Home人気のブログから
平成31年のブログ

◆ 最近のブログ  4 月 30 日
「 平成の世に感謝を申し上げます 」

平成の世に感謝を申し上げます

◆ 最近のブログ  4 月 29 日
「 帳消し 」

お寺にさえ、お家騒動があり、
教会にも神社にもインモラルなことがある。
学校の教師も不倫をするし、同性愛もある。
幼児の虐待や猥褻行為は、今に始まってはいない。
そんな話は昭和の30年代に
身近なところで起こっていたことを覚えている。
坊主、宮司、神父、医者、教師、政治家、みな人間。
その程度であるし、威張らないでもいいし、
どうせ何時か死ぬし、医者でもガンになるし。
いいところを9割で帳消しするかな。

◆ 最近のブログ  4 月 28 日
「 タブレットの食事メニュー 」

高菜にお茶漬け、鰯の缶詰め。
これが美味くて癖になっている。
年齢と共に食事の嗜好が変わる。
パンはこめ粉パンばかり。
1日2食。
砂糖と塩は高くても良いものを買う。
プリンは豆乳の黒糖。
カレーは玉葱でトロミをだし、パウダーのみ。
米は近々、鍋でガス炊き、水は天然水で。
レモンを絞り、黒糖で合わせた自家製濃縮を炭酸か天然水で割る。
オリーブオイルでほうれん草を炒める。
トマトを煮込んだソースを使う。
これがタブレットの食事メニュー。

◆ 最近のブログ  4 月 27 日
「 アナログ文化 」

こんな日本ではあるが、
日本人の物作りの能力は高い人が多い。
知合いの方が、
韓国にドリップだてのコーヒーの指導に招かれて行かれた。
韓国でコーヒーの嗜好が高まっているが、
美味しいコーヒーを入れる技術がなく、
日本で指導者を探すことになった。
また、ある方はパン作りの指導者として海外に招かれ、
第二の人生を歩み始めた。
アナログ文化こそ、日本人が守るべき伝統芸術と、
これからも変わらなく時代は刻まれる。
デジタルには哲学がないに違いない。
大学では農業を必修とするべきだ。

◆ 最近のブログ  4 月 26 日
「 贅沢病 」

肥えすぎ、肥満ぎみ、酒を飲みすぎ、肉のとりすぎ、
運動不足、ストレス、粗食をしていない、
天然塩、カリウムの多い砂糖を使っていない、
風呂に10分は使っていない、ジャンクフードをとる、
宿便をとらない、趣味がない、テレビばかり観る、
セックス足りない、パン食多い、
砂糖漬けの缶コーヒーを飲む、サプリを飲む。
こんな生活していたら、
まず消化器から肝臓に、そして大腸に、
肝臓からのリンパが詰まり、
膵臓に、心臓は肝臓と消化器と繋がってるし、
小腸は良い血液を作るも大腸に宿便があると、
出来なく、大腸にガンが。
石が出来るのは贅沢な飲食が元。
健康に長生きしたければ、粗食を。
それじゃなければ長生きしても痛風持ち。
贅沢病だ。
寿命はある程度は決まってますが、
人により大差あるから、平均寿命なんてあてにしたらダメ。

◆ 最近のブログ  4 月 25 日
「 天然 」

痴呆になりやすい人も生まれながらに決まっているようなもの。
大腸ガン体質、腎不全体質、心臓系、
人の健康法があるとしたら、一人一人により違う。
生まれつきの精子の多い、少ないも決まってるし、
性同一も普通にあり。
太陽の日照時間の短い北欧には、性同一の人が多くなる。
養殖ウナギの雄が約2割になるのも、
天然、つまり自然でないからだ。

◆ 最近のブログ  4 月 24 日
「 高層マンション 」

高層マンションはよらしくない。
マンションに住むなら下の階ほどよろしい。
上の階に住みたい人は、病気になりやすい。
上の階ほど値段が高い? アホ臭い。
高い所は不自然ですよ。
これにオール電化とは、最悪なり。
地に足が着いていない意識はなくても身体は嫌がっている。
まず子供が出来にくくなる。

◆ 最近のブログ  4 月 23 日
「 適職 : 四柱推命 」

四柱推命の生月と日干の陰陽五行による適職を記す。
2月、3月、4月生まれ。
陽の木。
サラリーマン不向き。
美術工芸、音響関連、法律、コンサルタント、理工、金属機械。
自営業良し。
5月、6月、7月生まれ。
外交的職種、芸術関連、飲食、数理哲学、
学術、作家、ジャーナリスト。
根のある甲は上昇志向あり。
頑固でもある。
肝系統弱し。
頭痛持ち。

◆ 最近のブログ  4 月 22 日
「 日干日支の組み合わせ : 四柱推命 」

生日の日干日支の組み合わせが60種ある。
これに12カ月と土用生まれを入れて13をかけると780種。
さらに月の干が10種ある。
7800種の男、女がいる。
これに60種の年をかけると、468000種の男、女がいる。
これに環境、家族、地域差を絡める。
皆違う。皆、命がある。
運命の人には出会えないだろうが、良い人には出逢える。
貴方次第だが。

◆ 最近のブログ  4 月 21 日
「 婚活中の方へ : 四柱推命 」

性格、顔立ち、スタイル、学歴、家柄、精力、健康度、仕事、
年収、清潔度、喋り度、教養、表現力、家族構成、マザコン度、
ファザコン度、食の好み、風呂のは入いり方、料理の巧さ度、
気の強さ度、優しさ度、明るさ度、暗さ度、酒の好き度、
タバコは?片付ける度合い、体臭、口臭、オナラ度、歯並び、
寝癖にイビキは? ペニスの大小? SかMか? 胸の大小?
足の長さ? 金遣いは? けち度は? 頭の回転率?
外ヅラは? 内ヅラは? 女性らしさ? 男性らしさ?
セクシー度? 家庭的度? ギャンブルは?
DVは?種は強いか?さあて、どれを優先するか?が問題です。
婚活中の方へ。

◆ 最近のブログ  4 月 20 日
「 開運色 : 四柱推命 」

木は青色。
火は赤。
土は黄色、
金は白。
水は黒色。
春、秋生まれの木の人は
太陽が必要だから赤色が開運色となり、
夏生まれの木の人は
水を求めるから黒色が良し。
冬生まれの木の人は
寒いから太陽の赤色が良い。
土用生まれは
土に負けないために木の色の青色が良い。
この通りの色を、
服や車の色を選んでいる人は、似合うし運気も良い。
日本のリクルートスーツは、
やたら黒を推奨しているが、よろしくない。
黒の車を冬生まれの水の人が乗って事故を起こすと、
大ケガをして腰から下を痛める。
黒色は霊界に近い色と言われるが、
喪服を見れば、その通り。

◆ 最近のブログ  4 月 19 日
「 火の気 : 四柱推命 」

火の気が他の木土金水にも混じっている。
まず火の外側は熱く陽の気で出来ている。
が、内側に行くに従い暗い。
火の内側には陰の気がある。
これが水。
火は人を焼き殺す。
これが金の殺気。
火は物を暖める。
暖まり万物を繁栄させる。
これが木の性質を表す。
火が万物を生み出す根源は、土の育てる働きを持つからだ。
火にも五行のすべてが息づいている。

◆ 最近のブログ  4 月 18 日
「 陰の火 : 四柱推命 」

陰の火の卯。
横綱、北の湖。
昭和の大関、栃光。
北尾は陰の火の亥。
夏生まれでないと、あまり身体を酷使はいけない、皆。
早く亡くなった。
羽生フィギアスケーターも陰の火の卯。
冬生まれだからこそ運動能力があるのだが。
舞ノ海は陰の火の巳。
解説が鋭い。
陰の火は基本、カルチャーの仕事よい。

◆ 最近のブログ  4 月 16 日
「 マクロビオテック : 四柱推命 」

料理の味付けはなにでするか? 陰と陽を用いる。
具体的に言うと、焼き飯の味付けは、塩とコショウでする。
卵ではないし、玉葱でもないし、ハムやベーコンでもオイルでもない。
塩とコショウの、ナトリウムとカリウムで、
ご飯、卵、ヤサイ、オイルが反応を起こす。
火力の火と空気と材料が、塩の働きで生き返る、と言うこと。
食卓塩や塩コショウはだめだ。
質の良い天然塩を使うこと。
料理が素材が生き返るから。
陰陽こそ料理の基本だ。

◆ 最近のブログ  4 月 15 日
「 テレビ好き : 四柱推命 」

テレビを好きな国民の多い国は、消費力が上がる。
が、少子化が起こる。
今の日本の少子化は、これが原因。
さらにネットの過剰情報。
夫婦はセックスをする時間を、作りたがらない。
これが慢性的になると、ある意味、家庭内他人現象が起こり、
夫婦が共に浮気をしたりすることが多くなる。
今の探偵界では、男性の浮気調査依頼が50%にもなる。
セックスレスから起こる妻の浮気が激増している。
少子化は、子育てが嫌と言うより、
ヤリタリナイ妻の不満があるためだ。

◆ 最近のブログ  4 月 14 日
「 適職 : 四柱推命 」

人の適職を決めているのは、天からの使命なり。
先生、医者、芸術家、警察官、料理人、看護師、
介護士、長距離トラック運転手、整体師、鍼灸師、
音楽家、俳優、司会者、金貸し、スポーツ選手、
各種職人、税理士。
サラリーマンに向き不向きが絶対的にあるのは間違いない。
サラリーマンでも職種は問うべき。

