Home人気のブログから
令和2年のブログ

◆ 最近のブログ 令和2年4月30日
「 ネットの時代 」

ネットの時代か?
いや、ネットはいらないと考える人がいる。
ネットがあるから言いたいことを言えると
鬼の首を取ったつもりの人がいる。
週刊誌を売るために
出版社がネットに仕掛けをすることがある。
テレビも視聴率をあげさえすれば
スポンサーが喜ぶから、
訳のわからないコメンテーターを使って
代弁させたりする。
ヤラセに気付かない人が多すぎて混乱する社会。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月29日
「 宦官 続き 」

宦官の続きになるが、
男が金玉を去勢すると寿命が10年のびるとか。
ホルモンの関係から女性のように長生きするのだろう。
中国は人口が多いし、
易姓革命で支配層がよく変わった国だから、
様々なる人体実験的なことをやったことも臆測ができる。
東洋医学はそうして発展したのだろうし、
陰陽五行も学問的発展を成したのだろう。
中国のスポーツ選手は強いが、
どんな訓練をされているのかは謎の謎。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月28日
「 宦官 」

中国には宦官(かんがん)という
(男性器を去勢すること)慣習が
長い歴史の中で行われていた。
中国以外朝鮮などにもみられたが、
日本には取り入れられなかった。
中国は宦官により、
生き延びる策が伝統的な国でもあった。
そもそも馬や獣が多く繁殖していたために、
去勢には抵抗がさほどなかったことが、
人が仕事を得て生きていくための
職業的な立場が宦官として成り立っていた。
宦官は君主に味方する立場の職業として、
雇われて細々とした仕事をしていたと言われる。
コロナはこの宦官のように獣の去勢を当たり前に
行う慣習から派生したものであるかもしれない。
人口が多すぎて、抑制のために
男性を去勢したことも史実であるとさえ言われる。
30%は死に至っていたと言われるのは、
手術らしいものでなかったからか。
これをグリア地方の
グルジア人にさせていたとも言われる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月27日
「 農業の大切さ 」

不況になると食が一番大切になる。
飲食店は農業あっての商い。
若い人が農業の大切さを知る機会になるだろう。
農家で人手が足りないところは、
休学する大学生をアゴ、マクラつきで
働かせてみるのも一考の価値あり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月26日
「 タクシーのデリバリー配送 」

飲食店のデリバリーの配送を
福岡県タクシー協会の
第一タクシーが受けることに決まった。
福岡県の県会議員の若手の、
ある議員の動きが実に早かったのが、
頼もしかった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月25日
「 大運偏印の二人 」

岡江久美子さん。
命式に偏印が年支月支にひとつづつあり。
大運偏印の年運偏印。
偏印は食神を剋す。
ご冥福をお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石田純一さん。
庚の午が生日。
大運偏印の今年は庚の子で比肩の沖。
生日が沐浴。
沖の年はうろうろしない方が良い。
が、それが出来ない沐浴。
低体温。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月24日
「 日本人はエスカルゴ 」

フリーターが流行ったばか臭い時代。
が今尚、ずっとフリーターを続けている人もいる。
こんな時代は大変だろうに。
一方で一流企業に入られたが、
海外勤務になった人はまた辛かろうに。
一流が必ず良い、とはならなかった。
安定、常識、偉い、当然、流行、カッコいい、
美人、学歴、こんな概念が崩れようとしている。
70歳代で仕事を探している人が当然いる時代。
自民党政権でも、貧困の人を救わないとならない時代だ。
しっかりしていない野党は要らない。
県会議員、市会議員、もちろん国会議員も多すぎ。
国民ありきの政治、大企業。
カタツムリはエスカルゴ。
家を背負って生きているから、
日本人はエスカルゴが沢山いる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月23日
「 テレビを見るな 」

マスコミの過剰なコロナの報道に
国民がヒステリックになってしまっている。
選挙には行かない人が、
今にいたって選挙は大切だと言う。
何もかも国が保証するべきと甘ったれる人がいる。
マスクを欲しがる人。
このマスクで詐欺をする人。
家出をする夫や妻。
戦争で無差別に殺されるような事態ではない。
普通に節度をもち生活をしている人、
医療現場で頑張っている人がいる。
だからテレビを見るなと言っている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月22日
「 免疫力 」

ウイルスにかかる男女比率について。
女性のほうが長生きしているのは、
女性は生理があって、
子供を産むから最初から丈夫である。
母親の遺伝体質で女性が産まれるからなおさら。
男性もたまに長生きする人がいるが、
やはり母親の丈夫な体から産まれた男性だ。
基本は女性の方が免疫力がある。
これは常識。
現代人は食事、ストレス、住居の心地よさがたたり、
体温が低くなっているが。
昔の人の体温は36度5分近くあった。
歳をとると体温は下がる。
低い体温は肺虚証と東洋医学ではなる。
肺虚証の人はウイルスに対する抵抗力が弱い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月21日
「 不正請求 」

整骨院での保険の不正請求が年間に1億は
全国で毎年、起きている。
この時期は整骨院も患者が来ないだろう。
不正請求をなさならないように。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月20日
「 なんと逆、逆 」

先日来られた年配の女性が
骨折をされて治りが悪いと嘆いていた。
聞くと、腫れがひかないのに外科医が、温めなさいと、
風呂に足をつけて温めている。
なんと逆、逆。
炎症をおこしているから腫れているのに温めている。
冷やさないと治らないし腫れも引かないですと、
常識的なことを教えた。
外科医もビンキリだろうが、これはひどい話。
訴えられますよ、この外科医は。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月19日
「 東洋医学 」

東洋医学を叫んでいた人たちの、
コロナウイルスに関する話が表に出ないし載らないし。
信頼されてないのか、
はたまた信頼できる学者や医者がいないのか。
マクロを叫んでいた人の意見も聞きたいが、
載らないし載せないのか?
流行りで講釈を言っていたのかい?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月18日
「 ネットのニュース 」

ネットのニュースをたまに覗く。
新聞や雑誌の生きのこりをかけた
記者やライターの意気込みは伝わる。
が、スポーツ系の新聞の記者やライターの記事は、
たまに良識を疑うような内容のネタが目につく。
スポーツ系だからこそ、
そうなるのは昔のスポーツ新聞の記者や
ライターのレベルの低さは今尚、
変わっていないということ。
スポーツ新聞は売るために、
ギャンブル、芸能、色モノ、などを
読む読者層に合わせていた三流新聞だ。
ネットの世界はつまり三流が主導を得た世界。
本来は三大新聞がしっかりしていないから、
結果こうなったとも言えるが。
女子アナはタレントか?
政治家にタレントがなり始めたころからネジが外れた。
NHKの高橋圭三アナウンサーが
自民党議員になっていたころ、約40年前だ。
このかたと会ったが、エラッソ〜にしていた...。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月17日
「 一人で悩む現象 」

引きこもり、鬱症状の人が人口の1割いると言われる。
実際はそれ以上いる。
自分で相談に来る人は、改善するし、
来ない人は行きたくなるときまで待つか。
四柱推命で鑑定すると、
変化の、いかに、いつ、どうして、が答えで出てくる。
気楽に来たら、何だったんだ!
となる場合がかなりある。
異性を好きになれない。
でも自分は同性愛ではない。
こんな女性が多いし、男性にも多い。
コミュニケーションが欠けた今の社会がつくりだした、
一人で悩む現象だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月16日
「 貸し本屋 」

昭和30年代まで町内に貸し本屋があった。
漫画ばかりを置いていて、1冊借りたら5円とかで、
今のレンタルビデオショップのやり方と同じ。
貸し本屋の本は不衛生と言われていたが、
よくよく考えると確かに。
こんなにウイルスが騒がれていても、
漫画本を借りていく人がいる。
昔あった貸し本屋は不衛生だから、
消えていったようなものだが。
レンタルビデオショップは大きな落とし穴がある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月15日
「 生き甲斐 」

最後は農業をすることが人間らしいと感じたり、
農業が最も大切な仕事であることを悟ったりするのだろう。
文化が日本にどう根付いているのか?
教育は今のままで良いのか?
科学万能の誤信は?
アジアの中の日本は?
中国や台湾、香港、韓国、北朝鮮、
などとの関わり、捉え方、
これに関しても再度、学ばなければなるまい。
政治と国民は、国民ありきの政治で、
あまりにも政治家まかせにしていたツケがきたし。
戦争を体験した国として、今の在りかたで良いのか?
宿題がたくさんある。
医学、医療、介護、保育、教育、資格、
すべては国の利権ではあるが、
改革しないとほころびそうだし、住みよいとか、
しあわせとか、生き甲斐とか、最後は人間とは?
人間でしかない、か。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月14日
「 チャンスを逃がすな 」

酒を飲んで気分が悪くなる人、
頭が痛くなる人などは、
酒は百薬之長にはならない。
ストレスになるから飲まないほうがよい。
マイナス思考の人は、自分を解放すること。
小さなことにこだわるな。
人は一生に同じ時間は二度とはこない。
自分が変われるチャンスが来る時間を逃がすな。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月13日
「 自殺について 」

