時輪

  ◆ T a b l e t か ら の ご 案 内 ◆
◆ 福岡県の緊急事態宣言に対する対応 ◆
新型コロナウイルス対応として、
カフェの営業は当分の間お休みさせていただきます。

占いは受付を
午前11時から午後7時まで
鑑定は午後8時までとします。
3密を防ぐため、
完全予約で行います。
電話 093-953-6616

●予約を入れて頂く意義

占いのご希望が、
今日の何時からと言われることが多く
当日予約ですと、予約が一杯で
お断りせざるをえない場合が多くなります。
出来ましたら、ご予約は2、3日前迄にしていただけると、
とても助かります、宜しくお願いいたします。
---------------------------------
その方の先天運と後天運を事前に出しますが、
3回は読み直して伝えるべき事を調べます。
一人に30分を2、3回、鑑定前にかけて調べます。
ご来店され、その場でサッと診られるより、詳しくわかります。
結婚、転職、子供への接し方、出産、退職後の生活、
家は買うべきか、借りるべきか、不倫、離婚、再婚、
病の早期発見、会社の倒産危機の時期、後継ぎ、
人によって変わる婚期から、適職、事故になりやすい年、
もう1000人いたら、1000人が一人ひとり違います。
自分を知ることから、生き方は決めましょう。

◆◆◆高校生の皆さんに大サービス◆◆◆

お一人様 30分 : 1500円 で占います。
電話予約してお越し下さい。


・・・
◆ 最近のブログ 令和3年12月7日
「 運命の人 」

運命の人。
この言葉に胸ときめく方が、多かろう。
運命の人は、実は沢山いるのだ。
それを逃しているのは、あなただ。
若いときは未だ先に現れる、と運命の人と別れる。
こんな人が実に多い。
運命の人とも別れるくらいに、人間は欲があるのか。
はい、正解。
限界を知ると、人も人に優しくなれる。
運命の人は沢山いるが、出会うのは難しい。
だから、甘い言葉に惑わされないことだ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年12月6日
「 子供は忘れない 」

両親にどう接し、いかに育てられたか?
この関係が、その後の子供が大人になってからの
生き方に大きな影響を与えていく。
親に口答え出来たか、出来なかったか?
出来なかったか人は、この葛藤を抱えた生き方になる。
子供に八つ当たりした記憶は、子供は忘れない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年12月5日
「 対処療法になった占い 」

もぐら叩きのように、
解らないところを継ぎ接ぎした。
それが通変星であったり、
神殺星であったり、空亡であったり。
まるで今の西洋医学のように、
身体を体系化してしまった結果、すべて対処療法。
占いも、同じようなことが言える。
頭のあまりよろしくない人達が占いをしたら、
対処療法になった。
宗教も同じようなことが、行われてきた。
推命学が100%であるわけがない。
解らないところを残したまま、今に至る。
完全なる愛がないように、完全なる学問はない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年12月4日
「 物事は相対的 」

帝旺、冠帯、沐浴を持つ女性は、
セックスに貪欲である。
だから女性上位を好むと。
いや、深いところに快感を得る部位があるからで、
仕方ないことだ。
この2つの説、男性が唱えたもの。
いや、男性のものが短いと前者。
長いと後者。
すべて物事は相対的である。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年12月3日
「 空亡を使わない 」

推命学を勉強されている方に、お知らせいたい。
空亡を使わないこと。
○○貴人などの神殺星も使わないこと。
時柱は使わないこと。
○○格などもまるで意味がない。
干は大切。
支は干ほど赴きをおかない。
12運は参考程度に。東洋医学を学べば、
やはり土用は外せない。
変通星も参考程度に。
スッキリさせて、推命学を学ぶこと。
沖、支合が出やすい人と、
出ない人がいることを知ること。
出る人も必ずとは限らない。
三合やら方合も、特別扱いしないこと。
半会はいらない。
干合しても五行は変わらない。
優しい、シンプル、救い、癒しのある推命学を
目指した方が、世のためになる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年12月2日
「 沐浴の人は束縛が大嫌い 」

「私、とても飽きっぽいのです。
好きな人が出来るのでしょうか」。
これは女子大生の不安。
彼女の命式には沐浴があり、
変わった職業をするタイプの人を好きになる、
と出ていた。
沐浴の特徴である束縛がダメ、
飽きるのではなく、単調で解りやすい
相手に対して面白味を感じなくなる。
普通の男性は面白くないから、仕方ない。
そう説明すると、「そうなんです!!?」と。
沐浴の人は追っかけられるのが大嫌い。
束縛なんて無理。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月30日
「 土がないと安住はない 」

草花が土に育つ。
生物、人も土があるから
生まれ(産まれ)、育ち、衰え、土にかえっていく。
土を含む干支(えと)が
丑、寅、辰、巳、未、申、戌、亥とある。
子、卯、午、酉は土を含まない。
土は育てる力。育つ力。
土の具合が良いか、よろしくないか?を調べることが、
推命学では大切。
土がないと安住はない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月29日
「 外見による診察術 」

マスクをすると耳が痛くなる。
マスクをすると鼻に吹出物ができてしまう。
マスクをすると、人は美男美女になる。
鼻と口を隠すから、
花のような口元に心惹かれることがない。
とても無機質な世界に人間が今、
住んでいることになる。
悲しいかな。いや、嬉しいかな。
歯医者さんは、歯を診るとその人の
生活感が見えてくるという。
占い師は生年月日を診ると、
その人の長所短所が見えてくる。
手を診ると、その人の感性や品度が見えてくる。
食べ方を診ると、御里が分かる。
話をすると、その人の賢さが見えてくる。
これらは、外見による診察術だ。
顔相は未来を語っている。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月28日
「 こんな時代 」

女性は大変だ。
出産、結婚、子育て、仕事、美容、健康、老後。
男性も女性に嫌われないよう生きようとすると、
大変だ。
子供が授からない相談が増えている。
30代の女性がやはり多い。
必ず、旦那さんの命式を見て、
ご主人の指を見てください、と言う。
薬指が人差し指と長さが同じ、または短いならば、
精子の検査に行かれて下さい、と言う。
短い時は検査で、精子がなかった、と連絡が入る。
こんな時代だ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月27日
「 マトモな占い 」

マトモな占い、当たる占い、
心の迷いや不安を解決してくれる啓発の道標、宗教、
これが見つからなかったから、
自分が学び、知り、体験してみて確認する。
これが1番の策であると思い、始めた推命学だった。
推命学もいい加減なモノを随分と掴まされ、
遠廻りすることがあった。
自分が実践してからでないと、
信用出来ないと最初から構えていた。
推命学には嘘っぱちな記述も随分、見られる。
推命学はシンプル故に難解に感じるが、
五行に始まり、五行に終わる。
五行を描く。
イメージする。
五行は季節で、地上に於ける季節の
天の気と地の気を解釈することである。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月26日
「 滅茶苦茶 」

血液型、運気、今の西洋医学の医者が
信じたくない世界だ。
信じたくないのではなく、学び知ると、
今の西洋医学が根本から崩れることを恐れるから、
知りたくないのだ。
そんな医学、医者が利益を上げるために
作り出されたような、税金の無駄遣いが、
整形外科のリハビリ。
リハビリを行う理学療法士の技術は、
治せない、治さないで長く通わせる程度が、
病院の利益を上げるのにとても役立っている。
医者以上の優秀な人材を育てないのが、
医者の世界の鉄則だ。
そんな医学会のコロナにおける対策が、
間違いだらけであることを言わない
マスコミの言うことを、
まだ鵜呑みにしている人がとても多い。
一方では、
都市伝説に染まったカルト的な人もいたり、
日本は滅茶苦茶。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月25日
「 草花が土に育つ 」

草花が土に育つ。
生物、人も土があるから生まれ(産まれ)、
育ち、衰え、土にかえっていく。
土を含む干支(えと)が丑、寅、辰、
巳、未、申、戌、亥とある。
子、卯、午、酉は土を含まない。
土は育てる力。
育つ力。
土の具合が良いか、よろしくないか?
を調べることが、推命学では大切。
土がないと安住はない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月24日
「 長生について 」

長生について。
丁の酉と癸の卯の長生を例に出す。
丁の陰の火は酉の蔵干、金を尅す。
癸の陰の水は、卯の蔵干の木を助ける。
長生のこの2つだけを例に出しても違いがある。
そこを考えるのが、五行による推命学だ。
変通星や十二運だけで、
まるで暗記するような推命学の学び方では、
何十年かけても身に付かないし、
学問的にも劣ることが解るはずだ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月23日
「 丑、辰、未、戌は土の干支 」

丑、辰、未、戌は土の干支(えと)。
陰陽五行に対して冠帯、墓に必ずなる干支(えと)。
冠帯を越えると建禄、帝旺になる(成長するの意)。
冠帯の真逆は墓。
墓にも土が配されている。
この意味合いを知ることは、
推命学における飛躍的な考察が始まる。
土用を無視出来ない謂(いわれ)れが、ここにある。
宇宙理論(自然哲学)への道標(みちしるべ)を。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月22日
「 陰の水は癸 」

陰の水は癸。
雨、または水溜まりを表す。
強弱の二面性を持つのが大きな特徴。
優しい雨とどしゃ降り。
非常に複雑で掴み所がない性格と言われる。
知的、優しさ、柔軟さ、努力家、調和性、強情、
短気、孤独性、短気さ、暗く見える、
知能犯的資質、破壊的心根。
長所と短所のどちらが裏表か、
紙一重の両面性が見え隠れ。
吉田茂、松下幸之助、畑正憲、王貞治、
宮崎駿、野坂昭如、田村高廣、赤塚不二夫、
瀬戸内晴美、泉ピン子、立川談志、加賀まりこ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月21日
「 陽の水は大河 」

陽の水は大河、大海。
何物をも押し流してしまう強い意志と情熱を持ち、
同時に他人への心使いをもあり、
徳と優しさを備えている。
本音を出さない故に、
何を考えているのか解りづらいのも特徴になる。
大河の流れはゆったりと、
またある場所では激しくと、
状況によりエネルギーの変化をするのも
陽の水の性である。
統率力と気配りのあるリーダーシップあり。
水の量が増えすぎると、
津波の如く街も山も流してしまう破壊的行動となる。
徳川家康、上杉謙信、芥川龍之介、チャップリン、
長嶋茂雄、高倉健、小沢昭一、司馬遼太郎、
ピカソ、由紀さおり、ボブ・ディラン。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月20日
「 陰の金は辛 」

陰の金は辛(かのと)。
宝石、貴金属とする。
これが小さなナイフやハサミになったりする。
水の流れで洗われたりすると、輝きが増す。
感受性が強く、
人間関係のドロドロしたものは苦手。
高い精神性を持ち、
苦労性であるため我が儘な面を持つ。
理想に走り過ぎると、
非情、冷酷、協調性に欠ける。
責任感が強く、思いつめると、
強情、頑固、利己主義となり、
人との距離を置くマイペース人間になる。
外面よく内面悪しは、
人には嫌われたくない反動が、
内では発散の場所となる。
自己表現力が弱いために、
鎧を被った如しになりやすい。
池田勇人、イチロー、沢田研二、武田鉄矢、
吉永小百合、水谷豊、山田洋次、角川春樹、
池田大作、八千草薫、田村正和、
つかこうへい、和泉雅子。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月19日
「 陽の金は庚 」

陽の金は庚(かのえ)。
陽金を刀、斧、機関車、錨と考える。
木を切る。
暴走する。
水からは自分の力ではあがってこれない。
破壊、改革、小回りがきかない、
直線的、連勝か連敗。
逆転が出来なく、諦めがよい、などと診る。
機関車の発動時は重いが、加速がつくと止まらない。
陽の金は目標には加速がつくから、決めるのが早い。
交際3ヶ月での結婚もざら。
長期戦はない。
早いから長期戦にならない、と言うべきだ。
短距離の直線勝負を得意とし、小回りコースは苦手。
考え方、行動が白黒はっきりで、グレーゾーン狭し。
怒ると激しく、殺傷もある。
欧米人気質。
元安部総理大臣、森田健作、福原愛、
元横綱北の富士、石川遼、江夏豊、渡瀬恒彦、
安室奈美恵、原辰徳、谷村新司。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月18日
「 陰の土 」

陰の土は己(つちのと)。
陽土のように季節の変わり目、四方に配された干。
陰の土は田畑、田園と豊かな実りの光景は、
人(生物)に和みを与えてくれる。
柔らかさ、優しさ、心の中には強い正義感を持ち、
粘り強さ、控え目、冷静沈着、慎重さ、
規律正しい生活、調和性、
回りに対する中道性は頭抜けている。
が、豊かなる土地は、自然の恵みがあってこそ。
また目上の人、近親者、親兄弟、
回りにいる協力者あっての豊かさで、
その状況は助力によることを
肝に命じることが要となる。
渥美清、藤田まこと、遠藤周作、青島幸男、
近藤真彦、松田優作、山口百恵、
濱田省吾、吉田松陰、岩倉具視。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月17日
「 土の陰陽共に季節の変わり目の干 」

土の陰陽共に、季節の変わり目に登場する干である。
また子、午、卯、酉以外の支に
必ず配されているのが土性の干である。
中央、そして四方に位置する。
人間の体のヘソにあたり、
中道、バランス、安定を意味する。
陽土を戊(つちのえ)。
イメージは雄大なダム、岩山、
緑生い茂った山、はげ山、雪山。
陽土はイメージを膨らませて
様々に分析する必要あり。
悪くも良くも頑固さが特質。
正義感は強く、バランス感覚に優れているので、
動と静の兼ね合いは抜群。
これに長けたならば素晴らしい働きをする。
が、短所は出ると嫌われ者に。
約束を平気で破る。
自信が自惚れに。
派手好きな浪費家。
偽善者。
乱暴な破壊的行動を。
友情に希薄。
外から考えられない残酷さ。
まず短所を是正する事からが、開運の突破口となる。
金銭的には狡いのも、安定性を1番に考える質故に。
加山雄三、五木ひろし、緒形拳、三島由紀夫、
仲代達代、勝新太郎、夏木マリ、
マイケル・ジャクソン。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月16日
「 陰の火は夕方から朝方までは輝き続ける 」

陰の火は、大陽の出ている時は目立たない。
夕方から朝方までは輝き続ける。
陰の火を丁(ひのと)とする。
確かに夜型の人が多い。
朝は弱く、若い頃は寝坊助。
ロウソクの火を見ると、
外、内、炎芯と色も温度も変わる。
炎芯は冷たい。
つまり陰の火は、
複雑で理解しづらい、根は暗い。
怒ると、
火事に水をかけた時の爆発のように激しい。
この激しさを芸術に出すと
個性的かつカリスマ性を帯びる。
財星がないと、気が小さく、ケチくさい。
群れるのを嫌うから、丁火。
ビートたけし、ロバート・デ・ニーロ、舞の海秀平、
アラン・ドロン、ショーン・ペン、松田聖子、
楠田枝里子、役所広司、吉行和子、原田芳雄。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月15日
「 丙午は6月生の日干が丙の人を言う 」

陽の火は丙。
丙午は間違えないように。
6月生まれの日干が丙の人を言う。
生年、生日の丙午は、大間違い。
人から脚光を浴びる。
浴びたがるので、敵も多い。
集中力はあるが、これは陰湿なオタクになる。
気分屋で我が儘である。
軽率な行動、発言があり、お笑い芸人のような性格。
人から脚光を浴びると、長所人間。
嫌われると短所人間。
天まで上がる、いづれにしろ。
野村克也、江川卓、竹中直人、麻生元首相、
美空ひばり、ヒトラー、スピルバーグ、さだまさし、
志村けん、丹波哲郎、泉谷しげる、松本伊代、
八代亜紀、山城新伍、大原麗子、
萩原健一、手塚治虫。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月14日
「 陰の木は柔らかく、切れず折れない 」

陰の木は、
ツタや蔓草(つるくさ)のように柔らかく、
切れそうで切れない。
折れそうで折れない。
一見、ひ弱く感じるが、
柔軟性、協調性、社交性、生命力に富み、賢い。
回りに対する気遣いは抜群で、
人の間を取り持つ才能がある。
繊細でストレスが溜まりやすく、
音楽、芸術により満たされる。
逞しさは内に秘め、目標がある人は必ず上昇する。
陰陽の木には建禄が最高位。
絶、沐浴が強く出て、
冠帯が出にくい五行であるのが、幸いしている。
流されて生きるか、花を咲かせるか、の両極端。
村上龍、橋下元大阪市長、マイルス・デイビス、
ジョン・レノン、水木しげる、
石川佳純、松本清張、貴乃花、栃錦、若乃花。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月12日
「 陽の木は土を剋す 」

陽の木は土を剋す。
陰の土も陽の土も剋すことになる。
これは中道性を自らが剋すことにより、
天下をとる。
一番を好むのである。
プライドが高い気質を持つので、
人に頭を押さえつけられるのが嫌である。
石原慎太郎、菅原文太、松井秀樹。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月11日
「 細分化は、日本の知恵 」

細分化しているのは、日本の知恵。
都道府県がいくつあるか?
さらに市政、郡政、町政と細分化されていき、
日本の経済は潤ってきた。
経費を削減するより、消費を伸ばせが、
今の日本を支えている。
政治も安泰。
が、金はいつか武器となり、破壊する。
これが金(経済)の宿命。
が、金は形を変えるが、
形は残りまた形を変えて表れる。
医療が金となり、世の中を変えている。
産業と医療が一体化された。
金はやがてロボットとなり、世の中を変える。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月10日
「 天は一物も与えない 2 」

天が一物も与えない事があることから、
生まれたのが化粧であった。
男女共に化粧を、昔からすることがあった。
色白が七難隠すことから、まず女性は白粉を。
男性は炭で眉毛を濃くした。
不平等さは文化を作り、
やがて金(貨幣)を作ることにより、
生活が豊かに、経済は発展していった。
やがて整形手術が美容整形となり、インプラントも。
民族の違いが経済を支えている、とも言える。
細分化の国が増えるほど、経済効果は生まれる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月9日
「 天は一物も与えない 」

陰の金には陽の土が合う。
これ以外は無い。
陽の金には陰の土、
もしくは陰の木しかないだろう。
陽の水には陰の火が。
陽の木には陰の土。
陽の火は、ひと言では言えない。
陰の水も、ひと言では無理。
あとは性癖の相性が強い絆になるか、
食の嗜好が合うかだ。
肥満か、スラリかも大切。
天は二物を与えずどころか、
一物も与えない非道さもある。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月8日
「 大運 」

大運で結婚、恋愛が成就しないのは、
劫財(敗財)、傷官、偏官、偏印。
先天運に上記の変通星があると、
さらに大運の正官も注意。
自分の思い通りにいかないのは、
自分のエゴを相手に通そうとするからで、
これが回避出来るのは五行が揃った人。
豊かさの無い時代には、食べて生きるために、
エゴを出せなかったから我慢できた。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月7日
「 推命学 土地柄の違い 」

風習、因習、迷信、差別。
こんな人を陥れるような類いの
俗物的な言い伝えを、
解明することの出来る人間が
田舎には許されなかった。
また育てる土壌も人財も育たなかった。
小さな日本でさえ、
未だに迷信やらは残っている地が多い。
この役割を神社や寺が担うから、
檀家の風習は根強い。
田舎の寺は言い放題での収得があるから豊かだ。
推命学は都会向きの自然哲学。
田舎では九星気学や六星占術が好まれるのは、
地域による土地柄の違いによる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月6日
「 おい街アクト 」

僕にとり、「おいらの街」は
人生の楽しい想い出になった。
そこで交差した人達は、
良し悪しに関わらず縁があったのだと思う。
ブログ形式の「おい街アクト」では、存在感は薄れたが、
僕の今だから書ける音楽や映画の本音がある。
「おい街」時代には、
書く力がなかったから本音が書けなかった。
書きたかったけれども、
書けるキャパが僕の中では浅く、実力不足だったのだ。
飲食店の取材は、
いい店は公にしない方が北九州の為となるだろう。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月5日
「 五行大義、運気学 」

推命学を仮に50年間、実践でやったとする。
1日に5人診る。
1年間で2100人として、50年で約105000人。
日本人の一部しか診れない。
10人の鑑定家がいて、
正しく当たる推命学が確率する。
これが出来ない自分の人生に腹が立つ。
コンピューターでの推命学は無謀すぎる。
気学、六星占術は簡単略して隙間だらけ。
空亡占いも無茶な占術。
五行大義を、運気学を学ばないと、
推命学は解らない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月3日
「 羊刃を持つ人 」

命式の強い人、羊刃を持つ人には、
沖となる前の干支(えと)を持つ人が、
まるで御守りのように働く。
月に羊刃があるなら、月に沖になる前の、
6番目の干支を持つ人を御守りとする。
丑には申。
戌には巳。
申には卯。
子には未。
午には丑。
てな具合だ。
これに干合があれば、男女は相性が良しと診る。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月2日
「 十二運の胎 」

十二運の胎は小柄が多く、母乳不足とするが、
絶もまた胎内での母親からの栄養失調と診る。
胎も実際は胎内における栄養失調であり、
立命が7歳を越したりする。
3キロに満たず、に2キロと何百グラムで産まれる。
農家は、家族が多いと栄える。
農家に嫁ぐなら昔は、
10回以上の御産を覚悟せよ、と言われた。
こうして日本の農家は、現代まで継承されてきた。
人間、女性の逞しさが司った「米」に感謝。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年11月1日
「 飲む、打つ、買う 」

飲む、打つ、買う。
これは誰のことを指しているのか?
酒か女か博打のどれかに高じてしまう。
男性で沐浴を持つ人の仕種(しぐさ)を表している。
女性にも現代ではあてはまる。
酒はやるが女はやらないをヨシとするなら、
夫婦連れ添うことになる。
質が悪いのは女狂い。
そして極めつけは博打。
女狂いはカカアを泣かせる。
博打狂いは心証悪しで身を滅ぼす。
博打には薬が付き物故に。
沐浴だけなら小心者だが、これに冠帯があると、
死ぬまで博打をやり続けるから、名は残す。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月31日
「 背丈が目立って高い女子 」

小学生の5、6年で背丈が目立って高い女子は、
生理が始まっている。
生理がある女子は、運動神経での闘争心が弱まり、
速く走らなくなるし、勉学にも気が入らなくなるので、
目立たない存在になる。
中学生で目立つ女子は小柄で細身が多い。
偏官を持つか、大運が正官に来ているためだ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月30日
「 正官も10種類 」

天干の月の干を精神、心の内面と診る。
日の干に対して正官となる。
日の干が陰の火は陽水が正官。
この正官はいい。
日の干が陰の水は陽土が正官。
こちらは頑固で葛藤を抱える。
正官も10種類あるから、
いいとばかり考えると間違う。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月29日
「 自然界のルール 」

男子と女子の双子が産まれたら、
どちらが先に産まれてくるか?
これを間違えたら医学や自然哲学を習得出来ない。
推命学も。
男子が3人産まれると、
1人は障害を持つ男の子がいる。
性同一性障害か発育不全か、精神障害か。
3人男子で長男がそうなると、
下の男の子2人は健康である。
これは自然界のルールのようなもの。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月28日
「 冬生まれの水(壬)の人 」

冬生まれの水(壬)の人は、
津波のような破壊力を秘めている。
怒ると、殺傷事にもなりかねない。
だが気の破壊力はあっても、
身体が冷たいために火を求めるし、
木も求めることになる。
さらに土も求める。
これは愛情力があり、夢やロマンを愛しながら、
己に厳しい性分を表す。
冬生まれ(12月生まれは特注)以外は優しく、
徳を持つ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月27日
「 水は"生む"の姿を表している 」

水は何を意味するか?
陰と陽がくっついて
T(いち)を生むの姿を表している。
男と女でT(いち)になり、始まる。生ずる。
子供が。家が。家族が。世の中が。
水は汗の集まりを、水とした。
汗をかかねば潤いはなくなる。
人の魂は天に昇り、肉体は地の中へと還る。
水は冬の季節で、温かい春を待つ。
万物を地に伏して、
次の生命力を宿しているのが冬(水)である。
だから冬の地は温かく、木(気)を守っている。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月26日
「 相学は木へんに目と書く 」

人相、手相、家相、墓相、印相、と相学はある。
木へんに目と書く。
人が生まれて最初に目に入るものは、木であるからと。
木とは肝系で、目を司ると東洋医学では記せられている。
目は肝(肝臓)系統で、肝臓が弱ると視力が衰える。
肝硬変になると、白目が黄ばみ、やがては目を患う。
小学生でメガネをかけるのは生日干が甲か乙の人。
涙を流すのは甲か乙の人。
泣き真似も上手い。
役者で泣くシーンでも涙が出ないのは木(肝系)の弱い人。
そんな役者は小道具がいる。
目で木(姿)を診て判断するから、相学。
墓、家、印鑑は生き物でないとしたら、
相学が当たらない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月25日
「 推命学の師範級は血の継続を基に 」

偏財を持つ人(男女)には、
食神は子供と診るべき。
男性にとり偏官や正官が子供にあたるという説は
正しくない。
食神が子供になる。陰陽逆の傷官は、
子供とは疎遠になるという解釈が正しい。
疎遠になりから正官を傷つける。
傷官の働きは、実は子供を表しているがが正しい。
正官を直接に傷つけるのではなく、
子供を中に挟んで考えるべきである。
推命学の師範級は、解釈が子供、子孫、家系、
血の継続を基にしている。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月24日
「 井筒屋は高齢者のオアシス 」

小倉井筒屋の3階に、
Morozoff(モロゾフ)の喫茶店がある。
懐かしくて、初めて入った。
スタッフは若いし、落ち着いた雰囲気の店内。
客は若い人はいなかった。
皆、高齢者。
Morozoffは高齢者で支えられている。
井筒屋そのものが高齢者で支えられているのか。
タクシーの女性運転手が、
「井筒屋に私はしばらく行っていない。
行く暇がない」と、行きたいですよと言わんばかし。
井筒屋は、今の時代は、
高齢者に支えられている。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月23日
「 天干 地支 」

推命学で実践から知ること。
天干が大切なのは男性。
地支が大切なのは女性。
精神(魂)の五行と肉体(地)の
五行を見分けないとならない。
子供運、体質(病質)は地支で育つ。
30年の推命学から得ることが
実はシンプル過ぎて難解だった、となる。
肉体、性癖は地支の動きなり。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月22日
「 スパイ 」

旧ソ連の軍事費の40%がスパイ活動費に当てられていたと伝えられる。この数値は、いかにスパイによって西側諸国の国家機密が旧ソ連に流れていたかで、宇宙開発に関しては、スパイによる機密漏洩があったからアメリカと競いあうことが出来たと言われる。旧ソ連の実態は、実は西側からのスパイ活動により西側諸国(アメリカ、イギリス、フランス)には伝えられていたのだから、スパイ活動がいかに国益を導くものであるかを示している。勿論、日本にも各国のスパイが入り込んでいたし、今尚、スパイ活動は続けられている。エゲツナイ世界は続く。政治の世界にもスパイは入り込んでいるのは、勿論。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月21日
サーバーの引っ越し作業が終了したので
ブログ再開します。
「 衰 」