◆ 最近のブログ  4 月 12 日
「 人は誉められて育つ : 四柱推命 」

人は誉められて育つ。
誉めることをしない上司、
先生、社長は、部下、生徒、社員を
育てることが出来ない。
誉めるべき所が無い? いや、必ずある。
誉めるべき所は、当たり前にやれることだ、
と勘違いしている人が多い。
子供を支配することを母親の役割りと、
これまた勘違いしている人が多い。
支配されることが、子の役割と、
子も大人になっても支配されたがる。

◆ 最近のブログ  4 月 11 日
「 若手の有名人 : 四柱推命 」

四柱推命の占いに来られる方に、
吉永小百合と例を出しても、
吉永小百合を知らない人が最近は多くなっている。
20代は勿論、30代にも増えてきた。
若い人のために、分かりやすい若手の有名人を例に
挙げなければならないが、今の若い人は個性がないから、
例えが解りずらい。
芸能人は年を誤魔化しているし、
政治家には皆、興味なく、スポーツ選手は個性がないし。
さてまた勉強しなくてはならないが。

◆ 最近のブログ  4 月 10 日
「 印綬は慾望と解釈 : 四柱推命 」

印綬を母とみたり、資格、学問とみたりは
一般的に四柱推命では知られているが、
深く読むと慾望と解釈するべきであろう。
女性の印星三つは子縁薄しと言う定説がある。
印星が食傷星を剋すから言われる。
大運の偏印では子供が産まれにくい。
印星を剋すのは財星。
父親が母親を大切にしないことを表した、
これも家族関係の有り様を描いている。
父親の力が強い人には、印星よりも財星が出てくる。
母親は慾望が強い存在か。
子供、財、生活費、夫への不満、
女として美しくありたい、姑と競う、
他人より優れたいのが女性の世界。
確かにそのような女性はいるが。

◆ 最近のブログ  4 月 9 日
「 沐浴を持つ人 : 四柱推命 」

四柱推命の命式には、
その人が胎児である時の母親と父親の関係、
二人の有り様が影響して現れる。
母親の精神状態がかなりの影響を胎児に与える。
沐浴を持つ人は、母親の精神状態が不安定であった時の生まれ。
出来ちゃった婚や、予定外の妊娠、姑の過剰な期待、
男を産んで欲しいは、母親には相当なプレッシャーを与える。
男尊女卑、家長制度の昔、
沐浴を持って生まれた女子は、旅芸人か娼婦になる。
古典の四柱推命には書かれている。
時は変わっても、沐浴を持つ芸能人、音楽家、ミュージシャンは多い。
医者や鍼灸師、税理士にも沐浴は、良いように働く。

◆ 最近のブログ  4 月 8 日
「 頭隠して尻隠さず : 四柱推命 」

女性が男性の気を惹く行動パターンが四柱推命で解るとしたら。
かなり具体的に言うならば、
生日の壬申の女性は、
猿らしく自慢の尻を男性に向けて屈んだりするとなる。
壬寅の女性は、
逆に尻込みして、大胆にはなれない。
こんなことも分析出来るのが四柱推命だから。

頭隠して尻隠さず、の諺は申の人を知って生まれたのか。

◆ 最近のブログ  4 月 7 日
「 今年は陰の土の亥の年 : 四柱推命 」

今年は陰の土の亥の年。
占いに来られる方は生日の干が陰の水の方が
当然のように多くなります。
偏官の帝旺と年運がなるからです。
陽の水の方は正官の建禄となり、
会社をやめる方か、昇格となる方がいます。
又、陰の金の方は年運が偏印となりますから、
仕事で転勤や退職もあり得ます。
そう言えば、イチロー選手が今年、引退。
イチローは陰の金ですから、当然と診るわけです。

◆ 最近のブログ  4 月 5 日
「 結婚観 : 四柱推命 」

都会で言う、歳上の男性が相性良いとは、
一回りも二回りも違う相手を指すことがある。
事実、二回り位の歳の違いでの結婚は珍しくはない。
地方(田舎)になると歳上の一般的な解釈は、
四、五歳違いとみなす。
女性が男性を尊敬出来る歳は、四、五歳上ではまれ。
地方(田舎)に於いてはふつう
男女が同等と言う認識が薄いために仕方あるまいが。
ともあれ、
三十離れた夫婦でも本人達が良いとするなら、
素晴らしい人生だ。
若い女性は食わず嫌いにならない方が良いとアドバイスする。
画一的な結婚観をぶっ壊しなさい。

◆ 最近のブログ  4 月 4 日
「 美人 : 四柱推命 」

とてつもない美人。
例えば乙の巳。
沐浴。
男性が振り回される。
自分を見失う、ノイローゼになる。
こんなにあてにならない女性がいるのか。
気まぐれ過ぎて、信じるだけ傷つく。
こんな経験は自分を変えるだけの毒か薬か。
それから恋愛は出来なくなる。
きっと君もだ。

◆ 最近のブログ  4 月 3 日
「 後天運大運が偏印 : 四柱推命 」

後天運大運が偏印の10年間。
ここは人生観の変わる期間。
財星の無い人、弱い人は偏印の時は気を付けること。
この偏印の12運が旺運になると、副業をしたり、
芸術的なことを勉強するとか、少し特殊な海外に行くとか
自分を能動的に取り組む方が良い。
保守的に過ごすと災いに合う。
更年期障害に重なり、水気の強い女性ならば、
神社や寺には行かない方が無難。
仮に行くことになると、赤や青系の色使いで服装を。

◆ 最近のブログ  4 月 2 日
「 限界があることを知る : 四柱推命 」

4月・カフェバーたぶれっとは火曜日も営業しております。
是非お越しください。

人生を幸せに感じるか、感じないかが大切。
幸せに感じるには、楽しかったこと、
楽しいことだけを考える癖をつけること。
楽観主義とは、ちと違う。
慢心とも違う。
苦しいことからは学びなさい。
苦しいことに負けないで学びなさい。
学ぶとは、賢くなりなさいではなくではなく、
己を受け入れなさい。
欲を捨てると楽になることを知りなさい。
お金にあまり執着しない方が楽。
健康でいることにも、限界があることを知る。
つまり、
「自分の持つ袋には入る量の限界がある」
ということを知りなさい。

◆ 最近のブログ  4 月 1 日

4月・カフェバーたぶれっとは火曜日も営業しております。
是非お越しください。

「 親 : 四柱推命 」

立派な親を持つのもキツいし、そうでない親を持つのもキツい。
インナーマザーやインナーファザーと言われる、
心のなかに住む親が、自分自身を責めている人は、
自分に罪悪感を持ってしまい、他人を、また自分をも責めてしまう。
これがあるから己を開放出来ずにもがく。
親と自分は違うし、生きた時代も違う。
仕方ないじゃんか、でいいんですが。
父が黒なら母が白てな具合になりますね。
父が白なら母が黒ですか。
考えてみて下さい。
兄弟に男が多いと男性論理。
女性が多いと女性論理に陥って、苦しいのは母か、父かとなる。

◆ 最近のブログ  3 月 31 日
「 運命的な出会い : 四柱推命 」

運命的な出会い。
この言葉は男性が女性よりも男性に出会うことにより、
人生が良い意味で変化する、と解釈する方が現実的。
女性でも男性だけでなく、女性との縁により機を得ることがある。
占いは異性との関係を診たがるが、それは恋愛至上主義が、
女性の幸せイコールという創られた幻想に酔いやすいからで、
運命の人イコール異性とは限らないのが現実だ。
それは友達、先輩、上司、先生、親、身内、ライバル、
フラれた異性、別れた異性、憧れた芸術家、優れた医者、
と様々であり、決して異性とは限らない。

◆ 最近のブログ  3 月 30 日
「 相撲の力士 : 四柱推命 」

四柱推命で相撲の力士を診ると、
取り口から決め技、性格、寿命までよく解る。
横綱で最長寿命の栃ノ海について。
3月で81歳になった。
春生まれの陽の木で、生年は戊の寅。
寅、卯、生日が辰。
春の陽の木で年干に戊と丙がある。
年から建禄、帝旺、衰。
比刧星が3、食神、偏財と強い。
三支が方合。
勝ち気で相撲が好きで、反対を押切り入門。
15歳、18歳から傷官の十年運に入り、負けず嫌いが、
勝負強さが出てくる。
24歳で腰を悪くする。
27歳が引退時。
74歳の注意年を乗り越えた。
来年が憂いの年。
さらに88歳までは健康年齢。
小柄でも技巧と上昇志向の木の性と負けず嫌いが、
そのまま活かした名横綱だった。

◆ 最近のブログ  3 月 29 日
「 類は友を呼ぶ : 四柱推命 」

四柱推命で男女の引き合いのバターンで多いのが、
類は友を呼ぶケース。
誰かに必要とされたい女性は、誰かを必要とする男性に、
会った瞬間に引き合うのです。
誰かに必要とされたい女性とは、寂しがり屋ですから、
異性に必要とされることで安定を得ると、
潜在的に意識が働きかけ、行動が起こしやすくなります。
誰かを必要とする男性は友達がいない。
家庭が団らんでない。
何かしらコンプレックスを持っています。
それがために一緒に居てくれる。
それだけで満たされます。
愛しているとか、大切にしたい関係を望まないし、
望んだとしても微々たる気持ちであることから、
やがて本音が出てきます。
この関係は、喧嘩になり仲直りした時が快感と感じやすいので、
なかなか別れません。
どちらかがガラリと変われば、相手も変われるのですが。
自分を簡単には変えられないから、困ってしまうのです。
子供時代の
家庭に、学校生活につまずきがあった人に多く見られます。

