Home人気のブログから
平成31年のブログ

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月31日
「 テレビを見ない 」

僕はテレビを見ない。
テレビの手法、知らず知らずやってしまう演出が
悪意に見えてくるから、大嫌いなんだ。
テレビ見るなら、楽器の練習をして、
音楽やった方が楽しいと信じている男だからだ。
音楽がダメになると、
バカらしい映画や漫画がはびこるだろう。
バランスが保てないブームは、
サブカルチャーと呼びたくない。
確かにスマートフォンなどの兵器は、
人のコミュニケーションを阻害したし、
犯罪にも加担する道具として使われているだろうに。
これからの時代の問題点としてまで膨らみすぎた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月30日
「 声が出ません 」

喉の手術をして声が出ません。
お客様が・・ならご遠慮なくお断りくださいませ。
こんな紙を助手席の裏に掲示している
タクシーの運転手さんがいる。
僕の知る限りで二人いる。
先日は、失語症の方が運転するタクシーにも乗った。
働くということは素晴らしくもあるが、大変でもある。
あおり運転をして犯罪をする人もいれば、
頑張らねばならない人もいる。
そのための免許であるはずが、犯罪に使われることがある。
親の教育もさることながら、
金を持ったら付け上がるタイプの人が余りに多く、
時代がよろしくない。
いい人生を過ごして死ぬ方が気持ちも良いはずだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月29日
「 ネット 」

こうしてネットを通してブログを見ていただくことで、
便利さを利用させていただいている。
が、ネットの弊害についても怖いものを感じている。
フェイスブックやSNSが人間を壊していることもあるだろうに。
戦争の兵器として開発されたパソコンで、
やはり人間が苦しんでいるのは兵器だからか。
宗教が人を殺し、差別を生む。
神もAlも使い方を間違えると、人を殺す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月28日
「 松 」

松が風に弱く、すぐに倒れてしまうのは、
根が浅いからだ。
松林が防風林としては弱いために、
倒れた松が二次、三次災害になることが多い。
真っ直ぐに伸びる杉の樹木は根が深いからこそ、
山をも守る。
松が砂地の海岸に育つのも、根力が強くない所以だ。
生物は己を知るが故に、適材適所に育つ。
人間は我が身知らずが多いために、
他人に迷惑をかけがちだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月27日
「 BIDIN' MY TIME 」

THE BYRDSのメンバーであったクリスボタンヒルマンが
新しいアルバムを出した。
BIDIN' MY TIMEというタイトル。
クリスボタンヒルマンのアルバムのなかでも、
秀作か傑作に値する。円熟味溢れた大人の音楽。
こんなスバラシ作品が輸入盤でしか手に入らない、
これが今の日本の音楽業界のレベルの低さを表している。
日本の音楽ファン無視の状態がまだまだ続くのか。
ジャズ、ブルース、カントリーのジャンルを越えて、
いい音楽は心に光を与えてくれる。
今年一番のアルバムである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月26日
「 残暑お見舞 」

残暑お見舞い申し上げます。
あおり運転の事件にマスコミが食い付いています。
犯人の人相から陰の金かなと思われます。
外車、暴力、暴言、服装、などからも判断しています。
ゴルファーの渋野さんは、今年、さらに8月の運気は驚き。
運も実力のうち、は名言。
あの国会議員も陰の金ですわ。
陽の金の石川亮がやっと優勝出来ました。
印綬の年の夏の強み。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月25日
「 やられました 」

腱鞘炎と腰痛と蕁麻疹に夏の土用はやられました。
抵抗力が落ちる年運ですから、いかしかたなし。
今年の夏の土用は激しかったので、
心身を患った方が多かろうと思われます。
受け入れて、また強くなるの治癒力を信じましょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月24日
「 天は許すのか 」

誰が100歳まで生きるか知らないが、
僕は100歳は無理です。
無理だと思う方は、多分無理です。
長生きが良いとは考えないし、
有り得ない生物学をよくものたもう。
植物人間に投薬し続ければ、
医者や製薬会社は利を得ますからと、
本音を言えばいいが、マスコミも疑問すら与えない。
日本のこんなところは好きになれない。
医学が産業になっているのを、天は許すのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月23日
「 金は火を求める 」

寒い国には規律が必要になる。
金は火を求めるからだ。
これは金が火によって鍛えられて、
切れ味がよくなる道理通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 働き方改革 」

働き方改革の意味が読めない。
介護施設こそ、働き方改革が必要です。
夜勤を減らすこと。
給料を上げない限り、利用者への苛めや虐待はなくならない。
会社側への不満が利用者に虐めとして出ることもある。
保育園も経営者やお局様に対する不満から、
幼児に虐待らしき言動が出ることもある。
経営者が他人任せの園ほど、
お局様の若い保育士に対する虐めが横行している。
教育の現場に賢者がいないのが日本の学校教育の悪の根源。
中卒でも構わないくらいに高校教育は下らない。
押さえつけるのではなく、才能を伸ばすことこそ教育だ。
働くのが好きな人、楽しい人、技術を習得したい人、
稼いで結婚式をためたい人は、
残業がプラスになるのだから働きたいよ。
議員、役人こそ働き方を改革するべきだろうに。
懸命さをむしってはならない。
日本に必要なものは、人を思いやる心。
不必要なものは学歴とエリート意識。
医者も含めて。看護士が医者で悪いように育つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月22日
「 陰陽の金の人 」

陰陽の金の人は沖縄やハワイが心地良い。
気温が暖かいから自立神経が整うためだ。
暖かい国には癌になる人が少ないのも、
金が錆びないからの理屈で良し。
陰陽の金の人は、休養に保養に治療に沖縄へ行こう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 判断基準 」

貴方の判断基準は間違っていないか?
例えば映画の面白い、面白くないは。
アメリカ映画の起承転結ストーリーに
馴れてしまっている人には、
フランス映画の曖昧なニュアンスは物足りなさを感じるらしい。
ハッピーエンドなんて人生には無いことを知る人には。
すべてのものは繰り返されることを学んだ人には、
アメリカ映画は出来すぎている、と物足りなさを感じる。
負から始まり、負で終わる人生もまたありっていうことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月21日
「 土用明け 」

朝の気候が土用明けを感じさせた。
そう、暦の上では秋に入った。
暦を意識しないと解らないくらいの変化かもしれないが。
土用が明けることは、ほとんどの人にとり
治癒力が高まることになるので、喜ばしい。
夏の土用が年4回の土用の中で最も強烈だ。
土用の最中は青、緑が開運色になる。
どうだろう。本来ならば夏の祭りは土用前に。
わっしょい百万は土用明けにした方が、
人のため、世のためなのだが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 亡国報道 」

失礼な人々。
ジャニーズ、吉本のゴタゴタを取材するマスコミを筆頭に、
100才まで生きる発言と老後二千万円発言の政治家。
韓国やら北朝鮮の報道は、日本人が混乱を起こすだけ。
無視したら良いのに取り上げるマスコミは亡国報道。
女子アナの出産、結婚、不倫なんて、
国民の為になる話題とは思えない。
これを亡国報道と言うべきだろう。
女性の国会議員が美人という報道や、
女子ゴルファーを称えることがエスカレートして、
アイドル的な扱いをすることも亡国報道だ。
要は勝手に価値観をマスコミが
作り上げていることのすべてが亡国報道と言える。
オープンキッチンのカウンターに座ったカップルが、
出されたハンバーグやポークカツに、
塩や胡椒をかけ直している姿を見て、
この若いカップルは職人の気持ちを理解できていない、
デリカシーのない仕草に、僕は思わず注意したい気持ちになった。
優しさやデリカシーのない世の中にしたのは、
マスコミも加担しているさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月10日
「 馬鹿は相手にするな 」

今年は、陰陽の金の方には印星となるために、
不調になりがち。
陰の水の方は偏官となるので、これまた頑張りすぎになる。
さあ、8日には土用明け。
盆過ぎると朝晩が秋らしくなる。
もうすぐ運気も変わる。
馬鹿は相手にするな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 ロシアは知っていた 」

ロシアは南下するべき国で、
中国へとくだった方が国が豊かになる。
これを西へ西へと進んだためにアメリカとぶつかった。
中国をなぜ避けたか。
塩を宇宙飛行士に持たせた旧ソビエト。
砂糖を宇宙飛行士に持たせたアメリカ。
医学的には塩が正解で、中国の哲学、医学を
ロシアは知っていたために今更、中国ではなかったと診る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月9日
「 tabletで学んだら 」

四柱推命が実にシンプルで、陰陽五行に始まり、
陰陽五行で終わると実感したら、
一流の占い師になったと自信を持って良い。
tabletで学ぶと10ヵ月間でプロになれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 医学が産業 」

映画、白い巨塔が医学界の馬鹿らしさを批判した。
政治、医学界、大企業にならえをしない人が天国に行くはず。
核やらサリンやら、科学はある意味、とんでもない。
医学を産業にする国策から、貴方は身を守れるか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月8日
「 カレンダーのない人生 」

結婚相手を間違えると、離婚する前に
どちらかが早死にしてしまうことにも成りかねない。
仕事を間違えると、定年になる前に離職する、
と同じ意味合いだ。
他の占いは知らないが、四柱推命を知らないのは、
カレンダーのない人生を送ることと同じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 電気鍼 」

針灸で電気鍼をするのは良くない。
電気鍼で三陰交を刺激をし過ぎると、
流産しやすくなる。
また妊娠が出来なくなることもある。
その昔、電気鍼が流行った。
三陰交に刺激を与えられ過ぎて、
流産しやすくなることが、失敗から学び得られた。
そんな話は表に出ていないだけに、
知らぬ若い鍼灸師がまたやり始めている。
くれぐれも注意を。
陰体質の人には電気鍼は向いてなく反って悪くなる。
美容鍼としとも悪くなる。
これは危ないから禁止するべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月7日
「 双子 」

双子が男と女の子だったら、
どちらが先に産まれてくるか?
答は陰陽五行を理解すれば解る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 不勉強 」

鍼灸師で上手、名人といかなくても、
そんな治療家が北九州にもいなくなった。
スペシャリストが育っていない。
健常者の仕事になりすぎてからだ。
いなくなったのは。
機械を導入している所は、
不勉強と昔から相場が決まっている。
コーヒーマシンのコーヒーは、
コーヒーの文化を破壊している。
つまり機械には気持ち、心、気が入らないから不味い。
気もハートも人が失っている。
虐待は時代が生み出した事件と言えそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月6日
「 陽の木 陰の木 」

陽の木は育つのに時間がかかる。
陰の木は草花で早い早い、育つのが。
それも畑一面に沢山と。
陰の木の女性はだから胸が大きく、
陽の木の女性は胸が小振り。
これが陰陽の関係を表した体癖。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 ヒステリー 」

女性の更年期、ヒステリーと昔は病名があった。 産婦人科では医者がこれをアナログで治療していた。 余りに指を駆使するために、 腱鞘炎になる医者が困り果てて、 数年がかりで発明されたのがバイブレター。 これからヒステリーという病名は消えた。 だが、ヒステリーは今も消えていない。 バイブレーターを違う目的で使う人が増えすぎて、 更年期の人が使えなくなったし、知識が普及していない。 若い人が使ったら不感症になるが、 その知識さえ知らない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月5日
「 男性の野生 」

四柱推命では女性よりも、 男性側に子供が出来ない原因が多く見られる。 つまり男性に野生が薄れてきて、 精子の数が少ない男性が増えている為だ。 6対4で昔は男性が産まれ2割が死産して4対4の男女比率だった。 現代は5.5対4.5で男性が多い。 この多い分が精子の数が少ないとなる。 昔々から性同一性障害て今言われている方達もいた。 同性愛は男女ともにあり、バイセクシャルもあり、 人間が生物たる所以でオカシイことではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 車 」

車が普及したから、郊外に家が建ち並んだ。 高齢化が加速しているから、車の事故も増えた。 車を乗らなくなると、郊外が不便になってしまう。 街中に住むことの便利さを痛感する。 過疎化は当たり前に進む。 これがあるから免許証をいきなり国が 高齢化を理由として規制出来ない。 田舎がさらに過疎化するために、地方の生き残りを行政が、 市会議員が、公務員が、大企業が、道路公団が、建設省が、 待ったの声を大にする。 空飛ぶ車は、出来ても観光リゾート地での娯楽、 遊物に終わるな。 海を走れる車なら、わかるが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月4日
「 通変星 」