12運の特徴で解りづらいのが「衰」。
長老のように、気がのったら行動するが、
気が乗らないと愛想がなく、冷たい。
日柱にあると気難しい。
我儘で自分勝手と端からは思われる。
が、本人はまるでそんなことを気遣わない。
コミュニケーション能力に欠ける。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月16日
「 沐浴を持つ男 」

沐浴を持つ男性、女性は酒に走るか異性に走る。
まるっきり酒がダメな人は確かに。
酒が好きでたまらない人は、肝硬変になりやすい。
どんな人でも毎日酒を三合飲むと、
間違いなく10年で肝硬変になる。
50代でなくなった人を調べると、
酒好き(アル中)ばかりだ。
芸能人の若死には、アル中に薬付けが多い。
これに博打が入ると、40代で。
いや、30代、20代もだ。
酒と薬の合併は判断力がなくなる。
まだタバコだけがマシ。
タバコの煙がコロナを防ぐ、とある医大が発表。
タバコを1日に3本が、長命でボケを防ぐ。
昔、専売公社時代の研究結果だ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月15日
「 人相見の基本 」

デコに鼻にアゴ。
人相見の基本。
額は狭からず広からず。
鼻は鼻筋一番。
低いは知能弱し。
高いは風流韻事。
美的感覚優れる。
アゴなしは貧乏性。
アゴ突き出しは精力家の孤高の人。
アゴなしは意地悪しのプライド高し。
眉のゲジゲジ、女は独身遠し、男は独りよがりのけち。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月14日
「 用神 」

夏生まれの木の人は陰水を求める。
冬生まれの木の人は太陽、つまり陽の火を求める。
春生まれの木の人も太陽、陽の火を求める。
これが推命学の基本。
用神はこれで解りやすく覚える。
冬生まれの陽の水はあまりに水が強いと、
まず陽の土が用神になる。
陽の木や陽の火では間に合わない。
シンプルであれ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月13日
「 ショボ〜っとしなさんな 」

白か黒しかない?
いやいやグレーが多い人生である方が幸せ。
高校受験、大学受験で落ちたくらいで
ショボ〜っとしなさんな。
運気が弱い年は落ちます。
お金を使うべき運気の年は私立の一流を目指しなさい。
必ず合格するから。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月12日
「 推命学以前の恋愛運 」

恋愛運だけで恋愛運を判断出来ない。
恋愛運は、社会運が良ければ向上することぐらい
高校生でも解る。
占い以前の、社会的人生に於ける道理。
明るい人、優しい人、頑固でない人、
頭デッカチでない人が恋愛運がいいのも、
占いをしなくても皆が知っていること。
痩せてスタイルのいい人の方が、
胸がデカいだけの人より間違いなく、
恋愛運はいい。これも定説。
だけど人は痩せようとしない。
食べる方が楽だから。
楽して幸せは手に入らない。
これも解ったこと。
推命学はシンプルで神秘的なことが解る。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月11日
「 旦那の本心 」

奥さんに下着をプレゼントしたまではよかった。
ところが旦那がその下着を脱がさなかったから、
旦那の本心を奥さんが見抜いた。
あなたは、私よりも下着の方が好きだったんだと。
で、離婚になったという話は本当

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月10日
「 初めての鬱 」

あなたの初めての鬱は、何が原因でしたか?
ケンカに負けた? 万引きがばれた時? 失恋した時?
カンニングがバレて停学になった時?
留年した時? 受験が不合格だった時?
父親の会社が倒産した時? 好きな人が遠くに離れた時?
失恋は自分に罪の意識がないから、最も辛いと言われる。
確かに。
相手が悪いと思う方が楽にはなるな。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月9日
「 総裁選 」

総裁選は占いの結果通りだった。
まあ、今の政治家達に人格者なんていない。
お金を動かすことの出来る人が、政治家になる。
悲しいが、それが現実。
菅さんはくたびれ儲けだったし、これも占い通り。
選挙は占い通りに結果が出るから、
マスコミの予想なんてあてにならない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月8日
「 劫財はとにかく競争する 」

劫財を主星に持つ人の特徴をあげるならば、
とにかくビックリするくらいに競うのが好きだ。
競争する事で自己確認する、出来るのだ。
負けるのをとても悔しがる。
強がらないのが比肩とは違う。
罰ゲームに文句を言う比肩と違い、素直ではある。
会社では営業向き。
競いあわせると、文句を言わずにひたすら頑張る。
社内恋愛もひた隠しで貫く。
だから誰かが悪者になる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月7日
「 陰の火 」

陰の火の人は何でも必死でやる。
だから疲れるし、無理が祟る。
肉体労働の土方、沖仲仕、家庭教師、先生、
飲食店のウェイターに料理人、アパレル、漁師、猟師、
弁当屋、新聞記者、物書き、配達員、医者、
占い師、催眠術師、風俗師、画家、政治家、
司会者、役者、 格闘家、ジャーナリスト、
ギャンブラー、映画監督、短距離ランナー、音楽家、
僧侶、種付け人、と。
陰の火の有名人。
アラン・ドロン、スタンリー・キューブリック、
役所広司、矢沢永吉、松田聖子、黒柳徹子、
伊勢正三、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、
タモリ、ニコール・キッドマン、舞の海、楠田枝里子、
菅直人、ロジャー・マッギン、など。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月6日
「 まだ ガラケイ! 」

実は、腱鞘炎になっている。
鍼灸の巧い鍼灸師がいないので、
治るまで待たないとならない。
ガラケイで本文を打ち、
原稿としてメールで転送している。
左手でことを済ませている。
右手はペンを持つが、携帯は触る癖がない。
ガラケイは原稿書きには便利。
が、そのようには作られていないので、
無理が親指に来る。
特にこの会社の機種は、無理が来やすい。
なんとかして下さい。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月5日
「 偏官という星 」

背丈が小柄な女性は、
偏官という星を1つは持っている。
偏官は1つが最良と言われる。
偏官を持つと、まず安産。
異性に対して裏切りは少ない。
痛みに強いとか、我慢強いと診る。
偏官が主星に1つあると、
男女共に貴命となる人がいる。
偏官1つはまた賢い。
この偏官が多いと、男性は渡世人。
女性は男性運が悪くなる。
偏官は闘う、義理人情的と診る。
昔は偏官は小人の相と差別的に用いた。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月4日
「 好きになった異性に対して 」

己が純粋とか未熟である若い頃に
好きになった異性に対しては、
自分がもっと大人(一人前とか出世したら)に
ならないと結婚してもらえないと考える。
だから頑張って出世したとする。
すると自分の持ち味であった純粋さや、
感性を失ってしまうことになり、
好きな異性に対する一途さや、
異性全般に対しても謙虚さが失くなってしまう。
結果、嫌なタイプになった自分に悲しくなってしまう。
そう、何かを得ると、何かを失う。
これが人間にありがちな慢心さだ。
金持ちになりすぎると、性格が悪くなる。
結婚したら相手への感謝の気持ちがなくなる。
多いですね、この慢心さ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月3日
「 ??? 」

おせち料理も遠くない。
そこで、おせちに付き物の蒲鉾。
蒲鉾はなぜに半円形なのか?
ついでにコーラのビン(?)は
何からデザインをしたか?
も1つ。
氷は何故に水に浮かぶのか?
男の子、女の子の双子が生まれる。
先に出てくるのはどっちが?

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月2日
「 腱鞘炎 」

腱鞘炎(けんしょうえん)。
アナログ仕事をしている人が、なる。
ならないと一人前になれない痛み。
按摩、マッサージ、エステ、寿司職人、もの書き、
などの手の使いすぎから起こる炎症。
その昔は産婦人科医も世界的になっていた。
ヒステリーの治療を手技でしたからだ。
職業病です。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年10月1日
「 名人級の占術家 」

女性の日柱墓の人は、
なぜに人相が能面のようになるのか?
これが五行で説明出来たら名人級の占術家。
占い師と占術家の違いは、
絵描きと画家の違いだ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月30日
「 推命学の基本 」

推命学の基本。
春、夏、秋、冬、土用の
5つの季節の木、火、土、金、水は
どうであるのか、を描くことが基本。
金は刀とするか雲とするかの判断も、
その人の命式により変えるべきだ。
日干は刀で良い。
水の日干の人には雲となることが扱いやすい。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月29日
「 最低の方は相手にしない 」

推命学に限らず、癒しや救いのない学問、
科学、宗教は要らない。
推命学で悪いことばかりを言う自称、占い師は、
要らないし、なのだから 相手にするな。
救えない宗教家、整体師、医師、先生、政治家も最低。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月28日
「 幸せになるため、生きるため 」

『人は、何のために生まれてくるのか?』
『人はどうして生きるのか?』
この答えは、
「幸せになるため、生きるため」。
幸せとはなにか?を知ることが、
生きるための鍵となる。
自分に備わったアレテーを
最大限に発揮するための生き方が、
自分らしい生き方となる。
推命学はその答えがある。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月27日
「 血液型とお産 」

血液型がO型の女性は男の子を産みやすい。
血液型がO型の男性を夫に持つ女性は、
男性的な強い女の子を産みやすい。
母親が苦労していた時に胎児となったら、
まず女の子が産まれやすい。
これは苦労をかける夫に嫌気がさしているから、
体が男の子を産みたがらないから。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月26日
「 身から出た錆 」

身から出た錆。
高値の花を追い求めた末に結婚はしたが、
焼き餅焼きすぎて、嫌われた。
自分の器を知らないために、離婚となる。
高値の花を大切に出来ない人が、
高値の花を求めてはいかん。
身から出た錆です。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月25日
「 良い運勢は吉運で発展は早い 」

良い運勢は吉運で発展は早い。
凶運が来ても、苦労しながら延びる。
悪い運勢は吉運でも発展出来ず、
凶運が来るとさらに落ちていく。
悪い運勢の人が己を知ることが
1番、2番は努力あるのみ。
悪いも良いも親の祖母の因縁から来る。
これは生き方を知ることが命を救う。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月24日
「 壬の人 」

壬の人。
甲あると福分厚い。
己ある人は出世。
戊あると、一度は失敗する。
結婚、仕事で。
印綬あると財に厚い。
偏印あると財に苦労。
水の大過は男女共に凶命になりやすい。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月23日
「 陰の火、丁の人 」

陰の火、丁の人。
慌てん坊。
焦りすぎてチャンスを逃がす。
せっかちで先を見すぎて、疲れる。
己があると幸せそうな人生を送る。
辛あると人から好かれる。
甲か乙あれば、やがて裕福になる。
戊のある人は芸術性を活かすと幸多い。
庚あると名利求めて失脚。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月22日
「 古典的推命学は当たらない 」

古典的推命学は当たらない。
実践でまるで当たらない。
天沖殺に空亡に神殺星すべて。
さらに女性の社会的進出で、
男女の区別は曖昧になっている。
男女共に結婚は偏財、正財、正官、食神が良し、となる。
悪しは、劫財、傷官、偏印、偏官。
大運では尚更。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月21日
「 永坂更科 」

今日も井筒屋8階の「永坂更科」に来た。
蕎麦が好きで、美味しい店を
「おい街」時代に探してはいたが、
25年間で見つけることが出かなかった。
コロナの御時世が幸い(?)して、
井筒屋の8階に入り浸る毎日になる。
ここの蕎麦を食べると、他には行かれなくたった。
永坂がついた更科は、東京の老舗である。
北九州に住んで、
地元の蕎麦屋に行かないことは辛い気はするが、
味には負けてしまう。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月20日
「 実践的な推命学 」

実践的な推命学が広まらない限り、
占いは学問として認知されない。
コマーシャルリズムに乗った占いは、
実践的な推命学の普及に良くも悪くも立ちはだかる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月19日
「 免疫力 ストレス 病気 」

コロナにしろ、様々な病気から自分を守ることは、
他の人をも守ることになる。
体温が下がると免疫力が弱る。
まず、寝不足、精神的興奮(躁鬱、ヒステリー、
ストレス、神経質症、引きこもり、コンプレックス、
童貞による女性不適合症、バージン・コンプレックス、
セックスレス、など)、アルコールの飲み過ぎ、
風邪気味、歯痛、ゲームのし過ぎ、
不快指数の高い生活、など。
すべてストレスから病気になりやすい。
マッサージや入浴は体の新陳代謝を高める。
ワインはのんでもアルカリ性を保つが、
他のアルコールは体内で酸化するので、免疫力が落ちる。
コロナもガンも病気は免疫力から語るべき。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月18日
「 アドバイス 」

自分の人生を彩ってくれている人に気付いたならば、
感謝します。
これは自分の人生に対する感謝にもなるので、
とても大切なことだ。
貴方の人生にも必ず、彩ってくれている人がいるはず。
まず、そこから人生を感じ取り、
新たに再出発することも必要ではないか。
貴方が自己中心的に成りすぎている時ならば、
アドバイスをいたします。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月16日
「 背丈の話し 」

背丈の話し。
体格のよい女性は、
目立つだけに仕草や表情で内面をも判断されやすい。
それに引き換え、小柄な女性は全てと言えるほど、
目立たないから得でもあるし損でもあるが、
やはり得が上回っている。
小さな方が可愛がられるのは、人間も動物もなのだろう。
本人は背丈のないのを嘆き、
背丈の高い人を羨むだろうが、背丈のある人は、
カッコ良さも鈍臭さも丸出しになるので、
白黒がはっきりする。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月15日
「 秋らしくなってきた 」

秋らしくなってきた。
空が高い。
昔は、天が高い、と言っていたそうだ。
そして、馬肥える秋。
冬に備えてカイバ喰いが活発になるのだ。
動物は人間をも含み、食欲が旺じる。
草は秋にいったん死ぬ。
だから草食動物は冬が超せないから冬ごもりをする。
だから秋は春まで待つためにも食い気は増す。
人間も大昔は、冬ごもりのような生活をしたのだろう。
保存食が考え出されたのも、冬があるからこそだ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月14日
「 沐浴を持つ人 」

沐浴を持つ人は、沐浴を持つ人とは縁が長引く。
結婚して、まるでうまくいかない。
相性や縁がまるで良くない。
でも、別れない。
これは、互いが気まぐれであり、計画性がない。
気まぐれな2人のタイミングはまるで合わない。
合わないし、合わせることも出来ないから、
いつまでたっても別れられない。
言うだけで実行力がない。
なあなあ、まあまあ、いいか、仕方ない。
相手が本当に別れたいなら別れることになるやろう。
この心境が互いに一致しないから、
まあ仲は悪くとも、馴れ合いの気まぐれ夫婦。
だから沐浴を持つ2人は、ケジメ無し。
だから離婚しない。
出来ない関係。
片方が沐浴を持つと、別れます。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月13日
「 女性でモテたい人 」

女性でモテたい人。
髪を長くしたら女性的な人を好む男性からモテる。
女性的な男性から好かれたいならば、
髪はショートカットで。
それが出来ないなら、貴女は真に男性的な女性か、
真に女性的な女性かであるから、
あとは運気にまかせるしかない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月12日
「 北九州の料理 」

新鮮な魚があるから、刺身は安く旨い。
寿司だって。
魚がさばけたら北九州で、居酒屋は出来る。
これが災いして、北九州の料理は
煮物、蒸し物、揚げ物などの技術が弱い。
そこそこはあるが、やはり東京や大阪あたりの、
一流処の料亭風な味付けには敵わない。
井筒屋地階の、「なだ万」の料理はスゴい。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月11日
「 花婿、花嫁 」

花嫁選びは子宝であるか?が、大切でもある。
ショートカットの似合う若い女性は男性ホルモンの
分泌が過剰で、発育不全が多い。
色白でも眉毛が濃く、体毛の濃い人は
ケトステロイドの排泄が多く、生理不順が多い。
胸、腰の膨らみは大切。
ニキビ、皮膚にツヤのない人は生理痛、生理不順が多い。
腹膜炎をやった人も注意。
偏食で特に肉類を食べない女性は
生理不順、生理痛が激しい人がいる。
肥えている人は甲状腺機能低下症で、妊娠しにくい。
エステ、脱毛を女性が好むのは、
見た目で解ることが多すぎるからでもあり、
花嫁に相応しくなるが、根底にあるためだろう。
花婿を選ぶなら、まず健康でないと。
花嫁を選びなら、花婿も健康でないとが基本。
そして相性とかが始まる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月10日
「 田舎の病院の問題 」

田舎の医者は馴れ合いで、
地元民との人間関係を築きあげている。
診察時間を過ぎた人でも受け付ける。
看護師、医療事務の人達は、
時間外の残業になるが、残業代は出ない。
一人の診療時間が、世間話で長くなる。
リハビリをやる整形外科では、
保険適応になるものなら何でもする。
理学療法師がいないでも、看護師にやらせる。
レントゲンも技師がいないでも看護師にやらせる。
違法を平気でやるし、労働法にも違反している。
セクハラはいつものこと。
今の若い看護師は辞めていく。
田舎の病院の問題は社会問題化されている。
北九州の街中以外でも、このような事が起こっている。
山口県になると実に多い。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月9日
「 夫選び 」

子供を得るなら夫選びは、こんな目安はいる。
小さい時にヘルニアの手術はしていないか?
孤独な性質でおとなしすぎる。
潔癖症は不能者がいることがある。
色白でぶよぶよして、髭がない男に
発育不全の性器の人がいる。
太っている男には、甲状腺や糖尿病などの
内分泌系の不調があり、性的に好ましくない。
男は自分の精液を調べておいた方がよい。
一生の計画がかかっている大切なことだ。
子供が要らないならば、いいが。
薬指の長い(人差し指以上に) 男性は精子が濃い。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月8日
「 血液型と陰陽 」

血液型のB型で日干が陰陽の金の男性は、
呼吸器系のガンになりやすい。
血液型のA型で日干が陰陽の水の女性は
長生きではあるが、腎不全に注意。
食べ物で酸はアルカリ。
アルカリは酸で中和する。
野菜vs肉。
解りやすく、大雑把に言うと。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月7日
「 流行? 」

流行?
コロナも大流行。
流行は必ず、廃る。
ミニスカートも大流行した。
脚のとても太い人もはいた。
オバサンもはいた。
見たくないが、はいている人は
ミニスカートを見せたかった。
脚は見せなくはなかったが、
皆が見せているから、見せた。
流行は旬だから、仕方ない。
男子の脱毛も旬。
旬に皆が飛び付く。
が、やがて、どうでもよくなる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月6日
「 最後は自分で学ぶしかない 」

人は自分で最後は学ぶしかない。
教えることには限界がある。
伝えることにも限界がある。
自分で自分から学ぶ。
そして知ることが出来て、それが自分の辞書になる。
伝えることは、実はとても難解な技術を要する。
真実は、人には解らない世界にしか存在しないのか。
人が語る体験が真実であると、人は錯覚をしている。
1+1が2に必ずならないのが現世だ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月5日
「 手の平と指の長さ 」

男性の妊娠能力の在る無いを見分ける方法は、
手の平と指の長さを見れば解る。
それに生年月日を観ると
性の力が男性力、繁殖力、SMかが解る。
女性はスタミナが手で解る。
安産タイプか難産タイプは生年月日で解る。
SかMかも解る。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月4日
「 タカビシャ 」

性格は学歴とは関係ない、と言える。
高学歴の人は生まれつき性格がタカビシャで、
さらにタカビシャになる。
高学歴の人は人間味に欠け、薄情な人が人が多い。
高学歴とはどこからを言うか?
東大でもあるし、西南大学でも高学歴であると
思い込む人はいる。
陽の土の日干の人はプライドが高い。
ボンクラ大卒でも高いから、性格そのものの問題。
加山雄三、森前首相など。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月2日
「 外面は良いが内面は悪い 」

本人はまるで気づいていない。
陰の金、辛の男女共に、外面が良い。
しかし内面は悪い。
これが結婚して解るから、勘違いした。
騙された。となる。
沢田研二、武田鉄矢、小泉元首相、吉永小百合など。
辛は輝く指輪で美しく見てしまう。
だから芸能人が多い。
水原弘もそうだった。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年9月1日
「 理解しないと間違いをおかしてしまう 」

食神が大過すると、傷官化する? しない。
絶対にしない。食神と傷官はまるで違う。
陰陽をしっかり理解しないと、
大きな間違いをおかしてしまう。
陰の金が多いと陽の金には、ならない。
陰の水が多いと、陽の水には絶対にならない。
こんな質問が来たが、
こんな推命学を教えている人がいるなんて、情けない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月31日
「 自分のことが解らない 」

自分のことが、解らない。
自分にとって、大切にしなければならない事が解らない。
自分にとって、大切にしなければならない人が解らない。
自分にとって、気にしなくていいことが解らない。
自分にとって、止めなければならないことが解らない。
自分にとって、不必要なものが解らない。
それは人それぞれに異なる。
それは自分では解りにくい。
それを間違いなく正確に教えてくれるのは、
実は貴方が大嫌いな人です。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月30日
「 日支が寅の沖は申 」

日支が寅の沖は申。
7番目にあたる干支を七殺と言う。
6番目にあたる干支は未。
日支寅の人には未を持つ相手が沖を守る故に、
相性を吉とする。
互いの七殺を守る干支が互いの命式にある2人は
運命的でもある。
これだけで決めてはならないが、これも欠かせない。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月29日
「 五行で鑑定 」

推命学を五行で鑑定出来るようになると、
空亡や神殺星が必要でなくなる。
そして空亡や神殺星がいかにいい加減で
当たらないかが解るようになる。
推命学は暗記するものではなく、
理解、解読の技術力が最後にモノをいう。
まるで将棋のように、チェスのように解読していくのだ。
麻雀をやるとツキの力を信じるようになる。
2人でやる勝負と4人で行う勝負は、
違うことも解るようになる。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月28日
「 カレー仙人辞典より 」

カレー仙人辞典より
●食欲回復食
→茄子、キュウリ、オクラを小さく刻み切りして、
シソやミョウガを混ぜて醤油を合わせて、
白飯に乗せて食べること。

●8月は涼しい風がたまにある
→涼風至と言う期間が8月7日から11日まで。

●8月12日から16日まではヒグラシ鳴くで
→寒蝉鳴。

●8月17日から22日までは深い霧が朝ある
→蒙霧升降。
梅干しは3日間が決まり。
ビタミンCはウイルスに良し。
ワインも。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月27日
「 騙されて捕まえられてきた 」

見た目で好きになったり、嫌いになったり。
まるでギャンブルをしているのが男女の仲。
見た目がいいと、貴方は本当に嫌な性格を
我慢出来ますか?
我慢出来ない方が沢山いて、離婚しています。
困り者の貴方もあなたも。
だから占いやら推命学が必要な訳で、
こちらに騙される貴方はツキのない方。
貴方の錯覚は、魚釣りの擬似餌にかかる
アジやサバみたい。
人は魚や動物を騙して捕まえてきた。
これは実に面白い技術で、
政治家に騙される国民もまた魚です。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月26日
「 山の神様は優しく、恐ろしや 」

家から見る足立山は、晴れたり曇ったりしている。
山の高さが程よく、
小倉の街を守っているんだな、と思える。
あまりに高い山の麓には、
人は住めないようになっている、と考えたり。
つまり女性の胸の大きさを問うなら、
大きい胸は害にもなる。
小さな胸は恵みをもたらす、と言える。
小さな胸には優しさが潜む。
足立山を眺めると、人生や女性、
自然を学ぶことが出来る。
高い山は眺めるに限る。
山の神様は優しく、または恐ろしや。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月25日
「 10万枚は書いてきた 」

原稿用紙(400字詰)に10万枚は人生で書いてきた。
おい街、読売新聞、ダンデライオン、ダディ、
カレー仙人高野のブログ、おい街アクト、などなど。
書いた割には、字が巧くならない。
急いで書いたからだ、きっと。
最近、万年筆を変えた。
金ペンにしたら、柔らかい書き味なんで、軽い。
原稿用紙も紙質の良いモノを使うと、
書き味がとても良い。
ダイソーのモノとは違うな〜。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月24日
「 アメリカの戦争責任追及 」

アメリカが自ら起こした今尚、未解決な社会問題。
黒人差別問題、インディアンの差別問題。
これらはアメリカの問題であり、
日本の我々が背負うべき問題ではない。
日本は日本が背負うべき問題がある。
それらを早く解決すべきである。
韓国、中国、そして核を投下した
アメリカへの責任追及問題。
敗戦国だから核投下を容認するべきというのは
筋違いではないかなのか?
アメリカに迎合して中国に対抗するのは
方法論の一つであるかもしれないが、
こうなる前に早く核投下について
アメリカと折り合いをつけるべきだった。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月23日
「 水と火のバランス 」

変化は北からか、南からか起こる。
革命や改革は北からか、南からか始まる。
これが東洋哲学思想だ。
北の解釈は? 広義だ。
方位も含むが、北は水。
同じように南は方位でもあるが、火である。
腎と心。
冷えと熱。
水は津波、火は地震である。
海水は石油を含む。
海水が沈殿したものが石油であるから、
海底から石油わ採ると海水は汚染される。
汚染された海水は温度が上がる。
これが地球の温暖化の一番の原因とも言われる。
水と火のバランスが崩れる訳だ。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月22日
「 哲学的な分析でカラーのマスク 」

哲学的な分析でカラーのマスクを評するならば、
マスクは確かに身を守る役割りをしている。
コロナ、キッス泥棒、タバコの煙、廃棄ガスなどから。
これは下着と同じ役割りをしていることになる。
が、下着(パンツだよ)が同時にカラフルであったり、
セクシーであったりするのは、身を守りながら、
男性にアピールすることの大切さも兼ねている。
マスクも白で良いのだが、カラーのマスクをする方は、
お洒落が大切なことを知っている。
下着の感覚がマスクに現れていることになる。
カラーのマスクを作っているメーカーは、
女性の心理をつかんでいる。
男性は黒いマスクをする人はいる。
これは黒い下着を履きなれた男の発想。
女性にピンク色が多いのは、解る気がする。
年配はまずピンク色は似合わないし、していない。
お婆さんはたまに黒をしていますが。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月21日
「 限界があることを理解 」

怒りっぽい人から尋ねられた。
どうしたらこの性格治るのですかね?
治るとか治すとか、そんな話ではないんですよ。
自分の限界を知ることから、人には皆、
限界があることが理解出来るようになります。
解釈の限界、言葉の限界、愛情の限界、他愛の限界、
勇気の限界、美しさの限界、体力の限界、
持って生まれた性格の限界と。
無い物ねだりをする男と女の関係には、
やがて亀裂が入るかもしれませんが、
受け入れることを学ぶ人生経験をすると、
人は完璧ではないこと、
人生に完璧を求めることは自分を苦しめることになる、
と限界が解ってくるのです。
挫折とは生きるために経験するべき苦しみかもしれません。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月20日
「 東京オリンピックが終わった 」

東京オリンピックが終わり、ひと安心している。やっと終わった、と言う意味の安心感で、これからはマスコミがマトモな報道機関として(?)機能するではなく、オリンピックに邪魔されず機能出来る情況になっているかもしれない、と言う虚しい静まりの中、秋が近づいている。その気配が、ひと安心なのである。福島、広島、長崎、こちらはなおざりにされてしまった。小倉に原爆投下の日に、長崎に投下だから、日本人として、また小倉の在人として心は痛む。政府野党、与党と、絡み合わない立場でしか政治が出来ない。政治をしているのか、疑う。なに一つ日本は変わらない。変えることもしない。マスコミも国民も。だから政治家も変わらない。オリンピックごときに開催、反対と騒いで、本来の問題点には誰も触れない。メダルが多かろうと、実は国として誇れるものたのだろうか。そんなレベルの低い国に日本はなったのだ。
哀しくないかい?