◆ 最近のブログ  3 月 28 日
「 思い込み : 四柱推命 」

開運ばやり。
何について開運するのか?
開運とは、
これを使えば爽快になると言うCMのようなニアンスでしか
実はないのではと思ったりする。
占いの売り込みは、「貴方は開運していない」が前提であるのか?
「もっと美しくなれる」の美容、整形の売り込みと変わらない。
「貴方は美しくない」を前提にした「思い込み」をさせて引っ張る。
大企業は安定している。
スポーツは爽快。パソコンは便利だ 。
スマートフォンは良い。スターバックスは良い。
イケメンがいい。
そんな「思い込み」をしていて、大丈夫ですか?
これぞ開運のために役立つアドバイス。

◆ 最近のブログ  3 月 27 日
「 妊娠しやすい年運 : 四柱推命 」

女性が妊娠しやすい年運は、
食神、比肩、偏官、偏財、偏印。
日干から見て、陽陽配列または、陰陰配列になる年に孕みやすい。
大運が比肩、食神、正官、偏官、印綬、となる。
男性は日柱が帝旺であれば、まあ種が強い。
但し種が、帝旺でもあっても命式に食神と財星がないと、
育てる力が弱いので、女性に恵まれなかったりする。

◆ 最近のブログ  3 月 25 日
「 帝旺は性豪 : 四柱推命 」

四柱推命で言われる帝旺を日柱に持つ人は性豪とする。
しかし丙午と戊午の比較をすると、
丙午は火の気の蔵干が火の気となる。
戊午は土の気の蔵干が火の気となる。
戊は愛されたい。
丙は相手とは独立自存となる。
まるで違うタイプになる。
土の気は保守的過ぎて、火の気は上がる気で、
相手も上がって欲しいとなる。
火の気は仕事の出来る異性が好きなので、
束縛は土の気のようにはしない。
火の気は溺れても必ず上昇するので、
恋愛から女性を、人生を学ぶ。
火の人はだから芸術的である。

◆ 最近のブログ  3 月 23 日
「 大運 : 四柱推命 」

四柱推命で財星か食神が月柱か年柱にあれば恵まれた人。
さらに正官が1つあれば、なお良い。
日柱に正財か正官のある女性は結婚運が良い。
結婚運が悪いのは、財星がなく、
大運で20代で刧財、傷官、印綬、偏官、偏印、
などの大運が来る人は、慎重を要する。

◆ 最近のブログ  3 月 22 日
「 遠方の方でもどうぞ : 四柱推命 」

「四柱推命を勉強したい」と静岡県の方から連絡が入りました。
ある程度理解されてる方ならば、
遠方からの方でもタブレットで四柱推命を習得できますが、
一度だけは小倉にお越し頂いた方が、やり取りがうまくいきますので、
そうお願い致しました。
四柱推命は、『五行に始り五行で終わる』と言われています。
何月生まれの日干が何であるかが基本です。
陰陽五行でどこまで審察出来るのかを確認しないと
話を前に進めないからです。
現在、京都からも生徒さんが来られています。
遠方の方でも四柱推命を勉強されたい方は、ご連絡ください。

◆ 最近のブログ  3 月 21 日
「 日干が陰か陽の木 : 四柱推命 」

四柱推命で日干が陰か陽の木の人で、
生まれ月か日の蔵干に陰か陽の木がない人は、
最初に木運が年運に来たら、足腰がしっかりする。
つまり死木が生木となるのだ。
生まれて一年そこらで発達が出来る乳児もいれば、
何年か経ってから健康児になる子もいる。
あまりに早々に心配しなくても大丈夫。
西洋医学で解らないことが、四柱推命で解るから、
余り医者の言うことは当てにならない。
大運が始まるまでに、子供は病気もしやすいが、
大運が3、4、5、6、7歳位から始まると、
ほとんどが健康体になる。
つまり個人差が発達にはかなりある、と言うことだ。

◆ 最近のブログ  3 月 18 日
「 宗教 : 四柱推命 」

四柱推命は宗教で救われない人の為にある学門、哲学である。
寺がやがて過疎化、少子化により、経営が難しくなり、
一部の熱烈なる信仰人間により保たれるならば、
一人あたりの上納金が高くなる。
この形は新興宗教的な経営に似通ってくる危険性がある。
資本主義の終焉が日本で起こり、世界にも拡がりつつあるが、
カルト的な宗教は
さらなるカルト色濃くして生き残ろうとするだろう。
仏教も実際はカルト的なものであったはずだが。

◆ 最近のブログ  3 月 16 日
「 運気 : 四柱推命 」

四柱推命に来られた方が、
散々あちらこちらの占いに行って、
タブレットにたどり着いた。
住んでいる場所が悪いだの、名前が悪いだの、と言われ。
そんなことで運気が変わるなら、誰でも良くなるし、
誰でも占い師として一流になれます。
貴方の運気は宗教的なモノを越えた次元で自分を知ることから、
変えることが出来ます。
自分自身の持って生まれた宿命と、後天的な立命を知ることから、
仕事選び、男性縁、身体、心身との付き合い方を変えないと。
この方は変わっていくでしょう。

◆ 最近のブログ  3 月 15 日
「 価値観 : 四柱推命 」

四柱推命には、
その人の人生の道しるべが絵に書いたように潜んでいる。
これを知らずに、流されて生きていると、
運とツキだけで勝負をしているパチンコ好きと変わらない。
結果、負けて、時間と金と労力を捨てているだけ。
綺麗な女性が結婚を誤る。
そうでもない人が人並み以上の生き方を楽しめている。
綺麗と言われて図に乗ると、とんでもないことになるし、
一流にすがっても奈落の道に辿り着く。
自分の好きなアニメが原因。自分の親の価値観が原因。
マスコミの価値観に騙されていたり、
学校教育が毒していたり、貴方の敵を知らないうちに、
味方と勘違いしていたり。
万人に共通する薬はないし、共通する価値などない。
今の時代はすべてpropaganda。

◆ 最近のブログ  3 月 13 日
「 印授 : 四柱推命 」

四柱推命で印授を持っている女性は、
看護師になることが多い。
印授を若い時からそのまま用いて看護師になると、
独身女性にはマイナスとして作用していることが多い。
婚期を逃がす。
子供が産まれにくくなる。
生まれても男児が少ない。
看護師をすると財運が下がる。
男性運が下がる。
父親が病気になりやすくなる。
欲望は強くなる。
身体を病んでくる。
家庭運が悪くなる。
看護師になるには、母親との縁の薄い人なら、適しているが。
四柱推命の現代での診察結果である。
官星が旺じて印星のない人には適職とする。

◆ 最近のブログ  3 月 12 日
「 陰の火 : 四柱推命 」

陰の火は上昇志向が強いし、
強く上昇する人ほど地上に灯りを広く強く灯すために
生きていかねばならない。
やがて太陽に近付くにつれ、役割は薄れていく。
人が無限ではないとは、
そう言う意味をも含めているからだ。

◆ 最近のブログ  3 月 11 日
「 墓 : 四柱推命 」

土の陰陽ともに、ワキガが多い。
男性の金、陰陽ともに若くして体臭が強く、
加齢臭とやがてなる。
比肩の墓は幼少年で身内の生死別。
刧財の墓は兄弟に死別ある。
食神の墓は先祖に相当な資産あるも、
その後はよろしくない。
傷官の墓は両親に幼少で生死別となる。
偏財の墓は父と縁薄い。
正財の墓は妻がケチ。
偏官の墓は子縁薄い。
正官の墓は名を汚す事件が起こる。
偏印の墓は母乳少なく芸人で幸せになる。
印授の墓は若くて母と別れる。

◆ 最近のブログ  3 月 9 日
「 女性の命式 : 四柱推命 」

女性の命式の日柱に
偏印、比肩、刧財、傷官、偏官、あるはまず破婚。
帝旺、冠帯、墓、破婚。命式自星強いのも破婚相。
印星多いのも破婚相。
官星多いも未婚相。
傷官の陽干も破婚相。

◆ 最近のブログ  3 月 8 日
「 若い方 」

昨日、二年生に今年なる女子高生が二人来られた。
共に進学校に行っている。
二人の共通の質問は、自分の人生はどうなるか?
結婚、恋愛、仕事は?
大学に行くより手に職をつけなさい。
貴方は税理士が向いてます。
貴方は映像の才能があるから、好きですか? やはりね。
二人とも家を早く出る方が
結婚もうまくできるようになれますから、
一人暮らしを卒業後は薦めます。
本を読む。
映画を音楽を楽しみながら、
疑似体験することが豊かな考え方を育てます。
二人で三時間。
若い方には教えたい事が沢山あります。

◆ 最近のブログ  3 月 6 日
「 亥と巳 : 四柱推命 」

生年、生月、生日の干支に亥と巳があると、心が不安定。
これに食神と偏印があると、十中八九、女性は夫と生死別する。
亥の多い人は美人ではあるが、色情で男を陥落させてしまう。
また四柱に亥が多いと、双子を生む。
亥を持つ人は目に一癖特徴がある。
舛添氏のあの吊目がそう。

◆ 最近のブログ  3 月 5 日
「 占いの真意 : 四柱推命 」

支那、中国の香港、上海から伝わった占術は、
極端過ぎる嫌いがある。
本来の四柱推命は良い、悪いを診るものではなく、
その人にあった生き方を指針として伝えるものだ。
先祖の供養が足りないとか、
井戸があるから悪いことが起きるとか、
そんな他力本願的なものではない。
生れつきの先天運が良くても、
気を付けるべき年があるし、
先天運が偏よった人は母胎の中ですでに、
個性的な生き方をするようになって産まれる。
自分が解らないから悩む。
その悩みが希望や目標に変わると、人生は花開く。
資本主義の世の中を上手に生きる方法を知らせてあげる。
これが占いの真意だ。