四柱推命の通変星について。
比肩 / 自我、独立、頑固、孤独。
劫財 / 散財、投機、商売、観光。
食神 / 飽食、自由、安穏、良質。
傷官 / 理想、批判、反抗、正義。
偏財 / 才能、奉任、情愛、投資。
正財 / 蓄財、家庭、堅実、温和。
偏官 / 闘争、重圧、緊張、事故。
正官 / 名誉、地位、管理、慎重。
偏印 / 焦燥、放浪、幻想、人気。
印綬 / 芸術、信仰、学習、伝統。
親族関係に関しては全く記していませんので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 口利き料 」

政治家が金がいるから企業から口利き料を取る構図は、 今尚続いてある。 医者も政治家と関わるから、 そこに製薬会社から口利き料を取る構図がまだまだ続く。 医師会の口利きで医者が資格を取る。 その構図は当たり前となり、 医者同士の足の引っ張り合いが起こる。 北九州はコンビニの件数より歯医者、整骨院が多く、 そこに生じる金の動き。 一匹狼の強者が増えていかないと、世の中は変わらない。 権力や圧力に屈しない政治家、医者、そして社長、 起業家が育つには、何が必要か? 庶民の団結の力だ、政治色のない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月3日
「 偏官 」

偏官は自分を剋す。正官は兄弟を剋す。
偏官は小人星、七殺とも言う。
小人は凶暴性があり、反抗的。
偏官を持つ人の背丈が高いと温厚さが出てくる。
背丈の高い人は温厚である。
背丈の低い人は負けず嫌いである。
相撲の力士を見ると判るはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 上納金 」

上納金。
この腐った風習は武士が農民から米を取りあげていた形。
神社、寺やら宗教、ナニナニ会、小さな身近では町内会費、
遠い世界の茶道、花道、ナニナニ道、まあ沢山あり。
これが芸術の世界にもあるなら、芸術ではない。
写真の絵画の文学の、だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月2日
「 十二運の解釈 」

十二運の解釈。
胎 / 前世、変転、機転、多才。
養 / 無垢、愛嬌、養育、援助。
長生 / 恩恵、先祖、恩恵、名誉。
沐浴 / 波乱、愛欲、酒食、嗜好。
冠帯 / 冒険、我慢、挑戦、完璧。
建禄 / 独立、事業、増収、親族。
帝旺 / 権威、自我、孤立、決行。
衰 / 思慮、沈着、研究、引際。
病 / 妄想、芸術、病気、旅行。
死 / 休止、直感、衝動、技芸。
墓 / 継承、探求、収集、財産。
絶 / 多忙、移動、幻想、過敏。
年月日により解釈を拡げて診ることが大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 THE BYRDS 」

THE BYRDSを聞き始めて50年以上になる。
未だに現役で活動中のメンバー、ロジャーマッギン、
クリスヒルマン、デビッドクロスビーには感謝しているし、
彼らから目を離さなかったことは、幸せである。
召されたメンバーの、ジーンクラークの作詞作曲の才能は
輝き続けているし、クラレンスホワイトのギターは聞くたびに
品格の高さに魅了される。
グラムパーソンズの歌の上手さは異質の命を感じる。
イーグルスのルーツは、ザバーズにあるのが見逃せない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 8 月1日
「 シンプルな理論 」

四柱推命で建禄格など、
格付けを未だに勉強してる人がいるが、
実践での占いには何の意味をもなさない。
五行をしっかり理解することこそ、命学としての要であり、
実にシンプルな理論の上に四柱推命は成り立っている。
何月生まれの何の日干であるか、これがツボである。
丙生まれの6月生まれが、本当の丙午になる。
年ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 シンガー・ソングライター 」

シンガー・ソングライターの走入は、Beatlesだろう。 彼らに影響されてアメリカの音楽シーンは大変化を起こす。 ティンパンアレー通りで作詞作曲し、 シナトラなどのシンガーに曲を作っていたミュージシャンが、 自らギターを手にして自作自演始めたら、サヨナラ、 ティンパンアレーとなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月31日
「 教材 」

己の人生を教材にしているから、四柱推命がよく解る。 恋愛、失恋、セックス、才能、性分、病質、相性、 金運、破産、倒産、離婚、自殺、障害、詐欺、裁判、 ギャンブル、差別、仕事、さまざまな事象。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 事故運 」

どうして占いを、しかも四柱推命を始めたのか? と、よく聞かれる。 僕は宮崎までサーフィンに若い頃に行った。 台風の前日の夜に車で行き、夜明け前に海に着いた。 明るくなりかけた海に入り、一発で波に呑まれ溺れた。 幸い求出されたが、死ぬんだと実感して溺れていた。 たまらない苦しさだ。 次には沖縄に飛行機で行く。 視界が雨霧でわるく手動着陸。 だめ。また上がる。また降りる。またダメ。 しばらく上空旋回で、また降りる。 が、またダメ。 また上空旋回で、やがて嘉手納に緊急着陸。 これでPTSDになる15年間苦しんだ。 うつ病と神経症と自律神経失調。 事故運を知るために始めたのが四柱推命。 偏財の沖と偏官の沖の年だった。 事故運の強い年にはサーフィンも飛行機もよすべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月30日
「 ハート 」

ハートのない世の中だよね。 いつからこうなったんだい? 自分は自分のやり方で生きろ。 ハートのない人、会社なんかをあてにしないこと。 ハートのある人に、人は集まる。 貴方は貴方らしく生きるべき。 貴方の人生、貴方の魂があるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 待つ 」

飲食店に並んで一時間待つ。 井筒屋の駐車場に一時間待つ。 時間が勿体無いと感じないならいいけれど、 会社に勤めていたら出来る訳がない贅沢三昧行為。 列が出来ることは、病院ならいざ知らず、 理解したくもないし、しょうとも思わない。 配給のあった戦時中なら理解できるが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月29日
「 特別なプロポーズ 」

財星のない女性で官星が多くあり、 漏星のない場合は、 男性からのプロポーズがこうでないと、 結婚の意志が固まらない。 ○○さん、一生のお願いです。 僕と結婚をお願いですから、して下さい。 本当にお願いします。 僕は他の人とは絶対に結婚なんて考えられない。 貴女しかいないんです。 どうかこの僕の願いを叶えてください。 お願いします。 僕を男にして下さい。 お頼み申し上げます。 ○○さん、このいとおしい気持ちを酌んでください。 お願いですからお願いします! これでもだめなら、僕は死ぬしかないです。 お願いします。 このくらい言ったなら、 分かりました、の返事が聞けるはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 贅沢病 」

しょせん人間のやることは、贅沢病の成れの果て。
スポーツがピュアな世界と勘違いしていたら、
それは戦後のプロレス熱と同じで、熱血漫画の見すぎ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月28日
「 水 」

雨がよく降った。 どんなに降っても地球に水が占める割合は 約70%に変わらない。 この約70%の割合が保たれているから、 満月と新月が繰り返されて、 大潮から小潮が繰り返されている。 命のバイオリズムが保たれているからこそ、 生と死があり、草木が育つ。 女性の生理も生命力証しとして繰り返される。 大切なことは、地球が宇宙で存在している限り、雨は降る。 大雨であろうが小雨であろうが。 土砂崩れも起こるだろうし、河も氾濫する。 これを予知してきたからこそ、今が、未来が、過去がある。 吉本やジャニーズなど、一般人には、知らぬ存ぜぬ事象で、 庶民とは世界が違うこと。 興味なしで、知らない世界に口をはさむ気もない。 そんな世界がなくても人は生きていけるよ。 テレビから恩恵を受けることは、なかろうし、 個人で楽しみを発見したり、 学んだりした方が必要な時代ですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 天国 」

天国があるとしたら。 あるような気がしています。 体から抜け出した魂が行き着くところは、 天にたどり着くのでしょうね、きっと。 そこを国ではないでしょう。 無意識の、現世では計ることの出来ない 気の世界なのでしょう、きっと。 早く辿り着きたい、という気持ちもありますし、 まだ無理かな、という気持ちもあります。 日々、時間を経過することは、 その時間の延長線上に近づいていくことなのだと、 解釈するようになれたのですが。 この世でやって来たこととは、 その時間の確認をとる作業でもあったような気もします。 無限の意識とでも言いましょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月27日
「 国民性 」

韓国、中国、日本。 この国民性の違いの解明を民俗学的に学校で学べなかった人は、 僕を含めて自分で勉強しないと、流されてしまう。 韓国は自己主張の強い、訴える国民性らしいが、 映画を観ると、やはり哲学的作品は確かにない。 日本の映画も哲学的な作品はないが。 日本は誤った儒教の影響下、血を大切に守ろうとする国民性と。 韓国は家を守る。 家系を守る国民性。 夫婦別姓がそれを表していると。 中国は人口が多すぎる結果、自分さえ良ければと、 早い者勝ちの国民性と言われる。 コピー商品の取り組み方、一つみても確かに粗雑だ。 コピーでも何でも、早く稼いだ方が賢い、勝者、となるようだ。 自画自讃の韓国。 陰に本質を仕舞い込む中国。 臭いものに蓋をしたがる日本と。 中道的と言う表現は、対アメリカと比較した言葉か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 息苦しい 」

日本のあちらこちらでイジメや悪口を言うことが、 日本人の習性といえるならば、さて。 プライバシーを騒ぎ立てる日本のマスコミに なんら拒否反応をしないことと。 政治や社会問題に興味のない日本人も。 世界情勢にも関心を示さない。 僕が暮らしにくい日本と感じるのは、 例えば、ボブディランは音楽家、詩人として、 果たして何故成功したのか?を、 謎解きをしない国であるからだろう。 息苦しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月26日
「 無邪気 」

大人も子供のような無邪気を持つべきでしょう。
バカになる、という言い方は使うべきはないです。
麻生さんは、あれは無邪気に政治をし過ぎ。
首相時代は細心の自制で、政治をしたのでしょうが、
本来が政治家向きではないために、不評に終わりました。
今は立ち位置が自制しないでよいために、
発言が本音過ぎます。
血でなれた政治家には、困惑しっぱなし。
血でなれた芸能人も、問題を起こすし。
海老さんみたいに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 下らない 」

下らないモノを受け入れる人が多くなると、下らない社会、
国になってしまう。
下らないものが受けると、
下らないモノを作る送り手が増えて潤う。
文化レベルを上げたいなら、
下らないモノを拒否しなければならない。
例えば、下らない相撲は、下らないモノを受け入れるから、
下らなくなる。
それがなにかは、貴乃花に教えてもらいたい。
貴乃花はそれを国民に問う、
訴えなければならない役であるのに、だまっていいのか。
黙ると馬鹿と誤解されるが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月24日
「 マスコミの話題 」

マスコミが取り上げる有名人の話題は、
読みたくもない。
ことさら芸能人に関しては、勝手にどうぞ、
てな具合いで目障り。
普段から、マスコミ受けの悪い人が、
叩かれる対象になっているからだ。
生意気な人からヤられているもので、
マスコミ受けの良い人は、叩かれないのが常。
視聴率を上げる、販売部数を増やす餌食にならないためには、
それなりの施しや金と力で、あと政治力が隠れ簑を作る。
AさんとBさんがスキャンダラスなことでネタになるなら、
今回は日頃の悪評高いAさんが的になる。
これでBさんは隠れ簑で生き残る。
日本は芸能人のスクープが売れる対質の国。
恥ずかしい話だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 古い話題 」

新聞を含むマスコミも若い層を意識して、
報道を流していると感じる。
嵐の話題をこんなに取り上げるのも。
この何日かは表に出せる大きな事件や話題がないからでもあるが。
政治離れしている人が増えれば、三大新聞も芸能、
スポーツ界の話題で読者を引き寄せたいとなろう。
福島の現状、フランスのデモがなぜ盛んであるのか、
原発問題、医大の不正入学、
日本には山積みにされた問題があるはずなのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月23日
「 新しい物 」

