は多い。そんな人を含めると、また挫折した人も加えると、4万人くらいか。
芸能界のプロダクションのリストラも始まっているし、枕営業も相変わらずと。
絵画、書道、写真などの入選は皆、宣伝の為に有名人を入選させるのが現実。学歴と同じだから、大学には行かない方が賢い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月7日
「 小倉は刺激の多い街だった 」

小倉井筒屋の8階にある洋食屋「きし川」から見下ろすことの出来る紫川。昔はヘドロの河と言われ、川のそばに行くと臭くて堪らなかった。その川で遊ぶ貸しボートがあったが、物好きなカップルが稀に臭い川で貸しボートでデートを。この紫川でボラ(魚)の引っ掛け釣りをする人がいた。
僕も2、3度ボラの引っ掛け釣りに、実はチャレンジした。また貸しボートに男2人で一度だけ乗った事がある。自慢か恥か?
さて、北九州市庁舎が1972年に完成した。それ以前の勝山公園は今の北九州市庁舎のある場所一帯がそれだった。怖くないジェットコースターがあり、猿を飼っていた小屋があり、なんたって勝山公園はデートの名所で、男女の出会いの場所出会った。日曜日には長崎、宇部、辺りから福岡市をとばして北九州の小倉に若い女性が泊りがけで来ていたのだ。
夏になると勝山公園でロックのライブが行われていた。これは無料だったし、夏の夜はステレオ・コンサートも開かれていた。
カップルのデートの場だけに、覗き屋が公園内だけで50人は下らない数いた。
また勝山公園内で殺人事件も起こった。
戦後は米軍の駐屯地としても勝山公園は使われ、現大手町は日本人は立ち入り禁止。入り口にはMPがいた。小倉は様々な意味で、刺激の多い街だった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月6日
「 お金持ちの家庭ゴミは実に少ない 」

お金持ちの家庭ゴミは実に少ない。無駄なことをしていないのだろう。
これは家庭ゴミに関してはプロの方の論評。

  話しは50年以上に遡る。飲食店のオーナーが金貸し、高利貸しだと、ゴミが少なかったし、仕入れも少なかったのだ。
喫茶店が全盛の時代、最近はあまり使われないパセリ、また缶詰めのチェリーは、使い回しする店があった。客が残したメニューで、まだ使えるパセリやチェリーは、勿体ないと取っておく。そこのオーナーが高利貸しだったら、それが当たり前だった。
ハンバーグを200g出して、朝食の売りにしている某ホテル。200gの中身はゼラチンが沢山含まれている。これが社長命令。極端なサービスを信用してはならない。消費者はしっかりとしなさい。美しいだけで美化したら実はキツネだった、と言う話も多い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月5日
「 知らない所で、色々な事が起きている 」

若くして風俗の仕事で妊娠した19歳の女性が、シングルマザーとして生きる決意をした。父親は誰か解らない。やがて出産。仕事は風俗を続けていた。
出産から1年も経たずに2人目を妊娠。今度も自分で育てていくと、そうして出産した。風俗の仕事をしながらの子育て、妊娠中の風俗の仕事は母子に影響した。2人の赤ん坊が亡くなってしまった。
知らない所で、色々な事が起きている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月4日
「 ツキのある年 」

宝クジが人の人生で当たる年が、2年ある。ただし最初の1年が小学生時代。2回目の年が80歳になってからと言う人がいたり、20代と50代という人もいる。当たる年にたまたま他の件で来られる。そこで教えて、バラ券を半信半疑か、3枚買ったら2枚が当たり、驚いて御礼に来られた方もいる。僕の知る範囲で、7人の方が宝クジを当てられた。 そんな事があるし、そのツキのある年にパチンコで100万円以上勝った人がいる。まあ、ツキを使い過ぎた後は宝クジを買っても外れたり、宝クジが当たるツキのある年に、それまでの苦労が消えてしまって、新たなる人生が始まった人もいる。この年に結婚した人と出会った人もいる。確かに運気の良い時、年はある。それを知らせるのが占いの基本。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月3日
「 気になる役者 」

映画を観て気になる役者がいたら、男女問わずに生年月日を調べる。皆がみな、正しい生年月日を明かしている訳ではないが。
日干の陰の火、陰陽の金、陽の土の役者は、解りやすい。例えば、堤真一は陰の火。役者として上手い。色々な役をこなせる。複雑で、様々なる表現をする灯火の様に。役所広司も陰の火。演技の幅、奥行きを出せるべきして出している。灯火はアイドルにはなれない素質がある、と言っていい。
いま人気のある広瀬すず。こちらも陰の火。が、まだアイドルとしての域に収まった役が多く、それが不自然に見える。悪い女を演じることが必要なほど、露出が多くなった所以の結果だが。
陰陽五行の見方を解説しているのだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月2日
「 例えば12月7日生まれの人 」

例えば12月7日生まれの人。7日の節入り日の12時15分に生まれたとする。その日の満潮のピークの時間が12時30分。そしてその節入り日の時刻が12時45分とする。潮の満ちる速さが、生命力を増すことになる。つまり節前の時間だが、潮の満ちる速さが時間を加速させて、その人は間違いなく7日生まれにしてしまう。実際にそういった節日に生まれた人の時間と満潮時を調べてみると、潮の流れが上げ潮時は、節前の時間であっても勢いで節入りにしてしまう。時間の速さは上げ下げの潮の速さにより、時間が速くたつのだ。1日違いでの命式を比べると、時間の速さが生命力の速さを加速させているのが解る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年9月1日
「 60年のサイクル 」

60年のサイクルで気候も繰り返している。生まれた年が60歳になると、また来る。だから、還暦。還暦を迎えた人は墓に入れたから、目出たい目出たい。
約60年前、この街・北九州小倉に大雨が降り、床下浸水になった。長崎の諫早でも大雨が降り、水害で水浸しなった住民が屋根の上に上がり、救助を待つ映像がテレビに流れていた。
記録を残して次の世代の人々に、役立てることこそ遺産的貢献。敗戦で日本は正解な歴史を失ってしまったのだ。だから想定外などと言う言葉を使うが、、。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月31日
「 運命の人 」

運命の人。この言葉に騙されたり、人生を棒に振ったり、お金をつぎ込んだり。これは占い、宗教などにありがちな話し。
運命の人、それは結果論で実はあったりする。運命的な出会いに気付かずに、人生を歩んでしまう。これは誰にでも起こり得る。何故に気づかないのか?
「未だはもう、もうは未だ」の諺通り。それが人生なんだ、と四柱推命で学んだ。だが、春がまた来る。だから、人生は前向きに生きるべし。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月30日
「 高校まで義務教育に 」

高校まで義務教育にしたら生活が随分と楽になるだろうに。スポーツを盛んにしたいなら、スポーツ品メーカーは、小中高学校に教育基金として予算を回すべきだ。そうして教師の質、待遇を良くして教員をもっともっと増やせるようにするべきだ。オリンピックにそこまで力を入れるならばだ。
スポーツ選手のタレント化はオリンピックの功罪。スポーツの課外活動に教師が時間外労働させられている現実。
そろそろ教育、教師、勉学、スポーツ、娯楽としてのオリンピック、様々なる矛盾を早く解消するべきだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月29日
「 女性の占いに対する興味 」

女性の占いに対する興味の深さ、怖さは、男性のものとは比較ならない。
恋愛、結婚、出産、子育て、仕事、健康、性の歓びと悩み、老後、不倫、離婚、再婚、姑、財産権、実に多い。
男性は仕事運、健康、最後に結婚。
会社での人間関係が、最近は多い。イジメ、童貞から起こる自信のなさ。 
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月28日
「 父親としての資質 」

子育て、母親、妻、才能的、資質的に、男性は父親としての資質とするなら、陰陽の土、陰の木、優しい陽の火、官星のない陰の火、弱来る財星あり、官星一つの陽の水は良いのではなかろうか。激しいとか、他人に施しを受けたいタイプでは、やはり難しいようで、まず結婚しないから。  
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月27日
「 強い女性から男性をみる 」

強い女性から男性をみる。女性に月令を得た帝旺がありと、男性に月令を得た帝旺がないとするなら、この男性が男らしくないと感じる。その年齢が女性15歳で、男性が同学年としても。女性は本能的に強いオスを感じ取る機能が備わっている。またそういった女性は、男性の脱毛には拘らない。仮に男性の脱毛の身体が主流になったとしても、拘らない。強い女性は流されないようだ。弱い男性は流される。強い男性は流されないが。この脱毛とやら、どう変わっていくのか、楽しみである。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月26日
「 脱毛してエステに通う男性 」

脱毛してエステに通う男性が増えてきた。韓国にしてやられた日本は。韓国人並みに小さいナニが好まれるようになるかもしれない。いや、もう何も無い方が良いと、去勢が流行ることになるかもしれない。去勢が嫌な男子と女子が集い、山に住み着くようになるかも。これが獣と人を分けることに。原始時代に戻るか?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月25日
「 傷官を持つ人 」

傷官を持つ人が介護の仕事に就くと、見違えるほど生き生きとしてくる。又は、車の修理や鍼灸師、また弁護士、司会者、これが理想的な仕事となる。
お喋りな人も寡黙になり仕事に勤しむ。世話好き、弱者の味方、弱った人を助ける。
たまに幼児の世話仕事、幼稚園、保育園に勘違いをして行く人がいる。いくら世話をしても、幼児は感謝しないし、有難うがまだ言えない。それが腹立たしくなる。だから向いていない。そんな世界には勘違いをして働いている主がいる。そして口が悪く若い人を目の敵にしてイビる。間違いだらけの人生で間違いだらけの人達が働いている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月24日
「 出会い、婚活パーティー 」

出会い、婚活パーティーから、その類いのイベント類に参加している女性に。男性が35過ぎたら、まず結婚はしないと思って間違いない。男性でその類に参加する人は、軽?い気持ちで女性と付き合えればいいな、と言う人が女性に選ばれている。だから、結婚していない。そして結婚を前提だから、付き合えれば付き合う。正当性を自負して楽しもう、なのだ。それでも良いという女性もいるから、イベントは成り立つわけで、その柔軟な考えを持つ男女の出会いの場ではある。ガチ真剣な男女は、やめときなさい。結婚を前提としている出会いイベントが、一番遊びたがり屋には遊びやすいと、何とも皮肉な実情。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月23日
「 男兄弟が多いと 」

男兄弟が多いと発達障害や性同一性障害の男の子が兄弟の中に生じやすい。男の方が女性よりも生命力が弱いこと。男子が多くなると人口が増えるために、人口抑制の自然界の法則が支配する故に。女系家族の方が優秀な男子が産まれやすい。母親の体調、心身の波は日々変わり、調子が良くない年の妊娠には、未熟児が産まれやすいから。母親の体調と父親の精子の強さは遺伝性と言われるが、正確には母親の運気と父親の運気による。若い時の方が男女共に身体は元気なのが当然。
体外受精など性行為を伴わない妊娠は、未熟児や障害を持つ子供が産まれやすい。性行為には幸せホルモンを伴うから、健康な胎児として成長して、出産を迎える。日照時間の短い北欧では、男性の性能力が弱くなる。血液型Oの男性とABの血液型の女性の組み合わせが健康な子供が産まれやすい。手先器用、左利き、よく喋る男性に性同一性障害が多い。これに男兄弟が3人以上になると、さらに傾向は強まる。くすり指の長さが精子の数に関係する。男性は満月、新月の大潮に誕生するのが良しとする。
遺伝性、環境、父親の在り方、母親の在り方は遺伝性と環境に含まれる。父親の優しさ、母親の子離れが、子供の環境に値する。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月22日
「 アニメ好きのオタク 」

アニメ好きのオタク、声優のファンは汚い。アイドルオタクはお洒落。アイドルと直に接することがあるから、自分をアピールしなければならない。そこはオタクの競争の世界だから、清潔にしなければ勝ち残れないから、風呂も入るし歯も磨く。
アニメ・オタクは歯も磨かないから虫歯になり歯が溶けてしまう。それでもそのままほっておく。ズボンのファスナーが壊れてもそのまんま。アニメのオタクは服装も汚いダサいし、他人と関わらないし、ライバルがいない。友達もいない。不潔にしていても、人との関わりがないから。
中年男性の童貞が極端にこの10年で増えている。彼らの恋人は2次元のアニメの女の子。人間の女性の裸を見たら吐き気がするくらいに、2次元のアニメの女の子しか許せない潔癖症だ。35歳過ぎたら、男性も結婚出来ないという現実。童貞は処女以外は神聖でない女性とする。童貞はシロウト童貞も含む。少子化は金銭的な解決策を施しても、解決出来ない。高学歴でも童貞は増えているし、オタクには勿論、シロウト童貞が。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月21日
「 日柱絶について 」

日柱絶について。
男性は両親の悩み多い、又は不仲の時の生まれとし、女性の絶は母親が精神不安定の時の生まれとする。
男性は生地を離れ孤独な運命を辿ることになりやすい。
また、私生児、親が欲しくない子供に絶は出やすい。
女性は年下の夫、又は晩婚の人は比較的に家庭運は良い。
男女共に人は良い。
が、秘密を守らない。
飽き性。上手い話にすぐ飛びつく。他人の言葉に左右される。
見かけによらず短気で、大したことでもないのに、とても腹を立てる。
子供時代はおっちょこちょい。
女性も男性に似た性格。
刹那的で早くに性体験をする。
よくブツブツと言う。愛嬌があり、淫らな感じ。
芸能、芸術、興行的な仕事向き。
技術、研究、賎業、先生などが仕事にふさわしい。
絶は肥えるか痩せるか。

辛卯・男・正直、なげやり、欲強い、癇癪持ち、火の行運に目を患う、賭け事好き。
辛卯・女・疲れやすい、皮肉屋、堅気の男は不向き、短気のお人好し、一貫性なし、欲求不満型。
庚寅・男・賢いが取り越し苦労、気分にムラあり、短気、束縛嫌いの頑固、生涯に一度は鬱、神経症になる、皮肉屋、詐欺をする人もいる。
庚寅・女・躁鬱、飽き性、勝気、興奮すると見極めなし、スタミナなし、名器、自殺する人がいる。
乙酉・男・凝り性、念には念、自尊心高い、病弱、目を患う、命式偏官3つは私生児もある、父母不全、ヤクザまたは妻に多子をのこされて死別、肥満か痩せか。
乙酉・女・神経質の短気、成人まで父母双全ならば結婚後子供なし、憎まれても金を掴む。
甲申・男・聡明、手先器用、お人好しの強気、長男は財を減らす、生家を離れる、短気、字が上手い、年月に傷官あると長男欠ける。
甲申・女・兄弟多い、又は一人っ子、人懐っこい、短気、好き嫌い激しい、1つ事に熱中出来ない、愛嬌あり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月20日
「 土の人は育てる力あり 」


陰陽の土の人はモノを育てる力があり、粘り強く中道的。結果、結婚にむいているし、安定を求める故に結婚は生活の必要なスタイルと割り切って生きる。陰の金や陽の水、陽の木、陰陽の火には無い長所を持つ。 男らしい男を好むのは女らしい女。女らしいは、優しいだけでは無い。男らしいは、良い精子を持った男と言われる。よい子孫を残すための人生だと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月19日
「 月柱食神(干)に対して 」


月柱食神(干)に対して
月支が比肩、劫財、また食神、偏財、正財、正官、印綬で
12運が強いならば吉と診る。
傷官ならば、独断的になることに注意すること。
次いで月支が偏官ならば、子供を含んだ苦労が多くなる。
基本は。
次いで月支が偏印ならば、
まず母乳不足ゆえに依頼心が強くなるし、金運が良くない。
家の都合で水商売に、
又は愛人になりやすい、と診る。
陰陽が良いが、自星を剋す偏官の見方は
自星が強すぎる人には良化。
また食神が多いならば偏官を弱めると。
偏印は食神をモロに尅すなら、偏財星。
継母といるより、恋人と早く家を出ると読む。
たえず尅し、尅されは何になるか?
を頭に叩き込むこと。12運はズバリと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月18日
「 沐浴 」

甲に対して子が沐浴となる。
乙の巳、丙は卯、丁は申、戊は卯、己は申、
庚は午、辛は亥、壬は酉、癸は寅。
丑、未、辰、戌の土用を表す四つのエトに沐浴がない。
土は陰陽共に築く、蓄える、作る、培う。
つまり落ち着く、住む、居座ると。
土を余気に持っている寅、巳、申、亥にも沐浴となる。
土の大切さ、土用の理論は大切。
沐浴は生地を離れる。
生日に沐浴があるのは晩年まで沐浴として生きる。
生年か生月ひとつの沐浴ならば、状況は変わると診る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月17日
「 日本人は海外に行くと狙われる 」

  日本人はお金を持っている。だから海外に行くと狙われる。アメリカしかり、イギリスからは日本人はかなり嫌われていると、現地で結婚したり、生活をしている日本の方から聞く。ツアー旅行で行くと解らないし、治安の悪い場所にはいかないから、日本人は実感がわかないと。 日本と仲良しの国なんて、ないのかも知れない。欧米人はアジアに対して差別を持つ。アジアだから中国、韓国、北朝鮮、日本、東南アジア諸国。さらにインド、パキスタンと、さらにアフリカと。日本人も外国の人達も、知らない国には偏見を持つ。当たり前のことだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月16日
「 精子を提供 」

精子を提供する。
提供されて子供が生まれた。
こういったやり取りが出来るサイトがある。
当方、東大卒で身長が高い。
提供する男性には結婚して生まれた子供がいるのだろうか? 
知らないところで自分の血を受け継いだ子供がいる。
で、、。その昔、子供を授かることで身分を保証された姫君が、
通った種付け屋の裏家業を思い起こす。
今も昔もさほど変わりない人間模様。
少子化と言われる現象におおわれて見えない所では
精子が売買されている。
生まれて来た子供の命式を出してみると、 母親は喜んでいるのか、後悔しているのか解らない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月15日
「 もう一つのブログ「おい街アクト」 」

僕が書いているもう一つのブログ「おい街アクト」を始めてもうすぐ3年半が経つ。
おい街webマガジンから変えたのが「おい街アクト」だ。アルバムをやめて、シングルを確実に出すことにした、と言ったら解りやすいかな。
フランス、イタリア、ドイツ、ポーランド、スペインなどヨーロッパの映画を中心に紹介していたが、 DVDがレンタルでは揃わないし、買うと高い。
洋楽は80年代以前のアルバムを中心に紹介していたが、もう紹介したい物を紹介しきった感あり。邦楽は、紹介したい物の数が限られるのが本音。
昨年末からレコードに切り換えていくことにした。
映画も邦画を取り上げる事にした。土日、祝日以外は更新しているから、ネタがとにかく欲しい毎日。英語、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、ポーランド、。俳優、監督の名を覚えるのは大変。四柱推命では漢語だから、必要性の薄い日本の俳優の名前が覚えにくい。本当に覚えたい人しか、人間は記憶したがらないんだ。池田エライザは覚えた。広瀬すずも。干支で覚えたようなものだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月14日
「 お産、官星を命式 」

お産が軽い女性は官星を命式に持っている。
お産が軽い年は女性が偏官にあたる流年。
又は大運が偏官であること。
妊婦の方が建禄の12運にあたる年はお産が軽い。
妊婦の方が流年、12運が沐浴又は死、絶になる年は、
流産が起きたり、胎児が未熟児になったりする。
大運が偏印の10年間、女性が偏財を持ち、
自星もまた強い場合に限り、出産は可能。
ただし、流年が偏印で重なったり、
また沖や12運に死、絶、沐浴になる年は
流産になったり、未熟児出産、難産となる。
未熟児で男子ならば発達障害であることが多い。
発達障害は遺伝性であると言われる。
頭が良いイコール、精子が強いではない。
男性がどの位の体重で、安産で産まれたかが先ずは大切。
また遺伝性なので、家系を知ることも大切。
勿論、子供を産む母親の状態も大切である。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月13日
「 男2人兄弟 」

男2人兄弟の場合。
兄が1人いると弟が同性愛になる確率が約14%であると言われる。
ただし産まれた時の体重が3キロを切ったりすると、
男としての性的能力が低くなるとも言われる。
胎児の初期にテストテロンを強く得るかどうかも関係するらしい。
男が女性化しているのは世界的な現象。
これは間違いなさそうだ。
日本の少子化は更に進む。
子供に授からないと言う相談が多い。
男性に原因があることの方が多い。
ただし女性が35歳を過ぎると、受胎しにくいのは間違いない。
四柱推命で様々なる男性と女性のことが解るが、更なる研究が必要。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月12日
「 歴史的な猛暑 」

歴史的な猛暑が昭和30年にあったと伝えられている。
この猛暑で冷蔵庫(氷を入れて冷やすアナログ)が爆発的に売れたと言われる。
昭和35年には、ビアホールで女性同士の客が半数近くになり、アメリカの影響から男女同権の色合いが強くなったと伝えらる。
昭和40年になると、ビアホールはビアガーデンに客を取られ、様変わりする。
小倉にはビアガーデンが10ヶ所でオープンする。
キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーと。この時代はやはりキリン・ファンが多い時代。
小倉井筒屋、小倉東映会館、小倉玉屋、西鉄ビル、毎日会館、伊予銀行、望玄荘、小倉ステーション・ビル、、。ビアガーデン人気とキャバレー、クラブ、スナックと。
小倉の夜は賑やかでした。ビア・ガーデンでバイトした時、客の呼び込みをする玄関ボーイの仕事。時給80円。大ジョッキーが300円、小ジョッキーが180円かな?
大ジョッキーを8杯に小ジョッキーを15杯飲んだ自衛隊がいた。
1時間もいなかったが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月10日
「 陰陽の土 」

陰陽の土の人はモノを育てる力があり、
粘り強く中道的。
結果、結婚にむいているし、
安定を求める故に結婚は
生活の必要なスタイルと割り切って生きる。
陰の金や陽の水、陽の木、陰陽の火には
無い長所を持つ。
男らしい男を好むのは女らしい女。
女らしいは、優しいだけでは無い。
男らしいは、良い精子を持った男と言われる。
よい子孫を残すための人生だと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月9日
「 月柱食神 」

月柱食神(干)に対して
月支が比肩、劫財、また食神、偏財、正財、正官、印綬で
12運が強いならば吉と診る。
傷官ならば、独断的になることに注意すること。
次いで月支が偏官ならば、子供を含んだ苦労が多くなる。
基本は。次いで月支が偏印ならば、
まず母乳不足ゆえに依頼心が強くなるし、金運が良くない。
家の都合で水商売に、又は愛人になりやすい、と診る。
陰陽が良いが、自星を剋す偏官の見方は
自星が強すぎる人には良化。
また食神が多いならば偏官を弱めると。
偏印は食神をモロに尅すなら、偏財星。
継母といるより、恋人と早く家を出ると読む。
たえず尅し、尅されは何になるか?を頭に叩き込むこと。
12運はズバリと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月8日
「 沐浴 」

甲に対して子が沐浴となる。
乙の巳、丙は卯、丁は申、戊は卯、己は申、
庚は午、辛は亥、壬は酉、癸は寅。
丑、未、辰、戌の土用を表す
四つのエトに沐浴がない。
土は陰陽共に築く、蓄える、作る、培う。
つまり落ち着く、住む、居座ると。
土を余気に持っている寅、巳、申、亥にも沐浴となる。
土の大切さ、土用の理論は大切。
沐浴は生地を離れる。
生日に沐浴があるのは晩年まで沐浴として生きる。
生年か生月ひとつの沐浴ならば、
状況は変わると診る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月7日
「 日本人は海外に行くと狙われる 」

日本人はお金を持っている。だから海外に行くと狙われる。アメリカしかり、イギリスからは日本人はかなり嫌われていると、現地で結婚したり、生活をしている日本の方から聞く。ツアー旅行で行くと解らないし、治安の悪い場所にはいかないから、日本人は実感がわかないと。
日本と仲良しの国なんて、ないのかも知れない。欧米人はアジアに対して差別を持つ。アジアだから中国、韓国、北朝鮮、日本、東南アジア諸国。さらにインド、パキスタンと、さらにアフリカと。日本人も外国の人達も、知らない国には偏見を持つ。当たり前のことだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月6日
「 レンタルビデオ 」

レンタルビデオのTSUTAYAの在庫を見ると、時代の後手後手を回っている。店に来る客は日増しに年齢層が高くなっている。若い人はネットでレンタルする方向へ加速しいる。時代が早くも変わってきた。洋画の新作、旧作と名作が減少している。アメリカ映画に新しいスターがいない時代。今や韓流神様が若年化へと。邦画はアイドルを使い過ぎた時代が終わった。そんな作品に名作はないから、大人はまず観ない。邦画の比較的新しい良作が、揃っていない。来店客の観たい作品と在庫がある作品が重なっていないのが、客は別れを起こす。小倉だけの記事ではなく、全国的な傾向にある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月5日
「 お手製のかき氷 」

小倉井筒屋8階にある洋食屋「きし川」でかき氷を頂いた。お手製のかき氷?、と言う表現をメニューで記している。お手製とは、いい日本語を使っているなが心を動かし、白熊、あまうお、と日替わりペースで食べた。ここのかき氷は手動の氷かきでかいた氷を使っているから、柔らかくて美味しい。機械より手動でかいたかき氷の方が、美味い。こんな拘りをこの時代に実践するプロ根性には敬意を表したいですね。
これはコンビニのかき氷擬の白熊などとは差別化されている。これぞ日本の食文化の優しさ、美味しさの伝統継承がなされ、大切な力になる。
拘りは食の世界では欠かせない基本の基本だ。拘らない、レトルト嗜好のカフェで働いてる若い人が目に入るたびに、同情してしまう。時給は上がったが、仕事を覚えるレベルの作業をさせて貰えてない。だから、楽しいわけがない仕事は喜びも浅いはずだから。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月4日
「 陰陽五行の相克 」

四柱推命が難しいと言う人が解らなくなるのは、
陰陽五行の相克による変化だ。
空亡や天冲殺を使って、あーだ、こーだと言っていたら、
20年、30年勉強しても、一流の占術者にはなれない。
偏官と言う星を1つ女性が命式に持つとする。
しかも主星の位置に。
結婚する時には男性の星として働いている。
が、子供が出来、産まれると、
偏官が子供の星として働きだす。
つまり、良き旦那でないならば、
離婚して1人で育てていくように働くのが、官星の変化だ。
食神と言う星を男性が持つ。
この人が帝旺を持つ。
しかも日柱に。
子供縁ではあるが、
帝旺の強さが食神を歳下の女性に変えてしまう。
最初から食神は、歳下と見るのが正しい。
また傷官も歳下と見るべき。
この男性に帝旺や建禄、冠帯などが2つあればだ。
歳下の男性、つまり子供と見るか、女性と見るかだ。
その男性の歳や大運や親との関係に左右されるが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月3日
「 食神の考え方 」

食神が多く命式にあると、
食神が傷官になるとか、
傷官化すると言うことを質問されることがある。
それを研究するならば、
子供が男の子か女の子かを調べる。
ただし男の子が多い場合は、
男の機能が強いかを調べることが必要。
強い男の子が揃うと、その親(父)は帝旺を持つ、
もしくはそれに準じる12運を持つと診る。
男子が弱い父から複数生まれると、
発達障害や同一性を持つ男子が生まれる。
つまり、12運の弱い食神は、傷官にはならないが、
食神としては物足りない質とみるべきだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月2日
「 財星の考え方 」

財星の考え方は、
一夫多妻制が基本的な血を継承していく為には
良策とされたからだ。
古典にある。
正財を妻の星と見る。
偏財を妾、愛人の星と見る。
今では一部の男性にあり得るが。
だから財星は、陰陽、陰陰、陽陽でも
財星で基本は吉なのだ。
女性は財星を自分の父、嫁ぐ先の義理の父、
父の兄弟と見たのが古い昔。
推命学は確かに当たる。
中国の皇帝の権力継続のために生まれ、用いられた。
帝旺はやはり帝旺で、
今では仕事に頑張らなくてはならない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年8月1日
「 食神と傷官の違い 」

食神と傷官の違い。
古くは正食と偏食と言っていた。
陰陽五行の中で、
自星から見て陽陽また陰陰にあたる食神を吉として、
陽陰になる傷官を凶とする。
また自星からみて陽陽、陰陰にあたる財星も吉と見る。
官星は陰陽の関係が吉。
陽陽、陰陰にあたるのは偏官で凶とする。
印星も陽陽、陰陰となる偏印は凶、
陰陽にあたる印綬は吉と見るのが基本的。
か、偏官の1つは貴命であったり、
財星が過多すると印星を求めるので、養子、養女相となる。
ただし今の時代に養子は多くないから、
結婚する相手方に義理の父、姑、小姑が
多くいる家と言わねばなるまい。
凸凹がくっ付いて凸が生まれ、生じるのは食神。
凸凹で考えること。
あなたが凸凹の凸でない凹ならば凹が食神だ。
凸凹は合体して子供が産まれる。
これは男と女の物語。
昔は血を残すために男に似た子を吉としたからだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月31日
「 親の背中を見て育つ 」

子供は親の背中を見て育つ。間違いない。よく働く親の子供は、よく働く。仕事熱心でない親の子供は、やはり仕事は中途半端だ。この親子の良くない関係性を断ち切れる、子供の良き命式は、稀、稀に子供が持ち生まれる。が、本当に稀だ。その子供は親に代わる尊敬する大人に出会うことから、成長が始まる。親を超える生き様を理想とする故に、苦労も多いが、必ず親を超える人となる。
こういった子供には12運の冠帯がある。冠帯の沖は?墓である。冠帯や墓は羊刃を含む。カリスマの星が冠帯であるのは、だからだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月30日
「 偏官を持つ女性 」

偏官と言う星を1つ女性が命式に持つとする。
しかも主星の位置に。
結婚する時には男性の星として働いている。
が、子供が出来、産まれると、
偏官が子供の星として働きだす。
つまり、良き旦那でないならば、
離婚して1人で育てていくように働くのが、官星の変化だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月29日
「 四柱推命は難しい? 」

四柱推命が難しいと言う人が解らなくなるのは、
陰陽五行の相克による変化だ。
空亡や天冲殺を使って、あーだ、こーだと言っていたら、
20年、30年勉強しても、一流の占術者にはなれない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月28日
「 不倫に関する相談 」

昭和から平成にかけては不倫に関する相談が多い時代った。韓流のヨン様の時代に主婦は恋に恋をした。今も不倫はある。が、離婚を有利に進めるために女性は探偵に依頼する。が、男性は不倫の証拠を掴んでも離婚しない。これが令和には増えた。男性は不倫がバレたら離婚になるという回路がはっきりとある。女性は男性が別れるか、別れないかのタイプを見極めていると。決めてはないから探す。探しても見つからないなら、このまま行くか。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月27日
「 占いに行きたい時 」

占いに行きたい時とは。

仕事が面白くない。今の仕事に対する不安がある時。また仕事に意欲がない時。自分の仕事に対する不完全燃焼を感じる時。
異性に対しての自分の自信の無さに愕然とした時。異性運が悪い様な気がする時。まるでモテない時。性体験がないことから来る不安や挫折、楽しめない人生のモヤモヤ感がある時。好きになってもすぐに冷める自分とは? 
子供が出来ない私は何故?いつ出来るの?タネがないのか?私が悪いのか?不倫で様々に揺れ動く自分は?性的に自信がない。性の歓びはないのか?旦那が好きではない。
などなど。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月26日
「 生日日干で判ること 」

眉毛の濃い人は水の生日日干の人。
歯の丈夫、虫歯が歯磨きをしないでも出来ない人は金。
若いときから視力が劣る人は木の人。
涙目になる、泣きまねをするのも木の人。
夜更かしが得意な人は陰の火。
あさの早起きが得意な人は陽の火。
匂いにうるさいとか、匂いフェチは土の人。
顔がつまり濃い人は水の人が多い。
目力のあるのは木の人。
直線を走ると速い人は金の人。
歯が弱く虫歯がで出来やすいのは陰の火の卯の人。
酒を飲むとすぎ虫歯になるのは木の人。
四柱推命を学ぶと様々な可能性が広がる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月25日
「 凄みのある記者? 」

アナログ時代の新聞社には、凄みのある記者がいたし、
記事に関しての口論は過激で、
罵声が飛び交うことも珍しくなかった。
大手の新聞社での話だ。
昭和50年、60年は血気盛んな記者、ブン屋がいた。
A社の女性記者は売春記事を書くにあたり、
売春を体験しないと書けないなどと本気で言っていたが、。
編集局と販売部、広告部は絶えず歪み合う関係で、
さらに写真部の人間はB社では孤立、敵対していた。
編集局にありながら社会部とは特に。
男の世界には嫉妬、妬み、虐めの槍が、弓矢が飛び交ったいる。
新聞社、放送局も然りだった。
さらに女性記者にも嫉妬の念が男性記者から送られる。
学歴のある連中の足の引っ張り合いは歪だった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月24日
「 12運、帝旺 」

12運帝旺について。

男性。
長男は少ない。
たとえ長男でも生家を継がない。
親とは離れて暮らす。
兄弟とも遠ざかる。
晩年は家庭的には孤独。
男児には縁が薄いが、男児に縁があると妻とは別れる。

女性。
家庭婦人ではなく、仕事で活躍。
夫を凌ぐ。
夫婦縁が悪い。
生死別となる。
再婚はしないで後家を通すことが多い。
養子相を迎えると、夫婦続く。
別居生活も多い。

性格は
男女共通。
独立独行の自尊心強い。
人の下で働かない。
正直、邪心なし。
義理堅い。
人に迷惑かけるのを気にする。
何が強く、ワンマン。
弱音を吐かない。
情に脆く、人情に厚い。
覇気がある。
細かいことは得意ではない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月23日
「 凶命 」

凶命には、推命学の専門書に記載されてない凶命がある。
凶命だけで一冊の本が出せるくらいに、
吉ではない人がいるのが人間社会だ。
12運だけで凶となる命を探すことも簡単に出来る。
今話題になっている有名人も確かに。
だから驚くことではないのだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月22日
「 宿命後、天運、凶命 」

推命学の先天運を宿命。
後から来る後天運を立命とする。
生まれ持った凶命がある。
1つの例を出す。
年の柱に劫財が二つあるのは、男女共に凶命になる。
劫財は財星を剋すから、お金にまず苦労する。
高い所から落ちる。
女性は見た目は美人が多いから、男はのぼせ上がる。
が、結婚したら金がかかり過ぎて不仲に即なる。
が、玉の輿に乗せてくれる人がいたりするから、
世間では占いがやはり必要なことが起こるようになっている。
このタイプの女性を過去に6、7人は鑑定した。
確かに美人であった。

他にも凶命とされる男女があるから、
やはり占いは大切な護身となる術だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月21日
「 12運、絶 」

12運について。

建禄の逆は絶。
帝旺は胎。
沐浴は死。
冠帯は墓。
長男は病。
養は衰。

12運は反対に(沖)支えられているとも言える。
年の12運が建禄。
次男なら良し。
ひとりっ子ならば、、。
これに月と日の12運が胎と死になると。
又は胎と病とかになると、病弱になる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月20日
「 12運、建禄 」

12運について。

建禄は次男以下に生まれた方が良い。
長男に生まれると家業を継がされ、
結果失敗する。
養子、養女相で、
結婚した相手の親との縁がつよくなる。
そちらの方がうまくいく。
やがて、中年以降に自分の親との縁が強まり、
長男らしくなる。
財産がある家の建禄男子は、妻の身体が弱い。
仕事熱心。
建禄の定めで、男の子は生まれにくい。
が、次男以下で長男に男の子が生まれないと、
次男建禄に男子が生まれる。
生家を離れた方が良く、離れないと旅先でなくなる。
建禄は王子。
やがて帝旺になるから慌てずに生きる。
無茶をしない。
研究、判断力、企画力、技術に長ける。
絵や文字が上手い。
愚痴を溢さないし、他人を干渉しない。
女性は養女が良い。
夫に変わって活躍することになるから。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月19日
「 12運、女性の冠帯 」

女性の冠帯。

我が強く、男性の意に従わない。
若い時に結婚話しが起こるが、
若くて結婚すると出戻る。
または夫に無関心になる。
晩婚が良い。
また、あまり良い処に行かない方が良い。
夫が失業者になっても、
自分が働いて夫を養わない。
親元を離れる。養女相である。
男勝りのやり手で、依頼心がない。
独力でやり抜く。
気が強く、負けず嫌いで、なかなか譲らない。
カカア天下で夫を尻に敷く。
また夫に不満を持つ。
人から世話を焼かれることが、大嫌い。
人に仕えるなどは無理。
骨身を惜しむ人が多い。
冠帯の女性は美人が多いが、
男の意に反してしまう。
が、女性の冠帯は面喰いで、
金も精力も欲しがる。
だから結婚は難しくなる。
帝旺や冠帯を持つ女性を好きになる男性は、
実は身の程知らずとも言える。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月18日
「 12運、冠帯 」

12運について。

冠帯。
冠帯とは冠に帯。
成人した若者を表す。
怖いものなしで突き進む。
カリスマ性の強い人は、この冠帯を持つ。

男性は、長男には少ない12運。
相続でもなく養子運でもない。
日干の陽の冠帯は結婚が早く、
生活力の有無に関係なく、自分の妻としてしまう。
妻には自分の言うことを聞かせようとする。
妻から指図されることは大嫌い。 住所を変えやすい。
人の面倒見が良い。
気がキツいが慈悲心に富む。
勝気で依頼心がない。
弱音を吐かない。
愚痴も少ない。
弱みを見せない。
だから、人を食ったように思われる。
目上に反抗する。
部下を可愛がる。
頭を抑えられる事を嫌う。
個性があるのに中和的。
その為に誰とでも仲良くなる。
競争心が強い。
だから手前かってになる時がある。
ボス気質。
すべてに一流を好む。
一見のんびりしている。
必ず勤めても出世すり。
地味な仕事より派手な仕事に向く。
何事も独力でやり抜く気概がある。
実業家に向く。
部下を上手に使う。
陽日の冠帯は偏業は凶。

戊辰、丁未、癸丑、丙辰、己未、壬戌。続いて記載。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月17日
「 女性の政治家を増やしたい? 」

キレイで可愛いさが良しとされる時代は、今に始まったことではない。
女性が競い合うと業者は儲かるが、貯金は出来ないし、結婚を自ら遠のけることに結果なる。
今の若い男性は割り勘が基本で、彼女や奥様には美しくなるための資金は出す人は少ない。
デジタル映像開発にかなりの美容整形の医療関係やら化粧品メーカーやらが出資をしたその配当金で、更なる新しい分野への投資が始まっている。
女性の政治家を増やしたい企業があるのは、それなりのメリットがあるからだ。
表で起こったように騒ぐのは、裏で起きていることを隠すため。
プロパガンダは戦後のマスコミの方法論として当たり前になった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月16日
「 西洋医学 vs 占術 」

あたらない占いは、
実はそれなりに社会的には存在価値があるものだ。
余りに当たる占いばかりになると、
ややこしい事になるのは、賢い人には解るだろう。
最後は西洋医学と東洋医学の両論対局が理想だが、
今の鍼灸や整体治療の現場を知ると
20年前よりも衰退してしまっている。
西洋医学対占術か。
占術の中でも東洋哲学を基本にしてならば
西洋医学に対するアンチテーゼとなり得る。
そこまでやりたくないなら仕方ないが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月15日
「 占いに来られる若い女性 」

占いに来られるお客さまの層がこの10年で、かなり変わった。
若い女性が確実に増えた。
中学生が四柱推命が当たると知っている時代だ。
高校生の質問がリアルになった。
離婚したり、結婚していない人が多い現実を知り、
私は結婚出来ますか?
どんな人となら離婚しませんか?と尋ねる。
高校生で大学に行かない人は結婚が近いことを悟っているようだ。
私立の名門高に行かされたことから、
やがて自虐的な生き方として己の否定を始める人が多い。
親の価値観は決して正しくない。
名門高を出たが自殺する。これも多い。
自殺した若者の理由に父親の暴力に対する、無力な子供の自己完結が多い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月14日
「 沐浴を持つ女性 」

沐浴を持つ女性について。

沐浴を年、月、日のどこかに1つ持つと、
まず色気がある。
沐浴は幾つになっても大人気ないとか、
青春時代が死ぬ迄続くとか言われるように、
沐浴をもつ人は老けない。
男性はニヤケ顔で、女性は美人だ。
沐浴を持つ男女は共に自由人。
束縛を嫌う。
さらに先々の計画なんてどうなることやら、
と割りといい加減。
重たい恋愛やら結婚を対象とした付き合いは嫌う。 その気になればあった日に深い関係
(沐浴の人は深いも浅いもない)になる。
純文学の白樺派の恋愛とは真逆と言っても
間違いにはならない。
つまり愛し愛されの深い愛情より、
食べる、お洒落する、旅行、踊る、チャンチャカ楽しく、
継続に途切れはあって良しだし、
刹那の積み重ねが時である感覚で、
過去には戻らないし、
人は人、自分は自分であると。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月13日
「 大学卒業 」

大学卒業した人と高卒の人の違い。大卒の人はサラリーマンや OLが圧倒的に多い。高卒の人は技術職についている人が多い。料理の世界、美容、エステ、鍼灸、音楽と。大卒の女性は結婚していない人が実に多い。高卒の女性は結婚した人、又はバツイチになった人。バツイチで子供がいる、いないは関係なく、結婚しないよりは良い。男性は大卒のほうが童貞が圧倒的に多い。男性も大卒は未婚が多い。独身より未婚と呼ぼう。つまり大卒がなぜに男女ともに未婚か?未婚が良いのか?ハッキリ言って、行く価値がない大学に何故に行かねばならないのか?それが子供のためと、親が錯覚している。まして奨学金で大学に行き、しかも留年をやる。子供の運を知らないから、借金が出来る。借金をしない生き方講座。行き遅れない結婚をするには講座。問題のない出産講座。医者に騙されるな講座。下手な整骨院に行かない講座。インチキ占いに引っかからない講座。パスタをスプーンを使って食べるアホな日本人にならないための講座。韓流の落とし穴に落ちないための講座。アダルトビデオがやらせであるのに信用している救いようのない日本人にならない為の講座。コーヒーが飲めるとは、スタバのコーヒーが飲めるからではない講座。まだまだ講座が成立するが、、。 
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月12日
「 12運、沐浴 」

沐浴に関しては男性の方から先ず学ぶこと。
素晴らしい人もいるいる。

12運について。

男性の沐浴。

甲は性格は善良だが、
徹底した自己主義の我田引水。
頭は良いが、融通性がない。
世話好きな奥さんを好む。
助平。

乙の沐浴は、
人に騙されやすい。
潔癖症の神経質。思案多く、感度は鈍い。
長男相で、養子タイプ。

庚は強情の正義感が好き。
思慮は浅く、思い通りの行動をして後悔する。
封建的で伝統を重んじる。
度量に欠ける。
他人を批判する。
色情強い。
嘘つき。

辛は楽天家の世話好き。
強情の勝気。
器用な口と手を持つ。
聡明で達筆家。
住所、職業がよく変わる。
ヘルニア、痔を患う。
養子相が良い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月11日
「 12運、男性 」

12運について。

男性は長男相。
まれに次男、三男がある。
★印綬沐浴の長男はない。
ただし母が再婚ならばあり得る。

男女共に親とは縁が薄い。
生家を離れるか、親と早く死別する。
が,親と同居すると揉め事が多くなる。
本来は養子が男女共に良い。
最初に女の子が産まれた方が夫婦仲はうまくいくのが特徴。
父母双全は、男性は妻縁変わる。
父母不全なら妻縁は変わらず。
じゅうしょが変えたり、職業を何度も変える。
女たらしで、結婚後も色情問題を起こす。
飽き性。
親譲りの仕事を好まない。
じっとしておれない。
気位高く強情。
頭を下げる事をなかなかしない。
人の忠告に耳をかさない。
家では亭主関白。
負け嫌い。
義理を欠く。
我を通す。
今日決めたことは明日まで待てない。
おだてに弱い。
頭はよいが勉強は嫌い。
実践で習得していく。
結婚したら給料から自分の小遣いを沢山取り、
わずかな金を妻に渡す。
簡単な事には興味を示さない。
副業を必ずする。
株や投資が好き。
飲む、打つ、買うのどれかにハマる。
思想が偏る。
右か左か。
医者、政治家を嫌い、批判する。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月10日
「 12運、長生 」

12運について。

長生の男性はマスオさんタイプ。
奥さんがしっかりしていないと、ダメ。
朝寝坊。
女性は、子供の躾は厳しい。
女性も意志をはっきりと伝えないので、別れ難い。
苦労性の人が多い。
夫には無意識のうちに冷酷な仕打ちを与える。
夫がリードして、立ち位置がさだめる。

昔は長生の女性が妻にするなら一番、
と言われたのは男性を立ててくれる資質を指したから。
が、昔の男尊女卑故にダメなオッサンでも我慢したから。
令和の時代は、
男性にリードする力があってこその、
女性の長生は生きてくる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月9日
「 陰の金、辛の長所、短所 」

陰の金、辛の長所。

陰日向がなく、努力をする。
現実的な分析力に優れている。
人当たりが良い。
中庸を心得ている人が多い。
実際的で行動力がある。
辛抱強い。

短所は。

利己主義に陥りやすい。
自己を過信しすぎるため、
足元が見えないので落とし穴に落ちやすい。
自己過信から他人を軽視しがち。
冷淡な部分を秘めている人がいる。
愛情に欠ける面を持っている人がいる。
強情で頑固な面が前面に出ると、浮き上がらない。
見た目にはない冷たさや、好き嫌いの激しさを持つ。
★武田鉄矢、沢田研二、水谷豊、山田洋次、
五月みどり、角川春樹、池田大作、
八千草薫、和泉雅子。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月8日
「 陰の土、己の長所、短所 」

陰の土、己の長所。

常に控えめで温和。
心は沈着冷静で落ち着いている。
注意深く慎重。
一度決めたことは粘り強く実行していく。
生活が規則正しい。
柔軟な態度と調和性を持つ。
正義感がとても強い。
内心は独立心に目覚めている。

短所は。

思い切り怠け者になる人がいる。
おとなしいが、限度を越えた爆発的行動を起こす人がいる。
時々、捻くれた考えをする場合もある。
嫉妬深く、疑い深くなったりする。

★己の人には友達がとても多い。
庶民性が人から好かれるし、
中道的な生き方が敵を作らないから。
渥美清、藤田まこと、花紀京らは
素で喜劇を演じることが出来る。
松田優作、浜田省吾は、
個性を逆に作り出す能力に長け、成功した。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月7日
「 仙骨股関節 」

背中が綺麗な人、とりわけ女性は賢いと言われる。
歳を重ねると女性は背中に肉がつきやすい。男性に比べ。
生理が終わると、やがて女性は宇宙との同化に対して鈍感になれるから、と言われる。
背中の綺麗な女性は、仙骨股関節が柔らかい人と言われる。
腰がバランス良ければ、背中に腰の役割を課すことが小さくなるし、背中本来の役割りをするから、と言われる。
ストレッチ、ヨガ、野口体操、じきょう術、ラジオ体操、座禅、太極拳、あるある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月6日
「 自滅していく国民 」

アイスコーヒーを飲む習慣がない欧州では。
南のシチリア辺りに行くと、冷たくして飲むコーヒーはあると。
それをアイスコーヒーとは言わないようだ。
日本人が自動販売機で缶コーヒーを飲む。
缶コーヒーは何のためにあるのか? 
缶からコーヒーを出して温める?なるほど! 
これがヨーロッパの人たちの見解。
日本人て工夫して海外の物からオリジナルを作る、
モノマネ得意な国民。
が、それで自滅していく国民なのかもしれない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月5日
「 旦那、うちのが、主人、お父さん、亭主が、オイサン、ダーリン 」

高齢の女性の方の会話を聞くと、
話のキャッチ・ボールにオリジナリティがある。

1人が宣伝と言う。
もう1人はコマーシャルと言う。
もう1人は広告と言う。

どれも似たような意味で間違ってはいないが、
相手に、場に合わせるという協調性は薄れてる。
歳をとると頑固になるのは、考え方だけではなく、
単語もその人独自の記憶、選択になる。
旦那と言うか、うちのが、と言うか、主人と言うか、
たまにお父さんと言う人がいる。
亭主が、も。オイサンもいる。
かなりの昔、ダーリンが流行りそうで、やはり流行らなかった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月4日
「 陰の火、丁の長所、短所 」