◆ 最近のブログ  3 月 4 日
「 沐浴 : 四柱推命 」

沐浴の12運を持つ人は、街をウロウロしている。
よく見かける人、よく見かけると言われる人、
よく見かけると言う人。
この関係には、沐浴を持つ人が必ず絡んでいる。
沐浴を本来、持っていなくとも、沐浴運にある人も含む。
沐浴を持つ人は頭が賢いために、また気紛れであるからして、
予約なしに訪問する。
沐浴を持つ人は靴がピカピカしている。
何足も持っている。
シャツのエリがビシーとキレイだ。
身だしなみに気を使うから、よく見える。
自転車が好き。漢方薬が好き。映画が好き。宝塚が好き。
スポーツ観戦が好き。決断が早い。予想が下手。
古風なものを好む。味にうるさい。
すき焼きに拘りがありすぎる。

◆ 最近のブログ  3 月 2 日
「 偏官 : 四柱推命 」

偏官を七殺とも言う。
自分の生日から数えて7番目にあたる陰陽五行を言う。
陰の火で言うなら陰の水のこと。
陽の土なら陽の木。
この解釈の深さは簡単である。
軍人気質でも最前線のレインジャー。
後天運の偏官大運が最初に来ると、孫としての扱いの家庭運。
祖母から育てられる。
父親、母親との不仲でもあり、
母親からも愛情たっぷりとはならない。
晩年の大運偏官は、孫の面倒をみる、
関係が強くなる、と審察する。
子供の離婚や死別が絡む運気。先天運にあり、
背丈が小さいと狂暴を帯びて、悪になる。
偏官は軍人気質の人間魚雷を志願する、
また命令に忠実な性格を作るので、
ヤクザの世界では鉄砲玉になりやすい。
あまり偏官が多いと短命となりやすい。
義理人情に弱く、サービス残業が多くなる。
これを弱める方法は、自分を知って、沢山の趣味を持つこと。
愛に生きることなどが大切。

◆ 最近のブログ  3 月 1 日
「 五行相剋 : 四柱推命 」

木と土の日干の人はお喋りが得意とする。
火の日干の人で水が多いと木を求めるから、お喋りとなる。
水のない人は木をさほど求めないから、おとなしい。
寡黙。
怒ると激しいのは火が炎上してくるので木を必要とするから、
怒れば激しい口調になる。木の働き、つまり肝臓が傷む。
癇癪のカンとは肝で木である。
喋る人はたえず肝臓に負担をかけていることになる。
水はおとなしさ。静寂。
水は聴覚だから、うるさい喋りに疲れる。爆音で聴覚を失う。
金の人はグレーがないから、喋っても無駄な部分がない。
木や土ほど長くは喋らないし、あまり喋ると肝臓を壊す。
だから表現力に劣る。
また白黒しかないから、一方的な発言で気が収まるからだ。
相性は肝臓と、性の力、腎経で決まりやすい。
決して相性がいいと思い込むのは早計。
自分に都合が良いからだ。
五行相剋が人間関係の鍵。
話の話題で気を高められる、
これが人間としては相性が良い 間柄となる。
気は人、人格を作る。だ
から学問は性格をも変える。気を高めるのだ。
高めないものは音楽、映画、料理とて、実は下らない。
感性のエネルギー、栄養がないとなる。
下らない今の教育が寂しい人を作るし、社会も駄目にする。
それを政治に求める人は、ムダ。
自己実現をしなさい。

◆ 最近のブログ  2 月 28 日
「 木火土金水 : 四柱推命 」

火と木は天に向かって上昇する。
金を雲とすれば雨で水を生じる。
金属の刀や斧であるが、水を生じる物は雲でもあり、
金属が発見される前は、金を雲とみた。
故に金は白となる。
陽の火は太陽で陰の火は地上の灯火とみるが、月ともみる。
月の明かりは地上を照らす。
満月は明るく、なら灯火は気を休める。
新月は闇夜で灯火は活発になる。
灯火の人は暗闇の社会には輝く人となれ、だ。

◆ 最近のブログ  2 月 27 日
「 医学 : 四柱推命 」

四柱推命が医学と融合すれば、今の栄養学も変わる。
精神疾患もカウンセリングでは無理な壁をも乗り越える。
それを実現するには占術を占術者が
さらなる研究をしなくては認められない。
僕は岐路に立っている。
医学に四柱推命で進むか?
今の方向で良いのか?

◆ 最近のブログ  2 月 26 日
「 宗教 : 四柱推命 」

九星気学や六星占術が当たらないのは、
占術者の勉強不足から起因する。
空亡や大殺界をどうしたら救えるかを知らないからだ。
四柱推命には救いや癒しの術があり、
これを用いると方位の理論を制覇することが出来る。
風水にしても成り立たないことが理解できる。
占術は人を救うために存在する価値があるので、
人を救えないなら宗教以下になる。

◆ 最近のブログ  2 月 25 日
「 ご来店ありがとう 」

今日は久留米から御夫婦が来られました。
僕のブログを毎日、読んでくれているそうで、
そのブログの内容を話題にして下さっているそうです。
陰陽五行を理解できているようですし、話が弾みました。
結論は、歳をとってからの人生が楽しければ、すべて良し。
若いときの迷いや、どうしょうもない苦しさ、
歯がゆさから逃げるよりも、
人の様々な生き方を知ることが見識を深めるし、
世間の価値観に振り回されない生き方が出来る。
そういうことを考えると、都会の方が陽気になれる、でした。

◆ 最近のブログ  2 月 24 日
「 陰と陽 : 四柱推命 」

陰と陽の人の東洋医学で言うツボ。
陰の人のツボは深いところにあり、
陽の人のツボは浅い部位にある。
鍼を刺すのにも陰と陽の人により、
深くか、浅くかで指し方が違う。
陰の人は陽の人にツボを押さえてもらうこと。
陽の人は陰の人にツボを押さえてもらうこと。
施術者と被施術者は陰陽の関係が良し。
男と女の関係が良しともなる。
気は皮膚と肉の間にある。
魚も果物も皮ごと食べるべき。

◆ 最近のブログ  2 月 23 日
「 大殺界 : 四柱推命 」

空亡、天沖殺、また大殺界が当たらないのに、
これを言う占い師。
香港経由から来た四柱推命をしている人。
空亡占い、と正式には言う。
虚と実があるので、子丑が空亡なら午未も空亡となる。
さらに年、月、日のそれぞれの干支で空亡を出さねばならない。
そうすると4*3=12となることもある。
つまり方位はあてにならない。
気学や六星占術は当たらない。
時間は季節でないから時柱は参考程度に。
ホソキは当たらないのに。

◆ 最近のブログ  2 月 22 日
「 陰陽五行 : 四柱推命 」

食神と傷官。
陰陽配列が良いとされるのに、
何故、陽陽、陰陰配列になる食神が良いのか?
これを解説、説明出来ない四柱推命の占い師の鑑定は、
素人と知るべきです。
占い師に尋ねてみる。
説明が曖昧なら、バイバイして下さい。
ヒントを。
刧財が何故によろしくないか? これは陰陽配列。
何故か?にあり。
変通星は参考程度に。
あくまでも陰陽五行で観ないと、
何十年勉強しても一人前の占い師にはなれない。

◆ 最近のブログ  2 月 21 日
「 金・水 : 四柱推命 」

酸性体質は日干が金の人。
金の人はガンになりやすい。
アルカリ性体質の人、日干が水の人でも陰の水の癸の人は、
80%の人がガンになりにくいが、カリウムの数値が高くなり、
腎不全で亡くなります。
金の人は肉食を好むために、便秘や下痢を繰り返します。
癸の人はヤサイ、果物を過剰摂取して腎を患います。

◆ 最近のブログ  2 月 20 日
「 相性 : 四柱推命 」

相性が最悪の二人が結婚して子供を授かる。
相性の悪さが子供に出てきます。
どう出るか? 最悪、悪い、良くない、まあまあ、
良いとしても注意あり、こんな段階的な男女の相性を表すなら、
最悪の場合は結婚が出来ない子供が生まれてきます。
人間が変態生物であるかの如く。

◆ 最近のブログ  2 月 19 日
「 十年間 : 四柱推命 」

四柱推命は会社の倒産時期が出ます。
この十年間を知ることで防げます。
またこの十年間での結婚は100%後悔となります。
離婚率は90%。
この時期が25歳から35歳の間にかかる人がいます。
別れを覚悟で結婚するなら、と伝えます。
根性を出したとしても、破財になりますので、
別れざるを得なくなります。

◆ 最近のブログ  2 月 18 日
「 金: 四柱推命 」

欧米人は金気が強いから、殺傷を起こしやすい。
金は骨、肺系。
体質が酸性となる故に、肺癌になりやすいからタバコが害となる。
骨太だからランボウ。
破壊的だから戦争をけしかける。
ケンカ好き。肺と骨が立派だから歌が上手い。
中道でないから革命が起きる。
日本人は土性が強いから中道で、悪くいうと曖昧。
宗教で戦争なんかは理解し難い。
家康は水、土は秀吉、信長は金らしい。
安倍首相、トランプ大統領、北朝鮮のあの方も、金。
金は破壊力はあるが物創りは下手クソ。