自殺について。
仕返しのために自殺するタイプと、
自己完結のために自殺する人がいる。
三島由紀夫は後者。
自己完結できるひとは決まっている。
回りのせいではない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月12日
「 偏印 」

歳をとって、
といっても50代で大運が偏印が来ると、
よく病気をする。
強い財星があると軽くてすむが。
この偏印という星が命式に多いほど短命になる。
偏印とは義母、祖母、乳母、などとみる。
財星は父の星とみる。
この解釈は600年間、かわっていない。
母親の長生きした人は長生きをする。
子供の体は母親に似る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月11日
「 元横綱 栃ノ海 」

スポーツ選手は身体が丈夫そう。
が、相撲にしろ野球にしろサッカーにしろ、
日頃から訓練、練習で体力的に疲労しているから、
抵抗力がないからウイルスに感染しやすい。
元横綱栃ノ海が今年の2月で82歳を迎えた。
歴代横綱で一番の長寿の記録を更新している。
2月春生まれの木の方だから、やはり強い。
腰のヘルニアに苦しみ、早く引退になった。
通算三度の優勝。
177センチの体重110キロの小柄な力士でも
技は天下一品。
相撲が巧い、速い、しぶといと
生前の大鵬、佐田の山、柏戸の横綱が一目おいていた。
横綱引退の発表の夜から、
丸二日間ぐっすりと、寝ることが出来た。
そのくらい現役時代は不安と神経が過敏で
不眠症ぎみだったと。
本名が花田。
同じ青森県出身の横綱若乃花も花田。
若乃花にはいじめられて睨み付けられっぱなしだったと。
横綱になると、あのくらいのガンツキでないと
威厳が保たれないのか、と察したらしい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月10日
「 好きなこと見つけたら 」

春眠暁を覚えず。
眠たくなったら寝る。
野菜、果物、タンパク質を。
ただし野菜果物ばかりは体温が下がるので注意を。
リンパの流れの悪い人も注意を。
筋肉質体質のスポーツやり過ぎも注意を。
イライラする人も注意を。
看護師さんはストレス高いから注意を。
生きる以上はストレスがおこるが、
ネットの見すぎはまたストレスになる。
肥えず、痩せすぎず、体温が低くなく、
リンパの流れを良くすることで抵抗力はあがる。
自分が偉いとか、賢いとか、美人とか、
勝手に思うのは勝手だが、自尊心が傷つかない程度に。
酒も適度に。
タバコは吸いたくなるまで吸わないこと。
ペットを飼わなくてもいいくらい、
好きなこと見つけたら。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月9日
「 政治家は後輩の育成に力を入れて 」

明治時代に成功した人は
明治時代の型に於いての新しき人で、
大正時代に成功した人は大正時代に型に於いての新しき人。
同じく昭和時代に成功した人は
昭和時代の型に於いての新しき人。
平成も同じく。
令和時代に成功する人は
令和時代の型に於いての新しき人であろう。
一つの社会という環境に、
知らぬ間に新しい空気を吸っているので、
この呼吸という時代の流れを知らぬと、
迷信や新興宗教、怪しき占いに支配されてしまう。
四柱推命も令和時代にあったものとして学んでいかないと、
迷信の類いになってしまいかねない。
政治家も令和の空気を吸い込んでいる人でないと、
国民のための政治家にはなり得ない。
昭和生まれの政治家は引退を考えて
後輩の育成に力を入れてくださって欲しい。
まして共産社会主義なぞはミイラ化した
デモクラシーてはなかろうかと、疑いたくなるが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月8日
「 深刻な悩みの方はご予約を 」

コロナ緊急宣言にも関わらず、
深刻な悩みを持つ方は、
コロナどころではない不安に
行き詰まっている方が予約されています。
ご主人と見合い結婚され、15年後、御主人は自殺。
残された娘さんも病気になり、70歳中盤でなお、
お母さんはアルバイトを探しています。
これが現実なのです。
皆さんはもっと勇気と他愛の気構えで、
生きてください。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月7日
「 低体温は注意が必要 」

低体温の人は抵抗力が落ちているので、
外出は控えるべし。
36度2分以上の基礎体温がある人は抵抗力があるとみる。
ガン体質の人が低体温であるのとおなじ。
芯から体を暖めるために、温くても長湯をすること。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月6日
「 国際的(グローバリズム)が問題を広げる 」

コロナの感染で
多くの日本人が海外に渡航していること、
海外から多くの異国人がいかに日本に来ているかを
知ることになった。
北九州はまだ少ない方で、
東京などの都会には沢山の異国人が来ているのだ。
国際的と言うと聞こえはいいが、
コロナやドラッグが氾濫することを考えれば、
入国には厳重な検閲機関が歯止めをかけないと、
日本が汚染されてしまう。
オリンピックを控えてテロ対策に躍起になっていたぶん、
コロナに対する甘さが目立つことになった。
卒業旅行で簡単に海外旅行に若いひとは行く。
今なお、行こうとしている人がいるのは
日本の恥さらしだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月4日
「 類は友を呼ぶ 」

類は友を呼ぶ。
沐浴を持つ男女は、問題は出るがなんとかなる。
人間も魚から進化したようで、
進化の過程での様々なる動物性をもって生まれ持つ。
群れをなす動物、なさない動物とあるように、
人にも習性がある。
夜行性さえも人は生まれ持つから、
人間が人間らしくならないこともある。
人の形をした生物と思ったほうが間違いない。
人間が動物的であるのは、
食べる、寝る、セックスをする、
で動物であるのは明らかだ。
猫や犬と共存できるのだから。
餌を与える飼い主に忠実になることは、
人間的なものを持ち合わせた動物もいるという
面白い生態現象が、動物にも起こるのだろう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月3日
「 四柱推命で人生を語る 」

四柱推命で人生を語るなら、
火の持つ上昇志向、
木の持つ人の痛みの解る優しさ、
土の持つ中道性と忍耐力、
水の持つ協調性、
金の持つ決断の早さ。
これらの長所と短所を知ることから学びはじめ、
自己をいかに社会に役立てるかが、
己と人生のテーマとなる。
親と子は、必ず似るものでもない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年4月2日
「 相模原事件の男性 」

相模原事件の男性の生年月日がわかった。
1月の土用生まれで臓干に根がない陰の木。
年柱は巳で12運は沐浴。
生日の干支は乙酉の絶。
三合の金局。
5才から14才までは傷官の絶。
15才から24才までは大運が偏官の死。
25才から34才までは正官の墓。
事件を起こしたのが大運正官の年運傷官の年運。
21才が偏官の沖。
ここが西の方合が成立。
戌、申、酉。
三合の金局と方合の金により官殺が強まる。
お年寄りの介護施設で働いていたら、
事件には至らなかった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月30日
「 違いが解らない? そんな馬鹿な! 」

ヨーロッパから見ると、
中国も日本も韓国も北朝鮮も、
たいして変わりはない国にしか見えないそうだ。
イランとイラクとサウジアラビアが日本から見たら、
違いが解らないように。
ヨーロッパのチェコとスロバキアとポーランドが
区別が出来ないように。
韓国と北朝鮮が対立的ながら共存していけるのは、
バランスが保たれているからで、
韓国が左派になるのを北朝鮮は嫌う。
北朝鮮が不安定になるからだ。
どの国も足元しか見えない。
離れた国は驚異とは感じられないから、
勉強もしないし。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月29日
「 仕事 」

申寅のある人は車関係の仕事や、
車、機械に趣味を持つと良い。
命式に比肩、刧財の自星が3つあると、
金銭、金融、流通、株、先物の仕事はダメ。
技術職、資格職の知的職業が良い。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月28日
「 生年が辰、戌 」

生年が辰、戌、また生日が辰、戌の人は、
片親と縁が薄い。
また父母が病気持ちか、自分が離婚しやすい。
腫れ物、吹出物が出来やすい体質。
解決策は、趣味や1つのことに熱中すること。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月27日
「 沖 」

卯酉の沖が命式にある人は
足、腰、又は目の病気に注意を。
巳亥が命式にある人、
朝と夜で言うことが変わる。
また諦めが悪く、決着がつくまで行動する。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月26日
「 子供 」

子供は人間のために存在が必要だ。
家庭、家族、家、家系のために必要な存在か?
子供のためには親が必要だ。
社会のために子供が必要か?
経済的見地からは消費力のために必要となるだろう。
経済的な豊かさがないなら、
子供が辛い思いをするのか?
さて?
学歴社会は子供は辛い思いをさせることもある。
子供に遊び場が無いのは辛いと感じないかもしれないが、
遊び場があった方が楽しいと感じるようになる。
子供に大人は何をしてあげるべきか?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月25日
「 妄想の世界 」

男女の出会いをネットで求めた結果、
異性不信になったり、
失恋したなど落ち込む人がいる。
最初から妄想の世界で妄想を抱いて、
妄想に破れて現実に落胆しているだけの話で、
洒落にもならない。
ばか臭いに尽きる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月24日
「 ヤラセ記事 」

ネットの世界が荒らされている。
ヤラセ記事、ヤラセによるサイトのアクセス調整、
などでグルメ記事を掲載していることは、
広告公害と言える。
これを仕掛ける飲食店、広告業者、サイト運営者は、
世の中の規律を乱している。
馬鹿は相手にしないが、うっとうしい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月23日
「 空と海 」