陰の火、丁の長所。

激しくはない渋めの落ち着き感での活動的さが、
かつ陽気な性格を表向きは見せる。
進歩的で改革的な気質を持つ。
頑固な面は人一倍。
考え方の基本は柔軟。
友好的な心得を持つ。
知能は優れ、思慮深い。
正義感が強く、公明正大。
情熱的で深い愛情持ち。
知恵に優れるし、文章能力が優れる。
面倒見の良さで、慕われる。
表現力あるスタイルを好み、気前の良い人が多い。


短所は。
人に逆らうし、反抗的な面がある、強く。
外見は沈着冷静だが、内面はせっかちで落ち着きに欠ける。
自分の殻に閉じこもり、苦悩で悩むことがある。
孤独感に苛まれたりする。
外見とは違う優柔不断な結論を出しかねることがある。

★陰の火の役者---
堤真一、役所広司、寺尾聰、広瀬すず、
ニコール・キッドマン、ロバート・デ・ニーロ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月3日
「 国立大の女子の嘆き 」

国立大の女子の嘆き。
大学内には男子は多くいるけど、強くて逞しい人がホント!いない。
ひ弱なお坊ちゃんタイプばかし。
男を感じさせるS夫さんがいない。
優秀な成績で男っぽい人は、アルバイトに精を出して稼いでるだろうし、
それを仕事にしていいと所まで出世しかけているよ。
男っぽい人は大学を辞めたり、学校に行くより楽しい事を見つけて、
辞めてもいい精神状態になっている。
学校には真面目に来ないよ。

これが僕の回答。で、現実。
大学内では見つからない。社会にはいるが。
高卒で出世する人はする。
女性の求める男っぽい人=大学生・優等生ではない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月2日
「 Sの女性は男に屈しない 」

SとかMとか言ったり使ったりしているが。
男性のSとM、女性のSとMについて。
女性のMは解りやすい。Sは、解りにくい。
推命学ではハッキリと解る。
女性のSは性欲が強くてスタミナがあり、男を参らせてしまう。
攻撃を受けつつ、実は負けない強さを持ち、
最後は男が「勘弁して!」となる。
だから結果は、Sの女性は男に屈しないのだ。
長いナガい闘いがある話し。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年7月1日
「 陰の金を指輪と解く 」

陰の金を指輪と解く説には、
誠に真髄を得た理論が秘められている。
生まれてから、この世を去るまで指輪は指輪のままであり続ける。
そのままである。陽の金の試練を受けて輝くその変化は素晴らしい。
が、陰の金は試練に耐えれない。
変化をしないエネルギーが、陰の辛。
現実的な例えは、
陰の金はお嬢様、御坊ちゃまとして生まれ育つ故に、
社会、家庭、組織、集団の中では、輝くだけでの存在。
大切にされてこそ、生きていける資質。
逆凶を起こす陽水には沈む。
陽土には埋まる。
陽木には叩かれ潰され、
陽火には溶かされて、燃え尽きて轍に消える。
大事に大事にされないとヘソを曲げる。
平和で豊かで優しい時代、時や地、環境でなければ輝くことが出来ない。
陽金は改革の刀となり進む逞しさ。
その刀に辛がどう役割るか、サヤかツバか。
いやいや、刀の銘柄を標す銀印を喜ぶ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月30日
「 四柱推命は親としての黙示録 」

四柱推命には、子供に対して親(父として、母として)はどう生きたら、
何を生き甲斐として、また世の中にどう関わって生きたら良いのかが、示されている。
親としての黙示録が記せられている。

例を出すと、
偏印を子供の命式に診るなら、芸術に親は勤しめ。

傷官を診るなら、親は人に教えをする業に勤しめ。

親は子供に対して、学歴を付ける努力をしたらよいなどと言う発想は浅い。
信仰に深くなる行為、これは神頼み的すぎる。

偏官の濃い命式を持つ子供であるなら、親は子供、孫のために尽くすべきと。
親、子供、孫が揃えば厄祓いとなる。
役満だ、大三元。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月29日
「 陰陽五行から観る相学 」

役者、俳優、アイドル上がりの女優の
生年月日は、余りあてにはならない。
吉永小百合、ビートたけしは諸説あり、
変わっているし、変わってきたからだ。
が、人相学的な見解から、
また陰陽五行から観る相学にらよる演技の上手い下手、
また動作、動きの特徴から、
間違いない生年月日を記載していると、解るものである。
四柱推命で性格がどうであるかは、
間違いなく解るし、性癖まで解り、離婚、不倫の理由は明白。
人気家業には、四柱推命は怖い存在だから、嘘もつく。
やはり芸人さんは、庚、辛、癸の生日日干の方が多い。
女性は綺麗な人が多いのと、
庚、辛はすぐにその気になるし、自信家になりやすいからだ。
丙、丁は個性が強く、芸人よりも芸術家たいぷ。
甲や乙は、金気の強い芸人とは上手くいかないし、
傷つきやすいから、音楽の世界へなりやすい。
陽の土は、素が隠せない辛さがあるだろうし。
陰の土ならば、庶民派の役はハマり役。
スターは輝く、煌めく。
つまり金そのもの。
陽の水の方は、音感が素晴らしいから、音楽界で活躍する。
ヴァイオリンの世界的名手は陽の水。
また日本の女性ヴァイオリン奏者も、やはり陽水の方が多い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月28日
「 陰の木、乙の長所、短所 」

陰の木、乙の長所。
外見、体質的に上品さがある。
頑張り屋、粘り強く生きる。
少々の苦難にもへこたれない。
慈悲溢れた気遣いを見せる。
他人の失敗には寛大。
人に対する気遣いは、素晴らしい。
蓄財心がらある。
人間関係を円滑にする気配りに優れる。

短所は。
偏屈で利己的な面がある。
積極性に欠ける面がある。
意志は強くはない。
断り下手で、人が良すぎて騙されやすい。
引っ込み思案な面あり。
人を信用しにくい面がある。

役割りは。
心の優しさを家族や身内だけではなく、社会のため、
全人類のために与えることの出来る才能を活かそう。

ジョン・レノンは陰の木。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月27日
「 廊下に張り出される成績の順位表 」

少子化時代。僕の通った中学は、1学年18クラス。ひとクラスに55人平均。全校で3000人の、福岡県で1番のマンモス校だった。試験がある度に廊下に張り出される成績の順位表。1番から100番までの名前が載る。 いつも10番以内に入っている生徒。10番以内には女子の方が割合的に多かった。 当時、我が中学生では全校で30番以内に常時入っている者は、小倉高校が受かると。生徒数の割には、今で言う偏差値が低い中学であった。思永中学は50番以内、菊陵中学は80番以内ならば小倉高校に受かると。 僕は中間の5科目なら良い成績。期末試験の9科目では、、。 体育、音楽、美術の紙によるテストは、何を勉強してよいか分からなかったし、テストの意味があるとは思えなかった。つまり、まるで勉強しなかったから、期末試験は30番以内に、入らなかった記憶がある。 当時は、小倉高校を受験する女子が稀の時代。成績の素晴らしい女子は、小倉西校に進学した時代。 成績がいつもいつも良い男子があたり、いきなりベスト10に入ってくる。それが1年間に2回あったり、延べ3年間にて5、6回ある。タイプ的に2つに分かれていた。本当にいつもいつも、いい成績である男子生徒は正官と印綬と正財をしっかり持つ人。出たり入ったりの暴れん坊タイプは、食神、偏印、偏財を持つ人。 僕は後者だから、好きなことしか、結局は出来ない弱さと馬鹿らしさ、ケッタイサを持つ。故に占いに向くのだろう。 高専に行くしかなかった。高専卒業した奴らは、日本航空、IBMと行ったは良いが、東大卒の凄え奴と仕事をする羽目に。そりゃ大変だ!と語っていた。 成績の良すぎる男性で、結婚が出来ない、したけど別れた、これが確かに多い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月26日
「 日本人の男性 」

日本人の男性に於ける童貞率(二十歳以上)が25%前後。平成から倍以上の数値に上がっていると。女性もバージン率が高くなっていると。男性の相談は、「僕は童貞で悩んでいる」とは言わない。人生が楽しくない、生き甲斐がない、と言った悩み打ち明けから始まる。話を聞くや否や、男で僕もあるからして察する。こうして晴々となり、人生が変わった!と連絡が入る。女性は単刀直入に、誰かいないだろうか?と。団塊の世代は、二十歳までには男になれ!戰知らずに二十歳になったのか!など。ノルマが風潮として課せられていた時代。純文学の白樺派との挟み撃ちに遭い、揉まれた若者が多かった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月25日
「 沐浴を持つ人 」

沐浴を持つ人が、釣りに凝ってしまう。
日本は海に囲まれた国だから、沐浴を持つ人が釣りを愉しむことが出来るから、沐浴天国だ。
愉しむならよいが、仕事そっちのけでやる沐浴のひとがいる。
沐浴を持っていない人も、釣りにハマってしまう。
釣りとい行為、遊びの様で狩りでもある。
仕事にしないから楽しいのか?師は楽しんで魚を捕獲しているのか?魚釣りはその昔、武士も嵩じるほどだった。
紀州釣りというものは、武士の釣作法であった。
株、投資も、釣りも、実践で上手くなる。
競艇界の伝説人、野中和夫は沐浴を2つ持っていた。
冠帯も凄いが、沐浴も才能と努力で慢心にさえならないと、大出世する。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月24日
「 30本のボールペンを1ヶ月で使い切る 」

四柱推命の命式の先天運(宿命運)と
大運後天運(立命運)を表に書き込むのに、
急げば10分前後で終わる。
そこから社会運の行動志向、社会運にもなる心の動向、
五行のバランスによる生き様、
命式に出る家、親との関わり、
結婚相手の先天的な家柄、容姿、
性格、性的な好みなどを診る。
勿論、その人にある婚期、財が得られるべき運気、
また財がどういった形態、仕事から盛んになるのか、
また身体の病質、などなどを地図を読むように安全、
落とし穴の注意、などを診て、書き込む。
早くスラスラと書けるペンでの時間との戦い模様になる。
長々と占いもやってきたが、1ミリの太く書けるボールペンを
クエストで見つけた。
まとめて30本のボールペンを買ったが、1ヶ月で使い切る仕事量。
命式表から、さらに記載することを増やしたもので、
腱鞘炎になるほど腕、指、手を酷使。
読めない字から、自分でも読めるし、人からも読まれる字を。
こうして1ミリのボールペンから、0.5ミリのボールペンも
必要になる始末。
滑る様に書けるボールペンは、だいそーにはない。
また、高いと言っても1本が3、40円高いだけなのに、
〇〇文具店には置いていない。
クエストは画材道具の店でもあるから、
当たり前だが、流石なのだ。
安けりゃいい訳ない。メイド・イン・チャイナは勘弁してほしい。
高いスマホがいいなら、高いボールペンもいい。
高い用紙もよい。高くても良い。高くて良くない。
安くて良くない。安くて良いは、たまにある。
それをやっているのは、技術職の長けた人。
神の手やら名医はいる。
だが知らせると患者さんが殺到するので、出来ない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月23日
「 間違いだらけの結婚 」

離婚された夫婦の方々は、
結婚をした時期がまず、
今ではない運気の方々が1番多い。
次に、友達で良かったのに夫婦になったパターンが、
これまた多い。
次は、自由人が無理して結婚に耐えれると、
勢いよく結婚しているパターン。
そして思い込みの強い結婚理想主義者。
結婚まるで向いていない美人と結婚した、
男性とその奥さん。
間違いだらけの青春は、間違いだらけの結婚に通じる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月22日
「 陽の水、壬の長所、短所 」

陽の水、壬の長所。
統率力があり、人を従わせるタイプ。
積極性、行動力を人一倍持つ。
熱意を何に対しても持つ。
勇気があり、負けず嫌い。
他人に対する度量が大きい。
知恵が勝る。
思案深い。
愛情があり、情深い。
対人関係が素晴らしく、才能として持っている。
度胸が良いので、人から頼られる。

短所は。
怠け者になりやすい。
知能的な行動をとる人もいる。
異性に弱い。
短気さから、粗野に見えるタイプもいる。
計画性が薄い。
破壊的になると、全てを捨てることになる。
行き当たりばったりになりやすい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月21日
「 陽の金、庚の長所、短所 」

陽の金、庚の長所は。
決めた事は積極的に目的貫徹に迫ろうとする。
忍耐力があり、勇敢。
努力家。
生活においての変化が好きで、積極的。
理想主義。
多感で繊細、器用。自信家で意欲的。

短所は。
多情で1つの事が空転してしまう事あり。
心中に不安定さあり。
空威張りをしたり、乱暴な挙動を起こす。
強引な方法をとりやすい。
意志薄弱になりやすい。
せっかちである。
時に残忍な行動に出る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月20日
「 陽の土、戊の長所、短所 」

陽の土、戊の長所は。
自信がみなぎっている。
様々な環境に順応していく。
言葉は弁がたつ。
男女とも、兄貴タイプ、姐御タイプ。
外見からは、温厚なタイプに見られる。
人の集まりの中では、頼り甲斐のある人に見られる。

短所は。
約束を平気で破る。
自信が尊大な感じに受ける。
浪費癖があり、派手好き。
外見は飾りたがり。
偽善的な、山師的になりがち。
頑固で、心を開いた相談事は持ち込めない。
言葉、動作が乱暴な感じを与える。
友情には希薄。
外からは想像がつかない残酷さを持つ人がいる。
花より団子過ぎる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月19日
「 外ヅラの良し悪し 」

外ヅラの良い、または良くしないと食っていけない職業。医者、芸能人、アナウンサー、ホステス(ホスト)、まだ親分になっていない政治家、受付嬢、各種詐欺師、タクシーの運転手、下手な整体、リハビリ技師、銀行窓口担当者、高い料理屋のオーナー・シェフ、風俗業務員。

外ヅラが悪くないとやれない職業。教師、用心棒、悪役役者、お笑い芸人、頑固屋の料理人、動物園のガードマン、新聞社の守衛。マージャン屋のマスター、地獄の門番。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月18日
「 早く、安く、そして美味しいならばお得 」

北九州市。いや北九州には美味しい蕎麦をゆったりと食べる食文化が育たなかった。やはりウドンが強い街。ゆったりと食べる事のできる職業の人達が少なかったのか?やはり労働者が多く、パチンコの合間にウドンを食べる人は多くいた。手打ちは麺を茹でるのに時間がかかる。だから、即に茹で上がるウドンを使うことになる。となると、やはり味は2流、3流にらなっても仕方がない。競輪場に人が沢山、集まっていた時代は、場内で食べるウドンは腹ごしらえ。焼き鳥も腹ごしらえ。北九州の食文化は、パンと言えば菓子パンのほうが、手っ取り早い。早く、安く、そして美味しいならばお得。そこなんだ、北九州の食文化は。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月17日
「 双子を産みやすい女性 」

双子を産みやすい女性は、
亥が命式に2つあったり、辰、戌が2つあったりする。
つまり、強い身体を持っている人。
男と女の双子が出来たら、女が先に出てくる。
強い方から出てくるのだ。
男2人の双子は、先に出て来たのを長男とする。
長男は、おっとりした性格。
次男は身体が弱い分、刺々しい性格に、なる。
悪そうは次男。
陽と陰に分かれる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月16日
「 昭和30年代の話し 」

苅田港の埠頭から、魚のサバの頭を網に3、4入れた海に下ろして入れる。20分ほどして網を上げると、蟹が数匹とれた。3、4時間もすると20匹くらいになる。
これは昭和30年代の話し。
貧しい家の食物調達の気分で、魚や蟹を苅田、朽網、あたりの海に採りに行っていた。中学1、2年の時だ。苅田では海老やら魚が採れたな。
あの時代の若松の岩屋。カレイやらフグやらが湧いていたと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月15日
「 社会を引率している 」

日本は、お笑い芸人、アイドル・タレント、スポーツ選手、アニメや漫画が社会を引率しているのか? 政治家やジャーナリストはいないのか?
これが日本に対するイメージ。 
何故に、大学に親は子供を行かせようとするのか?大学で何を学んでいるのか? 学ぶことが出来るのか?
ヨーロッパの国々の人からは、日本に対する質問がこう来る。中国からヨーロッパには若い人達が来ている。皆、技術を学んでいる。彼らはその技術を持ち帰り、料理、ファッション、家具、装飾品をやがて本国でビジネスにするのだ、と言う夢を持っている。日本の若者には夢がないと、これは日本の大人が言っている。だから少子化はさらに進むと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月14日
「 12運の胎 」

12運の胎。
胎を持って生まれてくる赤子は、
母親のお腹にいる時、活発に動かない。
胎とは、母親の動きにより動く。
つまり自力での活動はとても弱い。
生まれてくると、幼児期は体が弱いが
歳とともに丈夫になる。
幼児期は恥ずかしがり屋で、
一人で遊び母親の背後にいる。
女性は男性的、男性は女性的になる。
諦めが良過ぎて、気前がいいところは、
驚いてしまう。
書き仕事を永くやっていると、
話すことをしなくなる。
話すより書いた方が正確に伝わると、
知る様になってしまう。
だから、近年は普段は話をする気にならない。
物書きは、調べてみると皆さん、
お喋りはしなかったと。
占いは、生年月日から割り出して表を作成する。
これに30分をかけて調べることがある。
だから予約して欲しい。
これが四柱推命の正式な鑑定になる基本だ。
ペンが走り出すと、自分が追いかけて行かないと、
置き去りにされる。
その位、ぺんは早い。
早いから困る。
字が後から読めないほど、乱れている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月12日
「 helpが通用しない占いの世界 」

占いは、誰からでもいいから、
お金を払って診てもらう学問ではない。
やはり、信頼できる人から、と言うのが常識だろう。
医者もしかり。嫌な医者、下手な医者の所へは行かない。
カフェ・レストランなどの飲食店も、
不味い店、無愛想て接客の不味い店は、皆避ける、
ガールズ・バーやキャバクラは?
指名したホステスさんを、時間制の50分間、
ずっと接客するわけではない、
他にも指名客がいたらかけ持ちで、
実質20分間は指名のホステスさんがいるが、
他のhelpと言う代わりのホステスさんが、接客することになる。
時間制でも、これほど不条理で高くつくガールズ・バーやキャバクラは、
考えてみるとエゲツナイ商売であるが。
男の馬鹿さに漬け込んだ商売であるが、
客が納得しているなら違法ではない。
helpが通用しない占いの世界は、頑張りの世界だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月11日
「 予約を早目にお願いします 」

5月の28日、日曜日。
この日は予約客が3人来られた。
1時から、3人様が終わったのが16時半。
この日は朝から、当日予約のお客様からの連絡が入っていた。
皆さん、昼間から夕方を希望。
この同日予約が日曜日はとても多く、
来店された方も含め、10人のお客様をお断りする事になった。
予約は2日前、前日ならば多少の都合はつくが、
これだけ当時の予約が重なるのも珍しい日だった。
知りたい時が行きたい時た。
が、予約を早目にお願いします。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月10日
「 親が責任をもって見合い 」

大学の4年間が結婚に相応しい女性が実に多い。
そりゃそうだろう。
ひと昔前は高卒で就職。
3、4年で結婚していた女性が多かった。
大学に行く女性は、親が責任をもって見合いをさせて、
結果、結婚だった。
見合いが嫌な人は、結婚していないが、
しても別れるタイプの人が実は多かったのだ。
人生はあれやこれやしたいだろうが、
出来る人と出来ない人がいるから、
まずは自分を知ることから始まる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月9日
「 沐浴を持つ人 」

沐浴を12運で持つ人は、早く実家を出た方が良い。
でないと、旅先で死ぬことがある。
こんな記述が古典の四柱推命にある。
当たる場合もあり、外れる場合もあるが、
生家を出た方が良いと言える。
また、沐浴を持ち感池があると、
女性性器に疾患や性病になりやすいなどの記載もある。
沐浴は旅芸人の相であるから、なりやすいは確かに。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月8日
「 陽の火(丙)の長所、短所は 」

陽の火、丙の人の長所は。
活動的、進歩的、改革的。
潔い性格を持つ。
考え方の基本は、猛烈な烈しさを秘めている。
勇気と行動力は人を引きつける。
外見は上品。
正義感あり、公明正大。
情熱は凄い。
慈悲心あり、愛情に絆されやすい。

短所は。
落ち込むと底無し沼に落ちたようにとめどなし。
歯止めが効かなくなると、爆発する。
派手さがすぎて、虚栄に固まりやすい。
短気さが内に秘められていて、
極端すぎて愚かな結論を出す。
軽率な発言をして、大風呂敷を敷く。
飽き性で人間関係が不安定。
冷酷な面がある。粘りがない。
刹那的。
無礼な振る舞いをする。
感情が暴走して残酷になる。
突然、陰険な人になる。

丙の役割・・
明るさを社会が待っている。
貴方の役割りは、地球を変えて慈愛の光を放つこと。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月7日
「 陽の木(甲)の長所、短所は 」

陽の木、甲の人の長所は。
思慮深く分別がある。
精神的、肉体的に活発さと積極性を持ち、
明朗快活の気性がある。
困難にぶつかると、
創意工夫と熱意で乗り越えようとする力がある。
独立独歩の気概で、自分の力での解決を第一にする。
旺盛な親切心がある。
正直で曲がった事は嫌い。
人一倍の努力をする。

短所は。
決断力に乏しい。
知らないうちに敵を作る。
1人はしゃいで浮き上がる。
頑固で融通がきかない。
他人の親切心を仇にすることがある。
独断に陥りやすく、自分の意見が通らないとひねくれる。
自分勝手な正義感を振り回す。
つまづいた結果を他人のせいにする。
他人を見下したり、失礼な態度が出る。
我慢を過ぎると、感情が激する。
実力が備わっていないのに、威張り散らす面がある。
短気さが基本的に見え隠れする。

甲の役割・・
高い理想を掲げて、真一文字に進むこと。
目的は、世の為、人の為になることを第一に考えて。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月6日
「 後・先 」

ペットの犬を先に歩かせる。
飼い主は後から。
ペットにご飯を先に食べさせる。
飼い主はその後から。
やがてペットは飼い主の言う事をきかなくなる。
人間も同じで、夫や子供より先にご飯を食べる
妻、母は、夫、子供を尻に敷いている。
昔の母親は必ず自分が最後、
もしくは食事を作って家族を食卓に集めてから
ご飯をつぎ始めた。
そうでなかった家庭もあるだろうが、
風呂に入る順序も、やはり母親は最後となっていた。
夜の営みも、妻から誘うことはタブー視されていたが。
これは昔の話しである。
妻が夫を立てなくなると、
また立てる気がないとどうなるかを表現する話しだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月5日
「 よくお喋りをする陽の木 」

よくお喋りをする五行は、陽の木。
木は肝。
肝は目をつかさどる。
陽の木の人は涙がすぐ出るから、泣き真似も上手い。
役者は泣くことを訓練する。
肝が昂ぶるのは、ヒステリックに。
感情の起伏が激しいから、お喋り好きとなる。
悪口も多くなる。
悪口を言うと、悪口が返ってくる。
悪口はストレスを生む。
ストレスは疲労回復の敵。
酒をだから飲む。
当然、肝臓にマイナス。
無口な人が酒を飲むと饒舌になるのは、肝が高ぶるから。
肝臓の働きにより、人が喋るかどうかは決まる。
楽しい話題は健康。
悪口はストレスへと繋がる。
若さと関係している。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月4日
「 天干と地支 」

天干と地支。
天干が印綬で地支が正財。
逆に、天干が正財で地支が印綬。
同じようだが、干を支が尅すのが良くない。
これが基本。
偏印の食神も。干が偏印の方が良い。

美しい女性がオバサン化する一番の原因は、
自分に対する評価が下がることにある、と言われる。
この因果関係を知った様に生きる人が金の女性。
特に陰の金、辛の人は外面がいいだけに、
敵を作りにくいから結果、良い環境で生きていく事になる。
人の悪口を言うグループには入らないし、
陰の金の輝きを失わない術を生まれながらに心得ている。
流石!
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月3日
「 麺屋一の坊 」

北九州のラーメン屋と言ったら、やはりあそこ。
大門の竪町にある、麺屋一の坊が美味しい。
店内が清潔感溢れているのは、飲食店では当たり前のことだが、
ラーメン屋はとかく汚れやすい。
ラーメン屋では当たり前の豚骨臭さがない。
相当に掃除が行き届いているし、
綺麗好きのやっている飲食店は、やはり違う。
さてさて今年の5月9日で開店して19周年に辿り着き、
20年へと歩み始めた。
この店のチャーシューが、チャーシュー嫌いの認識を覆した。
上品な味のチャーシューは、だから人気がある。
食べ盛りの若者が満腹感を得るボリュームを提供し続けている。
焼き飯と餃子も合格と、とある一流料理店のオーナー・シェフが
絶賛した。ラーメンの味をしっかりと噛み締めて欲しい。

麺屋一の坊

住所/小倉北区竪町1丁目2の34
電話/093-561-3181
営業時間/11時?21時
店休日/毎週火曜日・盆・正月
P有り
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月2日
「 親の躾け 」

親がいい子に育てようと、間違いをしない子に躾ける。
これはやり過ぎると、子供が後々大変な苦労をする。
自分に厳しくなり過ぎることは、
人(他人)にも厳しくなり嫌われる。
自分が出来るはいいが、
世の中にはそれが出来ない人がいる。
多少のいい加減さが身を守る。
手を抜けるところは、手を抜いて悪くない。
抜けないところはキチンとやる。
人より全てが良くはなれない。
得手不得手があって当たり前。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年6月1日
「 ある占い師 」

ある占い師。
弟子になりたいなら100万円。
いや80万円にしてあげよう。
いや50万円でいいか。
まるで結納金のように金をむしる。
精神科に行っても、解決しないから占いしかないと。
このパターンの人が多い。
が、占いでまた悪くなる人がいる。
提灯記事に騙される。
ネットのサイトは嘘が多いから、気をつけること。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月31日
「 リハがある 」

ニュースもクイズ番組も、リハがある。つまり偶然のドラマではなく、創作の世界だ。クイズや占いの番組にしろ、筋書きがある。アドリブも前もってリハして、本番で突然のようにやる。だから、テレビは信用してはいけない。ネットはそのリハまでを突き詰めない。だから、ダメだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月30日
「 大学生割引を始めました 」

大学生割引を始めました。
お1人様40分間¥2500(ドリンク付き)
前日16時までにご予約下さい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月29日
「 占いはハマったらいけない 」

電話による占いで1000万使ってしまった。500万円、300万円と。電話で話したい気持ちを抑えきれずに、やってしまったんです、と。だから占いはハマったらいけない。霊感などは悪徳が多いし、タロットも訳わからない。まあ、ギャンブルも占いも、気をつけて。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月28日
「 時柱 」

時柱は胎、養、長生、冠帯、建禄、帝旺が出ていると吉。
食神、偏財、正財、偏官、正官、印綬があるならば吉。
年、月、日の柱と同等には見ないこと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月27日
「 運気に従って生きていく 」

人は生まれ持った運気に従って生きていく。それ以上になることは、かなりの修行を積まなければなれない。が、それ以下にはいとも簡単になれる。誰を友にするか、何の仕事をしていくか、誰と結婚をするか、などは大切。自分自身を知ること。自分の限界を知ることは、100人乗りの船に101人を乗せない事となる。 整形をして美しくなったが故に、限界を超えた人生を歩み、結果つぶれてしまうことになった人が多い。要注意。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月26日
「 ミニ・スカート 」

若い女子高校生らがミニ・スカートを好む。彼女らの膝は、成人した女性には失せている若さが放たれていると言われる。膝が若いのだ。だから膝を出したい。大人の女性に優っているのから、膝で若さを強調している。女性の世界もまた、競争。女性同士の。男性を意識してより、歳上の女性を意識しての膝出しだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月25日
「 医師が若すぎる? 」

大きな病院の医者が若すぎて、
大丈夫?と不安になる患者が多い。
経験が浅く、手術を受けるのが不安になる。
だから手術に時間がかかり過ぎて、患者がキツイ思いをしてしまう。
ふた昔前には名医と言われる評判の良い医師がいた。
そんな医師の手術の時間は速く終わっていた。
若すぎる医者は経験も浅いし、患者が疑ってかかる。
今の医療の現場の大きな問題は、医師が若すぎること。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月24日
「 大柄 小柄 」

大柄な女性は華がある時は目立って良いが、華がなくなっても目立つのは目立つから、目立たない性格でないと嫌がられるかも。その点、小柄、細い女性はそれなりの性格であれば、エレベーターにも暖かく迎え入れられる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月23日
「 無理しないで 」

人間、いや生物としょう。
番臓器の中で大切なところは、どこか?
答えは消化器と性器。
食欲があるうちは元気。性欲も。
男性は70代前に、保守的な人は射精しなくなる。
が、保守的でない人は80代まで射精が出来ると。
無理しないで。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月22日
「 勘違いしている女性 」

勘違いしている女性がとっても多い。女性から男性に告白するモノではない。男性からの告白は待つべきだ。そう思う女性は、何かしらの洗脳を受けている。それを当たり前にして生きていたから、結婚していない。また出来なかった。自己表現の下手な人は、言えずに待つ生き方をする。自己表現の出来る人はバツイチであっても、結婚が一度は出来ている。自己表現力とは、勢いで言うものとは違う。勢いで発するのは、痛い!痒い!熱い!イヤ!などの言葉。好き!この一言は、自己表現はしていない。自己表現とは、映画にでも連れて行って! コーヒーを飲みに行きたい、一緒に! など。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月21日
「 自分を知ることは大切 」

自分を知ることは、学業以上に大切。自分を知ったら大学には行かなくて良いか、行ったほうが良いかがわかる。社会に出ると学歴なんて関係なく、仕事の出来る人、出来ない人がいる。出来ない人に限って、自分は学歴があるのに何故に出世しないか?それが不思議らしい。学歴があるのに結婚出来ない女性もまた多い。学歴に費やした4年間に、結婚適齢期があった人もいるから仕方ない。学歴のない人は、だから負けたくないで頑張るから、学歴がない方が良い。自分を知ることは学歴以上に大切だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月20日
「 偏印 印綬 」

日干の弱い人には偏印は吉と見る。
ただし食神のある人には、不満が多くなる。
日干の強い人には偏印は凶になる。
偏印には偏財があると偏印は生きてくる。
正財があるのは、無いより良し。
偏印は母の兄弟、つまり叔母、祖母、義理の母を表す。

印綬は1つが良い。
多いと、目上の人からの援助はない。
印綬弱い時は官星が強くするので、官星運にて幸福になる。
印綬が複数ある時は、財星が良い。
財運の時はチャンス。
印綬が多い人は、財星がないと欲望が強くなる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月19日
「 偏官 」

偏官は男性には子供、孫の星。夫の星とみる。
偏官で背丈の小さい男性は、凶暴性がある。
偏官は食神で良化する。
又は印星で自星を強めると吉になる。
偏官1つは、気品がある。
日支にあると賢いがせっかち。

月支の正官1つは真官という。
正官1つは良いが、正官星が他にあると
傷官が働き出し、口の悪い人となる。
正官あって傷官あると、孫が跡取りとなる。
財星がなく、印綬が強くあると
女性は、夫の権利を奪う。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月18日
「 偏財 正財 」

偏財は事業、商売の星。
偏財は劫財を嫌う。
強い偏財は特に。
偏財が弱いならば
食神が吉。
印綬は良し。
正財は吉。
正財は資産を意味する。
正財強く日干強い人は財運あり。
正財が命式に3つ以上ある女性は、
姑が多い家に嫁ぐことになる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月17日
「 浅く、軽く、いろいろ 」

ネットの世界は女性向き、女性が見たくなる内容が満載されている。テーマは、美と健康と若さとカッコ良さは金で買える。 だから商売繁盛で経済優先の世界をもっともっと拡げていく。それにはエリート層とティーン層の距離感を縮めること。つまり、東大生のミーハー化、男性の女性化、若年層の中年化、女性の男性化、アジアンの西洋化、地球の宇宙化、。 浅く、軽く、いろいろ、、。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月16日
「 ショッキングな話し 」

ショッキングな話し。 北九州市が政令都市の中で、小学生の虫歯になっている本数がもっとも多いと。つまりワースト虫歯シティ、ナンバー・ワン。これは市民の質のレベルが低いと、いう事らしい。子供がそうなるなら、大人も嘸かし虫歯が多かろう。が、しかし北九州市には、九州歯科大が昔からあるが、、。インプラントは、なるべくしない方がが良い。日本人は骨太の国民ではないから、インプラントは合わない。入れ歯の方が手入れが簡単。インプラントになった歯、口の手入れを介護施設で行うのは大変な作業になるし。だったら、私がそれを仕事にしたい。そう答えたのが歯科医。商売のことしか考えていない! インプラントも稼ぎがデカいからやる歯科医ばかり。 つまり九州歯科大学があるからこそ、歯科医の商魂は高い。歯の健康よりも虫歯が金を稼ぐ。これが病院の経営理念のな本音。 検査、検査で手術して、平均寿命が伸びた!これが大きな病院の実績に対する評価基準値。これが上がれば、国から予算が取れる。下がれば待遇が悪くなる。オリンピックと似たり寄ったり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月15日
「 漫画が好き 」

漫画が好きから大好き、さらに習慣として日々読みあさるまでに行くと、生きていく上で支障をきたすと言われる。が、まるで本人は支障をきたしている自覚がない。男女ともに。お洒落にまるで興味がなくなるのは、漫画にお金を使いすぎて、お洒落が出来なくなるに始まり、やがてしなくてもどうも無い状態が永遠と続く。食べる物の好みも変わってくる。料理は簡単に、ヴォリュームは満点で品数は少なく、漫画を読みながら食べられる、例えばカレー、焼き飯などが圧倒的に多くなる。お洒落をしないから外に出たくはならない。出たくならないからお洒落はしない。丹前を冬場は着て、履いてる靴下は1週間。パンツを変える習慣も失せるから、5枚のパンツで生活は成り立つ。ジャージを着るか、丹前かドテラ。漫画のブームが国中を折檻すると、不景気になるし、家庭が持てないおさまりたくないで、少子化は更に進む。  
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月14日
「 体臭 」

セクハラ、パワハラなんで? 女性の間で、男性が臭いなら、「臭い!」と大概の場合は言える。問題は女性の臭い人に対してだ。男性は言わない。女性も言えない。だから、臭い人に対して風当たりが女性の間で、女性に強くなる。臭いに詳しい方に聞いた。まずはワキガ。次に体臭。口臭。口臭は、ほとんどが歯周病になりかけている。体臭は身体の中に毒素が溜まると臭ってくると。リンパを流すこと。汗をかくこと。スポーツしないならば、岩盤浴でしっかりと。ワキガも臭いが強くなる人がいる。 入社後に臭いが強くなる人もいるから、ややこしい。体臭検査に関して、どう言う展開になるか? 今後の課題。臭いと人がイライラするから嫌われる結果に。タバコ臭い!の雄叫びは聞かなくなった分、他の臭いが鼻につき出した。日本人は匂いにうるさい国民であるからして。芳香剤の売り上げは素晴らしい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月13日
「 占いを求める方 」

占いを求める方があとを絶たない。この現象は、占いを仕事にしようとする人を増やしていく。増えると今度は、しっかりと勉強をしていない占いが人を惑わす。そうすると迷えれ人が更なる行動を起こしていく。あっちはこう言う。こっちはああ言う。罪作りはネット。占いを解らない人が取材した?記事。それに乗じて売り込もうとする自称、占い師とネットの広告業者。撹乱しているのはお客様。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月12日
「 セクハラ? 」

セクハラ? 会社から病院、介護施設、医師が患者に看護師に。介護施設利用者が介護士に。介護士かわ利用者に。パワハラのようなセクハラのような事は、日常茶飯事的です。それが引き金になって辞める人もいます。「私、彼がいます」「彼がや気持ち焼きで、怒ったら何をするかわかりませんよ!」。大きな声で「ぎゃー、やめて、、。(泣きまね)」。こういう事を言って、自分を守ることも出来る方がいい。言えない人は、言う根性も大切。まわりをアテにすると、逃げ遅れることがある。強くが弱いより大切だし、勇気、行動が自分を守る。ここ一番での勝負が、人生にはある。保証はないがやるべき。周りが変わるのを待つより、自分で変えられる周りもある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月11日
「 文化が消えてる北九州 」

文化が消えてる北九州。料理が死んでいる。パスタがピザが。300℃とは言わないが,パリッとしたピザはないのか? チーズがのったピザは? タマネギ、野菜がベースにない。味気ない。パスタはディチェコ以外は美味しさがないでしょう? 食に関して消費者は確たる主義を持っていないと、文化のある飲食店が育たない、消えてしまう。今、消えかかっている。デザートコーヒーは簡単だから、自分で作りなさい。プロの淹れるコーヒー、エッ?飲めない。缶コーヒーがいい? 食べることに文化が消えると、回転寿司の馬鹿な悪戯犯罪が横行してしまう。食べログを信頼してしまう。パンの味がわからなくなる。井筒屋の地階は花園、味の。地にでると殺伐とした過疎地が北九州は拡がる、、。医療、映画、音楽、アニメ、ファッション、無茶苦茶のクオリティ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月10日
「 映画かつまらない 」

映画かつまらない。いや、本当につまらない。1時間30分は長い。面白くないから、尚更永く感じる。やはり監督、役者の力量が落ちている気がする。リメイクをしても失敗する。1960年に日本の黒澤明監督の「七人の侍」をリメイクして作られた「荒野の七人」。これはハリウッドが日本だけではなく、かなりの気合いを入れて世界に発信した傑作。出演者がユリ・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームス・コバーン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・プッフォルク、他。役者が個性を上手に出すは、面白い設定で解りやすく、ストーリーに起承転結が見事に散りばめられたアクション映画の傑作だ。 これを2016年にリメイクしたのが、「マグニフィセント・セブン」。デンゼル・ワシントン、イーサン・ホークで期待して観た人はガックリ。タイトルは何の意味が?セブンは七人? これは甘い読むが働いて作られたのでは? 乾き切った西部感、アクティブな戦い。CGの使いすぎやら、真のアクションをやる俳優がいなくなった為に、活力のない西部劇は、ジメッとして面白くない。メジャーな作品らしからぬ、デンゼル・ワシントンの存在感の無さ。歳を取るとアクティブさが確かに減少するからな。 つまり面白くない映画が続くと、皆さんは映画を観なくなる。シネコンは10代化している。ビデオ・ショップの未来は明るくない。ハリウッド系のメジャーに頼る。又はマイナー系を取り寄せた誤魔化しは、もう利かないところまで、くだらない作品しか揃っていないから。最近は少し古いあたりの作品をに2、3本借りる様にしている。これが消費者の動向そのものだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月9日
「 実はホッといている 」

おいらの街が廃刊になり、実はホッといている。まだ続いていたら、長男がまだやっていたらと考えると、身体に悪い出版業は。締め切り、広告の締め、配本、集金に別冊、カメラ、原稿書き、校正、自律神経失調症、腰痛、ヘルニア、タバコ、不規則この上ない毎日の生活リズム、徹夜続き、こんな雑多な業務を全て熟す、または監督する力がないと務まらない。死ぬ気でやる覚悟、粘り、自虐性、並の生活など無理無理。並に生きたいから皆、フリー・ペーパーに走る。新聞記事をブン屋と。まあタチの悪いブン屋がいたもんだ。タウン誌の記者なんてまだまとも。三流のブン屋は、記事を金に変える。ゆするのだ。東京辺り三流物書きなど、芸能界の裏の裏を知っていないと、食っていけない。ヤクザな仕事だ。今のネットの記事はマスコミではないし、ジャーナリスト自称の吐き口だ。次元が違う。まあ、健康の為には出版は良くない。と言う、イジメを自分に課す故に。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月8日
「 ダメ男を少しだけ応援 」

ダメ男を少しだけ応援?西田敏行だからヒットしたかも。でもこの時代は、優しい歌が好かれた。?1981年4月発売。イントロのピアノがオシャレ。羽田健一郎の音。1981年の紅白歌合戦にも出演。繊細な性格と凝り性の気質が相まった役者として大成。「釣りバカ日誌」は22作続いた。1947年生まれ。明治大学附属中野高校卒業。きりかえしの旨いアドリブは絶妙。ヘビー・スモーカーの肉好きで、仲間には、せめてタバコは、、。タバコが昔、似合っていた!
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月7日
「 男性と女性 」

男性は待つのが嫌いか、出来ないか、しないように生きている、生きてきた。女性は待つ生き方が出来る、する方の中で学んだのか、確かに待つ。中には待てない女性もいるが。男性も待てる人はいるが、どちらも限られる。陰陽の違いからか。男性に嫁ぐと言う社会的背景があったからか。又は、生理が来る、の言葉の様に待つ機能が備わっているのか、、。占いの男性のお客様は、先々まで待たない。女性のお客様は、予約を入れる、待つ。ショップで列が出来る。女性が圧倒的にしめている。陰陽とは、そう言うものなのだろう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月6日
「 南は陽気。北は陰気 」

南の国は陽気。北の国は陰気。日本の沖縄。沖縄に行くと開放的になる。居心地が良くて働く気がなくなる、と言う人もいる。レジャー、リゾート地として人気がある。沖縄の若い方々は行動力がある。大学を目指すより、働いて好きな仕事、適職を見つけて生きていく。だから恋に対しても能動的。積極さは開放的さと通じる。日本の学歴優先より、実践優先で仕事に喜びを見出す。大学の4年間?時間=お金。結局は自己の拘束から一流企業を探す。4年間かければ、料理人の世界に入ったとしても仕事はそこそこやれる様になる。この考え方は、専門学校に行くより実践で学べば早く、安く、無駄はない。仕事を技術として捉えるヨーロッパ諸国の考え方に似ている。 日本人の大学に行きたがる気質は、イタリア、フランス、スペインあたりの人からは、不思議がられている。まあ、英語にしろ、日本人は哲学を英語で語れない教育しか受けていない、となる。 さて北の国では恋より食。3キロ歩けない世界に住むと、引きこもりなど出来なくなる。北と南の発想、考え方に違いが起こること。日本は?日本の若い方々は、どう考えて生きるべきか。これからの時代、大切な理念が必要だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月5日
「 ネットに目を通す 」

ネットに目を通す。まるで女性週刊誌を見ているような。あるいはスポーツ新聞めくっている様な。〇〇実話、〇〇自身、〇〇平凡、、。 芸能人、スポーツ選手などの私的な話しは下らないし、、。これがネットの世界か。書き込みをする人のを読んでも、知ったかぶりだ。基本的には、女性、または女性的な男性が書いた文章が展開されている。グダグダと。取材した文章を見て、ネットは女性向けにあるのか?と。 ぺちゃくちゃな話し内容。ああ言えばこう言う。目立ちたがり屋の人。自称評論家の余計なひと言の寄せ集め。女性目線の記事は苦手だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月4日
「 推命学では猫背は沐浴の特徴 」

猫背の日本人が急増している。
パソコン、スマホが原因。
日本人は昔から猫背に関しての文献が多い。
阿部定、金色夜叉、太宰治、小泉八雲、、。
纏わる話しは沢山。自律神経失調症の体癖とされ、
整体学では血行障害、肩凝り、頭痛、呼吸が浅い為、
免疫力が劣る、ウィルスに弱い、大腸癌、肥満、冷え性、
浮腫、顔のシワ・たるみ、性格にも影響し、コンプレックス体癖、
ムッツリ助平、体臭、体液過臭、他。
猫背のだらし無さは日本人好み。
男性も女性も、異性を惹きつける油断さがあると。
推命学では猫背は吃りが多い、母乳不足、と。
12運の沐浴の特徴としてある。
早口が出来ない、しないの特徴付けと。
沐浴、絶、胎児、死の12運は
母親の乳の出が悪かった
=身体が弱ると乳の出が悪い
=子育てに気が回らない不調さ、と。
母乳不足は一人で遊び、仲間と群れないから,
オタクっぽいところが多くある。
母乳の出が悪い分、子育てに熱心な母であると、
その12運は出ない不思議さを、母は子に与える。
産まれる前に、死産などを体験すると母親の気概も真剣になる。
これも推命学では学ぶことになる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月3日
「 保険証の不正使用が出来なくなった 」

マイナンバーの普及で、保険証の不正使用が出来なくなった。
今までが不正使用が多すぎたのだ。
さて、保険証が使えなくなると、病院代が実費。さらに打撃を受けるであろうは、今まで不正請求をしていた整骨院。北九州市には約400の整骨院があり、完全に飽和状態であった。患者が少ないのに整骨院は専門学校の関係で卒業生が毎年、社会に出る。飽和状態なのに入学させる事自体に疑問がある。2年間で高い授業料を払うが、実経験も技術も未完なのに開業すると保険が使えた。保険をつかうと患者は低料金になるから、技術に対して甘い評価となる。患者が少ないと、3度きた人に一言、話を合わせてもらい不正請求をする。つまり下手だから患者はいつかない。不正請求は50%以上とも言われる。すべて税金。整形外科でもリハビリで。効果はさほどないのを医者もわかっている。年寄りにはボケの防止になるやろう! この程度。こちらも税金。今の医学界には、音楽療法と言うものがある。バカ高いオーディオを経費で落とせるし、設備投資に援助金も出る。こうして医者は高級オーディオを必要経費で楽しむ。医学界には利権が埋もれている。医術の誇りより、結果が延命となれば、良くやったの評価。だから手術をやらないと延命て言われないから、手術をしたがる。これが,大きな病院の存在意義となっている。結果を出す事が迫られている。実績が上がると、支援も受けられる。やりたい研究がやれるから。これが大きな病院の姿。問診が足りない? 確かに。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年5月2日
「 特性とは個性であり長所 」

人間は皆さん、生まれもった何かしらの特性を
持たれているものだ。
特性とは個性であり長所となり、
ある時は弱点となる不思議な生命力と言える。
同じ教育や価値観を学ぶことから理想、現実は
人により違うが似るところもあり、また嫌うところもありで、
まさしく宗教観なくして、また哲学、医学、科学、物理学などの
学問なくしては均衡が取れない世の中、社会、現世となろう。
これに民族主義や経済主義、信仰、家族制度、血の継承他、
神や仏やらが均衡を保とう働きをする。
が、基本は満月に新月と繰り返される
潮の満ち引き、干満、引力などが影響を与える。
推命学には何がある? 
その人が幸せになるための方法、心得、人を知り自分を知る。
努力なしには永続性は儚い。
などの人間生物としての生き方がある。
但し、一人ひとり個性がある様に、心得もまた個性的であるから、
声をしっかりと選ぶ事が大切であると言っている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月30日
「 生きる事に未来はある 」

新しい出会いに可能性があると人は信じたいから、
生きる事に未来はあり、働く事にも意味を感じる。
こんな先人の知恵がどこで受け継がれたのだろう。
いや、人を観て、その姿から得ることが出来たのだろうか。
遺伝子の成せる才能と表現したならば、
心が和むのは日本人の血であるのか? 
焦らずに諦めず、今を良きお年頃として生きていこう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月29日
「 宇宙は陰陽のバランス 」

自然界、宇宙は陰陽のバランスから成り立っている。
これが東洋医学、東洋哲学の基本にあり、
陰陽のバランスを保とう自然界の動きが
事象として起こっている。
空海の空は天で、海は地である。
つまり空海とは戒名ではあるが、
生前に空海は悟りを開き、
空海を名乗ることになった。
全ての事象が陰陽の成す技たらば、
北から南へか、南から北へかの争いとなる。
東から西へと、西から東へとの相剋はあっても、
壊滅はなしとなる。
この宇宙の法則である陰陽バランスの動きが
地球は勿論、自然界の生物のエネルギーとして
組み込まれているのならば、
確かに推命学は陰陽の働きで
人が生きる公式に近い生き様を表す。
事件も信仰も医学も病もすべて、
宇宙のエネルギーによる結果となる。
恋愛にしろ、確かに陰陽の働きにより生まれたり、
消えたりする事象なのだと。
出逢いや別れは必然で、偶然ではないと言うことも
間違いではないのかも知れない。
生とか死とか、又は天国や地獄は単なる事象で、
人間では分かり得ない宇宙の話しであるのかも。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月28日
「 意地の悪いウィルス 」

確かにコロナは人と人との繋がりを稀薄にした意地の悪いウィルスである。人の数を絞り込むこむことが、感染を弱める人間関係であるとした。長い時間の末に、気軽に話しかける付き合いは、しばらく連絡をとらない関係へと追いやっていき、さらに人が人に対して敵対視することを社会、マスコミが一般の人々を誘導する結果を作ってしまった。コロナが誰もがなるわけではなく、運の弱い人ではなく身体の弱い人から、抵抗力のない人からかかる。また、不摂生をした人もかかりやすいなどのデータを残した。が、医療現場では分析結果から得られるはずの対策を得ようとする時間も余裕もなく、とても残念かつ大変だった経験の時間が過ぎていった。自分がではなく、社会の人達が忘れたもの、失ったものをどう新しく見出すように、善の心を行動に移すべきかを試行錯誤している。高校生に絞り込んだ割安の鑑定は、新たなる進路を見出した方もいて、良かったと感じる事が出来る。これは社会奉仕と言う古い言葉でしか表現出来ないが、占いの力と信じている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月27日
「 政治家が適職の人 」