◆ 最近のブログ  2 月 17 日
「 四柱推命 」

四柱推命の五行。
どの五行にも他の四つの行を持っていることを知るべきだ。
解りやすく金の破壊性を木、火、土、水が持っている話をしよう。
正確には五行相雑論についてだ。
金には万物を断ち切る、殺気をはらんでいる。
木の殺気は木刀。
これで人を殴り叩く。
火の殺気は火で人を焼き殺す。
爆発する。
土は金の様な岩を持つ。
これが強固な石垣となり外敵から身を守る。
金の刀も折れてしまう。
水は津波、洪水となり万物を破壊する殺気を持つ。
金は火に弱いから水を出す。
善人、悪人かかわらず、人も殺気を産まれながらに持つのだ。

◆ 最近のブログ  2 月 16 日
「 四柱推命 」

土のある人は孫に恵まれたりする。
木のある人は祖母と縁がある。
これが四柱推命。

◆ 最近のブログ  2 月 15 日
「 皮膚科と皮膚科整形外科 」

皮膚科と皮膚科整形外科、どっちがいいか?
本当に皮膚の炎症だけなら、皮膚科にしなさい。
待たされない。安い。早い。
街中には皮膚科専門医院が少ない。
街中には皮膚科整形外科医院が多い。
患者は女性が圧倒的。
綺麗になりたい願望の強い人が来る。
予約制であるから、病の方がいきなり行っても
待たされてしまうだけ。
街中、高い家賃、でも女性客が仕事の合間に来れる。
応対が病院らしくない低姿勢。
ここは特殊な世界だな、おじさんには。

◆ 最近のブログ  2 月 14 日
「 udauda 2 」

飲食の世界。
アナログの極めつけの中で、人、男は訓練、研究を積み重ね、料理人に必要な感を育て上げた。 昭和50年代は飲食店がレトルトを使うことは恥であった。 負けたくない、尊厳を得るために平和な時代、戦争に命をかけることのない料理、職人は、仕事に体を張ってアナログ文化を学んだ。 大学生は勉強してもマージャンも出来た。 このマージャンは勘、読み、ツキ、相手の癖、策戦、意外性、根性、勇気、研究、人生を学ぶような対決でもあった。 マージャンこそアナログ文化の極めつけの娯楽、ギャンブル。 対決の直面時間は三日三晩、いや満月から新月まで続くこともあった。 男性がやはり好きなマージャン。 マージャンのプロは三日三晩で百万を稼いだ。 男が熱中すると、死ぬまでやるくらい馬鹿だ。 そんな男は推理小説が好きで、競輪を愛した。 競輪は選手同士の心理の駆け引きを推理する。 これも勘、読み、研究、選手同士の同期の仲のよし悪し、同郷であるとか、性格までも読む。
なんたる究極の世界。
僕は幸いにしてマージャン、競輪、手打ちパチンコではプロと言われた時代があった。 このままギャンブルで飯を喰いたいと18歳まで真剣に考えていた。 人生がギャンブルそのもの。 が、半自動パチンコが登場し、マージャンも自動積み上げの器械が出てきて、器械とギャンブルは出来ないと、飲食の世界に入った。 そしてダウン誌をつくることに賭けてみることにした。
おいらの街。
無謀、出来るわけない、反対意見、後ろ指を尻目に無心にやった。三年たった。 ロング、ロング、ハード、ハード、セックスをした心地だった。アナログ文化だから出来た。金がなくても出来た。人の三倍働いた?活動した?ギャンブルした?野生に生きた?小倉と福岡を1日に軽自 動車にチラシを山積みして四往復した記憶がある。 高速道路のない時代に。 そのチラシはアリスのコンサート九州5ヶ所分のチラシだった。 金がなくても楽しい人生と言う人がいる。金があっても人生が楽しくない、と言う人がいる。 僕はお金が欲しいから仕事をしたのでは、幸せにはなれない、というタイプの人間だ。 つまりお金があっても楽しくないと嫌なんだ。 だから金はそこそこあれば貯めなくても、使って楽しめる本やビデオ、CDを買いたい。 だから僕にとってのストレスとは、よろしくない映画、音楽、本、さらに料理、よろしくない占い師、整体師、医者、政治家、よろしくない専門家の括りになる。 仮面を被った偽善家とも言う。 北九州はアナログ文化をもっと大切にするべきだ。 街創りはアナログ文化てきでないと、スペースワールドの二の舞になる。 ネットは使い方によってはアナログ文化を疎外することになる。 ネットのおいしい店を信じる人がいる。 ネットで出会い? 街を歩き回って、この人はと感じる人を探さずに、好い人など見つかるものか。 楽して出会いがないなど言うべきではない。 合コン、三回参加してダメなら、半永久的にだめです。 家にオタクしていると精子が弱く少なくなる。 やがて日本にも徴兵制がしかれる時代が来るだろう。 そんな時代を前に、家庭的に家を建てようなんて考える人がいることが、実は無知な日本人を象徴した人。 勘のよい人、世界を読む力のある人はすでに、第二の地を得たり、考えたりしている。 福島の原発はまだ危ない。 他の原発も危険含み。
今を生きる。
いかに生きるか?悔いのないように自分らしさを活かした仕事をしていますか? ナーバスから脱皮して、潔く生きなさい。 電気供給の自由化に伴い、詐欺が多発している。 まず電気代を聞き出す電話や営業が来たら、間違いなく詐欺。 九電から来ているなら使用料が最初から解っているので、聞く必要がない。 ここがポイント。 着信拒否に電話はしましょう。 この話を皆に知らせたら詐欺が防げます。 また人の仕事を奪うのはよろしくない。

◆ 最近のブログ  2 月 13 日
「 udauda 」

虐めや虐待、嫌がらせ、バワハラもセクハラも嫌がらせになったり、カツ!であったりする。 愛情をもってしても逆にとられる。 子供が好きな女の子にちょっかい出すように。 愛の定義は本来、多種多様であるはずが、いまの時代はギクシャクして寛容さが失われている。 被害意識しか働かないのは、世の中が世知辛いだからだろう。
なぜ、こうなったか?
まずは男性の中性化が起因している。女性化とは言わない。 女性の方が野生的だからだ。何度もここで言っている。 女性は生理がある。妊娠をする。 出産をし、授乳をし、やがて閉経していく。 この野生的を持つから男より逞しい。 月、潮の変化に同調して生きていく。 宇宙的であるから悟ることを心身で体感する。 男は女性的と言うべきではなかろう。 中性もおかしな表現。 草食動物も出産がある。 なら野生的でないことを養殖化と言う方が的を得てるか。 アナログ文化の衰退。マニュアル化。ネットの依存性。美容整形。 ゲーム。ビジネスも女性ターゲット。 アニメ、マンガ、アイドル、レトルト、ジャンクフード、IH、電子レンジ、テレビの低俗化、マスコミのいい加減さ、電動パチンコ、必要以上のアスリート熱、スポーツやり過ぎ、街には本物をマガイモノが覆い隠している。 マガイモノを商売にする悪徳商人が世の中をダメにしている。

◆ 最近のブログ  2 月 12 日
「 高齢化 」

高齢化に伴う経済効果を問うとしたら、
介護、医療医薬、葬儀、美容、ロボット産業、健康食品、か。
が、やがて先細りしていく。
年金の行き先は結局、
大企業とそれらに携わる人の所得と回り回っていく。
介護施設を国営化するのが利に叶う話ではあるが、
そこにまた公務員が増えることになるし、
先細りの仕事であると政府も知ってか、
民間に任せてしまった。
雇用を生むが、介護の仕事は今後の課題を残している。
国営が無料化とは決してならない。
過疎化する、さらにしていく地方には、
必要以上の市会議員や県会議員がいる。
過疎化とは、子供がいなくなること。
地方を大切にするなら、
農業に農協なしで振興させることが基本だ。

◆ 最近のブログ  2 月 11 日
「 気を大切に 」

気の欠乏、過剰が人を狂暴にしたり、
迷惑をかける行為として出る。
いくら英才教育を受けても、頭と気、また心とも気は違う。
人が成長していくのは頭、心ではなく、
気があるから成長していく。
気を大切にしなさい。
気が合わない人がいたら、近付かない。
気が合わない仕事なら早く転職を。
気が良くない人間を増やしたのは、化学、科学、ビジネス。
気は東洋医学、東洋哲学。
つまり東洋にしかない言葉。
欧米には気を表す単語がない。
そのものズバリだからキリスト教がひろまったか。

◆ 最近のブログ  2 月 10 日
「 立春 」

春になりました。立春が過ぎたら春。
残寒はあるが、残暑もある。
春は木の季節。
僕は毎年、春になると本を読みたくなる。
野口整体の野口晴哉の本をまた読み直している。
体癖の12種類と12支の関連性を探し始めたのだ。
肌のカサツキはセックスと関係ありと東洋医学ではあるが、
野口晴哉も同じ見解。どうも四柱推命をも野口晴哉は
勉強していた節があちらこちらにある。
アダルトビデオの見すぎ、頭デッカチの性知識、
曲がりもの玩具などの悪態が、
女性を満足させることの出来ない男を量産していると、
彼の書にも書かれている。
女性が結果、豹のようになると。
女性を愛する力のない男性が原因で少子化が起きている、か。
奥さんの肌がそれを表している。
余計なことばかりするな、考えるな、男やろう?