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月19日
「 芸人もスポーツ選手も同じ 」

芸人もスポーツ選手も同じムジナのようだ。
観客がいてイベントは成り立つ。
観客がいるから飯の種になる。
種になるから咲かせようとする。
テレビは芸人とスポーツ選手のために
存在価値はある。
大衆は、ただ喜ぶだけで、
芸人やスポーツ選手に憧れる。
この娯楽が政治や経済を支えていく。
他に喜びを得ることの出来る人には、
テレビも芸人もスポーツもいらない。
つかの間の娯楽としての芸人、スポーツはあり。
ギャンブルもしかり。
風俗もしかり。
芸でも芸術と芸能は異なる。
スポーツ選手をアイドル化したマスコミは、
やがて消え去る。
観客がいるからのスポーツは、
客がくるからアリの飲食店と変わらない。
あなたの裸なんて見たくもない、
と言われる相撲取りになったら、終わり。
情で支えられたら、惨めだ。
政治家に情は禁物。
奈落の底に落ちる手助けをする。
あなたも一緒に落ちるから。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月18日
「 宿命は一人ひとり異なる 」

人間の生まれもった宿命が一人ひとり異なり、
立命(後天運)も異なる。
男がいて女がいて、子供がいて、
若者がいて、年寄りがいる。
世界的に観ると、さまざまな民族、人種がいて。
人間は遥か彼方の昔から、
役割が異なる運命共同体の集団生活から始まり、
生き長らえてて来た。
正しくは生きてこられたのだ。
一人ひとりの年運が変わるのも、
実は神の嫌がらせではなく、
互いに年運に相応しい役割をこなし、
集団生活を守るために異なるべきだからだ。
出産に関して言うなら、安産の年運があり、
難産、流産の年運がある。
安産の年運に当たるひとが出産するべきで、
難産になる人は生まないで。
まして流産になる年運には避妊をしなさい。
これが女性の身体を守る。
また健康な赤ん坊を産み、
集団生活を保つための知恵であった。
この知恵は東洋思想・医学・推命学を含み、伝えられてきた。
さて、現代の人の概念、幸せ観、社会的価値観、
幸福論、経済、医学、宗教、政治、教育、生死観、
生産性、繁栄衰退、すべて人間の歴史よりも実に浅い。
浅はかなる概念でつくられた近代の価値観として。
人は賢くなったか?
運気に惑わされて自分を失くした人が多い。
順応できないのは当然の結果だ。
貨幣が発明されてから、
世の中は変わっていくことになる。
金は木を剋す。

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月17日
「 何時の世もかわらん 」

ドイツはユダヤを今でもだろうし、
ユダヤはアラブもドイツもだろうし、
アラブはアメリカをだ。
アメリカはドイツを、アラブを、ユダヤもだ。
イタリアはローマのように。
フランスはナポレオンで、
イギリスは帝国であり続けたい。
日本は?

(カレー仙人) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月16日
「 基本に戻ろう 」

中間市で園児が。
実に悲劇で、残酷で、いけない事が起きてしまった。
こんな悲劇は携帯電話を持つことも起因している。
家庭と園、学校でもだが、携帯ではなく、
電話でやり取りをするべきだ。
基本が崩れるから、基本的な事が出来なくなる。
悲しいかな。
携帯電話の軽々しさが、人をも軽々しくしてしまう。
基本に戻るべきだろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月15日
「 縁を見極める技術は必修 」

己丑の年の干支、辛未の月の干支、丁巳の生日の干支。
この人に縁が強い人は、丁巳の干支を年、月、日に持つ人。
辛未を年、月、日に持つ人。
己丑の干支を年、月、日に持つ人となる。
相性がいい悪いに関係なく、縁が強い。
縁のある人、ない人を見極める技術も推命学では必修だ。
これは一例に過ぎない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月14日
「 強くなる方法は武術で自信を得る 」

失恋したら精神科に行かないですよね。
離婚するのに精神科に相談に行かないですよね。
苛めに合うと、精神科? いや、それは間違いなく間違い。
寺の坊主の説法。
これは今はないだろうが。
親?親は先生に言うが、功をなさない。
警察?相手にされない。
占い師?相談にはのるだろう。
さて、的もな回答が出来る占い師はいるかな。
強くなる方法は武術で自信を得る。
武術は空手、少林寺拳法、ブラジリアン、かな。
苛めに合いやすい人は、悪と仲良くしたがるが、
これは将来的には失策になる。
やはり武術が間違いない。
精神科医がこう答えたなら、一流。
失恋は体験しなさい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月13日
「 水は腎、生命力なり 」

満月と新月、大潮と排卵と生理。
人の誕生と死去。
潮の満ちと引き。
この自然界の法則を知って生きる。
生きるは活きるが正しい。
活きるの活きは、サンズイで水。
人の身体の約70%は水。
地球の約70%も水。
水は腎。
生命力なり。
瑞々しい肌、髪、脚、腰、背中は仙女。
瑞々しい地には邪気の滞りなし。
瑞々しい人には滞りなし。
太陽と大腸が間違えてしまうほどの類以度。
月は調(つき)である。
この鬱陶しい世の中を瑞々しく活きることから再生あり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月12日
「 血液型による性格判断 」

血液型がO型の人はコロナに対する抵抗力が強い。
この医者が嫌がりそうなことを、
医者の中から発言する医者が現れてきた。
血液型による性格判断やら相性については、
あるのか?ある。
性の相性に限る。
O型の女性は男児を生みやすいとか、
A型の男性とではどうだなど。
そして流産の確率が高くなるのは?
血液型と推命学による安産、難産タイプの生まれつきと、
後天運を用いるとさらにハッキリと
妊娠、出産、胎児に関する事象が出る。
血液型O型の男性と血液型AB型女性とが最も相性が良い。
セックス、懐妊、安産、健康な胎児とすべてにおいてだ。
血液型による性格の違いはないことが解っていた。
が、身体の違い、遺伝、病質の関しての違いは実は解っていた。
血液型と推命学による男女の相性、
さらには結婚に関しての差異と、
やがてはこれらが医学の分野に入ることになるだろう。
間違いなく。
判断材料が絞られるが、
いくつかの問題も解消されることにもなるし、
差別と区別との違いは、
医学の「神への挑み」に歯止めがかかるだろう。
これはyesになるかな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月11日
「 学ぶこと 」

推命学を学ぶことは貴方にとって
社会、人生、幸せ、人間(貴方)の指針、
よした方が良いことと遣るべきことを知らせてくれる。
まるで海の風の方位が、航海の安全、
危険を知らせてくれるようにだ。
推命学以外の占いにしろ、
人の人生を当たりもしないレベルの
知ったかぶりで物申すことは、
お止めになったらいかがですか。
貴方は変人になりたいですか。
馬鹿な人でありたいですか。
変人も馬鹿な人も、無知な人をもて遊んでいるだけです。
政治家も賢い人がやるべきでしょう。
そうでないと国民が何のために
税金を払っているの意味がなくなりまし。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月10日
「 推命学は似ている。何に? 」

推命学は似ている。
何に? 写真製版の発想ににとても。
カラー製版になると色の四原色を使い
色目を調整して色調を調える。
白い紙にで五色となり、五行である。
光の調光も同じ理屈。
冬生まれの人ばかりにならない。
夏生まれの人ばかりにもならない。
宇宙はバランスをとる。
とるために春、夏、秋、冬、土用生まれの人、
生物、モノから成る。
北から来るか、南から来るかのエネルギーが
張り合いながら、バランスをとる。
推命学は東洋医学と考えと同じだ。肝腎要。
腎と心がバランスが良いと未病になる。
性格の違いは、肉体の違いである。
病は気から起こり、脳の活性化は身体の若さを保つ。
素直、賢い、明るい、前向きな脳の働きは
邪気をはね除ける。
愛欲は野生で、本来は健康そのものである。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月9日
「 根の物を食べよ 」

根の物は地の中で育つ。
まるで赤ん坊のように。
だから冬の地は暖かい。
外気は冷たい。
女性の性器は腹の中にあり、
子宮、卵巣は腹の中にある。
男性の性器は外気に曝されるように出ている。
冬の地は女性で外気は男性だ。
根の物を食べよ、とは
身体を温める故にアルカリ性である。
地の中で育ち野菜は白く赤身を帯びている。
色白の女性と色黒の女性との違いも、
そこに隠されている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月8日
「 推命学は物理的で化学でもある 」

冠帯、沐浴、死の3つが十二運で揃うと、
旅先での変死にあいやすい。
日干が陰陽の金はギャンブルにより破滅していく。
十二運の意味を理解し、陰陽の金の特質を知れば、
自ずと推命学が確率的な占術ではないことが理解出来る。
人の人生、生命力は物理的で、
自然化学でもあることに悟りを得る。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月7日
「 復縁からは芽は出ず 」

復縁からは芽は出ず。
一度溶けた氷はやがて消え去る水でしかない。
過ぎ去りし日々は、
現存する己の結果を支えているエネルギーの源でもある。


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月6日
「 ツキを変えたい 」

いまのツキを変えたい。
余り良くないを変えたい。
なら変えるべきは、貴方の靴下が入っている場所を変えることだ。
それでもダメなら、貴方の下着を日干し、朝日の出る東方向にて。
寅の日に始めたならば卯の日にはツキが変わる。
この秘術(?)は今では知る人ぞ、になった。
お米のランクをあげたなら、家運が上昇するし、ランクを下げたなら、飲食店はツキが落ちる。オカズを下げても米は下げるな、とは格言なり。


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月5日
「 オリンピックが開催されている 」

オリンピックが開催されている。
この歪な大会をリアリズムに体験しているのは、戦前、戦後、そして団塊の世代の子供たちや、その子供たちだ。
東京オリンピックを体験した団塊の世代や戦争を体験した世代は、オリンピックに対してはどうなんだろう。
東京オリンピックが2回も日本であることに、オリンピックの様変わりさを実感しているのかもしれない。
団塊の世代は、親達の敗戦経験から日本を応援するその姿勢に影響を受けた。
そしてアメリカとソビエトの大国の活躍を横目で見ながら、日本が敗戦国となったことを考えさせられたり、もした。
日本がオリンピックの開催で、これほど内輪揉めごときになるとは。
政治の強引さに反発するのは、日本人がやはりデモクラシーをどこかで忘れていないし、政府に対する不満や不信や許せない政治家があまりにものさばっている。
国民が政治家に信頼感を失ってしまった結果の、大いなる反発でもある。
中国嫌いが増えた日本の民は、中国をどうにかしない限り、政治家への信頼は回復しないだろう。
つまり身近な問題はオリンピックではなく、中国なのだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月4日
「 神は言う...? 」

運命に翻弄されるのは人間らしい、と神が言う。
神は言う。
人間とは偶然の賜物であり、天地の為す造化の結果である。
然るに人間は翻弄されることでしか、悟りを得ることは出来ぬ。
悟らぬ者は悟れぬ生死に活きる。
悟りたい者は、悟れる生死に活きる。
それが人間である。
翻弄されて活きるから知恵が湧く。
その知恵が大衆に役立つか役立たないかは、やがて人が決めるものだ。
神の範疇ではないし、神は人が翻弄されるから人が造り出したのだ。
故に神は人の観念にしか住めない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月3日
「 小倉風俗 むかし話 」

「チャチャタウン」は確か名称を公募して選ばれたネーミングだ。
小倉弁の「○○ちゃ!」から、相応しいと選んだのだろう。
最初に名前を聞いた時、僕らの世代は昔あったキャバレーの「チャイナタウン」とイメージが重なって、なんと安易な、しかしレトロで大衆的で、と感じた。
この「チャチャタウン」を選んだ方、また応募された方、共にキャバレー世代であったのではなかろうか?と。
「チャイナタウン」も「チャチャタウン」も目と鼻の先ほどに近い場所にあった。
「月世界」「新世紀」「ヤマト」「チャイナタウン」「アミド・パリ」「蘇州」これらが戦後の昭和に華やいだキャバレー。
これからワンランク(?)下がって「ロンドン」「国際」「日本航空」と。
バニーガールがいた「プレイボーイ」も懐かしい。
「紫宛」「昭和」「最後の2弗」「レッド・スコーピオン」はダンスホールだ。
消えては生まれ、生まれては消え。
逞しき風俗壊乱の歴史。
酒、女、博打、流れ者、渡世人、旅芸人、提灯持ち。これが日本の民俗学でもある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月2日
「 買いやすさ 」

街中のドラッグストアが、なぜ売れているのか?
答えは以外にイージーで難しくない。
まず効き目が弱い薬ばかりを置いているからだ。
そして畏まらなくていいし、買いやすいからだ。
昔の小さな薬局での対面販売は、買う方も気を使う。
いちいち言い辛い症状を言わなくていいのが、
買いやすさに繋がる。
さらにティッシュペーパーからお菓子、歯みがき粉までと、
コンビニで買えるようなモノを置くことにより、
敷居が低くなったのだ。
ポイントが付くのは女性には買い物が楽しさに繋がる。
このドラッグストアとコンビニエンスストアは似ている。
この商法は、ダイソー、無印良品、ユニクロと共通している。
さらにファーストフードに商法のルーツはある。
専門店をイージーにすることが、大衆を集める秘訣だ。
この商法に真逆で位置するのが、
ワコールやトリンプのブランドを頼みにしている、
いわゆるデパートの下着売り場だ。
若い層やカップリの客を切り捨てるなら仕方ないが、
今や男性が女性に下着をプレゼントする時代に、
疾うの昔から入ったが。
だからネットに負けてしまっている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年8月1日
「 嫌な性格とは? 」

嫌な性格とは?
お中元でもらった商品の値段を確かめに、
わざわざ店に見に行く人。
しかも全、お中元でもらった品を。
さらにお中元でもらった品を現金化しょうとする人。
出来上がった印刷物の枚数を、
配達した印刷会社の営業マンのいる前で、
枚数(1000枚がひと梱包)を数える人。
飲食店のサンプルと、出てきた商品の違いがないか、
わざわざ確かめに行き、無いものがあると文句を言う人。
飲食店で出てきたサンドイッチを開けて、
中身を見て確認を?する人。
まだある。お楽しみに。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月31日
「 幻覚から綺麗に見える 」

良く言われる、皆さんが。
富士山は眺めるとキレイな山だが、
登ると綺麗な山ではないと。
自然界には眺めは美しい。
が、近づいたりすると醜い、恐ろしい、
つまりがっかりするものが沢山あるものだ。
月にしたって月に着陸すると地球が綺麗だったりする。
芸術作品が必ずしも感動的を人にもたらすとは限らない。
実は歪な人を描いていたり、人の浅ましさを、
皮肉を作品のモチーフにしたものが多い。
美しい女性が、実は身の毛もよだつ歪な魂が
宿っていりから作者は描いたりしている。
見た目は幻覚の固まりから綺麗に見えたりする。
だから恋ははかないし、醜い別れを約束してくれる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月30日
「 これがニュースだ 」

コロナの感染で、飲食店関連の業者は
大変な生活の綱渡りを強いられてきた。
むろん他にも存続の危機に瀕した会社や生産者は
数え切れないほどいる。
コンサートや演劇の開催が中止になり、出演者はむろん、
イベントにはつきものの照明、音響関連の会社、
そこで働く方たちは、
他にアルバイトをしながら頑張ってきた。
表には出ないが、コンサートやライブ中止で
生活が出来なくなったアーティストもいらっしゃる。
中には死因は病名を公表しているが、
自ら命をたった方がいらっしゃる。
残念ながら華やかな世界に生きる方ほど、
いきなり惨めな生活には耐えがたいものもあろう。
事実とニュースが異なることのあることを、
僕の人生経験からもわかっている。
殺されたり、自殺したり、が公には出ない。
これがニュースだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月29日
「 男女の仲 」

男女の仲。
何が最も大切か?
まずコミュニケーションのうまくいく間柄にあるか?
優しさが男女共に自然に表現出来ているか?
嫌なことが重なり似ているか?
男女共に互いが相手の体型、人相が好きであるか?
食べ物の好き嫌いが少なく似ているか?
自分の生活ペースと相手の生活ペースが干渉されたり、
したりがないか?
男が女性をリード(経済的、セックス、調理力、)出来るか?
今が幸せか?
他の異性には興味が湧かないか、
今の相手が1番であると思えるか?
一緒にいて行動して楽しいか?
相手にもっと綺麗にカッコ良くなって欲しいし、
なれる素質があるか?
今の人がベストと言えるか?
好きと言えるか?

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月28日
「 アースカラー 」

アースカラー、アースカラーと言うけれど、
地球大地の色?
植物、大樹、黄色、茶色、これは土の色。
青から緑系は木の色。黒は水の色。
赤から紫、オレンジ、ピンクは火の色。
白、金、銀色は金の色。
アースカラーと言うのは、
赤〜黄色〜白〜黒〜青、緑までの全てはアースカラーだ。
素材は綿からシルク、と言いたいところだが、
アースカラーの綿素材は色が沈み、汚くなる。
だから光沢感の素材が出回る。
人間は一生、アースカラーで生きて、
この世のすべての色はアースカラーだ。
大切なのは、貴方が何色が似合う人かを
自分が知っているかだ。
アースカラーのマスクや黒いマスクは、
推命学では運気が下がる。
黒は病気の色。もう黒いマスク、黒い下着、棄てなさい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月27日
「 蕎麦の美味しい店 」

以前、北九州に蕎麦の美味しい店がない、
と言う話を載せた。
ところが井の中の蛙が自分自身であることに気づいた。
小倉井筒屋の8階にあった。
美味いですね、と呆れる蕎麦屋さんが。
蕎麦は出すがウドンは出さない。
これこれ、こだわってくれている以上、
こちらも他所では食べないぞ、となる。
小倉井筒屋には、素晴らしい食文化がある、ある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月26日
「 問題はオリンピックではなく、中国 」

オリンピックが開催されている。
この歪な大会をリアリズムに体験しているのは、
戦前、戦後、そして団塊の世代の子供たちや、
その子供たちだ。
東京オリンピックを体験した団塊の世代や
戦争を体験した世代は、
オリンピックに対してはどうなんだろう。
東京オリンピックが2回も日本であることに、
オリンピックの様変わりさを実感しているのかもしれない。
団塊の世代は、親達の敗戦経験から
日本を応援するその姿勢に影響を受けた。
そしてアメリカとソビエトの大国の活躍を横目で見ながら、
日本が敗戦国となったことを考えさせられたり、もした。
日本がオリンピックの開催で、
これほど内輪揉めごときになるとは。
政治の強引さに反発するのは、
日本人がやはりデモクラシーをどこかで忘れていないし、
政府に対する不満や不信や許せない政治家が
あまりにものさばっている。
国民が政治家に信頼感を失ってしまった結果の、
大いなる反発でもある。
中国嫌いが増えた日本の民は、中国をどうにかしない限り、
政治家への信頼は回復しないだろう。
つまり身近な問題はオリンピックではなく、中国なのだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月25日
「 出会いがない? 」

出会いがない?
小倉井筒屋の地階の食料品売り場には、
若いから大人になりました迄の女性が
た〜くさんいるいる。
男性客は割合的には少ないから、
出会いがないと言う男性は、
井筒屋の地階に行くことをお勧めする。
しっかりお金を使うことから、
販売員さんとは親しくもなれる。
これは鉄則だ。
使わない男は、行きなさんな。
女性が一番、出会いが期待できるのは、
クリーニング屋に勤めること。
男性客が洗濯物を持ってくるから、
独り身だとわかる。
間違いなく出会える。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月24日
「オリンピック」

きれいごとばかりを並べるオリンピックの
意義やら指針やらは、誰もが疑念を持っているのに、
それをまだ言う人がいる。
人間性を疑いたくなるくらい、
何故に本心を少しは出さないのか。
出せば、いや頑張りましょうと人はなるものを。
オリンピックで過去、自殺した人やら、
栄光と挫折に劇的な波乱の短い生涯を送ることになった選手、
スタダムにのしあがり、その後の人生が激変した選手、
性同一性障害で女子選手として競技に参加し、
金メダルを取るも20代前半でなくなった選手、
併合時代、日本代表で参加して
金メダルを獲得した朝鮮半島の選手が、
日の丸の国旗で君が代を眺めた。
オリンピックには悲劇もあるし、
貧困から来る成り上がりとドン底の人生の体験を人に強いる。
きれいごとばかりではない。
オリンピックも政治的で、
まるで戦争のカーニバルのようだ。
ーーーーーーーー

もう一丁、オリンピック
今さら、「出きれば競技場に観客を入れて」、
の類いの発言をする政治家がいる。
選挙を狙った人気取りの発言に聞こえてくる。
公明党やら自民党の女性議員が口に出さなくても、
誰もが「できたら」と、思っているが、口には出さないし、
出したところで奇跡は起きないことを知っているから、
寡黙になるのだ。
しつこい政治家は嫌われるし、嫌われていることすら
気にしないでいるカワイゲのなさに、
政治家としての資質、人間性を疑う。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月22日
「東京」

「東京」を店名に絡めたり、付けたりするのが、戦後は流行ったようだ。鳥町食道街にある洋食レストラン「ニュー東京」は老舗だし、室町2丁目にある「東京庵」も同じく。こちらはウドン、蕎麦に丼物の店。
まだまだ昔は「東京」の付いた飲食店はあちらこちらにあった。
京町にこちらは飲食店ではないが、俗に言う大人の玩具、グッズの店がある。「東京レディー」と言う。「おいらの街」で45年くらい前に取材した。当時はまだアダルト・ビデオなどが一般的に売られていない時代だ。日活ロマン・ポルノ全盛で、「女の冒険・日活ロマン・ポルノを読者と楽しむ女性鑑賞会」の企画を誌面と連動して特集も組んだ。一般女性読者が参加したな。今考えると、かわいい企画だ。「東京レディー」は今なお健在なり。「東京銀座・三愛」が東映会館にオープンしたのは60年前かな? 東京に銀座がついたら「スゴい!」と思ったんだろうな。なんたって「僕の恋人、東京へいッチッチ」の時代だからね。(クソ〜)
オノボリさん、と東京に憧れる男女を言ったな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月21日
「 吉凶を政策に用いる 」

政治家の方は、大安吉日、仏滅、赤口などの
吉凶を政策に用いているようだ。
いわゆる神社に於ける、明治以降に作られた、
根拠のない迷信を信じている。
だから令和の始まり、オリンピックの開催日、
推命学から診ると大凶ばかりを選んでいる。
国民が痛い目にあうばかりで、
むろん政治家も失敗ばかり。
党員もしっかりと推命学で診ると、
この人表現力下手、あの人は金のためにしか働かない、
こちらの人は運気悪すぎるから総理には無理、
あいつはいづれ有罪になる。
こんなことは簡単に解る。
安Bさん失脚、菅×無理、丸○は嫌われる、
あな夫婦は政治家に向いていない、
あの○は発言に現実性なし、と。
大阪府のあの方はぶれない。
東京都のお方は優秀。
もと東京都の長老は、何で今さら偉そうに言うのか。
誰かが仕掛けている。
単なる遊び人を。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月20日
「 漢方薬局 」

街中から消えていく漢方薬局。
病院で漢方薬の精神安定剤まで処方してくれるのだから、
漢方薬局では買うものがなくなった。
ドラッグストアに行っても漢方薬を売っているし、
サプリメントまで揃っている。
高い、小難しい、あやしい(?) 、
高い漢方薬局には行かなくなる。
漢方薬局の数も随分と減った。
懐かしい霊芝は効いたのか?と疑問は残る。
赤猿の脳ミソを乾燥させたモノを
試しに買った記憶がある。
小瓶に入って80000円と、ぼったくられた。
何に効く?神経衰弱だと。効かなかったぞ。
その漢方薬局は疾うの昔になくなった。
漢方薬、不思議な響きでアヤシいが、
ひょっとしたら効くのでは?と、
購買意欲をかきたてられた。
中国かどこのアジア諸国か解らない、実にアヤシイ。
参考までに、漢方薬やら富山の薬売りやら、着物やら、
売り歩いた人達の強かさには絶句する。
これが食いっぷち。
ニセ物が横行していた時代ならではの商いだ。
漢方薬やら烏龍茶なんて、
質の良いのは中国の富裕層が買うから、
日本に入るのは三流品以下と。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月19日
「 オリンピック 」

確かに不確実性のこの1年半。
飲食店を経営される方で、高い家賃を街中で払い、
新年会、忘年会、歓送迎会などで売り上げで
採算ペースに保ってきた居酒屋系の飲食店には、
存続が危うい店が増えている。
飲食に限らず、求人のパート、アルバイト、
一般の正規社員の雇用は減り、
ハローワークには人が溢れている。
これを国がマニュアル通りの対応しかやらないので、
生活の大変な人が増えてきた。
今は様々な要因から、鬱傾向になっている人が増えているが。
オリンピックをやるならやるで、
国が安心できる対応を下層階級や個人企業にやらないのが、
日本の福祉が後進国並と言われる所以だ。
何に国がお金を使っているかを国民が知らないから、
納得がいかないし、シビアな問題は国政の在り方、
オリンピックに絡む収支問題、スポーツ界に絡む利権問題、
国会議員を含む公務員の税金の無駄さがし、
さらには医学界の整骨院の不正請求、
整形外科での理学療法士の行うリハビリの保険適応、
整骨院の保険適応まで、見直しは急ぐべきだ。
日本はいつから職人技を駄目にしてきたのか。
もっと国民にヨーロッパ諸国の福祉政策を知ってもらい、
日本の課せられる改革事象を知らせるべきだ。
野党は存在するべき価値感を自らが見いださないと、
生き残れない。中国やロシアじゃない。
ヨーロッパに沢山、学ぶべき政策がある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月18日
「 北九州は素材色と形で買う 」

北九州の人は素材で選んだりしない。
色と形で買う。
バブルの時代に地元で洋服屋を経営していたオーナー、
店長クラスの人達は、北九州のファッションについて、
口癖のように言っていた。
が、小倉井筒屋のヴィトンは売り場面積に
対しての売上額が日本でもトップクラス。
ヤクザが沢山いた時代に、
どうやらヴィトン伝説は生まれたようだ。
ヴィトンの偽物は中国辺りから大量に、
大阪、神戸へと流れ流れ、北上、南下したそうだ。
まるで大島つむぎを偽って、売り歩く行商人と同じレベル。
東北や北海道まで北九州から、
偽物の大島つむぎを風呂敷で担ぎ、売りまくったと。
そんな時代の価値観がベースになり、
ネットの上では乱ちき商いがなされている。
騙されるなよね。
北九州の食文化も、実はかなりあやしい。
地元の中華料理の不味さには呆れる。
焼き鳥に焼き肉、天婦羅、
みんなテンプラ(見かけだまし・タレ)に騙されていた。
小倉井筒屋の婦人下着売り場の時代錯誤の売り方には、
いやあ〜、売れんやろ、あれでは。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月17日
「 今日、鳥町食道街を歩いたーーー
       タウン誌「おいらの街」3 」