空海とは、空と海。
つまり陽と陰を表した戒名である。
天地とも言えるし、父母とも言える。
父は天。
母は大地なり。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月22日
「 好きと愛 」

四柱推命では、好きは表現力としてあっても、
愛は健康な生命力として診るのが正しい。
正義感はあるが、それは制裁ではなく、
自己への厳しさとして診る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月21日
「 絶 」

庚の寅の12運は絶となる。
日柱がこれになると、男性はスポーツをしたくなる。
絶の日柱の人はさみしがりや。
スポーツをするとさみしさを感じにくくなる。
辛の卯も絶が12運となる。
こちらもスポーツをすると安定する。
肉体を使うことで眠りが深くなり、
寂しさよりも睡眠を求める。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月20日
「 大運の刧財 」

大運の刧財が中年以降に来る人は、
ここが親との別れとなることが多い。
大運の刧財での若い時期での結婚は、離婚となる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月19日
「 幸、不幸 」

人の幸、不幸は本人にも責任はあるが、
本人以外がその原因となる場合があることを、
人は解るはずもない。
それを解らせる事が出来るならば、
優秀な名人級の占い師だ。
しかし、占い師ごときが、と言われる現実。
勉強不足では、人を救えない。
もっと四柱推命に貪欲になるべきだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月18日
「 大運の影響 」

大運の影響は、他人をも不幸にすることがある。
辰を日支に持つ人は戌が沖になる。
戌の大運に来た人が、
例えば、家族、妻、夫などの身内にいると、
その影響を強く受けてしまう。
それは別れるべき運気に来ているが、
別れないとなれば、
辰を日支に持つ人には不安定な運気になり、
精神疾患との扱いにされてしまうことにもなる。
こんな四柱推命の理論を信じない人がいるから、
苦しむ人が救われない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月17日
「 丈夫が一番 」

ウサギは草食。
歯が必要ないから小さな前歯が2本。
人間で歯の大きく、
虫歯になりにくい人は肉食を好む。
庚の人で戊が命式に多い人は、虫歯が出来にくい。
歯の強い弱いは食性を表す。
性格の激しさ、性欲の強さも表す。
肉体的遺伝は母の家系から伝えられる。
昔の人は、体の丈夫な女性が一番、
と言ったのは間違いなかった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月16日
「 人生の転機 」

人生の転機。
まず羊刃を持つ人は偏財の冲、偏官の冲の年。
大運傷官、大運偏印、大運刧財。
ここでするべき事、すべきでない事が解れば、
良い転機となる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月15日
「 四柱推命の2つの流派 」

四柱推命の2つの流派、安部泰山と三木照山。
片や空亡なし。
片や空亡あり。
片や陰陽五行による鑑定。
片や通変星による鑑定。
片や24節気を用いた蔵干。
片や24節気を崩した蔵干。
四柱推命でありながら、
緻密な論理が基になった鑑定が安部泰山。
緻密な論理のない三木照山。
長年の鑑定では安部泰山流に軍配があがる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月14日
「 冲 」

十二支の関係で、刑、害の関係は、
悪行をしていない人には、まずは影響はないとする。
人を思いやる気持ちを持つ人には、恐れるに値せず。
冲に関して言うなら、子と午、卯と酉は強い。
これに羊刃がある人は、注意。
冲について。
寅と申、巳と亥はスタート時に揉めやすいが、
後は、治まる。沖に関して言うなら。
丑と未、辰と戌の冲は、初めはもんだいないが、
まとまろうとする時に揉め事が起こりやすい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月13日
「 生年月日 」

四柱推命は四つの柱と見えるが、
生年月日だけで診た方が良い。
生年月日時の時は時間ではなく、
季節の意味で生年月日にくっ付いている。
子の刻とか時間を十二支で呼び始めたのは、
漢の時代から。
子の刻には支はあっても干が無い。
干支揃って陰陽五行を論ずるものが、
五行大義である。
時間に干支を付けた表は、
元々無かったものである。
当たらないし、
益々、四柱推命を難解にするだけ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月12日
「 沐浴 」

十二運に沐浴を持つ人は頭が良い。
勉強はしないが。
税理士に向いているので数学が好きか、
というと好きではない。
沐浴を持つ人は、
お金の計算を得意とするのであって、
数学の微分、積分やらリッカチの方程式やらはダメ。
楽しくない数学は嫌い。
お金の計算はやっていて楽しいと、
沐浴の人は感じるから、税理士に向くし、
現に多い職業となる。
算数を子供が楽しく勉強できる方法は、
お金を与えて自分で数え始めると、
算数は楽しくなる。
沐浴の人は、お金を計算することの楽しさを
子供時代に知り、その心を一生持ち続けるのだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月11日
「 土 」

土の女性は毛ジラミになりやすい。
男は土の人は菌に弱い。
土は育てる力があるからだ。
ムカデに性器を刺される女性は、
性器が赤土に似た湿気があるからだ。
昔は腰巻。
今はパンツはいてるから。
それでも刺された人は、ノーパンでだったから。
実話です。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月9日
「 胎 」

胎は母乳不足。
男は胸フェチ。
女性は「乳をどうぞ」と、差し出してくる。
いいじゃないか。
いや、お母さんは母乳をしっかり与えてください。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月7日
「 劫財 」

劫財の2つ並びが年の柱にある人は、
親のために苦労する。
事故、怪我に合いやすい。
女性は子宮が弱りやすい。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月6日
「 財星 」

財星が多すぎると、女性は介護に追われる中年以降に。
男は金と女にひたすら濃い人生となる。
元、?総理大臣は政界でも有名。
今尚、もです。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月5日
「 食神偏印偏財偏官比肩傷官印綬 」

食神は偏印に弱く、偏印は偏財に弱い。
偏官に耐えるには比肩(自星)を強めること。
さらに食神を強めること。
傷官を弱めるのは印綬。
印綬は認める、賞賛、資格とみる。
傷官は技術、車の修理、人の介護、手術、
弱った人や物を相手にいたわる心で良化する。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月4日
「 沐浴 」

年運、正官の沐浴十二運、
偏官の沐浴十二運の年に
出産すると死産になりやすい。
大運偏印でも流産、死産が多くなる。
偏印が食神を尅すためだ。
偏印が人生観の変化を与える。
また偏印は義母で、姑で祖母ととるので、
それらの立場となる人との関係が深くなる、
と解釈すると読めてくるはず。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月3日
「 偏官が2つ 」

先天運に偏官が2つ以上ある女性は、
未婚の母となりやすい。
偏官は自分を尅すので、出産に耐えることが出来る。
が、私生児になろうとも、産むことになる。
ある若い女性が、私生児を二人産んだ。
が、二人の子は何ヵ月かで一人、
1歳と何ヵ月かでもう一人と、
共に病死してしまった。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月2日
「 運気が及ぼす 」

偏官の沖が大運傷官に来た場合、
羊刃を持つ人は、事故運になりやすい。
そんな人は、飛行機に乗らない方が良い。
また海外に行ったりすると、
テロに巻き込まれたりする。
戦場カメラマンの拉致と私刑、
支援に行った医師の死因は、
運気が実は及ぼす。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年3月1日
「 大運 」

大運が偏官で年運が偏官と重なる年は、
身体に無理が効くので、
その後、偏印が来た年に無理がたたり、
病気が出たりする。
大運正官の年運が傷官にあたる年は、
男女共に注意を。
男性は失職、女性は失職、離婚、離別になりやすい。
相性悪く、縁のない人との別れは、
一難去ることになり、陰中の陽となり、
新たなスタートとなるが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月29日
「 占いに来る人 」

占いには意外な人が来るものだ。
社長業は多い。
当然、ストレスが多いからだ。
外科医、精神科医、歯科医、大学教授、警察官、
自衛隊、政治家、風俗業、音楽家、歌手、郵便局員、
芸能人、スポーツ選手、先物取引業者、金貸し業、
新聞記者、宗教家、占い師、渡世人、旅芸人、
裁判の被告人(職業ではないが)と。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月28日
「 官星 その3 」

先天運(宿命)に官星がない人が、
二十歳前後の後天運・大運(立命運)で官星がくると、
勤め人が出来る。
正官、偏官と20年続くと、なんとか20年はもつ。
が、それが終わって印星が20年来たとすると、
会社に行くのがストレスになり、
定年までが嫌で嫌でたまらなくなり、
相談に来る人がかなりいる。
技術職の部所にいる場合は、自営をすることを薦める。
辞めるに相応しい時期を知らせると、
そこまでは頑張ることが出来る。
辞める、止める、終わり、その時期を知ると、
人は耐えられるものだ。
いつまで続くのか?の不安定さは、
人を病にしてしまう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月27日
「 官星 その2 」