◆ 最近のブログ  2 月 8 日
「 悔いのない仕事 」

自分の才能を活かさずに生きてきた人も、
来るときが来たら転職していきます。
どんなに安定性の高い仕事、会社に勤めていても、
定年を前に辞めていく。
そして、悔いのない仕事へと。
音楽ひとつにしても、
ピアノよりバイオリンに向いている人は、聞くと、
ビアノをしてきたのは間違いだった、と言われます。
水の人はビアノよりバイオリン向きです。
作家になりたい人が、
もう先生を仕事にして生きるのは苦しい、と辞表を出します。
自分を知ることは大切です。
世間の一般論は通用しません。
親もしかり。
金を追う人、芸術を追う人、とでは尊厳の質が違う。

◆ 最近のブログ  2 月 6 日
「 十二運の続篇 」

十二運の続篇です。
衰は長老。
頑固な年寄みたいに気分に波があります。
長老だけに気ままな生活行動となる。病は病人のように甘えます。
美的センスは抜群。M。
死は、死人のようにマグロタイプ。
感がいいのとブヨを一発必中でしとめます。
努力に自ら制限をかける。
墓は安定を求めて生きます。
父親をなかなか尊敬しないし、我は強く子供好き。
父が働き者なら、自分も働き者になります。
絶は淋しがりやで気は強い。
名器の持ち主だから、駄目男が好む。
気分が不安定で、嫌いな人を徹底して嫌う。
胎は小さいときは人見知りで、馴れるまでは奥ゆかしいが、
馴れたら大胆。
諦めが良く、細かいことを好む。
男は女性的。
養は家を離れる。
男女共に異性にだらしがない。
歳上の異性と縁強く。
激しく欲情する。
これは日柱を見て読む。
沖になる干支の十二運も出る。
死も沐浴も旅好き、という風に。

◆ 最近のブログ  2 月 5 日
「 テレビが嫌いだ 」

僕はテレビが嫌いだから見ない。
だからテレビを持っていない。
テレビのドラマを大衆的としたならば、
僕は大衆的なものが嫌いなんだとなる。
自分に役に立たないから嫌いでもある。
テレビがトレンドなモノを発信しているとは感じないし、
トレンドなモノを良いとは感じないからだ。
人の生活を邪魔して欲しくないと感じるのは。
流れるNEWSが、下らないものと感じる。
テレビが本音を発信していないから、そう思えるのだ。
ジャーナリズムではないし、
ジャーナリストと思える人もいないからだ。
お笑い番組?笑いたくないし、笑えない内容だ。
テレビに見る時間を費やすほど、自分は暇でもないし、
その時間があるなら、映画や音楽を、また料理を作る時間とする。
必要なトレンドは自分で見つけることが出来るし、
必要性のないトレンドは取り入れない。
テレビでは僕の興味のあることが、流れてこないから。
これが一番、テレビが鬱陶しい理由と言える。
かといって、ネットもたいして見ないし。
占い師とは、こんな生活の中で生きながら、
ひたすら勉強しているものだろう。
ベストな状態で、たえず客と話をしたいからだ。
昔から、テレビで暇をつぶさなかった。
テレビにない世界を探して生きてきた。
言うなら、テレビの料理番組が食文化を食い物にしているからだ。

◆ 最近のブログ  2 月 4 日
「 親 」

親を敵視すること。
親を恨むこと。
親が悪いのだ。
こんな人は、生きていくことが辛かろう。
あまりに親が厳しかった。
親が無責任だった。
今の私は親のために、こうなってしまった、と嘆く人。
そんな人は、親の生き様や、
親の過ちをまずは許してあげることから、再生できます。
せめて気持ちの中で許してあげて下さい。
親を一生、恨んでどうなるというのか。
親にもなすすべが無かったのだ、と思ってあげてやらないと。
人間の限界、愛情の限界、これを無限と錯覚してはならない。

◆ 最近のブログ  2 月 3 日
「 運命そして宗教 」

運命を考えたら、
なんと人により異なり、違うとかと思うはず。
つまり時間の質が違っていることを知ることになる。
まさしく絵に描いたように、人の運命の違いに驚かされる。
自分は自分に相当する時間の流れに流されているのだ。
これは解るはずだ。
相応しくない時間であるならば、自分で意識を、考え方、
価値観を改革しなければならない。
これが理解出来るのでばあれば、実践して出来るとはず。
それを悟る人は運命を変えることが出来る、となる。
人は自分の時間の中に生き、時間そのものが人生となる。
やがて時間は、その人を時間と共に生かしていく。
幸せになるとは、自分の時間の質を高めたり、
浄化したりすることだ。
人は自分の心の中に住んでいる。
人間が修行をするのは、邪念から解き放されたいからだ。
生きること事態が修行でもある。
それが出来たなら、宗教は実用的とは思えないだろう。
信仰と信心は違う。

◆ 最近のブログ  2 月 2 日
「 24時間 」

時間は1日24時間。
これは人には同じように流れる。
が、北半球と南半球では、また沖縄と北海道では
時間に自然界の影響が加わるので、時間の質が、厳密には異なる。
これをさらに突き詰めたなら、人により考えること、考え方、
価値観、気質、性格、年齢、男女、子供、趣味、食べるもの、
聴く音楽の違い、見る光景、香るもの、触るもの、着ている服の色、
髪型、化粧の違い、生活の習慣、住居、接する人、仕事の内容、
などが時間の質を変える。
この違いがあるからして、人の運命が個人により違うとなる。

◆ 最近のブログ  2 月 1 日
「 整骨院 」

北九州市ではコンビニの件数を凌ぐ数の整骨院。
技術者を次々に卒業させる学校。
生徒の就職先は学校系列の整骨院が多く、
個人で人手不足に悩む整骨院には求人をかけても面接さえゼロ。
技術力のない整骨院は食うために保険の不正請求が横行し、
バレて営業停止に。
この煽りは鍼灸院の不景風を起こす。
真面目にやっている整骨院が気の毒。
専門学校の経営者は罪なことをしている。
医学界の問題は整骨院にも起こっている。
マスコミよ、不倫報道なんかくだらないことはやめて、
硬派な問題にメスをいれよ!
優秀なジャーナリストを育てよ。

◆ 最近のブログ  1 月 31 日
「 歯みがき粉 」

歯みがき粉が粉でなくなった。
新しい名前があるのか?と歯医者さんに尋ねると、
まだ歯みがき粉だそうで、
確かに粉であった昔のままだね、と疑問にうなずいていた。
可笑しな日本語は健在なりだ。
占いが、いらない、うれない、いたらない、
あたらない、にも成りかねないように、
占い師の皆さんはしっかり勉強しないと。
売れない占い師は要らない、となる。

◆ 最近のブログ  1 月 29 日
「 弱い強い 」

弱い人ほど強がる。
弱い人ほどネコを飼う。
強い人ほど威張らない。
強い人ほど犬を飼う。
猫は水、犬は土。
水の人は涙を流す。
悲しくても可笑しくても、また気持ちが良すぎても泣く。
泣くほど感じる女性は水の人。
泣いたり笑ったりするほど、解放されたら女性は幸せ。

◆ 最近のブログ  1 月 28 日
「 十二運すばり」

十二運すばり。
帝王は若くして頭角を表す。
目立つ、人気あり、平和主義も裏切られやすい。
建禄は歳相応な行き方。
野心はなく地道に楽しく生きたい。
冠帯は拘り、美的センス、頭が良い、工夫、
ロマンチストも傷つくと深傷で生き方を変えて
神の生き方に近くなる。
沐浴は自分に素直すぎて人には無頓着。
頭は賢く、要領が良い。
長生は競争意識薄い。
平凡を好む。
続く

◆ 最近のブログ  1 月 26 日
「 占い師の才能 」

占い師に才能は必要か?
才能よりも優しさが一番。
コミュニケーション能力。
観察眼。知的好奇心。
言葉を選ぶことが出来る人。
質問がしっかり出来る人。
言いにくいことも優しく言える人。
ボジティブな考えかたの出来る人。
相手の目を見て話せる人。
自分の過去を話せる人。
すぐ親しくなれる人。
さまざまな恋愛、修行的仕事をした人。
自分が片寄った宗教に洗脳されていない人。
音楽や映画、書籍に引かれる人。
お金を安くしてあげたいと思える人。
社会への矛盾をかんじたことのある人。
うらないの結果を自分が実践する好奇心と勇気、ある人。
自分の実力に合ったお客さんしか来ません。
自分には手強い人は、引き寄せられてきません。
結局は経験こそが生きた教科書となります。

◆ 最近のブログ  1 月 25 日
「 人生に影響を与えた 」

その後の人生に影響を与えた、
今回はロック、ポップスの括りであげてみる。
ブロコルハルムの、青い影。
ホリーズの、兄弟の絆。
ジョン・レノンの、ジェラス・ガイ。
フライング・ブリッドの、コロラド。
アルバート・ハモンドの、カリフォルニアの青い空。
ビーチ・ボーイズの、神のみぞ知る。
ディランの曲で、バーズの、昨日よりも若く。
オーティス・レディングの、トライ・ア・リトゥル・テンダーネス。
ストーンズの、アウト・オブ・タイム。
またの機会に。

◆ 最近のブログ  1 月 24 日
「 土用 」

土用は年に四回ある。
今年は1月17日から2月3日まで。
4月17日から 5月5日まで。
7月20日から8月7日まで。
10月21日から11月7日まで。
土用は季節の変わり目の土が大過する日々で、胃腸が弱りやすい。
火、木、水の陰陽日生まれの人は逆に弱くなる。
木の人は妊娠しやすくなる。
土の人もしかり。
病気になりやすくもある。