今日(7月15日)、鳥町食道街を歩いた。
いや、久しぶりだ。
まずお知らせしたいのが、
大衆食堂「赤ちゃん」が閉店していた。
昨年の8月に「コロナ感染で営業ができませんので」
と貼り紙を出していた。
かんばん娘で人気のあった彼女が
鳥町、いや小倉から消えてしまった。
お母さんは元気なのかな?
鳥町食道街に昭和20年に開店した。
戦後、小倉の復興へ、ある意味貢献度の高い店だった。
今ある老舗は「ニュー東京」だけになった。
「川淀」もあったあった。
カレーの「インド」は懐かしき良きカレーの味。
「耕治」は今もあるが、
昔のオーナーの時代が懐かしすぎる。
今は食ではなく、居酒屋の街路地に変わってしまった。
そして旦過市場が消えて、
何やら何十億費やして何かが出来るという
発表があったのも今日だった。
もう市場の時代ではないだろうに。
旦過の名物はないでしょうに。
年寄りしか行かないし、哀愁感も消えるだろうに。
北九州市のやることは、前には進まないことばかり。
コロナ感染で、北九州の食文化は変わる。
変わるなら素晴らしく変えないと。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月16日
「 タウン誌「おいらの街」2 」

北九州市で、おいらの街が三万部、
売れた時期が3年間続いた。
百万都市で30万世帯。
10軒に1軒が「おい街」を購読していることになる。
メジャーな新聞と変わらぬ影響力があったし、
当時で北九州市で売れていた「an・an」が3000部。
信じてもらえない数字を打ち立てたのは、
タウン誌がブームとは言え、
画期的な部数だったのです。
しかも返本率は3%前後をなしていたのは、
スタッフが配本をして、
返本の増減から確実に売れる部数を
弾き出したからです。
僕も小倉魚町界隈、小倉北区、戸畑区、八幡東区、
八幡西区、若松区の書店の配本をしていた。
まる1日と半日近くかけないと回れないのだが、
よくぞやったもんだと、懐かしむ。
最高が、小倉魚町にあった福屋書店だけで、
598部を売った月があった。
金榮堂では魚町店で180部が完売していた。
(続く)

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月15日
「 タウン誌「おいらの街」 」

タウン誌「おいらの街」が1番元気があったのは
1978年から1992年の15年間弱だ。
この時代の世の中はまだ携帯もない。
パソコンも出始め。
フリー・ペーパーもない。
書店の数は北九州市の史実では1番多い時代。
まだベトナム戦争ものの映画が
次々と作られていた時代だ。
スタッフも優秀な人がいたし、
自主上映会、ガレージセール、ライブをしたりと、
街も活気があったのだ。
清水の交差点に会社があった。
沢山の読者が訪れていた。
(続く)

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月14日
「 東京オリンピック 」

ロック・フェスティバル。
行きたい人は行く。
行きたくない人は、無理に付き合いでは行かない。
オリンピックも同じでしょう。
何も国民がオリンピックを通して、
感動を共有するものでも出来るものでもない。
楽しむ人は楽しむ。他にやりたいことがあれば、
そちらをやるだろうし。
イベントにすぎないわけです。
東京オリンピックと比較しても価値観が変わったし、
それは個人が決めること。
今のように選手をアイドル化してしまったのは
マスコミだし、それにのっかったのは
アイドル化された世界が好きな人達。
ロックやスポーツを盛り上げるのは、
その世界をアイドル化するべしと、仕掛ける人々がいる。
それにノラない人も沢山いるのだから、
やりすぎはシラケを生むことになる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月13日
「 男は消耗品 」

50代、60代で婚活されてる男女が多いですよ。
再婚になる方から未婚のかたまで幅広くいます。
意外に明るく、前向きに楽しんでいる方も多いです。
まるで参加はしたくないし、結婚はしない、
という方も、これは男性にかなり多い。
諦めたというより、
歳を召された女性は(40代から50代な方)、
もう自分の力ではその方の過去の人生を
クリアーには出来ないし、
過去の累積が今を形成している、
という考えが男性にはある方が多い。
若いときのように未知数の将来もないし、
かなり悲観的になる方が確かに多い。
歳がずっと離れているなら。
しかし、自分には限界(年齢的、体力的、資産など)
があると、前に進めないと。
女性は逞しい。
70代で三度目の結婚をしたい。
70代で彼氏が欲しい。
沢山の元気な女性がいるのを知ると、
男は消耗品か、と笑える。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月12日
「 沈黙は金 」

政治家、芸能人、スポーツ選手などは、
いわゆるライターの飯のタネにされるわけだ。
世の中の人は、そんな有名人の悪口の記事を読んで
ストレスが解消出来るようなので、
そんな記事はヒットする。
ネットでのアクセスが多いネタは、
何度も脚色され、
ライターに飯のタネを与えることになる。
とりわけ女性の政治家は注目度が高いわけで、
喋りすぎる人ほどあら探しをされる。
偉そうにしている、高学歴で、
男性議員にチヤホヤされる女性議員ほど、ヤッカミが多く、
ヤッカむのは実は男性のライターやジャーナリストぶる男たち。
美人だからそれを武器にのし上がった、
女性に先を超されてしまった男たちが悔しがっている。
どこのマスコミ(新聞社、放送局)でも、
女性の方が視聴率を上げる、
商品として優先されているのが現実。
ネタにされない有名人は、余計なことを言わない人たちと、
昔から相場は決まっていた。
沈黙は金。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月11日
「 昔の季語は今も変わらずだ 」

昨夜から朝方まで、宮崎県の延岡市では、
雷が鳴りっぱなしだったという。
延岡市のお客様と朝方、
電話で話をして知ったわけだが。
ちょうど先週の土曜日(7月3日)に、
昔から赤トンボが群れをなして飛んでいる、
小倉北区金田辺りで赤トンボがすでに飛び回っていた。
これは梅雨が明けたんだと感じたが、
今日の電話で延岡市の雷の話を聞いて合点がいった。
やはり昔の季語は今も変わらずだし、
天気予報よりも、
新月だ、満月だ、大潮だからと知っていた方が、
間違いないな、と改めて思った。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 最近のブログ 令和3年7月10日
「 税金で食っている人数は? 」

整形外科のリハビリを理学療法士がやっている。
保険がきくから安い。
でも治らない(治せないが正しい)。
整骨院の治療や鍼灸にも保険がきくから安い。
が治せない(治しきらないが正しい)。
やたらインプラントを奨める歯科医。
歳をとり介護が必要となる時、
インプラントの手入れを
介護師がすることになるのだろうが、
この手入れの大変さは、
歯医者は一切言わない。
税金で食っている国会議員やら公務員やら市会、
町会議員までを入れたら、税金の総額、
また人数はどのくらいなるのやら?
参議院議員はいらないし、
政治家のプロなんて今や衆議院にもたいしていやしない。
税金が報酬となる人数と、
その金額を毎日新聞あたりが公表すべきだろう。
税金は福祉と医療につぎ込むべきだ。
韓国、中国が嫌いならば、不買運動をしたらいい。
それは民意を反映することになる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月9日
「 いいからやってみなさい 」

推命学も沢山の流派がある。
どれが1番当たるかを知りたかったら、
自分でいろいろやった方がいい。
回り道をやった方がいい。
空亡を使うか使わないか。
臓干表は誰のものを使うか?
神殺星は当たるのか当たらないのか。
時柱を使うと、本当に当たるのか。
相性と縁のあるなしはどう診ていくか。
男女の性癖、S、Mはどう読むか。
お産が軽い、重たいはどう診ていくか。
名器、不感症は? ホモセクシャル、レズビアンは?
一姫二太郎が何故よいか?
真髄まで悟るなら身体を張って調べるしかない。
推命学は生物学であり、精神医学、東洋医学だ。
六星占術、九星気学が幼稚な占術と悟るまで、
時間はかかってもいいからやってみなさい。
あれやこれや迷う人は、
占い師も、また客としても最後は救われない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月8日
「 「食べログ」は信用できる? 」

一般の方はわからないだろう。
それが仕方ないくらいに、レトルト、加工食品の技術が人を騙す、まるで完全犯罪のような域まで達してしまったのだ。
何にも料理が出来なくとも、イヤイヤ大丈夫。
何でも料理を出せますの虚構の世界が、飲食店を支配している冷凍ケーキを解凍して、自家製ケーキがカフェで出てくる。
マフィンも解凍して、自家製のように売られている。
パスタからカレーから、ビザにドリアにコロッケ、オムレツ、天ぷら、魚の焼きから煮付けから、何でも作らなくても、店で出せる。街中にそんな飲食店がありすぎる。
はい、焼うどんもあり。
小倉井筒屋の地下街のグルメの味に完敗している飲食店ばかり。
北九州で本当に信頼出来て美味しい店を、いづれズバリ教えます。
「食べログ」は信用したらいけない!!?
亡国飲食店コマーシャル・提灯記事だ。


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月7日
「 世論を操っているマスコミ 」

紅白歌合戦で、ド派手な小林幸子、美川憲一のショーアップされたステージを誰が喜んでいたのだろうか?
手前ミソな満足感、取り巻き連中の感情の高まり、NHKのお祭騒ぎに、いや〜バカらしい限り。
冷ややかに、あの方たちは頭かなりワルいんでしょう、と僕は思っていた。
バブルは紅白にも、オリンピックにも好ましくない影響を与えていき、基本的な指針や理念は消えてしまった。
このバブルのツケが、今廻ってきた。オリンピック、テレビ、マスコミ、NHKと。
ネットの世界は世論を操っているマスコミが見えてくる。

左派右派共に。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月6日
「 一番の願い事 」

このブログでかなり前に取り上げた、
北九州市で最も僕が優れた歯科医と認める方の記事を読まれて、遠く四国、そして京都からも治療を受けてみたいと言う方が、わざわざ来られました。
今は僕はこんな事が出来ればな、と願っています。
整形外科でする必要のない手術をして、逆にさらに悪くなってしまった方が多いのです。
特に腰椎や脛椎の不具合で整形外科がやる手術はやらずとも治る方がいらっしゃいます。
そんな方に一度、僕の処に来て戴いて手術をしないで治る、治すことになればと、これが一番の願い事です。
今は人数に限りがありますので、もっと対応出来るようになれば、再度呼びかけていきます。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月5日
「 レトルト 」

ネットの飲食店紹介はバカらしい。
要は美味いか不味いかだ。
北九州市内でのチェーン展開の時代は終わった。
個人店のみ生き残るべきだし、
レトルトが人を騙すまで、確かに質が上がったが、
それを使うのは愚の骨頂。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月4日
「 飲食店は味 」

場所の良いのが一番。
飲食店の繁盛店になるには?昔はこう言われた。
ところが今は違う。
繁盛している店の場所は、少し街中から離れたところにある。
なんで変わったのか?小倉の街、北九州市が寂れてしまった。
これが一番かな、そうでもないか。
場所が良くて、人通りが多いと、たいした料理でなくても、さらに不味いウドンでも客が入ってきた。
だから料理の味なんか、解る人はいないし、そこそこのモノでいい。
この考え方をするのが賢い経営者と言われた。
ところがどうだ!コロナ自粛の街中で今、客が食べたくてやって来てくれる飲食店は数えるほどしかない。
はっきり言って、味にファンが付いていない店ばかりなのだ。
街外れにある、昔から人気のある飲食店は今尚、お客さんが多い。
場所は悪くても、味を求めてやって来ていたお客さんは、まだこのご時世でも、やって来ているのだ。
飲食店としての味へのこだわりを培った分、客が店を盛り上げているように映る。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月3日
「 有名な鍼灸師 」

「いつまでも来るな!ワシの腕が下手と思われるから」
今時、こんな鍼灸師も医者もいない。
今から30年前には、いた。
八幡東区に有名な鍼灸師の先生が。
この先生のことは忘れられない。
小さい時に天然痘にかかり失明した。
が、「命と引き換えにした。受け入れること、それが処理能力だよ」と語ってくれた。
強い先生だ!と、尊敬を抱いていた。
「鍼で本当に治るのですか!私の悪いところは性格かも」と女性の患者さんが、言いたいことを言った。
すると先生は「効かないのなら、こんなバカらしいことをワシがやるわけ無いのでしょうが。冗談も時と場所をわきまえて言いなさい」と叱った。
デモクラシーの強い時代、60年安保闘争の時代、目が不自由でもデモに参加した。
奥さんに手をひかれて。
こんな方が鍼灸師であり、北九州市の鍼灸の技術向上に一役担っていた。
今の整骨院のダラシナ〜イ技術、根性の無さ。
自省するべきではないだろうか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月2日
「 推命学で支合、沖 」

推命学で支合、沖。
これは羊刃が先天運にある人は、強く働く。
無い人は弱い働き。
三合や半会は表面化しない。
これを過大視すると、外れる。
刑とは、犯罪者が刑を受けるで、
犯罪者以外には用いない。
害は先天運にあれば親子関係弱く、とする。
それは弱い方を徳とすることもある。
女性は嫁ぐという考えをもっているから、
自身が厄祓いを出来ない。
が、兄弟がいて三代揃えば、
自身も厄祓い出来たことになる。
女性で月の柱に男兄弟の五行がひとつあれば
幸いなりとする。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年7月1日
「 厄祓い 」

貴方の家柄が良かろうと悪かろうと、
貴方が厄祓いをするならば、
貴方の家系は穢れから浄化され、
また厄祓いをしないならば浄化出来ずに、
家系は因縁を繰り返す。
厄祓いとは、何も祈祷したり、
先祖供養することではない。
墓参りは当たり前にするべきで、
墓参り以上でも以下でもない。
貴方の子供、その孫がいるならば、
貴方は厄祓いをしたのだ。
これを長男でなくとも長男相の人が成せば、
その家は厄祓いが出来たことになる。
麻雀でいうなら役満で厄祓い出来たことになる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月30日
「 日本の国益 」

アメリカに代表される大国にはゆとりがある。
日本にはユトリがあるのか?
アメリカがオリンピックに送り込む選手の選択範囲は、
今のところ全選手の20%から選ぶと。
スゴい余裕だ。
オリンピックひとつ取り上げても大国はこうだから、
戦争も国力に余裕をもってやったし、
やっているのだろう。
コロナとオリンピックで揺れ動く日本のユトリの無さは、
高齢者の体力のようで、
先行きが不安な国民のメンタルを表しているようだ。
開催することが日本の国益に成るのか、成らないのか、
これさえ日本人は理解出来ていない中での、
ユトリのない選択をしているように感じる。
開催してコロナがさらに広まったならば、
開催した責任を誰がどうとるのか?
すべてに曖昧でユトリがないことを
一番の不安と感じているのは、
言葉を発しない心優しき者達なのだろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月29日
「 かけ直すか、着信拒否にするか 」

人の話を聞くだけで運を開く人と、
聞かないために運が開けない人がいる。
この違いは何か?
悪いことばかりが起こると考える人と、
何か良いこと、面白いことがないかな?と
好奇心のある人。
そこの違いだ。
知らない電話番号の連絡が入っていた時、
誰からかな?と、
かけ直すことをするか、
又は着信拒否にするか。
この差は命をも捨てかねない。

※※※管理人のいらん世話※※※
「 掛けなおしたらいかんぜよ!!!」
知らない電話は無視に限る、罠にはまるだけ。
必要な用事のある人はまた掛けてくる。
貴方の電話番号と名前の情報を集めているだけ。
そのあと、詐欺・・・の対象になる。
悪意のある発信者から自分の身を守りましょう。
好奇心の強い人は、
タブレットにきてカレー仙人の話でも
お聞きになったらいかがでしょう?
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月28日
「 理学マッサージ 」

これからは理学マッサージだ。
あまりにも身体の不調を治せないマッサージや
整骨院が多すぎるから、国民が困っているし、
保険料の無駄遣いの歯止めがかからない。
巧いという自信が少しでもある人は、
エステサロンやマッサージと言わずに、
理学マッサージ院と名前を換えた方がいい。
精神科にまず行くより、占い師のところにいった方が良い。
となると、占いの看板では弱い。
理学心気療院がいいかな。
推命学で薬要らずの安心を!と。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月27日
「 芸術は五行からなる 」

芸術は五行からなる。
華道について言うならば、
甲にしろ乙にしろ木には、
上昇力(これは火と木に共通する力)がある。
金の様な破壊力(木は木刀になる)もあり、
土のような育つ、花を実を育てる力もある。
火のような暖かさがあるから、木を擦ると火が生まれる。
木には火も含まれているし、
水を宿しているから柔らかく、折れない。
華道は陰陽五行を表現することでもある。
これを見事に表現出来ている作品は生き生きとし、
華やかで、優しく、温かさもある。
料理も芸術である。
極めつけの和の料理には、味、色、季節、食感、
素材を火(熱)と捌き方(金)、さまし方、
調和(水)で素材(木)を作る(土)。
バランス(和)を際立たせるのが、
芸術家(素晴らしい料理人)なのだ。
人間も生涯を通じて、バランスを習得していく為の人生。
その学び方が、人により様々な芸術であったり、
食養学であったり、医術であったり、音楽や絵画、
さらにセックスであったりもする。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月26日
「 偏官は殺傷を好む 」

偏官は殺傷を好む。
殺傷は本来は金の特性だが、
例えば陰の火には陰の水が、
陰の木には、陰の金が、
陰の金には、陰の火が、
陽の木には、陽の金が、
例えば、偏官となる。
日干に対しての五行で、偏官は傷ついても闘う。
だから殺傷となる激しい闘いをする。
偏官を多く持つ人は、自分に厳しい分、
他人にも厳しすぎて反感を買いすぎる。
だから偏官の多く人が上に立つと、
会社では社員が嫌がるし、無理難題を押し付ける。
政治家がこの偏官を多く持つと、
国民に無理を強いる。
だから支持率が下がる。
まして大運の偏官の年運が偏官の年は、
本人も、また下の者も、くたびれ儲けに終わる。
いまの総理がそれを突き進んでいる。
まるで戦士のように。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月25日
「 あの人、この人 」

立花隆志が亡くなった。
ガン体質だ。
生まれつきの。
お役目を終わられた。
小池百合子都知事は、
ストレスの蓄積からの自律神経失調のようだ。
あと3年間は要注意だ。
腐れた与党も野党も若返りすべきだ。
ジャーナリスト不在も腐らせた一因だ。
あの重信房子が来年、
20年の刑を終えて自由の身になる。
21歳に偏官の沖を体験し、
彼女の人生は新たに始まった。
活動家として35年、
20年間の刑をもうすぐ終える。
運気の強すぎる人間(女性) として過ごしてきた。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月24日
「 McGREGOR 」

ジェームス・ディーンが映画の中で着ていた
McGREGORのジャンバー(ブルゾン?)が、
反抗期の純ゆえに不良っぽくする
=ヤンキーを象徴すると、昔の人は
ジェームス・ディーンみたいになりたくて(?)、
これが流行った。
そのMcGREGORが今年では誕生100年になる。
今ではジェームス・ディーンの象徴として、
知って着る人は少ない。
若い人には皆無だろう。
ジェームス・ディーン=ヤンキー=反抗は、
令和になり、完全に=がなくなった。
プレスリー、マット・ディロン、
日本では、キャロル、矢沢永吉、クールス、横浜銀蝿、
そして暴走族だったか。
いづれにせよ、活気のない21世紀。
パソコンから生気(性器)が腐ってきた。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月23日
「 病気の輪 」

30代以上の男女で、体に不調のある人を辿っていく。
腰痛、肩こり、不眠症、生理痛、貧血、目眩、
アレルギー、頭痛、頻尿、便秘、下痢、冷え症、弱視、
イライラ、躁鬱、胃腸炎、などなど。
そうすると、日本人の30代以上の全員が
「病気の輪」で繋がると言われる。
素晴らしく皆が健康ではないのだ。
それでも日本人の平均寿命があがった、
と厚生省は自慢気に発表する。
身体が健康になった? いや食べ物が満たされてきた。
質を問わない、量は溢れている。
死産が減ったから、平均寿命が上がった。
ただし、母乳不足の傾向が強まった。
同時に弱々しい特に男性が増えた。
精子の数がこの50年で男性平均が3分の1に減った。
イコール、それは日本人の退化を表すと言う。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月22日
「 躁鬱 」

躁鬱(そううつ)は人間ならば生まれつき、
誰もが持つ感情のウネリだ。
動物にもあるし、植物にも、
言うなら宇宙そのものが躁鬱を持つ。
鬱は満月、新月の大潮に出る。
女性は排卵、生理前とナーバスになるが、
よりナーバスになる人がいる。
よく、躁鬱の波を滑らかにするために、
人はスポーツをすることがあり、
マラソン・ランナーや格闘技の選手にも躁鬱の人が多い。
あるテニスの選手は確かに躁鬱がある。
今さら騒ぐ側の方が無知だ。
プロレスラーにも多かった。
そう言った感情の起伏があるからこそ、
人は生きようと頑張る。
だから親が死んだら、誰でも鬱になるし、
失恋をしても鬱になる。
才能とは躁鬱でもあると言える。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月21日
「 ガラケー 」

僕はガラケーが自分向きなので使っている。
今年になり機種を換えた。
ガラケーは機種の性能がまるで改善されていない。
むしろ前の機種よりも劣った感すらあるが。
ガラケーならば、大手三社のどこがいいか、
知っている人がいたら教えてください。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月20日
「 マスク(コロナ) 」

マスク(コロナ)は、凄い消費をもたらしている。
世の中は、生き辛くなるばかりのように感じる。
皆が内心、そう感じているからこそ、
見た目だけの美意識が高くなるのだろう。
外出し、人前では皆、アイドルやスターに
成りきっている?
結婚していない女性は、自分に投資できるからか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月19日
「 偏官の沖 」

偏官の沖。
先天運に陰干の人で冠帯、陽干の人で
帝旺あれば羊刃がつく。
さらに先天運に偏官が全くない場合、
また偏官が2つ以上ある場合は注意。
偏官の沖は例えると、男性で先天運に偏官がない場合で
比肩や劫財が年、月にもないと、
男性が妊娠してお産を体験してしまうストレスを
受ける羽目になるのだ。
過去、戦場カメラマンが拉致されて殺された。
ある医者がやはり殺された。
ある論文を発表した方が、論文が盗作まがい捏造と言われ、
認められなかった。
偏官の沖とは命に関わる注意を要する年運だ。
カレー仙人の偏官の沖は
飛行機の嘉手納基地緊急着陸にあった。
偏財の沖は、その12年前。
台風の前日に宮崎にサーフィンに
波が高いのを期待して行ったが、
海がウネリにウネッていて、
一発目でウネリに引っ張られて溺れてしまい、
救助されて助かる。
海で死ぬのは苦しいと感じた。
これで終わった、と思った。
この2回の沖が「死ぬ」を連想させて2度重なり、
事故運を探すために推命学を始めたのが、
僕はきっかけとなった。
2回の沖が恐怖であったために、
偏官の沖をきっかけに今でこそ言われる
PTSDになってしまった。
当時はまだ日本には神経症か鬱病の病名しかなかったので、
医者不信になって、自分で治すしかないと、
釣りを狂ったように10年間以上はした。
そのころやっとPTSDが日本の医学にも使われ始めた。
米軍のベトナム戦争帰還兵から見つかった、
無気力または凶暴のパーソナル障害は、
心的外傷後ストレス障害と。
これを抱えての編集、出版、会社経営は
地獄の日々であった。
人に言えないこともキツかったが、
治療法がないからキツい。
なった人にしか解らないから、
釣り、推命学で自分の人生観を、
仕事をしながら変えていく(忘れていく)しかなかった。
確かに凶暴になった。
これが、なかなか消えなかったし、
自分に対して凶暴になるから、
まるでランボーそのもの。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月18日
「 そこそこではダメなのか 」

マスクを外す前にキレイにしなくては。
コロナがおさまるまでに。
マスクなしで生活出来るようになるまでには。
いま美容形成、整形外科が大忙し。
皆がキレイになったら、
また競争率があがり、いたちごっこ。
性格が良くて、そこそこの顔ではダメだ、
と誰が言っているのだろうか?