新しい物が良く見える。
新機種の携帯。
新築の家。
新車。
コンビニの新作菓子から、カップ麺まで。
昔はタバコの新作は必ず勝ってみて、
友達と試したりした、未成年ながら。
酒は飲めないからまるで新作も旧作も興味なし。
新しい飲食店がオープンすると、
若かりし頃には一度は行ったが。
好きなミュージシャンの新作アルバムも期待をしたり。
彼女に関してはどうだろうか?
最初の彼女は男は誰でもが良く感じるものらしい。
2度目、3度目となるにつれ、冷静さが加わり、
ときめきは減少する。
ただし、そんな事は言えるわけない。
彼女より麻雀、あるいは仕事の方に熱が入っていく。
そうこうしているうちに、
自分は恋愛に不向きな男とまで思い込んでしまう。
自分が成長しないからなどは気付かずに。
結婚するならこんな人がいい、なんて言える内容は、
見た目が良くて優しい人くらい。
誰としても大して変わらないだろう、と考え出すと、
これは恋愛ではなくギャンブルに似た選択だ。
新しかったらいいはず、の癖が出て飛び付く。
駄作か秀作かは、相手がではなく、
自分の選択が正しかったかの問答だ。
新しい物が良いとは限らないは、
大人にならないと解らないから、結局、お金は貯まらない。
これが資本主義のからくり。
新作ビデオより旧作ビデオから面白い映画をさがすべき。
これが言いたいのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 祖父母 」

犬が孫を食い殺した。
飼い主である祖父母が書類送検された。
孫への痛恨の後悔をしているだろう祖父母。
両親の苦しみ。
こんなことがないように、昔は犬を外で飼った。
祖父母は愛犬に対しての危険性を忘れるほどに
予知能力を失っていたのだろうか。
犬の立場は孫以上と犬が自覚していたのか。
飼い犬とてどう猛さは失っていないのだ。
こんなことが起きないことを願うしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月22日
「 楽しく生きる 」

年収が300万で楽しく生きるには、好きな仕事をすること。
借家に住むこと。
料理を作ること。
音楽をやること。
武術をすること。
恋人をつくること。
マージャンをすること。
四柱推命を独学ですること。
大学に行かないこと。
高校時代からバイトをすること。
大学の四年間の代わりに、料理を教える店に行き、料理を覚えること。
資格、資格と言い過ぎる風潮に唾をはけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 商売の秘訣 」

永く商売を続けられている、例えば飲食店のオーナーに、
商売の秘訣を尋ねたら、必ず返ってくる答えが、
儲けようとしないこと。
良いものを提供するように心掛けていること。
この二つは外せません。
商売には人柄が出ます。
また食材に愛情をもって料理をしています。
そんな店はアナログの暖かさが店内に漂っています。
それを感じ取れる人は優しい人となっています。
効率ばかりを指針とした店は永くは続かない。
何故か?
そこで働いている人が、仕事を楽しいと感じていないからです。
気は心。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月21日
「 世の中を良くする 」」

世の中を良くするには、何も革命など起こす必要はない。
右派、左派なども必用ない。
ただテレビやマスコミ、ネットのニュースを
観ないようにすること。
芸能界、アニメ、ゲームを棄てること。
パチンコをやめてマージャンを始めること。
結婚をしなくても良いが、恋人をつくること。
音楽をやること。
ロックでもフォークでもジャズでもクラシックでも
アカペラでも民謡でも長唄でもいい。
ガスを使うこと。
田舎から街に出てくること。
料理の研究を高校、大学でサークルで始めること。
人間らしく生きることだ。
皆がすれば世の中は良くなる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 豆腐屋 」

読売新聞にも右派と左派がいた。
朝日新聞にも右派と左派がいた。
清水建宇さんは父親が警察官だったと記憶する。
左派というより文化人で、エゴイストが嫌いな人であった。
自分はテレビは向かないと言われていた。
料理が得意で、liveハウス、ジョンレノンに来られて、
料理を作ったりしていた。
豆腐が昔から好きで、今はスペインで豆腐屋をされている。
一身二生を実行された方だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月20日
「 山籠修行 」

最近は中国の方も四柱推命で観て欲しいとやってくる。
結婚か就職か?
日本人と会社をやっていたがスパイ呼ばれして、
役員会議で外されたと。
その中国の男性は日本の南のある島に行って、
山籠りをして修行をすることに決めた。
柔術の道場を3年後に開くことを目標に今は修行の毎日。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 金色夜叉 」

愛情よりも金を選ぶ人が、やはりいるんだよ。
四柱推命で安定を求める傾向が強い男女にこの金色夜叉は多い。
昔も今も、見合い結婚を奨める親の子供は、
やはり親の考え方に似てくる。
そうして結婚をして、子供を育て、
また子供の結婚に口出しをする。
親が子供以上に結婚相手に惚れたりすることもあるから、
たまらないよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月18日
「 専門学校 」

大学に行かなくても頑張る人には、
女神や大黒さんが頬笑むから、学歴ではなく、貴方次第。
一流大学のサラリーマンが心を使わないから、
逆に頭を下げることをしないで、
左遷される話は滅茶苦茶に多い。
勿論、ハートがないから女性にモテない。
高校出たら良い専門学校に行くのがいいかな。
公立の月謝が安く、良い指導者のいる
専門学校をもっと作るべき。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 プライド 」

一流大学を出た女性が離婚相談に来た。
夫が浮気するし喧嘩も絶えない。
が、離婚しない。
正確には離婚したいが、約30年間の人生で、
失敗の経験がないために、
自分のプライドが傷つくから嫌だと言う。
それなら貴女が好きな男を作って
旦那をフルことにしたらどうですか?と伝えた。
そう言う考えかたもありますね、と女性は納得。
辛うじてブライドが維持できたと、離婚した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月17日
「 人身売買 」

有名人で平均寿命をはるかに過ぎても
元気に長生きされてる方の中には、
臓器移植をされた方もいるだろうな、と思うことがある。
臓器移植に関しての人身売買を扱った洋画が多く、
中近東や東南アジアでは人身売買が
ビジネスになっている実話を題材にした作品に目がいく。
娯楽映画はサブカルチャーではないな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 地元の話 」

次の市長選は女性の市長が望ましい。
小倉ホテルの解体を市がやったと言う話しがある。
しかも借金してまで。
旧市民会館前てのビールイベントは主催が他県の団体。
地元の飲食店を圧迫するイベントを何故、市が支援するのか?
マスコミは知らぬふり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月16日
「 心変り 」

レッツゴー物語と言う映画の内容は知らなかった。
テーマ曲は知っていた。
心変りから新しい恋が始まる、
といった歌詞の内容を小学生の時には理解出来ていた。
心変りがあるのか。
自分の気持ちにも心当たりがある。
小学生の時に好きになる女の子が確かに変わる
経験をしていたので、妙に納得したものだ。
ここを源として、10代から20代まで、心変りが続く。
勿論、心変りをする女の子も知る。
自分には寛容であっても、
相手の心変りは理解出来ないから、苦しんだ。
勝手なもので、人間は。
心変りは止めようがないことを
受け入れるようになることが出来た時、
太宰治がいいな、と感じた。
あまりに好かれると、逆に相手を避けたくなるのを、
今の言葉では、重いから、となり。
追いかけるか、追いかけられるか、どちらが楽か?
と談義したり。
自分に対する不信感が嫌で、恋愛至上主義から遠ざかる。
これは冠帯を持つ人の宿命でもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月15日
「 恋愛2題 」

男が沢山の数の女性と付き合ったとしても、
自慢できる話ではない。
数よりも質を問われる。
本人も決して自慢話にはならないと、
良識的な男性ならば解っている。
真の恋愛は完全犯罪、とフランス的な言葉がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重たい恋愛は嫌になるくせに、恋愛をしたがる人は、
恋の完全犯罪に失敗するようだ。
なら軽い恋に留めておくべきか?
軽いと思われるのが嫌でも仕方ないな。
作家の先生は妄想癖の豊かな人ばかりだ。
川端康成しかり。
この方の晩年作は犯罪恋愛でもある。
犯罪とは失礼な言い方だな。
失礼いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月14日
「 花嫁探し 」

浮気をしたくはない。
男はそう生きたいからこそ、
最高の女性の花嫁探しをしようとする。
最高とは何か、実は良くわからなくてもだ。
妥協したくないとは、そんな気持ちがあるから起こる、
己の理想する夫像。
妥協をするのは、相手に対しても悪いと思う気遣いからてもある。
女性は良い子供を産みたいという本能から、
いい男を実は探している。
誰もが草食系男性が良いとは思っていない。
それを煽るのは子供を産むことの一仕事を終えた、おば様たち。
若い女性は精力の強い男性がいいに決まっている。
いい男の子供を産みたいから。
イケメン=精力家ではないと四柱推命では出る。
ハッキリと出る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつまでも童貞やらバージンだったりすると、
それがコンプレックスになったり、
時には傷害、障害になり、バランス感覚のない青年になる。
冠帯を持つ子供、胎を持つ子供は早く、
二十歳前後に初体験を済ませた方が良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月13日
「 S系かM系か 」

四柱推命で日柱の蔵干が弱い力と書いたが、
ここは12運で性癖を観るのが本来の見方。
S系かM系かは、驚くほど当たる。
時間は季節を現さないので、微小なちからしかない。
これはかなり割り引く。
でないと、当たらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月12日
「 アタリ 」

白いリボン、Jの悲劇、愛の犯罪者、裏窓の女甘い嘘。
この2、3日で良くできている洋画を4本も観ることが出来た。
十本レンタルした旧作の中で、Jの悲劇は役者が良くてアタリ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 好きとは 」

好きとは、一緒にいて楽しいこと。
好きとは、自分が肉を食べたくても、
相手が魚が食べたいと言うと、魚を食べること。
好きとは、小遣いが余ると、相手に何かに使わせてあげること。
好かれているとは、そんな気遣いをされること。
シンプルな見分け方で、好きか、そうでないかが解る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月10日
「 見ない方が良い 」

ネットのニュースを見てみた。
記事が浅く広く、
サプリメント的な飲んでも飲んでも効果のない、
そんな虚しさを味わってしまう。
このネットは暇つぶしと使いながら、
土坪にハマる落し穴があるようだ。
見ない方が良い、と判断した。
新聞やらテレビも見たくない。
その時間は料理を作ったり、本を読んだり、音楽を聴いたり、
映画を観たり、勉強をしたり、文章を書くことにしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月9日
「 宿命 」

殺人に至る『病』・・岩波明著を読んでいて、
地下鉄サリン事件で死刑になった豊田亨と、
北九州監禁殺人事件の松永太の、
二人の宿命を四柱椎命で調べた。
豊田亨は陽の水の1月土用生まれ。官星が強い。
東大卒。
彼の自己表現力が弱かった事が、
オームに入り学ぶ道を誘ったのだろう。
自己犠牲の強い生き方が実行へと動く。
今年の死刑は大運偏官の偏官の沖にあたる。
松永太は対照的で官星がない。
好き嫌いが激しく、
それでいてお人好しで人から裏切られやすく、
仕事のトラブル多し。
技術職が向く。
生まれつきの気分の波が激しい。
陰の金の土用生まれ。
大運偏官の印綬冠帯で死刑に。
共に適職さえ早くに知っておけば、事件は避けられたはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月8日
「 人生楽しくない? 」

今の若い人は人生楽しくない?
CDやレコード、映画のDVDを買わなくなったから。
音楽や映画がネットで配信されるようになってから、
それらに価値観を見出だせなくなった。
つまり楽しみが与えられ過ぎた結果だ。
バンドが生まれなくなり、楽器が売れなくなったのも当然。
貧しくても夢があるから頑張れた時代に
生きることの出来た世代は、幸せだったんだ。
英語は洋楽から覚えていったし。
テレビで放映される洋画の吹き替えが嫌いで。
パチンコもアナログで技術的発展で勝てるようになる。
麻雀が人生の縮図で、
人を、ツキたるもののバイオリズムを学べたし。
アナログをもっともっと復帰させないと、人間が弱くなる。
スポーツやるよりギャンブルやった方が、
若い時は学べた時代が確かにあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月7日
「 整骨院 」

整骨院の保険の不正請求が、
全国で8億円から10億円あると言われる。
結論から言うと、整骨院が増えすぎ。
下手な整骨院ばかり。
鍼灸も兼ねてやっている整骨院の鍼灸師も下手。
資格を持っても経験が浅すぎる。
専門学校の指導も下手。
治らないから長く通う患者が多い。
下手でもネットで広告をうてるから患者と客が行く。
北九州はコンビニの数より整骨院が多い。
専門学校の笠下の整骨院が沢山あり、
卒業生をそこに送り込むから技術的な競争が薄い。
挙げ句はチェーン展開の店舗を経営するのが学校その者になる。
簡単に誰でも資格を取れば下手でも独立出来るから、
未熟な鍼灸整骨院が増える。
ここから結果、食べるために不正請求が沢山起こる。
また整形外科がまた患者を治せない。
鍼灸受診の診断書も出さないから、
誰が病気かの線引きが曖昧になりすぎる。
今や、鍼灸が美容にまで効果的と広告をするものだから、
保険が美容の範ちゅうにまで使われている。
保険の使えない整体、整骨、鍼灸の治療所の方が、
技術的にはレベルが高い。
医学界が健康をブームにしたから起こる、これぞ社会の不条理。
不条理の中に生きて気付かずに、
不条理を訴える人が多いようですが、
資本社会の病魔は大企業から政治家、スポーツ界、芸能界、
マスコミ、一般人にまで感染している。
社会から隔てた生き方をする人が増えて良し、となる。
西洋医学と東洋医学の交わらない日本の医学の世界が、
昔から懸念されていた。
その付けが、今の不正請求にきたとも言える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月6日
「 夏の土用入り 」