◆ 最近のブログ  1 月 23 日
「 マクロビオティク 」

白砂糖をキビ糖に。
塩を天然塩にまず変えることが、マクロビオティクの基本。
その塩と砂糖で味付けをする。
食パンをお米またはコメパンに変える。
チェーン店のハンバーガー、カレー、
チャンポン、ラーメンは食べない。
ジャンクフード、コンビニのオデン、
コンビニ弁当の醤油は使わない。
チェーン店のコーヒーは飲まない。
缶コーヒーは駄目。
マーガリンもだめ。
苺ジャムはだめ。
リンゴから作る苺ジャムは安くてあるが添加物が多すぎる。
流行りのカフェのチェーン店の
生クリームを使うお菓子のようなコーヒーは駄目。
回転寿司はイクラ、トロ鉄火は駄目。
ミカンの缶詰だめ。冷凍の魚だめ。
オリーブ油も瓶要り以上のものを。
テレビは1日二時間以内。
綺麗な色の食べものは危険。
肉の霜降り危険。

◆ 最近のブログ  1 月 22 日
「 30年変わらない 」

ベートーベンの交響曲第6番-田園は
ショルティ指揮、シカゴ交響楽団。
モーツァルトの交響曲第40番は
コリン・ディビス指揮、スタアカーペル・ドレスデン。
バッハのブランデンブルグ協奏曲は
カール・ミュンヒンガー指揮、シュトウットガルト室内管弦楽団。
バッハのバイオリン協奏曲は、ツインマーマン。
これが30年変わらない。
沢山聴いたが変わらない。
女性はカラヤン、バースタインを好きと言う。
ハンサムだからね。

◆ 最近のブログ  1 月 21 日
「 食べ放題 」

食べ放題やら飲み放題が終わる時代が来る。
すでにそんなサービスを嫌う人が増えている。
サービスと勘違いして実は利益を得ているのは実は店側で、
食材の原価率を下げに下げているのが現状。
団体客を多く収容出来る店ほど有利な、飲み放題システム。
料理人の人件費を押さえる。
当然、面倒な仕込みは止めて、レトルトや冷凍品を使う。
すべてはソースで誤魔化せる。
素人には味なんて解るものか。
そんな居酒屋が増え続けた今、陰りが見えてきた。
農業がダメになる原因は農協や政府にあるだけでなく、
居酒屋とアルコール業界と客席にある。
こんなところにロボットが入り込むと、
バカな日本人がさらに増える。

◆ 最近のブログ  1 月 20 日
「 会社で働く 」

能力のある人とない人が会社で働く。
能力のない人は頑張らないと仕事がこなせない。
だから自分は一生懸命やっていると思い、能力がないからとは思わない。
能力のある人は能力があるから一生懸命やらなくても仕事がこなせる。
この違いが有る限り、会社で悪口を言われる人、
悪口を言う人がいて当たり前になる。
人事評価を本人が採点すると、能力のない人は必ず、自己評価が高くする。
他人の仕事を見ていない、見えていないからだ。
やらされているという意識が強く働くのが、能力の低い人の意識だ。
大概、親が甘いか、回りに優秀な人がいなかった為になってしまう不感症だ。
会社の方針、給与体系が悪いから被害者が出てくる。
能力があっても手を抜く人がいる。
会社にとっては最低人間だが、辞めないからまた頭に来る人が出てくる。
会社が嫌なら、辞めなさい。

◆ 最近のブログ  1 月 19 日
「 創作料理 」

小倉北区大手町にある創作料理のLip−リップに久し振りに食事に行った。
入江ownerシェフの創る料理に感動してしまった。
フレンチのソースが決め手を超越した塩を用いた、による味付けに、
プロの真髄の味にうなされたわけだ。
シンブルな味。素材の持つ味を殺さずに、活かした味。
現代人が味わうことを疎かにしてしまった素材の味付け。
これが神の味だと感謝の心が自然に湧いてくる。
濃いソースの料理は誤魔化しの味であると気付いた。
北九州にこんな素晴らしい創作料理を作る料理人がいることを知ってほしい。
神の味を口にすると、バカな味に振り回されていた自分が愚かであると悟った。
この日を期に、僕も変わった気がする。
貴方も料理による洗礼を受けてみては? 薄汚れた価値観が変わる。
素直に生きることの大切さを思い起こせる。
金かね言う馬鹿を嫌いになる。
いつでも死んでいい気になった。
一皿の料理が人生を変えてくれた。

◆ 最近のブログ  1 月 18 日
「 優れた占い師 」

優れた占い師とは、美言信ならず、の人でなくてはならない。
また、升をもって石を量る、のことわざがあるように、
小人物では、大人物を理解できない。
精神科医の前でたじたじする女性をみて、手を握ってあげる。
それだけで女性の気分が良くなることが解る医者こそ、名医である。
その例えが優れた占い師を語ったつもりだが。
言葉だけでは相手を癒すには限界がある。
手を握って、とは例え話しで、いい気で、
相手のいい気を出してこそ名人。
いい気を相手に笑顔、語り、仕草、間の取り方で放つ。
そうすれば、相手の心が開かれるのだ。

◆ 最近のブログ  1 月 17 日
「 親子の愛 」

親に対する憎しみは狂気に感じるが、
その憎しみの中にもわずかな理性が潜む。
また親の愛に満たされと思う人の感情の中にも、ある種の狂気が潜む。
親子の愛は伝わったか、伝わっていないかの違いだけに過ぎない、
シンプルな問題である。
それに比べて男女の愛は、ある意味ではかなり狂気に近いものがある。
まるで麻疹のようで、老いてかかる麻疹ほどたちが悪くなる。
親離れできる人は、若くして男女の愛に苦しんだ人と、
相場は決まっている。

◆ 最近のブログ  1 月 16 日
「 サラエボ 」

サラエボ、希望の街角。
この国で占い師は存在出来ない。
そう感じたら、日本はいい国じゃないか?
日本ではきっと底辺辺りで生きた方が罪がない人生を送れると思う。
サラエボ、希望の街角は映画だ。
不妊治療は良いか?
こんなテーマは産めよ増やせよの国策に、宗教は関知しないか。
多重婚も国策か? さて、カレーを作るか。
我が道を行く。
貴方も我が道を行きなさい。

◆ 最近のブログ  1 月 15 日
「 早熟 」

中学時代の3年間、片想いをし続けた女の子とは、
一言も話すことがなく卒業。
僕は男子校のような高専に。
まだ仮設校舎が大手町で、
昼休みには女子高生を眺めたくて図書館によく行った。
そこで中学時代の片想いの女の子と再会。
一緒に行った友達の幼馴染みとかで、今にして話が出来た。
今度は彼女からアプローチが。
家に呼ばれ手作りの食事とビールを。
誰もいない。両親が離婚。父親はキャバレーのジャズマン。
朝まで帰らない。隣の部屋には布団が敷かれ。
一時間で逃げるように帰った。
帰りに、貴方ってセックスに関しては子供ね!と言われた。
童貞だからとは言えず、
あの彼女が早熟になるのも仕方ない、と家庭のことを考えたり。

◆ 最近のブログ  1 月 14 日
「 PTSD患者 」

歯槽膿漏と歯周病は、歯科の2つの派閥により、
使い分けが行われていたが、
これが統一されて近年、歯周病となった。
医学界にも派閥があり、東大の精神科では催眠療法が昔は盛んだった。
自立訓練法なるもの、これも一時、東大派で取り入れられたりしていた。
が、これは逆効果になる患者があることから、今は民間療法の域に。
PTSD心的外傷ストレスが日本でも一般化されたのは25年くらい前から。
これをパニック症候群と人括りに日本ではされるが、
重度のPTSDは実は入院を必要とする。
鬱と神経症の同時併発で、かなり苦しい症状で死にたくなるほど苦しい。
日本では戦争は基本的に、ない、ことになっているから、
あいまいな自律神経失調という病名に置き換えられる。
映画、地獄の七人では、
ベトナム帰りの兵士の苦しみをかなりリアルに描いている。
ランボーもPTSD患者だが、娯楽作品としてヒットしたため、
強いやつに変わってしまった。PTSDに陥ると、死にたくなるし、
死んだ方が楽と思える。約20年間、僕も苦しんだ。
やたら暴力的な喧嘩がしたくなるし、相手構わずに。
殺されてもいいとなり、なった。

◆ 最近のブログ  1 月 13 日
「 洋画 」

毎年、約500本の洋画DVDをレンタルや購入して観ている。
これを7年続けると、レンタルでの限界が来る。
購入でも手頃価格には限度が来てしまう。
1本が3000円以上するモノには手を出せないので、
観たいと思っても諦める。
オークションで10000円などの高い価格で
廃盤モノを出している人の嫌な性格を怨みたくなるものだ。
実際は怨まないが。
アメリカ映画とは縁が薄れ、
フランス美人とのお付き合いにも頻度が低下、
イタリア美人にも会えなくなり、
次はスペインやらブラジル、ドイツ、中近東まで
足をのばすことになる。
そうして見ると、アメリカを嫌っている
フランス、イギリス、スペインを知ることが出来て、
新聞やテレビよりも面白いと感じて、益々、テレビが嫌いになる。
日本の悪口が出てくるアメリカ映画もあるが、
アメリカを嫌うヨーロッパ諸国の在りかたを知ると、
日本と韓国とのゴタゴタは当たり前に思えてくるし、
韓国の意識にも疑問がわいてくる。