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月17日
「 覚える事が多い推命学は若くして始めよ 」

丙の辰、庚の戌、戊の子、壬の午、甲の寅、丁の未、
己の卯、辛の巳、癸の亥、乙の酉、
こうして人を覚えていく。
名前よりも何十倍(?)も覚えていくし、忘れない。
推命学ならではの暗記法ではあるが、
これで勉強したり、特徴をつかんだりしていくのが、
上達のコツではある。
生日だけで60種になり、男女合わせて120。
これに何月(季節)生まれかを覚えたなら、
実践が、辞典のように解りやすくなり、教本となる。
まるで医者が経験を積んで、やがて一人前になるように、
推命学占術家も同じような道を辿る。
何事においても、理論よりも実践で得た経験が命となる。
若くして推命学をやりなさい。
沢山の経験を積んだならば、名人にもなる。
シンプル過ぎるから、推命学は解りづらいのだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月16日
「 パチンコ屋と軍艦マーチ 」

パチンコ屋では朝開店時に
昔、軍艦マーチがかかっていた。
時たま、軍艦マーチが夕方にも、
また夜の8時くらいにもかかることがあった。
競艇場でも軍艦マーチが流れた。
最終レースのスタート前にかかるときは、
ヨッシャ!と気合いが入って、
最後のレースに祈る! 入れよ!!と。
パチンコでは開店時のシャッターが上がりだしたら、
潜り込んで我一番にと店に入る。
終了出来そうな台を瞬時に選んで、
マッチを三個、四個用意して、
パチンコ台の玉の受け皿に置いていく。
つまり三つぐらいの台を早い者勝ちで取るのだ。
そして、その中から一番出る台を真剣に見る。
釘の曲がり具合を見る。そうして勝負する。
30分間で終了させたら、一番乗り。
「75番台、只今終了いたしました」と場内放送が流れる。
一番だと気分が最高。
この味をしめたら学校をサボらずにおられなかった。
軍艦マーチは気合いが入った。
パチンコでも競艇でも。
ギャンブルにかけた男らしさ(?) を、
勇ましさ(?)を促してくれたマーチだった。
1日に3台終了させたら、
パチンコで飯が喰えた時代だった。
デジタルなんてギャンブラーのやることじゃないさ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月15日
「 小林亜星さん、ありがとうございました 」

大作曲の小林亜星さんが天国へと召されました。
素晴らしい日本の音楽史に残る名曲を
地球に残してくださり、ありがとうございます。
「人間ていいな」は、
いつ聴いても心がポカポカしてきます。
大好きです。
日本のよき温かい土の香りを思い起こして下さり、
感謝いたします。
ありがとうございます。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月14日
「 古い諺 」

「一人の人を救う。
それは世界を救ったことになる」。
これは古い諺であるが、とても意味は深い。
「人が喜ぶことをしている人は、
幸せな人生を送っている」。
これもまた素晴らしい人生の指針を
表している言葉だ。
つまり人は人により生かされているので、
人が嬉しそうな顔をしているのを
見ることの出来る人は、幸せである。
まずは貴方の両親を、子供を、友人を、愛した人を、
同志を、仲間を、同僚を、頑張っている人を、
大切にしなさい。
そして貴方を、同じくらいに愛しなさい。
現代にも確かに、
小さな神々が身近なところにいることに気付いたなら、
貴方も心が平安になる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月13日
「 癒しは、あやしいリラクゼーション 」

癒し(いやし)は、あやしい。
リラクゼーションとは人と人のくつろぎで、
按摩やマッサージや整体とは異なる。
医学的ではなく、ガールズバーやホストクラブの類いで
リラクゼーションとは呼び名をうまくつけたものだ。
これが、やる方には楽。
ハッキリと言って疲れないし技術力もいらない。
悪い体を治療しないでいいのだから。
怠け者に向いているようで、男性には女性が客として付き
また男性も客になる人がいる。
女性のための癒し、イヤらしい系の店舗がないために、
リラクゼーションは流行る。医術、風俗、イヤらしい、
にハッキリと分かれるが、
イヤらしい系はやはり、あやしい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月12日
「 カレー仙人? 」

カレー仙人? 聞かれる。
カレーが好きで、小学生の低学年から、
お袋の作るカレーを晩御飯で三杯、四杯食べていた。
このお袋のカレーは、今の時代の即席ルーではなく、
まだない時代だから、ルーを仕込んでいた。
この仕込みをやがて手伝う。
カレー好きは7才から始まった。
カレーは、おいらの街の編集部の定番の晩飯、
夜食で、一度に20人分を作っていた。
これを、お代わりを皆がするもので、
1日で消費してしまっていた。
1ヶ月に最高で十回作ったことを覚えている。
ここから、カレー仙人という名を戴いたわけだ。
皆、よく食べていた。
タブレットでカレーを作っていたから、50年間はカレー、
カレーこそは自分で作らないと納得がいかない。
野菜の切り方にもコツがあり、これが隠し味となる。
野菜の特性を知れば、切り方も変えなくてはならない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月11日
「 弾力のある筋肉ほど良質 」

筋肉は使わないときは柔らかく、使うときは固い。
弾力のある筋肉ほど良質だ。
硬けりゃいいと間違ったことを
思い込んでいる人が多すぎて、
病気を自分で作っている。
あの名横綱の大鵬の体の筋肉は
風船のように柔らかかったという話は
語り草になっている。
どんなに潜り込んでも、
相手力士の体がファ〜っと上がってきて、
結局、大鵬横綱に負けてしまうと。
大鵬の筋肉は素晴らしく良質だったのだ。
対戦した力士は口を揃えて語っている。
小錦の体は岩みたいに硬く、当たると痛かったと。
横綱の輪島は一番、小錦を嫌っていた。
ぶちかまさないでくれ〜。
栃若時代の朝潮(横綱になった)は毛深くて、
胸毛で顔が切れた、と対戦した力士の語り草。
顔が切れる胸毛は針みたいだったと。
スゲェな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月10日
「 腰痛と腎臓疾患はイコールだ 」

腰痛と腎臓疾患はイコールだ。
東洋医学では腎虚症とする。
どちらも。ギックリ腰を度重なり起こす人は、
腎臓も弱い。
結石が起こりやすいのも、腰痛と関係している。
永く座りっぱなし、立ちっぱなし、アグラをかく。
みな悪い。
ガリ股のひとも腰痛になる。
歩くことと、ストレッチ、歩く姿勢、
猫背(猫は腎の動物だから)を人が治さないと
腰に負担が来る。
骨を正すには、
先ず固い筋肉を柔らかくしてからでないと、
元には戻らない。
これを理解して技術を得ている整骨院の整体師は皆無。
整形外科の理学療法師(士)もダメ。
さらに医者もリハビリで点数を稼いでいるだけ。
神の手を沢山の病人が求め探している。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月9日
「 世界的な運気 」

推命学からの昨年、今年の世界的な運気をみる。
120年を遡る方法が良いでしょう。
義和団の乱。
アメリカのマッキンリー大統領が暗殺された。
(その後、ルーズベルトが大統領をつぐ)。
ロシア第一革命、日露戦争、サンフランシスコ大地震、
官営八幡製鐵、など。※1900年のあたりをみる。
大恐慌へとなる前触れにも思えることが
おこっているかな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月8日
「 推命とは占術であり哲学である(承前)」

一霊四魂を陰陽五行の哲学から解明していくのが
四柱推命(推命学)である。
生物と気も心も宇宙と共にあり、
やがて宇宙となるものが、
すべての生命体である。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月7日
「 推命とは占術であり、哲学である 」

四柱推命(推命学)とは占術であるが、哲学である。

直霊(なおみたま)
=宇宙で四つ(木、水、火、金)の魂を制御するもの
=土。

奇魂(くしみたま)
=知恵、技術、判断をするもの
=木。

和魂(なごみたま)
=親和、公正、正しさ、人との交わりであるもの
=水。

幸魂(さらみたま)
=愛情、育てる、生長する、情愛を意味する
=火。

荒魂(あらみたま)
=勇猛、果敢、決意、前進をあらわす
=金。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月6日
「 開運のための色使い 」

陰陽五行に基づく風水をも含む
開運のための色使いがある。
学校において下着の色の指定、
さらに検査だと?
最低、最悪、教育である。
白色か黒色? まるで汚れなき色と葬式色で、
これはこれで強制されるならば、
差別、刑罰、呪いに値する。
アースカラー?
こんなマスク、
下着もキレイではないし、不潔というのか。
マスクはくれぐれも清潔に。
病院では言ってくれないし、言わないそうだ。
マスクが汚いですよ、とは。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月5日
「 井筒屋のグルメ 」

小倉北区にあるデパートの井筒屋のお話し。
僕自身が地元の井筒屋を知っていたつもりが、まるで無知であったことに実は気づいた。
Morozoff(モロゾフ)のプリンと聞いたなら、知っている、と言う人は多いはず。
そのモロゾフのカフェが井筒屋の中に、まだあったことに驚いた。
いまだにファンがいる。
で、常連客と言うべき方々には、どこのカフェよりも素晴らしい店として、愛されているのだ。
そして人気の地階、グルメのそうそうたる店舗の絶妙な料理が、僕には癖になっているのだ。
飲食店に行く機会を失ったが、その何倍もの美味しい料理を口にする機会を得ることになったのは、皮肉な話ではあるが、料理店が生き残るための大切なものは、
なんと料理の味であることを改めて学ぶことが出来た。
北九州は食材に恵まれている土地だけに、新鮮さがキーワードである。
が、逆に料理を追求しなくとも、美味しいモノを食べられるという、この矛盾を乗り越えるべきものは、やはり料理人の徹したこだわりしかない。
コロナで人の流れは変わった。
おさまっても変わってしまったことは、どうすることも出来ないかも知れない。
つまり食に関しての価値観が、人それぞれに変わっている、と言えそうだ。
僕は井筒屋の地階のグルメを味わうことが、素晴らしい楽しみ、小さな贅沢と感じてしまった。
フランスの創作料理が、素材に恵まれていない土地柄から発展したとは知っていたが、恵まれてすぎるのもよし悪しでも、またある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月4日
「 デニムパンツの呼び方 」

マンボズボン、インディアンズボン、GIズボン、他。
これは戦後の今で言うデニムパンツの呼び方だ。
マンボを踊るのに、先の細いズボンが踊りやすいと、
ジーンズをはいていたから
マンボズボンとも言われた。
先のほそいのはなにもデニム生地でなくとも、
マンボを踊るのに適していたが、
ジーンズをマンボズボンと誰かが言い始めたから。
つまり正式な呼び名なんて、
知らなくてもいい時代だったのだ。
たから、インディアンズボンと言う大人もいた。
インディアンが西部劇ではいていたからだろう。
そして進駐軍がはいていたのを見て、
ある人はGIパンツと言う。
古い呼び名から、ジーパン、ジーンズ、デニム。
デニムとは生地の呼び名だから、
デニムのパンツが正しいかな。
デニムのシャツ、デニムのジャケット、
デニムのスカートとも言う人がいる。
デニムパンツの略がデニムである。
海外ではジーパンは通用しないそうだ。
ジーパンは今は日本でも死語。
ソフトジーンズとかストレッチジーンズなどと、
言ったりすることもある。
マンボズボンは今は死語でもないが、
ジーンズを指すことはない。
インディアンズボンとは、
昔の学校の先生達が言っていた呼び名。
かなり差別的だな。
裾が30センチ以上あるズボンは、パンタロンじゃねえの。
ラッパズボンといって、
昭和の40年前の番長や不良の学生服のズボンが
そうなっていた、は、は、は。
ラッパやんか!皆さん、補正に出して広げていたんだ。
中には、これをダブル(折り返しの裾がある)に
するヤツもいたな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月3日
「 絆は、まずは美味しい物から深まる 」

戦中、戦後、そして昭和の40年代までとするか。
食に充たされていなかった庶民にとって、
家庭では御袋の作る食事、行商人が作る米菓子、
そして料理好きな母親がたまにいて、
例えばホットケーキや、料理好きな父親もまれにいて、
作るカルメラ、卵せんぺい、手打ちウドン、
大阪の押し寿司、スキヤキ、ジンギスカン鍋、
アイスクリームと、貧しいながらに、
子供達は「美味しいモノ」を口にすることが出来た。
そんな美味しいモノは、お隣さんや近所に配って、
食を分けあうことで絆は保たれていた。
これが日本人が日本人らしく生きた時代で、
要(かなめ)は「食」であったと思う。
街中の飲食店にも美味しいモノ沢山あり、
これは庶民のささやかな娯楽であった。
今の時代は食べ物が溢れている。
美味しそうな、美味しくない、不味い、
とてつもなく美味しいモノと。
この、とてつもなく美味しいモノの持つ力だけが、
人を優しくしたり、人と人との絆を深めていくし、
人に幸せ感をもたらす。
コンビニ、スーパー、街中の飲食店、
食べるモノ、トコロは沢山あるが、
感動を与える「食」がどのくらいあるのか?
日本人は豊かになったようだが、
美味しいモノを知らない、忘れた人も多い。
もっと美味しいモノを探すべきだし、口にするべきだ。
その宝物のような美味しいモノは、
あなたを幸せにする力があるし、
人との絆を築く役割をもすることを再発見するだろう。
美味しいモノを見つけたら、
まず貴方が好きな人に食べさせなさい。
家族、親子、友達、夫婦、恋人との絆は、
まずは美味しい物から深まるのです。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月2日
「 参加に意義があるのじゃなかった? 」

世界といっても、アメリカやイギリス、フランス、
などのメディアは、
日本に対して冷ややかな眼でしか見ていない。
まとまりのない国で、
オリンピックがやれるのか?の半信半疑で
参加国としての立場を保っているだろう。
どういったことが起こりうるか?
一流の選手を選りすぐっては、
日本には送り込まないだろう。
そもそもオリンピックに対する捉え方が、
日本とは違うからである。
さらに今回は、本気でメダルをとる必要がない大会。
そういった価値観になってしまうだろう。
残念ながらだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年6月1日
「 時の流れによる解決 」

頭の皮。
頭皮が硬い人は白髪が増えたり、
ネコ毛に髪の毛がなりやすい。
頭皮はなぜ固くなるか?
白髪はなぜ増えるのか? 原因はストレスだ。
考えても解決出来ないことは、
時の流れによる解決を待つしかない。
時の流れは人の感性から思考までを変えてしまう。
あんなに悪かった男の子が、
高校生になったら
優等生になって国立大に合格した。
この逆もあり。
努力したら何でも成功は、実はしない。
努力し過ぎたら、
延びきったゴムのように、デレ〜となる。
腹を横に切るなかれ。
手術は体の縦線にメスをいれる。
これは鉄則。
頭皮をマッサージすると、よく眠れる。
自分でも出来る。
夫婦は互いにマッサージをすること。
そこから幸せ感を共有出来るようになる。
とても無理?
それでは、しょうがない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月31日
「 結婚は人間性の成長が、肝腎要 」

恋愛は消費を生む。
消費しないと恋愛は
油のきれた機械のようにきしんでくる。
コーヒー一杯に充実感を得ることの出来るのは、
出会ってから三度目?まで。
やがて食事。
そしてドライブ、旅行。
消費する力(資本)の限界が感じられた時、
別れがよぎる。
なんと我が儘な男と女。
試合は終わりがあるから懸命になる。
恋愛は終わりがあるから懸命になる、なれる?
結婚する? しなさい。
が、結婚できるくらいに
貴方が人間的に成長しているのか?
そこが一番、肝腎要。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月30日
「 流行り廃りの流行は作られている 」

その昔、ミニスカートが大流行した。
流行りが廃るのは、
次のはブーム(流行り)を作らねばならぬ、
企業の宿命的な消費活性指針が仕掛けられるからだ。
ミニスカートを30代、40代の主婦が履き始めたら、
ブームのピークはすぎたと業界では、
次に用意しているモノを媒体に流す。
昭和のミニスカートの次には
マキシーと、スカートの丈が長くなった。
いま流行りのアースカラーもピークを迎えた。
市場の30%を超えたからだ。
こちらも40代の主婦、ミス、ミセスに浸透したから、
おニュー感は喪失したことになる。
人気のあるブランドのファッション動向を見ると、
アースカラーは汚ない色として差別化を図り、
鮮やかな色が先陣をきっている。
アルコール飲み放題、居酒屋、占い、カラオケ、
インプラント、整骨院、レンタルビデオ、SNS、他、
などなどは、時代遅れになっている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月29日
「 警察官にもいろんな人が 」

コンビニに警察官が入ってきた。
タバコだけを買いにきたようだ。
縦に並ばずに横から入ってきた。
警察官だからしたのか、
その人自身に都会に於ける
モラルが培われていないのか。
田舎出身なのかな?
店員さんがアジアの人とわかっていたら、
アジアの人に解りやすい言い方、伝え方をしないと。
タバコの番号を告げるのが下手だった。
何度も何度も○○○○番と言っていた。
1、6、0、3。
こんな言い方が伝わりやすいと、
瞬時に機転をきかせる事が出来ないのは、
警察官だからか、とも感じた。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月28日
「 田舎のお医者さん 」

田舎のお医者さんは、診療時間が終わっていても、
急患として診療をしてくれる。
患者さんには有り難い、いい医者となる。
都会の病院は、そんなことをしないのが当たり前。
診療時間すぎたなら、救急病院に行くべきだ、
と患者も心得ている。
その田舎の温かさを残した病院で働く看護師やら、
医療事務の人にしてみると、就業時間が長くなるし、
残業手当てが出るわけではないので、
そこの医者と患者の行動が、
いい迷惑としか感じないし映らない。
だから病院で従業員の入れ代わりが激しいところは、
なぜか医者自信が気づいていない盲点がある。
まあまあ、どうもどうも、の世界だ。
これに似たようで違っている世界が街中にもある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月27日
「 日本の医学と時間の関係 」

夜半とは午後11時から午前1時。
午前1時から午前3時は、鶏鳴(けいめい)。
午前3時から午前5時は、平坦(へいたん)。
午前5時から午前7時は、日出(ひので)。
午前7時から午前9時は、食時(しょくじ)。
午前9時から午前11時は、愚中(ちゆう)。
午前11時から午後1時は、日南(にちなん)。
午後1時から午後3時は日、昃(にっしょく)。
午後3時から午後5時は、哺時(ほじ)。
午後5時から午後7時は、日入(ひのいり)。
午後7時から午後9時は、黄昏(たそがれ)。
午後9時から午後11時は、人定(にんてい)。

朝7時からの二時間に食事をしなさい。
そうすれば臓器の時間が正確に刻みだす。
だからこの二時間を「食事(しょくじ)」と言うのだ。
昔の言葉は的を得ていた。
それが最新の医学から「食事」の
時間の大切さを導きだしている。
日本の医学は素晴らしかった、
とは本当のお話しなんだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月26日
「 占い師に必要なのは「慈愛」 」

あなたの事を、人が人に伝える時、
その言葉のキーワードが何であるか?
「とてもいい人」と伝えたならば、
決して美人ではないことを
同時に伝えていることになる。
「とても綺麗な人」と伝えたならば、
いい人かワルい人かは貴方が判断してください、
と伝えていることにもなる。
飲食店の場合、
美味いならどうオイシイのか?
が必要になる。
安いならば、味を次に知りたくなる。
人の言葉は「一」が「二」を同時に語っている。
だから言葉や文章は、
絶えず誤解を恐れ、慎重に伝えなければならない。
ましてや「占い」は、
伝える言葉が全てを語っていなければならない。
だから占い師には「慈愛」がなくてはならないのだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月25日
「やってみませんか?」

早寝早起き。
朝の7時から9時の間に朝飯を。
朝食べない人も、なにかひと口を。
風呂は温い湯に永く浸かる。
笑うこと。
ストレスから自分を解放してあげないと。
声を出すのが良いですよ。
お喋りしないと駄目な人は、
知らないうちに独り言や寝言を云っているとか。
確かにブツブツいっている人は、
言えないんだから仕方ない、不満を。
美味しい、美味しい、
と言える美味しいモノを食べるべき。
ゴロゴロと、身体を畳の上で転がすことを、
子供時代にやったようにするのは
身体を開放的にする。
そうして心も軽〜くなる。
やってみませんか?

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月24日
「あっしには関わりのないことでござんす!」

「あっしには関わりのないことでござんす!」
木枯し紋次郎が、浮世離れした渡り鳥の渡世人を
この一言で絵にしていた。
「あんたには関わりのないことでござんしょ!」
こう言いたいのは、ネットに書き込みをしている人へ。
「あなたのご意見は?」
この余計な一言にスポッとハマる人は、
自分のけつを自分でふかないと最後はならない。
芸能人が書き込みをするから、したくなる。
この購買意欲のような法則は、
神代の昔から変わらない。
70%の人を操ることが出来るそうだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月23日
「 10代に大運の劫財なら受験の方法も変わる 」

大運の劫財が10代に来たならば、
ここは国公立は諦めて、
最初から私立の一流を狙うべきだ。
そうすれと例えば、慶応、早稲田に楽に入れる。
これが上手な大運劫財での受験対策。
私大の医学部などに行く人は、
金銭的にゆとりのある家庭に育った人であろう。
だから医者の子供は医者になれる。
田舎の国立よりも都会の私立、と昔は言っていたな。
私立はやれないから、と親が言っても、
大運劫財ならば私立しか行けないから
私立に行くべきだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月22日
「 開運のために動くべき時 」

今の仕事を辞めるべきか?
夫と、又は妻と別れるべきか?
また大学を辞めるべきか? 会社をたたむべきか?
こんな選択をすることが、
成功(開運)のための第一歩になる。
一歩どころか百歩になることがある。
開運のために動くべき時があるのが人生。
だから推命学が役に立つのである。
耐えず努力している人には、
こういった予知能力が自分自身を後押しするものだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月21日
「 もっと冷静にものを言いなさい 」

今年の梅雨は早めて来るようだ。
これは日本人に、もっと冷静にものを言いなさい、
と水を天がさすためなのかもしれない。
マスコミが感情論で物言ったり、書いたりすると、
国民も感情論が先走った書き込みを
ネットに書いたりする。
自分の理論を社会に要求しているだけ。
とてもみっともないし、我が儘だ。
これを喜んでいるのは、
ネットを管理している会社であったり、
マスコミであったりするから、
誘導尋問されているのが一般の書き手、
書き込みをしている人なのかもしれない。
ひょっとして中国人が書き込みをして、
混乱を楽しんでいるのかも解らないのが、
デジタルの信頼性に乏しい、
怖い危険な世界かも知れない。
昔から、1つのムーブメントを作り出すことを
マスコミはしてきたし、実は巧妙な仕掛けをして、
そこに売れるものを投げ込んだりしたことを
国民は知らない。
だから信用したいようなことや、
信用出来ないことは耐えず世の中に発信されいる。
それを仕掛けるのがマスコミやら大手の広告代理業。
コピーライターなんて嘘をつくのが仕事だし。
ペーパーバック・ライターもしかり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月20日
「 コロナになる人は肺虚症の方です by鍼灸医 」

北九州市内の、とある鍼灸院の先生が言っていた。
コロナになる人は肺虚症の方です。
鍼をした後は体がボカボカして温かくなります。
低体温の方に鍼は効果があります。
そして早寝早起をして、
十分に睡眠をとることで体の免疫力は高まります。
うちに来られている患者さんの中からは、
1人も感染した方がいません。
一度の鍼と灸だけで風邪を治せる名人が
昔、四国にいた話も以前、聞かせてもらった。
日本では西洋医学が絶対視されて、
東洋医学は二の次、三の次。
鍼灸師が資格を取得しても勉強しないから、
腰痛さえ治療出来ないのが医療現場における実情。
が、保険が適応になるから安い、と患者が行く。
が、治らない。
いつまでも行くことになり、税金が飛んでいく。
不正請求をする整骨院が多く、
日本で年間判っているだけで1億近い。
北九州市にはコンビニの数より整骨院が多い。
不正請求はあるし、
治らない治療費に保険として税金が使われている。
この実情を国も県も北九州市役所も改善出来ない。
免許や資格は専門学校に利権を生むが、
それが専門技術の向上の妨げにもなっている。
鍼灸は衰退していく。
他の専門の技術力もしかり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月19日
「 推命学で知る日本の生き残り方法論 」

モノ作が日本の素晴らしさと言われた。
今も言われているのかもしれないが。
モノ作りの才能、技術力の優れた人、
手先が器用な人を語るならば、父、または母の母。
つまりお祖母ちゃんの星が
生まれつきの宿命にある人となる。
お祖母ちゃんの家庭での立ち位置が強い、
影響力の大きかった家で育った人には、
男女ともに傷官または偏官として表れている。
お祖母ちゃんを知らない人には、
傷官や偏官が出ないことがあるし、
偏官の出る位置が1つで月支にあると
貴命となることがある。
日本人の文化や伝統を守ってきたのは、
お祖母ちゃんの力なり。
介護施設に入ってしまうと、日本のモノ作りの伝統、
文化は廃れていく。
これからの時代は傷官を持った人を社会も政治でも
大切にするべきだ。
推命学で知る、日本の生き残り方法論。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月18日
「 人生とはリセットが何度かある 」

今年が偏財の沖か偏官の沖にあたる人。
つまり今年は陰の金の丑年だから、
生日の干支が未の人で、
生日の日干が陰の火の人は偏財の沖。
陰の木の人は偏官の沖になる。
偏財の沖は目指す物の変化を、
偏官の沖は耐えることの変化になる年運だ。
これに12運の冠帯があると強く、
激しく変化が起こる。
戦場カメラマンが拉致されて殺されたのは、
偏官の沖で羊刃があったから。
福岡の医師も殺されたのが偏官の沖の年だった。
本当の厄年とは、こう言った年を言い、
人により年齢は変わるし、厄事も違いがある。
とある飲食店がコロナで経営が大変だ。
ここのオーナーであり料理人でもある人が
偏財の沖に今年があたる。
今年いっぱいで店の存続の白黒を付けるとか。
正しくアドバイスするなら、
本当に自分が創りたい料理の店にすると成功します。
今の店は先代からの流れにそった内容だから、
変化を余儀なくされる年となっているわけだ。
僕の偏財の沖の年は、
飲食の仕事に見切りをつけて東京に行き、
出版の仕事を始めた。
それで北九州市の地元誌(タウン誌)を帰郷して、
作り始めたのだ。
そんな年が偏財の沖。
本当にやりたいことをやり始める年だから、
頑張れる。
人生とはリセットが何度か来て(あって)、
当然なんだから。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月17日
「 人間としての尊厳 」

幼い子供たちが気の毒だと思います。
子供たちを気遣う毎日で、お父さん、
お母さんの役割は重くのしかかっています。
仕事を持たれた御両親、そんな家庭が多い今、
互いを思いやる気持ちが
人に求められている時代でしょう。
日本人としての誇りは人間としての尊厳です。
それを失いたくないですね。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月16日
「 羨ましい夫婦 」

羨ましい夫婦を貴方は
どこの視点から判断するかな?
まず仲が良い。
まるで仲の良い子供のような
楽しさが伝わって来る。
互いが相手を束縛も疑いもしない、
不満も抱かない。
干渉もしないで良い間があり、隙間がある。
生活そのものが楽しい気で溢れている。
相手に互いが尽くしたいという気がある。
相手の好きなことを認めている。
もちろん男と女でいつまでもいる。
体の気遣いをしている。
美味しい物を一緒に食べたいと思っている。
子供が自立している夫婦に多いのは間違いない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月15日
「 若い人から愛される飲食店は永く続く 」

若い人から愛される飲食店は永く続く。
年輩客に好かれる店は=若い人には敷居が高い。
年輩客が行く店は、量が多くない。
味がしつこくない。
若い人には物足りないと、これが相場だ。
ラーメンは若い人に喜ばれる食べ物だから、
麺が少ない店は衰退していく。
麺が多いとか、飯が大盛り、御代わりが利く。
これが若い人に、時代は変わっても
引き継がれていく魅力だ。
これに清潔である、店員さんの感じが良い、
価格が良心的、客の質が良い。
当然、美味しい。これがあれば鬼に金棒。
老舗でも、これを満たしていないと衰退する。
小倉の街中の古い店(ラーメン屋)を
50年以上前から知っている。
ここの麺は昔に比べて、3分の2に減った。
経営者が若さを忘れたり、失ったりすると、
店の様々なる売り物が変わってしまうものだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月14日
「 五行に始まり五行に終わる 」

推命学は五行に始まり五行に終わる。
基本は、何月生まれの生日干が何であるかだ。
で、逆行運か順行運か。
大運のスタートが生月に絡んでいるから。
生月が変わるように大運は変わっていく。
大運の12運は晩年に上がるより、
晩年に向けて、下がる方が生物体としては自然だ。
どうして?なぜ?は、実践で学べる。
方位を推命学では用いないべきだろう。
当たらないから。
姓名判断やタロット、霊視、透視など。
ご先祖様が貴方に伝えたいことは、
世の中のために役立つ人に、人を傷つけないように。
子供のいる人は解っている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月13日
「 ネットはストレスのごみ溜め場 」

朝のゴミ出し。
カラスが都会では嫌われ者になっている。
カラス〜、何故泣くの〜。
昔はカラスも愛されたのだろうか?
カラスがゴミ袋をつついて、ゴミが散乱する。
だから朝にゴミを出して下さい。
最もな話だ。
朝の9時までに出したら、間に合うか。
ところが朝の何時とは決まりがないのが、
ゴミの収集車の到着時間。
9時前にゴミを出しに行くと、
もう収集車が行った後だったりする。
こんな話しは、笑ってすませる。
こんな話と同じレベルの事象を、
ウダウダ書き込みをする日本人が
ネットの世界を徘徊している。
このネットの病的な症状は伝染していく。
ネットはストレスのごみ溜め場と化している。
ジャーナリスト自身がストレスで
賢さを失っている時代。
回りにいる普通の賢者から学ぶしないだろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月12日
「 小倉の台所(?) 」

北九州市、いや小倉の台所(?)
旦過市場なんてまだ言っているマスコミ。
旦過市場ではない。
小倉井筒屋の地階が
北九州市の台所になっているのを知らないのかな。
井筒屋の地階の人の多さ。
美味しい物が沢山売られているのを女性は、
お母さんたちはよく知っている。
舌の肥えた人が集まっている。
下手な飲食店は負けてしまっている。
コロナを乗りきって欲しい、美味しい飲食店さん!