人がどんな仕事をするか?嫌、するべきか? 
適職を簡単に考えてもさほど人生が変わらない人がいる。
また適職をやらなければ充実した人生が
送れない人がいるのも、間違いない。
適職をやることで運気が上がっていく人が、
実際に沢山いるから、僕は言うのだ。
ハッキリ言うと、芸人、芸能関係に入って成功する人は
1%の奇跡。
殆どの人達がずるずると下がっていく。
政治家は適職の人が政治家になっていないから、
社会が暖かくない。
政治家はなりたい人がなる、こう考えるのが正しいようで、
実は大間違い。
政治家、芸能人らが素晴らしかったら、
学校教育なんかは求めない。
そのくらいに社会に影響を与える。
冠帯と言う十二運を持つ人は、特に仕事選びは大切。
社会に与える影響が強いからだ。
頭の悪い政治家、心の腐った政治家、
鬼婆の政治家は、恥さらし。
日本の恥晒しだから、辞めさせよう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月25日
「 スマホを使いこなさない65歳以上の方 」

スマホを使いこなさない65歳以上の方が、多い。 機能が多すぎるのが拒否する1番の理由。 ガラケイをまだ使っている。 電話するだけだからね。 確かに正しい。 スマホの僕にしたら欠陥部は、まずかける気がないのに、 何気ないタッチでかかってしまう。 これは未だに使いこなせない。 あと広告が入り、鬱陶しくなる。 さらにエロい画像やら動画を見せて金を稼ぐ業者をシャットアウトしたい。 裸になる、エロポーズをする。こ んな人達が、先々どう生きていくのやら?  ヤラセとそうでない世界、区別がつかないで狂う人もいるだろうし、 発信元が韓国や中国、アジア諸国。 この区別を解らないことが、ネット世界の恐い、 またいい加減、無責任、馬鹿にしていると、新たなる、 よろしくない環境が人の環境に入り込もうと、 規制をしっかりしないために、様々なる好ましくない、 社会に迷惑のかかることが、野放しとなる。 ネットの管理が緩いから稼げると。 こんな経済は宜しくない。 人に未来を開かない社会は、嫌な国々と変わらない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月24日
「 古典派の人は今の時代で良かったね 」

古典派の四柱推命を読むたびに、
今の時代で良かったね、となる。
姑、愛人、妾、賎民、浮浪者、
などがバシバシと列記されている。
相当に運の悪い人も、
今の時代はまあまあの生き方が出来るのは、
福祉が随分と充実したことを告げている。
古典派の書き言葉を現代的に変えなければならないのが、
役割りとなる。
叔母、伯母の違いもわかるようにしないとならないし、
いやいや、完璧な推命学の本を作るのは、確かに大変。
そこそこでは満足しない人が沢山いるから。
叔父、叔母、伯父、伯母、この違いは
戸籍係でないと解らんだろうに。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月23日
「 歯周病の人はご注意を 」

歯周病の人がコロナになりやすい話は、前にもしたかもしれない。 酒を飲んで、そのまま寝てしまう。 歯茎からコロナが入り込み、それでコロナになってしまった人がとても多かった。 血液型Oの人がコロナに対して免疫力が強い。 これを日本の医者は嫌う。が、好む医者も中にはいるから面白い。 知り合いの医者がO型。 この方はコロナの患者を気安く受け入れてくれる。 勿論、自分の血液型を知っていて、治療してくれる。 この三、四年、店に来られたお客様の血液型を調べ、 コロナにかかったか方とそうでない方をわけてしらべると、 やはりO型の方が圧倒的に少なかった。 で、コロナになったO型の人に歯磨きや歯周病、酒を飲んでいた。 そのまま寝てしまい、店にいた朝帰りをした人達が、 コロナになったという話を沢山聞いた。 口の中に広がる悪玉菌がコロナを悪化させる。 さらに心筋梗塞、脳卒中、早産、動脈硬化、肥満、糖尿病、 肺炎、リュウマチ、骨粗鬆症と関係していることも知られて来た。 口の中が汚いと、インフルエンザの治療薬も効きが悪くなる。 歯間ブラシは必要。タバコやめ時。ペットの口中は汚い。 朝、昼、寝る前に歯磨きと歯間ブラシで菌を駆除する習慣を。 認知症をも引き起こすし。 小林よしのりが、コロナは血栓症故に、歯周病の人が悪化すると、 3年前に記載していた。 糖尿病は血栓症で、コロナから回復するのに一年近くかかった人がいた。 歯医者ではコロナが発生していないようだ。 小倉北区馬借にある二階堂歯科は、良心的一番の歯医者さん。 歯周病は感染症。つまりキスから歯周病が移る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月22日
「 結婚出来るようになる講座 」

結婚できない人を集めての合コンなんて、
何十回行っても出来ない人が残るだけ。
結婚出来るようになる講座は、
恥ずかしくて参加出来なかろう。
だったら、結婚出来る様になる通信教育が、いいかもしれない。
真面目に結婚を意識したら、出来ない訳ではないし。
それでもダメな人は、本当に結婚には向いていないか、
出来る才能がないのかも。
美人でも出来ない女性がいるし、
金があっても、結婚したくないで、
自分で使いたい男性がいるんだから。
まあ、困った人々の作る社会だから、困り果てる人も出てくるな。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月21日
「 鍼の資格を持つ人 」

鍼の資格を持つ人は、
何か一つ,治せたら食うには困らない。
例えば、花粉症専門治療。
次は、前立腺肥大治療。
生理不順治療。
さらに男性のための精力増強治療。
これに絞ると、間違いなく患者が来る。
堂々とやることだ。
美容鍼など、いつになったら効果がでるか? 
真っ当な治療をしなさい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月20日
「 五行あれこれ 」

春の桜を美しく、バランス良く見せるのは陰の木。
芝生のような草花。
雨降る河を見ると、これまた落ち着きのある風情。
陽の水と陰の水。
陽の水、河が勢いよく流れている風景に、陰の水は似合うか? 
難しい。
そびえる山々より手元に見える畑や平原の方が、リアリティで、
野菜を植えたくなったりする。
生活と密にある陰の土。
陽の土は、ある意味気高すぎて、敬遠したくなる。
陽の火、太陽が沈む海との絶景。
これは6月には望める。
若松の海へ。
太陽が沈んでから、陰の火は暖かみを与える。
火が暖になる。
太陽は自然のために存在する。
陰の火は、どこか動物が恐れ、求める灯火。
さて陽の金は?陰の金は? この講釈は難しい。
刀と金歯と言ったり、刀と毛抜き、髑髏(シャレコウベ)と喉仏、
鬼とムジナ、製鉄所と貴金属屋、まあ考えてください。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月19日
「 コロナと政治家と医者 」

コロナで政治家は医者に丸投げ。
医者はわからずじまいの対策。
責任をとる政治家がいなかった。
自民も対策を誤って政権が揺らぐのが嫌で、
医学に責任を押し付けた。
デジタルがコロナによら監視社会を作り上げてしまい、
スマホは我々を監視することになった。
怖い時代がコロナで作られて、
国民はデジタル化に立ち向かわねばならない時代だ。
医療のコロナに対する対策は、
ワクチンの開発に力を入れていると言われる。
が、日本は遅れをとっているくせに、
海外のワクチンには懐疑的であり、足踏みが揃わない。
だから国民が不安に慄く。
政治家が頼りないから、世の中が歪になる。
台湾をしっかりと守っていく覚悟が、政治家に求められる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月18日
「 占い師には国家試験がない 」

四柱推命には国家試験がないし、資格などはない、
皆が自称の占い師。
このない資格を通信でとることは、あり得ない。
無理な話しで、またインチキ詐欺の匂いがしてくる。
通信でとれるの? こんな質問をよくされる。
何処が、誰が出したり書いたりしても、資格は資格ただが、
占いは資格が通用しないし、いらない世界。
だから、客が一番迷惑するし、
真面目に学んでいる人がやる気をなくす。
下手に国家資格など作ると、
整骨院の二の前になるから、よろしくはない。
つまり学校がらしき所が儲けるために、すぐ資格とかを言い出す。
整骨院の不正請求が社会問題になっている。
税金の無駄使いと、不正請求は犯罪だ。
それでも国家資格の鍼灸やら、整骨院の実態は負の遺産でしかない。
北九州市の社会問題だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月16日
「 時柱は干支がない 」

推命学で時柱を入れたがる流派。
時柱は干支がない。
支に無理やり干をつけている。
2つに分かれる。
さらに空亡を何がなんでも使う流派。
三合、方合、さらには半会。
さらに、さらに害、刑、破、衝破と
複雑極まり無い占いに凝り固まる風潮は、
100%以上の運命を作ろうとしている足掻きにかんじる。
日本は狭い国故、方位や風水があまり当てにならないが。
人が当たり前に善を心掛けている限り、
刑だの害だの破だのを気にしなくて良い。
罰が降るのは罪を犯したからだ。
政治家の運気は一般人以上に的中するのは、
政治家が善行をしていないからかだ。
秋は金の季節。
昔から、秋に刑がくだるようにしていた。
秋には木が死すからだ。
厄年はまるで根拠なし。 大安、他、まるで根拠なし。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月15日
「 レコード芸術 」

レコード芸術と言う音楽・オーディオ・マニア向けの専門誌が、
今年の7月で廃刊になる。
レコードに絞り込んで創刊されたのが、約70年前。
レコードがCDに代わり40年くらい経つ。
またアナログの見直しで、レコードに人気が移行しつつある。
が、廃刊とは。
音楽全般に芸術性が欠落していた原因の結果が、
こういう終焉を導いた、としか考えられない。
目先に囚われた商売としての音楽は、
文化的な影響を人には与える事が出来なかったのだろう。
ギターをピアノを弾く環境が失せたとは、後付けの屁理屈だ。
クラシックの権威主義は万人に嫌われていたが、
それを指摘出来るメディアもなかった。
全てが広告代理店の市場でしかなかった音楽業界。
長い物に巻かれていると、最後は自分の首まで締めてしまう。
占いの世界も、コマーシャルリズムの動きが気持ち悪い、今日この頃。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月14日
「 厄祓いするような占いは、御用心 」

韓国に行くと、占いの屋台のような店が沢山出ている。上海、香港も占いを商売として賑わう。
が,実態は悪いことを言ってお守りを売ったり、わたしが厄祓いしておくから安心していいから。お祓い代を五万頂いたら間違いないからね。
こうして稼ぐのがやり口。
だから、香港やら上海やら韓国で占いをしたら、けつの毛まで抜かれる。
御用心。
こうして占いはある種の宗教と徒党を組んで生きてきた。
田舎に行くほどエゲツない商売をする。松の木を切んなさい。鬼門の方角だから、厄祓いで百万円。
井戸を埋めないと娘さんは病に冒されたまま。こうして500万円が。が、一向に改善はしなかった。
田舎に行くほど縋る人がいて、インチキ商売は太くなる。
3年で家が建った、自称占い師が山口、大分にはいるいる。
土地を買うべきか?こんな相談がくる。特に気をつけるべき点がないなら、お勧めするし、過疎化の始まっている土地は買うのはお勧めしない。
当たり前でしょう。
台湾の方が相談に来て、屋久島で密教の道場を開きたいと相談があった。
中国人よりマシだった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月13日
「 いい運は使うべき 」

以前にも申したが、運に頼ってばかりはよろしくない。いい運は使うべきだが。悪い運は避ける努力をしないと。避けるとは日頃からの努力がなす。運がいい,悪い。これと人間として信念を持つとか、自省するとかは少し違う。逞しい強い人であるべき。意地が悪いの,憎まれっ子、余に憚るとも違う。鬼婆になるな。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月12日
「 戦争の映画 」

ベトナム戦争の諸作品を見直すと、今の時代だから解る映画としての優劣。優は「フルメタル・ジャケット」「地獄の黙示録」。劣は「プラトーン」「7月4日に生まれて」。「ディア・ハンター」は長すぎる作品はマイケル・チミノらしいが、ロシアン・ルーレットが誇張されすぎていやしないか? 
   キューブリックは、ベトナム戦争の視点を彼なりに鋭く描いていて、狂った社会と、狂った正義感、狂った戦争を断片的によく描いている。今になると、オリバー・ストーンの作品の底の浅さが,嫌味な映画に感じてしまう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月11日
「 映画界の起死回生 」

ストーリー性にテーマがなく、作品として創る必然性を全く感じ得ない映画。これは邦画も洋画もだ。こんな薄っぺらいモノが映画としてビデオ・レンタル・ショップに並んでいる。選りすぐって選ぼうにも、無い。呆れてしまう。ロシアとウクライナの戦争映画も沢山ビデオででているが、何が言いたいのかはチンプンカンプン。残虐性を問うた戦争映画にはなっていないし、大国の見えない影を告発したものでもない。「アメリカン・スナイパー」以後、スナイパーものの作品が,各国で作られたが、3番、4番煎じの観る意味も無く、作り意味もない。すべて出尽くした感あり。で、新しい手法で映画を作ろうとする意欲もなし。漫画の原作を映画にしたところで、漫画を超えない出来であるのは周知の事実。俳優がパターン化しすぎた嫌いもあろうし、出なくてよい俳優が出るから、いい作品が出来ない。政治家の存在とビデオ・ショップに並んでいる作品が同レベル。映画で「安倍晋三事件」くらいをやらないと、映画界は起死回生はないか。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月10日
「 古典派は信用ならない 」

古典派の四柱推命の専門書を久々に読んでいて感じたこと。
まず記載している事実らしき運気。
これを実践で集大成的に記載しているとは、まずは考えられない。
また当たっていない。
気学をかじって、推命学もどきの見解から記しただけの
チンコロ臭いまがいモノと思われる。
ある意味恐ろしい伝統、迷信、呪いの類いを頑なに趣旨している、
いい加減な学問としかいいようがない。
だから古典派は信用ならない。
古典派を現代的にと、かなり譲ったとしても当たらない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月9日
「 下手に薬を飲めない時代 」

風邪を引いて薬を飲んで治ると思いきや、なんと前立腺肥大症を併発。下手に薬を飲めない時代と、人の年齢も関係して来るから、安易に薬を飲む事は、医薬、医療界の落ち度でもあり、現代医学の落とし穴。しっかり薬剤師が説明しないと。男性の泌尿器の問題は女性の薬剤師も、しっかり勉強してほしい。ドラッグストアーは、良くないな。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月8日
「 少子化を深く掘り下げて考えるべき 」

昔のように長男、次男などは、今では関係がなくなってきている。そんな事より先天運で、家を離れる長男、長男役をする三男などがはっきり出るから、家長制度なんて当てにならない。少子化を,もっと深く掘り下げて考えるべきだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月7日
「 若い人の重大な問題は経済力 」

若い人には、付き合っている人との相性なんてさほど気にしていないのが現実。気になるのはリードしてくれるか、おごってくれるか、優柔不断でないかとか、メールの返事が返って来る、来ないなどなど。相性などを気にかけるのは、結婚を意識してとなる。まずその前に、結婚して生活がキチンと出来るかが男性には重大な問題。経済力だ。優しいだけでは生活出来ないと、解っているかと思えば、分かっていないで結婚してしまうカップルもいるが、、。早々と家を欲しがるカップルもいたりと、社会の常識的にに無知な人が多い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月6日
「 食傷星の漏星が先天運に無い人 」

結婚経験のない人の5割以上が、
食傷星の漏星が先天運に無い人だ。
人を好きになっても自分から告白出来ないタイプ。
これが無いために、異性から告白されるのをひたすら待つ。
男女共に。
ダメ元で言わなきゃあ、後悔するだろうし、
ダメなら諦めがつくから言いましょう、と声を大にして伝える。
が、やはり告白の言葉選びが上手くない。
一大決心して言った一言が、「好きです」。
具体的に、会いたいだの、映画に行きたい、
何処どこに連れてって、と言わないから、
相手がどうしていいやら解らなく、進行しないで終わる。
ラーメン食べに行こう! カラオケに行こう! 
花見に行こう!で、誘うことが基本。
告白よりも軽い誘いを。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月5日
「 Yahooのニュース 」

Yahooのニュースをチラッと見た。
日本でニュースになるのはあまり質の高いレベルの話題は皆無だ。
1週間に一度は覗くが、アホくさい政治家のゴミだめのようなら話ばかり。
テレビの方が少しマシかな? やはり新聞かな? 
揺れ動く媒体選び。
書き込みをやってる人も自称〇〇ばかり。
プロがいないか?日本には。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月4日
「 男性は一目惚れから恋愛が始まる 」

一目惚れから恋愛が始まる人が多い。
これは女性よりも男性に多いようだ。
無論、女性にもいるが、
女性は外見だけでは即、恋愛には繋がらないと言われる。
〇〇のような感じの人と、〇〇の様なイメージを期待して合うと、
まるで違ったから一度きりで終わったの、と聞くことは多い。
外見から入るのは仕方ないが、
どう言った内面をその人が持っているのか? 
  気が強いか優しいか? 
異性には真面目であるか、ないか? 
そう言ったモノを引き出すのが貴方の力量でもある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月3日
「 結婚を真剣に考えている女性 」

このところ、結婚を真剣に考えている女性が沢山こられている。
30歳も近いと、恋愛イコール結婚ではないようだ。
自分の弱いところを補ってくれる人でないと。
つまりリードをしっかりとしてくれる男性をのぞんでいたりと、
とても現実的な相手選びをされている方が多い。
歳の差が十以上でも構わない、とリアリティだ。
メンタルを支えて欲しいがとても多い。
お嬢様がその昔、
選んだような結婚は上手くはいかないことを見てきた末に、
かなり現実的になっている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月2日
「 敵わない 」

幼い頃は、まさか悪魔のようにはなるまい、
と思われて40歳が過ぎる頃から頭に白髪が目立ち始める。
やがて全てが白髪となり、
良いのか良くないのか判断がつかないまま高齢者になる。
見事な白髪と誰かが褒めてくれるのか。
鬼婆みたいになりたくないが、
やはり歳を取ると鬼婆化してしまう。
国会の女性議員の立ち振る舞いの男性的な勇姿は、
鬼婆のようである。
悪魔の宿った肉体に気付かないままに、
歳を取ることがあるらしい。
敵わない、そんな女性には。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年4月1日
「 年柱に絶運 」

年柱に絶運がたまに出ることがある。
年柱の絶運は本人が20歳くらいの時に
家運が大きく衰退して、
結果本人が早く一人暮らしをしたり、
実家とは疎遠になったりする。
月柱、日柱に12運の強い建禄や帝旺があると、
再び家運を子供が盛り上げる事になる。
その人が向いた仕事をすると、必ず運気は上がる。
欲を持って頑張る事は、大変な仁徳として働く。
楽しく生きることは、神懸り的な力がある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月31日
「 不倫は最後まで不倫 」

不倫は出来ても、結婚が出来ない女性が
ゴミ溜めの様に溢れかえっている。
探偵社への浮気素行調査が、相変わらず多い。
男性が自分の妻に対する素行調査が、
ここ最近多く、浮気の現場を押さえても、
離婚へとは進まない。
女性から夫への浮気素行調査は、
当初から有利に別れ為の弱味を握るために、行われるもので、
女性の方が強かだ。
不倫をして男性を自分のモノにしたい女性は
あとを経たないようで、これは正しく「肉体の悪魔」か。
不倫は最後まで不倫で終局を迎えるのが約10割近く。
不倫が結婚になるのは、限りなくゼロに近い確率。
不倫する女性は、結婚出来にくいタイプが圧倒的多い。
結婚していない女性は、不倫が平気と言う結論もあり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月30日
「 推命学の範疇ではないこともある 」

推命学を知れば,
生きるための指針になることもあるが、
どうしょうもないことだってある。
安易に子供を作って結婚する人もいたり、
結婚していないで子供を産む人もいる。
何とかなる、と楽観的に考える人は、仕方ない。
それは推命学の範疇ではないこともあるからだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月29日
「 行商のおばあちゃん 」

背中に風呂敷を担いだり、ナップサックを担いだりしていた
日豊線の行商のおばあちゃんがいたな。
アサリ、玉子、鶏肉、魚、マテ貝、など。
南小倉駅で降りて木町市場、白銀市場、原町市場、
金田市場へと出向いて捌いてしまう。
リックのイメージは、僕らの世代は行商と重なり、
お洒落とは思えない。
リックの中にオニギリやゆで卵が入っているような、気がする。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月28日
「 出会いサイト 」

男女の出会いサイトで知り合った末に、
お金を騙された女性が多い。
また性病をうつされたもあり。
男性も、ツツモタセが現れて慰謝料を請求されたり、
サイトは危ない。
街角で声を掛けていた昭和世代。
2人組で、2人組の異性に声を掛けるのが一番、
成功の確率が高いよ!と。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月27日
「 冠帯の12運を持つ人 」

冠帯の12運を持つ人の男性の、異性に対する理想の高さは。
細い人が好きか、ポッチャリが好きか、まずはっきりしている。
優しい女性的な人を好む。頭が良い人であること。
料理が上手である。ファッション・センスが良いこと。真面目である。
走り方がダサくない。食べ方に品がある。
意地が悪くないこと。清潔感に溢れている。肌のツヤが良い。
宗教に偏っていない。綺麗好き。世話焼きでないこと。
一言多くはないこと。難しい。
冠帯を持つ人は妥協が出来ないから、
一生悩み続けるのかも知れない。
仕事に活かせば、素晴らしい偉業を成すだろうに。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月26日
「 特徴的なのは沐浴 」

12運で特徴的なのは沐浴がトップだ。
次は、冠帯。次いでは死か絶か。
長生もなかなか個性が無さそうで、ある。
養も衰も面白い。胎も個性的。病も墓も語れる。
建禄、帝旺は五行の組み合わせで、様々なる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月25日
「 帝旺に関しての違い 」

推命学の12運について。
帝旺に関しての違いを。
丙午は陽の火、陽の火、陰の火と
干支から蔵干へと並ぶ。
壬子の帝旺は、陽水、陽水、陰水と並ぶ。
火は上に上昇。水は下降する。
この違いは五行の違い。動きはある。
戊午の帝旺は、干支が陽土、陽火、陰火と並ぶ。
陽土を山と捉える。土は作る、育てる、蓄えるの特性。
守り、保守の気質。
同じ帝旺でも様がまるで違う。
陽火は社会的に影響を与える。
陽水は育てる力はあるが、土の押さえがないと、
溢れ出して元に戻れない。
戊午は一度山が崩れると、
元に戻れないから慎重で弱みを見せない。
だから陽土は冒険をしないし、
公務員気質、医者気質である。
丁巳、己巳、癸亥の帝旺も三種三様だが、
陽干と陰干の帝旺はまさに変わる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月24日
「 高校生が占いで1番聞きたいこと 」

高校生たちが占いに来る。
今の時代を知っている。1番聞きたいことは?
「私、結婚出来ますか?」だ。
この三、四年、結婚はするものから、
出来るか出来ないかの、生まれつきの何かがあるのでは?
と言う質問に変わってきた。
大学に行った女性ほど、結婚していないことも知っている。
良い大学出ていないと、お嫁に行けない時代から、
こうも変わったのだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月23日
「 鍼灸師の話し 」

鍼灸師の話し。
四国の名医は、四柱推命を勉強していた人らしく、
患者さんの生年月日を聞いて調べて、
処方のツボを選び施術していたのだ。
これ程のプロ根性のある学者肌の人であったから、
風邪を一度の灸頭鍼で。
身体から汗が噴き出てくるので、熱がスーッと引く。
推命学と鍼灸、それが合体した研究所を
開設することが夢ではあったが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月22日
「 鍼灸について 」

鍼灸が目の不自由な方のお仕事として成り立っていたのは、
1990年前後か。
北九州市にはそんな方がやられている鍼灸院が、
ピークの時には70件以上はあった。
職業別の電話帳でしらみ潰しに探し、
殆んど一度は行ってみた。
鍼灸は経験度と才能で上手い下手が決まる。
だから技術力を調べる必要があったのだ。
鍼灸を受けて心身の改善をしたい、と思ったのは33歳の時。
若松、八幡西、東、戸畑、門司、小倉北区、南と
約1ヶ月で治療体験を終えた。
確かに、症状による得手不得手があり、
患者さんの数も違うし、やる気の違いも様々。
中には、鍼灸で登校拒否を治せると豪語する
治療院があったりもしたし、
鍼灸に対する探究心がカリスマ的な治療家もいた。
今の整骨院の鍼治療には、そのやり方はオカシイでしょう、
と言いたくなる院が多く、学校の指導が腑に落ちない。
やがては名人級の鍼灸師が、登場することを期待したい。
灸頭鍼で風邪を治す名医がいたのだ。
四国に。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月21日
「 紙媒体 」

紙媒体は選択したから、
知らないで済む記事やニュース、
話題を読者側は選べた。
この紙媒体を作っていた各社、各編集部、
各ライターさん達が、
ネットに一斉に掲載する時代になった。
このごった煮のメシは、
余り心身にはヨロシクないと僕はかんじている。
結果、なるべくネットに掲載されている
モノには目を通さない心構えが宿っている。
これが習慣化する人が、
やがては育っていくのかもしれない。
どこの紙媒体からのモノか? 
やはり相も変わらす、、。
これが、ネットの不味いごった煮の味だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月20日
「 我が道を行く 」

我が道を行く。
自分には自分らしい生き方があるはず。
それを認めたくないのは、
組織であったり、社会であったり、
知らないもう一人の自分であったりする。
常識とは怖い言葉で、何でもかんでも、
どんな分野にも常識があるし、
あるものだと思い込ませる「勘違い」を、
人間はしてしまっている。
それは、善意的なものであるという発想から、
いつしかからか思い込みに変わってしまい、
気付かないまんまに生きて、年老いて行く。
ある時、自分らしさを忘れた自分に気付き、
社会の犯した間違い、
科学・テクノロジーの物差しで測る、
落とし穴のある勘違いを発見する。
一人ひとり違って良いのに、何故に?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月19日
「 出来ないと、しないは違う 」

出来ないと、しないは違う。
貴方は出来ないではなく、していない。
つまり、やらないだけですよ。
こんな事を、自己啓発をかじった人は、
すぐに言いたがる。
いかにも人生の哲学を語っているように感じるが、
果たして本当か? 
本当に近い時や、人や、事柄などは、あるだろうが。
これは自己啓発の持つ、
暗示をかけるための言葉のマジックみたいなものだ。
出来ないことも、いい事になる場合があるし、
しないことは、
やはり出来ない事であるのも間違いではない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月18日
「 運気の違いがある 」

私は何ともなかったのに、貴方は何で? 
こう言われた事がある人は、
言った人との運気の違いがあるからで、
貴方は決してオカシクはないのです。
大雨が降る。
その大雨をなんともないと感じる人がいたり、
時があったりする。
大雨に不安を抱いてしまう人がいたり、時があったりする。
人の持つ資質と運気が作用して、人の感じ方は変わる。
もうないさ! またあるかも! 
こうも違って捉えるのは、運気と資質による個性。
精神の分析に、運の支配する力を加味したら、
どれだけの人が楽になるやら。
推命学は時には、医学をも凌ぐ事があるのは間違いない。
それほどの力を持つ学問である。
これが僕自身の、推命学に対する実感だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月17日
「 言葉の概念は変わっていく 」

パーラーと聞いたら、フルーツ・パーラーの時代、世代。
これがパチンコ屋と言う名称に変わって、
使われ始めたのが50年前くらいか。
街中に集まっていたパチンコ屋が、
郊外型で駐車場のある大型店舗が増え始めたのを機に、
パーラー○○○と自称始めた。
パーラーとは「憩いの場」の意味。
喫茶店、純喫茶にかわり、
パーラー○○○とガラス張りの明るい喫茶店、
またフルーツを中心と、したメニューを出す店で自称、
使われ始める。
小倉では小倉駅前にあった「7(セブン)パーラー」が始まり。
この時代は東京の新宿あたりにはパーラー○○○が人気。
1960年前後の時代。
こうしてパーラーが飲食店の形容から、
パチンコ屋の形容に変わっていった。
今からパーラー・カフェと自称したら、パチンコ好きが来るだけ。
さらに言うならば、喫茶店はやがては「ブティック」と
自称する時代が来る、と博学者は予告していたが、
予想は外れた。
喫茶店が衰退したために。自称から始まり、
言葉の概念はデカい力により変わっていく。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月16日
「 こんな名言を残している 」

ある地理学者がイギリスからアイルランドに行ったつもりが、
ボンベイに着いた。
この方曰く、地理学者は方向音痴ばかりいる。
社会学者は社会を嫌っているし、
経済学者は金銭感覚がない。
税金を使うのは上手いが。
そして政治家は愛国心がなく、国家を切り売りしている。
医者は病人を増やすのが得意。
減らすのは下手くそ。
こんな名言を残している。
結婚するなら相手を選ぶのはやめて、
成り行きに任せる方が早い。
逆もまた真なり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月15日
「 何故に出来たのか? 」

とある方から、この北九州でよくも
「おいらの街」をやろうと考え、
実行されましたね。何故に出来たのか?
と質問された。
今年が市政70周年になるのでか。
僕らの世代は、懸命に生きることに
美学がある事を植え付けられた。
又は、自分がそう感じたり、
そうして生きることこそ良き人生であると、
勝手に思い込んだ節があります。
と、答え始めた。戦争中の話を聞かされ、
戦後の様を見たり、
聞いたりの時代でしたから、
自分は何かやり甲斐のある事に懸命に生きたいと。
幸いに貧しい生活が小学生の頃に始まり、
なおさら学歴ではなく自力で生きていきたいとか、
物質的な幸せよりも精神的に豊かに成りたいと。
僕らの世代は様々なる人がいたし、
様々なる生き方も見る事が出来、選択肢はとても多い。
勤め人に向いていないし、自分に出来て、自分に向いた、
熱中出来る仕事を、と探していましたが、
若さ故の苦しさみたいなモノもあり、
開き直ってじっくり自分探しを結果、していました。
東京に行くことで白紙の状態に出来ると。
だから思いたってすぐに東京に行きました。
北九州にいた自分を白紙にして、1人原点に戻りたかった。
そこから何か必ず生まれる、
そう妙に悟っていたのは勘なのでしょうか。
再生して、北九州に戻ろうと。
自分を見失った時は、
環境を変えるべきだ、と解っていたようで。
東京に行くと、北九州なら何でも出来ることが実感できました。
これは当時だから、でしょう。
音楽や映画や本が好きだったのは、
その時代にいたからだと。
高専は楽しくが、いや楽しくなかった。
だから、我が道を行かざるを得なくなったとも。
やり始めたら、諦めが悪いのが幸いしたかな。
こんな話をしました。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月14日
「 文化を教えない時代の惨劇 」

寿司を安く食べさせる方法の一つが、
寿司を回転レールに乗せて運ぶ、人件費を抑えるため、
そして客一人当たりの単価が下がる分、
大人数を収容できる店舗。
だから家族で来てもらいたい。
子供が原価の低い寿司を食べる事が、
大人の好む魚の寿司が原価が上がるから。
バランスの上で成り立った商いが、回転寿司。
昔は寿司なんて若い人は、食べる機会もなく、
だから食わず嫌いも多く、大人の世界が寿司の世界でもあった。
安く食べられるようにするには? 
企業努力があったから、身近な食文化に寿司はなった。
過去の、昔話をしない時代には必ず、
価値観を無視した事象が、起こるものだろう。
どうして厳しい罰則が必要かは、
大切な文化の財産を共有するために、
知らない価値観を知らしめることが社会的に必要だからだ。
文化を教えない時代の惨劇が、起こった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月13日
「 推命学を理解した人なら 」

推命学を理解した人なら、
六星占術や九星気学を作り出す事が出来る。
占いの継続性や推命学の権威的な立ち位置を保つために、
作為的に占術の普及を図ることが成されている、
とわかって来たりする今日この頃。
生日からの推命学が当たるのは、実は解りきった話。
六星占術や九星気学の役割は? 
天冲殺占いの役割は? 
タロットの役割は? 
事実、真実とは違った世界を作り上げることも、
またあり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月12日
「 正に「傷官美人」の見本 」

今から38年前の話を。
とある車メーカーの北九州支社の受け付けに、
とんでもない美人がいた。
綺麗すぎて近寄り難く、何度も仕事でその方とお会いするが、
親しくするにはある種の恐怖感が立ち塞がっていた。
そうしたある日、その社の部長がその受け付けの女性を同席させて、
仕事の打ち合わせを始めた。
彼女の美しさと口の悪さのギャップに驚いた記憶は、
今日まで薄れていない。
正に「傷官美人」の見本として僕の知識の中に輝き続けている。
傷官の方が食神よりも命式に出やすい。
この現実をどう読むか? 
ここに推命学の醍醐味がある。
日本の国柄や男性の有り様を読むことも出来ように。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月11日
「 実践で習得した推命学 」

この2月で延べ2万人のお客様を診たことになります。
こうした実践で習得した推命学は、
古典派の推命学を肯定する所と否定して構わない所を
嫌が上でも教えてくれるわけで、
結果シンプルな推命学が見えてくるのです。
これからも頑張って勉強をしていきます。
宜しくお願いします。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月10日
「 おのれが無になれる世界に 」

くつろぎ。やすらぎ。いやし。じんわり。せせらぎ。やがて。
人が生きながら、やがて行きつく。
おのれが無になれる世界に。
だからじんわりでいいのです。
あせらずに。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月9日
「 輝いている人は人を惹きつける 」

輝いている人は人を惹きつける。
自分の才能を活かした仕事をしている姿は、
自然界で例えるならば、雄大な樹木の様に生き生きとして、
寡黙ながら語りかけるごとく天を目指し、
地に根を張り巡らせている。
尊厳に満ち溢れ、堂々と。威嚇も無し。
ハッタリや見栄を張らずとも、生き様はナチュラルなのだ。
まるで大海や空の、そして大地の如く存在は当たり前。
違和感なく。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月8日
「モテる人は何故にモテるのか?」

モテる人は何故にモテるのか? 
カッコいいからだ。カッコ良くしたらモテる。
イコールカッコ良く見せる。
今の時代は、ある程度の並くらいの見た目なら、
カッコ良く見せることは出来る時代だ。
が、芯からカッコ良く人は、カッコ良く見せなくてもカッコ良いし、
若い時だけではなく、生涯をカッコ良く生き抜く。
男の中にも、女の中にも、そんな人はいる。
そんな人が賢いならば、まずは芸人などにはならない。
芸人の最期は酷いからだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月7日
「アナログは大切」

ツキがない。
これを感じる機会は、
今の人はやらない人が多い麻雀で知ることが出来る。
現在のパチンコやゲームでは、ツキのアル、ナシを知ることは難しい。
つまりアナログではないからだ。
僕がアナログが大切だと言うのは、まず腕を上げるに始まり、
そこから上手い人、下手な人がいる事を知ることが出来る。
そこに才能、向き不向きを知り、仕事選びが大切と解る。
話が麻雀に戻る。
下手な覚えたての人が、麻雀で勝つことがある。
バカ付き、と言う。下手でもツキがあると、勝てる。
この不条理を知ることは、人生を学ぶことになり、
やがては月の満ち欠けと、魚が釣れる、釣れないを理解して、
人生を、人を理解できるようになる。
だからアナログは大切なのだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月6日
「運命と言われるものが存在するか? 」

運命と言われるものが存在するか? 
この存在するようなしないような運命と言うモノ、
果たしてどの程度に人生または人に影響を与えているのか? 
好奇心のある人は、まず確かめる為に男性でも占いに行く。
まるで自分が鬱になった時に精神科に行くべきか、
と考えるように不調な時は人は、ツキがないと感じる。
振られてばかりとか、ギャンブルに負けてばかりとか、
事故に遭ってばかりとか、、。
病気になったら医者に行く。
これと同じで、ツキがないと感じたら占いに行くで間違いはない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月5日
「広告が過剰気味」

映画で〇〇祭ノミネート。
〇〇祭出品作品。
〇〇祭正式出品。
この類の広告が過剰気味。
これが、ジャケットにプリントされてあると、
いい作品なのか!と勘違いして買ったり、
レンタル店での目安になるとして、メーカー側は付けたがる。
あと〇〇賞ノミネートの広告も多くなった。
全米大ヒットから、700万人動員など。
他国のことは分からないので、
コピーをつけ放題で日本の市場をかき回す。
広告業界にいないと気付かない、
ヤラセの広告が多くて嫌な気分になる。
香港、韓流はこの類いの広告が激しい。
ノミネートされた、これだけで宣伝になるのだからね。
〇〇展入選など、これはしっかり金銭が動かないとダメ。
有名な人は宣伝になるから、優先的に入賞。
こちらは絵画の話し。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月3日
「人生は選択。ときどき運命」

「人生は選択。ときどき運命」
これは、とある洋画のコピー。
コピーとしては女性に好奇心を抱かせる、優れた出来。
確かに自分の選択の上で、人生は存在する。
が、その選択は生まれ持った自分のエネルギーが決める。
運命には宿命と立命があると言う推命学からみると、
そのコピーは宿命と立命の、
つまり先天運と後天運を理解していないことになる。
運命という言葉が、
一般的には正しく理解されていない為に、
占いに対する期待感は人によりバラバラ。
占いは信じない、という男性が多く、
占いに来られるお客さんの1割にも満たないのが現実。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月2日
「 陰の土/陽の土 」

我がままであり、執念深くて秘密主義の陽の土。
陰の土は開けっぴろげの執念さで、マイペース。
陽の土は岩山ならば見栄っ張りで、
弱みを見せないプライドで世間を渡り歩く。
柔らかい土の山ならばリーダーシップを発揮する。
陰の土は庶民感覚溢れ、嫌いな人、
物でも好きになろうとする心の広さがある。
正義感が土の人は強い。道理を守って生きていく。
陽の土は突然、見切りをつけてしまうが、
陰の土は自分が駄目になるまで、諦めない粘りがある。
12運の冠帯を持つと、出世する人が多い。
北川景子は陽の土。蒼井優も同じく。
キムタク、加山雄三、陽の土。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年3月1日
「 ひと昔の喫茶店 」

昭和20年、30年、40年、50年台の喫茶店、カフェには、
メニューにアイスミルク、ホットミルクがあった。
この話しを今の40代の方にすると、驚く。
牛乳の原価は5円の時代を経て、30円?くらいまでの時代まで、
喫茶店でメニューとして出されていた訳だ。
コーヒーのホットが100円なら、ホットミルクは80円が相場。
アイスミルクも同じ価格。喫茶店でミルクを飲む。
ミルク、つまり牛乳も贅沢品だったのだ。
メニューに載せない店は多かったが、
ホット・コーラを注文する客がいたら、コーラを温めていた。
沸騰する前、80度で出す。
変わっ物を注文することが都会的、と思われる風潮のあった時代。
アイスコーヒーを令コと言って注文。
今のラーメン屋での、「バリ硬」みたいな通好きは、昔もいた。
トーストを注文する際、塩(ソルト)も頼む。
これは東京の真似。令コは関西。
メロン・ソーダは「ダッソー」。これも東京。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月28日
「 岸田首相は陽の水 」

今の岸田首相は陽の水。
数字的にはっきりしない事には他人任せになるタイプ。
数字的な目標を持つと先走る。
総理には不向き。
明るく楽観的だが、
一方的で自分勝手になりやすい陽の火は、麻生太郎。
我慢強くて柔軟で仲間を求めるロマンチストは陰の木で、
元大阪市長の橋下。
平和的な性格ではあるが、負けても諦めないで、
やや捻くれっぽいのが河野太郎。
政治家の性格です。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月27日
「 YouTuberは大道芸人 」

芸好きな日本人はいつの時代も
絶える事なく、存在するものだ。
YouTuberは、まるで一昔前の大道芸人と
表現方法は変わったが、僕の中の意識では存在感としては同じだ。
時代が変われば表現法も変わる。
変わらないのは、知名度と生活生産性の向上意欲。
ネットの中で新しい媒体として、テレビに取って代わったのだ。
新聞、雑誌よりも価値があると、今は流行りなのだ。
映画や音楽以上に価値を見出している人がいる限り、
しばらくはテレビ、ラジオにとって代わる
コミュニティの手段であり続けるだろう。
大道芸人や旅芸人が、活躍の場がテレビに変わり、
そしてYouTubeに変わってきた。
そう考えると、そこから転化や発展が望めるが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月25日
「 マスクを外そう 」

マスクを外さない人がいるし、外したくない人がいる。
確かにコロナを人にうつさないためのエチケットから始まった。
マスクをするのは、人からうつらないためと、
多くの人が思っていた。
マスクは人に対するエチケットが本筋だが、
自己防衛のためと勘違いした人がいたのも現実。
コロナが血栓症で、口の歯茎から感染することが多いことを
報じる人が少な過ぎたため、
様々な所や場所で不快な思いをした人も多かろう。
飲食店では、働く側にマスクをすることが、
しばらくは求められるだろう。
マスクを外したくない人がいるから、
結婚までに男女が行き着かない。
少子化問題に取り組む上で、
マスクは弊害になっていると指摘する人がいる。
マスクはサングラスに似た作用がある。
サングラスをすると怖い人と思わせることが出来て、
自分が強くなったような気になると。
マスクを外してサングラスを。
これも脱マスクの1つの方法かも知れない。
声が聞き取りにくいから、
マスクはコミュニケーションを阻止する。
同時に、お喋りさんにはマスクをして欲しい、
など思いは人それぞれ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月24日
「 空亡、天中殺を推命学で用いない 」

空亡、天中殺を推命学で用いないのが本流の推命学。
中国では用いない。時柱も用いない。
さらに桃花殺やらの神殺星は、商売の街、
香港から日本に入った来た怪しい神秘主義。
中国では、それらは一切問題にしていない。
推命学の経典には、そんなものどこにも記載されてなし。
天中殺やらが馬鹿みたいに流行ったのは、昭和50年代。
が、この作者が、当たらないと公式に詫びた後、
しばらく経った後にまた、それまでに無かった名称を付けて、
出したのが「六星占術」。
しかも、その算出法は60干支にもとづくチャチなもので、
簡略された空亡占いに他ならない。
呆れたことが、簡単だから素人にわかりやすいだけで、
本が売れた。
で、これをやる占い師がいるから、また呆れる。
日本が馬鹿にされるようなことをやるから、
中国、韓国からも馬鹿にされている。
これが日本の占いのブームを作っているから、恥ずかしい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月23日
「 動物占い 」

動物占いがある。
これは、実は謎解きをしてしまうと、
何てことはない占いだ。
が、人を占いという神秘の世界に誘う手法は、
呆れるほど上手い。
人間は実は己れをさておいて、
神秘なものに惹かれていく。
ころは神世の昔からだ。
タロットもトランプ占いから始まっている。
タロット・カードのイラストが、
神秘的であるのも人の弱みに漬け込むための演出。
謎を解かない推命学も、演出がかなりあるし、
推命学を勉強する人が、
ミイラ取りがミイラになる、と言った現実がある。
神秘を嫌う人と、惹かれる人に分かれるが。
神秘を信じない心づもりで勉強した方が、習得は早い。
神秘であり続けるのは、疑うべきでしょう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月22日
「 アナログに浸るべし 」

スマホからどういう風にして
自分を遠ざけるべきかを考える。
SNSに書き込みをすることはない。
ラインでやり取りすることもない。
テレビを観ないので、DVDで映画を観てきた。
年齢的に睡眠時間が短くなったことと、
映画を見尽くしてきた感ありで、
見応えのある作品と出逢えない。
歳をとる分、今どきの映画に
心揺さぶられることも無くなって来たし。
まあ、歳を取るとありがちなこと。
書籍に好奇心を満たそうと書店で本をさがすが、
どうしても専門書に手が行ってしまい、
買ったは読まないパターンになる。
そこで始めたのが、またまた料理。
そしてレコードを聴くこと。
これがやはり楽しい。
アナログに浸るべし。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月21日
「 頭が下がる思い 」

昭和の戦後に活躍した歌手や俳優、スターの方々。
特に女性の皆さんを生年月日を頼りに調べていくと、
多いのが墓やら絶などの12運を持たれている人。
これをもって時代背景や、戦後の人の生き様を推測出来る。
皆さん、大変な時代を体験し、逞しく生きたのだなと、
頭が下がる思いだ。
今の時代ならば、雪の深い寒い地での生活は、
都市目線、街目線では語ることが出来ない理念が、
人を惑わせてしまうに違いない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月20日
「 結婚出来ていない人の共通点 」

結婚していない、又は結婚出来ていない人の共通点がある。
男女共に。
全体の約6割を占めるのが、異性に対して
「好き」「付き合って欲しい」「結婚して欲しい」などの表現が出来ない、
または苦手な、言うのが恥ずかしい、などの人達。
話す、喋る、物申すことと、異性に告白することは、
同じようで違うのだ。
小学生の頃に、よく手を挙げて答えを言う人は、
表現することが好きなのだ。
黙っている人は、答えが解っていても言うこと、
挙手してまで言わなくて良いと考える人なのだ。
頭が良い、成績が良いと、自己表現が、上手いは一致しない。
テレビを見る、話を聞くことの習慣が、
自己表現を阻害している可能性はある。
上手い喋りとそうでない喋りの判断が出来すぎてしまい、
話す事に対して重圧感を抱かせてしまっているとも言える。
喋りの楽しい、面白い、上手な人達がマスコミに登場してし過ぎて、
話すことへの苦手意識を持つ人達が増えているのでは?
  テレビがまだ普及していない時代には、
会話する場所が家庭、学校、近所の町内と、沢山あり、
人はその場所を子供ながらにも使い分けていたのでは?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月19日
「 不協和音 」

女子校に行くと、女子の中で陰陽が生じる。
陰の女子と陽の女子が育つとことになる。
男子も然り。
雪の多い北国と少ない南国に分かれることで、
バランスが成立する。
天気の予報がまるで北と南に住む人にとって、
それぞれがオカシク感じるのは、
理念が違うために起こる不協和音みたいなものだ。
これを考慮出来ない人がいるから、振り回されてしまう。
方位に理念が存在する故に、正確な予報はあり得ない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月18日
「 無双原理 」

60の干支が、年、月、日で組み合わされる。
60×60×60=216000
これに節入りの4パターンをカケると、864000。
人は864000分の1で存在するとなる。
推命学の基本的な人の個なる生き様だ。
が、これにはバラツキがあり、
更なる分析をすると陰陽の陰陽の陰陽となり、
これがそれぞれに働き相互して、変化を成す。
ここに排他が働き、生命の力の動きが生ずる。
無双原理。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月17日
「 正官が命式に3つある 」

正官が命式に3つあると、
これを抑える傷官が命式に無くても働き出す。
つまり口の悪いお人になり、女性は独身となり易い。
また偏官の強い1つが命式にあると食神が命式に無くても働き、
小柄なら身体に影響が出る。
木の日干の人は縦に伸び、
水の日干の人は横に拡がりやすくなる。
水気が強い人は、土の働きが必要となり、肥えやすくなる。
トンチ教室の様な世界だが、正しい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月16日
「 この時期になると考える課題 」

新卒者のお客様が沢山来られている。
さて、どこに就職が決まったかよりも、
どんな仕事をこれからやっていくか? 
こちらの方がやがては人生に於いて重要なのだと、
誰もがいつか気付く時が来るのだろうが。
自分を活かすも殺すも仕事次第となる人がとても多いが、
そこに気付く人は稀。
早く気付かせてあげるように、心のゆとりを持たせるのが、
我らの仕事。
毎年、この時期になると考える。この課題を。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月15日
「 日本の医学会の理念????? 」

動物実験の約65%は、
人間にあてはまらないというのが、
製薬会社の理念にあると言われる。
一方で、日本の医学会の理念として、
100%の科学的根拠がないものは、
医学として信用しないという。
例えば血液型。東洋医学。スピリチュアルなど。
医者が信用しない、信じないものはあるならば、
信用出来るものは果たしてなんなのだろうか? 
   が、医者が占いに来ることは、ある。
大学教授も。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月13日
「 同じ五行の男女 」