今年の夏の土用入りは7月20日からで、明けは8月7日。
土用は年に4回あり、夏の土用が陽から陰へと変わるため、
最も土の力が強く変化する。
ウナギは別に丑の日に限らず食べて構わない。
食べなくても構わない。
ウナギが食べたくない人は
ウナギのウ、つまりウドンでもどうぞ。
土用の最中は妊娠しやすいと言われる。
土が活発化するとは、土に宿りやすいから。
土とはお腹で子宮を強めるため。
土用には田んぼの水を一度抜いて、
稲が根付くのを強めるためにする所がある。
安いウナギは輸入物。
天然のウナギはまず庶民の口には入らない。
今は国産でも養殖物がほとんど。
雌が8割だ。
天然のウナギは釣るしかない。
投げ釣りで夜に釣れる。
餌はアオケブでよし。
岩屋から芦屋にかけてがアタリあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月4日
「 引退なんて 」

今の放送局やレコード会社をあてにしないほうがいい。
俺たちは自分なりのやり方で音楽をやるさ。
引退なんて絶対しない。
この言葉は、ロジャーマッギン曰く。
元ザバーズのリーダーで、
今も車で全米を音楽普及のライヴを行う為に廻っている。
プレスリーはハリウッドに逃げた、
偉大なミュージシャンと言われる。
ミュージシャンはタレントになった時点で、
底が尽きていると考える、厳しい見方をするべきだ。
日本も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月3日
「 身が軽くなる 」

人の悪口を言うほど自分の運気を下げる行為はない。
人間は短所の裏側に長所を隠している。
長所を出しなさい。短所をし舞い込みなさい。
人が陽気になるとはマイナスの話し、行動、仕草を
止めることから始まります。
お金は必要以上にないほうが、災いが少なくなるし、
身が軽くなる。
今生きている人に施しをすることが、陽気の人になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 7 月1日
「 教育熱心 」

教育熱心は賢くない人の趣味とも言える。
子供に好きにさせて見守る。
これを母性愛、父性愛と言う。
子供への応援が大切で、
心配は子供の人生を台無しにすることとなる。
専門職のための大学院は悪くはないが、
大学院卒には心が貧しい。
早く独り暮らしをさせる。海外に行かせる。
音楽や映画や本は与えなさい。
美味しい食事を知ることも大切。
塾は程ほどに。
子供には失敗も体験させなさい。
100やらせて50やれれば大成功。
なにもさせないと親が子供を発達障害にしてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月30日
「 大切な推理 」

四柱推命で大切な推理。
学問であるが、推理力を要する。
蔵干表は泰山のを用いなさい。
蔵干は正しく出して観なさい。
余気、中気しか出ない人は早産か遅産と観る。
立命が早い、遅いは早産と関係する。
日干と年干は父親との関係。
蔵干の出た気が母親との関係。
年干の傷官は印星と官星を弱めるので、
子供が育ちにくいと観る。
年支蔵干が傷官になると、母親の家運が弱いと観る。
法的に罪人の家系と観る。
また官星を弱めるので、
母の生まれは祖母の貧しい家柄と観る。
補運が弱いと家運の発展が弱いと観る。
日柱の五行は正財、正官、食神の強い補運は結婚は良し。
ここの五行の力は強くないので、割り引いた力と観る。
土用生まれを用いなさい。
父の存在感は財星。
財星がひとつで印星がない方を吉とする。
食神1に財星1は補運が強いと吉。
冠帯は苦労をするが、晩年良し。
月柱は。年柱は破婚相。
日柱も破婚相。
破婚相は80%の男女が持つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月29日
「 占い処たぶれっと 」

占い処たぶれっと。
馬借で2年間したあと、今の京町で7年半が経ちました。
街中で占いの店を構えるのは、難しいから軒数が少なくなります。
家賃が高いし、信用度が高くないと続かない。
当たること、適切な解説、客層が男女で年齢層が幅広い。
北九州では低価格であるべき。
一番大切なのは、一流であり、
奉仕の精神で占いを通して社会に貢献する心。
これから占いをする方にも、
金儲けがしたくて占いをするべきではない、と助言します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月28日
「 安定志向 」

安定志向の若い男性が多すぎる、平成生まれ。
大学を出て、会社に就職する。
会社を二転三転したなら、まずサラリーマンは向いていないと、
これが解らない人が多い。
そんな人達のほとんどが、実は専門職にしか向いていない。
アナログ世代でない若い人の特徴として、
自分では解らないのだ。
学校が、親がいい指導をしていないからだ。
未だに金融機関に就職したら安心と、親が教えている。
北九州の銀行も地方銀はやがて1つに
合併することになるしかなかろう。
大手銀行は転勤当たり前で、家族はばらばらになる。
家を建てる意味は薄い。
オリンピックが終わると、不景気になる。
犯罪は増える。
お祭り騒ぎしている後始末を、皆がしなくてはらない。
百歳まで生きない方が楽だし、生きる人は何%よ。
財産は金だけではなく、
心の豊かさと教えるのは親か先生か社長か坊主か。
政治家は言えない。
企業と密だから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月27日
「 因果応報 」

自然界の力、法則性を因果応報と言う。
言葉は古臭く感じるし迷信っぽい響きがあるので信じがたいが。
しかし、親の因果は子に報うとは、事実だ。
では、どうするべきか?
自分が責任を持って人生を歩むしかない。
その手引き書になるのが四柱推命である。
また東洋医学でもある。
西洋は毒を造りすぎた。
毒をもって毒を制すが行きすぎてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月26日
「 幸せを祈ります 」

ブログをご覧くださっている皆様の幸せを祈ります。
生き甲斐を今の時代でも、見いだせます。
原点に回帰して、命を大切にしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月25日
「 誤解 」

誤解が生む憎しみ、嫉妬、など。
誤解は解けるうちに解いたほうが、
後で後悔すりより、絶対に良い。
人間は気分屋で、虫の居所が悪いときには、
すべて悪意に感じる。
それに気付いたなら、素直に謝るなり、
悪かったの一言を。
魚が釣れないときもあるし。
が、粘るだけが根性ではない。
出直す引き際の良さが、慈愛というもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月24日
「 宇宙の道理:男と女 」

恋愛がすべて? とんでもない。
恋愛は生命力の糧、または肥やしである。
恋愛の不条理さにこそ、命、宇宙の謎が潜む。
宇宙の道理に最後は恋をしていく。
これこそ死であり、死により永遠の命を宇宙は与えていくのだ。
金を惜しむ人間は悲しいかな、
宇宙を愛せないで死んでいくから人間の悲劇となる。
資本主義は国策でいいが、人は金に振り回されてはいけない。
金を世のために解き放つことから、宇宙に恋が芽生える。
基本は与えられた才能を世のために活かすことこそ、
神業というのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月23日
「 昼飯:男と女 」

昼飯を食べに小倉井筒屋新館一階にある、
アフタヌーンティーに行ったら、
まあ女性の老若の皆さんが沢山。
良く食べてる。
甘いデザートにパン、パスタ、ドリンクと。
お喋りしながら、長々と。
男と女は違うね、やはり。
お金がかかるんだ、女性は。
映画や音楽にはお金が回らないんだ、と納得した。
喋りすぎるから、人の悪口も出るんだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月22日
「 見合い結婚:男と女 」

過去に盛んに行われていた見合い結婚。
この影響が今の恋愛結婚にも引き継がれている要素が多々ある。
家系、家族構成、職業、財産の有無、まだまだあるが。
そこで誕生する子供が一番苦労したり、
とんでもない我儘になったり、
いけない出世をすることになったり、誤算が当たり前に生じる。
見合い結婚から恋愛結婚に、さあてだ。
恋愛能力のお勉強をしていないのに、
恋愛をするつもりが、失敗ばかり。
それとモテる、モテないは別。
どこまで恋愛を求めるか、それが生き方の違いであるし、
違うように人は生まれてくる。
戦争の危機感のない国は、
命の大切さを良く解らない人が増えてくのか。
世界は戦争だらけなのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月21日
「 大家族:男と女 」

姑に小姑。
大家族が消えていった。
子供をつくんなさい、男がいいね。
この言葉が母体に与える影響があります。
母親が精神的に不安な時に生まれてくる子供には必ず、
沐浴という十二運がでます。
頭は良いが根っからの芸人気質。
おだてに弱く異性にモテる。
我が道を歩み、生家を早く離れ、持論を曲げない。
芸人、医者、になると出世する。
税理士に多い。
恋人は振り回されて、疲れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月20日
「 体温:男と女 」

男性は特徴が外に。
女性は特徴が中に位置します。
つまり冷やす、温めるの違いがあるために、
女性は体温が健康のカギとなる。
低体温になると身体が酸化して、
気が陰化する。
これが女性の鬱の原因です。
肌がカサカサになり、
しっとり感がありません。
女性の体温や湿度を調整するのが子宮。
低体温の女性は不眠、不感になるために
過食で体温を上げようと無意識に食べています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月19日
「 悟り:男と女 」

人が恋愛をすると強い幸福感が伴う快感を得る。
ドーパミン作動性の快感回路が活性化するためと言われる。
恋愛初期の状態持続力は、長くて2年間が圧倒的で、
大抵のカップルはその後は穏やかな愛情関係に移行する。
ところが僅かながら、10年間経っても20年間
経っても出会った頃と変わらないカップルがいる。
確率的に3%とも言われる。
そんな人達の特徴は、心の真から悟りを得た人、
無欲に近い境地に生きる人と言われている。
こんな関係を運命的と言うのであれば、
この二人にはドーパミンを燃やし続けられる相性があるからだ。
道教の不老長寿の技を修得すれば可能であると、
とある中国人は語った。
彼は山に隠り授業中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月18日
「 リンパマッサージ:健康 」

恋愛と肥満の関係を学んできたが、
恋愛をするとある種の幸せホルモンが溢れてくるから、
少食となるようでもある。
インド、チベット、さらにアラブには
カーマスートラを継承していく文化があるようだ。
肥満の問題は欧米化された国の社会問題とさえ言われる。
肥満と癌、心臓病は関係が濃いし、
ソマチッドとも関係が深いと最近になって解ってきている。
リンパマッサージは全身をするべきである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月17日
「 鬱:四柱推命 」

鬱を防止するには、運動が効果的だ。
鬱になりかけたら、身体を酷使して働くと、
ぐっすりと睡眠がとれるから気分が快方へと向かう。
四柱推命で鬱になりやすい人の多くが、
ランナーズハイを無意識に行っている。
マラソン、登山、長時間の魚釣り。
徹夜麻雀も鬱を和らげていく効果がある。
思考を変えることが、鬱を遠ざけていく。
ギャンブルのスリリングさも鬱を遠ざけるからこそ、
依存形として癖になる。
失恋には麻雀は昔は最高の良薬だった。
麻雀を促進しなさい。
スマホより学べるぞ、人生を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・親と子の話◆◆

親は子供の性格と身体を、
顔の相を知らぬ間にマイナスにもプラスにもしている。
夫婦間の体の状態、内的要因が、
生まれてくる子供に遺伝子とは別に、大きな影響を与える。
親のしつけがマイナスに働くと、本人が苦しむ。
親孝行できないのは仕方無い。
親不孝と言うのは誤り。
勉強が出来る子供が、立派にはならない。
悪そうな子が、河で溺れている幼児を助けることがあり、
見てみらぬふりをする優等生がいる。
社会はそんな人の集りである。
四柱推命では、そんな現実から人を救う道理が隠されている。
名医が善人とは限らない。
単なる我儘な世間知らずであったりする。
聖人らしき人が罪人であったり、
罪人が聖人らしき人である場合も、あるだろう。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月16日
「 声:四柱推命 」