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月11日
「 人は何故、外出したがるのか? 」

人は何故、外出したがるのか?
このコロナの最中を。
家にいたら「どこかに行ったら!」と
奥さんに言われるから。
「若いもんは家におらんで
外でスポーツでもしてこい!」と父親が言うから。
「休みかもしれんけど、ゴロゴロ寝らんで!」と
同棲中の彼女から言われたから。
あと「家におったら親が勉強せんかと
うるさいから」と10代の声。
1人で暮らしている人は1人の時間を
楽しむ方法を知らない。
だから外出する。
家庭の中で生活している妻は夫がいない方がいいし、
子供は親がうるさいし、
夫は妻に気を使うから疲れるし。
小遣いの少ない夫はパチンコにも
カフェにも行けやしないからか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月10日
「 麺屋(ラーメン専門店)一の坊 」

北九州は小倉北区竪町にある
麺屋(ラーメン専門店)一の坊が
今日、5月9日で開店17周年を迎えた。
オープンから客としてお付き合いをさせて
戴いていますが、17年と聞いて、
そんなになるのか!と時の流れの早さ、
年々美味しくなっているように思える、
変わらないラーメンをひと口味わった瞬間の感動の味、
店内の手入れの行き届いた
清潔感溢れた落ち着いた雰囲気。
それらは融合して、貫禄さを漂わせている、
と僕は感じてしまう。
これからも歴史を刻んでいき、やがては北九州の銘店と、
風が便りを貴方の街へも届けるだろう。
スタッフの皆様へ。
これからも宜しくお願いたします。
まずは、おめでとうございます。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月9日
「 人間より魚がいいな 」

マスクをしていると美人に思える人が多くなる。
こんなことをお客様が言われていた。
で、マスクを外して食事をしているのを見たら、
美人ではなかった、と。
女性が女性をチェックする。
そんなにライバル心が高ぶるのか。
まあ、そんな判断はマスクをしなくてよくなる時まで、
楽しみにとっておきなさい、ですよね。
アゴと鼻のライン角度が、
美人を決めると言われているから、
美しく見える、マスクをすると。
目の整形は簡単に出来る時代になったから、
なおさらマスク美人が沢山いるわけだ。
顔が美しいと、性格も良い、女らしい、気立てが良い、
つまりイイ女だね〜、と勘違いする男が多いから、
女性は美しくなろうと努力する。が、
美しい女性にはそれだけのリスクを伴うことにもなる。
カッコいい男も、
見かけ倒しにならないような
リスクを背負うのと同じ様に。
男らしくて義理堅いし、金にきれい、
女に弱いが喧嘩は強いし、頭もいいし、
セックスは強く素晴らしく、気前もイイし、
料理も巧い、弱いものの味方。
稼ぎも良い。性格も良い。
人間社会はバカみたい。
魚がいいな。
ましてアイドルなんかにはなりたくないな〜。
仮に若くてもだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月8日
「 日本はどこに行くのか? 」

今の日本人は意地が悪い人が本当に増えたと感じる。
偉い人、賢い人、力のある人、頭の良い人、
綺麗な人など、そんな人が困っていたり、
弱っていたりすることが、
見ていて面白くてたまらないみたいだ。
政治家や学者がコロナで困っている様が
快感になっているのか?
政治不振やら政治家の在り方、成り上がり方が
面白くないのか、まるでもっと困れ、
と言わんばかりの野次馬ぶり。
日本人が日本人を苛めたり差別したり、
残忍性を最近は丸出し。
マスコミにも責任があるし、政治家がつまらないし、
クリーンな若手の政治家が出現しない限り、
日本はどこに行こうとしているのかが解らない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月7日
「 男は仕事しか出来ない? 」

女性は子供を産むと、
生物としての一仕事をやったことになるから、
大概は賢く生きていく人となる。
男は自分が産まない分、
仕事をやらないと賢くなれない。
こんなにも男性と女性は異なるのだ。
男性が仕事に熱くなれるのは、
それが尊厳となるからだ。
女性は子供を産むと尊厳を大抵は得るのだが、
よく深い女性は子供を産んでも剛が強いままだ。
阿部定のように子宮の大きな女性は、
男なしではいたたまれないから、
これも辛かろうに。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月6日
「 自分の価値観と12運 」

自分の価値観に振り回されて
人生に於いて苦労のある人。
誰でも多少はあるが。
12運で言うなら、冠帯、沐浴、
これらに絶、死、が絡んでくると
這い上がれないくらいに、冷静でいられない。
冠帯は老いては賢人になる。
沐浴は回りが知らんふりしてしまう。
若い時の冠帯は苦労をする。
頑張るが、言い出したら聞かない。
ほっておくしかない。
自分の長所、短所を知ることが出来る人だから、
やがては人に認められる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月5日
「 陰の火の人 」

陰の火の人は解りづらいと言われる。
本人も実はそう感じているのだから、嘘ではない。
あのロウソクを観る。
外炎、内炎、炎芯と色、温度も違う。
明るく見えるが、炎芯は温度が低く、暗い。
そう、根は暗いのだ。
火にも水が配されていると言うのは、
このロウソクの炎芯の暗さ、冷たさを指す。
同時に火は焼ききってしまう。
これが金のような殺生をあらわす。
また土のように温かさで育てる力があり、
木のように天に向かって上昇する。
火は五行が配されている。
火は集中力があり、神経質でもあるから
繊細と言われる。
この火の特性を邪魔されるのを一番嫌がる。
故に気難しいと言われたり、
怒ると血相が変わるから怖がられる。
火は水を嫌うのは火が消えて死んでしまうからだ。
木や金や土や水は尅されても
形が変わことがあっても無になることはない。
命式に水のある火の人は最も怒りっぽくなる。
優しそうだが、怒ると殺傷性が
爆発のように出るから御用心。
火に油は、火が油(金)を燃やしている状(かたち)だ。
やがて油は水だけになり、火は消える。
火は上昇を遂げると浮世離れする。
下界を見下ろすと、馬鹿なことで騒いでいるわ、
と下界に下りようとはせず、
孤独を楽しみにするしかない。
だから陰の火には芸術家が多い。
死に際も心得ているから、
やがて神に近づいていく。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月4日
「 美しく生まれた人 」

美しく生まれた人には、
それに等しいほどの醜い争いを経験したり、
争いに巻き込まれたりする。
美しく産まれなかった人は、
美しく生まれた人ほどの醜い争いには
巻き込まれたりはしないし、
人の醜さの渦巻きの中には入ることからは避けられる。
その違いある人生は、
あなたが少し過去の悲劇的な
美しく生まれた人の最期を知るだけで、
理解できる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月3日
「 早く受け入れる 」

あなたに先天運沐浴の12運を持った親がいたならば、
あなたは其なりに学ばなければならない人生を
送ることになるだろうが、
やがて親の生き方やら、親の苦しみや不運が、
親子以上の関係であるがための試練として
受け入れることが出来る時は来る。
それを早く受け入れることが出来たならば、
あなたは親孝行な子となる。
また親もあなたを良い子に恵まれたと
感謝の気持ちで、安らかに眠るだろう。
推命学とは宗教を越えた哲学にもなりうると、
僕は以前にも言った。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月2日
「 お見事な人生だ 」

まあ人間が死ぬまでに会いたい人。
これを運命の人と言いたいだろうが、
運命的な人と考えたほうが、難しくないし、
また見つかりやすいだろうし、
人生は、また男女とは、その程度でいいと思う。
そう深刻に真剣に、突き詰めて考えないことが、
人生を楽にする。
まして親がいて、自分がいて、子供がいる。
これは麻雀で言うところの役満、大三元である。
これで様々な厄は清められたとする、である。
あなたが親で、両親もいた時に、子供がいた。
また、あなたに孫がいるならば、お見事な人生だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年5月1日
「 最後に勝ち誇るのは農業 」

テレビの番組をヤラセと思わないで、
アニメのオタクでコスプレを楽しんだり、
アニソンを歌いにバーに行ったり、
食べ放題、飲み放題に得したと思ったり、
アダルトビデオが楽しみになったり、
漫画をレンタルで借りるのが楽しみになったり、
ゲーセンに行くのが楽しみ以上で、
ポテトフライが癖になったり、
出会い系で相手と知り合い会って
身体の関係にすぐになったり、
ひたすら勉強して一流大学に行くのが
正しい道と信じていたり、これらはすべて依存性である。
が、どんな人も何かに依存している。
会社、組織、お金、酒、タバコ、サプリ、メル友、
美容、宗教、占い、ネット、学問、学歴、職業、結婚、
性欲、美食、音楽、映画、供養、ギャンブル、追っかけ、
車、などなど。依存性が支える経済力。
これにAIが加わってきた。
最後に勝ち誇るのは農業をしている人であり、
そうあって欲しい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月30日
「 マスコミの思惑 」

他県から来た乗用車に対して嫌がらせをする。
このレベルの世界は、昔にもあった。
市内の違った中学校の悪僧どもが喧嘩する、
殴り込みに行くだの、あったな。
タクシーの世界にもある。
あそこのタクシーはえらそうにしている、
と小さなタクシー会社の運転手は不服を言う。
若者に年寄りが文句を言ったり、
宅配便のライバル社同士の喧嘩があったり。
将棋の世界では東京対大阪で熱くなったり。
北九州市も福岡市に熱くなったり。
こんな現象を一番喜ぶのは、実はマスコミ。
番組を面白く作ることしか考えていないから、
仕方はないが。
昔、小倉にSOGOが出来た時、こんな田舎町が!
と上から目線のお偉方だった。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月29日
「 名人級の鍼灸師 」

鍼灸と整体整骨をやる治療院には、
名人級の鍼灸師と名人級の整体師の2人がいないと、
患者さんは疾患が完治しない。
鍼灸師の巧い人が、北九州市にはいなくなった。
部分的な鍼、一ヶ所がいくらで、
二ヶ所になるとプラスいくら。
こんなことをやっている院がある。
下手な鍼灸師には、美容鍼と聞いて信じてしまう
騙されやすい人が行くだろう。
鍼には鍼灸師の気が入っていると
効き目が高ぶるのだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月28日
「 占いの世界 」

四柱推命の名称も生れた時間を使わない方が当たる。
だから三命推命が正しい。
だが、天沖殺や空亡を使わない泰山流。
陰陽五行で診るのは運気学に
かなりウエイトをしめているので、
推命学と呼ぶべきか。
また変通星は参考程度でしか診ないほうが当たるので、
陰陽五行運気学が良いと思う。
手術をする年はいつが良いか?
これに傷官の年と答える信じられない占い師がいたり、
空亡の年に出会った人には良い人がいない、
などとウソぶく占い師がいなくならない限り、
占いの仕事はいつまでたっても、
学者ごときにはなれず。
僕もこの世界に踏み込んで、
頑張ったつもりではあるが、
あまりにインチキ詐欺的な占い師が蔓延る
この世界を浄化することは至難の技であり、
占い師を辞めてカウンセラーの看板に変えたい、
とづっと迷っていたのが本音だ。
昔、坂本九さんが全日空の飛行機墜落に事故にあわれた。
これにも推命学的な答えがあるのを見つけた。
とんでもない事は、とんでもない理由があって起こる。
占いを仕事(?)にして家を持てたなどの話を聞くと、
その人はいづれ地獄におちるだろうと、
早く罪の償いをすべきと心が痛くなる。
占いの世界には悪魔も天使も、神もいそうだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月27日
「 4月は別れと出会いの季節 」

この4月は人が去っていく季節。
また新しい人がやって来る季節でもある。
あちらこちらで人との別れや始まりが起こっている。
彼女を追っかけて会社まで辞めて、
そんな男だっているし、いたって良い。
人生はトグロのようにうねっていて、
決して直線ではない。
たかが80年そこらの人生だから、
人は大したことは出来ない。
まあ盛旺は20年か長くて30年間。
そこで精一杯やれたら幸せ。
あとは普通っぽくてもいいじゃないか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月26日
「 オリンピック なんだかなー! 」

コロナのために頑張っている
医療関係の人達にしてみると、
オリンピックをやる気満々の人達のやる気は
納得いかないだろうし、
オリンピックの選手はやる気を
見せなければならない立場で、本音は言えない。
国民が望む政治家は、こんなときにこそ、
さすが、確かにと納得いく発言の出来る人だ。
まあ今のSさんは、
色々な人から頼まれて断れずになった人。
鉄砲玉の役をしているだけのこと。
これが今の日本の政治家。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月25日
「 マスコミ なんだかなー! 」

政治家や芸能人になるなら覚悟しないと。
まず金回りが良いやら、異性にモテたりすると、
必ずヤッカミから足を引っ張られる。
マスコミに口止め、
封じ込めの金やら利権やらが舞い込む。
マスコミに政治家が口を利き、
息のかかった派閥の企業から
広告と言う名の賄賂が入る。
噂にならない有名人は、
上納金をいろいろなルートで渡している。
裏切り者が内部告発しても、
他に事件を捏造して隠れ蓑を作るタイミングはお見事。
スポーツの世界にもあったし。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月24日
「 うどんと蕎麦 」

美味しい蕎麦が食べたいが、
感心するほど北九州には美味しい蕎麦屋がない。
この地はうどんが強い。
が、個人店がなくなり、
美味しいうどん屋が消えていった。
うどん、蕎麦の食文化、
北九州には灯火が見当たらない。
消えてしまった。
美味しい蕎麦、うどんの情報が欲しい今日この頃。
親父の作った手打ちうどんは、美味かった。
昭和の味だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月23日
「 テレビの占い師なんて台本通り 」

なんといっても、相学は風水となる。
風水は日本では効き目なし。
一番効く風水は、色使い。
赤、青、黄、白、黒が天からの生命力の波長と、
個人の五行の波長と同調するから、
運気が上がったり、下がりもする。
こんな簡単なことでは商売にならないから、
風水は商売になるには難しく、
しかも手のかかる効き目のないインチキになった。
テレビに出る占い師なんてリハーサルがあって、
台本通りにやる占い師だから、
占いスゴいなんて言わない方がいい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月22日
「 占い様々 」

A人相、B手相、C家相、D墓相、
E姓名判断(これも相学になる)、F足相、G腹相、H乳相、
根相、卍相、毛相、声相、臭相、……。
作れば作れる、いくらでも。
AからHは、今でもこれを商売にしている人がいる。
大都会か田舎ほど、迷信やら盲信は根強い。
姓名判断は当たらないし、
インチキがマトモな顔してやっているから、呆れる。
顔は整形で変わるが、
生まれる子供を見たら?えっ、となる。
手相は生年月日と合わせての補足としてみる。
指の長さが一番当たる。
男の精子、精力を見るなら。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月21日
「 三角定規は美しい 」

女性の美しさは背中にありとは、
背中は陰になるからだ。
3角形の角度は計180度。
90度、60度、30度の三角定規を
美しい形と感じることの出来る人は、
美的感覚が研ぎ澄まされている。
この90、60、30には数字のからくりがあり、
陰陽五行の法則もまたある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月20日
「 タロットは対面で 」

タロットと易を同じように括るのは
正しくないかもしれない。
タロットは本来はネットや電話でやるのは
間違った方法となる。
対面の近い距離でないと、
気(波長)が行き交わないからだ。
正確にはタロットは満月から新月への間、
半月、三日月、満月から新月への間、
半月、三日月で変わるので、
正式には3日でカードの出方は変わる。
1週間ではなく永くて3日だ。
これは海の潮の変化と、
その月の加減で人の気も変わるからだ。
海水の変化は生物に変化を与えるので、
海水を触っているのとタロットをめくるのは
正に類似している。
長くなるからこれで終わる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月19日
「 女性の美しさの定義 」

友人の画家に聞いてみたい質問があった。
女性の美しさの定義、美の感覚は絵を描くだけに
並外れたものを持っているのではなかろうかと。
多分、可愛いとか色気があるなど
とかの言葉は使わないのでは。
美しい、と言うことはあっても。
さて、どうやらミロのヴィーナス顔の輪郭が
美しさの基本らしいが。
ミロのヴィーナスは可愛いとは言えないし、
色気があるとも言えないな〜、と。
美しいとは多分、哲学的な言葉なんだと感じた。
美しいと綺麗も厳密には違うのだろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月18日
「 血液型O型の人 」

血液型O型の人はコロナにかかりにくい、
とフランスの医学界が発表していた。
日本の医学界はこんな話を信じない癖、傾向が強い。
だからユニークさに欠ける。
僕の知り合いから、お客様まで血液型を聞いているが、
確かにO型の人は濃厚接触をしても感染しない人ばかりだ。
O型の人、今日現在52人に。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月17日
「 こんな話がある 」

こんな話がある。
とある飲食店に行きつけの男。
そこの店員さんで気に入った娘がいるが、
気に入っていない娘から愛想よくされる。
逆転する方法はありますか?と聞かれた。
その店には2人の店員さん以外にも、
店員さんはいるみたいだけど、と。
つまり彼は、好みと好みでない両極端の店員さんしか
目に入っていないのだ。
こんな話しはよくあることで、こう答えた。
今のままで、今後はどう変わるか
楽しみにしているのが一番です、と。
えっ?変わることがあるのですか、
と聞かれたので、答えた。
あなたが諦めた時、変化が起こります。
あなたが目線で追っかけている間は、
避けられているはずです。
あなたが逆の立場だったら、当然そうしますよね?
ハイ、男はうなずいた。
独身男性の公務員は。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月16日
「 男としての力?」

男はそれは綺麗な女性がいいと思うだろう。
が、男に女性を満たしてやることの出来る
男としての力(精力)がなければ、
女性は嫌がって離れていくし、
強い男性を求めて旅立つものだ。
金があったとしても、それだけではダメ。
浮気されるのが落ち。
強い男性を好むのは強い女性。
綺麗なだけで相手を選ぶと、
人に迷惑をかけることになる。
ダメな弱い男でいい、
という女性もいるから良くできたものだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月15日
「 お産が重いか?軽いか?」

先天運に官星がない女性は、
お産が重いという話を以前したが、
大運の後天運偏官の10年間はお産が軽くなる。
または大運が官星の時でないなら、
年運(流年)が偏官の年、
せめて正官の年に産むようにすると、
お産が軽くなる。
さらに官星になる月が毎年変わるが、
その月にたまたまあたるとするなら良い。
官星がなくとも、
自星がやたら強いならばお産に耐えられる女性だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月14日
「 北九州の新聞記事 」

コンビニで販売されている新聞。
売り切れが多いのが読売新聞。
断トツでだ。
売れ残りが多いのが毎日新聞。
どの新聞も京築の記事が
北九州の記事よりも多くなってきた。
それだけ行政の発信力が北九州は弱くなったことと、
北九州には街が抱える問題が多く、
その打開策がまるでないし、企業も政治も活気がない。
新聞記者もだろうか?

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月13日
「 運の悪さ 」

マスコミのニュースになる様々な事件の
被害者にしろ加害者にしろ、
運の悪さが明らかに影響を与えている。
多くの場合は、先天運に対しての、
その時期の運が強く事を顕在化していると診る。
つまり人の運命は、いつまでもまだ大丈夫にならない。
傷が悪化するときと、治りが早い時期がある。
人が実に運気にデリカシーであるかを
誰が教えているかだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月12日
「 偏財を先天運に持つ人は反射神経が良い 」

偏財を先天運に持つ人は反射神経が良いとする。
車の運転の適性検査が抜群に高い点数となる。
とっさの判断が出来、次の行動を起こす。
また起こしたくなる。
このタイプの人は高所恐怖症や
閉所恐怖症になりやすいのは、
自分を守る本能がよく働くからだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月11日
「 五行による人の声 」

人の声は、
日干の五行により気の違いがあるからして、
声の味と表情がそれぞれに違ってくる。
木の人は叫んでいる、
呼んでいるように声を発する。
火の人は熱を帯びた表現力があり、
声が笑っているように発している。
土の人は歌うように歌っている。
歌おうとして歌っているの方が、
わかりやすいかな。
金の人は叫ぶ、吼える歌い方になる。
肺活量と骨力に訴えるから、
大きく太く音域が幅広く、歌が上手い人が多い。
最後に水の人を。
腎系をいたわりながら、
大声は出さないかのように、うなるのだ。
うなり声は吠える前に動物が出す、
う〜、う〜、う〜だ。
声としては小さい、細い、バイブレーションか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月10日
「 人間社会 」

スポーツ選手の女性を写真に撮るのが
好きな人(男性)がいる。
相撲取りのマワシでしめた尻が好きで観戦にいく、
また尻の写真を撮る女性もいる。
スポーツ選手が昔に比べて
男女共にキレイになったのは
美容整形とかする人もいるし、化粧が上手くなったり
美意識を必要とする時代になったからだろうが、
団塊の世代の僕には、スポーツの女性選手には
女性を感じない時代を経験したので、
今でも価値観は変わらない。
今のマニア的な事象に対しては、
他に綺麗な女性がいるでしょうに、
としか言いようがない。
が、いないのでしょうね。
レースクィーンに集まる男も童貞に近い人が多いだろうし
スポーツ選手に集まる男も
M男やら童貞っぽい人が多いだろう。
人の嫌がることをしたがる人がいるのも間違いないし。
それくらい本音で行動出来るのなら、
他で頑張れるでしょうに、としか言いようがない。
が、こういった欲があるから、
働いたり生きていたりすることも出来るというのも
人間社会。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月9日
「 魚釣り 」

この時期は海の海水の温度が上がり、
近海に生息する魚もメンバーチェンジとなる。
関東ではメジナ、九州ではクロという魚が釣れ始める。
魚釣りは、朝マヅメと夕マヅメがを狙うのが基本。
日の出、日の入りの約1時間〜2時間がマヅメの時間帯。
魚の喰いが活発になり、魚がワク、とも言ったりする。
入れ食いになることもあり釣ったり、
餌付けしたりで忙しくなる。
クロ釣りか、チヌ釣りかで仕掛けやら竿さばきが
変わるので、釣り人はどちらかを選ぶというか、
楽しみ方が変わるので、好みが強く反映される。
昔は1日に二回、朝マヅメ、夕マヅメに
この時期は海に行った。
これが約1ヶ月から2ヶ月間は続いた。
クロの40センチを若松の岩屋であげたことがあり、
このサイズの記録はまだ破られていないらしい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月8日
「 官星は勤め人になる 」

官星は勤め人になることが出来る人。
官星が強すぎるとサービス残業を断れない人。
官星は自分を押さえるので、
好きと言えないが、嫌いとも言えないから、
愛情表現がない人。
相手に付き合いは勿論、
結婚までも自己犠牲精神ですることになり、
あとあと後悔することがある。
官星の強い女性は相手の言うがままになるが、
ノミのような裏切り為にも目くじらをたてることになり、
相手の男性に嫌われる結果になる。
官星の強い男性は義理と人情に弱く、
一見、男らしく見えるが、
恋愛、結婚は女性にとりまるで楽しくない世界となり、
やがて女性は苦痛となり、
熟年離婚ナンバーワン。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月7日
「 陽陽配列の漏星が食神 」

陰陰配列、陽陽配列の漏星が食神となる。
食神を持つ男女共に恋愛にロマンチックさを求める。
食神は子供らしさを含み、
好きな相手にはわざと冷たくしたり、
好かれているとわかれば、
わざと嫌われたりする行動をとる
天の邪鬼な幼さがある。
パートナーはそんな意味で精神的に大人の人がよい。
食神が強いと超ロマンチックで、小説、映画のような
現実離れしたドラマチックな恋愛を求めて生きていく。
これに冠帯があったりすると独占欲が強まり、
ブレーキがきかなくなる。
また理想が高くなり、自身が恋疲れしたりする。
食神がないと、相手は実は誰でもいいような、
理想がない、行き当たりばったりな恋になる。
別れてもケロッとして、熱心さがないぶん傷つかない。
食神は、恋愛は好きにならないと始まらないし、
好きになると全力で愛情表現をして、
愛は永遠であるというような、
ロマンチックさを地でいこうとする。
失恋すると鬱になり、
若い時はわざと悪びれてみたりする。
これも表現力が長けているからするのである。
財星がある人は恋愛を現実化していくが、
財星がない人は言うだけタダの実行力のない人になり、
やがて相手からバイバイされる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月6日
「 十二運の冠帯 」

十二運の冠帯だけは無視できない。
なにから無視か、カリスマとして、
また言い出したら聞く耳持たずで、
回りが迷惑しがちとなる。
競艇界のスーパースターであった彦坂郁雄は
通算連帯率7割以上を誇った。
モーターの整備力が超人的に優れた。
スタートも素晴らしかった。
競艇界の第一人者だった。
が、規定外のモーターの部品を使い、
競艇界から永久追放された。
集中力が凄い。
夢中になりすぎたら冷静さを失う。
癸の丑だった。
他にあげるなら、西鉄ライオンズの稲尾投手。
神様、仏様、稲尾様と呼ばれた。
ボクサー世界チャンピオンだった海老原博幸。
共に戊の辰。
千代の山は出羽一門から独立を申し出て、
九重部屋を立ち上げた。
北の富士を誘い、
北の富士が悩みに悩んだのは周知の通り。
壬の戌。
同じく壬の戌は、あの麻原彰晃。
癸の丑で自殺した加P邦彦。
バイオリニストの五嶋みどり、
安藤組組長から俳優にの安藤昇。
押尾学は戊の辰。
市川雷蔵は丙の辰。
同じく、美空ひばり。
ざっとあげても、スゴい。
河合奈保子は戊の辰。
ジャッキー・チェンとの交際相手でもあった。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月5日
「 財星の強弱 2 」

財星は父親と男女ともに見てよい。
男性はさらに財星は女性、金銭と見てよい。
女性は財星は金銭とも見る。
財星と反対に位置する印星は
男女ともに母親、祖母と見る。
印星はないでも構わないが、
財星は最低、1つは欲しい。
財星がない男性は女性運が弱い。
女性は金運が弱い。
強めるには歳上の男性を求めるように
好みを持っていくこと。
10歳以上歳上の男性と
生活を共にすることで財星が生まれてくる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月4日
「 財星の強弱 」