高校を卒業後、大学に行き就職、そして結婚。
絵に描いたような理想的な結婚、と思われる方が多いだろう。
が、こういったカップルに離婚が多い。
それは男女の先天運の日干が五行の陰陽、
例えば陽の木に対して陰の木、と言った具合の組み合わせがとても多い。
土、火、金、水においては陰陽絡みの同五行というカップルはとても少ない。
春夏秋冬に木の変わりざまは変化するため、とされる故に。
同じ五行の男女は、とても似ているところがあり、すぐに親しくなる。
が、時が経つにつれ、互いが異性としての意識が薄れるためにとある。
いろいろと、まあ大変な男女の仲は。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月12日
「 UFOは一度見ると安心する 」

UFOの写真が掲載されたりしている。
UFOをはっきりと見たというより、それこそ遭遇した経験がある。
遭遇だから、近距離であった。夜中、福岡まで車を走らせていた。海老津を過ぎて山の坂道を上がっていた時、車のフロントガラスから見えたUFOは、車の上、10メートル位の高さを、車の速度の2倍以上の速さで、飛んで行った。後ろには長距離トラックが走っていたので、車を停めて、そのトラックの運転手さんと、UFOを見たことを互いに確認するべきか、と頭をよぎったが、しなかった。青い光を放ち、旧3号線の上を飛んで行った。3秒ぐらいだったか。その後見たUFOは、高い上空で小さな光を放っていた。直線的な動きをして、3機だった。朝方の6時だった。45年前の話し。
一度見ると、ああ、と安心する。何か解らないが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月11日
「 脚の綺麗な人 」

脚の綺麗な人が何故に好まれるのか? 
脚フェチが実はフェチの中でも圧倒的に多い。
何故に? 大地に息づく脚は、樹木を連想させる。
美しい樹木を見ると人間は安心感に満たされて、
生命力が掻き立てられからだ。
そう、人間は地からエネルギーを貰い、
天からもエネルギーを授かるから、道理であると。
特にでもなかろうが、日本人は西洋人コンプレックスが強く、
それ故に戦後は着物からスカート、パンツと装いが変わり、
なおさらのこと。
畳に座るからとか、
日本人の脚の難点を指摘していたのを覚えている。
正座をして座る武士。
家来の脚が痺れていた方が、殿様の命は安全である。
正座はそんな思惑も含まれているそうだが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月10日
「 珈琲いろいろ 」

コーヒーのブラックとは、砂糖は使ってもミルクを使わないコーヒーを指す。
大きな勘違いをしている人が沢山いる。
カフェ・オ・レは牛乳5、又は7に対して5、3がコーヒー。
ウインナー・コーヒーは濃いめのコーヒーに生クリームを入れたモノ。
砂糖を使う、使わないはご自由にだ。
ダッチ・コーヒーは水出しコーヒーのこと。オランダで生まれた。
ウインナー・コーヒーはオーストリアのウイーンを指す。
カフェ・オ・レはフランス。
アメリカンは、薄いではなくコーヒー豆の焙煎が浅いコーヒーの粉を用いたコーヒー。
レモン・ティーは薄く、ミルク・ティーは濃く紅茶を入れる。
基本中の基本。
エスプレッソ、イタリアン・コーヒーは焙煎の強い濃いコーヒー。
フレンチ・コーヒーも濃いコーヒー。
カフェ・ラテはコーヒーをもっと若い層、特に女性に普及させる為に作られた、歴史は浅いコーヒー。
コーヒーのデザート化が功を成した。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月9日
「 恋の話し、相談事 」

昨年のクリスマスの次の日、男性が占い客としてやって来た。
聞くところ、クリスマス・イブとクリスマスの2日間、
彼が密かに恋心を抱いていた女性に会いに、
彼女の職場、コンビニに行ったと。
が、2日間ともに彼女の姿が見えなかった。
彼女には彼がいて、クリスマスを2人で過ごしているんだろう。
やはり自分はカヤの外。
今の自分は恋愛の運がないのか?と言う質問だった。
密かに恋心を抱くことが出来るのなら、
必ず近い内に彼女が出来るであろうし、
クリスマスに彼と過ごしている可能性はある。
それを考える事の出来る貴方は、
自分の立ち位置を知っている。
その彼女の件は、クリスマスを境に吹っ切れただろうから、
新たに出会いを求めて前向きに進みなさいと、
話はおさまった。
彼は決して恋愛の運が悪いのではなかったし、
今年は新なる恋心に暖かくなるはずだ。
この彼が今年になりやって来た。
例のコンビニの女性が長い髪をバッサリと切っていたと、
話してくれた。
髪を切った彼女のイメージが、
どうも自分の抱いていたイメージと違って、と報告してくれる。
君は長い髪の女性を好きになり易いよ、と教えてあげた。
つまり女性らしく優しいタイプを好きになるんだよ、と。
恋の話し、相談事は
人間の生きていく上でのテーマとしては、永遠である。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月8日
「 前立腺ガン 」

男性の病、前立腺ガンが寿命が延びた分、多くなっている。
ただ前立腺のガンは、他のガンのように転移しないのが異質。
これを防ぐには、なるべく射精をした方が良いと。
接して漏らさずが良いのは40代迄で、
それ以降は漏らした方が前立腺ガンの予防になると、
今のところは、そう言われる。
男性だけにしか解らない話しだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月7日
「 厄年について 」

厄年について。
人の厄年と言うような、気を付けるべき歳は、
人により異なってきます。
偏官の沖、偏財の沖は、
先天運に羊刃を持つ人にはかなり変化をきたします。
偏財の沖は父親との関係が変わったり、
家を出る事になったり、生き方、
求めていた夢がかわったりします。
偏官の沖は、事故運やらとのストレスに見舞われることが
起きてしまいます。
この年は海外旅行は避けたり、
飛行機に乗るのをやめたりした方が良し。
人により何歳であるか、また起こる確率の高さは変わります。
大運偏印の年運食神などの歳も、人により変わってきますし、
対処法も違ってきます。
厄年とは、神社で役を授かった年は、忙しく慌ただしい。
だから役になった年には気をつけてと、
ここから始まった厄年なので、あまり気にしないことです。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月6日
「 陰の金、辛の男女 」

陰の金、辛の男女共に、
指輪として生まれ、指輪で生涯を終える。
お嬢様、御坊ちゃまで一生変わることはない。
大切にされると美しき輝きを放ち続けるが、
苦難、困難に向かっていくことはない。
ここが陽の金の庚とは違う。
辛の方は、
大切にしてくれる相手を見つけることが、幸せとなる。
苦労は似合わないことを自分が実は一番よく知っている。
打たれ弱くもある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月5日
「 北九州市に何店舗あるか? 」

北九州市にコンビニが何店舗あるか? 
北九州市に美容院は何店舗あるか? 
理容室は? 書店は? 歯科医院は? 
こんなことが解らなくなっている。
電話帳がないし、しかも職業別がないため、
多い、少ないは予想出来ても、正確な数字が解らない。
コンビニは約300店舗。
鍼灸整骨院もこれを超す件数。
さらにマッサージ、整体、エステなどを入れたら、
北九州市の人口から見ると過剰な軒数があり、
さらに毎年、入学する人は多くなるし、
資格さえ取れば国保が使える。
鍼灸整骨院での不正請求が後を立たないのは、
卒業生が多過ぎるし、優れた技術者が育っていないからだ。
ピークに達したならば、淘汰されていく。
優れた専門技術者をどう育てるべきか。
少子化問題とサビれて人口が減少して、
しかも不況の続く北九州市。
次の市長には、この歪な現実を打破して頂きたい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月4日
「 おかしなこと 」

整体・整骨院が街中にあふれているが、
なんで国保が適用になるのか理解に苦しむほど技術力がない。
整形外科でのリハビリ「もどき」のことを、主治医は言う。
年寄りのボケの防止にはなるやろうから、と。
とんでもない医者がいる。
受験が始まる。
行きたい高校に皆がいけるようにするには、
どういう発想の転換ができたら良いのか。
日本には、もっと求められる大切なことがあるはずでは?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月3日
「 ファッション革命 」

ユニクロがファッション革命を起こしたことになる。
スターバックスがコーヒー革命を起こしたことにはならない。
だが、僕はユニクロのヒートテック以外は身に着けたくはない。
スターバックスが良いとは、これっぽっちも思ってはいない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月2日
「 バレンタインデー 」

出会いがない沢山の若者がいる。
出会いはあっても告白出来ない男女、
しかも若い人が沢山わ沢山いる。
下手に告白をしたり、
好きな相手を待ち伏せしたりすると、
すぐにストーカーと告げられる。
この現実を打開するには? 
バレンタインデーを毎月1日設けること。
1月のバレンタインデー、2月の、3月の、、と。
年に12回。
バレンタインデーを女性からとはせずに、
男性からも告白しましょう、と変える。
男女どちらからでも、にすることだ。
年に12回あるなら、数打てば当たる可能性も高くなる。
クッキーデイはやめた方が良い。
さらにチョコレートだけではなく、
魚から果物、寿司、和菓子、ラーメンと
プレゼントの商品の幅を広げること。
こんな選挙の公約があってもいいが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年2月1日
「 マスクをいつまでするのやら? 」

マスクをいつまでするのやら? 
マスクがあるから、男女の仲が進展しにくいと。
が、マスクをしているから街には男女共に、
感じの良い人が多いと言う声もある。
口やら歯、口元は食べるために存在するので、
造(つくり)は基本、野生的である。
イスラムの髪を隠して顔も隠す。
マスクは同じような働きをする。
つまり品良く外見は見える、外見を見せる。
目さえしっかりメイクするだけで、女性は変わり映えする。
マスクをするから、口紅は使い辛くなる。
色の白い方は、口紅が必要でないと感じるのは、
男性からの感想。
マスクをして口紅を付けると、紅が拡がりすぎて、
唇からはみ出すこともあると。
化粧品のアイライン、シャドウが売れ、
マスクをする為に肌が荒れるから、
化粧水やらも今は売上が好調とか。
このコロナで、少子化は進み、
結婚数も減少、旅行会社も不況。
つまり金融機関はリストラが進んでいく。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月31日
「 テレビを見ないと語れない? 」

よく陰の木はこんな人と、説明をする。
陰の木に限らず、全ての五行を。
僕の頭には60年前の相撲取りから、野球選手、
政治家、作家、著名人が生きている。
だから特徴を話せるのだが、
僕の例える人がレトロなので、
聞いている人はわかるまい。
つまり最近はテレビをまるで見ないから、
ネタにする有名人の共有がお客さんとなかなか出来づらい。
石川佳純を例に出してもう10年にはなるだろう。
皆、同じだけ歳をとるわけだから、致し方はないが。
競馬のジョッキー、福永祐一も引退。
父、洋一が東京競馬場で天皇賞を制覇した時を見ていた。
その息子さんが引退だ。
テレビを見ないのも仕事柄、困ることになるとは、
思ってもいなかった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月30日
「 楽しい夢 」

楽しい夢をいつからか、見なくなってしまった。
楽しい夢は、小学生の頃によく見たが。
お金を拾う夢。
我が家は貧しかったからか。
これは夢から覚めると世知辛いが。
キレイなカラーの夢。
猿飛佐助になった夢。
この歳で見たなら、ビックリ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月29日
「 ナウ・街角から 」

昔、読売新聞の毎週火曜日の夕刊に
「ナウ・街角から」と言う紙面5段くらいの連載があり、
このコーナーを10年くらいかな、担当していた。
毎週金曜日が締め切りで、
街ネタを最低7本がノルマのようになっていた。
おい街を作っていたからこそ、
やり続けることが出来た仕事だった。
毎週7本で、書く、取材する、集める、
何かないかと街を見渡す。
これが慣習的になり、以降今日に至るだ。
こうしてカレー仙人の原稿を連載して12、3年になる。
書くことが当たり前になってしまい、書かないと不安になる。
締め切りに追われる恐怖感みたいなものが出来てしまい、
たっぷりと原稿が備えとしてないと、不安になる。
おい街も月刊誌だったから、発売日に間に合うか?
を日々案じていた。
今でも夢に出てくるのが、
明日が発売なのに未だ本が印刷されていない。
1人で印刷機をいじくって、困り果てている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月28日
「 淀川長治の映画評 」

アメリカ映画にイギリス映画、フランス映画、イタリア映画、
さらにスペイン映画、ドイツ映画、デンマーク映画、ベルギー映画、
スエーデン映画、ギリシャ映画、イラン映画、インド映画、
ギリシャ映画、トルコ映画、ロシア映画。
言葉の違い、発音、アクセントと、違うために記憶に限界が出てくる。
ポーランド、チェコと、こちらの国にも秀作は多い。
ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、メキシコなどの映画もあるし。
日本語にカタカナの英文字も沢山入ってきている。
昔、淀川長治の映画評は、
アメリカ、フランス,イタリアの映画くらいだった。
今の時代だったら、混乱していただろう。
映画の世界が拡がるのは嬉しいが、
これに韓国、中国と重なると、
マルチな映画の評論家はいなくなるだろう、
と言うのが僕の見解。
言葉の壁はあるし、
価値観の違いやら加味しなくては評価は出来まい。
ここには困難な時代が今、やって来ている。
映画の専門誌が、ミーハー路線に走るのは致し方ない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月27日
「 丑と未 」

丑と未。
1月と7月になる。
北と南の関係。
湿度の高い畑と乾燥した畑都の違い。
この干支に陰の火が付くと墓と冠帯に変わる。
どちらも土用。
陰の水が付いたら、逆になり冠帯と墓となる。
陰の木が付くと衰と養に変わる。
羊には中期に陰の木があり、丑には木が無い。
冬の木には根が無いが、夏の木には根があると診る。
陰の火の墓と陰の火の未。
この干支を日の柱に持つ女性が偶然、
とあるファッション店で働いている。
共に陰の火らしい容姿。
が、違う美意識。
仕事の動きがまるで違うし、接客もまた違う。
墓と冠帯の違いが絵に描かれている。
推命学を学ぶためには、
人を観察する事の繰り返しが求められる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月26日
「 名人級の施術者 」

国家試験,資格ばかりに依存する風致は、
実際は好ましくないが。
整骨、整体、鍼灸、接骨、マッサージ、
などの民間療法と言われる施術。
専門的に教えるべき学問は、鍼灸で然るべき。
整骨、マッサージ、などは自力で習得出来る技術。
学校成金、税金泥棒、架空請求、などの根源となり易し。
事実、一流の整骨、整体、接骨の技術をもって業を営んでいる
「名人級」の施術者の方々は、専門学校などには行かれていない。
事実が示す真実がある事を知らしめていない為に、
税金が無駄使いされている。
ヤル気と資質と見聞が必要な世界に、資格はさて必要なのか?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月25日
「 命の良い在り方 」

大潮に生まれるか、長潮、若潮に生まれるか。
これには土用に対して、その命の良い在り方が、
自然が選択してくれている様なリズムが存在する。
このリズムを働かせる力こそ、自然に宿る。
これを昔の、賢者は「神」としたのでは?と、感じる。
つまり神無くして、命や宇宙は有り得ないとなる。
それが自然崇拝。イコール、神の在り方であろう。
神無月など、様々なる名称には、
宗教以前の自然界と生命体との関わりを知らしめているようだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月24日
「 土用は年に4回ある 」

生物、自然の中には、春夏秋冬があり、
土用が中心に息づいてる。
土用は年に4回ある。
人が誕生するには、この土用を母親の体内で体験して
成長するようになっている。
胎児は、十月十日と言われる。
夏生まれが人には多いのは、
土用を4回過ごす様に出来ているから。
中には3回で産まれる場合もある。
土から生まれ、土に還るからであろう。
このリズムに月の満ち欠け、潮の大小が絡み反応して、
命は宿り、誕生がある。
土用を考えない推命学はあり得ないと、考える。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月23日
「 市長選 」

人試合に勝って勝負に負ける。
宮崎県の県知事選は、正しく東国原氏が選挙に勝って、勝負に負けた。 あれだけ高い投票率を弾き出したのは、東国原氏の人気と、運の強さだ。 相手は実は落ちて当たり前の下馬評であったし、政党が結託しての組織ぐるみの見苦しい政治家の姿を曝け出してしまった。
北九州市の市長選が近い。末吉元市長が押す新市長に期待したい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月22日
「 人の職業について 」

人の職業について。
絵画の世界、音楽の世界、ペンの世界、医療の世界、
教育の世界、政治の世界。
様々な職種がある。
誰もが努力と才能があれば、職業として成り立つか? 
誰もは無理。
政治家、医者、教育、役人(公務員獣医)、などは特に。
税金で給与を得ている職種に就くならば、
人間としての資質をまずは、問う、問われるべきである。
政治家を一度やったら辞められない。
これは政治家が言うのだから、間違いなさそうだ。
対して芸術家の世界。
これは厳しい。自分がミソくそになる覚悟がいる。
兵士。これも命懸けである。
自分の職業に誇りを持って生きることの邪魔をしている人が、
やたら多く感じる。
マスコミ、芸能界、今やスポーツの世界。
ネット、映像、マスコミに登場する人々と、その人々と関わり、
それをメシの種にしている人達の中に、好ましくない人達がいると。
実像よりも虚像である方の生産性が高いとは、困ったことである。
真相の表と裏に虚があり、まるで見えないようになっている、、。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月21日
「 五行の特質から判断できる 」

生日の日干が金、特に陽の金。
この特性を理解されている人は、
この話をすぐに理解する事が出来るはず。
洋画、例えばアメリカ映画を観ると、顔の区別がつきにくいから、
映画を観ても楽しみ辛い、と言われ方が多い。
だから洋画は観ない。
一方、生日の日干が火の方、
特に陰の火の方は一度映画を観て、癖のあるとか、美しいとか、
綺麗、男らしい、エゲツない、怪しい、癖がない、
上手い下手(演技)などを
即座に判断する感性に長けている方が多い。
他に生日の日干が水の人、土、木と、それぞれに特質がある。
これらの五行の特質から、様々な人の、
例えば政治家の個性は否応なしに生じるわけで、
政策が怠慢すぎたり、細か過ぎたり、読みが浅かったり、
資質が疑われたり、過大評価されたりする。
そして報道の公明正大なども望めない。
何故ならば、書き手、聞き手の見方、認識の違い、
差があるのが当たり前だからだ。
取材される側も、する側も生まれ持った色眼鏡で
見識してしまう以上、真実の報道は存在しないのだ。
キャラクターのカラーの選別は、一人ひとりの違いがある。
身も蓋もないが、民主主義は人為的に作られていく。
人間の限界は、致し方ない。
つまり偏った社会は、人間が作っていく。
人には得て不得手がある。
政治家に向いていない人を選んだことが、
不幸の始まりになるが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月20日
「 土用と推命学 」

夏生まれ、5月、6月、7月生まれが昔から多い。
逆に少ないのが1月生まれ。
仮に1月の10日に生まれたとするならば、
秋、夏、春の土用3回を胎児として過ごしたことになる。
前期した夏生まれは、冬の土用を必ず越すことになる。
つまり4回の土用を越す為に、元気な子が生まれる。
土用を推命学で用いないのは、
こんな大切なことをないがしろにするので、
間違いが起こるとも言われる所以だ。
西洋医学のしかも産婦人科医が、帝王切開を、
大潮に集中する出産を避ける為に計算して行うことには、
呆れてしまう。
この流れを阻止する事ができるのは、
母親となる本人に知識がある事。
これしかない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月19日
「 少子化対策 」

少子化対策について。沢山の子供がいた方が幸せである。この意識を日本人が持つことの出来る社会づくりを国がやることがが大切でしょう。まずは学費が高いから。これが解消される事が大切。子供が充分な教育を受けられることが、親にとってはハードルが低くなる。政治家の所得が高すぎる分、地方で農業をやっている人達の所得が低すぎるから、地方の過疎化が進むばかり。地方に住むことの豊かさを具現化する政策が、急がれる。女性の社会進出と子育ての支援を進める為の政策も急がれる。大都会に人口が集中してしまう結果は、地代の高沸を率先させていく。大企業を地方に分散させること政策としてやるべき。住宅問題が一般の日本人の生活の負荷になりすぎである。人口の分散を促す為には、大企業の大都会から地方への回帰を進めるべき。日本が自ら作り上げてしまった社会構造が、少子化を促してきた。政治家もよろしくないことばかりの、陳情政治をやって来た結果が今の日本。
選挙の方法を変えないと、先ずは。参議院議員選の比例の廃止を即望む。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月18日
「 自星が強い 」

自星が強い。
例えば、陰の火に比肩が2つある一の食神は、
激しい力を持つ。
陰の火が日干だけでの食神が3つとする。
この食神は、幅がある 広い力の表現となる。
食神の力が強いを、傷官化などと表現をするのは、
混乱を招くので、よろしくない。
自星が多い、強いは、勢いがある。
どんな五行でも勢い余った形で漏星、食神、傷官として出る。
漏星がない方でも、勢いで表現する。
やがては官に影響を与え、怒ってしまい辞職したりする。
これが正官崩れて偏官と結果なる。
偏官とは戦う。が、敗れる。
勢いだけでは生きられない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月17日
「 『冲』 の関係 」

墓を持つならば、冠帯もあり。
対位する「冲」の関係は、
地球が自転している以上は、必ずある。
朝と夜、天と地、春と秋、冬と夏、白と黒、鋭と鈍。
この両面性は、
互いに補い合っているから実存が交互に成り立つ。
虚は実を支え、実は虚を支えている。
これは死があるから生がある因果の法則に
宇宙自然が持つリズム、
周期である。
長生の裏は病。
帝旺は胎。
建禄は絶。
沐浴は死。
養は衰。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月16日
「 12運は心と身体の特性 」

12運は心と身体の特性を表している。
例えば「胎」が年、月、日の柱のどこにあっても、特質は出る。
胎、長生、養の3つかあれば、この3つの特性を持つ。
ただし、何月生まれの五行が陰陽の何であるか?
これは一生付きまとう故に、大切なツボであることを観ること。
人は複雑でもあり、シンプルでもある。
ここの「ゆとり」を占いをする上では持つことが技に通じる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月15日
「 陰陽五行は確率からなる占い 」

陰陽五行による推命学。
確率からなる占いだから当たる。
これが平均的または、やや高いレベルでの知識として理解されている。
この解釈は、人間と宗教の関係性を定義として理解する抽象論に値する。
推命学には一定の公式のようなものが働いており、その公式らしきものの働きを理解、発見するところに行き着くことが出来た人が、推命学を理解出来る。
この公式らしきものは、解けないようなカラクリが専門書には配されているから、いくら勉強しても上達出来ない。
つまり惑わされながら学んでいる方ばかり。
当たるもの、当たらないもの事象の判断が出来ないまま終えていく。
一般には明かされない記載で今に至る、と言った学問になっている。
さて、いかに貴方が発見するか?
官星が多いと、どう言う気質になるか。
印星が多いと、どう言う気質になるか。
自星が多いと、どう言う気質になるか。
漏星が多いと、どう言う気質になるか。
財星が多いと、どう言う気質になるか。
多いは強いでもある。
この、つまりは五行がどう命式のなかで働いているか。
ならどの五行が来る時が、命式が良化するのか。
これが推命学の基本。
シンプルに考えないと、訳がわからなくなる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月14日
「 成績の良いジョッキーの日干 」

競馬の騎手。
成績の良いジョッキーは、生日の日干が
陰の木(乙)が圧倒的に多い。
競馬のレースは道中の駆け引き、仕掛け時、先行、
逃げ、差し、追い込みと意識しながら走らなくてはならない。
駆け引きが勝負の別れ目になる。
ゴール目指しての仕掛け時は、相対的な判断が必要になる。
これは陰の木が蔦のように下がってまた上がる性を持つので、
100メートルの全力疾走とは違う勝負となる。
つまり騎手に陽の金、陰の金、陽の火、陽の木、陽の土は
少ないし、勝負に必要な繊細さが欠けるためである。
瞬時に決まるレースや勝負ごとに向き、不向きがある。
人生も長いし、人との付き合いも、夫婦間も長い。
お解りになりますよね。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月13日
「 占い師あれこれ 」

占いに興味を持つひとは、昔から多かった。
最近は携帯電話の普及で、電話占いが多いために、
占いが身近に感じられるのだろう。
但し、昔も今も、占いなんか胡散臭いと言われる人もいます。
特に男性は占いは信じない方が、
男らしいの風潮が強いはずです。
そう言う人がいるからこそ、バランスは保たれて、
慎重なる方向への力も働く訳でしょう。
占いをする人を、占い師と呼ぶことに、
僕は昔から抵抗がありました。
師や士を用いるのは、
国家資格を必要とする仕事に使うからです。
俗語としての占い師、竿師、雀士、業師は解ります。
占い師は俗語に過ぎない。決してステータスではない。
で、鑑定家、占術家と、自称している次第です。
が、整体師にも下手で呆れる人もいるし、鍼灸師もしかり。
こちらは税金である保険を使うので、考えてしまいます。
あまりに占い師ばかり増えるのも気持ち悪いし、ね。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月12日
「 精神科にかかる前に 」

精神科にかかる前に、
「たぶれっと」に来られてはいかがかな?と思います。
病名をつけない方が良いかたが沢山います。 
事故に過去あった方などは、役立つアドバイスが出来ます。
結婚されてない方にも、アドバイスがあります。
20歳になる前に結婚を意識した方が良いし、
選ぶ仕事が結婚を遠避けることも、とてもあるのが現実です。
奨学金で大学に行くべきか?
間違っている人が多いのが現実です。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月11日
「 推命学を学ぶ方法 」

推命学を学ぶ方法は、
例えば政治家の選挙も良い教材となる。
また相撲の力士の取り口にも、
陰陽五行がしっかりとあらわれている。
また、野球の選手。
特に投手の打者への闘い方は、解りやすい。
レスリング、フィギアスケートの選手の癖、
身体の柔らかさ、硬さも。
競艇選手、競馬のジョッキー、競輪選手、ゴルファーの癖など、
推命学は面白いほどに人の型、癖、運気を表している。
芸能人を生徒さんたちはよく教材にされるが、
芸能界は余り信用しない方が良い。
テレビに映る顔と、実際の顔が違いすぎるからだ。
昭和の戦後、活躍した相撲取り、野球の選手は、
個性的で勉強の題材にはもってこいだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月10日
「 陰陽五行をしっかりと学ぶ 」

陰陽五行をしっかりと学び、知ることが、
推命学の上達の基礎となる。
教本に載せていない事をやがては知ることが出来るはずだが、
実践を積み上げた私は秘術を伝えるのが
役割りだと考えているし、推命学の普及、向上の為には、
実践から得たものは公にするべきだという考えで学び、
鑑定を積み重ねてきた。
教室に通われるのであれば、曝け出して教えていきたいと、
それが人を救う道であり、推命学は個人の学問ではなく、
人類の学問であるべきと当初から目指してきた。
是非とも役にたてて欲しい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月9日
「 陽の火と陰の火 」

陽の火と陰の火を比較すると、大雑把で飽きっぽいが、
明るくて深刻にならない気質の陽の火。
発想やアイデアが奇抜で、解りにくい性格で個性的。
何が個性か解らないが集中力に長け、
やがて個性を自ら創り上げる陰の火。
確かに太陽に例えられる陽の火は、
広い大地が似つかわしく、暗闇に灯る陰の火は、
古びた寺や、墓場が似合う。
陽の火は、解りやすい。
バカさ加減も、厚かましさも、それが武器のようで、もろい。
麻生太郎、田原総一郎、竹中直人、氷川きよし、
秋吉久美子、黒木瞳、美空ひばり、大原麗子
、松本伊代、志村けん、ガッツ石松。
個性的かつ複雑であり、正体不明の陰の火は、
小沢一郎、役所広司、西田敏行、寺尾聰、矢沢永吉、
原田芳雄、松田聖子、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、
吉行和子、黒柳徹子、楠田枝里子、伊勢正三、
松方弘樹、水野真紀など。
キューブリック監督、ロバート・デ・ニーロ、今村昌平監督と、
不思議な人が多い。
女子ゴルファーの見た目からの人気で調べると、
陽の火がとても多い。
太陽だから、ゴルフが様になる。
見た目は明るい。この絵になる様が、男性ウケするのだろう。
ただし陽の火は、飽きっぽい性格故に、集中力に難ありで、
成績にバラつきがある。
炎天下には似合わないからか、
陰の火の女子ゴルファーは少ない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月8日
「 陽の土と陰の土 」

陽の土と陰の土。
似た様で、かなり違う。
陽の木、陰の木は、違いがハッキリと出る。
陽の水と陰の水は、水量の違いからおこる差が、
違いになっている様に感じる。
陽の土と陰の土は違いが激しいが、
水のように量の問題だけと考えると大間違いになる。
陽の土は岩山と考えた方が良い。
硬い岩だから、割れにくい。
これが陽の土の頑固さで、柔軟さに欠けると診る。
陰の土は陽の土に比べると、とても柔らかい。
性格、物腰、考え方、優しさ、判断力、公平な正義感、
庶民感覚、自分をよく見せたいのプライドは、
嫌味がない程度。
陽の土は、岩のように形を変えにくい故に頑固であり、
砕いて中を見せる様なことはしない。
出来ないと言うべきか。
陰の土は畑、平原とみる。
草木が育つ土の柔らかさが、性格になる。
畑を耕すは、草木を育てるために、先ずは努力、
苦労に耐えていく忍耐力だ。
陽の土を岩山と考えると、形は変えたがらない。
つまり己の弱い所は知られたくない。
プライドの高さとなる。
山のように壮大さを人に見せるので、
期待される人物と周りに思わせる。
加山雄三は陽の土。
浜田省吾は陰の土。
政治家に陽の土が多いのも、プライドが高いから。
陰の土は、
藤田まこと、渥美清、花紀京と、庶民派。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月7日
「 陽の水と陰の水 」

水の人の特徴は、陽の水の方が陰の水よりもわかりやすい。
水は様々な器に対して形を変える事ができる。
これが水の人の対人関係を表している。
つまり相手に合わせることが、無理なく出来る。
長嶋監督、高倉健などは陽の水。
マスコミからの取材、報道に対しての接し方が合わせる。
だから、マスコミにはウケがとても良いから、
悪い噂が仮にあったとしても、叩かれない。
つまり国民的ヒーローになりやすいのだ。
相撲の世界には大横綱、大鵬がいる、いたか。
大鵬の取り口は、どんな不利な体勢であっても、
有利な体制になるまで待つ。
待つことにより、体勢が有利になる様に、
身体が風船の様に柔らかく、
相手の力士の身体が浮き上がってしまう張りが身体にあった。
水そのものの身体と性格が、素晴らしい横綱を作ったとも言える。
気長に待つ。待つことで自分の体勢が有利になる。
河の流れのように、
流れの激しい所があっても必ず河幅が広くなれば、
ゆったりと流れる。
河の真ん中は流れが早くとも、
ふちに面した水はゆったりと流れて行く。
つまら相手に合わせながらも、
水は中央ではマイペースで流れている。
だから陽の水は時間をかけるも、真ん中は動いている。
決してゆっくりではなく、マイペースで。
水は地とたえず平衡を保っている。
グラスを傾けると、平衡感覚があることがわかる。
水は表面と底の温度が違う。
夏は気温、地温に対して冷たくなり、
冬は逆に地温に対して温かくなる。
外気と地温に合わせてバランスをとるし、
陰極まったり、陽極まったりする。
見事だ。他の五行から見ると、羨ましい特性を持っている。
冬の水は冷たく、勢いがある。
これが水の恐ろしさでもある。地震による津波。
これが水の持つ破壊力だ。津波は山も街も流してしまう。
あとには何も残らない。
地との関係は守りとなる事もあるが、地が起こす振動により、
恐ろしい水に変化する。
イチローは陰の水。世界の王貞治も陰の水。
相手、つまりピッチャーに合わせる打法だから、水の骨頂である。
長嶋も投手に合わせる打法。
巨人の江川と王選手の不仲が伝えられた。
江川は、陽の火。王選手は陰の水。
性格が最悪の関係。仲良くはならない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月6日
「 陽の木と陰の木 」

陽の木。
陽の木の人が怒るとどうなるか? 
それは木刀になるから、陽の金みたいになる。
つまり、小次郎に勝った武蔵を思い浮かべる事。
木刀と刀は、刀が勝つとは限らない。
陽の木と、陰の木の違い。
陰の木は、ツタの様に下がって上がる。
その習性は素晴らしい。
陰の木が人当たりが柔らかいのは、
ツタの様に下がるが、また上がる。
逆転が出来るから粘り強い。
相手の隙を良く知っているとでも言うか。
だから陰の木は息長く生きる人が、多い。
卓球の石川佳純。
逆転出来るから、粘り強い。
最初に2セット落としても、逆転勝ちする。
陽の金の福原愛とは、まるでタイプが異なる。
大阪の橋下氏。
今、またまた人気が出てきた。陰の木だからと。
また相撲の世界では、若花兄弟、その父、貴乃花、
その父、若乃花が、陰の木。
栃若時代の栃錦も陰の木。
陰の木は技巧派。
若乃花と栃錦が、タイプが似ているから、いつも水が入る。
がっぶりになると、どちらも相手のスキを待つ。
当然、水が入る。
栃錦は若乃花には正攻法で。
若乃花は横綱だが、立ち合い飛んだり、交わしたりと、
栃錦と違う横綱になることが相撲を面白くすると考えて、
やや悪役を買って出た。
若乃花は役者力士だった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月5日
「 推命学に気学を入れてはいけない 」

推命学を上達させたいと、皆さん考えている。
やるべきことは、まずは空亡を使う流派からは、抜け出すこと。
時柱も使わないこと。
神殺星は当たらないので、無視する。
羊刃は無視できないが。
蔵干表の選び方を間違えないこと。
命式表は、例えば横書きにしてみることから、
家族関係は鮮明に浮き出るので、縦書きから変えてみること。
当たらない贅肉を取ることで、
推命学が統計学とは違うことに気づく。
推命学は方程式が働いているので、
その関係性を理解することから、
法則の世界が支配していることに気付いていく。
統計学という考えから、法則学に変わると、
今まで見えなかった箇所が見えてくる。
立命が何故遅いか、早いかを知る事も侮れない。
月柱の12運が強いと、後天運にどう作用するかも知ることが大切。
つまり春、夏、秋、冬、土用生まれと陰陽五行の関係性が、
しっかりとした法則性で成り立っている事が理解出来る。
推命学に気学を全く入れてはいけないことに気付くべき。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月4日
「 ご注意 3 」

木が金の尅にあうと、神経痛に。
火も水も多いと眼病に。
丁の火が強い人は、お腹の腫物に注意。
土多い、火も多いと、たえず病多い。
土多いで水少ないは、腹を痛める。
土が木の尅にあうと、胃腸。
土多く木がないと耳や目の病に。
金と火が相克は、喘息、肺炎に。
金弱く、火が強いと高血圧に。
水多く、土多いは足に難あり。
土に水多いと、胃腸弱し。
水多く、木ないと下痢。
陰水多いと腎臓、寒邪気の病に。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月3日
「 ご注意 2 」

癸丑、壬午、丙子、丁亥の生日生まれの人は、
眼病、脳病に注意。
辛卯の生日生まれの人は、
火の歳運にあうと眼病患う。
丙子、丁亥の生日生まれの人は、
心臓系の病に注意。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月2日
「 ご注意 」

甲辰、甲戌、乙丑、乙未の生日の人は、腫物出来易し。
丙申、丁酉の生日生まれは、動脈硬化に注意。
戊子、己亥の生日生まれは、胃腸に注意。
庚寅、辛卯の生日生まれの人は、肺炎になり易し。
庚寅、リューマチ、骨粗しょう症、大腸癌注意。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和5年1月1日
「 明けましておめでとう御座います 」
明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い致します。
皆さまの御多幸を心よりお祈りいたします。

2023年 元旦 占い処たぶれっと カレー仙人高野

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

推命学では、2月の節分明けを新年とします。
陽の水の寅の年が、陰の水の卯の年へと変わります。
いきなり火が差すわけではありませんから、
本年も暖色系の赤や緑が開運色となるでしょう。
年の種類が60種あり、毎年変わっていくために人は成長し、
また様々な体験をすることが出来ます。
幸もあれば憂いもあり、故に備えが大切となります。
まさに土のように努力と粘り、木のように地に根を張り、
火を目指して天へと向かう。
雲の金より恵みの水を得て木は育ち、
切られて火となり人のために灯りを燈し、v 金は洗練されて水を生む。
互いが持ちつ持たれての自然界、社会界であります。
「人は1日の終わりを知るも、終わらぬうちに終わると決めてはならない。
再び成す、逢えることがあるために笑みを保ち、
逢えることがないならば、今を素晴らしき別れとしよう」。
たえず夢を、幸を見ながら生きることは、
決して贅沢でも甘えではありません。
そして今を生きるのてす。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月31日
「 推命学的には2月節分からが新年 」

来年は2月節分からが新年。
陰の水の卯の年です。
陰の金の方で大運の12運の弱い方は、
来年は食神の絶運になりますので、
身体を大切にされて下さい。
大運が印綬の弱い12運。
年運が正財で12運が弱い方は
身内の方に身体の不調が出ます。
早目に検査をしてください。
毎年毎年、同じ年運はありません。
良くなる人、相変わらずの人、気をつけるべきの人と、
様々なる事象があります。
政治家は国を守る役割を担っています。
運気の悪い人は過去、退陣したり、辞職、除名となります。
今の総理大臣もあの選挙の時点では、
運気が良かったのですが、
来年は雲行きは怪しくなります。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月30日
「 開運色 」

貴金属が似合う人は、必ず腕時計のベルトが皮ではない。
金の人は金属が好きだ。
車も大型車を好む。
色は金の色だから、白、金、銀、まれに黒色が基本となる色使いをする。
金の人はそんな色が似合う、確かに。
火の人は赤やら、青、緑色が似合うようになっている。
土の人は黄色やオレンジ色が、すこぶる似合う。
水の人は、木が命式にあると色が黒くなるので、暖色系が似合う。
木の人は夏生まれは黒、春生まれは赤系。
冬生まれは暖色か緑系。
流行色を言うファッション界からすれば、困るような開運色と言うものが存在する。
こちらが理にかなった風水。
車にも、カーテン、布団カバーにも適応するべきだ。
アン・ラッキーな色の車で起こす事故が、大事に至ることになる。
黒を良しと好む傾向がある。
黒が高く下取りするからなどと言って。
黒は腰から下を。
黒は霊界に近い色。
この黒が水の大過した人に与える影響は、好ましくない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月29日
「 どれも、これも言葉 」

とても馬鹿くさい日本になっているが、
これから日本は回復していくのか? 
日本の政治家は大丈夫か? 
日本の国防は大丈夫か? 
日本のマスコミもネットも信じられないが、大丈夫かい? 
サッカーやらフィギアやらにやる方も見る方も、
今はもっと大切なことがあるはずなのに、大丈夫かい? 
女性の議員さんは大丈夫かい? 
無責任な発言やら足の引っ張り合いで世の中を掻き乱す人や、
それに対してさらに罵倒する人、
もうバラバラで日本国民は貶しあってばかり。
誰でもが「かわいい!」と言われ、言いたい、言われたいのか、
どこがそんなにかわいいのか?
誰でもがかわいいと言われるみたいだが、本当にかわいいのか? 
かわいいと言わないといけないのか?
気色が悪くなるくらい、誰にでもかわいい、
と表現する軽?い社会。
一方で「こら! きさま! 殺すぞー!」と疑いたくなる、
これも言葉。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月28日
「 スポーツをやり過ぎると顔の相はかわる 」

女子のフィギアスケートの選手にしろ、
アイドルにしろ、顔の好き嫌いはさておいて、
性格の強さやら、意地の悪さは顔の相として、
どんなに笑顔を作っても隠せないものである。
仕事柄、人の相が判るようになるには、
10000人を鑑定することだ。
まあ、スポーツをやり過ぎると、
顔の相はかわるものである。
ギャンブルをやり過ぎると目つきが、険しくなるが、
女性がスポーツをやり過ぎると、
女性らしさは消えていく。
行き着く相は目幅が狭くなり、肉食系の、
エジプトのスフィンクスに似てくる。
目幅が広くなるのも喜べないが、
狭くなるのは凶相だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月27日
「 ご希望の方はご連絡下さい 」

推命学のカレー仙人塾の生徒さんの
定員の枠が現在、4人空きがあります。
随時面接いたしますので、
ご希望の方はご連絡下さい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月26日
「 占いなんか! 」

男女間の相性の一般的な見方で、
男女の相性を診ても当たらない、
別れてしまうし、離婚することもある。
また互いに不満を抱いたり浮気があったりする。
これを人間の未熟さだけで判定してはいけない。
男女が結びつくには、
あるカラクリが働いて出会い、別れ、連れ添う。
それを何処どう診るか? 
推命学は、運命を分析出来たらプロとなる。
分析出来ないと、
そこを霊感と言う言い訳にしたり、
易学やタロット的にみたりして、
占いを学問的に捉えない故に、
占いなんか!と言う
評価しか結局、得られないのだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月25日
「 推命学を勉強されている方へ 」

推命学を勉強されている方へ、
大きく飛躍する為の問題を出したいと思います。
何故、人により立命の歳が違うのか? 
誕生から立命する迄の年運を出し、
12運を絡めて成長の変化を診て
立命の概念を修得して下さい。
五行をしっかりと調べる事が大切です。
それを習得すると、
女性が生理が始まる歳が解るはずなので、
そこも習得しましょう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月24日
「 陰陽の金が日干の人 」

陰陽の金が日干の人は、
今年、来年とケガや病気になりやすいので、お知らせします。
陽金が食神の絶が今年。
陰の金が来年が食神の絶となるためだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月23日
「 高齢者が好む食事 」

高齢化が続く時代。
高齢者が好む食事とは?味とは?量加減は? 
すでにこうした問題に取り組んでいるのを
目の当たりにするのが、デパートの食料品売り場。
小倉なら井筒屋の地階だ。
いずれ更なる進化が見られると、期待する。
身体に優しく、美味しく、量加減が余すことなく。
この基本をクリアした物が、間違いなく売れる。
街中の飲食店で、これをやると大成功か、
失敗するかになるだろうが。
毎日が御節料理でも大丈夫、と言う人、
言いそうな人が沢山いる。
素食な御節料理だが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月22日
「 目は口ほどに物を言う 」

目は口ほどに物を言う。
この言葉は、とても奥が深い。
若い頃は男女における、好き?嫌い?の
サインとして用いることが多い。
やがて目が、輝いているか?元気がないようだ。
性格が明るいか?または暗いか?などと、
見方が変わってくる。
いや、見え方が違ってくるから、
世の中の景色はいつも同じではなくなる。
人生の味わい方は変わる物だし、
変わるべきなのだろう。
貴方も、その視線が見つめる物を変えていく。
視線が貴方を変える。
貴方が視線を変える。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月21日
「 冬は鍋が美味しい 」

冬は鍋が美味しい。これは正しい言い回し。
冬は鍋が美味しい季節。
これは、正しい言い回しではない。
鍋に入れる物がなくなった場合は、
秋は鍋が美味しい季節、と変わってしまう。
言葉が余韻を持たせるのを良しとする国語が、
本来の表現を正しく伝えることが出来なくなる、良い例だ。
古い言い回しには、だから今では嘘になる表現が多い。
東男に京女。色男、金と力は無きにけり。
醜女の深情け。
時代が価値観を変えるからこそ、価値観は言葉を欺く。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年12月20日
「 利権を絡ませた国策 」

ソビエトのあぶなっかしさが、流れ出て来ている。
当然、ロシアも。
やはりあの地には、あんな国しか育たない。
土壌がひどすきるのだ。
貧乏くじを引いた国なんだ。
キューバはヤバかった。
アメリカもトルコにソビエトに向けての
核を準備していたのだから、嫌な話で終わったものの、
やはり恐いアメリカは。
ロシアとウクライナの戦いは、続いて体力の落ちた頃に、
利権を絡ませた国策で各国が動き出す。
これが、得策と国際連合は見計らっている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月19日
「 だめだ! 」

岸田内閣は来年の2月まで持つか?あやしい。
どれだけの議員が教団から金をもらっているか?
その数は相当にのぼる。
さらにそこから、県会議員、市会議員へと
金は流れているだろうに。
次?河野が有力候補。他にいない?。
宗教と政治で世界は動くが、日本も例外ではない。
表に出ない汚職が、北九州でもあったが、
揉み消されている。
マスコミの無力さ、だめだ!
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月18日
「 まだは、もう。もうは、まだ 」

人は、そこまで深刻に考えないでいい事を考えたり、
もっと考えるべき事を、考えなかったりしている。
僕もその傾向はあるから、自分にも言いたいし、
貴方にも話しておきたい。
まだは、もう。
もうは、まだ。
間違いだらけの自己判断、と言うものは人間誰もが、
なんか、どこかに神経症、神経質症、鬱傾向を
持ち合わせている為に、仕方なくありある。
それは否定せずに、まあいいか!でいきましょう。
精神病とは、今は使わない時代。
昔は使っていたから、イメージが悪すぎだ。
PTSDは、神経症と鬱を併発することがある。
心の風邪。
戦争神経症と読んだのは、昭和の30年あたりまで。
ベトナム戦争から、正式にPTSDはまずアメリカで承認された。
日本は20年、遅れをとった。
誰もがなる可能性はある。
だからアメリカは、ドラッグが許された経緯がある。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月17日
「 酉の日 」

今年の11月は3回あった。
何が3回?酉の日がだ。
1月もある。
酉の日が3回ある冬の月に当たる今年は、寒いわけだ。
寒いから火事が多くなる。
昔から言われていたが、酉の日3回、冬の月。
賢くなるぞ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月16日
「 時柱の疑問 」

例えば、日干が陰の土。
表現力を表す食神、傷官がなく、偏官が強く、
財星が無い場合、さらに華葢があったりすると、
ある人の場合は若くして失語症になった。
発達障害やアスペルガーなど、
年、月,日だけで調べた方がデータとして、
はっきりと解りやすい。
時間を入れない方が,間違いなく当たる。
本場中国は時間をいれない。
時間には干がないからだ。
日本では時間を入れたらもっと当たるのでは?と、
時柱を作り出したが、
逆に推命学の足枷。
大運で子供との関係性、自分の老後は読める。
空亡、天冲殺は、占いの逃げ、言い訳の一手でしかない。
進歩はない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月15日
「 アナログの世界の疑問 」

モノにより変わるが。
さて、ウドン、蕎麦,ラーメン、パスタとして、
この中で時間が経って、1番伸びるのはなんだ? 
麺が。
こんな疑問を持つ自分も、暇なんだろうが、
今の時代だから、あえて読者に考えていただきたい。
これはアナログの世界の疑問。
今時は、
弁当箱の中にウドンを入れていく人がいる、らしい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月14日
「 麻雀のゲーム 」

ゲーム。
麻雀のゲームがある。
これをやってみると解る。
デジタルを相手にすると、
人間を相手にするのとまるでツキとか、
上手い下手の個性と言っていいと思うが、これがない。
つまり、気が感じられないのだ。
面白くない。
麻雀を人間相手にしたことのない人には、
まるで分からないだろうが、手に汗が滲み出て、
気合いが入ると言う、緊張感は無し。
人の癖、性格、これが試合を盛り上げるのだが、
言ってみると釣り堀の魚釣り、ダッチワイフ、
今の映画、アニメ、スマホのカメラ、カツラ(ズラ)、
膨らませた胸、デジカメ、CD、などなど。
人間らしさ、動物的気質、野生、本能。
これら無し。これは嫌だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月13日
「 とんでもなく、ろくでもない 」

こんな便利?なネット。
が、しかしコマーシャルやら有料広告記事に押されて、
真意なる記事は埋もれてしまい、
知らないで構わないと思われる物が溢れて、
さて事実や真相やらは,
果たしてどこに行ってしまったのか?と、
現実感の感じられない生活の毎日が繰り返されている。
とんでもなく、ろくでもない時代なんだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月12日
「 推命学を世の中に活かす 」

推命学を世の中に活かすには?
このテーマは永遠だ。
精神学の一つの分野として認められてこそ、
人々に還元できると、僕は信じてやってきた。
が、現実はその壁は厚く、なかなか学問、
精神学としては、まだまだ道のりは長いようだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月11日
「 生活が大変な人 」

今の世の中、生活が大変な人が、
目立たないところで沢山いる。
僕の知らないところに、もっといると思う。
政府の政策が、もっと目の行き届かないところに
行き届くようになるには、どうしたらいいか?
ネットにそんな声が何故上がらないのか? 
誹謗やらは聞きたくない。
言いたいことを言えない、言わない人が,
実はとんでもなく多いことを知らない、知らされていない。
物言える人は、言うことにより、
言えない人の言葉を代弁はしていない。
むしろ阻害しているのかもしれない。
まるでおとなしい人は、
幾つになってもおとなしいから、
世の中はやはり良くならない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月10日
「 強いか弱いか 」