声の好い人は、早口ではない。
話がバカらしくない。
声は大切な魅力として容姿以上に人を惹き付ける。
カラスの声か?
ホトトギスの声か?
声が人を動かす。
賢くなると口調が柔らかくなる。
高い声は小柄。
低めの声は背丈がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・男と女の話◆◆

貴女が30代なら、結婚したいと言わないで、
要するに私はこの歳で独身生活を楽しんでいるのよ、
と言いなさい。
男性もバツイチになったら、
僕はこの歳で独身生活を楽しんでいるんだな、
と言えばいい。
60代であっても言うんだ。
女性も60代で独身であろうが、ワタシャ、
この歳で独身生活を楽しんでいるんじゃ、
と言いなさい。
それが精神に大切なビタミンだ。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月15日
「 スビリチュアル:四柱推命 」

ごめんなさい。
許して。
ありがとう。
愛しています。
この四つのつぶやきが、
あなたのトラウマを和らげてくれます。
これがあなたの心身を浄化することになり、
自然治癒力も活発になります。
すべての人に、自分自身に語りかけることで、
宇宙感を体感できます。
これぞスビリチュアル。
これだけで充分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・出逢いの話◆◆

出逢いがない、という人達の100%が
会社と家の往復で毎日が過ぎている。
出逢いがないのではなく、出逢おうとしていないだけ。
努力の足りない人には作物は育たない。
行動範囲を拡げることから出逢いは始まる。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月14日
「 結婚相手:四柱推命 」

自分の生日の十二支が子とする。
七殺になるのは午。
午のひとつ前、6番目にあたる巳がある人を選びなさい。
寅の生日の人の七殺は申だから、
6番目の未を持つ人を選びなさい。
申の生日の人の七殺は寅だから、
6番目の丑を持つ人を選びなさい。
これが救いになる。
結婚相手に恋人に選びなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・戒名の話◆◆

お金は生きている人のために使うもの。
墓や印鑑や戒名は、今や迷信の類いに入る。
葬式は質素に。
戒名なんてその昔に皇族が使っていた
見栄のようなものに過ぎない。
戒名がいいと天国に行くのかい? 悪事を働いた人も。
そんなバカな! 裏口入学はあの世にはない。
残念ながら。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月13日
「 病:四柱推命 」

子の日生まれの人は耳鼻、喉の病。
丑の日生まれの人は胸と腹の病、脳溢血。
寅の日生まれの人は呼吸器、神経痛。
卯の日生まれの人は腹に水が溜まる病、動脈硬化、
貧血、生理不順、生殖器疾患。
辰の日生まれの人は皮膚炎、貧血、脊髄の病。
巳の日生まれの人は耳鼻喉、血清病。
午の日生まれの人は眼病、胸、喉の病。
未の日生まれの人は胃腸、神経痛。
申の日生まれの人は大腸、胸の病。
酉の日生まれの人は大腸、胸の病。
戌の日生まれの人は心臓、動脈硬化。
亥の日生まれの人は腎臓、糖尿。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画の話◆◆

田植えの気節が来る。
田植えの経験をしたのは30代後半か。
機械が入っても人がするように丁寧にはいかないもので、
補修作業が必ず必要となる。
北イタリアでは田植えの時期には、
日雇いの女性労働者が集められ、
約2、3週間トラックに乗せられ現地に着く。
何百人もの女性がスカートを捲りあげて田植えをする様は、
女性の逞しさと生活力の強さに、
ある種の感動を覚えると言われた。
イタリア映画の、にがい米、を観たくなり、DVDを購入した。
この作品は素晴らしい。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月11日
「 少子化:四柱推命 」

先天運の命式に比肩がない女性は、
流産、難産となりやすい。
比肩がない人は大運、流年が比肩の時が妊娠しやすく、
また安産となる。
比肩は兄弟の星ゆえに、少子化の今は益々、
子供が産まれにくくなるのだ。
最低三人は〜と言った政治家は、
自然界の理屈が解っていないし、
これにムキに怒るひとも解っていない。
国が少子化を嘆くなら、
やるべきことを政治家がやらないと無理だぜ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画の話◆◆

フランス映画、イタリア映画、スペイン映画、
ポーランド映画、イギリス映画、ドイツ映画、
ロシア映画、ブラジル映画、コロンビア映画、
インド映画、メキシコ映画、フイリピン映画など、
北九州では公開されない国の映画の観たい人は
タブレットにいらっしゃい。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月10日
「 空亡:四柱推命 」

四柱推命で空亡を用いない、
使わないのが正しい推命学といつも言っている。
空亡を用いる算命学は何十年勉強をやっても、
技術を修得出来ないし、当たらないが、
このやり方が北九州には蔓延しているのは、
どこかの教室が教えたツケが回ってきているからだろう。
東京や京都での一流の四柱推命の占術家は、
空亡を用いないのが当たり前になっているが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽の話◆◆

クイーンがバカ売れしてる。CDもDVDも。
70年代から80年代の日本のポップスが、
観光外人客から人気があり、こちらも売れていると。
アメリカンロックの基盤を創ったグループは、ザバーズ。
こちらは知る人ぞ知る感じで、マニアには注目されているが。
ピートルズとフォークを、融合させた。
カントリーロックを生み出した。
ブルースと、コルトレーンの影響を取り入れて、
行き着くところまでたどり着いた。
ディランを世に知らしめた、ミスタータンブリンマンは、
アメリカンロックの最高傑作とされている。
インディアンの血をもつジーンクラークの作品は今尚、
評価が高い。クラレンスホワイトのギターは別格。
クラプトンどころではない。
リーダーのロジャーマッギンは、
音楽の普及活動で世界を回っている。
エライ!と尊敬する。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月9日
「 生まれ:四柱推命 」

甲の日生まれの人は
黄疸になりやすい。
乙の日生まれの人は
肝臓病。扁桃腺になりやすい。
丙の日生まれの人は
便秘下痢、婦人病、肺炎、神経痛、リュウマチ。
丁の日生まれの人は
心臓病弁膜症、過労、狭心症、肺、肋膜炎。
戊の日生まれの人は
胃病、ワキ臭。
己の日生まれの人は、
脾臓、肝臓病、大腸癌。
庚の日生まれの人は
慢性腸カタル、腹膜炎。
辛の日生まれの人は
呼吸器、神経痛。
壬の日生まれの人は
糖尿、関節炎。
癸の日生まれの人は
腎臓、足腰に関する病気。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

ある歯医者では親知らずが欠けたら抜歯をすると言うが、
ある歯医者では抜かなくて治しましょうでおわった。
良いことは知らせたい。
じょうずで、安く、無駄なレントゲンは撮らないし、
歯石を取るだけの通院でも予約はしないでよし。
安い。何十万の治療は?。
人の性格に合った治療をするから、尚更良い。
懐具合いもわかってくれる。
こんな歯医者大先生を知っているから、貴方に教えたい。
大先生は良心的だ。
だから僕の価格も安くなるのですはが。
知りたい人は、来て下さい。
公には知らせらない。
大混雑するから。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月8日
「 生き方:四柱推命 」

四柱推命は占いに含まれないのでは?
医学とか芸術とか哲学と言った方が正しいのでは、
と思えるようになった。
人間がみな、それぞれに違いすぎるからだ。
才能や個性、性格、心身、病質、愛情の表現力、
感性、行動力、…。
生き方は人それぞれ違うべきだ。
画一的な教育、価値観、幸福観、生き甲斐では、
人は矛盾に苦しむだけだ。
科学を人間向けると、凶器になるだけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

焼肉なんて、カクテル酒もなんて、不味い、臭い、素材。
ここでは肉、カクテルのベースとなる酒。
これを不味さを排除するために、焼肉には濃いタレ、
酒には果汁類を足す。
これによって不味さを隠したのである。
焼肉の肉は例えばロシアでは狼の肉を濃いタレを付けて
食べることにした。
濃いタレは今に至っても、人間の味覚を誤魔化している。
カクテルもしかり。
焼肉食い放題にアルコール飲み放題とは、野蛮な行為である。
タレを塩味で、酢醤油で食べる、
食べて美味しい肉を出している焼肉屋が実は稀で、
これを評価するのが食文化だ。
マスコミが悪の根源になった。
マスコミに流れた店に行く愚行、フリーペーパーの大罪。
これが日本をダメにした。
小倉の街なら黒田節が和食の良心。
良心の店はレストラン高山、創作料理のリップリップ、レリッシュ。
バカ高い寿司屋や回転寿司も、良心の店とは言い難い。
鰻なら、鳥町食道街の川淀。
ケーキ? 実はタブレット。
良心丸出しすぎるけど。
見た目と良心は違うのを憚る社会が狂っている。
まさに北九州の芸術劇場が小倉の飲食界を象徴している。
金を無駄遣い。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月7日
「 父親の在りかた:四柱推命 」

日干が木の人は、父親から早く離れる。
日干が火の人は、遠くから父を愛する。
日干が水の人は、歳上の男性から愛される。
父親のように。
日干が土の人は、父親が影の力となる。
こちらも、歳上の男性から女性は愛される。
日干が金の人は、父親が優し過ぎて、母が強い。
父親の在りかたが、子供には大切だ。
これは家事を父、母が分担する方が良い、とは違う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

遊ぶ。
遊ぶことはストレスを心身から出してしまうために、
これも健康法と考えて良いはずです。
遊ばない子供は健康にはなりません。
ただしゲームのやりすぎは、遊びの域を越えています。
大人でもストレスが溜まらない為には、遊ぶべきです。
遊ばない大人は、実は人知れぬ所で遊びをします。
盗撮、万引き、子供への虐待、職場での虐め、DV、
詐欺、悪口、高齢者への虐待をする介護者、蛇行運転、
嫌がらせ、など。
子への過保護な親も実は、とんでもなく遊びの狂気です。
孫への異常な激愛も、正当化している遊びです。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月6日
「 ソマチッド:四柱推命 」

ソマチッドについて。
自然治癒力の源になる有機体と解釈して良いと思う。
ソマチッドを可愛がることができる人は、例えば癌を消すことができるとなる。
ストレスが最大の敵。
これは音楽療法やマクロビオテック、他、東洋医学などの根底にあるもの。
陰陽五行の四柱推命にも関係が深い。
太陽に月に土に水に火に木に金によって、生命力は保たれている、となる。
電子レンジ、パソコン、電磁波、放射能は生命力を衰えさせる。
テレビもだ。
土がアスファルトに覆われることは、大気汚染となる。
人を憎む、嫌う、虐める、悪口を言う、羨む、これは自分の首をしめる。
人に対して優しくなる、感謝する、愛する、許す、ひがまない、疑わない、それで良しとする、今は今で良しとする、歳をとるのも良しとする、希望と欲は違うことを知ること。
ソマチッドはあなたであり、私である。
そして宇宙である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

血液、リンパ液、
そしてこの中に潜むソマチッドが気というもの。
身体のマッサージは、リンパマッサージをも含めて大切。
リンパマッサージは、今以上に見直されてくる。
リンパマッサージの名人になろう人がいる。
知らないところに名人は育つ。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月5日
「 羊刃:四柱推命 」

陰の干の丁、己、癸で先天運の月の柱に
冠帯を持つ人の人生は苦労多くも、
華々しい活躍を遂げる。
後天運で冠帯が来る人の年運冠帯が重なる年は、
死期となることがある。
羊刃二つが重なるわけで、
さらに印星の大運ならば特別の羊刃の働きがある。
26歳で召されたグラムパーソンズはこの年である。
陰の水の偏印大運沖の比肩の沖の年。
冠帯の冠帯で羊刃が重なった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

女性が無駄毛と思い込んで、
美肌のためにと剃る体毛について言うなら、
馬鹿者!と、東洋医学では言われる。
毛穴から邪気が入り込む。
毛を剃ると毛穴の働きが弱くなり、
邪気を簡単に入れ込んでしまうから、
体調が半病人状態になる。
アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、生理不順、
ヒステリー、不妊症、低体温、冷え、など。
毛穴の働きが弱いから、肌も荒れるし、
大気汚染のために大気が弱る。
血気だけが強まり、荒々しい性分が出てくる。
見ためキレイも鬼がいるから、
男は結婚したくなくなる。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月4日
「 アップするの遅れました:四柱推命 」