財星は男と女により恋愛のスタンスを変えてしまう。
適度な財星があると、男女ともにバランス感覚に優れ、
恋のチャンスも多くなる。
・・・
強いと
男性は自分上位の恋をして支配欲を満たす。
女性は管理される側になり、男性に従順に付き添う。
強くなりすぎると、男性は支配欲が強まり、
愛情よりも支配欲を満たすための女性を
求めるようになる。
女性は気の毒なくらいに相手に合わせようとして、
付き合う男性により、
ファッションや趣味がガラリと変える。
・・・
財星が弱いと
男女共に、気儘な恋を好み、
恋人のことが気にならないで、恋人から束縛される。
さらに弱いと、
恋愛にタブーがない。
その時のノリで恋愛を始める。
複数の相手と同時に交際し、
自分を律しないし、相手にも無責任になる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月2日
「 印星のあるなし 2 」

母親、祖母を表す印星がある男女ともに、
恋人への依存心は適度にある。
そばにいたい、となる。
印星が少し強めにあると、依存心は甘えとなり、
ワガママが多くなる。
さらにとても印星が強い人は、
度を越した甘えやワガママになるので、
相手に嫌な顔をされたり、ウルサがられる。
自立心が弱く、いつも誰かがいないと
寂しさに耐えられなくなり、
遠距離は無理。浮気しやすいタイプ。
印星がない、弱いと、
恋人への依存心は薄れ、甘えることはない。
交際に前向きさがないので、
相手に自分は好かれていないと思い込まれ、
不信感を持たれる。
弱さがさらにあると、自立心が強く、
人を頼ったりしないし、一人が好きで、
距離を置いた恋愛を好む。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年4月1日
「 印星のあるなし 」

母親、祖母を表す印星がある男女ともに、
恋人への依存心は適度にある。
そばにいたい、となる。
印星が少し強めにあると、依存心は甘えとなり、
ワガママが多くなる。
さらにとても印星が強い人は、
度を越した甘えやワガママになるので、
相手に嫌な顔をされたり、ウルサがられる。
自立心が弱く、いつも誰かがいないと
寂しさに耐えられなくなり、
遠距離は無理。浮気しやすいタイプ。
印星がない、弱いと、恋人への依存心は薄れ、
甘えることはない。
交際に前向きさがないので、
相手に自分は好かれていないと思い込まれ、
不信感を持たれる。
弱さがさらにあると、自立心が強く、
人を頼ったりしないし、一人が好きで、
距離を置いた恋愛を好む。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月31日
「 自星が強い男女 」

自星(生日の干)が強い男女共に、
恋愛においては相手の気持ちを考えずに、
ぶつかっていく。
無視されてもへこたれず、強引になり喧嘩となる。
嫌われても納得いかないとアプローチをかける。
つまり自分さえ良ければで、罪の意識なし。
まるで政治家の偉そうな方みたい。(続く)

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月30日
「 自星が弱いと 」

自星が弱いと、相手の顔色をうかがい、
思うように行動が出来ずに、
都合が悪くなると逃げ出してしまう。
結果、好きでもない人と付き合うことをしてしまう。
また自分が好きになった人の回りの評価を気にして、
評価が低いならば、気持ちが離れていったりもする。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月29日
「 スポーツが得意な人 」

スポーツが得意な人は
先天運に官星の偏官を持っている人が多い。
または後天運の第一運で偏官が来る人は
小柄だが運動神経が活発となる。
ただし、悪僧でおてんば。
学力は低い。
官星がなくても母親が運動神経が盛んな人ならば、
子供は運動がよく出来る。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月28日
「 悪徳占い師 」

占いにも色々ある。
種類もだが、占い師の占術における技術力のレベル。
善悪で言うならば、悪徳商法を堂々とやっている人、
真面目に良心的にひたすら善意的にやっている人、
この二種類の人にわけられる。
どちらかの人に人は縁を持つことになるのだろうが。
ヤブ医者を素人は判別出来ないように、
素人には悪徳商法をしている占い師を
1度では見破られないだろう。
特に信仰心の強い田舎に行くと、
さぞかし悪徳占い師の口車に乗って
大金をはたいている人が多いはずだ。
あやしいのが、霊感、お祓い、御守り、祈祷、
先祖供養、憑き物、やれ井戸が悪いだの、あの松ノ木、
あの墓が、と人の弱味につけ込む詐欺まがいは、
新興宗教も顔負けの勢いがある。
神社がお祓いをする限り、悪徳占い師ははびこる。
見えなくとも見えると言うと、信じてしまうのは、
信じる人が病んでいるからだ。
店を構えていない占い師は信じない方が間違いない。
また田舎ほど神秘的な演出をしている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月27日
「 垂れ流しの放送 」

テレビで飲食店やらを取材する。
取材に値する、しないは関係なく取材して、
垂れ流しの放送をする。
とある北九州にある飲食店を、
とあるテレビ局はよく取材する。
あんな不味い、汚い、非衛生的な店を
よくもまあ取材するものだと、呆れる。
取材して放送するものだから、
客が列をつくって待っている。
知らないうちに放送では嘘をついているが、
その意識は放送局側にはまるでない。
ローカル放送での飲食店の取材、
放送はやめた方がいいと感じる。
真実を伝えていないからだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月26日
「 陰陽の木の人 」

陽の木は剛直、頑固。
陰の木は逆転が巧い、粘り強い。

●陽の木/男
・松井秀喜、松本人志、山下泰裕、吉川晃司、
●陽の木/女
・竹内結子、桃井かおり、天海祐希、藤原紀香
●陰の木/男
・萩本欽一、長嶋一茂、豊川悦司、桂三枝、
●陰の木/女
・松任谷由実、和田アキ子、山田花子、
野際陽子、釈由美子

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月25日
「 陰陽の火の人 」

陰陽の火の人。
陽の火は熱しやすく冷めやすく、
陰の火は複雑で解り辛い個性派。
●陽の火/男
・田原総一郎、竹中直人、さだまさし、
ガッツ石松、氷川きよし
●陽の火/女
・秋吉久美子、上戸彩、黒木瞳、大原麗子、松本伊代
●陰の火/男
・役所広司、寺尾聰、堤真一、矢沢永吉、井上陽水、
岡本太郎、原田芳雄、小沢一郎
●陰の火/女
・松坂慶子、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、黒柳徹子、
楠田枝里子、小川真由美、都はるみ、石川さゆり、
水野真紀、中野良子、坂井真紀

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月24日
「 陰陽の土の人 」

陰陽の土。
陽土はプライド高く山師的。
固い土は水気がないと木が入らない。
木は女性にとり男性。
水気の多い土の女性は男の縁が切れる間がない。

●陽の土/男
・舛添要一、木村拓哉、加山雄三、みのもんた、
板東英二、亀井静香、北橋市長、三島由紀夫、
勝新太郎、仲代達矢、野田前首相、浜田幸一
●陽の土/女
・松たか子、浅野ゆう子、蒼井優、中森明菜、
島田陽子、倍賞千恵子、夏木マリ、戸川昌子、
河合奈保子★陽の土の人は顔が大きい
●陰の土/男
・木本雅弘、美川憲一、藤田まこと、渥美清、
石坂浩二、近藤真彦、松田優作、反町隆史、
松坂大輔、北島三郎、アントニオ猪木
●陰の土/女
・中島みゆき、藤山直美、竹下景子、深田恭子、
研ナオコ、紺野美沙子、山口百恵、米倉涼子、
福島瑞穂、ベッキー

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月23日
「 陰陽の金の人 」

陰陽の金の人は好き嫌いが激しい。
グレーゾーンが少ないので、はっきりしすぎている。
暴走しやすく、出鼻を挫かれたら弱い。

●陽の金/男
・原辰徳、杉良太郎、島田紳助、石川遼、清水健太郎、
北大路欣也、渡哲也、森田健作、千葉真一、
篠山輝信、太宰治
●陽の金/女
・小林幸子、竹内まりや、酒井法子、西川史子、
倖田未来、いしだあゆみ、大竹しのぶ、
木原光知子、十朱幸代
●陰の金/男
・小泉純一郎、美輪明宏、中居正広、織田裕二、
滝沢秀明、水谷豊、角川春樹、池田大作、
イチロー、山田洋次
●陰の金/女
・伊達公子、菅野美穂、鈴木京香、篠原涼子、
和泉雅子、五月みどり、水前寺清子、
岸本加代子、由美かおる、八千草薫

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月22日
「 陰陽の水の人 」

基本的に陰陽の水の人は
相手に合わせるから敵は少ない。
が、河の流れのようにマイペース。
●陽の水/男
・長嶋監督、高倉健、郷ひろみ、奥田瑛二、堺正章、
司馬遼太郎、永島敏行、佐藤浩市/
●陽の水/女
・小池百合子、山田邦子、宮沢りえ、川島なお美、
広末涼子、沢尻エリカ、栗原小巻、森光子、
乙羽信子、由紀さおり、さくらももこ
●陰の水/男
・王監督、桑田佳祐、明石家さんま、稲川淳二、
松平健、三浦友和、野坂昭如、立川談志、
畑正憲、吉田茂、田村高廣、三国連太郎/
●陰の水/女
・泉ピン子、樹木希林、寺島しのぶ、宮崎あおい、
山本リンダ、加賀まりこ、夏目雅子、神田うの、
浅田真央、キム・ヨナ

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月21日
「 マスク 」

マスクを付け始めて1年が経った。
マスクをしていると初対面の人の顔が覚えづらい。
何度も会ったことのある人でさえ、
マスクをしていると相手に気づかず、
挨拶をしそぶれたりする。
マスクをするだけで顔のイメージが
記憶から薄れるものなんだ、
と新しい体験は新しい発見を導いてくれる。
マスクをしていると男女の関係も進展が滞るのでは、
とも考えたりする。
話は医学から離れるが、
マスクは鼻先から下の顔を隠し、
口元や顎の美を人目にさらすことがなくなる。
女性は口紅も付けられないのかと気づいたりもした。
お洒落さんのためにも、
マスクのいらない社会が早く戻って来て欲しい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月20日
「 小倉井筒屋 」

小倉井筒屋の新館の裏出口側の外壁面に、
小倉の昭和20年代から30年にかけての
懐かしい街並みや紫川の不法建築のなどの写真を
今、展示している。
ヘドロが川底に溜まって異臭を放っていた
紫川に手漕ぎボートが30分間で
100円だった時期があり、乗ったことを思い出す。
臭くて、男2人で、なんと言う光景を演じたのだろう。
笑える。
懐かしくも賑わいを見せていた小倉の街。
今は北九州市が閑散としているも、
井筒屋があるからまだ街と言えるのだろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月19日
「 比肩や劫財が3つ以上ある人 」

命式に比肩や劫財が3つ以上ある人は、
金融や流通関係の仕事は良くない。
技術職や資格を必要とする仕事で、
知的、頭脳的な仕事が良く、
運気があがってくる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月18日
「 申寅 」

命式に12支の申寅を持つ人は車関係
例えば、運転手、車の修理技術、営業販売などの
仕事に就くか、車や機械物に趣味を持つと、
運気が良くなる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月17日
「 命式による 」

夫婦で辰巳戌亥が
命式に揃っていると別れやすく、
トラブルも多くなる。(夫婦に限らず)
卯酉が命式にある人は足腰の痛み、
又は目の病気に注意。
巳亥が命式にある人、
朝と夜で言うことが変わる。
また物事が決着が着くまで、行動をとる。
つまり諦めが悪い。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月16日
「 占いの好きな人 」

占いの好きな人が最も多く持つ通変星は
偏印と言われる。(僕はないが)
医者が持っていることは多い。
また芸能人や音楽家、お笑い芸人にも多い。
普通の分野よりも違った分野での活躍が目立つ。
印綬の幅広い知識ではなく、
新しいものを生み出すユニークさが特徴的。
水商売、風俗、アダルト女優が女性ならば多い。
自由気まま、束縛を嫌う、流れ者、根無し草、
転居、仕事が変わりやすい、生活が不安定、浮雲、
大衆向けのクリエイター、
東大生の8割はこの偏印を持っていると言われる。
都会嗜好で田舎が辛い。
参考までに、これに十二運の沐浴があり、
冠帯があり、あと死があると、
酒と博打で身を滅ばす人となりやすい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月15日
「 五行の自然界での意味 」

五行のそれぞれが
自然界で意味するものを改めて理解しょう。
木は広い意味ではこの地球上のすべての生命。
人も草も魚もミミズも海も河も山も畑もウシも馬も
精子も卵子も海草も血も内臓も細菌も。
狭義では草や木をさす。
火は太陽。土は大地。
水は大地を潤す雨。
金は太陽が海を照らして上昇する水蒸気と風。
金は雲でもあるから雨(水)をうむ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月14日
「 帝王切開 」

帝王切開という言葉は
昔、王様、王室の子供が強く、激しく勇ましく
生きることに願いを込めて、
生年月日を暦で選び、その日に誕生させた。
切開が多くなり、帝王は切開して産まれる。
つまり帝王切開は王様、王室の習わしであった
故に、その言葉が定着したという。
産むは、有無(うむ)こと。
それは帝王切開そのものを指した。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月13日
「 考えて採用 」

豚カツ屋に行って
体格の良い女性の店員さんが揃っていると、
ある意味、安心感を頂ける。
これが蕎麦屋さんで
細身の女性の店員さんが活躍していると、
これも絵になり、風情があると安心をする。
働いている人が客に雰囲気や味覚を与えるから、
オーナーさんは考えて採用をしているんだな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月12日
「 強い自衛隊 」

沖縄県の尖閣諸島において
中国からの不法行為、
不法侵入において自衛隊員の安全性が
脅かされた際には、
中国軍に対する発砲が許可された。
沖縄県を含めた日本を守るために、
当然しかるべき防衛行為である。
平和を守るために強い自衛隊であって欲しい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月11日
「 直線--陰陽の金 」

直線を走らせたら速いのが日干が陰陽の金の人。
カーブのある走りは苦手になる。
つまり決め事の早いのが金の特性。
交際においても、好きになったら早いもので、
結婚気分になり夫婦茶碗を買い込んで来るから、
相手はペースに付いていけずに結果、芋を引く。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月10日
「 大運が偏印の時 」

大運が偏印の時、命式に財星がない男性は、
女性により救われる。
女性は歳上の男性により救われる。
女性には財星は父の星と診る。
父親と同じくらいの歳上が良く、
決して歳下の男性は凶となる。
偏印の強い女性、
大運が偏印の時の救済法としての異性論だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月9日
「 凶星が吉星に 」

正官が命式に例えば3つある女性は、
大運が傷官の時期が婚期として吉となる。
食神が命式に3つ以上あり男女共に、
大運が偏印の時期が婚期として吉となる。
何にしろバランスが大切だ。
推命学は凶星が吉星となる場合が解れば、
上級者だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月8日
「 コンビニ 」

コンビニエンスストアでセルフでの料金支払いが始まる。
人件費節約をしたいのと、アルバイトが集まらないことから
導入が早まる店がある。
はっきり言うと、そんなコンビニには行きたくないし、
買いたくもならない。
店員さんがいるからコンビニでも我慢が出来る。
だから買っている人が沢山いるはずだ。
僕もその一人。
距離が遠くなっても、
店員さんのいるコンビニに行きたい、僕は。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月7日
「 頑張れ食文化 」

人が遊んでいる時に働く仕事は割りに合わない。
いわゆる、水商売と言われる類いの仕事は、
収入が堅気の人の2倍あって当然であるはずだ。
これが鉄則と戦後の飲食店のオーナーは、
従業員にハッパをかけていた。
つまり、水商売の道に入ったなら覚悟せよ。
人の倍働いて人の倍以上の稼ぎがないと割りに合わない。
励ましでもあり、覚悟せよの戒律でもあった。
正月から働いて、晦日に大掃除をして、
一日中仕込みに追われて、朝から晩まで働いて働いた。
飲食店は大衆の楽しみ、娯楽文化、
食文化の頂点に位置しているべき業種だ。
サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ、
と植木等が唄っていた。
やはり社長は大変だし、使われる方が楽。
飲食店を舐めたらアカンし、舐められてもアカン。
頑張って食文化を支えて欲しい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月6日
「 運も実力のうち 」

例えば新卒で10人の看護師が、
某総合病院に採用されたとする。
採用されるかされないかで、
まず運気が一人ひとりに働いた。
仮に応募者が100人いたとすると。
さて、次はどこの部所(何科)に、
誰がどう配属されるかだ。
ここでも運気が働いて、
あちらこちらへと配属先が決まる。
例え本人が、強い意向を病院側に伝えたとしても
通るか、通らないかは時の運。
運も実力のうち、と昔の人はよく言ったもんだ。
運の弱いときには、一見良さそうでも、実は良くない。
強いときは、ひどい結果だ、と嘆いたとしても
実はそれが幸いして、その後の人生に役立ったりする。
結婚が最も良かった、悪かったの結果を表すもので、
これが仕事にも、子供にも、親孝行にも、
生活の豊かさにも、健康にも影響を与える。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月5日
「 財星(父親)の働き方 」

生年月日が同じ人(例えば女性と女性)を診ると、
似たような人生を送っている。
どこが違うかと言うと、
父親の影響で、男性の好みが変わる。
仕事に対する捉え方が変わる。
結婚をする時期が父親の影響で変る。
つまり財星(父親)の働き方で、人生の歩み方が変わる。
が、財星が男性の歳上となるか、
歳下となりかは生まれ持った性欲とも関係し、
これは母より受け継ぐ。
逆もまた真なりで、歳下の夫を持つと子供が産まれにくく、
歳上の夫を持つと性欲は満たされる人生となる。
推命学にも様々な考察が必要な場合があり、
これに長けた占術者が一流である。
これは数多くの実践を積むと培われてくる。
通常は、神殺星や十二運や変通星、
空亡などに振り回されてしまい、
五行による推命学まで習得できないまま終わってしまう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月4日
「 財運の強い人 」

財運の強い人の人生は忙しく、
歳をとるにつれて身内の介護に追われる。
特に女性は自分の時間がない、
少ないと嘆くことしきり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月3日
「 戊、己、つまり日干が土の人 」

戊、己、つまり日干が土の人は、
命式に土の干が多いと丙(火)を吸収するが、
命式に火が多くある人は丙の年は辛い。
日干が土の人で命式に火が多くあると色黒となる。
土の人は消化器系に特色あるので、
臭いものにうるさい。
匂いフェチ多し。
好きな人が1週間着た衣服でも平気に大切にして、
なかなか洗濯をしないで遊び道具にする。
日本人が世界一、清潔なのは土のある人が多く、
だから農耕民族でもあり、匂いにうるさく、
トイレは綺麗だし、芳香剤を買いたがる。
タバコの匂いにうるさいが、
昔は旦那様はタバコを吸いなさっても、
ひたすら周りは我慢したんだ。
それが高じて、
タバコ慣れした子供がまたタバコを吸った。
肺がんより胃がん大国だった日本。
胃にくるストレスで胃潰瘍、胃拡張、
それが胃がんに進転した。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月2日
「 陽の土、陰の土 」

陽の土、戊(つちのえ)の男女共に、
山師的な人が多い。
対する陰の土、己(つちのと)の男女共に
コツコツ努力型の男女が多い。
戊の女性は愛より金が好きな人多し。
金色夜叉ですかな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年3月1日
「 男の喋りは日本男子の恥だ 」

食事は黙って静かに食べるもの。
喋りながらなんて行儀が悪い。
そうではなかったのか。
ペチャクチャ喋ったり、クタャクチャ
音を立てて食べるのはみっともない。
だったのでは。
我々日本人は静かに過ごす国民だ。
うるさい国民と違うはずだ。
黙食が当たり前。
さっと食べて、さっと店を出る。
これがマナーだ。
男の喋りは日本男子の恥だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月28日
「 縁は簡単に切っちゃあダメ 」

よく復縁出来るか?と言う話を聞かされるが、
まず無理です、と答える。
切れた幹は自力でしか生えてこない。
だから縁は簡単に切っちゃあダメだ。
切れるときは自然に切れる。
無理には復縁出来ない。
復縁したように見えてもまた離れる。
それを繰り返す。
他人との縁はそんなもの。
適度な隙間がないと、互いに傷つけあってしまう。
ガチガチは好ましくない関係だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月27日
「 新月の時 」

新月の時に伐採した木や野菜は、
腐りにくいと言われる。
新月とは新しい月(闇夜の心月、神月、新月)で、
満月から新月に○が欠けて向かう時期、
人間は食べても肥りにくいと。
新月から満月に向かう時期は、
食べ過ぎると肥えやすいと言われるが。
魚は新月の大潮の満潮時から下り、
干潮時に向けての時が魚の喰いがよく、
大漁になる。
ただし、これは北九州の海岸でのデーターだが。
参考までに魚がまるで釣れない時は坊主と言う。
狙いが外れて釣れた魚は外道と言う。
鯛狙いでマグロが釣れてもかな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月26日
「 推命学 」

推命学を勉強されている方が増えているようだ。
五行に始まり、五行に帰る。
確かに暗記するものではなく、
五行を理解さえすれば実にシンプルな、
と感じることが出来るだろう。
天干を父、干支を己、臟干を母とする。
天命、人命、地命となる。
神殺を使うと当たらなくなる。
羊刃は当たる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月25日
「 23−17=6 」

23−17=6
24時間標示も、
午前午後の12時間標示にしても6は定数になってくる。
午前11時−5時=6時間
この6こそが五臓六腑の六を意味している。
つまり対角線は陰陽を表し、天地を意味し、
180度は善悪が互いに変わる立場を意味している。
臓器を動かす、休ませるのは、
六腑の定められた刻により支配されている。
肺が休む時間にタバコはよろしくない、となる。
7時から9時が胃の働きが活発になるから、
その間の8時に朝飯をするのが良い。
それをすると臓器の狂った刻による働きが
正常になるから。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月24日
「 子の刻から亥の刻 」

1日は24時間だが、刻であらわすと12の刻になる。
子の刻から亥の刻の12だ。
刻は刻であり、支ではない。
これは午前と午後に分けられている。
潮の満潮時、干潮時を表す刻であり、
西流れ、東流れを刻で知るためにつかう。
推命学で時柱を使い始めたのは、
ずっと後のことで、年、月、日で当たるから、
時間を入れてみた。
が、刻には干支の干がない。
干をあてて作ってしまったが、逆に当たらなくなり、
四柱推命学が算命学にばかにされた。
母親の身体と胎児(子)の生命力が
もっとも強くなった接点時(刻)にお産が始まる。
四柱推命学は原点回帰で「推命学」または「命学」、
「運気学」が正しい名称として、
今後は伝えるべきであろう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月23日
「 五臓六腑 」

東洋哲学(東洋医学、推命学)の陰陽五行は
木、火、土、金、水から生(な)る。
東洋医学で使う五臓六腑の五臓は五行とイコールである。
なら六腑とは? 季節を表す12支(えと)を表している。
五臓を支える母の生命力が六腑あると解釈する。
六は1年間の12ヶ月のエネルギーが
六つの五行の流れにそって、変化していくことと、
同意同様を意味している。
子と丑は繋がっているのが解れば、納得いくはず。
寅と卯は繋がっている。
つまり12支は役は六腑となる。
六腑は五臓を補い助けられ、
また剋すこともあり、の関係である。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月22日
「 陰土と陽水 」

先日、高3の男の子が来た。
対人関係がうまく行かない。
どの様な職業がむているか?の相談。
回答は〜家を早く出ること。
適職はHONDAの車の整備士。
彼は傷官が強く、母親と不仲。
母親は津浪のような陽水。
彼は陰土で津波に流されて自分を守れない。
母親とは縁薄くして難去る。
傷官の言葉の選び方は原稿書きをして改善できる。
車の修理をすることが傷官の天命だから、
整備の技術力の高いHONDA車が向く。
沐浴は感謝されること、
奥の深い知識を生かす仕事をして、
人に喜ばれることで生き甲斐を得る。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月21日
「 天動説と地動説 」

賢い人間と愚かな人間の違いは何か?
天動説思考をする人と、地動説思考をする人の違いだ、
ひと言で云うなら。
このコペルニクス転回が出来ると
推命学はシンプルな学問となる。
そして方位学が当たらないことが理解できる。
つまり空亡や天沖殺、大殺界が
天動説思考であることに気付く。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月20日
「 カレー仙人高野のブログ 」

カレー仙人高野のブログを書き始めて
10年から12年になるようだ。
毎日一つひとつではなく、まとめて何本か書いている。
もうひとつ、おい街アクトの原稿を
昨年の2月10日あたりから書き始めた。
やっと1年だ。こちらは映画、音楽、ほか食などの記事。
映画記事を書くために、年間約450〜550作品のDVDを
レンタルで観ている。
1日に多い時は5本も観てしまう。
1作品を平均3回観ることもあるし、
10回以上観ることもある。
音楽にしろ毎日聞き続けている。
これが習慣になってしまうのは、
果たして良いやら悪いやらは解らない。
推命学も毎日しているから、テレビが家にはない。
テレビを見なくなって何十年かな。
結果、ビデオのレンタル店に対する不満はつのるばかり。
おい街時代より書く原稿は増えている、笑えるな。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月19日
「 陽の土 」

Mさんは陽の土の生まれ。
あの方の父親が早稲田大学出身で政財界に力があった。
父親の七光りで政治家になれた。
まあ昔から金子と牝子が好きで、
北九州まで話は流れ着いていた。
プライドの高い頑固者で、
あの歳であの役になれたのはAさんの計らいから。
金になるし利権が得られるから。
あんなタイプの政治家が沢山いることが
日本の悲劇的資本主義を支えている。
与党がキレイになると野党も浄化されるだろうが。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月18日
「 教師 」

教師、教員と教え子、生徒との間に起こる
「心の風」は、昔、昔、その昔から起きていたことが、
分かっているがマスコミは今さらのように報道する。
高校では、女子が先生に憧れて
行動を起こすことがかなり多い。
歳上の男性に憧れる御年頃なのだ。
考えてみたら、僕の中学時代に先生が
女子生徒の名札を触っていた。
ありゃ胸も触れとるど。僕はそう思った。
先生とやらんかったら他の男としとる。
いや生徒同士でしとる。人による。生徒も先公もだ。
父親を嫌うと、他の歳上男性を憧れてしまう。
嫌われたくない先生が増えたし。
嫌われるは怖がられでもあるが、
先生らしい振る舞いをしたら
体罰として訴えられるし。
馬鹿にされる先生にはなりたくないし。
これでは教師、特に小、中、高のすべての
成り手が少なくなるのも解る。
躾を親がしない?社会がするのか?
いや新興宗教がしている時代かも。
バカらしいアニメやタレントが
新興宗教に取っ手変わっているかな?