官星も陽対陽、或は陰対陰の偏官
(例えば、陽の水から診た陽の土。
陰の金から診た陰の火)を持つと、
正官の官僚、エリート、一流、に対して、
偏官は下っ端、現場労働、子分、
使われの身を意味する。
偏官が2つ以上になると、サービス残業の鬼と化す。
義理、人情が強くなりすぎて、
ボランティア好きになる。
また自分がボロボロに成るまで組織に尽くす。
親分の敵!と、鉄砲玉になり、ムショニに入る。
が、出所しても、誰も迎えに来ていない。
利用された破目に合う。
こんなタイプの人は、警察官や自衛隊として
国家権力を駆使して悪を取り締まる、
戦う職業がベスト。
女性はよく働き、よく尽くす。
が、男性に利用されたような人生を歩みやすいので、
注意を。
ボランティアは出来る人と、出来ない人がいるので、
決して偉い!などと勘違いしないこと。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月26日
「 官星 」

女性にとり官星は1つは欲しい。
官星は自分の心のブレーキとか、
仕える力とかになるが、子供を産む力ともなる。
官星は祖母とも診るし、大運の官星は孫との関係や、
祖母との関係とも診る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月25日
「 陰の火 」

陰の火、丁にとり一番嫌な陰の水、癸。
これは丁からは偏官になる。
焚き火が雨で消えそうな光景を連想したら解るだろう。
この癸を押さえるのは土。
陰の土が望ましい。
但し、その土に陽の木があれば火も強くなるし、
陰の水も木が求める。
陽の金があると金が火に鍛練されて切れ味が良くなる。
金が木を切り、丁が燃え上がる。
火の人には、水は無い方が好命が基本だが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月24日
「 バイアグラ 」

今やTVはテレビとは言わない。
スリー・バイアグラのTとVである。
芸能バイアグラ、政治バイアグラ、
スポーツ・バイアグラの3錠(惨状)から成り立つ、
おっ立つメデイアだ。
これがないと使い物にならないメデイアだから、
騙されないように。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月23日
「 刧財の年 」

後天運、大運刧財の女性。
男性と付き合えど続かない。
遊ばれてばかり。
出会い、そして結婚を焦るが、叶わず。
本年が最後の刧財の年。
来年からは大運が正財となる。
正財の大運ならば間違いなく結婚になる恋愛をする。
今は焦れど虚しい異性運。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月22日
「 競艇の選手 」

競艇の選手がやって来た。
今年は不調で、フライングを2回して
出場停止になったと。
今年は彼には沐浴の偏官の年。
気ばかり焦る、迷いの年。
赤色の艇を引いた時は調子が良いと。
そこまで洞察力の必要な競技なのだ。
赤い肌着が良い。
晴れた日は良い。
3か4のコースを取ることが良い。
季節、月の考え方を伝えた。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月21日
「 五行の特質 」

丙の女性が再婚した。
相手は戊の男性。
彼女の一番の彼に対する不満は、上昇志向がないところ。
上昇志向とは彼女の発した言葉なので、
僕が四柱推命を説明する時に用いる用語を
彼女の口から聞くとは(驚き)。
火の昇りと土の守り。
違いが解るほどに相手を観察したのか、いや違う。
土のグレーゾーンの広さはバランスがとれていると、
仕事(植物)に力を発揮出来る。
とれていないと作ることが難しい。
五行の特質とは、バランスにより良くも悪くも変わる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月20日
「 アナログな頑固な年寄り 」

タバコの銘柄をコロコロ変える人は、
飽き性で浮気性と言われている。
携帯電話の番号をよく変える人を信用しない方が良い、
とも言われる。
すべてに、当たり!とは言えないだろうが、
携帯の電話番号を変える人は、あまり信用できない
という評価を審査に入れている企業はある。
アナログしか無理な筆者は、超頑固な年寄りだ。
未だに原稿用紙だから。また変える気も更々ない。
パソコン、デジカメ、そう、インベーダーゲームも
した試しがなかった。
車もミッションが好き。
SF、アニメ、まるで嫌い。
飛行機はプロペラ機の低空飛行。
陰陽五行は分かりやすいから、信じられる。
難しくない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月19日
「 白黒 」

金の人は白黒がはっきりしている。
刀、斧のように直線的でないと木も切れないから。
福原愛、石川遼、北の冨士、
皆、出鼻をくじかれると逆転が出来ない。
勝ちが続くと長いが、負けが続くと、
これまた長くなる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月18日
「 演劇 」

虐めにあう人の命式には、漏星のないのが特徴。
これがないと自己表現の力が弱いからだ。
これを強くするには、芝居、演劇をして
表現力を訓練することが一番効果的。
演劇をすると愛情表現も上手くなる。
貴方を憎んでいた。
でもそれは憎しみではなく、愛だったのね。
こんなことも言えるようになる、寡黙な貴方が。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月17日
「 朝飯を食べる 」

朝飯を食べない人ほどメタボになるし、
体の臓器の時間のリズムが狂う。
結果、便秘、下痢、心筋こうそく、糖尿、
不妊体質(子宮、低体温、鬱、不感症)、痴ほう、
アレルギー性皮膚炎、他、になる。
幼児期は特に朝食をとらないと、
男子は精子、精液に不足がやがて起こる。
牛乳を飲むなら夕方。
粒が液より良し。
切れやすくなるのも、
体の臓器の時間のリズムが狂っているから。
これは大切な昔からある知恵が、
今は医学、学問として復活しつつある。
近況報告いたします。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月16日
「 ダイサッカイは大錯覚  」

四柱推命で、
陰陽五行で鑑定できなければ一人前ではないと、
嫌事のように言うのは、こうだからだ。
陽金から生じる陽水を食神。
陽木から生じる陽火を食神。
この比較をする。
同じ食神でも、五行でいう気(エネルギー)が異なる。
火は上にと上がる。
水は下へと下がる。
溢れた陽水に陽金が落ちると、自力では出てこれない。
何が水を干すか? 陽木が水を吸い上げる。
さらに陽火は陽木を育てる故に、
さらに陽水を吸い上げる。
食神一つとっても、異質である。
食神やら偏官やらだけで鑑定できる訳がない。
参考程度で変通星を診るべき。
子丑が空亡なら午未は虚の空亡となる。
この理論から生年、生月、生日の
空亡と虚の空亡を出すと、
12の方向と干支(エト)が空亡となる。
しかも狭い日本で東だ、西だといっても何十キロ。
時差も大してない。
地に足が着いている限り、
土からの守り(中道、保守)が働く。
いきなり砂漠にならないし、
ツンドラ、太陽光線が大きく変化するでなし、
臓器が時間を知っているのだ。
ダイサッカイを大錯覚と言う。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月15日
「 死ぬまで書く  」

このブログを始めて、約10年以上は経った。
死ぬまで書く、つもりはある。
書きたいが、書かない方がよかろうと言うモノが
まだ頭には溜まり貯まっている。
このブログと、新しいブログ、
おい街webマガジン編集長のブログが始まった。
これは北九州の街ネタを主に書いている。
そしてもう一つ。
おい街マガジンtopicsが、映画、音楽、
またグルメをメインとしたブログ。
こちらも覗いて見てください。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月14日
「 平和とは自主管理能力にしか存在しない  」

小倉を流れる紫川。
ヘドロの匂いで息がつまりそうになるほど。
昭和20年代から40年代の話しだ。
貸しボートが今の水環境館の辺りにあり、
一度だけ乗った。
30分が50円だったか? ヘドロの臭いの中を。
野郎二人で。
あの貸しボート屋は誰が経営者だったのか、
今になって知りたいが。
紫川はキレイになった。
末吉市長、谷市長の功績は、
紫川に見ることが出来る。
若戸の洞海湾も公害で海水が汚染されていた。
川や海が汚れる街には文化が育たない、
と言う格言がある。
貧しい街や国は確かに文化で
腹を満たすことが出来ない。
中国でウィルス菌が発生するとは。
過去にも何度か起こったことを考察すると、
貧しい生活を強いられている人が多いから、
病原菌も発生しやすくなるのだろう。
国民の為の国民の政治を、政治が出来るなら、
それをやらない、いや、やれない事情が
中国にはあるのだろう。
核に力を入れる前に、
やるべきことをやらないのは、
中国が自主管理をすることよりも、
足りない物は奪って満たせの気質が国に、
そして国民に蔓延しているのでは。
日本も自主管理の出来る国でありたい。
農業の大切さを国は示すべきだ。
国民が誇れる政治家ならば、
自衛隊が軍隊的であっても、
反対はしないだろうに。
これは幼稚な理想論かもしれないが、
国民は無知でも、平和を望んでいる。
平和とは自主管理能力のある国にしか存在しない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月13日
「 霊能者  」

先日、旦那がいなくなった。
どこにいるかわからんやろか?
霊能者の所に行って聞いたら、
「白いビルが見える」だけしか言わないんよ。
白いビルはどこにもあるけ、解らんよね。
それで5000円とられて。
あなた、解らん?
僕は霊能者でないから、解らんよ、と言うと、
誰かおらん? 霊能者は。
そんな素晴らしい霊能者が北九州にいるとは、
聞いたことないよ。
白いビルしか答えられないなら、
その人は霊能者やなくて、如何様師よ。
そんなやりとりがあった。
すがる気持ちは解るが、四柱推命では無理です、
お母さん。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月12日
「 四柱推命で、鑑定できる  」