全国の生日が丁の巳の皆さんへ。
今年が己の亥です。
体調が優れない方、腱鞘炎になられた方、
子供さんが手術をした方、またするであろう方、
親族に憂い事のある方、あった方、
子供さんが一人暮らしを始めた方、
様々な事象があったり表れるかと、
四柱推命では出ています。
が、これらの事象は新たな希望、目標と
やがては変わっていくものです。
今は土用。
5月5日には土用も明けます。
連休になる方、ならない方、どちらの方も
ゆっくりと無理をせずに4月30日の新月を迎えて、
立夏までお過ごし下さい。
この期間の開運色は青、赤です。
黄色、黒はなるべく用いないで下さい。
平和に心を位置して、お過ごし下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

自我が強く、すぐ切れて人の悪口を言う人は、
身体を病んでいる。
気の巡りをなんとか改善しないと、短命になる。
そう言う人と関わりを持つことのほうが、
タバコの害より激しい。
気の乱れた人の回りには、正気を持つ人は寄り付かない。
胃腸の悪い人には正気が宿らない。
そんな人を観察すると、賎しい食べ方をしている。
声が清んでいない。
雑音のようで聞き辛い。
早口を治すだけで、声の質が良くなる。
声が明るく優しく張りがあれば、善き人とみる。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月2日
「 ヤブ医者:四柱推命 」

四柱推命は空亡占いではない。
算命学は空亡占い。空亡が解らずに、
算命学をしている人に痛恨の理論をあえて知らせよう。
生日の空亡が子丑。
子丑を孤空亡とするなら、逆の午未を虚空亡とする。
月柱の孤空亡が寅卯なら申酉が虚空亡となる。
年柱の孤空亡が戌亥ならば、辰巳が虚空亡となる。
12支すべてが空亡となるなら、その人は一生涯が良くない?
算命学を簡略化した気学、六星占術が当たらないのは、
当たり前。
無学な占い師はヤブ医者と同罪だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

金もないし、体調も良くないなら、
タバコを吸って早目にオサラバしたくなる。
やることやったなら、なおさらだ。
タバコを吸う人は、そんなに長生きするのは良くないだろう、
と思っている。
心のどこかで。
金が好きな人は、タバコを吸わない。
昔からだ。
昔の銀行の支店長は、皆さんが吸わない人だったな。
ああないと出世しないんだよ、高野さん。

◆ 最近のブログ 令和元年 6 月1日
「 戊の子:四柱推命 」

戊の子を日柱に持つ人の愛情パターンはどうなるか?
戊が子の水を押さえ込む。
つまり胎と言う十二運でも、相手を押さえ込む。
守るが度を越して、彼氏、または彼女を束縛して尅すとなる。
丁亥の胎は逆になる。相手から尅される。
故にそれに適した相手を選ばないと失敗する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

身体に良いものを食べたり、
飲んだりするには金銭的に負担がかかる。
作るとしても、やはり高くなる。
これに美味しさを望むとしたら、さらに高くなる。
ご飯を炊いて、胡麻塩で茶漬けにして、
キウリをオカズにして食べよう。
粗食で原点に回帰する。
魚を食べたくなると、メザシ。
肉を食べたいなら、ホルモンから。
鯨は高いから、食べたくなるというもんだ。
安いと喰いたくなくなるよ。
美人はたまにだと、良いと勘違いして、美人ばかりだと飽きる。
間違いなく、鯨みたいなものだ。
性格。優しい、謙虚、カーッとならない、素直、
プライドは滑らかな柔らかいものなら、好い人。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月31日
「 ブライアンジョーンズ:四柱推命 」

ストーンズのブライアンジョーンズは、
陽の水が大過していた。
官星がなく日柱は帝旺の羊刃がある。
大運偏印の絶運の正財の沐浴が27歳。
自宅のプールで水死体で発見された。
当時、様々な憶測が流れた。
ストーンズのメンバーが、ビートルズが絡んでいると。
最後の証人であった男が亡くなったのが10年くらい前。
これで真相は謎のまま。同然、ドラッグもだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

よく老人がマラソンにチャレンジしている。
これを賛美するマスコミはバカだ。
こんな人もいますが、貴方は無理をしなくても良いのです、
と言うマスコミなら賢い。
身体を酷使出来る人は、脳から快感ホルモンが沢山でるから、
本人は他人が思うほどキツくはない。
覚醒現象が起こる訳であるから。
これが出なくなる歳になると、薬に頼るざるをえない。
スポーツ選手で覚醒剤を使うのが多いのは、
幸せホルモンが出なくなった人。
海外に多く、ドーピング問題はよく聞く話だ。
もう限界に来ている身体になってしまった、と言うこと。
スポーツ選手は華々しくも、辛い。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月30日
「 人の声:四柱推命 」

人の声にも、生年月日の陰陽五行が表れている。
身長の高い人は低い声。低い背丈の人は高い声になる。
背丈の高い人は大人ですから声変わりで低くなる。
子供の声は背丈が小さいから高い。
声変わりしても、高めの声。
さて女性歌手では水の代表格が由紀さおり。
金の代表格は倖田來末。
木の代表格は五輪真弓。
火の代表格は美空ひばり、は丙。
松田聖子は丁。
土の代表格は中島みゆき。
浜田省吾は陰の土。
さて、フレディマーキュリーは陰の水。
日本人は骨格が虚で、欧米型は骨格が太いから声量がある。
それを加味すること。
電話の声で相手の性格がわかってくると、
電話に出る楽しみとなる。
元気か、病んでるかは、誰にでも解るはず。
早口言葉は土の人がムキになるとうまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

知って得する卵の話しを。
殻の白いのと褐色。
ほとんどの人が褐色が質が良いと勘違いしている。
褐色にするためにパブリカを
鶏は食べさせられているだけの話し。
白い方が安いと、なおさら勘違いに気付かない。
消費者は洗脳されている。
白を買いなさい。
お得です。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月29日
「 人生のレシピ:四柱推命 」

バッハが素晴らしいのは、
過去の作曲家の作品を盗んで自分のものにしてしまったからだ。
学ぶのではなく、優れた占術家の癖を盗んで
自分のものにしてしまうと、一流の四柱推命占術家に成れる。
一流の料理人も、師匠から教わるのではなく、
盗んで自分のものにしたから素晴らしい料理人になった。
優れた音楽プレイヤーも、しかり。
ジャズプレイヤーも、素晴らしい過去のジャズメン達から技を盗み、
自分のものに出来たから天才的なプレイヤーになった。
理論とニャアンスを自分のものにすることが、天才への道になる。
我が四柱推命は、理論とニュアンスを持って、
実践をしたから必要なモノと、
そうでないモノをニュアンスとして理解出来ている。
貴方の人生のレシピは、貴方の知らないところにある。
貴方は人の人生のレシピが、
ほぼ同じと洗脳されているから苦しむ。
人により、これほど違うのを知ったら、最初は驚くに違いない。
錯覚してはいけない。
人は不平等さを平等に授かっている。
つまりは不平等さの連合体が自然界であり、人を羨むように、
貴方も羨まれるように出来ているから、
それに気付くと人間は平等になると言えるはずだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

日中の仕事を終えて、遊ぶ元気があるうちはまだ若い身体。
仕事を終えて睡眠をとっても身体から疲れが消えない、
となると老化が始まっている。
寝ても寝ても身体がキツいなら、生命力が落ちている。
これを無理すると、必ず病気になる。ガンにせよ、
膵臓炎にしろ、必ずなる。
60を過ぎると半病人状態の身体になっている。
長生きしたくなければ酒やタバコを吸うがいい。
ただし懐具合いによるが。
これらの嗜好品は、薬にもなるし毒にもなる。
サプリメントも同じだろう。
美人は外面と内面にギャツプが出来、
美人ではない人は外内のギャップがないぶん、
お金を使わなくて済むから、ある意味luckyと、
喜んでもいいはずだ。
そう悟れば、老後は美人の方が辛い。
哲学とは解りやすいレベルでも学べる。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月28日
「 どう生きれば良いか:四柱推命 」

持って生まれた宿命=先天運を陰陽五行で出すと、
どう生きれば良いかが解る。
10年単位の後天運を知れば、
ここでまたどう生きれば良いかが解る。
人生に於いて、仕事が適職であるか、
独立運があるか、勤め人が良いかが解れば、
合格圏に入っていると言える。
恋愛、結婚も自分に合った人を解れば、
合格間違いなしとなる。
解らないことだらけだから、
実は人生は面白いのであるが、
四柱推命で自分を知ると、
面白さがイキイキとしてくるから楽しくなる。
これが本来の占いの役割だ。
皆さんは、不必要な情報に振り回され過ぎているから、
楽しくないのだ。
間違いだらけの親の価値観や学校教育のあり方が、
人を苦しめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

医師と薬剤師は立場が違うために、
医師の処方箋にいちゃもんをつける薬剤師を見かける。
そんな薬剤師は、優しさをはき違えているようだ。
老いた患者に多少、
余分の薬を処方した医師は患者に優しいからしたとする。
それを覆す薬剤師は、まるで権威的な学校の教師と例えたい。
そんな薬剤師は、きっとモテない。
結婚していない。
男を知らない。
仕事の時間が唯一、尊厳を保つ為の仕事師に
成りすぎた姿に変わる。
そこまで〜、と回りのスタッフは患者に同情的になる。
賢い、がモテないは職場をいつも、どこでも乱している、が。


◆ 最近のブログ 令和元年 5 月27日
「 蔵干の中:四柱推命 」

沐浴の日柱は4バターンある。
沐浴の中でも甲の子が好命とする。
この理由が解るならば、一人前の四柱推命の占術家だ。
ヒントは蔵干の中をよく調べること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

らしくない、とは凄いことを意味する表現となる場合がある。
医者らしくない、とは並の医者ではない。
偉そうにしていない。
腕が並みではなく、とても上手い。
人情があふれている。
権威的ではない。
治療費が安すぎる。
などの庶民の立場目線が感謝される医者を言う。
政治家らしくないは、それイコール悪徳政治家とするのは間違い。
政治家なのに、これまた偉そうにしていない。
陳情しても金を受け取らない。
報酬を減らして、ボランティアに注ぎ込む。
実際に医者にしろ、政治家にしろ、いる。
この北九州に。
料理人らしい人は、逆に良い意味になる。
料理人と言えないほど、料理が不味い。
仕込みをしないでレトルトを使う。
味見をしない。
魚をさばけない。
素材に拘らない。
そんな人が街の飲食店の厨房に入っていすぎるからだ。
坊主らしくない、は今では良い意味に使える。
子供らしくないは? 大人げないは? 男らしくないは?
女らしくないは? 若者らしくないは?
ラーメン屋らしくないは? さて、占い師らしくないは?
人間らしくないは? これは奥が深いぞ。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月26日
「 食神と傷官の違い:四柱推命 」

食神と傷官の違い。
1+2=3 3−2=1
1+2=3 3−1=2
ここが違うから、食神と傷官は大きく違うことになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・健康の話◆◆

腱鞘炎になってしまった。
占いで速く書くからだ。
しかも一人の方に説明しながら紙に書いて、
5枚〜10枚になる。
ポテトサラダを混ぜ合わせる。
デカいボール一杯になる量を。
マッサージ師、寿司職人、作家、
腱鞘炎になって一人前と言われる。
一人前になれずに腱鞘炎になった、僕は。
昔のイギリスの婦人科医が、腱鞘炎になり考えて、
発明されたのがバイブレータ。
3年がかりの末に、婦人科医の知り合いの発明好きが完成させた。
それからイギリスでは、ヒステリーと言う病名が消えた。
書き言葉と話し言葉は違ってくる。
ブタは体格が凄くいいとなる。
綺麗は、絵にもかけない美しさ、となる。
ネットの書き込みをするなら、
書き言葉をしっかり学ばないから、誹謗、中傷の文になる。
そこでは知識や考え方が、正確には伝わらない世界だ。
参加しない方が精神的には良いと思います。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月25日
「 タバコは薬:四柱推命 」

四柱推命を求めて来るお客様を四、五人診る。
集中力と理論の解説を解りやすく理解してから始める。
頭が覚醒して、まるで満月の大潮の気が蔓延する。
不眠症になってしまう。
酒が駄目だから、タバコにした。
不眠症が解消された。
僕にはタバコは薬。
まるでインディアンだ僕は。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・芸術の話◆◆

商業的であってはならない。
芸術性を問うなら、不変の法則がそれだ。
出版社は売れる物が良いもので、
売れない物はつまらないもの、と定義する。
各賞にしても売れない名作よりも売れる駄作を推する。
ところが売れない名作が売れるから、面白い。
消費者の方が一枚上を行く。
有名な話は、オヨゲタイヤキクンの大ヒット。
この曲を芸術性があるとは思はないが、
ピカソの絵の良さは解らないまま置き去りにしてきた。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月24日
「 丸山穂高:四柱推命 」