占いもいいが、
運が良いとか悪いとかばかりに決めつけるのは、
考え物である。
都会には運の良し悪しを理由に出来ることが、
確かにあるようだ。
が、自然の厳しい過疎地や、
野生でしか生きていけない地に、運の良い悪いが、
果たしてどこまで通用するのかは、疑問である。
強い物が生き残り、弱い物が去っていく。
これが、運以上に決められた道理ではないのだろうか。
強いか弱いか、これもまた真理だと思う。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月9日
「 定年退職後に、占い? 」

定年退職して、さらに働かねばなるまい時代。
例えば、飲食店をやる。
体力の限界があるから、
それを考えるとヤレるモノが限られてくる。
料理が好きで、得意であっても、限られてくる。
定年退職後に、占い? これは10年かかる。
懸命にやって、才能があっても。
占いは遅くとも、30代からやるに越したことはない。
推命学はね。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月8日
「 まだ恐々とコロナ 」

コロナに逞しく挑む病院まあれば、神経質症になっている病院がある。今に来ても、まだ恐々と患者を院内に入れない、極端な病院もある。看護師さんらの苦労は解る。休み返上で良くがんばられていることには敬服する。コロナで人間関係が稀薄になり、淋しい思いをされた方も多かろう。医師、看護師、適性があるはずだ。医師、看護師に関わらず、介護、他すべての仕事には適性がある。これを言うべきではないとはおもうが、悩む人の数を知ると、言わずにいられないが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月7日
「 敗戦国ニッポン 」

団塊の世代の子供達が、40歳前後になる。
そして少子化。
とても日本が戦争に巻き込まれたとしても、
単独で戦う戦力も動員出来る人が足らない。
この状況からは簡単に脱却出来ないのは、
皆わかっているはずだ。
戦争をしないから、
戦争が出来ない国になってしまったのだ。
高度経済成長に酔いしれていたツケが、
チャラになるのはいつのことやら。
敗戦国ニッポンが良いと感じている間に、
世界が変わっていった。
大きく変わっていった。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月6日
「 アナログでシンプル 」

アップル一本が5円。牛
乳一本が,8円。
コッペパン一個5円。
アイスキャンディー一本5円。
トコロテン一杯5円。
かき氷一杯5円、これに練乳かけるとー杯が10円。
西鉄電車で金田から魚町まで片道5円。
クリスマスケーキを松月堂なら、一個100円。
ただし,バタークリーム使用。
素うどんが一杯30円。
昭和の20年代の暮らしは、アナログでシンプルだった。
結婚もシンプル。
恋や愛もシンプル。
屋台の支那そば一杯30円。
カレーライス一杯が50円。
マッチ一本50円?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月5日
「 玉の輿にのる女性 」

玉の輿にのる女性は、占いでなくても解るでしょう。
色白は七難隠す。
色白は得。
髪の長く綺麗な女性は仙女。
やはり、髪は女の命。
目は口ほどに物を言う。
目が綺麗な人は、心が澄んでいると、
むかしの人は言っていたな。
大きな女は知恵が回らない。
これも昔の格言的な言い伝え。
大きなとは、168センチ位を背丈で大きなと言うらしい。
体重は70キロ以上らしい。
学歴は慶応以下の西南大学以上と。
なぜか国立よりも私立。
やはり良い家運が今も生きているようで。
字が綺麗な人は才女。
歯の綺麗な人。
母の歯の本数が遺伝するためか。
薬指が人差し指より長いと、夫を小馬鹿にするらしい。
脚の裏側が赤ちゃんの肌みたいに柔らかい人は健康。
丈夫な女性が一番!
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月4日
「 姓名判断 」

占いが注目されている。
ブームか?いや違う。
占いがどんなものであるかを、知らない人が9割。
推命学?これが現実。
気学や六星占術、天冲殺占い、タロット、
なんとなく手相、人相。
姓名判断なんて、15年前に壊滅した占い。
漫画やアニメの世界から名前を付ける今の時代は、
姓名判断占いではオマンマの食い上げでしょう。
姓名判断が絶対的てないから仕方ないとも言えるが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月3日
「 インチキ各種 2 」

言ってみれば、清純派で売り込む芸能人。
これが,全く清純でないという話は、呆れるほど多い。
これも凄いインチキ。
目が見えないが、実は見えていた。
これも多い話し。
天麩羅がばれる、これはうまい言い回しだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月2日
「 インチキ各種 」

アナログ時代の博打で、 実際に使われることがあったグラサイ。 これはサイコロの中に磁石が練り込まれていたりする。 出したいサイコロの目が出せると言う、 カラクリのあるサイコロ。 麻雀でも使われたし,サイコロの博打、 チンチロリンなどで使われた。 カラクリ人形のごとき、 カラクリを仕込む職人が昔はいたのだ。 磁石はパチンコにも不正だか、使う人がいた。 中にはメガネに磁石を貼り付けて、 メガネの位置をパチンコのトップ、 頭に位置して玉が入りやすいようにする。 見つかれば袋叩きに間違いなく合う。 野球盤というゲーム。 盤の裏側に磁石があり、これを操作してカーブ、 シュートを投げる事が出来る。 簡単な仕込みだ。 アナログ時代には、不思議な物が沢山あったな! カツラも人の目を欺く。 これもイカサマ?   背丈の低い人の身長が10センチ高くなる、 魔法の靴もあったな。 ハイヒールも実はインチキから始まった。 インチキをインケチする、などの言葉も流行ったし。 カンニングもインチキ。 ヒップを上げるも、インチキ。 バストもインチキ。 整形外科も、これインチキ。 女装。クノイチのインチキ。 改造車もインチキ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年12月1日
「 まずは好きな仕事をする 」

日本の少子化がこのまま進むと、
日本が滅んでしまう危機感を持つべきだ。
尖閣諸島を日本が守れるのか、これも解決しなければ。
大学4年間と高校3年間。
卒業して、社会に出る。
会社にへばり付いて、ようやく結婚。
高卒で働いて、生活力を早く築き上げる。
好きな仕事が出来る。
好きな仕事なら自分で学んでいける。
これがいい。
まずは好きな仕事をする。
これに尽きる、人生は。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月30日
「 統一協会と政治家 」

統一協会と政治家の絡み。確かに政治家は、選挙前にはあたらこちらの宗教団体や、〇〇共同体、これにはヤクザ組織も入るが、組織票集めにあちらこちらへと走り回る。神社、寺、宗教との絡みは政治家にはつきもの。今の自民も公明党との連立政権。生長の家、立正佼成会、天理教、エホバの商人、などなど。政治家の得る利権に、寄って集る。その陳情の恩返しとして、物が動いていく。昔からあったことだが、表に出たからには、法のもとに裁かねばならない。国会議員から県会議員、市会議員へと金は流れていく。今更、またか、で終わったとしても。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月29日
「 全く真意がない 」

韓国が日本をGDPを抜いたという話は、全く真意がない。こんな記事を拡散させているのは、落とし穴があるし、これで騙されて被害を受けるひとがいる。報道も金で動く時代。ヘイトはやめるべきだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月28日
「 ドイツの敗戦 日本の敗戦 」

アメリカはドイツには、なにがどうあれ一目を置いていた。東西分裂はドイツにはとんだ和解策だったであろうが、ナチスを戦後容認するためにパレスチナ問題を絵に描きながら,イスラエルとドイツを和解させた。ソビエトに対抗するために。
日本の敗戦のトラウマは長崎、広島の原爆。これだけやられると日本は、アメリカをしばらくは信じられない野蛮な国の見識が、消えなかったはずだ。朝鮮戦争をすぐに始めるなど、アメリカの世界制覇はとまることはなかった。戦後の日本人は、原爆のトラウマから、アメリカの好む国作りをしていく。働く事に美徳感を持つ日本人は、可哀想だったのだ、と今にして思う。平和を心から望んだ優しい国民気質だ。中国に日本が進出したのは、日本の国としては間違ってなかったと、いま解る。国策とか愛国心からだ。人種、宗教、この違いは、戦争を正当化するためには、必要不可のようだ。YouTubeで人気を得て、沢山稼いだら、日本を良くするために世界の資本家になって欲しい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月27日
「 力のある日本人に期待 」

日本が強い国なるには、別に核を持つ必要はない。
軍事力も必要でないかもしれない。
大切なのはずば抜けた他国との
経済的な強烈なるバランス関係を築き上げることだ。
フランスの原子炉からドイツは電力を買っている。
今の日本になにがある? 
これが国民に見えないから、
あったとしても見えないから、政治が弱く感じる。
短絡的に、軍隊を持つ? 
持ったところで戦争離れした国民をどう鍛えるのか? 
世界を股にかける大金持ちに日本人が何人いるのやら? 
力のある日本人に期待したい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月26日
「 北九州、ガラの悪い街 」

北九州はその昔は、確かにガラの悪い街ではあった。
街中で昼間から刀を振り回して戦っている
ヤクザ者をみたことはある。
映画館が立ち並ぶ通り、大映があった時代。
映画館の前で刀をふりまわしていた。
2人とも、ビクビクしながら震えて、
殺す気があるのか、ないのか。
途中、どちらかが逃げ出して、喧嘩はおさまった。
小倉の清水観音で昔、
高校生けの刀による決闘がおこなわれそうになった。
構えは一流だったが、これもお預けになった。
知る人ぞ知る、男の話である。
網走番外地を見ているようだったと。
深夜喫茶でのヤクザのゴタゴタは、しょっ中あっていた。
ある深夜喫茶では、殺人事件が2回はおこっている。
小倉の喫茶店で、経営者、オーナーが顔役であると、
警察にもヤクザにも顔がきいて、
ヤクザは一切出入りしない。
そんな店もあった。
聞くと、そのマスターは、陸軍中野の憲兵であったと。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月25日
「 北九州の熱気 」

実は、この私もまだ10代後半のころは
ギトギトした熱気をはらんでいた。
不安さはあったが、
ギャンブルで食っていくことが道としてあった。
高専に行く意味はまるで実感としてはなく、
アウトローな生き方こそ,男が求めるべきと信じていた。
やがて、ギャンブルでは食えない時代が来たことを知り、
さあ、どうするか? とりあえず料理の世界を目指す。
が、自分の中の熱気、
社会の熱気にいてもたってもいられなくなり、
おいらの街を作ることになった。
失うものがなくなると、開き直っていきていける。
北九州の熱気が全て、おいらの街のバックボーンにある。
それは敗戦の日本が、足掻いていた熱気かもしれない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月24日
「 北九州の活力 」

北九州の活力。
これが昭和50年,60年代まで継続した。
何かに熱中する市民気質があったからこそ、
おいらの街が3万部をうりあげていたた、言える。
北九州に根差していた熱気が、
おいらの街を支え,作っていった。
作る側の熱気が読者につたわっていた。
作る側の熱気がない本も映画もアニメも漫画も料理も
ギヤンブルも政治も、人は着いてこない。
熱気の失せた日本は、幸せか不幸か?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月23日
「 生きるために 」

惚れた女がいなくなっちゃう奴もいれば、
惚れた女を売っちゃう奴もいる。
世の中、さまざまだ。
戦後,生きるために
北九州、福岡に売られて来た女性が沢山いた。
長崎、佐世保、島原から、さらに壱岐対馬からも。
当時、北九州にあったキャバレーで働いていた女性たちは、
確かに地方から稼ぐために来ていた人達がおおかった。
自分の同級生の女の子は、中学卒業後は、
大阪へ行ってしまった。
母と2人の決断だ。
金沢に行ってしまった同級生もいた。
彼女は父と子。
父親はジャズプレイヤーだった。
こういった旅芸人の世界が、身近にあった昭和。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月22日
「 ツキを呼ぶ 」

ツキを無視して生きる人もいれば、
ツキに頼る人もいる。
人生はさまざま。
人が人を嫌うと、その不協和音が空気を乱す。
そんな職場や学校にいる事自体が、
ツキを逃す要因になる。
青、緑、赤、紫、黄色、茶色、白、金、銀,黒。
ツキを呼ぶ色は人により変わる。
毎日毎日ではあるが、同じ日はない。
自分を知ることが、ツキを呼ぶことになっている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月21日
「 どんな状況で生まれた? 」

貴方が丑年生まれとして、
貴方の母が日干日支、甲の子としたら、
貴方がどういった母の心情、
体調の時にはらんだかが解る。
ここまで解ると、貴方が母の気を継承し、
父の気を授かったかが解るだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月20日
「 輪廻で、宇宙 」

学問、医学、哲学、宗教、占術、化学、科学、
精神学、ヨーガ、瞑想、マクロビオテック、
などの様々なる世界。
若さこそが発達していき、やがて継承があり、
新たなる若さが生まれる。
これが輪廻で、宇宙なのか。
宇宙と共に生きるしかない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月19日
「 山にこもりたい 」

スマホを使いこなさない大人が、やはり多い。
まあ、60歳以上の方は、ラインなんてやる気がない。
ゲームもやらない。
ネットも大して使わない。
なのにスマホしかない時代になり、
何という不平等な時代か。
いい時代でない。
平成以降は、とても歪な時代だ。
この現状を打破できるか? 
こんな時代だから宗教になるのだろう。
山にこもって
自給自足の生活をしたくなる人達の気持ち、
よく解るな。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月18日
「 結婚はできるか?」

結婚してもおかしくない女性が沢山いて、
それが結婚されていない。
人それぞれの人生だし、結婚がすべてではない。
だが、結婚はできるか?
いつ頃か?と、
占いに来られる女性が跡をたたない。
結婚、準結婚、ライクア結婚の3段階くらいあったら、
都合が良くなる方達が沢山いるのでは?
と考えたりする。
ガッチリしすぎるのは、
よろしくないような時代が明らかに来ているのに。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月17日
「 十二運の胎11」

十二運の胎

丁亥。
女性。
お人好し。
人の言葉に左右される。
飾りっ気なし。
男性的。
善良ではあるが、まわりには無頓着。
マイペースすぎる。
結婚運は、好む男性がよろしくない。
故に苦労するが、男以上の強い運勢を持つ。
やり出したら、先が見えないと弱く、
故に先走り過ぎる。
人に迷惑かけるが、ケロッとしている。
女性的な甘さや、色気に欠ける。
見た感じ、良い悪いが,はっきりと出る。
父縁薄い。
男性には感情が支配して、歯止めきかず。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月16日
「 十二運の胎10」

十二運の胎

丁亥。
男性。
温順、品行方正。円満な性格。
嘘が嫌い。
約束を大事にする。
中途半端が嫌いで、とことんやりつめる。
楽天的そうで、神経質。
くどいし、しつこい。
筋が通ることを好み、そんな事にはお金も払う。
神経質の几帳面。
男の子が,かけやすい。
ややシスター的。
海外、遠い街、国に行き来する。
研究好きの、マニアックなことを好む。
長男。
父とは縁薄い。
南の国の音楽やブルースを好む。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月15日
「 十二運の胎9」

十二運の胎

壬午。
女性。
明るい性格。
やや理屈っぽいが、サッパリしている。
大胆な振る舞いをするので、
太っ腹のように見えるが、小心で気弱。
初婚は破れやすい。
ひどく気弱そうだが、行動力を出す。
恥ずかしがり屋だが、慣れると大胆。
自分に自信がないようで、積極性がある。
恥をかきたく無いので、
まず恥ずかしがることが1番の逃げ道ということを
知っている。
異性に深追いをしない。
意外と諦めが良く、あっさりしているのは、意外。
男性の押しに弱い。
料理は上手くない。
部屋の模様替えが好き。
小さい頃は1人で遊ぶ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月14日
「 十二運の胎8」

十二運の胎

壬午。
男性。
胎の男性は母乳不足で女性的。
無愛想で言葉数少ない。
が,付き合いをすると,ユーモアあり、
気楽で冗談も言う。
根は優しく素直で親切。
無茶な行動をとるので、常識外れと思われやすい。
節約家の甘えん坊。
取り越し苦労は、やや神経質のため。
依頼心強く、決断力に欠ける。
気が小さい。
要領悪いようで、立ち回りは上手い。
顔や頭に疾患生じ易い。
変わった仕事に興味持つ。
長男か末子。
じぶんの代で財を築く。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月13日
「 十二運の胎7」

十二運の胎

丙子。

女性。
愛想がとても良い。
円満な性格。
必ずと言っていいほどガメツイ。
物事に締めくくりが悪い人が多い。
疳高い声を出す。
周りには無頓着な人が多い。
カタギの夫は持て難い。
初婚は敗れやすい。
最初は、恥ずかしがり屋で,いい年になっても、
女学生みたい。
但し、最初だけ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月12日
「 十二運の胎6」

十二運の胎

丙子。

男性。
真面目でしっかりして、依頼心がない。
考え方、行動は地味。
言葉数もすくなく、ぶっきらぼう。
外観を飾り、見栄を張るのが特徴。
押しの強さ、覇気にもとぼしいが、
自分の主張は曲げない。
気は小さいが、威張る。企
画力にすぐれているが、企業には向いていない。
コツコツと独力で出来るか仕事に向いてる。
癇癪持ち。
年をとっても老けない。
童顔の丸顔。
美人の妻を持つ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月11日
「 十二運の胎5」

十二運の胎

胎の職業。
新規開発の、人がやらない仕事など、
やらない分野の暗示あり。
自由業、上品な仕事。
変化があり,外を飛び回るような仕事。
多角的才能はあるが、飽きやすい。
根気をだすと成功する人が多い。
特に、正財の胎は,相当の財が得られる。
移り気で、新しいモノ好き。
根気が要となる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月10日
「 十二運の胎4」

十二運の胎

女性性格。
胎の女性は,男性胎とは性格が真反対。
表面は温順そうで,真底は強情でキツいところがある。
楽観的で、世の中を甘く見る傾向があり、
物事や金銭には無頓着。
勤勉さ、きちさに欠け、
少しズボラで、労する仕事は嫌う。
無頓着であるが、愚痴は多い。
幼児期は1人で遊ぶ。
人見知りで、友達は少ない。
一見取っ付きにくいようで、
付き合ってみると、気さくなところがある。
夫を小バカにするようなところがある。
諦めが良すぎるし、深追いはしない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月9日
「 十二運の胎3」

十二運の胎

男性性格。
女性的で温厚。
暴力を嫌い上品ぶる。
勤勉性に欠け、怠け者が多い。
几帳面な、例えば事務などは好きではない。

丁亥、己亥は几帳面。
言葉数は少ないが、冗談が多い。
人の依頼は簡単に引き受けて、実行が伴わない。
一見、堅実そうで、内心は信念に乏しく、
度量に欠ける。
人の言葉に左右される。
話術は巧みで、誰とでも気軽に交際するが、
秘密を保ちにくい。
人を軽んじる傾向がある。
新しいモノ好き。
多趣味、多角的才能はあるが、中途半端に終わる。
理想に走りやすく、現実性に乏しい。
気が小さいが、人の言う事はきかない。
30才までに仕事を転々とする。
信仰心薄い。
迷い多く、忍耐力に欠ける。
男女ともに胎が命式に2つ以上あると、
いつも気分が不愉快。
また男女ともに、部屋の模様替えが好き。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月8日
「 十二運の胎2」

十二運の胎

女性
束縛を嫌う。
姑とは仲良くしない。
愚痴が多い。
夫にも仕えにくい。
家庭的な人は少ない。
勤め人としては役立つが、
大雑把で、締めくくりのないのが欠点。
夫婦縁はだんせいより変わりやすい。
夫で苦労する人が多い。
結婚は晩婚が良い。
見た目より、男っぽい性格。
第一印象は女の子らしい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月7日
「 十二運の胎1」

十二運の胎

男性
長男相。
長男か末っ子が多い。
親の仕事を嫌い、
自分の好きな仕事をすることになりやすい。
親の膝元では成長しにくい。
親の言う事を聞きそうだが、
結婚すると親の同居を嫌う。
父との縁は薄い。

丙子、丁亥は特に薄い。
父と同居すると父は病弱となる。
日柱胎は、幼児期虚弱体質で、中年より丈夫となる。
結婚相手は個性的な風貌の女性を選ぶ。
妻には甘い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月6日
「 十二運の養 6 」

十二運の養

辛丑

男性
外見は腰が低いが、内心は気位が高い。
外見は陰気に見えるが、内心は陽気。
協調型で人に逆らわない。
義理人情、忍耐力あり。
好き嫌いは激しい。
癇癪持ち。
風邪ひきやすく、気管系統弱い。
幼い頃、両親のもとでは、苦労して育つ。
共同事業を好む。
養子相でないと破婚相になる。
何かにつけて人を誘いたがる。

女性
どことなく冷たい感じがするし、社交的ではない。
意地の悪い人が多い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月5日
「 十二運の養 5 」

十二運の養

甲戌
男性。
楽天的で控えめな性格に似合わなく気位が高い。
誠実、善良、思いやりあるが、向こ意気強い。
権力にも恐れない。
賢く、食傷が多いと,変人タイプ。
春生まれは酒、タバコ好き。
色恋旺盛。

女性
勝ち気で芯も強い。
全てにおいて、好き嫌いが激しい。
社交家はまれ。
友人も少ない。
封建的で、進取性に乏しい。
再婚相。
夫に頼る事が出来ない。
子供がいると夫婦縁よし。
いないと夫婦仲は仲良く出来ない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月4日
「 十二運の養 4 」

十二運の養

乙未 男性
節約家。
外柔方が多く、交際家。
義理人情に厚く、誠実な人柄。
命式に印綬あると温順で交際家。
印綬ない時は、反発力強く、性格も与太になる。
命式に傷官あると、左向けと言うと右を向く。
強情で欲深い。
几帳面で依頼心も強くなる。
仕事は粘り強く、人の扱いが上手い。
先見の明がある。
腫れ物が出来やすく、顔や頭に傷を作りやすし。
女道楽で精力も強い。

女性
のんびり型で,行動も気まま。
優しいが、口数は少ない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月3日
「 十二運の養 3 」

十二運の養

庚辰 男性
善良,勤勉、粘り強く、人情あり。
義理堅く、道徳心強い。
一癖あり,言行に角ある。
節約家で欲深い。
大食家。
目に一癖ある。
眼がキツい人多い。
養子相で,養子でないと破婚相になる。
責任感強く、身体を張る気概持つ。

女性は,
のんびり屋の落ち着きある人。
色気あり。
世間的を気にする。
目が綺麗。
夫運、子運弱い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月2日
「 十二運の養 2 」

十二運の養
十二運養の男性性格。
円満で無軌道な事はしない。
沈着より、モノグサ。
内面は取り越し苦労多い。
悲観的。外面よし。
家人には怒りっぽい。
好色で失敗しやすい。
不器用で斬新な発想なし。
独立心は強し。
締まりのない顔。
運動神経鈍し。

女性は、のんびり屋の落ち着きあり。
気の強い割に、取り越し苦労。
積極性、執着心欠ける。
ヒステリー持ち。
芸能界を好む。
色気あるが、だらしない。
手先は不器用。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年11月1日
「 十二運の養 」

十二運の養。
男性。
長男か二男が多い。
カカア天下がよい。
親との同居まれ。
日柱養は出生後、母の運気が強まる。
父の運気下がる。
父とは性格合わず、口もきかなくなる。
養は、お爺ちゃん、お婆ちゃんっ子。

女性。
長女や次女。
養女相なく、養女に行っても永くは続かない。
中流の家庭夫人。
再婚、未亡人になりやすい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月31日
「 十二運の冠帯 」

十二運の冠帯。
壬戌。男性。
腰低い。
人当たりは良いが、我を善悪問わずに通す。
世論を重んじ、妥協性もあるが、剛情な善良人。
おだてに弱く、担がれた方に傾く。
努力家の才能あり。
口八丁手八丁。
束縛を嫌い、泣き事いわず。
楽天家で物事の一貫性なし。
男女共に長子でない。
長子は父母不全。

女性。
体裁を重んじる。
流行に敏感。
好き嫌いで物事を判断する。
お人好しの気取り屋。
気は強いが、決断力に欠ける。
再婚相。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月30日
「 十二運の帝旺 2 」

十二運の帝旺。
男性。性格。
独立独行型。自尊心強い。 
頭を抑えられるのを嫌う。
人の下に甘んじることが出来ない。
正直。邪心なく、義理堅い。
人に迷惑をかけることを嫌う。
ワンマンで自分の一存で活躍。我は強い。
どんなに困っていても、弱音を吐かない。
負けず嫌いで情に脆い。人情家。
覇気があるが、冠帯のように猛進的ではない。
大雑把で、人を上手に使う。

女性。
男と同じ。派手なことを好み、おだてに乗る。
陽日帝旺は、帝旺らしく、
陰日帝旺は帝旺らしきない人がいる。
男女共に。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月29日
「 十二運の帝旺 」

十二運の帝旺。
男性。
長男は少ない。
長男でも生家を継がない。
親の財産に執着しない。
親の膝下では成功しない。
母親とは縁が薄い。
兄弟とも縁は薄い。
妻の実家と縁が強くなる。
晩年は家庭的には孤独。
男児とは別居がよい。

女性。
男性と同じ。
仕事上の活躍で、夫を凌いで一家の中心となる。
夫とは生死別になりやすい。
再婚しない。
養子を迎えると夫婦間はうまくいく。
別居もよし。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月28日
「 十二運の沐浴 」

十二運の沐浴。
印綬に沐浴は長男はない。
母が再婚、又は愛人の子ならばありうる。
結婚して最初に流産したり、
最初に女の子が生まれると、夫婦間はうまくいく。
父母不全は妻、夫婦間うまくいく。
沐浴は男女ともに異性運強い。
命式が良いと人格者になる。
基本的に沐浴は芸人向き。
頭は良いが、勉強は嫌い。
好きな事には熱中する。
男性は亭主関白。
簡単な仕事はまるで向かず。
女性は美人が多い。
芸能界に石を投げたら沐浴に当たるほど、
芸人に沐浴が多い。
お洒落である。
食に舌が肥えている。
投資ごとを好む。
格闘技好きで、自らも格闘技をする。
何事も実践で習得する。
試験には弱いので私立の大学、専門学校が良い。
が、中には優れ者がいて、
一流の国立大学に入ることあり。
女性もやり手で、社会で活躍する。
忙しいのを好む。
先々を読んで動き、人の二、三倍働く。
不思議な、理解し辛い面があるので、
一般の人は手を焼く。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月27日
「 勝山公園 」

今の市庁舎がある場所は、
昔は勝山公園で、
現勝山公園は移転したものだ。
昔の勝山公園にはジェットコースターがあり、
何故か猿を飼ってかの猿小屋があった。
広い敷地に緑がいっぱい。
この公園は当時の若い人達には、とても人気があった。
県外から小倉に来ると、
必ず勝山公園に行くのが定番になっていた。
長崎、宇部、広島からの観光客が多かったのを記憶する。
学校帰りの高校生も、出会いの場として活用。
近くには図書館もあり、
今の市庁舎がある前には、学生で賑わっていた。
北九州高専、北九州高校の仮校舎も
図書館と隣り合わせにあったことも賑わいの一因だった。
昭和32年に遡ると、
現市庁舎の中にある鯉が泳いでいる池。
あの辺りには、
「勝山閣(しょうざんかく)」と言う旅館があり,
田川旅館と競い合っていた。
経営者は東京の方。
こちらの旅館には、
蒸し風呂(当時はトルコ風呂とも言っていた)があった。
旧占領軍があった場所柄、わかるような気もする。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月26日
「 北九州市の活性力 2 」

北九州の活力。
これが昭和50年,60年代まで継続した。
何かに熱中する市民気質があったからこそ、
おいらの街が3万部をうりあげていたと言える。
北九州に根差していた熱気が、
おいらの街を支え,作っていった。
作る側の熱気が読者につたわっていた。
作る側の熱気がない本も映画もアニメも漫画も料理も
ギョンブルも政治も、人は着いてこない。
熱気の失せた日本は、幸せか不幸か?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月25日
「 北九州市の活性力 」

小倉競輪に門司競輪、若松競艇、飯塚オート,
芦屋ボート、下関ボート、中津競馬、小倉競馬。
小倉、八幡、若松、戸畑,門司。
八幡は西区,東区。
パチンコ屋が大盛況。
スマートボール、ビンゴ、雀球、など。
北九州市の活性力は
ギャンブルと労働者、風俗、飲食、飲み屋、ノミヤ。
表には出ないが、裏の博打場があちらこちらにあった。
昭和40年までは、これで街が潤っていた。
日雇い労働者は、工場から、工事現場、沖仲仕。
1日に500人以上の沖仲仕が門司港で働いていた。
プロのパチンコ打ち、パチプロは
小倉の街に200人はいたし、彼等の多くは,競輪に。
夜は麻雀。
ギラギラしていた人々に影響された学歴はあるが,
パチプロを目指す、九大生、高専生がいた。
大人、社会に刺激を受けると、
若くしてプロフェッショナルをなるのを夢見た。
良くも悪くも若者が奮い立つのは、
社会や大人を知るからだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月24日
「 慣れないことばかり 」

ガラケイからスマホに変えて、
慣れないことばかりで、
本ブログに辻褄が合わない原稿順序となり、
申し訳なく思っています。
さて、年金の掛ける年数がまた伸びたので、
楽をさせてくれない国内事情。
稼いだ人が年金をまともに貰うことすら
改善されていない。
強い人には言えないか。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月23日
「 麺屋・一の坊 」

小倉北区竪町ある「麺屋・一の坊」に、
こってりのラーメンが誕生し、
これが今、すこぶる評判が良い。
キドキドしていない。
あっさり味だが、コッテリだ。
ここまでよくぞ頑張った、と言える味。
進化していたのだ、と感激を味わうことが出来る。
時代の流れに,進化することが出来るのは、
アナログならではの世界だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月22日
「 テレビの取材があった 」

今日はテレビの取材があった。
収録で、テーマらしき物はあるような、ないような。
1時間、小倉の熱気に話は進んで行った。
臭いものの蓋を取る本音、裏話が走り続けた。
やらせなし、棘のある話し。
おいら、この言葉はブルースの歌詞に合う。
ルースターズの歌の歌詞も、おいら。
おいらの街のおいら。
おいらみさきの 灯台守を。
おいらはよ 生まれながらの炭坑夫。
ブルースの世界は、おいら。
北九州は、ぷるーす。
かじりつく熱気。熱くなる。
そこに街は生まれ、おいらの街は育ち、愛された。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月21日
「 我が道を行っているのだ 」

時間が来るくる。
いつも時間はすれ違うように、人と交差している。
同じ時間を皆、交差させているのだが。
この時間が、人により人の数だけ違ってあるから、
人が平等でないような錯覚をしてしまう。
受験に受からない時間と、受かる時間があり、
同じ1秒、1時間なのに、人により違う。
これをツキとか、運がないとか言う。
貴方の今年の時間はどんなかな?
これを占術をもって測る。これが占いだ。
貴方とあの人では、つまり時間の色が違うから、
平等ではないように感じる。
ウサギと亀は、感じる時間の質が違うのだ。
生きる時間の色が違うのだ。
我が道を皆さんは、行っているのだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月20日
「 食糧難の戦後日本 」

食糧難の時代。
戦後の日本。
闇市に腹を空かせた大人も子供も、
満たすために店に行った。
何を出しても売れた時代。
内臓やらゲテモノが名前を変えて、店先に並んだ。
今の時代、並の料理では誰も飛び付かない。
闇市から、その後食堂になった店。
昭和40年代まで、
食い気にガツガツする日本人が沢山いた。
飲食店はその時代、黄金期を迎えた。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月19日
「 低体温 」

低体温の方がコロナになりやすく、
インフルエンザにかかりやすい。
さらに大腸癌にも。
体温が高い方は、やはり免疫力が強い。
免疫力を上げる方法を教えてくれる医者が少ないのは、
何故か? 肉食を好むのは、低体温の方が多い。
肉は酸性体質の方に、好まれようで。
これはマクロビオテックに明記されている。
肉を好むなら、野菜も負けじと食べなければ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月18日
「 時代に翻弄され人は生きていてる 」

手相で生命線が短いとしても、
短命にはならないし、
結婚線が無いとしても、結婚は出来る。
自分で悪いように考えることが
一番のストレスになる訳で、
明るく生きることが幸せへの道である。
楽しく生きる。
信仰が楽しいならばそれがいい。
仕事が楽しいならば、仕事をやることが人生の糧になる。
美しくありたい。
それが幸せと感じるならば、美しくあればいい。
すべての根源に大切なのは、
良き母であり、良き父であり、
良き恋人、伴侶として、何をするか。
政治家の真似をしない生き方も素晴らしいし。
悪い見本は残念ながら沢山ある。
それも又、世の中であるからして、学ぶことも出来よう。
意外と貴方の直ぐそばに、
賢人や和みを与えてくれる人がいるものだ。
推命学を通じて、沢山の人を知った。
精神の優しい、心の豊かな人が沢山いる。
時代に翻弄されながら、人は生きていても。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月17日
「 起きていること 」

パレスチナとイスラエル。
ドイツを制したアメリカの狙い。
アラブとイスラエルの争いは、
最初から絵に描いていた? 
アメリカはドイツがイスラエルに
武器を輸出することで和解、妥協をイスラエルに望んだ。
旧ソビエトを意識した策であったと思われる。
アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、
オーストラリア、他。
世界の動向はロシアの分裂、
アラブとイスラエルの対立、
最終的には、
中国対世界の対立と言う筋書きが
一つの画策として見込まれているのだろう。
パレスチナは、ドイツとユダヤの停戦を
アメリカ他の戦勝国が、ソビエトをにらんで目論んだし、
ソビエトの崩壊は狙いどうり。
さてさて、ロシアの最後は核使用。
これは当初から言われていたし、
そう追いやったのはウクライナではなかろうに。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月16日
「 宗教に傾倒 」

女性の方が、男性よりも
何故に宗教に傾倒しやすいのか? 
信仰心が強いのか? 
それは女性が子供を産む、育てる、
子供を授かる、授からない、などの事を実際に、
生きていくうちに経験するからだ、と言われる。
当然、心配したり、子供の幸せを願ったり、
成長を祈ったり、と苦労も多いからだと。
男性は、男性でも子供の幸せを願うし、
母親には出来ないことを父親としてやらなければと、
考えて生きている。
ただ、やはり女性の方が身体を通して自然界を知っている。
生理、月の満ち欠けを体感する力は
男性以上の能力を備えている。
芸術家に男性が多い理由を、そこに指摘することもある。
占いを好き女性は、信仰心の表れとも言うし、
逆に信仰心を否定する男性を、
女性はどう見ているのか?  
  科学、化学を今では信じて善しとするのは、
男性、女性のどちらが強い傾向にあるのか?
さてさて。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月15日
「 建 禄 7 」

建 禄 7。
辛酉。

男性。
几帳面で実直。
融通のきかない頑固者。
石橋を叩いて渡る堅実さあり。
食神、傷官あると活動家。
考えるよりも行動を先立ちする。
食神、傷官なく、印星があると、
落ち着いたのんびり屋。
が、静かな生活は長続きせず、
事業を自分で始める。
剛情のワンマンだが、慈悲心、義侠心に富む。
資産あると異性問題を起こす。
子女多産系。
ヘルニア、痔になりやすい。

女性。
賢明で批判力に優れる。
女性的、甘さなどには欠ける。
初婚破れやすい。
環境的孤独は平気。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月14日
「 建 禄 6 」

建 禄 6。
庚申。
男性。
外見は温厚。
内面勝気の剛情。
人の意見や忠告には意を介さない。
親分肌でおだてに弱い。
独断的で統率力は抜群。
思案長いのんびり屋。
人の話しは半分で、自分の意見を主張。
感度、やや鈍く、直感力に乏しい。

女性。
何事も白黒はっきりさせるし、曖昧を嫌う。
色気、情緒に欠ける。
負けず嫌いの責任感強し。
決断ははやいが、その為の失敗も多い。
世間体をひどく気にする。
夏生まれは色白。
冬生まれは色黒。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月13日
「 建 禄 5 」

建 禄 5。
乙卯。

男性。
外見に似ず、しっかり者。
温和で折り目正しく、几帳面。飾りっ気のない、
テキパキした話し振りが特徴。
曖昧なことが嫌いで、仕事に責任感が強い。
対人的に謙虚で無理なく接する。
が、事に挑んでは、非常に剛情になり、
他人の言を入れない。
正義感強く、思慮深い。
芸術的本能を持ち、技術力、研究熱心。
やきもち焼き。

女性。
几帳面で芯が強く、融通が利かないと見られる。
女性的な色気や情緒にはかけるが、
職場では脚光を浴びる存在になる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月12日
「 建 禄 4 」

建 禄 4。
甲寅。
頑固、剛情。
自説をまげない。
押しの強さを持つ。
のんびり屋で、落ち着きがあり、粘り強く、
物事を余り苦にしない。
孤独いとわず、仕事一途に励む。
義理人情に厚く、
家業は継がないし、継がない方が良い。

女性。
本心を表さず、相手に合わせる。
孤独性を気にしない。
几帳面で間違いは少ない。
人に対して、冷静な観察力で接する。
やり手、テキパキ、親切で世話好き。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月11日
「 建 禄 3 」

建 禄 3。
女性。
男命と同じ様。
負けず嫌いで、どんな仕事もやりこなす。
ハキハキした筋金入り。
処世術とか交際術は不得手だが、商取引は上手。
愚痴をこぼさないし、干渉もしない。
知的職業、小規模な商いに向く。
結婚後も仕事をして行く。
した方が良い。
声の太い人が多い。
借金を男女ともに嫌う。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月10日
「 建 禄 2 」

建 禄 2。
男性。
無茶をせずに堅実な人生を歩む。
石橋を叩いて渡る。
何事も自分で確かめないと、気が進まない。
好む事は損得なしにする。
善悪、白黒をはっきりさせる。
考え方は緻密であり、頑固な所もある。
自分の信念に合わない時は、意見に従わない。
エネルギッシュな活動家。
外見は強い性格に見えるが、
内面は繊細で、取り越し苦労もある。
義理堅く、研究熱心。
判断力、企画力、技術力に長けて、
絵、字、文章力がある。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月9日
「 建 禄 1 」

建 禄 1。
男性。
長男は、まれ。
次男以下に生まれることが多い。
実際には親をみる。
財産家の建禄は、妻に亭主関白。
財産の無い建禄生まれは、妻に優しい。
仕事熱心で、生家を離れる。
女性は夫を凌ぐ運勢で、
結婚後もしごとをするし、したほうが良い。
また、親元を離れた方が健康にめぐまれ、苦労も少ない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月8日
「 デパート 」

小倉のデパート井筒屋の3階に、カフェ「Morozoff」がある。味、価格、サービスが揃ったデパートにあるべきカフェだ。
デパートにある飲食店が、セルフサービスになる時が来るのか? なって欲しくないはが、来るのかもしれない。ここが大切なところ。そうなった時、デパートが若い層の客にハイジャックされたことになる。デパートで流れる音楽にはヴォーカルが入っていないが、ここにも客層を守ろうとする配慮がみられる。デパートに釣具を置いた時代があったが、楽器、レコードを小倉井筒屋が置いていた記憶がない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月7日
「 十二運あれこれ 」

建禄の十二運を持つ人は、確率よりも少なくなる。
十二運の帝旺、建禄、冠帯は、
長生とは相反する資質であるから、
年、月、日の三柱に重なることの意味を
考える必要がある。
帝旺と冠帯は、類似性が強い。
それに建禄が重なる命は、
例えば陰の火ならば、
巳、未、午となり、方合を形成する。
長生ならば酉となる。
酉の気質は南の火を嫌う事になるので、
未ではなく丑の北の水気の強い土を好む事になる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月6日
「 整骨院、接骨院、整体院 」

整骨院、接骨院、整体院とある。
国家試験の資格を必要とする整骨院、接骨院。
資格なしの開業が出来る整体院。
この3つ、みな院が付くからややこしい。
保険適応になるのは整骨院と接骨院。
が、技術の世界、アナログの世界は
資格 = 上手い、ではない。
資格を持たない「神の手」がいたり、
資格を持ちながら保険の架空請求をする人がいたり、様々。
保険が効くから安い。でも治らない、は当たり前の世界。
五十肩を治す為に整骨院に1年通ったが、治らない。
資格のない整体師が一回の施術で治した。
こんな話を聞かされる。
患者が少ないと、架空の保険請求をする整骨院。
北九州市は整骨院が多くて、架空請求も多い。
下手でも保険適応で安いから、患者が行く。
まるでモグラ叩き。
これ以上、院はいらない数になっている。
が、上手い技術を売り物にすり院は足りない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月5日
「 冠帯の己未 」

冠帯の己未。
男性。気前が良く、誠実、素直。
人情厚く、人に好かれる。
また、人に利用されやすい。
人付き合いは上手。
外面は柔らかく、内面は偏屈なほどに頑固。
根気ある円満主義。
筋道を通して物を考える。
筋道を通して物事を考えて、信念を通す。
人からの信用も厚く、
商売人は借入が事欠かなく、
無制限に資金を借りる。
父母不全で育つこと多い。
結婚は早い。
この日生まれは、鬼に会っても害がない。
再婚相。
女性は強情で、押しの強さは凄いものあり。
美的感覚や色彩感覚に優れた人が多い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月4日
「 冠帯の丙辰 」

冠帯の丙辰。
男性。
強情、剛情。善悪関わらずに、我を通す。
頭のキレは良く、回転も早いが、
決断と実行力、根性には欠ける。
人情家だが、お天気屋。
明朗で派手なことを好む。
生活力関係なしに、結婚をすぐにしたがる。
夫婦間の揉めごとが多い。

女性は、
剛情のしっかり者。熱しやすく冷めやすい。
自由で気儘な生活を好む。
独りよがりの視野の狭さがあり、孤独を苦にしない。
仕事上ての活躍をする。
子供の躾には厳しい。
再婚相。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月3日
「 映画「麻雀放浪記」 」

戦後の日本、復興まだ見通し立たずの東京の下町を舞台に麻雀、博打、ギョンブルに明け暮れる刹那的で潔ぎよい、荒々しくも逞しい、ザルにくまれた水のように落ちこぼれていく、そして生きる。
根を生やさない雑草のような人達の、その場限りの夢、その勝負に賭けることを生き甲斐として、先の事など考えない。
正しく生きること、生活の全てがアナグロであるから、そこに人間らしさ、息遣い、心地良さが、きっとある。
あった時代の物語り。
映画「麻雀放浪記」を久しぶりに見た。
この時代を、子供の頃に感じ取って生きていたのを覚えている。
日本は改革より、復興を国民も優先して生きてきたのだ。
今の時代は、戦後の復興のツケが蔓延している。
団塊の世代は、今何を考えて時代を捉えているのか? 
あの時代が一番良かった気がする、と聞こえてくる様な気がするが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月2日
「 十二運の日柱は生まれつきの性分 長生 」

十二運の日柱は生まれつきの
性分、性癖、変える事の難しい個性を表す。
長生から。
男性は家庭運は、父と早く生死別になりやすい、
或いは父母と別居別居。朝寝坊。
女性もこの傾向は出る。
女性は親と合わない人が多く、早婚が多い。
子供の躾にうるさい。愛嬌はある。
声が綺麗。細身で若く見える。
男性はマスオさんタイプ。
女性、男性共に、離婚したくても自分からは言い出さない。
長生の男女が結婚すると、妻は夫を立てようとするが、
夫は立てられても立つのを嫌がる。
で、まるで頼りなし。
女性の性癖は受け身で、断れなくづるづると流される。
男に対して抵抗が出来ない。
男性もワンパター性癖。
朝寝坊のような生態。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年10月1日
「 当てようとするから外れる 」

天気予報はマイナスの予報がほとんどである。
当たらないマイナスの予報から、
プラスの予測を自分でたてなければならない。
探さなくてはならない。
あそこの街がああならば、当地はこうなる。
ああ言ってはいるが、
今から土用が明けるからそうはならない、などと。
必ずしも当たらない天気予報。
そんな天気予報を全面的に信用していたら、
生活が出来なくなるくらいに、本当に当たらない。
天気予報が前例のないとか、予測できないとかは、
表現するべきではない。
当てようとするから外れる。
当てようとしないで予報をするべきなのだが。
それが難しいのならば、
天気予報をトップ記事に持って来るべきではない。
当たらない競馬の予想紙は、
最初から予想を外して買うための参考になるから
買う価値はある。
ニュースの後に天気予報があるくらいが、丁度良いのに。
やがては、欲しい情報の掲載の優先順位を
自分で決める事の出来るアプリが登場しそう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月30日
「 フランス人形 」

世界的な人形、フランス人形。
これは、それまでのドイツ人形に代わって
世界的に脚光を浴びて今に至る。
ドイツにしろフランスにしろ、
アナログの手作りを今尚、大切に守り続けている。
先日、北九州市漫画ミュージアムの館長と話す機会があった。
漫画の世界にもアナログではなく、
いきなりパソコンを使った作品が嫌と言うほど溢れ、
嘆いておられた。
アニメにしろ、イラストにしろ、
いきなりパソコンから作品があがる。
素人目にはわからないかもしれないが、
見る人が見たら、味気ない。
正しくCDとレコードの違いが、
絵画の世界にも起こっており、危機感を感じておられた。
日本人の培ってきたアナログの文化や芸術が、
料理が、言葉、文章、技術が、スカスカになりそうな時代。
学校教育が大切に、すでになっているが、大丈夫?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月29日
「 小倉の漬物 サバの糠味噌煮 」

北九州の小倉の名産物がある。
『たべもの起源辞典』を20年近く手元に置いていたが、
改めて小倉の名産物がどこかに書いていないか?
と、調べてみたら、あった。
なんと!床漬け。漬物だ。
一般的には、サバの糠味噌煮は知られるが、
糠味噌煮は本来は漬物からの枝分かれになる。
小倉地方の漬物とあるからには、
サバの糠味噌煮も糠味噌から煮て進化した保存食なのだ。
柴漬けを名産としている京都。奈良は奈良漬け。
床漬けは小倉の名産として。
が、なぜかサバの糠味噌煮だ。
こちらは味が強いと、好き嫌いがある。
いつも食べるには濃い味。
床漬けの漬物の方が大衆的だし、常食となる。
漬物ごときが名産?としなかった小倉の商売人。
果たして賢かったのか高飛車だったのか?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月28日
「 人の運気 」

人の運気なんて容易く上がるものではない。
まして、あげたい時が上がる運気ではないから、
その上がる運気を知らないことには上げようがないから、
それをしっかりと知らせてやるのが占い師の仕事だ。
大運の傷官の10年は、ケジメをつける運気だ。
ケジメで結婚する人が多いが、おススメ出来ない。
このケジメは転職、仕事の方向転換には向いているようだ。
ただし、若い頃の方がうまくいく。
なぜなら体力が人の2倍、3倍働けるほどあるからだ。
歳を取ると単に会社を辞めたいばかりになるから、困りもの。
このケジメの10年に、偏財の沖が入っている方がいいかな。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月27日
「 肩が凝る 」

スマホでブログの原稿を綴っている。
肩が凝る。
これも身体には良くなさそうだが。
現代人は、二十代ですでに
肩が、腰が、痛いし、傷めている。
スマホで増えている腱鞘炎も含めて、
視力低下、スマホによる斜視も。
寿命は伸びてはいるが、
病気もそれ以上に増えている。
こんな環境で健康、健全でいることの方が
むつかしいのでは? 
皆さん、疲れてるよ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月26日
「 血液型で性格? 」

血液型で性格?
いやいや、それは今どき流行らない。
血液型でかかりやすい病質があるのだ。
そして、血液型による男と女の身体の相性があり、
生まれてくる子の健康度もあるというから興味津々?
こういうものは医学的でない、と言ってきた日本の医学界。
が、ドイツ医学からアメリカ医学に変わり、
医者のレベルも下がった? 
血液型の研究はフランス当たりが盛んで、
コロナに対してもかかりやすい血液型を発表していた、
三年近い前に。
癌に対してもある。
ただ癌には基本、基礎体温が一番目安になるが。
35度代は注意。血液型、あと何月生まれの何の五行か?
これが大切。
フランスはマクロや東洋医学を受け入れたり、
前向きな医学界。
政治的にも前向き。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月25日
「 女性はやはり強いのだ 」

さあ!死ぬか!
こう言って死んだ人がいる。
かと思えば、
ワシャまだ死にとうない!と、
死に際に言ったお坊さんがいた。
これは本当の話し。
女性の平均寿命がグングンとのびている。
女性はやはり強いのだ。
男と女の双子。先に出てくるのが強い子。
で、女の子が先に出て来るようになっている。
子供を産むのも女だし、女がいるから男は生きられるとか。
男は強くて、数は少ないはずが、今は男の方が多い。
だから男同士の同性愛も不可欠。
どうして男が増えたか? 死産が減ったから。
そう、男の子は死産が多かった。
が、医学の力が死産を少なくした。
その分、性同一現象が増えた。
増えたら同性婚しないと。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月24日
「 男女の仲 」