痴ほう症、アルツハイマー、こういった症状が
歳をとると確実になる人を四柱推命で、鑑定できる。
ガンになりやすい人、なりにくい人、も解る。
今の西洋医学は外科の分野は優れているが、
それ以外の分野は、東洋医学が上。
ただし不勉強な、鍼灸師、漢方薬剤師が多く、
四柱推命の学者の方が、信じられないかもしれないが、
数段上。
難聴になる人は水の日干の人。
ただしガンより腎不全になりやすいから、
肉食が予防になる。
大腸がんが増えている。
便秘、下痢を繰り返す人がなる。
朝飯をとらないと、なる。
牛乳は飲み物ではなく、食べ物と考えること。
様々ある。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月11日
「 ストレス  」

坊主丸儲け。
なぜ坊主は長生きするのか?
寝むたいときに寝れる。
食事は一般人より粗食。例外の坊主もいる。
ストレスがない。
浮き世離れしているから、人間関係で悩んだり、
気にくわない社長がいるわけでもない。
虐めや不安も少ない。
そしてお経を読むが、読みながら何も考えたりしない。
葬儀であろうと、悲しくはない。
ひたすら読むだけのお務め。
飛行機の操縦士は寿命が長くない。
空の上に長時間座っているから、体に良くない。
スチュワーデスも地に足が着いていないので、
体調が狂い、生理不順はザラ。
結果、子供が産まれにくく、
産まれても産厄で自律神経失調になったりする。
スチュワーデスから地上勤務に変わると肥満になりやすい。
あーあ。
そして医者の中で短命は精神科医。
40歳になると、精神分裂症になりにくいので、
ホッとすると言う。
だからカウンセリングは点数も低いからやりたがらない。
薬を出すしかない。
ヤクザも短命。
殺されたりすることが多いから、平均寿命は下がる。
それに、ストレスの激しさは、素人には解るまい。
政治家もストレスに潰されて自殺した人もいる。
並の神経では勤まらないから、人相が悪くなる。
口がへの字になったり頑迷神経痛、斜視になる人が多い。
ストレスから怒りの答弁。
ストレスから出る極論。差別的発言。
それが叩かれるが、叩かれるのを恐れては、
ストレスを発散できない。
賄賂、不倫、ストレスがあるから止まらない。
朱に交われば朱に染まる。マトモな感覚を失う。
変な政治家による変な政治。
神に頼る気持ちは公明党が実証している。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月9日
「 サラシでフンドシとナイロンのパンティ  」

昔は、妻が夫のフンドシを縫って作った。
夫婦喧嘩の後は、妻はこん畜生!と腹いせに、
わざと固めのサラシでフンドシを作り、
その腹いせをして機嫌を治した。
様見ろ!痛いか、キツイか。
腹いせにもホノボノさがあった。
金持ちの家の小学生。
戦後は早々とナイロンのパンティーを親が履かせた。
それだけで、ワァ〜っと男子がクラスに押し寄せる。
青色、桃色だ〜。
ピンク、ブルーなどの英語は使わない。
近所の婆さんは、ツエッ!と、タンをはきながら、
子供にナイロンのズロースなんか履かせて、
ツエアェッ!贅沢もんめがありゃろくでなしになるぞ、
と腹をたてる。
根拠も理論もないが、長屋の婆さんは、
貫禄でモノを申する激しさで生きていた。
腰巻きをして。立ちションも草むらでしてた。
時代は変わったが、田舎にいけば、
まだ夜這いがある地方もある。
バージンは夜這いで捨てた、
と島根県の二十歳の女性が語った。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月8日
「 母乳不足  」

母乳の出の悪い母親は、
乳腺に鍼をするか、乳揉みをした。
鍼灸院、乳揉み屋は病院以上の技術が昔はあった。
赤ちゃんの夜泣きには、小児鍼をすれば効果はてきめん。
そんな技術が消えていくし、
母親がミルクを与えてしまうのは、
抵抗力の弱い赤ちゃんを育てる結果となる。
乳母が乳を出すことが稼ぎとなる時代があったのは、
子が宝のように大切であった自給自足の貧しい農村での、
猫の手も借りたい忙しい事情、田植えから稲刈りと、
まだ農機のない時代は、
家族、親族総出の一大事であった。
イタリアも日本と事情が似ていて、
田植え時期には出稼ぎで女性が農村に何百人と集まって、
出稼ぎをした。
イタリア映画「にがい米」は、
そんな女達の世界を描いた作品。
田植えは何週間も続く。
納屋を寝床にして、
まるで日本の港に集まったゴンゾウと同じ世界が、
イタリアにもあった。
母乳不足で育った男は女々しく、女は男っぽくなる。
字が小さいのは母乳不足。
母乳不足の女性は乳を男に、飲めよ、吸えよ、
とばかりに差し出す。
これは本当に当たる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月7日
「 解って生きる人 解らなくて生きている人  」

人は自分の生まれ持った運命(宿命+立命)を、
潜在的に解って生きる人と、
解らなくて生きている人に、大きく分かれるようだ。
婚期ひとつ問ってみても、
婚期の遅い人達は四年制の大学に進んだり、
看護師や保育士の資格を取る。
婚期の早い人は、高卒で働き始める。
ここまでは順風満帆。
人は潜在的に生きているし、それで良しとする。
が、その人の人生に歪みを起こさせるのが、
長男が家の跡を継ぐべきとか、家業を継ぐ、
という観念を親が無理に押し付ける家。
長男相のない人が嫌々、家業を継ぐ結果、
家や家業が途絶えてしまう。
医者に向いていない子供を寄附金を裏から回して
医大に入るケースが多く、
そこから医者の大きな優劣が生じ、
ナンチャッテ医者がはびこる。
政治家も同じ。
これが日本の悲劇。
これがあるから、未だに共産党が変質しない。
共産圏のその後の悲惨さは、
ソビエトからチェコ、ポーランド、東ドイツ、
ハンガリーなどの国から学べる。
共産圏の政府にも利権があり、裏で紛争を操り、
利権を得ようとした歴史を知れば、
自由を踏み躙るのは、行き過ぎたデモクラシーでもある。
行き過ぎた宗教、行き過ぎた反日、
行き過ぎた科学、医学、栄養学、医薬、アスリート熱、
大企業と国策。
福島の事故をないがしろにすると、
日本の国の良心を疑われる日が来る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月6日
「 予感  」

時間の延長の先に起こることを、予感と言う。
これは誰かに会いそうとか、電話をしないと、
などの気持ちとして時間の共有、
つまり予感として生じる現象。
湿気が多いから雨が降る、
湿気があるから神経痛になるという現象と同じ次元の事象。
これを霊感と勘違いしないように。
透視や霊視が出来る人もいるだろうが、
一億人に一人いるか、いないか。
現代人は野生を喪失してしまっている。
致し方無いが、これが失せているから出生率も下がる。
アメリカは温暖化の兆候がないという。
ユダヤ人にとってナチスから逃げ延びた国がアメリカ。
共産圏から逃げ延びた国がアメリカ。
アメリカが自由の国というのは、そんな彼らにとってだ。
黒人には自由の国であるわけない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月5日
「 自民党  」

自民党は悪の集団に感じられるが、
自民党以外にどこの政党があるか?
ない。
自民党に国民は耐えるしかない。
ここまで来たら、自民党を分割して、
自由共和党と自由民主党にでもして、
変革した方が良さそうだ。
女性と男性が半々の議員数。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月4日
「 介護は福祉か医療か  」

介護施設で働かれている人の夜勤はキツい仕事の中でも、
かなりキツい仕事だ。
施設の経営者は、給料をもっと上げるべきで、
看護師と同額であっても良かろう。
介護は福祉か医療かと言えば、医療とするべきだろう。
医療が福祉になるなら、介護も医療だ。
そこに行くにはどうするべきか?
目標なくして改善策も案も浮かばない。
深夜労働は200%アップが当然と考える。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月3日
「 カッコ  」

外人は足が長くてカッコいい。
石原裕次郎、小林旭、守屋浩ら戦後の青春スターは、
足が長いと若い女性が囃し立てた。
今のキムタクは足が短いが人気がある。
足よりツラが今の女性の好みのようで、
三本目の足も短くて構わないらしい。
若い男性が足の長くて細く、
顔の小さい7〜8等身の女性を好む。
昔と逆であるが、色気のある女性は
太股がムチ〜で足首が細く、胴の長い女性。
これが感度の良い女性と昔の人は言いましたが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月2日
「 一人ひとりが、学べ  」

あっ、そうですか。
長生きをしなければならない?
あっ、そうですか。
現存する自分とは、
いかなる考えを持って生きたか、その結果である。
キリストの戒律、
21世紀まで残っていたアイルランドにあった
修道院の残忍非道な世界。
チェコに過去押し寄せてきた民族間の抗争。
さらにドイツ、ソビエトからの侵略。
確かに日本は差別もあり、貧富の差も昔からあり、
帝国として、悲惨な体験も強いられ、強いた。
だれが偉い、悪いとする前に、世界を学ばなければ、
日本の指針も誇りも、薄っぺらい物でしかなくなる。
学ぶしか未来はない、一人ひとりが。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年2月1日
「 弘法は筆を選ばず 」