とんでもない人が、政治家になってしまっていた。
丸山穂高。
大運偏印の今年は偏官流年。
2年前が偏財の沖。
先天運の命式は、年柱陰の水の亥で帝旺、
月柱は陰の木の丑で冠帯の羊刃あり。
日柱は陰の水の卯で長生。
節入りが浅く余気しか出ていない。
年から陽土、月陰の水、日柱は陽木。
自星が3つ、漏星が2つ、陽土の正官は年支に。
冬生まれで陰の水とて強い。
財星が無いために、現実感に薄く、実行力無し。
後天運が2歳から傷官大運の反抗期。
続いて比肩大運の我の強い10年間。
さらに刧財の大運。
32歳からは大運が偏印に入った。
今年は偏官の帝旺。財星がないと、アニメ好き?
戦争ごっこを政治に持ち込む、現実感無しのオタクだ。
来年は、再来年はヤバイ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽の話◆◆

アメリカのシンガー、ドリスデイが亡くなった。
長生きだ。
ジャニスジョップリンは20代の半ば過ぎに亡くなった。
彼女もシンガーだ。
死に様が違うと、生き方が違う。
時代が違う。
歌が、唄が違う。
音楽が娯楽から、カリスマを経て、癒しとなる。
クイーンの映画がヒットしている。
アメリカらしい映画の見本と感じた。
若い人は、昔、昔に、もっとスゲエバンドがいたことを
知らないだろうから、映画がヒットする。
アメリカの興業成績の話は鵜呑みにしないこと。
クイーンをけなしているのではない。



◆ 最近のブログ 令和元年 5 月22日
「 だから嘘をつく 」

いいね!と、評論した人が先輩だったり、
いかにも知っていそうだったり、
つまりカリスマ的な存在の仮面をかぶっていたら、
そうですよ!いいですね、と言うしかない。
映画評論家、音楽評論家、政治から軍事、
とにかく評論家という人は、
いかにも知っていそうで、
物、人の評価の基準として、
大衆は受け入れてしまう。
料理研究家は嘘ばかり言ってる。
ヒットする事象とは、
若干の良さ+過半数派に所属する居心地、
安心感で成り立つ。
家があるといい。
宗教はカルト以外は良かろう。
長生きは幸せな人。高いものはいい。
クラシックは素晴らしい音楽。
東大は偉い。
学歴は高いほどいい。
可愛くて美人でスタイルが良いのがモテる。
健康サプリはいい。
医者が言うから。
あの占い師が言ってる。
血液型は当たるよね。
イケメンがいい。
男は男らしい。
女は女らしい。
洗脳されて社会は、時代は成り立つ。
ネットは自称、俺が正しい人間の場。
社長はエライ。
ゴマすり社員。
反発社員。
テレビで言いよったよ。
は体に良いって。
マスコミはスポンサーは神様。
だから嘘をつく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・地元の話◆◆

小倉北区竪町にある麺屋一の坊が
先日、開店15周年を迎えた。
おめでとうございます
これからも北九州で一番よい味のラーメンを、
沢山のフアンの方々に提供していって下さい。
チャーシューを食べれない人が、
一の坊のチャーシューは食べた、
という感想を風の便りで聞いた。
確かに僕もチャーシュー大好物ではないが、
一の坊のチャーシューは美味いと思う。
平成に生まれ、令和の時代にも愛される
ラーメンの味であり続けていくだろう。
竪町には何がある? 麺屋一の坊があるんだ。



◆ 最近のブログ 令和元年 5 月21日
「 木:四柱推命 」

よく喋る人は、一人になると考え込む人が多い。
基本、陽気な人はよく喋る。
陽気な人は、一人になると陰気になる。
木の干の人は、特に喋り好き。
木は肝経絡だから喋る。
酒が入ると肝臓が活発になるから、気が高ぶり喋る。
泣くのも肝臓の働き。
肝は目を司るから泣きやすい。
陰陽の木は、喋るし泣き虫。
木がない土の干の人もよく喋る。
土が木を拒むので、木が、つまり肝臓が働くので喋る。
水が足りないと肝臓は水を求めるから、よく飲む。
酒もジュースもだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・地元の話◆◆

行く書店はクエストかキクヤ書店。
クエストの陳列されている書籍は一階、二階ともに
手に取りたくなる物が少ない。
二階のファミリーレストラン並みの専門書は、味がない。
仕方なくAmazonで検索して買うしかない。
キクヤの方が、まだいいか。
選別する時点で、Amazonに喰われている。
これが北九州を象徴している。
サブカルチャーのない書店、レンタルビデオ店、映画館。
消費が伸びないのは、物がないからだ。
だから福岡に人は流れる。


◆ 最近のブログ 令和元年 5 月20日
「 ブログは続く 」

離婚、未婚、少子化、高齢出産、人工受精、不感症、
性格の相性、セックス?愛情表現の相性、ストレスと癌、
SとM、性同一性障害、セクハラ、性教育、処女と童貞、
アダルトビデオ、大人のオモチャ、変質性、
生まれつきの性癖いろいろ、助平と坊主
医者、整体マッサージ、日本人とアラブ人の大きな違い、
胎児と母親、神と自然、先祖は人を殺した、
信仰と信心は違う、長男と次男、間違いだらけの親、
ママ友のテレビ馬鹿、困った人達。
こんなテーマで、ブログは続く。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・男と女の話◆◆

皆さんもご存知かと思いますが、
30歳以上の未婚男性の四人に一人が童貞という日本の実情。
プライドが高く、コミュニケーションが出来ない、
潔癖な女性観に自分が溺れてしまっていて、
婚活パーティーに行っても話が出来ないし、
容姿にも自信がない人が集まる。
童貞はコンプレックスとなり、
社会的な自立をも疎外することになる。
好きな人、理想の人でないとセックスしたくないが、
やがて、そのうち現れるから、恥をかきたくないへ進行し、
理想の女性が見つかる時は、相手に彼氏がいる、で、諦める。
それを失恋と言ってトラウマにする。
見合い結婚が80%以上の戦後は、
ある意味貧しくても良かった時代かな?


◆ 最近のブログ 令和元年 5 月19日
「 ポロット : 四柱椎命 」

お客様も永くお付き合いしていくうちに、
本人が言いたくないことをある日、ポロット気を許してか、
話してくれるようなことがあります。
そんな時は信頼してくれているのだ、と実感し嬉しくなります。
まるで神父が懺悔されているような心持ちというか。
僕は宗教家ではないので、ただうなずいて聞くだけですが。
人生は訳が解らないことが多いし、
自分はなんでこうなったのか?と考える年齢は50代以降かも。
そんな方がとても多いはずですが、
四柱椎命を調べてお話をすると、目から鱗になられますよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・北九州の話◆◆

言っておきたいのが、K社の社長の話し。
若かりし頃の、貴方の貧しくも音楽にかける情熱を
信じていた姿は、周りの音楽を共有していた若者は、
貴方に夢を託して間違いない人であると信じて生きていた。
が、今や貴方はその辺のオッチャン社長と変わらない
醜い男になってしまった。
バブルに毒された貴方に、
あの若々しく熱い情熱を呼び戻す期待は、
もうしないで欲しいと貴方が言っているようで、とても残念だ。
地元の音楽家に貴方の獲たものを還元する気はないのか?
MR社と故K社長と変わらない、つまらない男になったもんだよ。
音楽の並木通りに冷たい風が吹き、
枯れ葉が枚散っている寂しい通りを、
肩をすぼめて歩いている貧しきミュージシャンが痛々しく、
僕はそんな若者を沢山見ている。
今もなお。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月18日
「 新月と満月 : 四柱椎命 」

10連休が終わり、しばらく長潮のような、
ダラーッとした日々があった。
この2、3日からやっと人の気が活発になってきたのを感じる。
慣れないことをやるのは、
人にとってリズムを狂わせることになる。
気付くと大潮に入って、今日の15日は新月。
闇夜とも神月とも言うことがある。
新月からは食べなさい。
満月近くは、食べることを控えなさい、と言われる。
新月に祈りなさい。
願いが叶うから、というのはこじつけで、女性は排卵の始まる時。
満月は生理の始まる時。
逆の人もいますが。
魚がよく釣れるのも新月、満月の大潮の時。
満潮から下げの干潮に向かう時が、
入れ食い状態になったりする。
大潮の時には人間も活発に食い気、性欲が働き、
不眠になりやすい。
事件、事故、天災が起きやすい。
ドラキュラ、狼男、たぶん河童も、活動的になる。
これは満月。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・北九州の話◆◆

整体、整骨、鍼灸を若い方がやられている。
北九州はコンビニの数より整骨院が多い。
しかし上手は少ない。
名人級になれそうな技術者がわずかしかいない。
国保の使える所ほど、下手な所、下手な施術者が多い。
さて、国保をそう簡単に使わせていいものか?と、
すでに疑問視する風向きになっている。
価格が安くなるから、行く必要のない人までが行く。
暇潰しのくつろぎに。
下手な所には患者が治らないから行かなくなる。
生活が苦しくなるから国保の不正請求が起こる。
全国で年間8億円の不正請求が表面化しているが、
実際は10億円はいっているだろうと言われる。
鍼灸にしても、うつぶせ、仰向き、右横、左横とやらない。
接診をやらない。置鍼だけ。
指に感触を得て、身体の状態を判断することをやらない。
名人級の鍼灸師は、おそらく馬鹿にしている。
名人級の鍼を体験しないから、解らない。
上手いと下手の違いが。
患者の方が賢いことを解らずにやっているから、
知らぬが仏の安全地帯で、ぬくぬくしている。
北九州の保険福祉課に、鍼灸、整体、整骨のプロを雇用して、
施術体験をさせるべきだ。
星いくつで評価するくらいの真剣さを保険福祉課に求めたい。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月17日
「 生まれた時間 : 四柱椎命 」

四柱推命で生まれた時間を重視しない方が良い。
丁の人は日没から明け方に生まれる。
丙の人は日中に生まれる。水の人は夜に、木の人は日中に生まれる。
これが基本。金と土の人は十二運月柱により変わる。
何月生まれかが、日干に与える力となる所以だ。
時間は季節を表している、とは考えないのが基本だからだ。
大切なのは季節、何月生まれの陰陽五行の日干かだ。
晩年、壮年と観る向きは、老いた生命力を人生の力としての
先天運として年月日にマイナス、プラスと同等に扱われない。
節の浅い、深いは、早産、遅産を表す。
早産ならば胎児の身体が小さい。
これを節が浅く、余気しか出ていない人の心身の特徴である。
立命が遅くなるのは当然。
立命までの年運を調べれば、いつ立ち上がるかの早い、
遅いも出てくる。
木の日干の根のないひとが木運の年で根が出てくると診る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・これからの話◆◆

タレをつけないで食べる焼き肉、
ソースをつけないで食べるハンバーグ、
醤油をかけないで食べる寿司と刺身に焼き魚、
バターをつけないで食べるパン、
ソースをかけないで食べるお好み焼き、
ケチャップを使わないパスタにオムレツ、チキンライス、
醤油をかけないで食べる豆腐、
これからの素晴らしい料理とは、こうなる。
まるで化粧をしないで気品だけで美しくなる女性、
ヅラをつけなくても、ハゲでも雄としてのフェロモンを発する男性、
C、F、G7、Am、だけのコードのメロディー、
自然水、煙草を吸わないと酸素が濃いすぎる空気、
見つめるだけでエクスタシーを感じさせる雄男、感じる女性。
人もこれが素晴らしい。学歴がなくてもだ。


◆ 最近のブログ 令和元年 5 月15日
「 体罰 」

体罰を学校の中で先生がやる。
体罰でもいろいろある。
昔はバケツに水を入れたやつを両手に持たせて、廊下に立たせる。
単に、廊下に立たせる。
本人が非を認めた行為に対する罰ならば、納得して受ける。
子供心にも、そのくらいの因果関係は理解できる。
ところが見せしめとして、クラスの中のおとなしい子ならば、
仕返しをされないと先生が選んでやる。
これは他の生徒にも読める行動で、
逆に先生に対する不甲斐なさ感と、不信感へと繋がる。
こんな体罰は権威を守ろうとする冤罪的なもので、
先生はやっちゃあいけない。
全体責任として昔はクラスの委員を一人罰するやり方も行われた。
本人が委員をやらされている。やりたくないのに。
そこには押し付けてきた教育があり、
軍国主義を体験した先生ならではの体罰であった。
さすがに、こんな先生は姿を消した、
代わって国公立に現れたのが、真面目にやらない生徒に対して、
お前は税金泥棒だ!と口に出すとんでもな講師。
時代が生み出す権威主義の行動や教育は、
生徒、学生に少なからずも影響を与えて、
結局は長い物には巻かれろか、権威に反発して自らが、
また権威を得る立場の社会人へと、流されてしまう。
こんな大人の自分の主義を押し付ける教育を受けて、
迷惑を被るのは子供達なのだ。
子供は世の宝、もっと守られて良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・北九州あれこれ◆◆