男は女を知らなすぎるし、
女は男を知らなすぎる。
だから男女の仲は水ものである。
推命学では、一般の方々が知らない男女の事が
生年月日で解かるから、占いがやれるのだ。
一般の方々が解らないことをどこまで知っているか?
これを深く広く、そして臨床的に、正しく、間違いなくだ。
衰という十二運を持つ女性は、長老のように振る舞う。
自分が気が乗らないと、まるでやる気を出さない。
相手から求められてもイエスではない。
まるで男のようだ。
男は、女は自分の事を好きならば
いつでも抱かれたいサガである、と思う人が多い。
ちがう違う。
だから男女は難しいのだ。
シンプルな様でややこしいのだ。
そこから解説をしなければならないのが、男女の仲。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月23日
「 ガラケイからスマホに変わった 」

ガラケイからスマホに変わった。
変えたくはなかったが。
携帯電話は通話だけで充分だと、今でも思っている。
軍事産業の旺盛が、一般の人々の生活様式を変えてしまった。
テロから日本人も守られているのか? 
あるいは日本が戦争に巻き込まれた時の為の備品として、
スマホが役に立つからか。
今更、横文字を覚えなければならないとは。
アプリはアプリケーション。
機能と言う意味になる。横文字の略字を使うとは!
スマホで楽しみが増えた? ゲーム?買い物? 
本は読まなく、買わなくなった。
映画、音楽がデジタル化でダメになった。
アナログ的なモノを大切にしなければ。
日本の漫画、人形、絵画、料理、様々な遊び、
大衆芸能から伝統的な芸能、手技の鍼灸、あん摩、
マッサージ、整体、性技、お産、まだまだ沢山ある。
コロナはアナログ。自然界からの警告、お咎めだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月22日
「 男性の結婚運 天干から地支を診る 」

男性の結婚運に自分の母親が良い影響か、
良くない影響か?を診るには、
天干から地支を診る。
地支が弱いと、良い妻をえる。
地支が強いと妻が姑にやられる。
女性は男性のそこを診るべきだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月21日
「 秋は金で栗 」

仁義の仁とは、他人を思う心。
義は、道理に合うこと。
「仁義なき戦い」は、つまり滅茶クチャな戦いのこと。
五行の木は仁であり。
金は義。
火は礼でけじめ(分別)。
水は智で悟り知ること。
土は欺かないこと。
これが人の長所となり、短所となる。
バランス良き人は言動と体は正しく養われている。
必要以上の飲み食い、言葉、行動を慎みと吉となる。
推命学は占いだけではない。
教えが記されている。
朝が秋らしくなっている。
秋は金で栗。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月20日
「 職業とは気質 」

自分がやりたい仕事がわからない。
これが20代まで続いている人は、
残り物に福ありの生き方が出来る。
メニューから注文の品を選ぶのに時間がかかりすぎる人。
これも優柔不断な人の特徴。
男でこれをやる人は、出世しないだろう。
出世しない生き方も良い。これも長所だから。
占い師になりたい人は、ダンサーにはならない。
ダンサーになりたい人は、占い師にはならない。
職業とは気質だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月19日
「 推命学が気学と違う一番の分岐点 」

精神医学にGODの領域をどうするべきか?
フロイトとユングの違いはここから分岐していく。
推命学は神とわけるべきか?
推命学から科学をどう排除していくか?
科学、医学が自然に背いているのか?
融合していくのか?
推命学が気学と違う一番の分岐点が、
推命学は神道寄り。
気学は仏教的である点か?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月18日
「 推命学を徹してやる 」

例えば推命学を徹してやることで、
すべての人を幸せに出来るか?
出来ないが正しい答え。
が、運気が人間に作用するのは間違いない。
試験に受かる年運があり、
私立校ならば一流大学に受かる年がある。
仮に国公立に落ちてもだ。
ここが皮肉なほどに推命学は、当たる。
一般的な価値観は間違いも侵す。
一般的な価値観は間違いではないが、正しいとは限らない。
ここの判断をするのが、推命学だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月17日
「 古典的推命学 」

推命学で運命を読み取る。
読み取れる事象はあるが、
読み取るのが難儀な事象もある。
推命学では、女性には厳しい評価を出すのが、
古典的な推命学のカラー、
または流派としてこの令和の時代にも残っている。
これは見直しが必要だ。
つまり男尊女卑の色合いが強いのが、古典的推命学。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月16日
「 利権が絡んでいる 」

国と医師会と大手商事会社が、
そして宗教が固い繋がりを持つ。
コロナで病院が収益を上げている。
コロナの飲み薬は効き目があるから、認可がおりない。
病院が儲からなくなるからだ。
検査に民間企業が参入し、収益をあげている。
日本人は賢い人が儲け、賢くない人が
儲けを得る人に貢献している。
医学は産業だ。医学も戦争も、
金になるから止めない。知らん顔して、
手数料としての金を頂ける人がいる。
戦争には利権が生じる。今も昔も。
ロシアの内紛も利権が絡んでいるだろうに。
石油、原発に群がる利権欲しさの企業、政治家、大国が。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月15日
「 我が道を行く 」

高校1年生が「たぶれっと」に占いに来ている。
占いというより人生相談になる。
進学校に行っていても、
1年生はまだ学業成就に洗脳されていない。
自分の才能と好きなことが合致する適職を探している。
食の世界に羽ばたこうとする若い人が多い。
また美の世界。美容師にエステティシャンと。
親が自由にさせている高校生ほど、
学歴に拘らず、我が道を行く。
素晴らしい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月14日
「 時代は繰り返されている 」

レコードが好まれ、女性のジーンズが股上が長くなり、
時代は繰り返されている。
居酒屋がダメになり、 何が登場してくるやら。
60年代のマッシュルーム・カットに人気が出ている。
ビートルズやバーズのコピー・バンドが
人気になるかもしれない。
当然、踊りはGO!GO!
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月12日
「 占い処タブレットの公式サイト 」

占い処タブレットの公式サイトを見てください。
占いをされる方の紹介サイトに、
占い処タブレットが知らないうちに載っている。
8選とか10選とかに。
まず占いの料金を間違えてのせているサイトがあり迷惑だ。
ネットは管理がいい加減であると、悪用される。
広告を占い処タブレットは出していない。
広告を管理している会社または個人の方は、
絶えず確認をしないと大変な問題に発展するが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月11日
「 ガラケイ 」

Softbankのガラケイをまだスマホに変えずに使っている。
反応が鈍く、3秒たたないと画面が変わらない。
機種が悪いのか、Softbankの撤退を控えた、
ガラケイのサービス機能低下によるものか?
このガラケイでカレー仙人の原稿を書いて、送っているが、
機種の操作で親指を駆使するためか、腱鞘炎になりやすい。
不良品だな、こいつは。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月10日
「 天気予報 」

天気予報が張り切って当たらない予報をする。
北九州市と福岡市は近いが、気温は勿論、天気も違う。
北九州市の中でも小倉北区と八幡西区では、
気温も違うし天気も違う。
違うのは当たり前。地形、環境が異なるからだ。
メディアを使った予報は、当たって当たり前。
当たらないと信憑性が揺らぐ。
気象協会が地域の天気予報を
民間企業に委託するようにした。
地域の予報はつまり、難しいからだ。
北九州市の門司区、小倉北区、小倉南区、八幡東区、
八幡西区、若松区、戸畑区には、知恵のある賢いお年寄りが
それぞれにいらっしゃるだろうから、
アナログ的な予報がやれるのでは?と。
文化的で味わいがある。
アナログ的とは、風の向き、暦をしらべる。
潮の上げ、下げを見ていく。皿倉山、高塔山、
足立山との風向き、雲の様も参考にして、今日から新月と。
さらに土用入りがありからと。
さらに虫の鳴き声、花、木の葉、野菜の育ちを観察して、
天気予報は出せる。
無形文化財がまだある。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月9日
「 賢い人は輸入で薬を手に入れ常備薬としている 」

コロナに対して随分と寛容になってきた。
当初からこのストーリーは想像できていた。
感染力が強いほど、感染した場合の症状は軽くなると。
先が見えない政府、医学界のために、
ドヨーっとした3年間が続いた。
コロナの飲み薬はとても効き目があるそうだが、
まだ認可が降りない。
賢い人は輸入で飲み薬を手に入れて、常備薬としている。
日本の社会保障制度は、スペインあたりと比較すると、
とても劣っている。
敗戦国の日本は、
まだまだ改革されていないところが沢山ある。
少子化問題がなぜ起こったか?から始めないと。
金だけの問題ではないでしょう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月8日
「 フリー・ペーパーは   飲食店に何もしてあげていない 」

飲食店が軒並み閉店している。
広告を出してもらい、
潤っていたフリー・ペーパーが
飲食店に対して何もしてあげていない。
してあげられなかった。
さて、メディアとしての役割りは何なのか?
フリー・ペーパーをメディアとしてみることは間違いなのか?
フリー・ペーパーにのせられて開業した飲食店は多かろうに。
「おいらの街」が仮に継続していたら、何かをしたと思う 。
コロナを乗り越えるための「何か」を。
出来る限りのことをしただろう。
うまくいかなかったかも知れないが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月7日
「 天災は同じ場所に起こる 」

火災の起こった場所は、
人が住むには良くないと言われる。
旦過の火災は、
そんな言い伝えを改めて言わんとするものであったのか。
天災は同じ場所に起こる。
だから地名で知ることが昔は出来た。
地名を変えたら、言い伝えることが出来ないから、
実は困るのだが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月6日
「 人間の関係、親密度 」

コロナでやはり人間の関係、または親密度が希薄になった。
この2年半で、御客さんの層が変わっている。
当然、コロナになった人も含めて、
縁が切れてしまった人がいる。
飲食店は時間帯から客の集客数がガラリと変わり、
減り、客単価も下がる。
特に居酒屋と言う空間が避けられている。
景気の悪さは底をまだついていない。
商いが抜本的な見直しを強いられている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月5日
「 霊感商法 」

霊感商法から貴方を救う。
私こそ本物の救世主ですから御安心下さい。
霊感はないほうが健康。
見えるだの、聞こえるだのいう人は、
東洋医学では「病」になる。
土にあたる消化器系が実虚症に起こる症状。
子供の頃にはこの「病」になることがある。
発育途上だから、致し方ない。
鍼灸で改善する。
だから子供の時にはヤシキアラシを見たりする。
これを大人になって、小さい頃にお告げがあった、
などいって霊感占いをする人がいる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月3日
「 モテる人はモテる運気 」

モテる人はモテる運気を生まれつき持っている。だからモテる。モテない人はモテない運気を生まれつき持っている。だからモテない。モテる人は、いつ出会いがありますか?などの占いには来ない。 モテる人は自分の好みに固執しない。モテないであろうが、いやなかなか面白そうな相手を見つけて、付き合余裕がある。モテる人は、ストライクゾーンが拡がるようになっている。だから、なおモテることになる。モテない人は、実は自分に合う人を探しすぎているのが、自分では解っていないことが多い。モテない人の方が、ストライクゾーンが狭い。つまり結局は、モテる人に憧れているのだ。その相手が本当にモテる人ならば、無視されることは100%ではない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月2日
「 神殺星は役には立たない 」

神殺星を出したところで、役にはたたない。
三合がある。例えば戌、寅、午の火局。
これに卯が絡むと沐浴=感池となる。
丙からみて卯は沐浴になる。
つまり感池は沐浴が絡んでいる。
沐浴だけで解るでしょうに。
三合、そして半会なんてつかったりしない方が良い。
神殺星を追いかけ始めると、
一生かかっても推命学の見習い生を卒業出来ない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年9月1日
「 解決しない問題 」

イスラエルはドイツから武器を買うことになった。
それを良しとしたアメリカ。
ソビエトを意識しての判断だった。
映画「アイヒマンを追え!」には、
こんな歴史上に於いての大国の国策が綴られている。
イスラエルとパレスチナ、アラブとの対立は、
半永久的になりそうだ。
日本にも同じような課題、
解決しない問題は残されているが、
これは愛国心から生まれでるべき葛藤でもある。
平和を望む上では欠かせない葛藤、課題として。
世界中のあちらこちらににある差別、対立は、
人間が生まれ持つ防衛本能のあらわれでもあると。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月31日
「 五行について 」

水がない火の人は、勤め人が不向き。
土の人は、男性は自己中。女性は異性運弱い。
金の人は自分の考えを伝えるのが出来ない。
木の人は自己制御が出来ない。人に仕えるのがダメ。
水の五行を取り入れるには、北の部屋で寝る。
北枕も良い。色は黒。海、河のあるリゾート。
ユーモアの解る人になる努力を。資格を取る。
親とのコミュニケーションを大切にする。
老舗の店巡り。柔らかい思考力を持つ努力を。
下半身の強化。水をしっかりととる。
季節の果物、野菜を食べる。
歴史や民俗学で教養をつける。
小川のせせらぎ、滝の水の流れる音の収録されたBGMを。
モノトーンの写真を部屋に飾るなど。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月30日
「 金の五行 」

木の多い人、水気の少ない人、火の強い人、
自己表現力をつけたい土の人には欲しい金の五行。
色は白、金銀のアクセサリー。
カレーなどの辛いものを食べる。
西の部屋で寝る。
ウォーキング、スポーツ、ゲーム、宝くじを適度に買う。
工場見学、小型より大型車。
迷い過ぎる人は金の気が足りない。
攻めの生き方の得意な人は金の気が充分にある。
目標、計画をしっかりと掲げること。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月29日
「 命式に土の五行が多すぎる人 」

命式に土の五行が多すぎて、
生日の日干が陽の土の人は土が固く、木が入らない。
だから男性は我が儘。
プライド高く、人の視線が気になる。
陽の水の冬生まれは陽の土が必要。
さて土の五行が必要な人は、
どうしたら土の気が取り入れられるか?
色使いは黄色に茶色を。
芸、ガーデニング、自然が沢山感じられる
山や公園に行くこと。食べ物は甘いもの。
夏生まれは静かな場所にある神社や寺に。
慌てたり、イライラすると事故を起こしたりする。
座禅を組んだりして、いつも精神の安定を。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月28日
「 日干が水の人 」

日干が水の人は財運が弱く、
計画性、目標を持つ、上昇志向が弱い。
水は下に下がるからだ。
だから特に火を大切にしたい。
火を取り入れるには、まずは南の部屋に、南枕。
色使いは赤、紫、オレンジ、ピンクのカーテン、
インテリア、肌着、アクセサリーを。
ブランド・ショップや高級な店に行く。
本をよく読む。手紙を書いたり、噂の名所、
占い師にあったり、エステ、美容室に行く。
苦味のある物を食べる。
コーヒーはミルクを使わない。
砂糖は少しだけ。お洒落に着飾る。
習い事が良い。
金の人には、人間形成になる。
土の人には表現力が増す。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月27日
「 木の五行が欲しいなら 」

木の五行が欲しいならば東の部屋に寝る。
頭も東枕。
青、緑色系のカーテン、布団カバー、車、下着を。
早起き。
観葉植物を部屋に置く。
森林浴を。
音楽を聴く、弾く(弦楽器や木管楽器)。
若い人の多い店、ショッピングモールなどに行く。
般若心経をあげる。
習い事をする。
土の人には木は
柔軟性、素直さ、見栄っ張りさを弱める。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月26日
「 運命の人、運命的な人との出会い 」

運命の人、運命的な人との出会いはあるにしても、
その人を結婚相手として考える気持ちは解るが、
現実には成就しない人がほとんど。
理由は?と聞かれて答えるには、
とてつもない文字数の原稿を書くことになる。
高望みし過ぎが一番のハードルになる。
皮肉なもので、女性が社会で活躍するに従い、
ハードルは上がってきた。
確りした男性が相対的に減少したことになる。
モテるべき男性にも、女性の接したが変わってきた。
結婚したらモテる男は浮気するかも。
複雑化一途なり。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月25日
「 神殺星 」

古典派推命学が用いる神殺星を使っているうちに、
五行による解読法が出来なくなる。
神殺星には空亡やらも入る。
空亡を使う人は、それで逃げ延びてきた訳で、
厄払いを終えていないことになる。
華蓋が芸術の星は上げ膳で、真意は孤独、奇行、
群れることの出来ない性分と診る。
神殺星には御布施を頂けるための
「脅し売(おどしばい)」が沢山作られている。
占い自体が脅し売いで、なきにしもあらず。
それに惑わされる人のために、あるのも占い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月24日
「 自分を解らない人生は怖い 」

推命学で自分自身の限界を知った方が、
楽になる人が沢山いると思うが。
宗教に狂信的になる。
人を傷つける。人を信用できない。
いつか職を失なう。離婚をする。結婚できるか。
結婚しない方が良いみたいだ。事故に合うのでは。
会社を辞めたい。独立したいがうまくいくか。
子供の心配事。2人はうまくいくか。
勢い余り、落とし穴にはまることもあろう人生。
自分を解らない人生は、怖くないですか?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月23日
「 嘘ばかりの流派 」

男女の相性を干合だの支合だのだけで、
良い悪いを診ていたら大間違いをする。
まして2人で三合しているだの、
同一空亡だのいって推命学をやっていたら、
インチキ占い師呼ばれしてしまうのに。
それで事が治まるなら、誰でも占い師になれる。
実践で習得しない限り、
古典的四柱推命の餌食になるのは、占い師とお客さんだ。
空亡、天沖殺、日柱、神殺星、嘘ばかりの流派。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月22日
「 映画のR指定 」

映画でR指定の作品がある。
R18は未成年者御断り。
R15もある。このRはついた方がヒットするし、
観客が入るから、実は付けたいのが配給会社の本音だ。
R15は18に比べて抵抗感が薄れるようで、
確実に観客が増える。
最近はビデオの世界でもやたらRを付けたがる。
が、この販促法もやり過ぎると意味があまりない。
騙された、と思う人がいるからだが、
何を期待したのやらと、首を傾げたくなる。
観たらダメなんだ。
映画館には入れてもらえるのだろうか?
と不安を抱く可愛いお年頃の若者。
そんな彼らに、いらっしゃいの声を掛けたくなっていたのは、
昔の映画館で働いていた人達。
笑顔で迎え入れるのが鉄則。
お客様なくして商いはあり得ない。
スポーツの観客が少ないだと。
多すぎる、どこもかしこも。
こちらの方が気持ち悪い。
スポーツ紙には、色モノのスポーツに
人気が出て欲しいからな。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月21日
「 女性の立ちション 」

女性が立ちションをしているのを、
昭和40年代に何度か見た。
若い現代の女性にその話をすると、
女性でも立ちションが出来るのか?
と不思議そうな顔をする。
男も女も野良仕事をした時代、
畑に人糞を肥料で使っていた時代、
畑を肥やすために人はオシッコを畑のためにした。
立つも座るも関係なく、見える見せないも関係なく、
オシッコはして畑を肥やした。
立派な畑を耕すことが命に繋がる。
今でも田舎は畑を大切に守っている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月20日
「 モテる人 」

とある男性入院患者が、女性看護士にドライブだの、
食事にいこうだのと誘ったあげくに、
強制退院させられた話を聞いた。
まあ、場所をわきまえてない、と一般論を語る。
ところが現実は、
女性看護士から男性患者を誘うことがある。
何が言いたいか?
モテる人と、モテない人の人生はこうも違う。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月19日
「 芸能界 」

普通に考えて、頭が良い人が芸能界には行かない。
一流の大学に入り、
生産性の高い仕事をする、したくなる。
芸術家は賢さが個性的で、表現力がたけている。
テレビやお笑い、いわゆる芸の世界に求められるのは、
人気が出るか?だけ。
最近はスポーツの世界でも
人気取りがチヤホヤされるが。
よくよく日本の芸能人を見ると、アホ面が実に多い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月18日
「 陰陽の金 」

美男、美女が多いのは陰陽の金を生日に持つ人。
色白の人が多く、金属ゆえにシワが出来にくい。
歯が強い。声の通りが良い。
色彩感覚に優れた人が多く、技術力がある。
諦めや決め事が早い。
好き嫌いがハッキリとしている。
五行のバランスが良いと、人格者で賢い。
官星1つ、印星1つあるのが理想的。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月17日
「 スピリチュアル 」

バカみたいにスピリチュアルを乱用する日本人がいる。
あまりに霊感に傾いた使い方をするのは、頭が悪い人。
黒人のソウルフルな歌を聴いて、魂の叫びだ。
これが本来のスピリチュアル。
歌を聴いて熱くなるなら、
それはスピリチュアルな世界に呼び込まれたからだ。
僕ら世代はソウルフルと言っていた。
これからはスピリチュアルと表現していかないと、
訳の解らない人が混同してしまう。
頭が賢い人は、理論的に分析出来るから、
スピリチュアルなんていう言葉は使う必要がない。
グレン・グールドはスピリチュアルなピアノを奏でる。
孤高の天才だ。こう使う方が良いみたいだ。
スピリチュアルをすぐ言う人は、
頭が賢くないから使うのだ。
黒人の歌は確かにスピリチュアルだ。
「漕げよマイケル」の
ジョー&エディの歌声を聴いてみよ、となる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月15日
「 手仕上げの刺繍 」

中国や東南アジアで大量に創るではなく、
生産されるパンツを日本人は履いている。
ダイソーに1枚100円である。
500円 が若い人の平均価格。
かたやフランスの下着。
1枚が2万円以上の商品。
誰が履くか? トップクラスの女性だ。
こちらの品々は、芸術性豊かな
手仕上げの刺繍などを施している。
世界が違う。
盗撮だのパンチラなど喜ぶ世界と。
白か黒かと騒ぐ学校レベルとは。
釣具屋やナ○コでシャツやらシューズを買う様は、
かなりさみしいものがあるが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月14日
「 非課税はいかんでしょうが 」

鴨が葱背負ってくる田舎。
田舎で占いやら厄払いやら、神の御告げやら、
霊感占いやらをすると、鴨が葱背負ってくると。
だから二、三年で家を建てたインチキ霊能者やら、
占い師が多いのは、あちらこちらの田舎町。
僕の知り合いの知り合いが、
井戸を埋めたり木を抜いたりして、500万円を使った。
新興宗教も宗教も非課税はいかんでしょうが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月13日
「 すごい名前の占い師たち 」

「オーロラの天使」「宇宙からの女神」「天使の館」
「○○のマザー」「ゴッド・ファーザー」
このような名称を用いて占いをやらないと、
客が来ないという定説が確かに昔はあった。
しかし、これやるのはかなりシタタカサでないと。
強(したた)かでないと、自称の鑑定歴何十年とか、
10歳で神の御告げがあったとか、言えないでしょうに。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月12日
「 理学療法では治らない 2 」

鍼灸の治療を整形外科が取り入れていたら、
整形外科の面目が丸潰れになる。
整形外科で四十肩を治すのに1年間かかる。
鍼治療だと巧い鍼灸師ならば7回くらい。
それなりの鍼灸師でも30回で治せる。
鍼治療は鍼灸師の腕の差で、上、中、下。
いや特上級の鍼灸師もいる。
整骨院の鍼のレベルはほとんどが、下。
だから治せないし、治さない方が
稼ぎになると考える院もある。
素人相手にやる、泣き売(なきばい)ならね、
はったり売(ばい)だ。
治せない理学療法士と治せない鍼灸師を
養成している専門学校は、
整形外科の「仕込み」となっている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月11日
「 理学療法では治らない 」

整形外科が理学療法を取り入れた。
これにより理学療法士が飯の種になり、
求人が増して働き口がふえた。
何故に鍼灸師を雇用して、
鍼灸の治療を取り入れなかったのか?
理学療法では治らない、治せない。
保険適応で税金が膨れにふくれている。
整形外科経営者は儲かるから解っていても口を閉じる。
今は、整形外科の時間外労働が法的に黒に近いグレー。
昔から、整形外科は電気治療だの治りもしないことをして、
保険点数を稼いでいた怪しい医学だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月10日
「 1000人の敵 」

好きで好きでたまらない。
そんな人に書く手紙が1000通を超えた時、
人は腱鞘炎を手にいれた。
1000人の敵を伐りすてた剣豪が、
晩年は僧侶になる。
彼は腕が五十肩になり、
武士としては生きていけなくなった。
達人、芸術家、名人の最期は笑えない結末が待っている。
これが人間の限界ある力故の病でもある。
チェスの世界一の名人が最後は精神を病んだ。
文学の作家も最後は自殺する。
アメリカのスナイパーも最後は殺された。
いや死んだと言うべきだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月9日
「 詐欺まがい 」

カレー仙人が疲れたら、カロー戦人になる。
推命学の通信教育と空手の通信教育は同じレベル。
推命学のグループ講習も卓球の通信教育並みに、
血に肉にならない。
推命学の本を読み漁る?
3冊でそれは良いから。
馬鹿らしい占いを真面目面のパフォーマンスで売るのは、
詐欺まがい。
悲しいかな。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月8日
「 サル痘 」

サル痘の話題は、
まず男性が同性愛をするとサル痘になることを
前提として報道するべきだ。
誰もがかかるわけではないことを知らない人が、
病院で検査を受けたりする現実は愚か。
エイズにしろ同じ。
西洋医学の陰陽の陰がもたらした
功罪とでもいうか、これらは。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月7日
「 芸能界 」

生き恥さらす芸能人。
芸能人だけではなく、スポーツ選手、そして政治家。
ただし政治家には生き恥を上手に隠すプロがいる。
芸能界は勝っている時は官軍。
落ち目になると賊軍どころか、誰も相手にはしてくれない。
戦後のどさくさ紛れに芸能人になれた人らが、
その後の芸能界の顔役となり、
口利きをビジネスとして生きていた。
彼らはやがて利権を得て縄張りを得る。
まるでヤクザと似たり寄ったり。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月6日
「 耳クソ占い 」

アジアの人の耳クソは乾燥して、
ヨーロッパの人の耳クソは水気が多いので軟らかいと。
耳鼻咽喉科に行って、
そこの女医さんが個性的かつユニークな方で、
教えてくださった。
耳クソ占いが出来そうだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月5日
「 言わない限りは結ばれない 」

「もう一言いわれたら恋人でいたのに」。
昔、南沙織が歌っていた唄の歌詞。
言わなきゃ恋人は出来ないし、結婚も出来ない。
言える人は恋人も出来るし、結婚も出来るかな。
運命が出逢いを与えたとしても、
言わない限りは結ばれない。
言えない人は損をする。
言える人が決して口が軽いのではないし、
お喋りでもない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月4日
「 運気を何で上げるか? 」

運気を上げるため、上げたいから、
皆さんは占いに来られる。
運気を何で上げるか?
それを仕事と考える人が少ないのが現実で、
残念でならない。
恋人でも運気は上がるが、仕事で運気を上げると、
運気を上げてくれる異性とも出会いが多くなる。
順序が間違っている人が多いから、
人生が楽しくなくなる。
また地方に住む人には、才能が埋もれた人が多い。
地方には仕事の業種の選択肢が少ないし、
若くして人生の岐路を決めるべきという慣習があるために、
チャンスを待たずして仕事につき、結婚をする。
地方が過疎化する原因がそこにある。
生きること、喰うことを優先するだろうから
親の理解が必要になるが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月3日
「 土への捉え方は五行により異なる 」

火にとり土は漏星。
水にとり土は官星。
金には印星。
木には財星。
土には自星。
土への捉え方は五行により異なるが、
相互助け合い、
癒すことの役割があることを知ることで、
改めて命も癒される。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月2日
「 土の役割 」

土の役割、力(ちから)は
木、金、火、水にも欠かせないとなる。
火の中に土を持つことは、木が育ちやすいことになる。
水を吸い込むことで木が育つとも考えられる。
土があるから金も守られる。
火に土がいかに大切な働きをするかを理解すると、
水に対しての考察力も増す。
そして金にも関係性は通じる。
土が中央に位置することは、
生命力の大切な源であるからだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年8月1日
「 土が出来ること 」

土が木を育てる。
木を育てることにより、土は安定を得る。
が、土には水、火がないことには木は育つことがない。
土は水はけがよく、火の気が溢れるところを喜ぶ。
軟らかい土には木が育ちやすい。
軟らかすぎると火が欲しくなる。
木が育ち過ぎると、金で木を伐採しなければならない。
土には金が励みになる。
金を土が隠し持つことは必然となる。
火と水は土を助けると同時に、
木をも育てることが出来る。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月31日
「 日本には土の気を持つ人が多い 」

陽の土、陰の土を生日干に持つ人達は
安定性が基本で、作る、貯える生き方をするのが
素晴らしい。
日本には土の気を持つ人が多くいるので、
革命が起こりにくいとされる。
が、保守的であるが故に、
価値観の変革が出来にくいという弱点を持つ。
土自体に上昇性がないために、
過疎化してしまう危険がある。
真似事は得意だが、独創性に欠ける気質が土の性。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月30日
「 髪フェチ 」

髪の毛に対する好き嫌いは、
髪型、長さ、色、質(硬い、軟らかい)、
もうひとつの質(直か、ウェーブがどの程度か)まで、
かなり男女ともにある。
男性には誰にも「髪フェチ」の傾向があるようだ。
フロイトは髪を偏愛する男性は、
無意識に女性を力ずくで自分のものにしょうとする
欲望が強い人とした。
ところがハヴロック・エリスの見解は、
髪に惹かれる男性は、女性に崇拝心を抱き、
純粋な称賛を感じているのだ、とした。
どちらも間違いではないような気もするが、
髪の毛を長くして似合う人は女性的。
ショートカットの似合う人はボーイッシュとも言われる。
女性ホルモンが関係すると。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月29日
「 男らしいとは何ぞや? 」

コペルニクス的な発想をしてみよう。
男性は男らしいがいいとも限らないのでは?
男らしくないことへの転化は、女性的。
あるいは中性的になること。
ならば男らしいとは何ぞや?
また女らしいとは何ぞや?
こうなると差別的な世界は疑わしくなる。
あるがままで良いともなる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月28日
「 北九州市の水不足は起こりにくい 」

北九州市は昔から雨が少ない地であったのでは、
と思うようになった。
今の北九州市を成す旧五市の人口は、
やがて150万人になるであろうという想定から、
街づくりが行われたのが昭和の初期と伝えられる。
鉄の街、工場を維持するのは
電力資源に水資源、労働力。
水資源の確保には当時の産業核が
ダムの建設に積極的に投資をした模様。
北九州市の水不足はだから起こりにくい。
歴史は作られて今に至る。
大切なことを忘れてはならない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月27日
「 東洋哲学・医学は人材不足 」

推命学に血液型による体質の違い、
また親の血液型による胎児の健康、
これにマクロビオテックとを組み合わせていくのが、
これからの素晴らしい推命学となるだろう予測がたつ。
西洋の医学がマルチであろうと姿勢に対して、
所謂東洋哲学・医学が
余りにも遅れをとっていると感じるのは、
人材不足の結果である。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月26日
「 推命学は学問でなく占い 」

推命学を当たりやすい見方、
当たる読み方が出来れば、
大概の人は占い師としてやっていける。
残念ながら、学問としてまず推命学をやるから、
解らなくなる。
学問としてではなく、
推命学の占術として始めないから、苦戦するのだ。
見方、読み方の順序があり、
そこには優先順位がある。
何を優先順位とするかがポイントだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月25日
「 小倉祇園どうしたら盛り上がるか? 」

小倉祇園が開催された。
年々、祭り人気の番外編になりつつある。
どうしたら盛り上がるか?
こんな質問を「おい街」時代に受けた。
まず女性の太鼓叩きを増やして、華々しくやるべき。
それから祇園の山をもっと壮大にする。
また町内ごとの山ではなく、数は減ってもいか仕方ない。
統合して山を出す。
そうして数より質の向上を図ること。
集客を狙う祭りにするべき。
北九州市に欠けている、
エンターテイメントを祭に持ち込もう。
今からでは遅い?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月24日
「 北九州市は素晴らしい地だ 」

ガラケイが7月19日で終わる。
腱鞘炎から解放されるか。
さて、北九州市は150万人まで人口が増える目算で、
エネルギー資源獲得に力を入れていた街。
だから水不足にはまずならない。
若松の北海岸あたりの農地には、
カリウムが海に近いために多く、
農産物がアルカリ性で美味しく育つ。
海に囲まれた北九州市には、
水にちなんだ効能に恵まれており、
風水的に素晴らしい地だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月23日
「 8人兄弟、7人兄弟 」

8人兄弟、7人兄弟といった人たちが
占いに来ることがある。
兄弟が多い若い人達は、明るい人が多い。
そりゃ家の中が賑やかしいし、
自己主張しないと負けてしまうから、
しっかり言葉に出来る人が育つし。
「あなたのお父さん、お母さん、
他にすることがなかったん?」と冗談を言うと、
ゲラゲラ笑いだす。
一人一部屋でないことも、
コミュニケーションが弾むのだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月22日
「 十二運 」

十二運が当たる、いや当たらないを論ずるよりは、
これは実践で当たることを知ることの方が
占術家として必要だ。
日柱が墓、絶の女性が名器である。
間違いない。
胎の女性が何故に不感症になりやすいか?
理由は簡潔。実践に敵う学問知識はない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月21日
「 推命学的な、格言 」

推命学から造り出された諺(ことわざ)的な、
言い切り格言がある。
が、あてにならない。
つまり当たらないのだ。

「印星3つに子縁なし」。
子供がちゃんと健康に育った人もいるし、
信憑性はなし。

「傷官美人」。
傷官の女性が必ずしも美人ではない。
美人は傷官を持たない女性にも沢山いる。
駅馬、紅艷、半会、三合、支合、沖、干合なども、
迷信に片足を突っ込んでいるくらいの
不信をもって診た方が良い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月20日
「 良化する 」

傷官を持つ女性に印綬があると傷官が良化する。
これに正官あるならば、
正官の高飛車なところが薄くなり、
人から好かれる人気者となる。
財星は偏財。
このおおらかで人の良い星を持つ人は、
周りを楽しくする行動を必ずとる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月19日
「 血液型O型の人 」

血液型O型の人がコロナ、またインフルエンザ
などに対して抵抗力が強いのは、確か。
O型の方でもコロナに感染することはある。
これらの方々は、先ず老若男女問わず、
基礎体温が低かったという結果が出ている。
基礎体温が低い人は、不摂生をした若い男性に多い。
これは血液型に関係なく。
女性は性的に満たされていない、
特に若い女性に多かった。
寝不足、深酒、ストレス過多による
体調不良から低体温になる。
やはり冬生まれの方は、低体温になりやすく、
丙、丁、甲、乙は特にアルコールは
抵抗力を下げることになる。
肝臓は木であるゆえに。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月18日
「 推命学を志している人への問題 (続き) 」

E愛憎喜怒哀楽の陰陽は
F血液型の陰陽は
G山芋とアヒルの卵の食い合わせが悪い理由は
H何故、年をとるのか
I犬の顔は何故に赤くならないか
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月17日
「 推命学を志している人への問題 」

推命学を志している人への問題です。
@蜂の巣はなぜ6角か
A赤ちゃんの尻はなぜ青いか
B乳児の死亡率はなぜ男子が高いか
C牛乳育ちはなぜ陰性体質になるか
D近視はなぜ女の子に多いか
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月16日
「 余計なお世話か 」

昔も今も、冷めたカップルはいたし、
これからもあり続ける。
今はカップルでカフェに来て向かい合って座るが、
話はしなくて、2人はそれぞれが携帯をいじる。
こんなカップルが増えている。
昔々はカップルで喫茶店に来て、
大体が男性が漫画を読む。
女性はただ黙って、
男性が読み終わるのを待っている。
1時間も待っている。
可愛い女の子でも、待ってくれている。
人はそれぞれだから良いとは解るが、
貴女は大切にされていないよ、と言いたくなるのは、
余計なお世話か。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月15日
「 ナニナニのベスト10 」

ネットはチラシだ。
チラシは散らしが語源の広告媒体。
食べログは広告媒体だから、チラシ。
ネットには広告記事が満載されている。
チラシの世界と言っても間違いない。
だから嘘っぱちの広告記事に皆が惑わされている。
広告か記事か?記事も広告効果があるから、
広告とも言える。
ナニナニのベスト10やら、
どこどこが選んだ美味しい店などは、嘘の世界。
解っていそうで解っていないのが、一般の人達。
だから広告にはお金が絡む。
いい記事は消費する側、読者がお金を払って買うもの。
ネットの中での有料記事は難しく、成り立ちにくい。
ネットそのものに我々はお金を払っているからだ。
行き場のない才能があるのでは?
と、まさに散らされている光景が目に浮かぶ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月14日
「 十二運は実際に実践で知る 」

四柱推命が解らないと言う人は、
天沖殺やら空亡を信じて使ったり、
時柱を出して子供の運を見たりしている。
時柱が素晴らしく、
が子宝に恵まれていない人が沢山いる。
あと神殺星にとらわれている人。
十二運をマスターしきれないでいる人。
十二運は実際に実践で知るのが1番。
理論だけでは解らない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月13日
「 偏官 正官 お産 」

偏官を先天運で持つ女性は、お産が軽い。
また命式に偏官なくとも、
偏官にあたる年運には、お産が軽い。
正官ある女性は、偏官にあたる年運の年、
または傷官にあたる年が、お産が軽くなる。
お産を軽くすることをもって、
母体は柔らかく健康である。
同時に胎児は軽いお産で、心身健康となる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月12日
「 自然界の陰陽の作用 」

高齢化に反発する事象や現象は、
自然界の陰陽の作用を考えると、
当然なのかもしれない。
これに加え、アラブ民族の諸問題。
さらにはロシア問題、中国。
優しい韓国の男性の受けがよくなるのは、
反作用の力が働くからか。
男性の脱毛から女性化。
イケメンがまだまだ続く。
アラブの男性にみる濃い髭は、
平和的でないと写るのかも。
オジサン、オバサンにアラブ。
180度のアニメチックな男児は、
相対的で増えていくかも。
さらに。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月11日
「 幸せあれと祈ろう 」

アナログのレコードからデジタルのCDへ。
やがてアナログのビデオテープからDVDへと。
このメディア革命には軍事、医学、宇宙開発、
エネルギー改革、人間工学、食料変革、
ありとあらゆる経済界の目算が働き、動き、
莫大なる消費を生み、
富裕層が更なる地位と権力を確率していった。
世のため人のためであったのか?
この革命的な経済政策にうまく乗った人、社。
乗れなかった人、社。現状を視差すると、浮き出てくる。
この流れには右派も左派もなく、
一丸となる力が働いたのは、皆解っていること。
うごめいている下の人々に、幸せあれと祈ろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月9日
「 レンタルビデオ・ショップ 」

レンタルビデオ・ショップに物申す。
映画のジャンルの種分けが、まるでいい加減。
サスペンスとドラマの違いが整理されていない。
オカルトやらホラー、SFが量産され、
種分けの感覚がズレているようだ。
レンタルビデオ・ショップが生き残る方法は、
まず面白い作品の選別がしっかり出来ているか?
次に、作品のジャンル分けが、信頼出来る店であるか?
次に、製作国をそろそろ分けていい時代だ。
解かりやすく陳列を。
さらに、過去に借りた作品かが、
客にも解るように顧客管理サービスをすること。
レンタル料金云々よりも、
作品の満足度が価値感になる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月8日
「 ネコマンマ 」

最近、味噌汁を御飯にかけて食べる、ブッカケご飯。
昔から日本に伝わる「ネコマンマ」が、
朝飯に良いことを身体が教えてくれている。
で、味噌汁でもアサリと長ネギ、これが美味いし、
飽きないことも発見。
人により好み、体質は違うだろうから、
あなたのネコマンマを見つけなさい。
これが朝の開運法その二。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月7日
「 朝のコーヒー 」

運気を開くために何をするか?するべきか?
まず朝のコーヒーを自分、または彼女、奥様と
仲良く淹れる。
カリタ・ドリップで。
コーヒー・メーカーはやめときなさい。
自分、愛する人のために、
是非ともカリタ・ドリップで朝のコーヒーを。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月6日
「 選挙の投票 」

年金の受給資格年齢を70歳にあげるようならば、
自民には投票しないことだ。
反対の意思表明を選挙で示すしかない。
自民党の中に反対派もいるから、
政治を国民が動かすには、
選挙の投票で意志を表すしかない。
この世論を政治家にしっかりと伝えることだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月5日
「 愛国心は深まる 」

中国や韓国を相手にスポーツ競技を日本がすると、
他の国(例えばアメリカ)とは闘争レベルが違い、
見る方も、競技をする方も躍起になる。
が、競技者の中に在日の方がいたりする。
また過去に、在日の方が日本人として参加したこともあり、
個人競技で優勝したこともある。
歴史を振り返ると、オリンピック競技なんて、
たかがスポーツにすぎないのを、
まるで国対国の闘争のように煽り、
スポーツの人気を高めていく魂胆は大嫌いだ。
戦後のプロレス人気は、敗戦コンプレックスの日本チームが、
勝利したアメリカの反則に興奮して、
アメリカ汚ない??と本気で騒ぎ、最後は日本がやり返すと、
身体が動くほどテレビの前の視聴者は、
選手に共鳴して声援を送った。
今は、アメリカに代わり、中国や韓国、やがてロシアも。
裏の真相は知らないで躍起になる国民気質が、
考えさせられる。
マスコミ、ジャーナリスト、政治家、あげ足の取り合い。
ところで年金は現行の65歳からを守ってこそ、
愛国心は深まる。
長生きを無理にさせて働かさせる国策は許し難い。可
哀想だ。こんなことをすると、
政治不振は更に深まるだけ。
保守が過半数割れしかねない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月4日
「 遊びばかりでは上達しない 」

遊びのセックスから始まり、
遊び、遊びで生きている男は、
恋愛を知って初めて好きな人とセックスをしても、
内容がまるで必死でないために、
セックスが下手くそとなる。
遊びなしで、好きな人とのセックスが初めての人は、
必死に頑張るからセックスが上達していく。
上達して遊びでセックスをしても、
気合いが入っているから女性が満足する。
遊びばかりでは上達しないのだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月3日
「 手の指の長さ 」

手の指の長さを比較して、
男性の精子の数の多さを知ることが出来る。
薬指が人差し指よりも1センチ長い男性は、
精子の数が多い。
同じ長さ、薬指が人差し指より短い男性は、
精子の数が少ないと見る。
右手も左手も、薬指の長い男性は長い。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月2日
「 変なバランス 」

その昔は男児と女児の生まれてくる確率は、
6対4と決まっていた。
男児の2に値する子が死産、流産で、
男女の対比は5対5になってバランスをとっていた。
医学の力で死産は減り、
今や男女の比率は5.5対4.5となっている。
男は過剰であるが、性同一性の人が増えて、
バランスを保とうとしている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年7月1日
「 男性の建禄 」

男性。
建禄の12運を命式に持つ人は、
男児が生まれる確率は25%になる。
つまり4人子供が生まれると、1人が男児。
最初に男児が生まれたら、
女児が3人あとから生まれるとなる。
人口を制限しようという力が働いているのだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月30日
「 ネットの世界はフリーペーパー 」

世間では「食べブロ」「SNS」「グーグル」だので
振り回されてしまった店舗が、ああだこうだ。
最初から、そんなのを無視しないから面倒になる。
ネットの世界はフリーペーパーと変わりゃしない。
信用する無知な人がいるのを知って、記事を出す。
勝手に記事を作り、さも取材したように書く。
ジャーナリズムの精神が腐ってつくられたものが、
ネット社会なのだから、信用するなの一言に尽きる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月29日
「 昭和は恵まれていた 」

日本の今の時代は歪な平和化社会。
昭和生まれを境に、価値観が違いすぎる。
若い人達は、マトモな人が実は歪で、
クレイジーに見える人が、
マトモな生き方を無意識にしている。
多分、縁とかを知らない、信じない日本人が溢れて、
まるで早い者勝ちを善とする中国人気質の日本人が、
嫌になるほど大手を振って生きている。
こんなことになったのは、
政治が悪いのは言うまでもないが、
民社と自民が根源だ。
マスコミも、朝日系もダメになったことが
要因としてある。
ネットの詐欺まがいな広告。
電通亡国論から変わらずに、
経済、政治、教育、宗教、沖縄、在日問題の
解決糸口がない。
こんな時代に生まれてくる子供になにかするべきは、
大人、親しかいない。
何もしなくて子供が育った昭和は、恵まれていた。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月28日
「 ネットの世界は信用してはいけない 」

ネットの世界は嘘、騙し、詐欺まがい、
信用してはいけない。
インスタは恐ろしい。
通販も詐欺まがい。
これを取締りできない国は、黄色の点滅信号。
占いの広告、飲食店の広告、サプリメントに健康食やら、
整骨院やら美容、エステ、貴方の懐を狙っている。
こんな日本に住むお年寄りも、若い方も
しっかりしないと可哀想なことになる。
己を守ってくれるのは、疑いしかない。
悲惨な時代だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月27日
「 占術はファシズムを否定 」

タバコの問題から来て、コロナと。
日本人は自己判断やらを許さない、
認めない国になってしまった。
これは全体主義。
共産化、ファシズムと変わらない。
占術はファシズムを否定するし、共産化を嫌う。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月26日
「 誕生日が全く同じ人 」

誕生日が全く同じ人が、
推命学を永くやっていると来られる。
誕生日が同じ女の方は、3人いた。
2人になると男の方と女の方。
男2人、女2人には、双子もいらっしゃる。
女性方の方が誕生日が重なるのは、
自然界のルールが働いているからだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月25日
「 人間がナチュラルを求めている 」

アナログのレコード・プレイヤーが
安価で多種類出揃っている。
デジタルCDに飽きた、不満足、アナログ音への回帰、
様々に音楽の嗜好が変わっている。
音楽のジャンルに於ける進化は終わりました。
自然回帰を人が求めている時代に。
戦争、コロナ、金融界の革命的なスリム化などによる
優しさを求める時代を、人が自力で見出だしてきた。
整形よりも自然体が素晴らしい。
高齢出産よりも、自然体の妊娠、自然分娩へと
人間がナチュラルを求めている。
知らず知らずのうちに。
安い価格でアナログ音は楽しめる。
高いデジタル・オーディオ器は軍事産業が生んだ。
こう見る向きもある。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月24日
「 女性と男性の生き甲斐の違い 」

男性は普通の家庭が欲しいものだと、女性が思い込む。
そうして結婚をした。
ところが男性(夫)は、家庭を持つことにより、
新しい遣り甲斐を得た。
それは趣味が高じた16ミリ映画の撮影であったり、
株の投資であったり、と。
家庭は平穏であれば、新たなる生き甲斐を得ようとする。
女性は男性の生き甲斐を果たして理解しているのか?
それは男性により様々な形態があろうから、
一概には言えないが。
とにかく平和な時代は、無い物ねだりになる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月23日
「 大切なモノの再認識 」

レコードプレイヤーとアンプ、スピーカーを接続して、
レコードを聴いている。
サイモン&ガーファンクルのアルバムだ。
CDと音が明らかに違う。
アナログ音でダイナミックレンジが深くなった。
レコードならば安いオーディオ装備でも
よい音が楽しめるのに、あの時代はなんでCDに皆、
とちくるったように逆上せたのだろうか?
高い物はいい、と言う勘違いも多分あったろうし、
新し物好きな日本人が自慢したかったんだろう。
大切なモノを再認識したい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月22日
「 実践的な推命学 」

摩訶不思議。
正官の多い女性は傷官を帯びてくる。
傷官の多い女性は印星を帯びてくる。
食神の多い女性は偏印帯びてくる。
比肩の多い女性は、官星を帯びてくる。
正財の多い女性は印綬を帯びてくる。
偏官の多い女性は食神帯びてくる。
偏印多い女性は偏財帯びてくる。
これは実践から学ぶ推命学。
古典的な推命学には、
こんなことが書いてないし、載ってもいない。
実践的な推命学と、
古典的な推命学はまるで違う学問に行きつく。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月21日
「 別居は実りがない 」

夫婦が別居していると、実りはない。
それが旦那の単身赴任であろうと、家庭的、
また子供に対しては実りのない、勿論、
本人又は妻に対しても実りのない人生を
送ることになってしまう。
多少は不仲であろうと、男女は連れ添うべきだ。
どうしようもない夫婦であれば、
別れもありだが、男女が助け合える関係であるならば、
別れる前に、相手を助けてみるべし。
我儘は、やがて歳をとるとおさまる。
なんとか暮らせる程度の勝手さは残るが。
家族とはそんなものであり、 弱者への気遣いや労りこそ、安堵へ通じる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月20日
「 推命学は生きる指針 」