自己を正当化するためには、
物、他人、制度、などを非難することが近道ではある。
特に物は喋らないだけに、
一方的ではあるが、正当化しやすい。
昔、glicoか何かのお菓子の中に入っている券を集めて、
応募すると商品が当たるという、
子供心を擽るキャンペーンがあり、
見事に野球のキャッチャー・ミットを当てた。
いや当たった。
さっそくキャッチボールをした。
僕がピッチャーで知合いオジさんがキャッチャーだ。
が、投げれど投げれど、ボールがミットから溢れる。
ついに出た。ミットは固いし小さいし!と。
少年用のミットは確かに小さい。
が、ミットだけのせいにするオジさんも、
言い訳じみている、と僕は子供心に思った。
ミットが固くて小さいから取りにくいな。
素手でとるよ。
または、僕!グローブ替えてくれん。
と何故言わなかったのか?と考えた。
親父にあとから聞いたら、
あいつは仕事振りも工夫に欠けて、
便利さを求めるからな。
キャッチボール一つで仕事振りが解るとは凄い、
と親父に感心した。
弘法は筆を選ばず。が、紙は選んだ。
竿師は竿を選ばず、
ポイントと針と棚を潮を選んだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月31日
「 健常者って 」

相模原殺傷の被告30才。
健常者と自分で思っていても、
健常者とは言いがたい人がいる。
自由人の芸術家というタイプ。
聞こえは良いが、これが会社勤めが出来ない。
サービス残業の多い人、
これは人からの頼み事が断れない。
頭でっかちで行動を起こせない人。
現実性にまるで欠けるために、財運のない人、
言うだけで実行の伴わない人。
これを個性とするか、適応性のない人と見るか?
四柱推命で診ると、人は一人ひとり違うのが解る。
だから相性の良し悪しがあり、適職、適材適所はある。
自分が解らないから、人は人を恨んだり、
親を恨んだり、社会、人生を敵に回す。
この被告、自分では解らないカラクリに気付いていない。
それが解れば、殺人などしていなかっただろうに。
薬のせいにするのは後付け。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月30日
「 止めとき 」

私が何に見えるかね? タヌキです。
母親は吹き出して笑った。
その除霊者のオッサンは肥えて丸顔。
何に見えるか?と聞かれて考えた。
一番似ている、似ているのは、
約20秒、考えて、たぬき!
自律神経失調を治したくて、
除霊まで試みた時の話し。
結果は治りゃしなかった。
お袋の笑い声が静寂さを装うかの除霊室に響き、
こちらもつられて笑った。
これが全てとは言わないが、除霊類いの現実だ。
あやしい人がやって、効きもせんのに。
気功?止めとき。
気功で1日に50人が来ていた、県外の某所。
その人は、今は全てを失い、静かに暮らしている。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月29日
「 猫好き 」

猫好きな釣り人がいた。
おれがクーラーを開けたら覗きこむ。
手の平サイズのクロを見て、
猫の餌にもって帰りたいんですが、
二三匹(魚は枚か本と数える)くれませんか?
あなたは釣れなかったの?
一匹しか釣れませんでした。
あんたに飼われてる猫も、
頼りない主人をもって可哀想だけど。
あんたに釣られた魚も可愛そう、猫以上に。
こんな猫好きもいる。
若い男に言った。
あんた、猫より女性を可愛る気はないの。
すみません、と頭をかく仕草が猫に似ていた。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月28日
「 自立と悟り 」

A:私、美人な方なのに、なし結婚できんの?
  あの人、オカシい顔しとるのに結婚してから!
  親のせいよ。

B:私、大した女やないから結婚せんでもいいけぇ。
  ずっと一緒に生きていけたら、それでいいけ。

Aさん、
家出するくらいの独立心がないと、
結婚は難しいですよ。
あんた、もう30になろうかという歳でしょう。
顔は関係ないですよ。
心は子供ですね。自立しないと。
まだ50年は生きるのですから。・・・

Bさん、
それはそれで相手に対して負担になりますよ。
大人は、いつまでもどこまでも、
なんてその時の無責任な語りしかない、
と悟るものです。
なるようにしかならない。
今を大切に生きなさい。
今日は終ると分かっていても、
終わらないうちに、終ると思わないように。
今日が最後の日なら、よき別れとし、
再び会うことになれば、
笑って会いましょう、ですよ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月27日
「 小さな幸せ 」

皆さん、人生は疲れますね。
楽しいこともありますが。
疲れることの方が、長引くように感じますね。
楽しいことはシャボン玉のように、
なんだかすぐに消えていくような短さを感じます。
甘〜い物が食べたくなったり、
人をスカ〜ンと言ったりすることの多い人は、
疲れているんですよ。
人生を楽しくするためには、
誇張した誉め言葉を言うのも人の為、
自分の為にもなるかもしれない。
そこで試した。
とある飲食店にいって、見栄えする女の子がいた。
レジで帰り際、お金を渡した。
僕は言った。
真剣な顔で、貴女てスゴく綺麗な方ですね。
彼女は、有り難う御座います。
とても嬉しそうな顔をしたので、
僕は小さな幸せを感じたのだ。
生きる楽しさは作ることが出来る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月26日
「 アホらしさ 」

芸能人の不倫を取り上げたら売れる、週刊誌は。
現報道とされるものは、過去のモノとなっており、
現在進行形の不倫、
または恋物語を隠すための報道である。
週刊誌の役割りとは、隠れ蓑である。
これは昔も今も、さほど変わっていない。
報道されたくないものは、金で消されていく。
芸能界やら政治の世界も変わりはしない。
それに振り回されるアホらしさ。
かと言って、アニメや漫画にハマり込むと、
訳のわからん異性や幻想を夢見たりするし。
ギャンブル好きとたいして変わりゃあせんぞ。
豊かさが当たり前になると、
また困ったことが生じてしまうのが人の世界。
テレビを見ない。
ゲームもそこそこにする。
スポーツもそこそこに。
楽しみがなくなる?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月25日
「 ありがちな話し 」

コーヒーしか飲まない奥さんがいて、よく来てくれた。
占いはして欲しそうでしない。
こちらは子供でお金がかかっているのを知っていたから、
いいよ!金はいらないからと観てあげた。
そんなことから、コーヒーだけを飲みに来る日が続いた。
そのうちに娘さんの一人が来た。
娘さんが曰く。
お母さんは占いが好きで、○○やら△△によく行くんよ。
僕は何にも言えなかった。
ありがちな話しだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月24日
「 学歴や資格 」

考える力のある人は学歴や資格に拘らない。
考えすぎる人が学歴や資格に拘る。
資格をとってから考えないから、
いい加減な医者や教師や政治家が多くなる。
堅気には手を出すな、昔、ヤクザが言っていた。
堅気は患者、子供、生徒、お年寄り、未成年者、弱き者。
看護師が医者を監視しないといけない時代が来ているぞ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月23日
「 歯科医 」

旦那が歯科医。
結婚して分かったことが、歯科医の稼ぎがよくないこと。
そのよくない中でも、
夫の歯科医としての稼ぎは、ドン引き。
妻はその原因を確かめる為に、
他の歯科医に歯の治療を受けに行った。
そこで気付いたのが、夫の技術の無さ。
その話はしたくとも言えない妻の立場。
歯科医と知って可愛い子ぶり、玉の輿と思い込み、
惚れさせる努力と優しい女を演じた末の
計算しつくした結婚。
いい女の仮面を今さら取れない。
妻はパートをすることにした。
健気?でも自分の歯の治療は、行きつけの歯医者で。
わざわざ遠い街の歯科医の所まで治療に行っている。
この類いの話しは、多いですな。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月22日
「 医者、鍼灸師 」

医者、鍼灸師の激しいセクハラを受けた本人は、
さほど悪い気がしていない場合がある。
そんな話を聞かされた側の方が、あのやろ〜、
コンチキショウと、怒る。慰めたり、同情したり、
理論節で会話をする。
自分は実は童貞で?、学問や宗教、
哲学にしか興味がなく、と冷静に高貴な話をしながら、
心理分析までして女性のよき理解者の立場を
貫くかに見えて、最後。
散々な男との関係を持ったんなら、
俺にもヤラセロ!と下半身を出して迫る。
女は男を殺してしまう。
ニンフォマニアックと言う映画は笑える。
医者、鍼灸師は僕が女性から聞かされたことのある
加害者であるため、映画にアレンジを加えてみた。
医者、鍼灸師も、女性に男性から受けた
辛い仕打ち話を聞かされて、男の次元が変化した。
笑える。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月21日
「 腐れ縁 」