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月17日
「 才能と運の強さ 」

ロックにしろ、ジャズにしろ50年以上、
作曲をして、演奏家であり、
ヴォーカリストとして活動する人達は、
選ばれたアーティストなんだろう。
ボブ・ディラン、ブライアン・ウイルソン、
ヴァン・モリソン、他にもいるいる。
現役を永く一線でやるのは才能と運の強さがいる。
頑張らんといけない。
推命学を。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月16日
「 ベートーベンは水の陰 」

ベートーベンの生年月日は今では判らない。
ベートーベンの聴覚の話を聞くと、
水の陰と思われる。
陰水は癸(みずのと)難聴になりやすい。
いきなりヘッドホーンを
子供に驚かそうとしたりすると、難聴になる。
ヘッドホーンにしろイヤホーンは
水の人には特に良くない。
悪いものを発明するのも人間。
ベートーベンは和音の作り方が下手と評される。
バッハからさらに進化させたから、
バッハ好きからは酷評される。
水の人独特の曲なら「月光」「悲愴」は
ベートーベンの夜の思考、感情だ。
昼間は交響曲六番「田園」で、
昼間に作られた曲と感じられる。
バッハはそれまでの音楽を作り直したから、凄い。
数学的、音の中に黄金比が組み立てられているほど。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月15日
「 陰の金は辛 」

陰の金は辛(かのと)で指輪と例える。
見た目はいい。
内は辛くなる。
例えばこんな人達。
会田雄次、武田鉄矢、竹脇無我、吉永小百合、沢田研二、
水谷豊、黛ジュン、山田洋次、水前寺清子、五月みどり、
三浦朱門、角川春樹、池田大作、平幹次郎、八千草薫、
岸本加代子、由美かおる、田村正和、つかこうへい、
牛島治郎、泉雅子、鰐淵晴子、鳩山元首相、
小泉元首相、(アイドル系は実に多い)、ほか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月14日
「 陰の火は丁 」

陰の火は丁(ひのと)火で夜の火。
個性が強く目立つが複雑。
こんな人逹だ。
岡本太郎、原田芳雄、黒沢明、松山善三、松田聖子、
中野良子、芥川也寸志、西川きよし、寺尾聡、
青江三奈、山口洋子、矢沢永吉、井上陽水、タモリ、
黒柳徹子、小川真由美、五味康祐、岡田茉莉子、
楠田枝里子、原田美枝子、夏樹静子、半村良、
山崎豊子、小川知子、手塚治虫、大江健三郎、
高橋克彦、松方弘樹、加藤剛、松坂慶子、渡辺美佐子、
石森章太郎、吉行和子、Mr.SAIKA、アラン・ドロン、
ロバート・デ・ニーロ、スタンリー・キューブリック、
ショーン・ペン、ロジャー・マッギン、
ギドン・クレーメル、グリモー、カレー仙人、ほか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月10日
「 戦後生まれ 」

戦後生まれが知る、お笑いインチキ沙汰イロハ。
アメリカ製の鉛筆ど〜。
鉛筆に印刷されたmade in USA。
これは実は宇佐で作られた鉛筆。
宇佐も怪しいが。
時計はスイス製が一番いい、
の時代に出回った、偽スイス製。
純金は実はメッキ。
これを天婦羅商法と言っていた。
山口に行くと1日で自動車免許が取れた時代があった。
これを山口免許と俗称していた。
運転が下手で事故をよく起こしていた。
ミス○○コンテストでは、
近頃は本物のミスがおらん!
(つまりバージンでないならミスではなくて
ミセスの解釈が通用した時代)  

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月9日
「 日本語は難しい 」

ベトナムからの留学生が、日本語は難しいと言う。
ベトナムにも昔は漢語が伝わっていたのだが、
チャイナを否定して漢語は無くなった。
「はし」にも箸、端、橋、波子、土師、
波紫、枦、梯とある。
だからアクセントと漢字を覚えないと、
日本語がマスターしたことにはならない。
さらに「二度漬けした漬物はくさい」を
「二度漬けした漬物は臭い」と
「二度漬けした漬物白菜」のどちらかが判らない。
日本人でも「は、くさい」と
「はくさい(白菜)」を勘違いするくらいだから、
日本語は難しく、深いし広い。
日本語を大切に残さないと、
日本の文化は擦れていく。
ネットでのアルファベットの略は、やめて欲しい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月8日
「 長生はマスオさんタイプ」

夫婦仲がよろしくないと
互いに夫と妻も嫌気がさしている。
この二人に十二運の長生があると、
互いが相手が離婚話をしてくるのを待つ形になる。
だから離婚に至るまでに時間(年月)がかかり、
別れるのに10年以上もかかることがある。
長生は社長より副社長がいいと思うし、
昇進を断ることもある。
マスオ、マスコさんタイプだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月7日
「 先天運に偏印を持つ人 」

推命学で偏印を母の母、父の母として診る。
先天運にこの偏印を持つ人が、
男女共に近年は減ってきた。
核化がすっかり定着したことから、
生まれてくる赤子の命式までが変わってきた。
これは本人には良いこと。
偏印が多いと、女性は難産になるし、
自身も病弱になるからだ。
時代に添って人の生き方も変わるということだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月6日
「 肌色 」

肌色と言う言葉がなくなると。
土色は? 群青色とは? 桜色から桃色に小麦色と。
土留め色は?空色と、戦後の言葉はわかりやすかった。
色白は七難隠すが、
小麦色は性欲の強い女性と大人から教わった、昔は。
色白の女性は金気が強いと診るのが推命学なり。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月5日
「 芸能界は陰陽ともに金の人が多い 」

芸能界には陰陽ともに金の人が多い。
だから金対金でぶつかるし、金が大好き。
SMAPにも金が3人いたかな。
沢田に萩原も陰の金。
陰の金は外面はいい。
が、内面良くない。
武田鉄矢、吉永小百合も陰の金。
外面勝負の芸能界。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月4日
「 政治家 」

政治家に向いていない人、向いている人。
この場合の判定は、実は難しい。
悪いやつほど金を使って当選してしまうことがあるからだ。
知名度があり好感度の高い人以外は、
金を使わないと、また組織票がないと難しい。
組織票は金で買える、と考えて間違いない。
今の菅さんは、自己表現が出来ない。
自民党の組織の為には頑張れるが、
リーダーシップはないですね。
裏方で親分が誰かは知らないが、
その人のため、組織のために頑張れる。
これが国、国民のためになっていないところが、
今の自民党の悪い体質がそうさせている。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月3日
「 栃ノ海 」

歴代の元横綱で最も長寿であり、
現役時は、技とスピードと繊細な思考と粘り強さで、
戦後の相撲界で特異な横綱を張った栃ノ海が
1月29日に死去された。
大鵬との幕内対戦成績は6勝17敗。
大きな大鵬に食らい付いて勝とうとする気迫は、
日本人の魂に感動を与えた。
身長は173〜171センチだったと思われる。
「相撲が巧い、速い、渋とい、
自分の相撲の型をもっていた」と、
ライバルであった大鵬、柏戸、佐田の山らは、
栃ノ海を評している青森県出身て本名は花田。
栃錦のライバル若乃花と出身地、名前が同じこともあり、
若乃花からは苛められたらしい。
小兵としての存在感は
敵をも引き付ける魅力があったのだろう。
引退を発表した夜から丸二日間眠ったそうで、
横綱のプレッシャーから解放された心境を語っていた。
名横綱、栃ノ海の御冥福を御祈り致します。
満月の夜に亡くなるのは、
宇宙と一体化している生命体であると言われる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月2日
「 特殊部隊 」

自衛隊に所謂、特殊部隊にあたるような
自衛隊員がようやく育ったと言われる。
尖閣諸島から沖縄までが自分達のものだ、
と狙う中国から日本を守るために、
アメリカと合同訓練を始めているようだ。
グローバル化が日本でさらに進むと
移民、貧困、犯罪、テロの問題に直面することになる。
強い特殊部隊的な隊員が日本にも必要だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年2月1日
「 偏印は偏業 」

偏印は偏業で人気運を指したり、
副業や芸人、芸術家をも意味する。
と言うことは、
異性にモテるであろうと美男美女を連想させる。
この解釈は正しくもあり、間違いでもある。
正しくは、陰干に対して陰干の関係と陽干に対して
陽干の関係にあるので、
何の五行で何月生まれかを考えると
偏印にあたる五行を喜ぶか忌むかが解る。
例を出そう。
陰の木に陰の水は吉となりやすい。
陽の木に陽の水は凶になる。
結果、陰の木で偏印を持つと美しい男女となる。
但し、年か月の柱に1つを良しとする。
さあ、こうして他の五行も解いていくと、
五行で診る推命学はシンプルで的確にあたる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月31日
「 誕生日が正しいならば 」

公表している誕生日が正しいならば、
グラビアアイドルからAV女優まで、
どうしてその道を選んだのかは解るし、
性格(本質的な気性)までも察することが出来る。
例えば、壇蜜さんかな。
男性的な性格で白か黒の人。
今が人生におけるケジメをつける時期です。
てな感じで。金の陽の人だから、
色白で思いっきりがいい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月30日
「 大当り、ハズレ、大外れ 」

高校時代に付き合いが始まったカップルが、
若くして結婚することがある。
これはまず同じ年に生まれたことが、
小さな縁になっているからだ。
鑑定で調べていくと多いのが、生日の干が同種。
二人共に陽の木であったり、
陰の木と陽の木であることが実に多い。
こういった二人はどうなっているか?
同じ五行の男女は異性として互いに感じなくなり、
セックスレスになる。
結果、早かれ遅かれ離婚か、
不倫を男女共にして行う結果、
やはり離婚となることが非常に多い。
頭から年下の女性を選んだ昔の見合い結婚は、
生年の干支が違うだけに、
日干日支が作用して、好きか嫌いかを人は判断している。
つまり大当りもあるし、ハズレ、大外れもある。
よくぞ我慢したのは戦前派。
戦後は我慢したいですが、しないです。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月29日
「 プライドも正義感もない 」

政治家からスポーツ選手、タレントと、
性格から欲の深さ、向き不向き(特に政治家)がよく解る。
まあ新聞は書けるプライドも正義感もないから、
国民がダメになる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月28日
「 医学はすべて五行のバランス 」

夏の海と冬の海の違いがあるように、
生日干が陰陽の水の人の身体の暖かさは
どうなっているか?
夏の海は海底に近いほど冷たい。
冬の海は海底に近いほど温かい。
日干が水の人は寒い季節には身体の中が温かく、
暑い季節には身体の中が冷たくなり
バランスをとっている。
人間の身体の約70%が水であるから、
海のように、また地下水のように
外気の温度に対して陰陽でバランスをとっている。
足が冷えるのは、水が下にさがる故に。
水と火は相反するが、水が多いと火も強くなろうとする。
水が弱いのに火が強すぎると血圧が上がる。
尿の出が良いのは心臓も働きが良い。
医学はすべて相対であり、
五行のバランスからの視点で捉えないと誤診になる。
身体の全体から、それぞれの臓器を理解しないと、
医者は誤診をする。
内科の看板を出している医者が
医学の伝統的な継承を果たしているのだが、
最近は力が弱くなってきたのも
数値と薬に頼りすぎるからか。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月27日
「 本音を言わないのが政治家 」

本音を言わないのが政治家
つまり建前で発言しないとならないのが、
日本の政治家の「良識」となった。
野党は野党としての建前を
本音らしく発言するから駄目なんだ。
しかし80歳を過ぎた政治家は、
単なる頑固ジジイにしかならないであろうし、
予知できる感性や発想はないですね。
誰? ○○さんよ。
貴方は、あっそう!と答えるでしょうね。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月26日
「 営業時間短縮のお知らせ 」

福岡県からの要請により、
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、
営業時間を次のとおり短縮します。
実施期間1月16日から2月7日
短縮後の営業時間 11時から19時

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月25日
「 高見盛のパフォーマンス 」

相撲取りの高見盛のパフォーマンスを知っている人に。
高見盛は沐浴を持っているから、
芸人のように観客を喜ばせるのが得意な訳だ。
盛り上がると気合いが入る性格だから、
あれでいいんですよ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月24日
「 先天運に官星がない女性 」

先天運に官星が年か月にない女性は、
子供が出来にくい。
大運か年運で官星が来たときは、
産まれやすい躰に なっている。
官星がないと帝王切開になりやすかったり、
お産が重たくなる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月23日
「 運命はある 」

運命があるから人は生きていける。
痛々しい傷がいつしか美しい傷痕となる。
運命がないとするなら、
此の世は地獄に見立てるしかなかろう。
人生がすべて偶然であるとしたら、
これほど怖い世界はなかろうに。
運気学は知恵であり、癒し、救いがある。
そんなものがない占術は存在の意味を成さない。
救いのない医学は悪魔と言える。
救いのない政治家は地獄の黙示録を観ているようだ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月22日
「 今は寒の土用の真っ只中 」

今は寒の土用の真っ只中。
節分が明けると季節は暦の上では春になる。
土用が良い人と良くない人に分かれる。
良くない人は体を壊しやすい。
貴方の生まれた月と日にちで解ります。
科学的?いや、自然化学的、物凄く!!
免疫力=スタミナか? 運動神経か? 答えはNOです。
快眠しているが1番で、明るく仕事の出来るが大切。
風呂好きも日本人らしくていいです。
冬は野菜、果物は控え目に。
意地の悪い人は素直になりたいね。
多少は加減がいいと、丁度いい。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月21日
「 陽の金の動き、性格 」

陽の金の動き、性格を知るのには、
スポーツ選手をじっくり観察するとよく解る。
代表的な相撲力士は北の富士。
卓球の福原愛。
野球選手はピッチャーの江夏豊。
ゴルファーの石川遼。
特徴は、出鼻を挫かれると逆転が出来ないで、
そのまま負けてしまう。
動きが小回りが利かずに、直線的なら速い、強い。
今の相撲界は小兵の業師がいないので、
個性がなく面白味がない。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月20日
「 真実を報道する熱意がない新聞 」

朝日、読売、毎日、そして西日本。
北九州市ではこの四紙から、
新聞を読むなら選べる。
最近は飲食店や喫茶店で
新聞をとっているところが少ない。
それでも街中にある店には
新聞が客のために用意されている。
西日本新聞が増えてきた。
以前は毎日を取っていたが、
地元の記事が少ないから、と
西日本新聞に変えたところが多い。
ネットでは地元以外の記事がすぐに見られるから、
どうしても地域優先で新聞を選ぶと
西日本新聞がいいとなるそうだ。
確かにまだ三大新聞。
ではあるが、真意に乏しかったり、
正しくない報道が記事になったり、
もう昔のイデオロギーの時代の記者と、
今の記者とは明らかに違う。
真実を報道する熱意がまるでない
だから新聞はつまらない。
ネットのニュースも下らない。
journalismがない。
スポーツ、芸能誌の記者が書いた記事が品を下げている。
色気と御笑い、噂話、誹謗中傷的な活字はもう結構です。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月19日
「 日干が陰陽の金  」

日干が陰陽の金の男女ともに、長湯が苦手だ。
金属はすぐ熱くなり、真っ赤になる。
熱の伝導率が早いから、いか仕方ないが、
ぬるま湯にならば長く入れるはず。
女性は子宮が温まることが大切。
セックスが要になる。
低体温になると、金の人は鬱になりやすい。
また癌が出来やすい。
生れつき体が酸化しているからだ。
体温が上がると癌は消える。
体温が高い人は癌細胞を消してしまう。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月18日
「 低体温  」

コロナに感染する、しないは、
運気と関係があるか?
占いで解るのか?
運気の悪い人は確かに感染しています。
体を壊しやすい年運があり、
そんな年には病気になるように、
感染もしやすくなります。
低体温、睡眠不足、不摂生、過労気味になると、
体温が下がっています。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月17日
「 お餅を焼く 」

お餅を焼くと膨れてふくれて、破れてしまう。
破れた餅を熱いうちに食べると、まだ美味い。
冷めきると、不味くはなかろうが食べる気が失せる。
これが人間で言うと、
フテクサレルた奴(男も女も)で可愛いげがない。
失恋を重ねると人間も餅のように破れてしまい、
可愛いげが無くなり、単なるフテクサレになる。
「不貞腐れ」とも書く。
丸くて柔らかい餅は好かれるばかり。
崩れた硬い焼いて冷めた餅は、フテクサレなり。
焼きもちを焼きすぎると男女とも、その後は醜い。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月16日
「 沐浴は躍りが上手い 」

小学生の時に運動会で男女が踊る、
フォークダンスがある。
オクラホマミキサーが一般的だ。
これを実に上手にリードして踊る女の子がいた。
その積極的な意識は話題にもなり、
しかも学校一の美人であったから、
噂となる女の子であった。
まるでスターのようだ!と。
この子はM学園の中学に進学し、
成績も顔もスタイルもピカ一だった。
この子があんなに踊りを上手にリードしてやるには、
踊りを習っていたのでは、と言う噂もあったが、
そうではなく実は沐浴を持っていたし、
偏官も1つ持っていたからだ。
これはその後に解ったことだが。
沐浴とはそんな風に、
子供の頃は躍りが天性的に上手いし、
あか抜けた容姿でもある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月15日
「 今年の運気しだい 」

進学塾なんて、
まともそうで実はいい加減なところだ。
キツい思いをするのは塾に通う生徒と、
高い授業料を払う親。
「努力は実る」などと、絶対ではないが、
真実そうな言葉で落ちる人も通る人も
その気にさせてしまう。
第一志望校に受かる人と落ちる人は、
運気で決まっているのに、
いい加減なことを信じこませている。
落ちたら、運が悪かった、
ツキがなかったからな、と言う。
実はそれは、
最初から運がない人にもテストの結果として言う。
テストのでなく、
今年の運気が悪いのに。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月14日
「 どっちが良いか判る訳ない 」

仲が良い(親友に近い)男二人が、
偶然にも一人の女性を気に入った。
青年は互いに譲れず、
女性に選んでもらうことで話は決まった。
同時に3人で会うのではなく、
夜の7時から二時間に一人と。
9時から二時間にもう一人と会ってもらい、
彼女に選ばせる、というやり方で、

恨みっこなしにしょうとした。
じゃん拳で勝った方が、
最初か後からかを選べる。
貴方なら最初に会うか、後からに会うか?
後から会った方が彼女をお持ち帰り出来るかも知れない。
いや、最初に会った方が
お持ちかえりすれば彼女を行かせないことも出来る。
結果は、女性が最初の男を選んだ。
二者選択は嫌いだったからだ。
最初の男で手をうったのだ。
すっぽかされた男は、彼女の女心が読めずに、
ひたすら親友を恨んだ。
最初の男は、酷なことをすることを
彼女が嫌がっていると感じ、
行かないでいいと諭した。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月13日
「 別れ言葉 」

解ったような別れ言葉をいう人がいる。
大学生同士で付き合っているカップル。
男は1週間前にガールズバーに行き、
幸せそうではないが魅力的な
スレた女性に心を揺さぶられた。
で、今付き合っている彼女に、
大学生て社会的にお子様だよね。
大人になるためには、
やはり社会人の女性と付き合いしたい。
いや、そんな女性と知り合って、
大人だな〜と自分が惨めに感じたんだ。
だから付き合いをやめよう。
こう言って彼女との別れ言葉にした。
大学生の彼女は納得せざるを得なかった。
そんな話だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月12日
「 愛情表現 」

付き合いをしている相手から、
「私(僕)のこと、どう思っているの?」
と聞かれる人は、
愛情表現が足りない(又は下手)人だ。
推命学で言う漏星(創星)がない人は、必ずこうなる。
好きだから会っている、付き合っている、
と答えることになる。
口先だけで、そういう人は、
実は好きという実感が沸かない人。
又は、付き合いを面倒だと思っている人は、
そんな表現をする。
面倒だ?それは好きではないのです。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月11日
「 地方の花がいい 」

今から40年以上も前の話しになる。
テレビ、芸人、映画、俳優、音楽、歌手、
華やかな世界が東京にはあり、
そこに住む人達もあか抜けていて、
テレビのドラマの世界が東京にはあるのだと、
思っていた。
この偏見はまさに正解でもあったし、
間違いっぽくもあった。
正解。
東京の若い女の子は垢抜けていた。
間違い。
東京に憧れて上京している地方の人は
ひと山○○円のイモのようであった。
生活レベルの違う雑多な人と街、町で、
イモ同士(田舎者仲間)がやはりくっつく。
都会のイモより地方の花がいいかもね。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月10日
「 政治家も人の子 」

政治家も人の子だから、
不倫もするし、嘘もつくだろう。
そこまで潔癖だったら、
とんでもないことが起こるかもしれない。
ただ、一般人がコロナで
四苦八苦しているのをみると、
政治家はしっかりリーダーシップをとらないと、
何のための税金で飯を喰う政治家なのか?
国民は怒りが押さえきれなくなるのでは、
これが社会における不安となるのが、
僕は不安だ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月9日
「 殺気 」

どんな人間にも、
どこの国民であろうと、
どんな時代にも、
殺気というものがある。
人間が持つ生物、
動物としての野生的な本能として。
この殺気が日本に今、蔓延しているように感じるのは
自分だけだろうか。
現に、惨たらしい事件があちらこちらで起きている。
殺気をどう昇華していけばいいのか?
これが解らない人が、
イデオロギーの薄い時代は増えるのではないだろうか。
殺気を自分に向けるのが結果、自殺になるのだろう。
日本のライバルはどこの国か?
答を見つけている人と、
そうでない人がいる。
だからグローバーリズムは怖い面がある。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月8日
「 婚活は重たい 」

外人と結婚してたが、別れた。
配偶者が病気で亡くなった。
この2つの例外を除き、ほとんどの再婚は、
最初の結婚と同じことの繰り返しになるもの。
だから、結婚運の弱さは繰り返す。
結婚相手でなくパートナーを探しましょう。
婚活やめて、パートナー探し活動に
名称を変える方が良い。
婚活は重たいし苦しい試煉だよ。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月7日
「 推命学での結婚適齢 」

推命学での結婚適齢が
21歳や23歳で終わられる方がいます。
つまり大学に行ったばっかりに結婚できな〜い女性や
男性が以外に多いのですよ。
それが過ぎたら、30代の後半に来る人もいるし、
50代で来る人もいる。
学歴を取るか、結婚を取るか、
シビアに言うならば。
子供を産むなら、20代が理想となるだろうし。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月6日
「 ニヤケている 」

ニヤケている。
ニヤケの意味は、正しくは男がナヨ〜っとすること。
まさに男色で喰っていく、男の仕草を表す。
これがニヤケている、の真意。
沐浴を持つ男性はニヤケが多いが、
なぜか女性受けが良い。
芸能界には、沐浴を持つ男性芸人が溢れている。
昔は、沐浴を持つ人は、旅芸人に娼婦に二号さん、
男は提灯持ち、と相場は決まっていた。
が、今でも芸能界は沐浴花盛りなのだ。
エイタ、アキラ、ヒロシ、ケンジ、シンジ、
オサム、沢山いる。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月5日
「 丑年の今年 」

丑年の今年。
多くなるのが葬祭。
丑年には墓が建つことが多くなる。
昨年、亡くなった方の初盆が今年の夏に行われる。
年運は、こうして読んでいく。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月4日
「 令和三年 」

令和三年。
丑年。
この丑の年には、引っ越しが少ない。
旅行も減る。
色気も薄くなる。
が、健康な子供が産まれやすくなる。
と、まあイロイロ語れるが。
丑年に沐浴少なし、だからである。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月3日
「 婚活パーティー 」

マスクしてまでの婚活パーティー?
普通は行きたくないでしょう。
それでも行きたいのなら、
もっと出会える方法があるでしょうから、
自分なりに考えてみた方が早いと、
普通は思うでしょうに。
世の中にも、参加する人にも
何かしらの問題があるのでは、と考えるが。

(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月2日
「 男命金童に女命玉女 」

男命金童に女命玉女。
玉女はとても良い。
女神や仙女と同類。
金童は、どんな素晴らしい女性と結ばれても、
満足することがない。
女性の欠点が見つかるとバイバイしてしまう。
困ったものだ。
永遠に理想の女性と巡り会えない、
不幸な男性を金童という。
例えは丁の巳に未が絡むと絶品の金童だ。
これはやがては神の世界に閉じ籠るしかない。
恋愛にはまるで向いていない。
佐々木小次郎や宮本武蔵の生き様を
描いてみると解るかな?
金童は初恋が最後の恋となる
切ない世界を背負って生きている。
男は少なからず、この傾向ありとしょうか。


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和3年1月1日
令和 3年 1月1日

あけましておめでとうございます
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆これより前は2020年のブログへ
◆Cafe&占い処タブレット
占い処タブレット

「Cafe&占い処タブレット」
魚町交差点の「みずほ銀行」と「ヤマハ」の間の
中央銀座通りを北へ50メートルの左側。
アクセサリーショップ「Egoist」の2階です。

四柱推命の鑑定を行う占い中心の店となっていますが。
カフェのメニューも充実しています。
ヘルシーなパスタ、カレー、オムレツ、ハンバーグをご賞味ください。
コーヒーは自慢のドリップ仕立て。店内は通好みの音楽など快適にお過ごしいただけます。
カフェのみのご利用も大歓迎です。

◆店舗住所
北九州市小倉北区京町1-5-17 2階
電  話 093-953-6616

◆四柱推命教室 生徒募集
四柱推命教室 生徒募集
・ 月2〜4回
・1回 90分間の個人レッスで分かりやすく指導いたします。
・約1年間で卒業
・入会金10000円
・授業料90分間・・6000円
・受講日時はお相談に応じます。

◆四柱推命の予約受付中
占い処タブレット
人生をより有意義に、意味深いものとする為の
ひとつの手助け、それが四柱推命です
 

四柱推命を30年以上学問として学んでまいりました。
悩むほどのことではない悩みと、  喜ぶべきことでない喜びがあるのも四柱推命によりなんどか体験してきました。
人生は毎日がスタートです。そのスタートのお手伝いをするのが私の役割であり、生涯の仕事とする覚悟です。
 ぜひ一度、お気軽に「占い処タブレット」へお越し下さい。

タウン誌「おいらの街」 元編集長 高野敬市

◆近日公開
占い処タブレット
四柱推命を35年近く実践と理論で学んだ孔孜(こうし)先生の占星実践本が、
近いうちに発行されることが決定!!

阿部泰山、武田考玄の理論に、
約3万人の鑑定経験から得たノウハウを
分かりやすく公開いたします。

◆占い処タブレット・更新情報
  • 2012年10月29日:カレー仙人のブログ再開しました。NEW!
  • 2012年2月中旬:小倉北区京町1-5-17-2階に引越し移転します。
  • 2011年8月24日:タロットのページを更新しました。
  • 2011年2月21日:仙人の好きな店のページを更新しました。
  • 2010年12月22日:「四柱推命」のページをアップしました。
  • 2010年11月17日:「カレー仙人・高野の好きな店」のページをアップしました。
  • 2010年11月13日:「占い処タブレット」で火曜日限定!!学生恋愛タロットディを開催します。
  • 2010年11月11日:「お問い合せ」のページがご利用できます。
  • 2010年11月09日:「占い処タブレット」のページをアップしました。
  • 2010年11月09日:「カレー仙人高野のブログ」にリンクしました。
  • 2010年11月05日:「占い処タブレット」公開しました!よろしくお願い致します。


Copyright (C) tablet All Rights Reserved.