◆ 最近のブログ  1 月 12 日
「 強い人と弱い人 」

強い人は(将棋の名人、一流のプロ選手、など)は安定に強く、
弱い人は変化に強い。
弱い人にはハプニングが味方する。
強い人はハブニングに弱い。
ハプニングや不安定な状況が生じると
実力が百パーセント出せないから、強い人には奇襲作戦が功をなす。
相撲の世界では、小柄な力士ほど技が多く、
かの横綱・栃ノ海は小柄ながらも、名横綱・大鵬を破り優勝を成す。
競馬でも雨の重馬場では強い馬が負けることがある。
馬を奇襲作戦に操り、まさかの馬が勝つことが出来るのは、
騎手の才能でもある。
仕事社会でも奇襲作戦が成功となるのは、
その人の才能よりも作戦がハプニング。
まさかの花が咲くのだ。
まさかの巧妙力を生物は宿しているからだ。

弱い人は安定の中では生き辛い。
安定の中で生きられるのは強い人だからだ。
なら弱い人は不安定な職場で活路を見出だせる。
東大卒業の人が銀行では通用しないのは、実は強そうで弱い人だからだ。
世間の荒波に耐えれない知識だけの世界に生きていたからだ。
高学歴の人が医学や政治家になりたいのは、
弱いから安定したいからで、実は強くない。
そこに日本の病原があり、庶民が勘違いしている罪でもある。
強くて庶民の味方となる政治家が求められているのを阻害しているのが、
ダメな弱い人間の政治家達だ。
学歴社会は弱い人間の傘になってしまった。
田中角栄は、だから凄い政治家だった。

◆ 最近のブログ  1 月 11 日
「 狐屋と狸屋 」

街中には狐屋と狸屋がなぜか流行る。
手前味噌ほど不味いものはなく、
自画自賛の北九州名物を看板に出すタネキオヤジの店がある。
北九州名物て不味い!ラーメン屋の意味?
老舗ぶってるから年寄りが好きな店。
狐屋がまだある。井筒屋の品がいい。
政治家は偉い、歌舞伎は素晴らしい。
の洗脳を地でいく老舗。
なんとレトルトに冷凍を使ったメニューに
千円以上払う人が多いから、狐騙しの飲食店は大盛況。
アメリカンナイズ指針の飲食店がはびこる。
ハッキリと言って、焼鳥は一本が百円はバカ高い。
庶民価格のはずが、焼き鳥の食文化が崩れた。
一本60円の店を探せ。
それが焼き鳥の適正価格だ。

◆ 最近のブログ  1 月 10 日
「 筆または万年筆で書きたい 」

金という字は切れ味の良い斧をイメージして描く。
筆または万年筆で書きたい。
浜崎あゆみだから。
水という字は実態が掴めないから、水を浴びた清々しさと、
冬の雪のような魅惑をもって筆または万年筆で描く、書く。
柔らかさを感じながら。
火は太陽のイメージより、燈、野焼きの豊かさ、
花火の優雅さ、威勢のよさを表さなければ、尽きる火になる。
太く激しく、漆黒に筆または万年筆で描く。
土は穏やかに豊かに、また山のように悠々と、
チベットの轟々しさを筆または万年筆で堂々と描く。
木は樹齢300年を描くも花のような、可憐さ、
賢さを表す生き物らしく描かねばならぬ。
万年筆を使う方が女性的で優しい母性が香りが漂う字となる。
文語が口語よりも美しい所以に。

◆ 最近のブログ  1 月 9 日
「 欠点だらけ 」

他人のせい、親のせい、学校のせい、
会社のせい、社会のせい。
確かにみな、欠点だらけ。
あまり関わって生きたくないのも当然。
関わりたくないなら、
貧しく生きても、ダメで生きても、いいよ。
ただ人には迷惑をかけるなだ。
怒りで爆発寸前の人たちが、多かろうな、と感じる。
尊厳を保つことがボランティアになる人もいるだろうし、
ペットを可愛がることになる人もいるだろうし、
家を建てようとすることになる人もいるだろうし、
結婚をしたい、したくない、となることもあるだろう。
たちが悪いのが、人を虐めて気分が良くなるタイプの人。
自愛の裏返しで、これは良くない。
虐めている意識がなくなっているなら、病気だ。

◆ 最近のブログ  1 月 8 日
「 占いの区別 」

占いを信じない人は、信じないでいい占いと、
信じた方がいい占いの区別さえ出来ない人が言う。
占いを信じすぎる人も、占いの区別がつかない人だ。
占い師が優れた占術を出来るか出来ないかは、
占い師の人間性と研究心の強さ、いい加減な学問が嫌いか、
東洋医学と西洋医学を理解出来ているか、頭が良いか、
学歴がある程度優れた人、苦労が栄養になった人格者か、
恋愛経験が豊富か、性に長けているか、
料理、音楽、文章が巧みか、何かしら心に傷を持っているか、
親に感謝している心を持った人か、雑学に詳しい人か、
ギャンブルに悟りを開いた人か、魚釣りをした経験があるか、
右翼でも左翼でもない人か、などが求められる。
無宗教であることも必要。
詐欺をしない人も条件となる。

◆ 最近のブログ  1 月 7 日
「 里帰り 」

里帰りした若い男女の方達が、先週は沢山、いらっしゃいました。
仕事に関してのお尋ねことが圧倒的に多かったのが、印象的でした。
皆さん、今の仕事が自分に不向きであることに気付いていました。
高学歴の方が特に多いのも最近の傾向です。
独立自営の出来る方は、そちらの方向に。
適職をされてない方も転職をしていく。
海外に行きたい方もまた多く。
tabletには前向きに生きる方がとても多くいらっしゃいます。
高専の後輩やら、小倉高校、明治学園、戸畑高校出身の方がやって来ます。
彼らは陰陽五行の理解力もあり、四柱推命を哲学としてみていく理解力を持っています。
皆さん、成功するに違いない。

◆ 最近のブログ  1 月 6 日
「 裏技 」

四柱推命に裏技がある。
料理の世界にも裏技なるものがある。
その昔、美味しいコーヒーを作るために、
なんと味の素を入れることをした喫茶店があった。
笑い話になるが。鰻の蒲焼きに水飴を使う。
パスタに昆布茶を振り掛ける。ポテトサラダにバターを溶かして入れる。
バナナジュースには卵のキミを入れる。
イチゴジュースには卵のシロミを入れる。
ホットケーキにはバターを溶かして入れる。
焼き飯はラードが美味くなる。
河豚指しは河豚を寝かせて新鮮さを落とした方が薄く切れる。
お茶は二番茶が美味い。
焼きうどんは乾麺を湯がいて五分間タオルにまいて使う。
ハンバーグステーキにゼリーを入れて増量させて焼くと、
肉汁らしいものが増える。
これは某ホテルの朝食で行われているが。
裏技にもイカサマがあるので要注意。

◆ 最近のブログ  1 月 5 日
「 福袋の話し 」

福袋の話し。
直営のブランド店は、本社から福袋が直接送られてくる。
個数が10個とか15個とか決まっている。
人気ブランドだけに初売りに福袋目当ての客が並ぶ。
悪賢いスタッフが10個の福袋を12個まで増やす。
福袋から一品づつ抜いて、2個の福袋を作る。
この2個分の売り上げは、スタッフの飲み代に変わる。
あるブティックであった話しだ。
正月からせこい話でした。

◆ 最近のブログ  1 月 4 日
「 今年は陽の木の男女は財の年 」

今年と言っても2月の節分明けからが、新年となります。
陰の土の亥年は、生日日干が陽の木の男女共に財の年になります。
仕事の運気が安定します。
異性運が安定します。
大運が敗財の方は、ローンは組まないこと。
保証人にはならないこと。
不動産を買わないこと。
結婚は控えること。
開運色は青、オレンジ、赤。
黒は夏生まれ以外の方は使わないこと。
黒い車に乗る人は、クッションに青、オレンジ、赤を用いること。
不合格になった人は今年の受験に再度チャレンジを。

◆ 最近のブログ  1 月 3 日
「 年号 」

平成に変わる年号が4月1日に発表される。
四柱椎命では西暦と、平成、昭和、大正までの
年号が同時に載った暦本が実際に今は必要。
若い方は西暦で生年月日を書かれることが多い。
昭和生まれは、西暦では生年月日を書かない。
2000年以降、西暦を用いる方が増えてきた。
昭和50年以降に生れた方々から多くなる。
カレンダーや四柱椎命の専門書を
印刷するにあたっては慎重になる。
四柱椎命の本は今、増刷やら新刊では出せまい。
年号が入れられないから。
西暦で生年月日を言える人に僕もなったが、
その方が幾分若く感じられるのは、
昭和と平成の区切りがないためだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ サイト管理人の一言 ■

今年は皇紀2679年です。
我が日本には、西暦以前に皇紀があります。
皇紀とは日本書紀に基づき、
神武天皇即位の年を元年と定めた紀元です。
皇紀元年は西暦紀元前660年であり。
今年は皇紀2679年となります。


◆ 最近のブログ  1 月 2 日
「 一身二生 」

一身二生と言う言葉がある。
一生の間に人が、これはと思える仕事を2つ出来るなら、
人間は幸せであり、人生は素晴らしいものであると言う、名言だ。
サラリーマンが退職して、例えば農業をする。
新聞記者をやめてから、異国の地に移住し豆腐屋を開く。
これは新聞社にいた清水さんの話だ。
おいらの街をやめて四柱椎命の占いをする。
これは僕だ。
子供の時に、一身二生の話を教えてあげるだけで、
人生を前向きに生きていける、と考えたりする。
人生はそう考えたほうが、人は大きくなる。

◆ 最近のブログ  1 月 1 日
「 新年のご挨拶 」

明けましておめでとう御座います。
tabletが皆さま方の聖地と成るように精進、活動していきます。
今年もよろしく。
新年は2日から営業します。

ページトップへ
Copyright (C) tablet All Rights Reserved.