推命学は基本的な生きる指針が示されている。
ただし人には知識や知恵が、様々であるから、
幸や不幸がつくられる。
同じ生年月日の女性がいる。
大運が偏印の運気に、
1人の女性は子供をつくろうとして、流産を繰り返した。
結果、流産を女性の身体に難ありとされ、
離婚へと発展した。
もう1人の女性は、
最初からこの時期は流産が多くなると
占い師に注意を受け、避妊をし続けた。
同じ運気を通った2人。
すぐれた占術を知らない、知ったでこうも変わる。
奇跡は起こらないが、道理は通る。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月19日
「 詐欺まがいの被害 」

電話による占いの詐欺まがいの被害にあった人がいる。
電話は何秒単位。
または分数単位で値段設定をしているところが多い。
曖昧な設定が、詐欺にかかりやすくもあるわけだ。
最初から高い価格設定をしないところが、
安物買いの銭失いの人の弱味につけこむ。
電話ならば、最初から何と何と何を聞きたい。
これを言えないような電話占い相談には、
安全装置が付いていないと考えるべきだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月18日
「 カメラの岡林 」

小倉北区の街中に老舗の「カメラの岡林」がある。ボラロイド・カメラを知り合いが必死で探していた。ひょっとして多分、「カメラの岡林」ならあるかもしれないと、知人に知らせたところ、朝一番で電話したところ、朝一番で1台が売れたと。残念がっていたとこへ、今度は「カメラの岡林」から電話が入り、1台の入荷が今、ありました、と。知人は喜び勇んで「カメラの岡林」に買いに行き、ボラロイドを手にいれることが出来た。お子さんの修学旅行に持たせるために探されていたのだ。こういう風に、全てがうまくことが運ぶと嬉しくなる。「カメラの岡林」は僕が小学生3年の時に「フジペット」を買った店だ。未だに縁があり、嬉しくなった。これぞ「小倉っ子人情」なり。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月17日
「 クロ(メジナ) 」

6月になるとクロ(メジナ)のアサマズメ、ユウマズメの期に入る。若松の脇田より岩屋のほうが型が大きい。昔、岩屋で38センチのクロをあげた。今は岩屋も大きなテトラポットが入り、沖波止が出来てからポイントが変わりすぎた。岩屋はキス、アラカブ、チヌ、イシダイ、真鯛、鰻、河豚、カレイの宝庫であったが。岩屋の海水は山陰の特牛辺りの同等で、潮流れが良いために魚種も型も良かった。脇田辺りの海浜公園は、果たして市民が本当に喜んでいるのやら?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月16日
「 街並みが陰気 」

小倉の街並みが陰気に感じる。
すっかりコロナで陰気さが染み付いてしまっている。
人も街並みの陰気さに陰湿になったように感じる。
街並みを明るく構築やり直さない限り、
この落ち込みは上昇しない。
街の建物の壁の色から、
看板まですべて明るくやり直すべきだ。
市から予算をもらって。
祭りのダメなものは廃止してもいいと。
皆がこう思っている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月15日
「 あんなの当たるわけない 」

「Access ranking」の1位に
またまた返り咲いている
「女性の美人、玉女相の人は」が、
なんで返り咲いているのかわからない。
あんないい加減なことを書いた自分も恥ずかしいし、
反省しているが、あんなの当たるわけない。
古典的な推命学の「啖呵売」で、
露天商がやるようないい加減な話しだ。
消して欲しい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月14日
「 日柱が帝旺を持つ女性 」

女性で日柱が帝旺を持つ女性は、
本当の意味で性豪の女性だ。
よく私はSなんですよ、という女性がいて、
いやいや貴女はSではありませんと伝えても、
自分がSだと言いはる方がいる。
帝旺の女性は毎晩セックスを求める。
しかも2、3時間のセックスを一晩中求めてくる。
帝旺の女性は疲れを知らない。
つまり一晩でのべつまぐなし、
500回から1000回はオルガズムを得ることが出来る。
これが帝旺の女性で、Sであり、
そのスタミナは果てしなくMであり続ける。
それを出来る男性には、限りなく尽くす。
出来ない男性には、パシりなど死んでもしない。
ジゴロ(わからない?) で食っていける男性でないと、
多分知らないだろう。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月13日
「 経歴を偽る 」

経歴を偽る。
小さな会社は履歴書をそのまま信用するものだ。
昔、親父の会社に東京大学卒業という社員が入ってきた。
東大卒なら会社を立て直してくれる。
こう皆が期待していた。
子供の僕も安堵感があり、期待した。
ところが、その履歴書が真っ赤な嘘であった。
彼は勿論辞めていった。
博打みたいな賭けを、昔はする人が多かったのだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月12日
「 飲食店のやり方 」

飲食店の損益分岐点が完全に平均値を下げに入ってしまった。
少人数、短時間、回転率をあげる、美味しいモノなら値上げせよ、不味いものはロスが出るし、メニューから外せ。
自信のあるメニューしか売れない、売らない、頼まない。
飲食店のやり方が変われば、店は生き残る。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月11日
「 カフェいろいろ 」

カフェ・ラテなるものが登場したのは、約30年前か。
北九州では、カフェ・ラテはまるで売れなかった。
コーヒー、カフェ・オーレがメイン。
エスプレッソをイタリア料理の店が出したがっていたが、
日本人の口には合わなかった。
ドトールコーヒーが一杯18円の原価で売り出す。
ウマイわけない。
やがてスターバックス。
コーヒーというよりミルク、
生クリームがたっぷりの菓子味(デザート・ドリンク)。
まあ、そのくらいのモノ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月10日
「 飲食店の稼ぎ時 」

飲食店の稼ぎ時が、昼から2時、3時と変わってきた。
夜は8時以降は、集客が見込めないようで、
夜の9時が閉店時間にしているところが多い。
居酒屋で飲み放題はまるでダメ。
居酒屋より飲食店でないと、料理が楽しめない。
この傾向が今後も強まると、思われる。
家族で行ける飲食店が、今は人気がある。
飲み放題をやらなかった飲食店には、
本来いい客層がついていた、と言えそうだ。
食に対する拘り、酒に対する危惧は強まってきたようだ。
食には原点回帰していかねばならない。
特に北九州は。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月9日
「 美人の女性 」

美人の女性は生きづらくもある。
美人であるが故に、幸せそうに生きていかないと、
影でやっかみの悪口を言われる。
美人であるが故に、
終始、美人であり続けなければならない。
整形したら、一生整形しないと保てない。
それで心証潰したひとを沢山知っている。
今の時代は生きづらいと思う。
若いときが良いが、
若いときの運気が悪いと、それも大変だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月8日
「 田舎の弁当 」

田舎の弁当にはご飯を220グラムを入れないと売れない。街では180グラムが常識。田舎のパスタは乾麺120グラムが常識。都会は90グラムが普通。これだけ違うのだから、気を付けなさい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月7日
「 小学生時代の弁当 」

学校給食が始まる前の小学生時代。
アルミの弁当箱に御飯、
オカズを入れない弁当があった。
食パンの耳と砂糖が入っている。
バターは贅沢品。
人造バター(マーガリンの原型)も買えない。
砂糖とサッカリンを混ぜ合わせ、
パンにまぶして食べる。
給食が始まった時、
どれだけ沢山の人達が喜んだことか。
弁当を持っていかれないから学校に行けない。
そんな子供がクラスに四、五人はいた。
アイスキャンディーが5円。牛乳8円。
アンパンが10円。カケウドン25円。
タコ焼き5円で3個。蜜かけ10円。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月6日
「 なんのせいか? 」

どんなに良い家柄に生まれても、
ツラい人生を送る人はいるものだ。
本人の勘違いが圧倒的に多い。
自分はマトモであると。
父親と母親の気不味いセックスが原因か?
御先祖様の因果が未だにあらわれるのか?
性教育が足りなかったためか?
単に理想が高いだけの独り相撲か?
センスが磨かれていないのか?
父親の空威張りが原因か?
純文学を読みすぎたか?
ジャニーズに逆上せすぎたか?
苦労を若いときにさせなかった親のせいか?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月5日
「 無理なものは無理だ 」

常識的に考えて無理なものは、やはり無理だ。
奇跡的に占いでことが解決し、それが占術の力だと。
また奇跡的なことを占術で起こせるのが、
力ある占い師の業だと?
そんな魔法みたいな力を使うことを
占い師が出来るとでも?
どんなに優れた占い師にも限界がある。
最終的にはアドバイスを与える。
それを運気にまかせないで、
じぶんで努力、努力する。
そうしたら、幾分良くはなる。
これは世の中の常識だ。
常識的な努力なくして、人生が好転するわけない。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月4日
「 傷官という変通星の理解 」

傷官という変通星の理解。
偏官の捉え方は確かに難解。
が、五行によって鑑定することで、
理解しやすくはなる。
古典的な推命学では、癒しや救いが不足しているが、
占い師は嫌な性格の人でないと出来ないくらいに、
なげやりな世界であった。
男女平等が叫ばれる時代であるが、
人の悩みは個人的な域を出ることはまれだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月3日
「 想い出だけでは、生きてはいけない 」

若さだけでは生きづらくなる、やがて。
想い出を抱えるだけでは、生きてはいけないだろう。
美しさだけでも生き辛くなる、やがて。
恋や愛にも限界が来る。
生き甲斐とは、与えられるものか?
いや、与えてはもらえない。
働いて働いて、そこから路は拓けるかもしれない。
自分を活かせる世界を見つけた人。
見つけることの出来ない人。
やがて、見つけることの出来る人。
不公平な人の才覚、才能、美貌、邪気、らしさ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月2日
「 男性の精子が弱る 」

コロナに感染した男性の精子が弱ると言う話が、すでに海外では発表されている。おたふく風邪、インフルエンザもしかり。さてワクチンは? さらに女性がワクチンを打ったら? さらにコロナに感染したら? 近々、こんな話で賑わうか? 酒、タバコ、精神安定剤、ストレスが精子を弱くすると。不妊の原因の50%が男性にあると。さてさて。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年6月1日
「 70年ほど前の話 」

学校給食が始まる前の小学生時代。
アルミの弁当箱に御飯、オカズを入れない弁当があった。
食パンの耳と砂糖が入っている。
バターは贅沢品。
人造バター(マーガリンの原型)も買えない。
砂糖とサッカリンを混ぜ合わせ、パンにまぶして食べる。
給食が始まった時、どれだけ沢山の人達が喜んだことか。
弁当を持っていかれないから学校に行けない。
そんな子供がクラスに四、五人はいた。
アイスキャンディーが5円。
牛乳8円。アンパンが10円。カケウドン25円。
タコ焼き5円で3個。蜜かけ10円。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月28日
「 常識的な努力 」

常識的に考えて無理なものは、やはり無理だ。
奇跡的に占いでことが解決し、
それが占術の力だと。
また奇跡的なことを占術で起こせるのが、
力ある占い師の業だと?
そんな魔法みたいな力を使うことを
占い師が出来るとでも?
どんなに優れた占い師にも限界がある。
最終的にはアドバイスを与える。
それを運気にまかせないで、じぶんで努力、努力する。
そうしたら、幾分良くはなる。
これは世の中の常識だ。
常識的な努力なくして、人生が好転するわけない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月27日
「 傷官という変通星の理解 」

傷官という変通星の理解。
偏官の捉え方は確かに難解。
が、五行によって鑑定することで、
理解しやすくはなる。
古典的な推命学では、
癒しや救いが不足しているが、
占い師は嫌な性格の人でないと出来ないくらいに、
なげやりな世界であった。
男女平等が叫ばれる時代であるが、
人の悩みは個人的な域を出ることはまれだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月26日
「 生き甲斐とは? 」

若さだけでは生きづらくなる、やがて。
想い出を抱えるだけでは、
生きてはいけないだろう。
美しさだけでも生き辛くなる、やがて。
恋や愛にも限界が来る。
生き甲斐とは、与えられるものか?
いや、与えてはもらえない。
働いて働いて、そこから路は拓けるかもしれない。
自分を活かせる世界を見つけた人。
見つけることの出来ない人。
やがて、見つけることの出来る人。
不公平な人の才覚、才能、美貌、邪気、らしさ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月25日
「 命式に比肩が2つ 」

兄弟がいないのに、命式に比肩が2つ、
または1つ出ることがある。
これをどう読むか?
実践で習得した結論から申すと、
父親と早くに生死別すると診る。
こうして産まれた子供の両親は早くに離婚。
そして母に育てられることになる。
不仲の夫婦から産まれる一人っ子には、
両親のいく末が命式に刻まれている。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月24日
「 男性の女性化 」

男性の女性化が止まることなく進んでいる。
女性化とは? 女性のように化粧をしたり、
脱毛をしたりするのをカルチャーの様に捉えていて、
男性
の性的機能の退化に対して
危機感を抱いていないのが恐ろしや。
1番危機感を抱くべきは、実は女性ではないのか。
精子が弱くなったので、まず身体を男にしたあと、
脳を男にする力が精子に足りてない。
こう考える医学的な見解があるが、
強い精子をどうしたら
男性が発することが出来るのか?
これには医学的解答がない。
女性の高齢出産における懸念を医学が言わない。
言えない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月23日
「 何を人は優先するのか? 」

美的感覚。この感覚は恐ろしい力を持つ。
美しい女性は男を魅了して時は流れた。
美しい女性に狂った男性は今も存在する。
これは神代の昔から継承されている。
狐女、羽織りの鶴、姨捨山、大奥、遊女、
日本だけでもこれ。
美容整形業界の脱税が。
心の美しさ?あるだろうが、醜さもあるだろうが、
何を人は優先するのか?
個人差なんてあまりないだろう。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月22日
「 強制的な信仰心? 」

推命学を知ると、なんと人間は動物的!
イヤ人間は神憑り的!と感心したり、
またガッカリしたり。人が神を創った理由も解る。
余りにも人が不平等故に、
平等性を誇張しないと戦や戦争が起こる。
君主は枕を高くして眠れない。
フビンな人の為にある宗教。
道徳イコール宗教ではない。宗教は歪な結晶だ。
キリスト教、仏教、イスラム教、他、新興宗教は。
生死には、実はそれほど宗教性は絡んでなかった。
後々、絡めた方が信仰心を強制的に強める。
こうして宗教は確立されたのだろう。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月21日
「 推命学?神殺星?変通星? 」

推命学が厄介で難解な学問と言われる所以は、
わからないでもない。
複雑にしてしまう要因は取り払うのが、賢い。
例えば、空亡、時柱は、入れない。
神殺星は余りにもいい加減である。
これは一番取り外しが簡単だ。
当たらないことをすぐに実感出来るから、
無視する人も確かに多い。
変通星の中で一番、解釈が煩わしいのが、傷官。
傷官がまれに貴命的になることがある。
かなり条件が課せられるが。
これ以外の変通星は実に簡単である。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月20日
「 デジタル? アナログ? 」

例えば、携帯の機能しているネットを皆が一切使わない。これを1年間したとしたら、革命的なことが起こる。アナログよりもデジタル化社会の方が、実はとても危険なのだ。デジタルからアナログへの回帰は、すでに行われている。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月19日
「 鍼専門医 」

コロナの後遺症は、鍼で治癒出来る。
ただし、鍼が上手な先生でないと無理だろう。
整骨院の鍼では、まず無理。
鍼専門医であることが、基本的な条件だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月18日
「 偏官と食神 」

官星の偏官が2つあると、
食神が強まり、体格が良くなる。
偏官の特性である、小さな人を修正しょうと運気が働く。
男性よりも女性に働く力は豊かとなる。
子供を産む力が成長期に強くなるからだ。
だから女性は強く、長生きをする。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月17日
「 正官と印星 」

正官が例えば3つ命式(月や年の柱)にあると、
背丈は高い。が、正官を尅する傷官の働きが強まり、
よくお喋るをする、ハッキリとモノを言う人になる。
印星が3つあると、財星が発達する。
印星強き人は強欲に走るのだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月16日
「 推命学のMとS 」

女性を美しく、優しく、魅力的にするのは、実は男の役割。男が美しい女性を造り上げる。それは芸術的な世界だ。それが出来るのはSの男性。S以外は皆、M。Sは虐めるSではない。女性を喜ばせることを心情とする。Mはマグロ。推命学はここまで解る。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月15日
「 自分磨き 」

結婚したくても出来ないのは、自分をしっかり知らないことかが起因する。自分は、他の人と相対的にどうであるか? 自分の運命はどうなっているのか? この2つが要となる。自分を過信している人が多いのが、現状だ。愛情表現力に於いて、上手い下手は個人差がある。下手を知っていることが、生き方の知恵になる。あなたが何を求め、あなたが何を捧げることが出来るのか? これも大切。好き嫌いだけでは人生は乗り切れない。脚の綺麗な長い女性は、それを知っているから誇張するファッションだ。だが、それは若いから認められるので、若くなくなると、いい歳して、となる。人の魅力には限界がある。その魅力を作り上げるのが、パートナーの役割と する。そんな優しい人は少ない。だから自分磨きを。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月14日
「 出産日は満月の大潮 」

人間が産まれる時期は重なる。
出産日は満月の大潮4日間と新月の大潮4日間。
計8日間の大潮の日が多くなる。
出産日が重なると、産婦人科は忙しくなる。
そこで帝王切開を大潮以外の日にする、
効率優先の婦人科がある。
大潮以外の日に帝王切開をすると、
節入り日が浅くなり、胎児の健康に影響を与えたり、
運気が悪くなったりする。
助産婦が通常のお産を担い、
メスを使う医師は帝王切開に大潮の時にする、
これが人道的に好ましい。
一般の人は、このくらいの知識を持つべきで、
医者に進言する権利はある。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月13日
「 結婚に関して 」

結婚に関して。
年相応になって結婚することが理想。年相応とは、丈夫な子供が丈夫な母体から生まれる年頃。しかし、人により性格が違うように、身体も違ったり運気が違う。成人前に適齢期が来る人がいたり、中年期に適齢期、更年期に適齢期と、人により違う。更年期になる人は、まさか自分が、と。若くして適齢期が来る人も、まさか、と。これが男性にも当てはまるから、ややこしい。 この矛盾が、実は自然界の法則性による現象である。推命学は不平等さを学ぶ学問でもある。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月12日
「 人生いろいろ 」

人生いろいろ。
宝くじが当たる年、事故に遭う年、生き方が変わる年、運命的出会いのある年、会社を辞めたくなる年、安産の年あれば、流産の年あり、騙されて不動産を買う年、また騙されて売る年、学校を辞める年、会社が倒産する年、みんないろいろありますので。
知っていた方がいい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月11日
「 生日の日柱が養の女性 」

生日の日柱が養の女性。
甲戌、乙未、庚辰、辛丑。
お祖父さん、お祖母さんに可愛がられた人。
他人に対しては愛想良いが、家の人には怒りっぽい。
運動神経鈍く、ヒステリーを出す。
好色。
細かい仕事を無理をしてすると、精神障害を起こす。
眼科、歯科はまるで不向き。
事例沢山あり。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月10日
「 祖国を守る 」

フィンランドの領土の一部が、ソ連から奪われた。
第二次世界対戦では、
フィンランドはドイツと手を組み、ソ連と戦い、
奪われた領土を取り戻そうとソ連と戦う。
が、ドイツには必死さがなく、
フィンランドはソ連に降伏する。
ソ連はフィンランドにドイツと共に戦うことを条件として、
フィンランドとの関係を正常化に戻すことを約束する。
こうしてフィンランドは祖国を守るために、
ソ連と共にドイツと戦った。
こんな歴史を学ぶことは、大切であろうに。
ソ連、フィンランド、ドイツ、ノルウェー、
デンマーク、ポーランド、チェコ、ルーマニア、
ハンガリー、トルコ、ギリシャ、
複雑な関係が北欧、東欧にはある。
日本人はどう祖国を守るために生きるべきか。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月9日
「 鍼灸院と整骨院 」

五十肩の女性が整骨院に治療に行った。
1年は通わないと治らないですね、と言われた。
まあ、信じきって週に2回通って三ヶ月。
鍼だったら3、4回で楽になりますよ。
1年間も、週に2回通う?
時間と保険料の無駄遣いですよ。
こうして鍼治療に変えた女性は、
2回目の鍼治療から楽になった。
鍼灸を専門にやっている治療院を探して、
整骨院通いは止めたがいい。
保険料と時間の無駄遣いも甚だしい。
整形外科のリハビリも無駄遣い。
何とかしろよ!政治家に医学者は。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月8日
「 すべての術は理論と記憶で完成 」

チエス、将棋、囲碁、ポーカー、麻雀、……、
推命学など。
すべての術は理論と記憶で完成となる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月7日
「 生と死は表裏一体 」

男子、建禄を日柱に持つならば、
男児産まれる確率は20%。
推命学が確率による統計学と言われる所以は、
こんなところからくる。
が、これには理論が成り立つ。
だから推命学は驚嘆の「術」なのだ。
陰陽五行から捉えると、
生死は陰陽により一体化してしまう。
つまり生と死は表裏一体。
生きることも死ねことも、さほど変わりなし。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月6日
「 純粋な人が傷つく世界 」

映画監督の報道は今さらという感あり。
映画界だけではなく、マスコミ、芸能界は、
暴力団まがいの世界。
エンターテイメントとはかけ離れ、
先輩面で利権紛いの「上納金」集めを半ば強制的に、
恒例としている人達がいる。
昭和の戦後にスター気取りしていた歌手、役者が、
その後は縄張り的な存在となり、
御祝儀名目で金を集める。
芸能界、ヤクザ、政治家、資本家など、
国境をまたいで繋がり、保身する。
純粋な人が傷つく世界がある。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月5日
「 己の聖典 」

推命学に 何が必要か?
推理力、洞察力、そして記憶力だ。
当たる、当たらないは、記憶力がものを言う。
そうして当たらないモノ、部分を排除していく。
シンプルな推理学を確率していく。
勉強ばかりしたところで、一人前にはなれない。
実践、現場の経験こそすべてとなる。
聖書、聖典の勉強よりも、
生きていくことからの経験が、己の聖典になる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月4日
「 深い話、よく考えて 」

自分を知らない人ほど、
人生がつまらないと感じる。
感じるとは、相対的な判断をして
思い込んでいる自我のようなものだ。
犬が狼を羨ましく感じるか?
違うだろうよ。
あなたが自分を知ろうとしないのは、
人間が皆、平等である的な虚学を
教わったためであろう。
だから宗教には限界がある。
統制されても、個性がない。
まるで共産的な生き方になる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月3日
「 失恋を嘆くな 」

10回目の恋より11回目の恋の方が、
味がよく解る。
良さも、大切さも、優しさも、
人間の力の限界も感じてくる。
だから失恋を味わうことは、
経験を今後に活かすことになる。
初恋とは、いつも初恋である。
恋を繰り返し重ねることから、
味わい深さも噛み締めることが出来るようになる。
失恋を嘆くとは、バチあたり。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月2日
「 女の十九は「重苦」 」

女の十九は「重苦」だから、
こじつけで厄年とした。
馬鹿らしい??
日本の厄年説はぜんぜん無意味。
他愛のないシャレで始まったのだ。
二十歳は娘の年ではなくなるし、
男は二十五の年まで背が伸びると。
まあ昔の俗信が明治から大正まで、
西洋的な考えが入り、脱落したんだ。
が、西洋的な考えも、またいい加減であったから、
もうグチャグチャ。
それを神社やら胡散臭い自称霊感氏がいうから、
変わりゃせんがな。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年5月1日
「 厄年で儲けているのは? 」

厄年で儲けているのは神社。
最近は医者に厄年の健康診断をとなりも。
だから医者もか。
焼く年として、お餅をやいたり、魚を、肉を、野菜も。
こうしたら厄祓いになる。
信じるものは救われる。
で、厄祓いに恋人にヤキモチでもよし。
こんな遊びから、
九星気学や六星占術は生まれたんで、
まあこれを真剣に占う方も、占ってもらう方も、
大笑い。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月30日
「 馬鹿らしい世界に背を向けて 」

余程の人格者で控え目でおごりがない。
そうでない人が、一時期華やかに名声を得たなら、
運気をそこで使い果たすことになり、晩年は寂れる。
アイドル系の人気者。
その期を終えた中年以降は惨めな姿に。
人気ほど怖いものはない。
その人を狂わせる覚せい剤の気運だ。
芸能界とは地獄である。
馬鹿らしい世界に背を向けて、
生きる人々を天は迎え喜ぶ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月29日
「 推命学と統計学 」

推命学は統計学とはまるで違う。
推して命を読む判定技術が基本となる
予知学と言うべきか。
推命学を統計学で終わらせてしまう人は、
占術と言えない浅いお勉強程度の雑学に過ぎない。
古典派の四柱推命をやる人は、
予知学には程遠い回り道を、行ったり来たりしてしまい、
気付いたら80歳になっていたと言うことになりかねない。
現場、実践で当たらない(必要がない)モノは外して、
前に進むべきだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月28日
「 発達障害 」

最近、「子供が発達障害です」と言われる方が、
お客様の中に多い。
生年月日からお子様の名式を出すと、
医者に診断したのが早すぎたケースが多い。
立命(一人立ち)の年前に、診断するのは正しくない。
立命の年は早い人で3ヶ月。
これは上に兄弟がいると
親の手伝いをしてくれたりする為、立命が早くなる。
遅い子供は最長で12歳となる。
これは一人っ子、
また体が早産のために弱いからとみる。
平均は4、5、6歳で、
立命後に子供が元気になる場合もある。
エトが12あるので、一回りするまで待たないと、
早計過ぎる診断となるのだ。
子供の出産や男女の比率、
男子の性に関する問題は、推命学から学べる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月27日
「 コロナワクチンの接種 」

コロナワクチンの接種に関して、
無差別に何回も何回も行うのは、医学的ではない。
免疫力は個人差があるのだから、
そこを年齢で区切ったりするのは
医学的か?と疑念する。
糖尿病の方はコロナに重症化するから
ワクチンは必要だろう。
またインフルエンザにかかったことのない人は、
免疫力が高いのでコロナに対しても強い。
アルコールを飲む人は歯周病になっていたりするから、
コロナに感染しやすい。
血液型のO型の人も免疫力が強い。
人の身体は一人ひとり違うことを前提としない医学は
恐ろしくもあるし、不信感を抱く。
ワクチンを無差別的にうつことは、平等ではなくなる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月26日
「 性に関しての悩み 」

性に関しての悩みはとても多い。
男性も女性も。だけど相談しづらい。
アラブ人は前戯に一時間かけるほど女性を大切にする。
だから一夫多妻制が成り立っている。
男性が浮気をするのは、
実は己の未熟さからくることが多い。
女性の浮気は男性の未熟さからくることが多い。
金が儲かるからアダルトはやるべき商売となっている。
性に関して無知な社会ほど、金を儲けるヤツが増える。
悲しいかな。
教育がその商法を支えているとも言える。
残念ながら。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月25日
「 学業よりも肉体労働が必要 」

日本の男性の精子の数が
この50年で三分の一に減ってしまった。
昔は男女の出生比率が6対4で、
男子胎児の35%から30%が死産、流産で
バランスが男女5対5と。
今は死産や流産が減り男児55%に対し女児45%。
つまり種のない、薄い少ない男性の割合が
最低10%から30%はいる。
しかも男性で30代でいきなり種が切れたり、
極弱、薄になるのが増えている。
オナニーのやり過ぎやら、AVやら盗撮やらで、
生身の女性よりも愛する性の捌け口は
映像となっている。
日本が戦争がないばかりに、
男は野生を失くしつつある。
日本が危ない。
学業よりも肉体労働が必要だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月24日
「 笑うカドには福が来る 」

人間は生まれながらに
未熟な性分を持ち合わせた生き物だから、
やはり教えと愛情と修行がどうしても必要不可欠。
まず愛想のあるない。
愛想のない人は愛想をつくる修行を。
愛想の好い人は、悪い人の百万倍得をする。
愛想の悪い人は表ではなく、裏での世界に追いやられる。
ネズミ、ゴキブリのように。
笑うカド(顔)には福が来る、は正しく。
美人顔であっても明るさがない人。
これは性悪(醜女)な女と言われる。
目は口ほどにもの申すで、目が優しい人は好かれる。
好かれない人は目が死んでいる。
目が死んでいると魚の目ができやすくなるとか。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月23日
「 幸せの運気 」

幸せは歩いて来ない。
だけど歩いて自分が行くと、
とんでもないことになる。
幸せの運気は待てば来る。
では待つ運気とは?これを知ることは、
東大にいくより賢くなる。
運気を知らずして、学業に勤しむなんて、
無謀過ぎるよ??

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月22日
「 北九州のお土産 」

知り合いの方からの、
東京、そして京都からなお土産が届いた。
まあ、上品な味が老舗らしい
包装紙と菓子箱にくるんである。
北九州に来られた方から、
お土産物は何が良いですか?とよく尋ねられるが、
銘菓と言えるものがなく返事に困る。
結局、明太子を無難として薦める。
北九州は魚が安い、青魚は美味い、
が菓子類は薦められない。
そう言えば、長崎ならカステラ。
大分の別府はザボン。
一昔前のお土産であったが、今はどうなんだろう。
ザボンは美味しかったか?
カステラは大衆化された。
北九州に限らず、
九州には今の時代で銘菓と言えるモノはない。
これが食文化の実態かも知れぬ。
黒ダイヤ、白ダイヤが
筑豊のお土産であったことを覚えてる。
ようは羊羮を石炭にあ面えた
パロディーっぽいお土産物だった。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月21日
「 土の民族 」

土の人は匂いに敏感。
土は消化器系を表す。
だから土の人は
良くないモノを食べたくない気が強く働く。
土の人は好きな人の匂いを嗅いで安心する。
まるで小さな子供が母親の匂いのする人形を
手離さないように。
土の人は相手(話し相手)が、
昨日は魚を食べたか肉を食べたかをかぎ分ける。
魚を食べた次の日は、鼻の穴の中が魚臭い。
肉を食べた次の日は、鼻の穴の中がニクニクしいと。
日本人は匂いフェチが多いから、
芳香剤がよく売れる。
土の民族だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月20日
「 偏官を持つ女性 」

偏官を持つ女性はお産が軽い。
1つで月支が理想。
年干の偏官を持つと子供の育て方がまずくなる。
子供を産みたい女性は、
偏官が先天運にないなら、
年運偏官の出産が軽い。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月19日
「 魚釣り 」

テトラ(ポット)から釣る人腰が、悪くなる。
が、テトラがあるから魚は集まる。
魚の集まる処に男は集まる。
魚釣りを、まるで女性のナンパのように
狙い撃ちするスリル、と称した。
下手な釣りビトと上手い竿師がいる。
何処に行ってもある。
上手い下手。ダメといい。
魚はいい竿師に釣られたいはずだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月18日
「 いわゆる音楽 」

いわゆる音楽。
60年代のモノから追って聴き続けていくと、
ほっとする、違和感はなく、気にならない、
飽きがこない、こう言った括りで選ぶと、
やはり60年代の作品(クラシックなども含め)が
音楽らしいと。
今はアルバムを全部通して聴く人は少ない。
が、よくぞ、そんなことをしたと振り返る。
それが出来たのは
70年代までのモノに限られると、今は言える。
最も今は、
音楽に対する好奇心は限られた音楽家にしか向かない。
聴きたくない、嫌な音楽は騒音と同等。
またはそれ以下。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月17日
「 能動的に生きる 」

レンタルビデオの楽しさは、
能動的に映画を探すところにある。
配信は何であろうと、受動的。
受動的な人生を送りすぎると、馬鹿になる。
魚釣りをした人は解るはず。
釣れない理由を追求する。
結果、1にポイント。2に仕掛け。
3に餌の付け方、選び方。
釣りが上達しない人に欠けているのは、
何故、何故、何故、何故、何故。
5つの何故があれば名人になる。
どんな世界に於いても、名人になれる。
能動的に生きることは、恥をかいても良い、
自分に負けたくない、の気がないと無理か。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月16日
「 慈愛は自愛、自愛は他愛 」

人を殺すのが「好き・気持ち良い」。
そんな戦士が、実際に戦地に行ってみると沢山いる。
デイゼル・ワシントンが主演した
「トレニング・デイ」を監督した
アントニー・フュークワードが語っていた。
人間も野生を持つからには、そんな人もいる。
だから抗争は遠い昔から続いてきた。
自分を殺すくらいなら敵を殺す。
こう言うと、筋が通るように聞こえる。
だから「罪と罰」か。
死刑が犯罪の歯止めになるのか。
優しさ、愛、絆、思い遣り、家族、親子、恋人、慈愛。
慈愛は自愛。
自愛は他愛に。
だから生きていくことは、素晴らしい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月15日
「 五行の色 」

白色、金、シルバー、黒色が
間違いなく似合うのは金の人。
白色、黒色、赤色、紫色、濃いグリーン、紺色が
似合うのは水の人。
青色、緑色、紺色、夏生まれは黒色、
冬生まれは赤色が似合うのは木の人。
赤色、青色、緑色、夏生まれは白色、紺色も似合う。
これは火の人。
黄色、茶色、夏生まれは白色、黒色も似合う。
これは土の人。
黄色が似合うのは金の人か土の人と決まっているし、
黒色がカッコ良く似合うのは色白の実は火の人。
イヤリング、ピアス、ネックレスが大好きなのは金の人。
必ず腕時計はシルバーの貴金属ベルト。
木や水の人は革のベルト。
素材よりも色、形で服を選ぶ人が多いのは
人間の原点とも言える。
流行色はメーカー、アパレル業界の戯言。
人はそれぞれで、似合う色が決まっている。
大切なこと。
黒の下着は運気を下げる。
それは喪服の色と同じだから。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月14日
「 五行の質 」

打てば必ず響く金の生。
とても解りやすく悪気ない。
初々しさを持ち放ち、終身まで光り輝き若き人。
土の人、身近なとこから確実に命を育てていく力。
それは逞しく、優しく沈黙で恐れを知らずに、
まさしく神宿す生。
一を知って十を読み、
十を知ると又、一に戻るは火のお人。
眠ることを知らずに生きていく。
その姿は貴人か変人か。
広く深く静かに優しく、そして激しさを持つ。
が、その計り知れない力の源流は遥か彼方の天である。
神憑りの水の人。
木たる生は己を知らずに生きていく。
たえず相対で己を知り、感情を揺さぶり燃えて生きる。
その様は神か命か図り知れず、命の高ぶりを宿す人。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月13日
「 沐浴を持った人は美人 」

女性の美人。
それは沐浴を持った人。
ただし、陰陽五行の中でも一番は、陰の金。
つまり辛(かのと)だ。
それは陰の金は指輪とする。
だから美しい。
見た目は良いのだ。
沐浴の想定から、次に陰の木が美しいとする。
そして陰の金の沐浴を持つ女性が実に多い。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月12日
「 新企画!電話鑑定について 」

最近、ありがたいことに
遠方から、小倉まで来られての
鑑定依頼が数多くあります。
面談での鑑定もとても価値のあることですが、
あまり負担をかけずに鑑定を行えるように
電話鑑定を1日に1名様に限り行います。
時間は20時から。
完全予約限定の、申し込み先着順です。
詳しくは占い処「たぶれっと」
電話093・953・6616へ。
料金は基本1時間 を10000円といたします。
土曜日、日曜日、祝日は
お休みとさせていただきます。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月11日
「 渥美清、花紀京、藤田まこと 」

土の陽と陰。
陽の土は山。
陰の土は平原や畑。
山は高くそびえるからプライドが高い。
平原や畑は和む。
水気の多い土は陰陽ともに木が入りやすい。
今年は寅年の陽の水の年。
女性は男性運が強くなる。
平原や畑は花、草、野菜、米を育てる。
安心感、恵み、人の味方、安心感を与える。
陰の土には素晴らしい役者が多い。
代表格は渥美清に花紀京に藤田まこと。
大衆芸能で、噛めば噛むほど味がある。
飽きない。
安心感を与える。
渋い面白さ。
奇をてらってない。
自然体。
素晴らしい役者さんだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月10日
「 満月か新月 」

満月か新月の日に種がつく。
満月では陽、新月では陰の日干の子供が生まれる。
男女は、これは精子の力によるところが強いが、
同時に排卵した卵の陰陽にも関係するようだ。
十月十日を誕生日から遡る。
いかに人が月の満ち欠けに
連鎖、連動して生命力を維持していこうとする力が
備わっているかだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月9日
「 半分は向いていないのに 」

人生には成功する事と、失敗に終わる事がある。
それは実は始める前から結果が予測つくものである。
ただし自分自身では予測つかない。
結婚、起業独立、不動産の獲得、事業縮小、倒産、
子供の進路・適職・受験、病気、跡取り、離婚、と。
一人ひとりがその時期、順番も変わり、内容も変わる。
会社勤めが出来ない人、会社勤めが似合う人、
様々で、自分で解る人と解らない人がいる。
だから苦しむ人がいる。
自分なりの人生航路があり、
それを知るのが推命学だ。
会社員がいいと考える若い人が圧倒的らしい。
半分は向いていないのに。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月8日
「 ニヤケ 続き 」

以前、ニヤケについて記した。
さらに調べた。
ニヤケは「若気る」と正しくは書く。
鎌倉、室町時代に貴人に仕える男色の
対象になった少年を表す言葉である。
けっして、ニヤケを「薄笑いを」
みたいな使い方は誤用。
女性にも使わない。
森鴎外の「青年」にニヤケを綴った箇所がある。
さて中国語ではニヤケは「男人帯女人相」である。
やはり中国でもニヤケは男に使う言葉。
東洋人の方が、
ニヤケ顔が人相的にはっきり出るのだろう。
推命学の十二運の「沐浴」の意味は男色でもある。
女性に出る「沐浴」はニヤケではない。
美人、色っぽい、男性にモテる、
人気、気儘などを意味する。
受胎して雌から雄は雄になるわけだから、
女的な資質を得た男性に「沐浴」が出ることがある。
女性は天性が「色気」そのものなのだろう。
だからニヤケがいない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月7日
「 魚の目 」

魚の目ありますか?
今は「鶏眼(けいがん)」が正式名称。
日本人は魚と出会う国民だから、
あの出来物を魚の目に例えたんだ。
ドイツでは「鶏の目」と言う。
鳥と関係が深かったからだろう。
魚をあまり食べないから。
フランス語では「角(つの)」。
動物の角だ。
牛、カモシカ、あとカタツムリの角からか。
水虫、田虫、インキン、ゼニタムシ、
ハタケ、シラクモ、水疱瘡。
タムシチンキ(塗り薬)が
この令和にあるのかは知らないが、
昭和はキンカンとタムシチンキが家庭常備薬だった。
タムシチンキの小箱に
適応病として書かれいたのを覚えた。
まだ覚えているが。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月6日
「 ロシア 」

ロシアというお国柄を国民目線でロシア国民を観察してみる。まずロシアには伝統を重んじることよりも、生活する(生きていく、食べていく)ことを優先させてしまう。Macハンバーガーが大好きで、これをアメリカ文化として毛嫌いすることは丸でない。ロシアらしさが商売になることを知っているから、ロシア人でいるようなところがある。つまりロシアが欧米諸国の中で、特殊性の強い国ということを盾にして生きていくことには長けている。この生き方はやはり、ヨーロッパとは違うし、日本人が嫌う生き方。ロシアにもアラブ系は、アラブの伝統を重んじて、ロシア人でも異質だ。シベリアの負債領土を抱える以上、ロシアは豊かになれそうにない。 魚を寒い国はあまり食べない。体温が上がらないから肉と強いウオッカが必要なのだ。ハンバーガーは好きだが、フィッシュバーガーは食べない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月5日
「 いい加減な話 」

最後の盲僧琵琶法師は宮崎県にいた。
その方がお亡くなりになった5年前くらいに、
最後の盲僧琵琶法師のDVD付きの本が出た。
こちらの方は熊本県の方。
まあいい加減ではあるが、こんなモノかも知れない。
夜這いが、岡山県やら島根県やらの
山中の村では今なお行われていると。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月4日
「 一生懸命に生きたい気持ち 」

今の高校生の方が推命学に来られて、
一番の質問は恋愛、彼との相性、進路の相談、
家、家族、両親の話しです。
皆さん、陰陽五行をなんとか解ります。
そして興味深く話を聞かれます。
テレビを観る方は少ない、とても。
友達との会話が大切で楽しいそうです。
才能を活かし、好きなことを仕事にしたいと、
気持ちが変わる方が多く、
やはり一生懸命に生きたい気持ちが伝わってきます。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月3日
「 鹿児島本線文化と日豊本線文化 」

福岡市は鹿児島本線文化。
北九州市は日豊本線文化。
こう言われていた50年前。
確かに。
最近、福岡県内の高校生のお客様が来店することが多い。
就職先や専門学校への選択希望をお聞きすると、
違いが鹿児島本線と日豊本線地区で分かれる。
鹿児島本線沿線の高校の生徒さんは選択肢が幅広く、
自分の才能を仕事と結び付けて考える方が多い。
文化にも流れがある。
まるで潮流れの変わる海のように。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月2日
「 名医、名人 」

名医、名人にもさまざま。
商売上手な名人がいた。
口から生まれて来たような饒舌多弁な名人もいた。
看板で格付けしている名人がいた。
名医の類いもだいたい同じであったし、同じである。
神様のような(?)、いるわけない。
セクハラをしたり株の方が好きであったり、
政治家になるべきだったり。
偉人は後から作られた作為的見解だ。
本物は本物にしか解らない、難しさ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年4月1日
「 いつまでマスク 」

麺や。
面や。
今は麺や(麺屋)しか言葉は使わない。
面やとは、オメンを売っている店、露店。
発音アクセントが変わる。
麺屋は平らに。
面や。これは下がる。
オメンは今はマスク。
マスクはオメンの意味もある。
いつまでマスクが売れるのやら。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月31日
「 東京の臭い話 」

東京都立高校の校則が緩和された。
当たり前のことが、ここまで時間かかったことに呆れる。
邦画の監督が週刊誌にスクープされた。
映画の興行成績を上げるために始まったやり取りから、
結果こうなったのかも知れない。
また、こんな話をニュースにする価値判断は、怪しい。
東京はハイエナがたむろ出来る街。
地方はまだマシ。
東京の臭い話で日本を汚染しないで欲しい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月30日
「 白か黒か単純じゃない 」

白か黒しかない。
パンツの話しじゃない。
若い頃はそう考えてしまう。
硬派か軟派か。
勝ちか負けか。
正義か悪か。
芸術かエロスか。
ところが人生いきてくると、
善人がとんでもない悪人であるとか、
名医がヤブだとか、美人が整形後だとか。
決めつけらるないことばかり。
考えると、若いときほど頑固を装い、
肩を怒らせて歩いている。
あの時のようには出来ない。
なぜなら今の方が、私は若いからだ。
少し賢くなったぶん、若返った。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月29日
「 実践で習得した推命学 」

推命学を10年、20年やっているが解らない、
鑑定が出来ないという方が、全国に何十万人はいる。
そんな人達は、
古典的な推命学に振り回されている方がほとんど。
またそんな推命学を教えている人も、
実は解っていないがほとんど。
日本でもオリジナリティーな推命学を
確率された方に言わせると、
空亡、時柱、神殺星、なんかは当たらない。
そんなことやっていたら、
30年間勉強しても一人前の占術家にはなれない。
皆さん、こうおっしゃっていた。
ハッキリと言うなら、
実践で習得した推命学でないと、当たらない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月28日
「 パンツ教室 」

パンツを履いた動物を人間とする。
パンツにこだわる動物を富裕人間とする。
パンツにこだわらない動物を下層人間とする。
下着の盗撮にのぼせる動物を病人とする。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月27日
「 本年度の推命学教室 」

本年度四月から入会される生徒さんは、
推命学教室の入会金が7000円で
授業料は1時間30分間で7000円といたします。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月26日
「 世界各国の映画 」

世界各国の映画がDVDされ、観ることは出来る。
訳の解らない国の映画も沢山あるし、
日本の映画も他国の人から観ると、
訳の解らない国の、訳の解らない映画、
と言われてるに違いない。
ギリシャ、トルコ、ブラジル、アルゼンチン、
メキシコ、イラン、韓国、中国、勿論アメリカ、
カナダ、オーストラリア、その他。
映画を観れば観るほど、違和感が強まってくるのは、
やはら良作が少なすぎるからだと、解ってくる。
やがて行き着く先は、映画も下らないね、かな。
テレビや映画に対する不信感は、
やがてスポーツが素晴らしい、と言わせるのか?
これも気味が悪い。
スポーツ選手がアイドル花形みたいになるのは、
間違いだと貴方は感じますか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月25日
緊急ブログ

プーチンは負けるまで戦う。
今年は自滅覚悟。
勝利なき破産の運気に突入したばかり。
正統派の政治家ではない。
核使用あり得る。
ヒトラーに似た独裁者。
ロシアは崩壊寸前。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和4年3月25日
緊急ブログ

プーチンは負けるまで戦う。
今年は自滅覚悟。
勝利なき破産の運気に突入したばかり。
正統派の政治家ではない。
核使用あり得る。
ヒトラーに似た独裁者。
ロシアは崩壊寸前。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月24日
「 無情の世界と隣り合わせ 」

他人を理解する、仮に能力とするならば、
生日日干の陰陽五行により、
能力の質、形、機能、表現力などは様々である。
人間は他人をあてにすると、
必ずや孤独に陥るもので、
どんなに愛し、愛されたところで、
やはり無情の世界と隣り合わせ。
火が土を理解出来るのか?
木が水を理解出来るのか?
金が火を理解出来るのか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月23日
「 厄年だけ気を付けてもねぇ! 」

いつも運気は変わらず。
厄年だけは気を付ける。
これが90%の日本人の平均的生き方。
だからツラいことが多い人生で、
遣り甲斐のない生活のための仕事観であり、
こんなはずではなかった結婚観、家庭観に、
そして人生観に振り回されてしまっている人の
多いこと。もう一度、考え方を変えてみては?
自分と向き合ってみたら、明かりが見えてくるのでは。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月22日
「 男のニヤケ 」

ニヤケ顔。男性に使われる。
男のニヤケ。
女性にもニヤケ顔があるが、キレイ、可愛い、
魅力的、美人、色っぽい、と言われがち。
ニヤケ顔の人は、沐浴の十二運を必ず持っている。
これは推命学を勉強すると、すぐにわかるようになる。
おだてに弱い。旅行好き。
お洒落。ヘソクリ上手。好きやすの飽きやす。
今日決めたことは、明日まで待てない。
うろうろ好き。妙な正義感を出し、自慢気に話す。
温泉好き。飲む、打つ(今は株や投資)、
買う(女好き)のどれかを。
格闘技をしたり、観たり。野球好き。
谷村新司、オダギリジョー、間寛平、財津和夫、
浜省、藤木孝、現首相、芸能界や風俗、旅芸人、
医者に多い。
その昔は、旅芸人、露天商、大道芸人、流れ者、
と独自の生活感を持っていた。
女にモテる。
故にニヤケ顔。
ニヤケ顔は女性は本能的に好きみたいだ。
女性は、ニヤケ顔イコール、垢抜けた可愛さ。
ただし、男女共に、気難しいし、自己中心的、
おだてると気前良すぎる振る舞い。
結婚不向き。
夫婦共に沐浴あると、別れそうで別れない。
忙しいとテンパる。
忙しいと機嫌良い。批判的で、政治家、医者が大嫌い。
稀に人格者いるが、芸術性にたけた人。
オマセな子供時代で、助平。男女共に。
海外に縁あり。実践で学ぶ傾向。
頭は悪くはないが、コツコツと勉強はしない。
実践で生きる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月21日
「 ボキャブラリー 」

美人と綺麗な女性はどっちが好き?
化粧しないで綺麗な人と、化粧して綺麗な人、
どっちの女性が好き?
こんな質問をされたことがある。
化粧しないで綺麗な人は薄化粧したら、
さらに綺麗になるでしょうから。
美人は綺麗な人より、
やや近くにいる存在じゃないかな?
こんな回答を二十歳の時にした記憶がある。
綺麗なは手も足も届きそうにない人でしょう。
こんな言葉の違いを勉強するわけがない。
高専では。
物書きになって言葉のボキャブラリーが狭くて
苦労したのを思い出す。
高専だからね。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月20日
「 本物の味 」

1960年から1980年あたりまで、
いわゆる飲食店やカフェ、レストランが
最も景気がよかった時代。
本格的なコーヒーからパスタ、ビザ、
フレンチ、イタリアン、ケーキなどは、
その店独自のオリジナルであり、
料理全般に関して個性や、
店のクオリティーが問われた時代であった。
70年代中盤からは、
学歴のある若い人が料理の世界にも
興味をもって仕事とする時代になる。
まだモノやカルチャーを現実の世界で
追い求めることが、
スペシャリストとして自負出来た時代だ。
食品会社やコーヒー会社が、
レトルト商品を作ることを
主力戦略として始める前の時代だ。
それからやがて飲食のクオリティーは
下がっていくことになった。
今は最悪だ。レトルトからチェーン展開、
さらにはコンビニ、宅配ビザ、回転寿司
と、本物の味が消えつつある。
今の飲食店で働いても料理を作る喜びは味わえまい。
すべてが素人集団で世の中が回っているようだ。
アナログの大切さを何故に文化人は訴えないのか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月19日
「 副作用 」

花粉症の人が、薬を飲む。
副作用で肌荒れになったり、
小じわが出来やすくなったり。
病症を押さえる薬には、様々な副作用がある。
コロナのワクチンの副作用で、
困っている人達の数は凄い数になるらしい。
ワクチンをうって亡くなったと言われる人達も、
ひた隠しで公にはなっていない。
薬害について語れる時代が、いつ来るのか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月18日
「 占術の保険? 」

推命学の癒しと救い。
いかにすれば、悪いことが起きないか?
いかにすれば別れないか?
いかにすれば結婚がうまくいくか?
いかにすれば子宝に恵まれるか?
悪いことばかり当たるような占いなんて必要ない。
救いと癒しをどうすれば得られるか?
これをハッキリと打ち出さない限り、
推命学であろうと意味をなさない。
空亡や神殺星や時柱などはスパッと切って、
解決策の勉強をした方が、
皆の役に立つし、喜ばれる。
これからの占術は、
保険がきくくらいの素晴らしいものになって欲しい??