浮気をされた妻、浮気をした妻、
浮気をされた夫、浮気をした夫。
さ〜て、と。
人の妻と浮気した男、人の夫と浮気した女、
人の妻と浮気した夫、人の夫と浮気した妻。
こんな関係が、社会には今も昔も起こっている、んだ。
これを題材にした映画、小説が沢山あり、
最近では週刊誌からテレビのお昼のショー番組までが、
こんな題材で成り立っているんだ。
探偵業を昔は興信所と呼んでいた。
この仕事も、また弁護士も成り立っている。
占い師は相談を受ける。
精神科医も相談を受ける。
独身の男女間の話であれば、別れる、諦める、
他を探すで、解決することが多い。
夫婦間の話になると、行き着く処は離婚。
子供がいると、シングルマザーは大変だ。
だから福祉の充実化が政策に挙げられる。
先のことが解らないから結婚するし、出来る。
付き合う前に、結婚する前に、
占いをする韓国は日本以上に保守的だ。
四柱推命は、見事に当たる。
九星気学やタロット、手相、他、見事に外れる。
1年続くカップル、10年続くカップル、
一生縁あるカップルに分かれます。
合わないカップルは3ヶ月までが限界。
それでも離れない男女を、腐れ縁という。
または病的と。腐れ縁は、良縁ではない関係を言う。
そんな両親を見て育つ子供が、また腐れ縁にハマる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月20日
「 チャンチキおけさ 」

チャンチキおけさ。三波春夫のデビュー曲だ。
知らぬ同士が小皿叩いて、チャンチキおけさ〜♪
こんな雰囲気を令和では味わえない、平成もなかった。
田舎や大阪、東京上野に行くとあるかもしれないが。
昭和の40年代の門司港の沖仲仕の集まる食堂に
晩飯を喰いに行くと、このチャンチキおけさを歌い、
箸で茶碗を叩いている労働者同志の声が聞こえていた。
兄ちゃんも来いや!と誘われ、おけさを踊る、踊った。
チャンチキとは鉄の平たい打楽器。
おけさ、様々な説がある。
好きな説は、女郎の人気者、おけさサンの云われ。
佐渡おけさ、これは佐渡の民謡。
もうひとつ、美空ひばりの歌で、
佐渡の娘が色事をして男に恋する悲恋歌、
佐渡情話が浮かぶ。
これはオーケストラと唄の一発録りで、
さすが美空ひばり。
佐渡は佳いか、すみ佳いか〜。
これは堀プロの最初の歌手、守屋浩の歌。
この方まだ健在。
三波春夫は浪曲あがり。
ロシアで捕虜になり帰国。
労働者の為の歌を歌っていたが、ある方から路線変更を。
それが、オリンピックの顔と顔〜♪を歌える立場となる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月19日
「 陰陽説で解説 」

飛行機嫌い、高所恐怖症の人は、
陰陽説で解説、解明出来る。
太陽に近づく、地から離れる。
これは陰の人には自然の摂理。
陽の人は反する。
高い木の上に実るヤシなどは陰性。
土の中に育つ大根、タケノコ、芋、ゴボウなどは陰性。
太陽から離れて育つから。
夏の土と冬の土も違うことになる。
火の人の体の中は冷たく、水の人の体の中は温かい。
子宮は温かい。
睾丸は冷たい。
精子の強いのは陰性である。
温かい子宮に向かってまっしぐら。
強い卵子は来い来いと呼び込む。
男はノーパン、女は毛糸のパンツで冬を過ごせ。
腰巻きをしてだ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月18日
「 団塊の世代 」

団塊の世代。
僕の通った篠崎中学校は県下一のマンモス校だった。
約3000人の生徒がいて、
僕の学年は18クラスがあった。
クラス毎にカラーが違う。
悪僧の揃ったから、笑いの絶えない、
男子と女子が仲の良い、
体育会系、大人しい優等生の集まったまで、
個性があった。
陰陽説から考えて観ると、それは当然なのだが、
当時はそんな考え方は出来ない。
明るいクラスが羨ましかった。
特に男女の和気会々たるクラスの太陽の様な明るさは、
自分のクジ運の悪さを噛み締めるようで、
暗い1年間を耐えた。
2年、3年とクラス換えがある。
3年生の時が一番、当たりの年だった。
1年、2年は水運で、3年は木運と、
今振り替えると、成る程。
そして辰の年。
やはり運気がよく働いていた。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月17日
「 笑う 」

日本人はよく笑う国民と言われる。
が、笑いが文学になっていないお国柄でもある。
精々、お下品な、下ネタで笑うことをしてきた
国民であるのかも知れない。
実生活では泣く種には恵まれても、
笑う種には恵まれていない貧しい国であったから、
文学の分野では笑い、ユーモラスな類いの派が
生まれなかったのだろう。
駄洒落や下ネタの類いが、庶民の間で好まれたのも、
文学に於いて発展しなかった結果、
また原因でもあっただろうし。
言わば国民が真面目、陰湿、差別の中に
あった為なのかも知れない。
今の日本の言葉の品のなさ、若い女性の使う男言葉も、
日本の歴史の結果なのかもしれない。
人のあだ名にも、猿、石松(目の悪い人)、
ヤマアラシ(髪の毛が立った人)、キツネ女、
タヌキオヤジ、ハゲ茶瓶、赤シャツ、扁平、サスケ、
花王石鹸、夜叉、竿氏、なとなど。
男が男友達を、こんなアダ名で呼ぶことが日常的であった。
戦後、英語の影響から、
ABC(ABCのブリントがあるシャツを着ただけで)のアダ名や、
ママ、パパ呼ばれする、
似つかわしくない人が増えてきた。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月16日
「 栄養学は怪しい 」

体格が良い。
良すぎるのは肥満。
人間が生きていくために食べる食物。
同じ米にしても、昔の米と、
今の米は栄養素の割合、成分が違う。
茶碗1杯のご飯でも、
今のご飯は肥満となりやすい成分が多く含まれている。
だから体脂肪が増す。
栄養学は怪しい学問である。
今の食べ物には、必要な栄養をとるために、
余分な、肥満となる成分までも
摂取してしまう食べ物になってしまった。
品種改良から栽培法の変化がもたらす負の部分が、
現代病を生む。
サプリが害になっていることすら、公表しない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月15日
「 字の個性 」

お客様に、名前と生年月日を書いて頂く用紙がある。
字には個性があり、大きい字、細かい小さな字、
激しく勇ましい字、整った字、丸い字、刺々しい字、
右、左へと傾斜した字、角張った字、様々。
小さな字を書く人は、細かい作業が得意な方で、
丁寧に物を作ったりする。
幼児の時に母乳が足りてなかったりすると、
字が小さくなる。
女性は最初は恥ずかしがり屋で、
慣れてくると男性的な性格が出てくる。
諦めのよい人だ。
男性は逆に女性的で優しく、極端に暴力を嫌う。
この性格気質と母乳の量の加減が必ず合致することと、
それが生年月日の十二運に出ることが、
四柱推命の素晴しさで、
自然界に驚嘆する事象が人を形成していく。
ミルクと母乳は違うことも証明している。
化け学を化学とは、良く言ったものと感心する。
化学は、科学も人類の敵、自然界への人為的公害だ。
恐ろしい。
ひと知恵が人を苛めているから。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月14日
「 時代遅れ 」

手の爪を切るとき、
左手の指から切る人は楽天的で、
右手の指から切る人は苦労性と言われる。
簡単なことを先に済ませるタイプと、
難しいことを始めにする人の違いを
表現した行動バターンの違いを表すものだ。
楽天的な人は、取りこぼしが少ないので
得な生き方が出来ると。
自民党の議員と野党の議員の違いに通じる例えともなる。
だから野党は伸び悩む。
共産党の古株は、まだ学生運動の在りかたに
拘る頑固さが抜けていない。
つまり時代遅れも甚だしく、
日本の政治の足を引っ張っている連中とも言える。
党の名前を変えることさえ出来ない頑固っ垂れに、
誰がついていくものか。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月13日
「 赤い糸ではない 」

丙の辰の日の次の日は丁の巳となる。
丙辰と丁巳は縁が生じやすい。
乙の巳の前日は甲の辰。
丁の巳と乙の巳よりも、
丁巳と甲辰は縁が生じやすい。
巳と沖する亥を戌が守ので、
巳と戌は縁が生じやすい。
日干日支だけでも縁の有る、
無いを論ずることが出来る。
これに年柱、月柱の支を見て、
方合となったり、
三合、類似三合が男女間で成立すると、
縁が強くなる。
日干の相性が良く、干支の組み合わせを診ること。
これに大運の絡みを読むことが、
命学に於ける縁の有る無いの鑑定の極めつけである。
人間関係や男女間の相性は本来、
簡単に判断出来る。
赤い糸などと言う難しいものではない。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月12日
「 相性、縁のある、ない、が決めて 」

大運刧財、大運傷官、
大運偏印、大運偏官、大運比肩。
この後天運での結婚は離婚への間口となる。
なら大運の食神、偏財、正財、正官なら良いか?
相性、縁のある、ない、が決めてとなる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月11日
「 精神科ではなく、優れた占術家の指導が良い 」

羊刃となる帝旺、冠帯を持つ日干が
陰陽の火、水の人は神経を病みやすい。
病名としては、統合失調症、神経症、躁鬱、
心的外傷ストレス、など。
特に偏財の沖、偏官の沖になる年は、鬱になりやすい。
偏財の沖は身体を動かすことに徹すること。
新たなる地に於いて快調となる。
偏官の沖は偏財の沖とは異なる行動療法が必要。
バケツの汚れた水を、新しい水を徐々に注いで、
清い水にするように心の傷を癒すのであるから、
時間を要する。こちらも行動力が必要。
精神科にいくと、さらに深みにハマることになりやすく、
優れた占術家による指導の方が良かろう。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月10日
「 学んで 」