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月17日
「 恋の話 」

恋の話。
相手から、想定外の情熱で好かれる。
男も女も、これはキツいし、ツラい。
つまり過大評価される。
何がそうさせているのか解らないが、
人生には「勘違い」されることがあるものだ。
大人と思われているが、
実はなんにも知らない坊やとか、
いい女と勘違いされているが、
実はキスの経験もない女であると。
だから面白いと思うか、それとも嫌だと考えるか。
この選択は、
実は楽に考えた方が、必ずうまくいくのだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月16日
「 結婚の価値観 」

コロナは果てしなく、絶えることはなかろう。
そんな気配がする。
経済は破綻。失業者が増え、低所得者も。
結婚の価値観も変わるかもしれない。
20代前半でしたい女性の増えていること。
それがいい人も沢山いるから、
自分のことを知っている若い女性が増えている、
と言って良いだろう。
大学に行く時間が婚期の人もいるわけで。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月15日
「 ケアマネージャー 」

介護施設に早く入りすぎた人達が、
預金額の残高を心配して相談に来る。
早く入りすぎた人達は、
今の施設利用金額が安いのを知って、
もう少し我慢したらよかった、と嘆かれている。
現施設から新たなる施設への転居を
希望している方も多い。
これからのケアマネージャーは、
そんな相談にも応ずることの出来るような
職務でないとなるまい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月14日
「 Morozoff 」

小倉井筒屋地階にある
老舗の「Morozoff(モロゾフ)」
ここのプリンは伝統的な美味しさ。
言うなら、ここのチーズケーキが旨い。
大人の味。
プリンの種類も沢山あって、
やはり伝統は守られている、と感心。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月13日
「 サラリーマンが疲れている 」

サラリーマンの方が来られる。
とても疲れていらっしゃる。
覇気が消えている。
結婚して子供がいる。
ようやく子供さん達が大学へ。
一安心。さて、これからどうしたらいいか?
殆どの方が、趣味や余暇を楽しむことをしていない。
その前に、身体が不調で一歩踏み出せない。
上手な整体師やマッサージ師がいないと、嘆く。
保険の効かないところの方が、上手いですよ。
アドバイスは喜ばれる。
鍼灸の上手い所を探している。
僕が。そしてお客さんの為に。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月12日
「 戦後の芸能界 」

戦後の芸能界。
そしてテレビ放送が始まる。
ここに送り込まれたり、ここなら喰っていけると、
テレビの世界にはある種の特異な利権が発生した。
もちろん従来の興行権も絡んでくるから、
権力抗争は起こる。
テレビもキャバレーもストリップも風俗も、
舞台は違うようで、中味は同じこと。
これが今のマスコミを作り上げている。
とんでもない話だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月11日
「 災害を表現する地名 」

山が崩落することを「トブ」と表現する地域がある。
そういった処では、
「飛石(とびいし)」「鳶石(とびいし)」なども
災害と関係のある地名ではないか、と伝えられる。
「蛇抜(じゃぬけ)」も、
かって鉄砲水で崩落した地と言われる。
長野県にはいくつも存在している。
災害地名は、ハバ(幅、羽場)、カケ(欠け)、
ソリ(反、曾利)、ゴロウ(郷露、高呂)などの
ついている地名が災害地名と、伝えられる。
杖立も、杖とか津江などと表記され潰えるを意味して、
かって災害のあったことを意味する。
またワダは、曲処(わだ)のことで、
川が湾流し災害を思わせる地名と。
曲処は和田と表記されていまい、
災害とは無縁な地名と思われているが。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月10日
「 願かけの名残 」

例えば、千春という名前。
男が欲しいと思いきや、女が生まれた。
こういった場合は、
わざと次に男が生まれるようにと、
女の子に千春と付けた。
またこの逆もありで、
女の子が欲しかったのに男が生まれた。
次は女の子が生まれますようにと、
男の子に千春とつける。
こういったことを日本はやって願をかけていた。
面白い。
女にも、お寅さんがいたり、
男にも、お鶴がいたりしたのは、
願かけの名残だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月9日
「 おいらの街28年間で心身ともに限界 」

おいらの街を28年間、毎月発行すると言うのは、
毎月20000人規模の観客を動員して、
毎回、毎回違ったイベントを成功させていく
エネルギーが必要だと言うことだ。
身体も心もフルに使う。
28年で心身ともに限界がきたのだ。
バカな人しか長くは続かなかった。
異様な世界だ。
団塊の世代は、
何かに懸命にやることで生き甲斐観を得ることしか、
知らない馬鹿ばかりだった。
タウン誌がこんなに永く続くことは、
今後はあり得ない。若者の体力も気力も落ちているし。
28年間も活動の続いたロックバンドが、いないように。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月8日
「 諺 」

「慌てて結婚し、ゆっくり後悔する」。
西洋の諺だ。
「急がば廻れ」も類似語。
「急いで恋人を見つけて、
ゆっくりと結婚相手を探す」。
「まだは、もう。もうは、まだ」。
「覚えたての色事は、やりたいだけ。
勘違いするな」。
「自分の理想に溺れる阿呆の浅情け」。
いやはや。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月7日
「 新しい風 」

新しい風が吹いて来るのを待っている。
風がおさまってしまうと、
息苦しく感じる人が沢山いる。
自分の中に風を起こそうとしている人もいるが、
やはり少ない。
北九州市は早く新しい市長に変わらないと、
風は吹いて来ない。
地方には地方の風が吹かなければ、
街は元気にならない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月6日
「 コーヒーの文化 」

高くても飲みたいコーヒーは、あるのだろうか?
お冷やの出てこない喫茶店やカフェは、
間違っていないのか?
北九州市にコーヒーの文化は、
まだあるのか?
タバコから離れたコーヒーの生き残る道はあるのか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月5日
「 人生のカラクリ 」

財星が先天運にない人が、
18歳から財星が20年間、大運(後天運)で来た。
この20年間で会社を興し、
繁盛して結婚、子供も授かった。
まさか、20年後の大運(後天運)が
偏官に入った途端に会社が倒産。
官星が先天運でない人だけに、
これからは勤め人としての20年間が始まった。
誰もが陥る可能性の高い、人生のカラクリ。
このカラクリが仕事運、起業、結婚、
離婚、事故、倒産などを導いていく。
運命に逆らえないが、
己の限界を知ることが、上手な生き方にもなる。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月4日
「 追っかけ 」

追っかけ。
名門私立高校から名門大学へ。
聞くと、中3くらいから追っかけを始めたと。
結婚もせずに、40代に入った。
未だに、追っかけをしている。
今までに、追っかけをしている
何人もの方から相談を受けた。
相手は自分の事をどう思っているか?
といった内容でたずねられる。
相手が自分のことを知っている、
これを前提としてたずねてくる。
中学時代から、憧れるのは教師であったり、
テレビの中のスポーツ選手やミュージシャン。
同性のスターに憧れる人もいる。
父親に対する反発からくる人が多い。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月3日
「 死ぬまで独身 」

周りを見渡す。
男性から見た女性。
女性は男性を見渡す。
あっ、この人は楽に付き合えそう。
あの人は無理したら付き合えそうだけど、
でも疲れる結果になりそう。
ここの判断をしっかりしないと、
死ぬまで独身になってしまう。
この選別は、日常的な行動の範ちゅうで決まる。
燃え上がるとロクなことはない。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月2日
「 小倉の街にあった喫茶店 」

昭和30年代から40年代、50年と、
小倉の街中で営業をしていた
喫茶店、純喫茶、軽食喫茶の
名前を思い出していた。
「若竹」「マヤ」「フサヤ」「黄昏」「銀影」
「スイス」「美国」「風月」「コガ」「いざわ」
「折紅」「ホラや」「みかん」「ボア」「JIRO」
「太郎」「ニュー森」「田園」「街角」
「セブンパーラー」「コロンビア」「メルシー」
「ワールド」「ドリアン」「ピノキオ」「ONO」
「上島コーヒーショップ」「ばがぼんど」「葵」
「月光」「コンパル」など。
漢字の店名は忘れていない。
が、カタカナの店名は思い出せない。
やはり日本語が歴史を積み上げていくのだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年3月1日
「 異性に対する価値観 」

異性に対する価値観、
恋愛、結婚、仕事に対するスタンス、
人生に対して、また社会、家庭、家族、将来と、
生きていく上での情報や知恵、
評価は目まぐるしく変わってきた。
これからも、多分変わるのだろう。
だから今の時代は不確実性だ。
大卒がいいのやら、
勤め人が良いのかそうでないのか、
これは解らない。
二十歳くらいで結婚した方が幸せになる人が、
現に多い。
大学を出たところで、
しあわせになっていない人もいるし。
己を知ることは、己の限界を知ることでもある。
メディアの評価は正しくない。
オリンピックなんて、
そんなに素晴らしいなんて思わないが。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月28日
「 民俗学の奥深さ 」

全国各地にヤマイダ(病田)とか
シビトダ(死人田)といった、
なんだか気味悪い地名が残っている。
が、異様な名前とは裏腹に、
大切な苗や神事用に使う穀物を
収穫するための田畑であったりしたというのが、
真意であったらしい。
神聖な作物を作る田畑であったので、
人糞などの穢れた肥料を使うことを禁じたので、
戒めの意味で、
バチが当たるなどと言わしめていたと。
解釈により、ハレにも汚れにもなる。
これが民俗学の奥深さだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月27日
「 歴史があるようで無い街 」

北九州に流れる河。
紫川、板櫃川、遠賀川、
他にも砂津川、神嶽川、堀川、と様々。
例えば紫川の下流から上流で、
その地域に住む人達により、
呼び名が違っていたことは明らか。
板櫃川の呼び名が違っていたことは、
明らかに現在でも確認が出来るように。
遠賀川は遠賀を治めた人の力で、
遠賀川と言わしめたと思えるが。
こう言った民俗学的な研究が、
北九州では明治以降に鉄、石炭による
工業地帯の発展に伴い、
明らかに失せてしまったと考えられる。
北九州が五市合併以降に衰退した事の
理由の一つとして、
民俗学が消え失せてしまっていたことが挙げられる。
足立山が、何故に足立山と言うようになったかの
根拠は曖昧。
歴史があるようで無い街、北九州。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月26日
「 名前が持つ力 」

名前が持つ力を信じた。
この子で最後の子とする願いを込める。
末子、留子(とめこ)、末男、留雄は代表格の名前。
金持ちであり続けるために、達蔵、万蔵。
長生きの双子は、鶴さんと亀さん。
金さんと銀さん。
長生きは、寿一、寿美。
名前は親の念が込められている。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月25日
「 小倉出身 」

代々木忠というポルノ映画の監督。
知る人ぞ知るというレベルなんだろうが一応、
小倉出身である。
極道上がりの監督と言うから、
あの若松孝二と似ている。
小倉出身で知られていないのは、
吉本新喜劇で活躍した桑原和夫もしかり。
そして作曲家の梅林茂。
他には、親王寺貴子。
宮井えりな。
この2人の女優は西南短大卒。
歌手だった田代美代子も西南短大卒。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月24日
「 言霊のさきわう国 」

日本は言霊のさきわう国としての
歴史を歩んできた珍しい国だ。
数字の四は死を連想させるから、
これを避けてきた。
死はそのものズバリなので、
「亡くなる」と表現する。
「お隠れになる」と高貴な人には使う。
群馬県のある地では、
「もぐら捕りに行った」と言う。
「暑いから日蔭に入った」などとも言う。
土葬時代の名残から、残ったと考えられる。
北九州、中国、四国あたりは、
「ヒロシマに行った」
「ヒロシマに○を買いに行った」
と言い方により、死を知らせるようにしていた。
ヒロシマの由来は定かではない。
他に、去んだ(いんだ)、過ぎた、走った、
など地方により工夫が見られる。
死体の上に短刀やらハサミを置き、
花車(かしゃ)や猫又の妖怪などの邪霊が
入り込むのを恐れたからだと言われる。
こういった呪術は、
葬儀屋介在する現代でもなされることがある。
「死」と言う言葉に宿る霊を忌んだから
使われた言葉の表現、呪術は、今尚、残る。
墓の相やら戒名やら、仏教の世界には、
人間の弱さに応じた「はれ」行事が絡まっている。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月23日
「 手相 」

手相で生命線が短いは、短命とするなかれ。
体に注意で、五本指のどこが短いで、
疾患性の出やすい臓器を診てやるのだ。
両手を診て、よい線を選ぶこと。
肌の艶、爪の艶、人差し指の長さ、
薬指の長さが子宝を語る。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月22日
「 美人薄命 」

美人薄命と言う言葉かある。
これは根拠がない言い伝え。
美人が幸せな一生を送るかと言うと、
送るのが難しいようだ。
落魄れると、どうしょうもないほどに貧しくなり、
人を避けるようになる。
これはヴィヴィアン・リーの話しだ。
美人は人生の浮き沈みが、見た目とは違い、
不安定になり、孤独な生涯を送ってしまう。
美人を買いかぶった男や周りの人が、
呆れてサジを投げることは多く、
結果アルコールのとりすぎで
早死にしてしまうこともある。
さらに美人ほど映画や小説の題材に扱われ、
悲劇的な最期をとげるパターンが多く、
その影響もある思い込み。
美人は記憶にも残るし。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月21日
「 女児の名前 」

男児に対して女児。
昭和19年も昭和21年もさほど変わらず。
和子、洋子、幸子、節子、勝子、弘子、美智子、
光子、悦子、昭子。
が昭和21年は。
和子、幸子、洋子、美智子、節子、弘子、京子、
悦子、恵子、美代子。
昔は○子が多い。
男児の名前は時代の雰囲気が影響力として
強かったが、女児は時代の雰囲気には
左右されなかった名前が付けられていた。
今は、自由奔放な時代だ。
運がいいように、運。
質がよい、質。
とかもあるし。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月20日
「 男児の名前 」

昭和19年。
男児の名前ベストテン。
勝、勇、勝利、進、勲、清、博、弘、武、功。
昭和21年。
稔、和夫、清、弘、博、豊、進、勇、修、明。
昭和19年も昭和21年も
戦争勝利、戦争からの解放という時代性が
反映しているようだ。
さすが戦後は、勝、勝利、勲、武、功が抜けた。
昔は一字が多かった。
確かに団塊の世代には博、清、進、などは多かった。
皆、悪ガキだったな。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月19日
「 列が出来る 」

新しいパン屋が開店した。
約2、30人の列が出来ていた。
すべて女性だ。
本屋に行きレジに列が出来ることがある。
女性はブックカバーを望むから、列は出来る。
本を大切にしたいらしいが、
大切にするべき本かは、解らない。
店員に聞いたら、
表紙を見られるのが嫌な女性が多いからです、
と返ってきた。
表紙を隠すと本が見つかりにくい、
と僕は本を裸で買う。
価値観の違いだろうが、
表紙の見えない本を陳列したら探しにくかろうに。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月18日
「 食文化が狂わされた 」

居酒屋がすっかりリズムを
コロナにより、狂わされた。
この2年間で酒、飲み放題、女子会、合コン、
忘年会、新年会、卒業コンパ、歓送迎会、
こんな習慣的な催しものが消えてしまった。
確かに居酒屋の数が過剰に増えていたのかもしれない。
客を街中で声かけするキャッチ的な商法にも、
ウンザリする雰囲気があり、
マイナスイメージとして働く。
もっと言うならば、フリーペーパーが、
過剰な居酒屋の数を誕生させたことの、
しっぺ返しが来ているとも言える。
飽食のブームの崩壊でもある。
北九州に食文化が根付いていたのか?
安く新鮮な魚を食べることは、
食文化のレベルとしては如何なる水準で、
クオリティーか?
このコロナの中での食事の在りかたが、
確かに変わった。
家族連れで行けて、
美味しいものを適正価格で出している飲食店は、
客が時間に合わせて足を運んでいる。
実際にそんな店が数少ないのに、驚くし、
飲食店の基本を改めて知らしめている。
井筒屋の地階に行けば、よく解る。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月17日
「 陰の木、しぶとい! 」

江夏というピッチャー。
オールスター戦で連続9三振の記録を打ち立てた。
陽の金の気質で、勝ちだすと連勝。
当然、打者を打たせて取るではなく、押さえる。
江夏に似たピッチャーで、鈴木投手がいた。
勝つときは強いが、負けると逆転が出来ない。
金のスポーツ選手は諦めが良い。
卓球の福原愛、レスリングの吉田。
そして政治家では小泉首相。
「じゃあ、失礼!」といさぎ良すぎる辞め方。
菅元首相は陰の木で、しぶとい!

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月16日
「 相撲の取り口の違い 」

陽の金の強さは、北の冨士、
陰の木の強さは
栃錦、若乃花、貴乃花、貴の花、若花田、
陰の火の強さは北の湖、
陽の木の強さは栃の海。
陰の金の強さは佐田の山、
陽の水の強さは大鵬。
相撲の取り口の違いと
エネルギーの在りかたが証明されている。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月15日
「 推命学の家元制度 」

理論優位な推命学。
この100年間に出版された専門書を振り返る。
泰山流は武田流に受け継がれた。
対する照山流はあいも変わらず、進歩なし。
泰山流は実践派により、
五行による鑑定法を生み出し、
やがて空亡不要、時柱必要なし、
格付け不要、神殺インチキまでの贅肉とりの、
実践推命学を生み出している。
つまり理論より実践による鑑定法が、
1枚も2枚も上手。
が、推命学の保守派が多数で、
実践派勢力を数の論理で上回っているのが現実。
家元制度だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月14日
「 1月は行く、2月逃げて、3月は去る 」

2月は逃げる、と言われるくらいに、
様々な行事で2月は忙しい。
旧正月にお餅をつく習慣は薄れたが、
推命学では2月の節分が明けて、新年とする。
1月生まれはたまだ干支(えと)が変わらない。
これを知らずにコンピューター占いなどで
1月生まれの人が、干支を間違って入れ込む。
2月逃げて、3月は去る。
1月は行くと言われるが、貴方はどうですか?

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月13日
「 小倉北区魚町銀天街 」

小倉北区魚町銀天街。
街に出掛ける楽しみは、
書店があり、レコード店があり、
喫茶店があり、ジャズ喫茶店があり、
パチンコ屋があり、麻雀屋があり、
欲しいモノが売られていたからだ。
皆が集まるから、誰かに会えるのでは、
という期待も街には秘められていた。
そんな魚町銀天街には若者が集まり、
文化の波を街に共鳴させていた。
金栄堂が懐かしい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月12日
「 恵方巻やバレンタインデー 」

今から41年前に、
小倉にあった大阪寿司の店を取材した時に、
巻き寿司の丸かじりを節分の夜にして、祈願する。
その話を聞かされた。
大阪の海苔の業者が仕掛けたイベントで、
それが今では大流行。
元々は巻き寿司で、
鉄火巻きやら魚を入れて食べるものではなかった。
まあしかし、井筒屋の地階に行くと、
巻き寿司よりも、魚を巻いた寿司が多い。
高く売りたいのは解るが、
巻き寿司でいいじゃないかと思う。
チョコレートのバレンタインデーも、
義理チョコをブームにした時代があった。
美味しい巻き寿司を食べるでいいのに。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月11日
「 推命学で意味がないもの 」

推命学で意味がないもの。
空亡。
格局あれこれ。
時柱。
納音。
神殺星。
半会。
害。
変通星の組み合わせで運気を語るな。
五行で基本は鑑定すること。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月10日
「 双子の運 」

双子で男女が生まれたら、
どちらが先に生まれてくるか?
答えは女の子。
男子の双子が生まれたら、
先に出てきた長男が優しい。
次男は悪僧になる。
ただしこれは子供の時の話し。
悪僧が元気で、優しいが弱いではないが。
実は、悪僧な子は、元気がないから悪僧ぶるのだ。
気が小さいスピッツが吠えるのと同じ。
悪僧な男の子は歯並びが揃わない。
金気がそうさせるのだ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月9日
「 運命が結果を導き出す 」

父と母があなたの運命を与え、
あなたは勝負していかなくてはならない。
ポーカーは運命がカードを配り、
勝負するのはギャンブラーとなる。
政治家は自分が勝負しているつもりだが、
運命が結果を導き出している。
これを信じないから、不正をしてしまう。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月8日
「 担任の先生 」

小学4年の時、休み時間に暴れた罰で、
皆の前で正座を僕と友達2人はさせられた。
その友達の一人が3年までの担任の先生に
とても可愛がられていたらしく、
クラスの現担任の先生から
「西さん、アンタも芋川(いもかわ)先生に
言ってやるけね」と説教した。
僕は真面目な説教に
「芋川」という名前が耐えきれず、
吹き出してしまった。
するともう一人の友達も吹き出し、
笑いが止まらず、
先生はハブテて怒って教室を出ていったしまった。
給食の後の春の日差しが入る教室は暖かく、
眠気が襲っていた。
眠いと笑いが止まらなくなる。
この事がきっかけで、
担任の先生からは虐められ始めた。
その女性教師は、陽の金の人だった。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月7日
「 学生割引のラーメン屋 」

とある町に、高校生をねらった
学生割引のラーメン屋があった。
「学生割引中」と大きな看板の目立つこと。
ところがこの店は午後3時になると
店は閉店してしまう。
ラーメンの味はまあまあである。
昼時は学生はいないが、
サラリーマンやタクシーの運転手、
作業員などで繁盛していた。
3ヶ月後に、再び店を訪れることになった。
営業時間が昼の3時で一度閉め、
夜は6時から再開に変わっていた。
看板は相変わらず目立っているが、
6時以降、学生が来ない。
オーナーに6時から営業を始めたこと。
看板に学生割引を掲げているのに
何故、学生が来ないのか? 聞いてみた。
いや、昔は学生がいっぱい来ていたが、
ラーメンを食べても帰らんから店を
3時までにしたんよ。
で、6時から開けるようにしたのは、
看板を取り外したり、変えたりしたら
16万円の看板が無駄になるから勿体無い。
そこでこうしたんよ。
学生割引の頭に、
小さい字で「小」と手書きで入れたんよ。
見ると確かに、小学生割引になっている。
余程、高校生に振り回されたんだな、と苦笑い。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月6日
「 高校生のモチベーション 」

占い好きな高校生が沢山、来ている。
一番、感じるのが、大学に進学しない人達が、
自分の能力や特技、才能に関して
無頓着になっている点だ。
一流高校に行っていない、
それが自分の才能を
発掘しないことに繋がっている。
高校の教育が間違っている。
親が高校生らのモチベーションを
上げようとしていない。
社会の実情を誰も、伝えていない。
改めて自分の才能に気が付く高校生が多い。
これが、やり甲斐になっている次第だ。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月5日
「 コロナ 」

コロナに感染しやすい人は、
命式に偏印のある人。
しかも大運、年運が
偏印にあたる人はなりやすい。
抵抗力が弱るからだ。
女性は同じように
子供の出産が難産になりやすい。

(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月4日
「 偏財 」

年干に偏財があれば、
父親から時間はかかるが、
相続に価する金銭を受け取ることになる。
慌てると減額になる。
気長に待つことだ。
天干に偏財がある人は長生きする。
それも1つ。
月の干が良し。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月3日
「 凄い占術 」

生日の干支が戊の寅の人は
年運、丁の丑に合うと、
凶運が吉運と変わることを知っておくこと。
これを応用出来るならば、
凄い占術と一目おかれるようになる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月2日
「 ヤブ医者 」

ヤブ医者はいなくなったか?
いやいや、ヤブに近い医者は今もいるがな。
昔のヤブ医者は資格のない、
ホンマ者のヤブ医者だったが。
ところが資格を持っていても下手な医者を、
昭和の時代は「ヤブ医者」と呼んでいた。
この北九州市にも下手なヤブ医者は沢山いた。
確かに昔の医者は、
薬も人によって調合を変えていたし、
医食同源と考え、何を沢山食べなさい、
と患者に教えることもしていた。
医者ではないが整体師、鍼灸師、理学療法士の
ヤブ群像が溢れている。
政治の節穴が生んでいる。
明治時代以前に戻っている。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年2月1日
「 酒飲は感染のリスクが高い 」

酒を飲む人にコロナ感染のリスクが高い、らしい。
酒を飲んだ。家に帰る。
そのまま寝てしまう。
歯磨きをしないまま寝ると、歯茎が痛むと。
コロナは血栓症だから、
歯茎の傷んだところからウイルスが侵入する。
歯周病の人は要注意。
これは糖尿の人と重なる。
飲んだ帰りにどこかに寄って、トイレに入る。
トイレで感染してしまう。
便のなかのウイルスが排出されているからだ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月31日
「 2月4日から年が変わる 」

2月4日からが正確に年が変わる。
寅年の壬(陽の水)の年。
変化が起こりやすいのが、生日が丙の申の人。
病気は動脈硬化に注意を。
また大腸、呼吸器系も注意すること。
動脈硬化と大腸、呼吸器系は
五行相克で繋がっているから。
腎臓と心臓は水と火の関係で相剋。
東洋医学的に考えること。
西洋医学は、考えないから完治しにくい。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月30日
「 どうしてなのか? 」

何故に陽の水の女性は、
背丈の高い男性が良いと感じるのか?
しかも180センチ以上の人を。
五行で解説してみるといい。
そして陽の木の女性は背丈の高い人を好むか?
低い人を好むか?これも五行で説明してみよう。
陽の金の男性は何故に体格の良い女性を好むか?
魚のカレイやヒラメは何故に平たいのか?
薬が効きの悪いのは金の人か、水の人か?
金の人は何故にカラスの行水か?
金の人は何故に飯を喰うのが速いか?
母乳不足の男女共に字が小さいのか?
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月29日
「 大運の10年 」

大運の10年の中に年運が10種類ある
(年運と大運の十二運を外して考える)。
100種類の年運があることになる。
良い運気は43の年運。
注意に注意は14の年運。
残る43の年運は先天運と、
その人の気質、性格、人格で変わる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月28日
「 性格と気質 」

性格と気質の違い。
人格は先天的なものではなく、
本人の生きる環境や志す学問、
人生体験により生まれ育つもの。
但し、先天的な気質が
人格形成に与える力は強い。
性格は先天的な気質により、
良くも悪くも決まる。
職業は気質が選び、
性格を形成することもある。
農業の出来る気質と
漁業が出来る気質は違ってくる。
金貸しの出来る気質の人は、
借りたがる気質の人が支えている。
こう言うと解りやすいか。
先天運のどこが気質になるか?
性格は? 人格をどう読むか?
推命学にも、心理学が記せられている。
男性的気質、女性的気質は先天的だ。
これからの時代は、野生を衰退させるだろう。
すでに男性の中に、野生の薄れている人が増えている。
だから増える病気と、減少していく病気がある。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月27日
「 吉本新喜劇 」

吉本新喜劇の昭和時代に活躍した座長3人。
平参平は陰の金の亥の日干日支で、
月にも亥がある。
岡八郎は戊の寅が生日。
月に辰があり冠帯を持つ。
花紀京は己の丑。
年、月に子を2つ持つ。
座長頭の平参平の陰の金に岡八郎の陽の土の戊に、
花紀京の陰の土の己。
平参平を支えた2人が、
吉本新喜劇の黄金時代を築いた。
沐浴、冠帯、墓と絶。
素晴らしい芸人3人だ。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月26日
「 お笑い芸人が、政治社会問題に口を挟む 」

お笑い芸人は、庶民的なお笑いを
庶民に提供してくれるのが天職。
ここのところ、お笑い芸人であるべき人が、
社会問題やら政治問題に口を挟むことが、
お笑い芸人のステータスとでもあるかのように
見受けられる。
これが、マスコミやらテレビに出てくる人の
トーンを下げている原因となっているのでは、
と思うことがある。
お笑い芸人はお笑いを極めてくれれば、
庶民は良しとするはずだが。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月25日
「 結婚相手選び 」

顔で選んで男も女も恋人、結婚相手選びに失敗する。
心はそんなに読みづらく、解りづらいものなのか。
実はこれに、さらに何が実は大切なのかが、
あまりに問われていないから間違いをおかしてしまう。
まず相性。
これには精神性と肉体の相性がある。
愛情のパターンもさらに加えないとならないが。
これは尽くしたい、尽くされたい。
ほっておきたい。
かまって欲しくない。
さらに肉体的にSかMかが大切になる。
さらに縁があるか、ないか。
だから推命学にはここまでの判定をするべき
学問的、医学的、さらに運命的な見識が求められる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月24日
「 高校生の占い 」

高校生の占い料金を1500円にしている。
時間は1人に1時間はかけている。
わざわざ田川や飯塚、宗像や
宇佐、中津からも来てくれる。
天沖殺とか他で言われた人もいる。
当たりもしない天沖殺なんかを
高校生に言うのは、詐欺っぽいじゃないか。
啖呵売(たんかばい)とは違うんだから。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月23日
「 旅芸人の啖呵売 」

推命学は難しくはない。
麻雀よりも、魚釣りよりも、麻雀よりも、シンプル。
魚釣りはポイントが命。
麻雀は対戦相手により流れが変わるゆえに難しい。
人を笑わせる落語やお笑いにも、
間の大切さがあり、
それを掴めるようにならないと一流と言われない。
旅芸人の啖呵売(たんかばい)と似ているな、
と感じる。
(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月22日
「 もう一度 十二運 」

推命学で整理しなくては
糞も味噌も解らなくなるのが、
十二運。

◎年柱は、期待度が出る。

◆帝旺、と出るなら期待されて育つ。

◎月の柱がやはり一番強く人生に影響する。

◆冠帯ならば、生涯にわたる生き様と診る。
カリスマ性の強い人として生きる。
◆墓ならば、技術職としては良し。

◎日柱は、癖とか愛情のやり取り、
性癖を、性欲の様を表す。

◆墓は、相手に優しい。病は甘える。
◆死は、受け身。男はバイセクシャル。
◆衰は、気分屋。
◆長生は、ワンパターン。
◆冠帯は、我武者羅。
◆建禄は、弱さを見せない。
◆養は、可愛がられたがり。
◆胎は、自信なし。
◆絶は、躁鬱で庚と辛は金に依存する。
◆沐浴は、束縛嫌いの気分屋。人から尊敬されたい。
誉められないと悪い気性が出る。
◆帝旺は、精神と肉体の葛藤如何にて、
立ち位置が変わる。


(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月20日
「 過去の価値観を認めない風潮 ? 」

日本の食料自給率が35%あるか。
自給率が下がると、農水林業に従事する人、
日本人が減る。
自給自足の時代は、
人の労働力が生産性を上げたので、
大家族が経済的安定になった。
男も女も大切な労働力と見なされ、
賢さやら美しさよりも、逞しさが優先された。
そこには今で言う差別的なモノを廃する、
労働力を一番と考える人間の世界観があった故に、
人間的または動物的な主観が
支配する社会が安定的であった。
今の時代は、
そんな過去の価値観を認めない風潮が強すぎて、
逆に差別的な社会に成ってしまっている。
過去を否定することと、過去から学ぶことは違う。
これを間違えると、歪な世の中になる。
医人も芸人も聖人も、似たり寄ったりかも。
蜘蛛助、ハイエナ、盗っ人、猫騙し、様々。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月20日
「 自分を磨きたかる人 」

修養。
修業でもあるし、修行でもある。
人は何かしら、自分を磨かなければいられない。
それは依存性を含んだものではあるが。
空気、食、睡眠、性戯、太陽、水、土、
近代は金と。
宗教、科学、占術、ヨガ、太極拳、武術、競技、
スポーツ、笑い、感動、美、など。
愛や恋も含めよう。
そして相対的であって満足度が
浅く、深くなったりする。
ここでは生存競争を知らぬ間にしていることになる。
目立たない習性としての競争を営む。
下らないマスコミの報道に踊る人も、
また無視する人も、何らかの行動を結果、
起こすことになったり、思案したりする。
なぜ、結婚がうまくいかないのか?。
それは人が運気を間違って感じ取るからだ。
予想が外れる。
外れる予想をしてしまう。
これが人間の運気のなさる技(業)なり。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月19日
「 社会と関わる事の大切さ 」

コロナの騒ぎが始まって約2年間、
タクシーに乗るように心掛けた。
タクシーの売上げに協力しょうと思ったからだ。
第一タクシーを多く使った。
運転手さんと顔見知りになることも出来て、
年賀状のやり取りを始めることになった方もいる。
78歳、80歳と元気で明るく、
人生の先輩として見習うべき方が、
沢山いらっしゃる。
社会と関わる事の大切さを知らしめて下さり、
健康とは、人生とは、仕事とは、
と接客や会話を通して、
素晴らしいお年寄りの生き様を御手本に日々、
希望や人生の楽しみを持つことの
大切さを切に感じている。
今年も宜しくお願いいたします。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月18日
「 汚職、犯罪だ 」

若い人は、高校生から20代のOLの方も
足腰、肩、首が凝っている。
半病人体質になっている方が、
この20年間で5倍増えている。
パソコン、スマホを使いすぎている結果の疾患と。
整骨院が北九州ではコンビニの数を上回っている。
上記した疾患を持つ人が整骨院では治らない。
整形外科に行き、リハビリを受ける。
整骨院も整形外科のリハビリでも治りが遅い。
保険がきくから安いと、整形外科、整骨院に通う。
保険料はすべて税金。
保険を使わない一流の治療家の方が
技術力があることを知った人は、
口コミで知人に伝える。
口コミは広まり、技術力のある治療家は忙しくなる。
この因果が、保険を使う整骨院の不正請求に繋がる。
日本全体で、解っている不正請求が1億円近い。
隠された不正請求はこの金額を上回った年もあり、
不正を見つけ出すべき責任のある市や県の
保険福祉局や部所は、知らん振り。
資格があれば、
保険適応可になるシステムが生む汚職、犯罪だ。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月17日
「 十二運の養の続き 」

十二運の養の続き。

◆甲の戌。
男命、賢明だが変人が多い。
女命は、勝ち気。
好き嫌いが激しい。
社交さなし。
子供いれば夫婦縁悪し。
酒、タバコを好む。

◆庚の辰。
男命、五行の片寄る人は偏屈。
大食家。
眼にひと癖ある。
養子でないと破婚相。
勤勉、粘り強い。
欲深い。
女命、色気あり、目がきれいな人が多し。
破婚相。

◆乙の未。
男命は腫れ物が出来やすい。
脳を患いやすい。女道楽。
だらしない。
義理人情にあつい。
公務員で出世。
交際上手。
女命、のんびり屋の行動も怠慢。
だらしない。

◆辛の丑。
男命、外見腰低いも、内心は気位高い。
外見は陰気で内面は丑らしく陽気。
人に逆らわない。
男命は何かにつけて人を誘う。
養子相。
でないと破婚。
風邪をひきやすい。
女命、どことなく冷たい。
社交性なし。
友達少ない。
意地が悪い人多し。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月16日
「 十二運の養 」

十二運の養。
父親とは折り合い悪く、口もきかなくなる。
養は爺さん、婆さんっ子。
女性は養女に行っても長続きしない。
男命はかかあ天下でうまくいく。
男命は好色。
運動神経鈍し。
絞まりのない顔。

女性はヒステリー。
ビッタレでだらしない。
手先不器用。助平です。
パンツを裏返しで履いたりする、だらしなさ。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月15日
「 十二運の胎の続き 」

十二運の胎の続き。

◆丙の子。
男命、見栄っぱりの小心の頑固。
女命、ガメツイ、カン高い声。

◆壬の午。
男命、無愛想で我が身の保全に熱心。
女命、大胆な行動、が小心。
初婚は破婚相。
とにかく恥をかきたくないので、
人の口臭さえ自分が臭いと考えるスゴさ。

◆丁の亥。
男命、嘘、約束事を破るのが大嫌い。
くどい性格。
シスターボーイタイプで神経質。
筋の通ることには金を惜しみ無く出すが、
通らぬことには頑として出さない。
女命、飾りたがり。

◆戊の子。
男命、ホラ吹き、束縛嫌い、
妻に嘘をつくのがウマイ。
女命、無愛想の純情の孤独性の色気なし。
が、運がいい。

◆癸の巳。
男命、無愛想、大着、無口で
機嫌がいいやら、悪いやら、わかりにくい。
企画力あるが、決断力はなし。
童顔が多い。
酒を好むか荒淫。
女命、正義を好む。女らしさない。
片親の夫が良い。男女ともに父とは縁薄い。



(カレー仙人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月14日
「 十二運の胎 」


十二運の胎。
母乳不足、または胎児の時期に
母親の食欲不振と診たり、
栄養失調気味と診たりする。
悪阻(つわり)が激しい母親の状態は
年柱にあると診たりもする。
胎を持つ人は字が小さく、
「字を大きく書きなさい」と
子供時分に言われて育つ。
人見知りで、人前で話すことの出来ない特徴がある。
男命は女性的。
女命は男性的。
諦めが良すぎる。
異性を深追いしない。
切り換えが異性に対しても早い。
気前が良い。
嫌われるのを怖がるほど小心だが、
開き直りはお見事。
部屋の模様替え、引っ越しが好き。
細かい作業は丁寧。
トイレの掃除が得意。
が、料理は下手が多い。
女性は不感症になりやすい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月13日
「 日干日支で診る 11 」

墓(十二運)。

◆丁の丑。
男命は甘えん坊のケチ。
女命は片親の夫が良し。
媚を売る。

◆癸の未。
男命は、2度目の妻でおさまる。
女命は、90%が破婚となり、性的サービス悪し。

◆丙の戌。
男命は口出し多く、見栄っぱりの甘えん坊。
女命、ひがみ屋の、いい歳になっても乙女チック。

◆己の丑。
男命は腰、膝に疾患。
父とは別居が良し。
女命は、後家相の花より団子。

◆壬の辰。
男命は、朝寝坊ののんびり屋。
女命は、良妻賢母型の破婚相。

◆戊の戌。
男命、囲碁、将棋好き。
女命は、痔を患う。
表現力なし。
再婚相の世話好き。
墓の人は能面のような顔で無表情。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月12日
「 日干日支で診る 10 」

絶運(十二運)。

◆庚の寅。
男命は、ノイローゼ。
暗示がよくきく。
気まぐれのスポーツで躁鬱弱まる。
女命は美人の類いに多いも、
厭性のヒステリー、憂鬱症。
買い物依存性。
生涯に波乱多し。
破婚相。
宗教に頼る。

◆辛の卯。
男命、欲に満足しないで、堅気にになれない。
女命は、欲求不満型。
買い物依存性で、金には汚ない。
堅気の男とは縁薄い。

◆甲の申。
男命は、賢いが面倒くさがり。
欲深く、こすい。
長男欠ける。
女命は、好き嫌いが激しい。
世話好きの寂しがり。
肌の色悪し。

◆乙の酉。
ヤクザ、放浪者、多子を残され妻に逃げられる。
まるで浪曲子守唄。
女命は、堅気の男と縁がない。
短気のヒステリー、
憎まれ怨まれても金を離さない。

◆庚の寅
女命は体が大きい。

◆甲の申。
女命は小柄なほど、家庭運良し。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月11日
「 日干日支で診る 9 」

十二運の死は、勘が良いから
ブヨなどの虫を一発必中で殺す。
小さい球の球技が得意。
卓球部を好む。

◆乙の亥。
男命は体が大きい。
怠けることを嫌う。
頑固の偏屈。
人の話半分。
男の子に恵まれない。
女命は口が大きく、女性らしくない。
子供いないと夫婦縁良く、いると悪い。

◆甲の午。
男命は、女に入れ込むが妻も大事にする。
女命はヒステリー肌のキメ荒い。

◆辛の巳。
男命、お洒落で食より身だしなみ。
女命、ハンサム男に弱し。
子女不産多し。

◆庚の子。
男命、技術者、医者、芸能向き。
女命は、美人の努力家で男以上に社会運あり。
夫が家事好きなら良し。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月10日
「 日干日支で診る 8 」

◆丙の申。
男命、楽天家で気が小さい。
歯が悪くなる。
頼りない。
女命、外に出たがり屋。
熱しやすく冷めやすい。
男好きの助平。

◆壬の寅。
男命、お喋りで、平凡な勤め人に向く。
女命、世話好き、美意識高い。
傷官あると後家相。
お喋りは花嫁になれない。

◆戊の申。
男命は、人に利用されやすい。
父と不仲か、縁が薄い。
女房に逃げられやすい。
女命、老いても性への執着心強し。
貞操観念薄く、すぐに肉体関係になる。
破婚相なので仕事を持つ方が良し。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月9日
「 日干日支で診る 7 」

◆丁の卯。
男命、熱しやすく冷めやすい。
官星強いと脳を患う。
シスターボーイ型。
女命、小心の金銭感覚は几帳面。
夫運悪し。自身悪し。秘密主義。

◆癸の酉。
男命、酉のように食べ、動く。
肉食の世話女房好み。
女命、口八丁手八丁。
堅気の夫は縁が薄い。

◆己の酉。
男命は、物思いにふける。
転んでもタダでは起きない。
女命、体が大きく、不格好。
貞操観念薄い。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月8日
「 日干日支で診る 6 」

◆甲の辰。
男命、実業界不向き。
短気のカンシャク持ち。
黒子多し。
女命は再婚の夫を選ぶと良い。
でないと、結婚10年以内に離婚。

◆庚の戌。
男命、仕事が趣味になる。
女命、繊細で神経図太い。
破婚相。
衰の十二運の特徴は、
自分が気が向かないとセックスをしない。
特に女命は、ハッキリと出る。
男性が不信感を募らせて、気を使うようになり、
やがて他に気安い女性と縁が出来てしまう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月7日
「 日干日支で診る 5 」

◆乙の丑。
男命、楽天家の下手物食いで
身近な女に手を出す。
女命、面食いで男、夫を選び、失敗しやすい。
◆辛の未。
男命、ムッツリの我が強く、
傷官が無い限り、存在感なし。
申、酉、戌月生まれは肺を患う。
女命は、しっかり者の意地悪の疑い深し。
90%が破婚相。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月6日
「 日干日支で診る 4 」

◆己の巳の男命は、横柄、図々しい、
気取りや、養子相。
女命は派手好みの口うるさい、世話焼き。
◆丙の午は男命、派手好み、養子相。
女命は、色白のきめ細かい肌は男に弱い。
後家相。
◆壬の子の男命、初めての子を失いやすい。
女命は破婚相。
◆丁の巳の男命は、頑固、強引、横柄。
女命は夫婦縁悪し。
◆戊の午、男命は童顔で歳上の女を好きになる。
女命は、若い頃は老けて、年取ると若くなる。
◆癸の亥、男命は節約家、金銭感覚鋭く、
大風呂敷、耳が遠くなる、気は小さい。
女命は、八方美人。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月5日
「 日干日支で診る 3 」

◆甲の寅、乙の卯共に、
男命は祖業不承で親との同居は良くない。
男命、芸術的感覚優れる。
女命は共に色気に欠ける。
◆庚の申、辛の酉共に、男命は人の話半分。
ヘルニア、痔疾患。
女命、色気に欠ける。
男女共に鶏の交尾。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月4日
「 日干日支で診る 2 」

◆戊の辰は、百貨店の正札。
一か八かの山師。
女命は一旦男を知ると竿代を払う。
◆丁の未、男命は人を利用する。
女命は男殺し。
◆癸の丑、男女共に再婚相。
◆丙辰、女命は再婚相。
◆己の未、腰に疾患、男女共に再婚相。
◆壬戌は口八丁手八丁。
長男は父母不全。
女命は再婚相。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月3日
「 日干日支で診る 」

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

日干日支で診る。
◆丁の酉、男女共に歯が弱い。
◆己の酉、男女共に鶏の交尾。
◆癸の卯、男女共に腰膝悪い。
女命は自身豆腐のごとし。
◆辛の亥、女命は晩年孤独。
性的サービス悪し。
◆甲の子、女命は流産多い。
◆庚の午、男命は助平の嘘つき。
◆乙の巳、お産に難あり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月2日
「 年始のご挨拶 1月2日 」

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
1月3日より営業いたします。
2022年元旦 占い処たぶれっと
※占い処「たぶれっと」
(完全予約制※当日予約も受付いたします)
★高校生は30分間で1500円の割安料金です。
★推命学中級以上の方を対象とした授業を受付中。
(遠方の方は6日間連続授業を
受ける事の出来る方のみ受付中
☆詳細はお問い合わせ下さい)

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和4年1月1日
「 年始のご挨拶 」

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
1月3日より営業いたします。
2022年元旦
占い処たぶれっと

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆これより前は2021年のブログへ
◆Cafe&占い処タブレット
占い処タブレット

「Cafe&占い処タブレット」
魚町交差点の「みずほ銀行」と「ヤマハ」の間の
中央銀座通りを北へ50メートルの左側。
アクセサリーショップ「Egoist」の2階です。

四柱推命の鑑定を行う占い中心の店となっていますが。
カフェのメニューも充実しています。
ヘルシーなパスタ、カレー、オムレツ、ハンバーグをご賞味ください。
コーヒーは自慢のドリップ仕立て。店内は通好みの音楽など快適にお過ごしいただけます。
カフェのみのご利用も大歓迎です。

◆店舗住所
北九州市小倉北区京町1-5-17 2階
電  話 093-953-6616

◆四柱推命教室 生徒募集
四柱推命教室 生徒募集
・ 月2〜4回
・1回 90分間の個人レッスで分かりやすく指導いたします。
・約1年間で卒業
・入会金10000円
・授業料90分間・・6000円
・受講日時はお相談に応じます。

◆四柱推命の予約受付中
占い処タブレット
人生をより有意義に、意味深いものとする為の
ひとつの手助け、それが四柱推命です
 

四柱推命を30年以上学問として学んでまいりました。
悩むほどのことではない悩みと、  喜ぶべきことでない喜びがあるのも四柱推命によりなんどか体験してきました。
人生は毎日がスタートです。そのスタートのお手伝いをするのが私の役割であり、生涯の仕事とする覚悟です。
 ぜひ一度、お気軽に「占い処タブレット」へお越し下さい。

タウン誌「おいらの街」 元編集長 高野敬市

◆近日公開
占い処タブレット
四柱推命を35年近く実践と理論で学んだ孔孜(こうし)先生の占星実践本が、
近いうちに発行されることが決定!!

阿部泰山、武田考玄の理論に、
約3万人の鑑定経験から得たノウハウを
分かりやすく公開いたします。

◆占い処タブレット・更新情報
  • 2012年10月29日:カレー仙人のブログ再開しました。NEW!
  • 2012年2月中旬:小倉北区京町1-5-17-2階に引越し移転します。
  • 2011年8月24日:タロットのページを更新しました。
  • 2011年2月21日:仙人の好きな店のページを更新しました。
  • 2010年12月22日:「四柱推命」のページをアップしました。
  • 2010年11月17日:「カレー仙人・高野の好きな店」のページをアップしました。
  • 2010年11月13日:「占い処タブレット」で火曜日限定!!学生恋愛タロットディを開催します。
  • 2010年11月11日:「お問い合せ」のページがご利用できます。
  • 2010年11月09日:「占い処タブレット」のページをアップしました。
  • 2010年11月09日:「カレー仙人高野のブログ」にリンクしました。
  • 2010年11月05日:「占い処タブレット」公開しました!よろしくお願い致します。


Copyright (C) tablet All Rights Reserved.