ベルリンの壁が解き放されて、
その後の元東ドイツでは崩壊前に生活が成り立ち、
なんとか生き甲斐を見いだしていた人達が、
統一後に置き去りにされ寂しい人生を送る結果となった。
特に年配者は、順応することが出来ずに心が病んでしまい、
自殺者が多かったと伝えられる。
旧東ドイツの特に過疎化されていた地方では、
職業を否応なしに変えざるを得ない人達が沢山いて、
仕事仲間を失い、家庭をもなくす。
政治や経済の急激な変化は、
若い人には希望となるとしても、
年長者には失望となることがある。
今の中国や北朝鮮は、
変革に付いて回る犠牲は想像しがたいほどあろうに。
今さら変革させることが出来ないほどに固まった岩の如く。
貧困が極まらないと変革は難しいのを、
上層部は悟っているのだろう。
戦後の日本やドイツから大国は学んでいる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月9日
「 どれもこれも人間の暇つぶし 」

女子卓球のオリンピック代表を競う若い選手を観て、
これほど必死に彼女達がやる必要性はどこにあるのか、
と腑に落ちなかった。
これを騒ぎ立てる報道にも疑問は残ったし、
戦いの後に残るものとは?
残せるものとは?
一方では政治家の派閥争いから、策もないし、
まとまりもない野党間の争い。
向上心を持たない、
足を引っ張るだけの醜い権力抗争ばかりが目につく政界。
卓球と政界が対照に存在しているが、
大衆は振り回されっぱなし。
どちらにもだ。
これが日本なのでしょうか。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月8日
「 福袋 」

正月の初売り。
何たって人気は福袋。
男性は若い時は1、2度買っても、
親父になると買わない。
女性は幾つになっても福袋が好きな人が多い。
ある文化人曰く。
男は玉の袋を持っているから、
袋の中身に興味がない。
知れてるものと悟る。
女性は袋を持たないから、中身を知りたい。
だから福袋に期待する、と。
真意の程はさておいて、
男を言い表す、握り金たまの意味を
奥さん、彼女は知っているかな?
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月7日
「 無理して長生きせんでいいよ 」

東大出のカラッポ医者やら、糞のような政治家やら、
権威を傘にエラッツソウニしている奴らにヘラ打つな。
泣き寝入りするな。なんと優しさのない社会。
親父、おふくろには、
こんな世の中を生きさせたくはないから、
早く亡くなって良かったね、と声をかけてやる。
そうすると、あんたも大変やろうね。
無理して長生きせんでいいよ。
タバコを無理にやめなさんな。
こっちの世界は楽やから、いつでも来たらいい。
そう答えてくれます。無理しなさんな、皆さんも。
あの世からのメッセージです。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月6日
「 恋愛とはリサイクルである 」

恋愛とはリサイクルである。
古くても良いものがある。
が、見た感じが良いと手を出したら、
実はとんでもないクズだったりする。
新品は機能満載で高い。
高いからと良いと考えがちだが、
無駄なものが沢山ついていて、
使いこなせなかったりする。
売る方は御上手で、貴方に良いことしか言わないし、
貴方のことを親身になって売るわけがない。
貴方をリサイクルショッブは、見下したように、
ヤス〜クしかとってくれない。
一筋縄ではいかないのが恋愛や結婚の相場だ。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月5日
「 もう一回 ギャンブル 」

自分が落としたことに気付かなかった、
例えば500円玉。
これを拾って、おっ、500円拾った!
人生にはこんな事、これに似たような事が起こるものだ。
では500円をわざと落として、
また拾うことがあるかと言うと、ない。
見返りを求めた行為には、見返りがなく、
見返りを求めない行為には、見返りがあったりする。
勝とうと思ってやるギャンブルは負ける。
勝って当然と思える時は、勝てる。
これがギャンブルの極意。
これは依存ではない。
ギャンブルを死ぬほどやると、依存どころか、
遣り甲斐へと変わる。
プロのギャンブラーは、仕事でギャンブルをする。
人には解らない世界が有る。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月4日
「 活字は活きたエネルギー源 」

男は神を知ること以上に、女を知ることが難しい。
女は男を知ると、すべての女が恐いものであることを知る。
だから男は塀の中に生きるようになる。
人に疲れて、この文をある方に送った。
彼ならば理解できると思い。
すると電話までいただいた。
最悪の体調が続き、電話をかけることも出来ない位に
辛い毎日を送られているのに。
こっちの方が驚いた。高野さん、これ名文やね。
その人は元気そうに喜んでいるような明るい声で話を続けた。
かっては北九州一のヴォーカリストだった福田純太郎さんだ。
年越せたら家に行くことになった。
この一文で喜んでいただけて、活力となると言われて、
やはり活字は活きたエネルギー源であるのかを感じられた。
井島さんが亡くなり意気消沈していた矢先の純太郎さん。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月3日
「 宇宙の共有 」

生物体の潜在意識はミミズも人間も
宇宙の次元では共有しあっている。
ミミズがいるから貴方がいる。
貴方がいるからミミズがいる。
そう言えば、ミミズを土に繁殖させて、
その土で野菜を育てると、有機野菜が育つ。
EM菌と同じように土が生き返る。
有機野菜を農協が促進しないのは、
そんな面倒なことを今さら仕事としてやりたくないからだ。
農協の仕事振りは、地方により変わるが、
福岡県の北九州の農協は、農家に器械と肥料を売り、
そこから利益を得る。
クボタ、ヤンマーの笠下組合となっている。
農家にとり農協は昔の庄屋のような存在で、
逆らうことを憚る。
農協が国策の指導をしているようなもので、
輸入野菜、果物、米、肉などの帳尻合わせをしている。
採れ過ぎた野菜は処分するという矛盾を
農家の方たちは、
本心としてはどう思っているのだろうか。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月2日
「 正月からブツブツと、でも意外と深い話 」

ギャンブル依存に関して。
金が有り余っている人は、ギャンブルに依存しない。
ある種の利権を得て稼げるから、
ギャンブルを馬鹿らしく感じるからだ。
政治家もギャンブルに通じる必死さを要する戦いを
日々しているから、ギャンブルの世界に似た世界で
生きていることになる。
せいぜい馬主になり競馬を楽しむ程度。
学者、研究者、芸術者、クリエイティブな仕事を
生き甲斐にしている人は、人生の生き様こそ
ギャンブル的と無意識に感じることが出来る。
好きなことを仕事にしている人は、
仕事が生き甲斐になるから、
ギャンブルには関わらなくとも、
ギャンブル的な生き方をしているから、
ギャンブルに懸命にならない。
人が人生こそがギャンブルと知れば、
ギャンブルに疑問を抱く。
その懸命さを活かせる仕事を自分を探そうとする。
ギャンブル、博打は、仕事に対して、人生に対して、
生き甲斐を見つけることが出来ない人が、
平和な時代には、懸命になる自分を簡単に
体感することが出来るから、
それを遣り甲斐と感じる落し穴となる。
地方に行くほど、遣り甲斐を見いだしにくい環境と言える。
まず文化的な刺激となる物と人が少ない。
仕事の選択肢が少ない。
都会に比べて保守的である。
地方の過疎化は、致し方ない。
地方に行くほどパチンコは、驚くほど人気がある。
アナログからコンピューターに変わったらパチンコは、
女性、老人、障害をお持ちの方でも、
出来る遊戯と昭和45年を境に変えていった。
ここからギャンブル依存症と呼ばれる人達が、
増えていった。
これは国策でもあり、やがてフィーバーで
警察の利権へと絡んでいく。
円を海外に流失することに歯止めをかけることが、
カジノの役割りとする大義名分が国策としてある。
ギャンブル依存症の治療を保健医療とするのは、
厚生省の利権絡みではないかとも勘ぐるし、
ギャンブル依存症を医療で治療するのは、
御門違いでもあろうに。
社会の在りかた、仕事の様、人間の尊厳に関わる問題を、
医者が口出しするべきことか。
治療を出来るとは思えないし。
医者もピンきり。金のモウジャが沢山いる。
薬剤界、末は大手商事会社、
更には石油へと繋がるのがモウジャの利権。
利権は宗教とも関わる。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和2年 1 月1日
「 明けましておめでとうございます 」

皆様、明けましておめでとうございます。
皆様の御健康と御多幸を願うばかりです。
本年もカレー仙人は四柱推命の学びの一年にするように、
心に誓いをたてまして精進いたします。
宜しく御願いたします。
初詣に行って10円、賽銭箱に入れるのと、
1000円入れるのと、どちらが良いか?
10円が良い。
1000円入れるのは神頼みをする気らしいが、
己に厳しくない心の表れで卑しい。
1000円は賽銭箱に入れるより、
馬券でも買いなさい。
宝くじでも良い。
当たったら人に施しをしたくなる。
遠い親戚よりも、近くの他人。
遠い神より近くの友。
(カレー仙人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ページトップへ
Copyright (C) tablet All Rights Reserved.