ラーメンが食べたくなることが、月に2、3回ある。
残念ながら街中、魚町、京町あたりに好きなラーメン屋がない。
こだわるつもりはないが、ラーメン、コーヒー、そば、
歯医者、整骨院、占い屋は、
昔から当り、外れの差が激しく、何処でも、
と言うわけにはいかなかった。
歯医者はやっと見つけたし、
コーヒーは自分で煎れるしかないし、
占いも自分でするしかない。
ラーメンは、次男坊がやってる??一の坊でないとダメだ。
えこひいきはしていない。清
潔感とクセのないコクがウマイ? 乾麺の量も多く、
チャーシュが苦手なはずが、ここのチャーシュだけは美味しい。
ヤキウドンとか、味に大差ないものは、名物にならんだろうし、
臭いばかりのラーメンは、ラーメンの品格を落とす。
テレビも映画も歌も、臭いばかり。


◆ 最近のブログ 令和元年 5 月13日
「 劫財の沐浴 : 四柱椎命 」

元広島カープの衣笠選手が亡くなって1年が経つ。
1月冬生まれの陰の火で日柱は酉。
用神は陽の木。
66歳から大運が陽の土の沐浴。
大運が傷官で、今年が傷官の年運。
火が衰える。
平成28年が69歳の劫財の沐浴で、
この年が病になりやすい年。
ここから癌の進行が早かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画あれこれ◆◆

東アジアの映画もアニメも、文化としては大差はない。
僕からすると。
文化の土壌のないところへ入ってきた
商業的な欧米文化が急進的に蔓延してしまった。
戦後の一番の日本の汚点は、
進駐軍マッカーサーの日本に対してとった戦略
WGIP(ワー・ギルト・インフォーメーション・プログラム)
により日本人が委縮し、
よき伝統を伝える日本流の道徳倫理よりも、
金がすべての経済に心を逃がしたこと、
それを器用な日本人は上手にこなした。
あまりに急速に経済が復興したために、
経済が一番(金が一番)という、
とんでもない教育がなされたことに、
誰も気付かずに進んでしまったこと。
学校よりもテレビの影響を強く受けてしまったこと。
僕は貧しい少年時代を過ごせたことで、
救われたと思えることが沢山ある。
僕以上に貧しい友達がいたが、
そんな彼らと遊べた体験は素晴らしい想いでとして、
忘れない。

そしてWGIPの事実を漸く日本社会が認めだした。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月12日
「 性的虐待 : 四柱椎命 」

ある精神科医の話しによると、
ドラッグをやっている男性の多くの人達が、
幼い頃に性的な虐待を受けた人がいるそうだ。
語ることが辛く、なかなかすべてを話す人はいないが、
一般の人が信じられないくらいに
沢山の大人に性的虐待を受けているという。
父親以外の別の男性やら、おばさんやらの女性にも。
性的虐待を受けた男の子たちは、
自分を守れなかったという後悔と、
自分が弱い人間だからそうなったという敗北感や、恐怖感や、
それをいつか誰かがバラすのではないかという不安感から、
沈黙して一人で苦しみを抱えてしまっているという。
一人で悩むから、苦しくてドラッグやアルコールに逃げて、
一時的にでも忘れたいと、そこから端をはしていくこともある。
男性の場合は女性に比べると、
打ち明けることに抵抗が強いらしい。
拒否出来なかった、弱い男、とトラウマがかなり強い。
四柱椎命で子供の時に
大人から可愛がられるひとの男女の命式は出る。
人間は幼い頃に様々なトラウマを持つこともある。
それが苦しくて暴力的にもなるし、
女の子と付き合えないことにもなる。
単純ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆

上手いと、いい〜、は違う。
早弾きギターが出来ても、語りがないと、
良いギターリストではない。
ドラムにしても、テクニックだけでは良さを問えない。
ジョンレノンのアルバムによく参加していたジムケルトナーは、
曲の情感を表現するのが、優れていたドラマーだった。
キースムーンは話題性はあるが。
話題性が無いために、知られざる名ドラマーも沢山いる。
バーズの後期のメンバー、ジーンパーソンズもその一人。
マルチプレイヤーでもあり、天才ギタリストと称賛された、
クラレンスホワイトのコンビで知られる。
腱鞘炎になり、バーズ解散後、2枚のアルバムを発表している。
マルチプレイヤーで、すべての楽器を自分が奏でている。
CCRのジョンフォガティーもそうだった。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月11日
「 情報の騙し 」

世の中の情報のほとんどが間違い、嘘、だと思う。
ネットでの勧誘、商売の紹介、ビジネスチャンスへの誘い。
これは確実に騙し。
詐欺。
自分に都合の良いことを信じたい人間の浅はかさに
訴えてくるから、騙される。
ショッピングも着払い以外は怪しい。
出会い系はヤらせ。
サプリは、どこで買っても、ドラッグストアーで買っても、
効き目は疑問符。
宣伝が貴方の上手をいくから、貴方は騙される。
広告はルールのある騙しみたいなもの。
買うのは自由。
効かないといっても、効くとは書いてない、
と言われるから仕方ない。
不動産の広告で日豊線あたりの家土地が
1000万以上なんて、高ーい。
よく調べるのがいいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆

ジャンルは様々であり、アーティストもまた様々であるが、
人が音楽に惹かれるのは、その人の絶体音感の波動に、
音楽家の織り成す波動から生まれる作品が共鳴するからだと言える。
バッハからドビッシー。
ブルース、ジャズ、ロックからバラード、
さらに歌謡演歌、民謡、長唄と。
短調か長調かもクラシックには好みが出る。
低い声、高い声が好きか?
これは、その人が仲間を探す方法として、
動物の鳴き声を聞き分ける本能的なものとして働くのだ。
必ず、自分には持っていない音、自分が持っている音、
のどちらかを、また両者ともを得たい場合がある。
嫌いな音楽は苦痛になる。
ストレスだ。
あのヒトラーがボーイソプラノの高い声に、
人の気を狂わせる高音域があるのを知り、
音を兵器の1つとしと研究していた話がある。
公の場では唄えない教会音楽があり、
これをボーイソプラノに唱わせていた。
変声期前に手術して、
高い声をさらに高くしょうとすることまで考えて。
ヘッドフォンはあまり使わない方が良い。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月10日
「 結婚、離婚 : 四柱推命 」

結婚シーズンです。
意外に結婚する二人が来て、
どうすれば結婚生活がうまくいきますか?
という相談が少ない。
自信があるか、私達にはあり得ないか、聞くのが怖い、
占いを信じたくない、などか。
離婚したいときは必ず来るといっていい。
相性を見ると、悪い人達が100%。
離婚の原因のNo.1は性格の不一致。
2は妻の浮気と旦那の暴力が重なった理由。
3は生活費を渡さない夫と、妻の精神的虐待が重なった。
4は家族、親族との不調和。
5は妻とのセックスが良くないと、夫の異性問題。
性格の不一致もセックスの相性がよければなんとかなるのだが。
生活費を渡さない夫、妻へのDV、妻の浮気、夫の浮気。
結局これらの問題は互いに愛を注げない相手なので、
四柱椎命では相性が悪いと、それだけの理由になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画あれこれ◆◆

映画でR指定18と15がある。
このR指定は、販促の役割をするので、
わざわさ付ける場合もある。
18と15では、15の方が客層を拡げることに成るために、
15を配給元は望む。
18はやらしい大人。
15は若い人の物語と、言っているようなものであるからだ。
若くない人は劇場に行かないから、15がよしとなる。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月9日
「 進路の変更 : 四柱推命 」

貴方の中の闘いは終わりましたか?
戦いを終えた人は人間が丸〜くなっているはずです。
当然、まだ若い方は戦いの最中でしょうから、
今の自分をゆったりと受け入れることが出来ずに、
大変かと思います。
が、余りに真剣、深刻になりすぎないように。
自分を知ることから山も見えてくる。
と、不安が期待に変わる。
進路の変更も可能。
これが四柱推命の素晴らしさです。
迷路にいるような気のする人は、おいでなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画あれこれ◆◆

新作の映画のDVDを4枚借りて1000円。
2泊3日だから大至急で観ることになる。
が、だ。
新作は面白いかもしれない、
という思い込みは誰にでもあるだろうが、
本当に駄作が多いのには呆れてしまう。
新しい=面白い? とんでもない間違いだ。
4本借りると割安感がある。
この勘違いが消費を促す。
結局、旧作から選んだ方が安くて良い作品を観ることが出来る。
アクション、SF、ホラーは観ない。
ドラマのジャンルには幅広く個性的な作品が実は多くある。
北九州は昔からホラー、アクションしかヒットしない、
という伝統があり、故にビデオのジャンル、
品揃えにも未だに息づいている。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月8日
「 補運の弱い人 : 四柱推命 」

ジムモリソン。
大運刧財の帝旺、生日は陽の金の子で子月の生まれ。
羊刃の出た大運で、刧財の流年に死去。
翌年は壬の子年。
干支が重なるのを比和と言うが、弱い補運は強い大運に苦しむ。
6月に午の月で沖。
日と月に沖となる。
言うならば、補運の弱い人がドラッグを好む。
ジミヘンもジムモリソンもだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・映画あれこれ◆◆

ルルドの泉。
フランス映画であるから、
奇蹟について信じたい人は観ると為になる。
信じないとか、宗教は危ないとか、
スピリチュアルはバカらしいとか、為になるはず。
が、フランス映画でフランスの政治模様を誤解しないこと。
で、奇蹟的な体験はあるだろうが、奇蹟的は奇蹟ではない。
英雄、快挙、神業、孤高、努力は実る、名人、
コピーライターは嘘が上手だから、注意して。
楽をして生きることは悪くないが、お金が欲しいとか、
景気が悪いだの、給料が安いとか、北九州が寂れたとか、
愚痴の多い人は人相が次第に悪くなる、らしい。
平成の特徴。
あちらこちらの店員さんの口癖が、死ね!ブス!臭い!
昭和はバカ!アホ!スケベ!だと。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月7日 日
「 左の闇 」

捏造、冤罪、隠蔽工作、プロパガンダが、
マスコミには溢れている。
表に出てこない事象こそが真実で、
表に出す記事は事実を隠すために出されていたりする。
だからテレビも新聞も出版物もネットも信じてはいけない。
裏があると思えばいいが、
朝日、毎日、読売みんな違ったことを書いてるが、
どれが本当か?どれもフェイク。
テレビはリハーサルがあり。
朝の報道番組もクイズ番組も討論会もリハがある。
庶民を誘導したい左の闇が独占的にタクトを振っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆

ファンの気持ち。
僕の世代ではグルーブの解散には慣れているというか。
ビートルズに始まり、アニマルズ、バーズ、
イーグルス、クリーム、CCR。
ボブディランがフォークギターをエレキギターに持ち替えた。
嵐の解散は自己のアイデンティティーを求める男の
在りかたを示したもの。
SMAPも。
いつまでもアイドルではいたくないよ。
実力があるなら、どんな世界でもやっていける。
親離れする子供は逞しくなる。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月 6 日
「 不景気から恐慌 」

オリンピックまでは、なんとか不景気で行けるだろう。
オリンピックが終ると不景気から恐慌になるという日本。
金融界、不動産業界、投資、株価は下がり、
世界的に不安感は拡がる。
今、新聞広告に出ている中古物件や売り地が、
実は物凄く高くしているのは不動産に対して、
価値観を誇示誇張する役割り。
田舎の土地は買い手が少ない〜無い、状態。
空き家はいくらでもある。
市営住宅も空き部屋が多く、
家は借りる時代になっているのに、まだ買う人がいるのは、
未来を予知出来ない人が多すぎるからだ。
天災、ローン災害、戦争に、
原子炉に日本は傾いて45度くらいか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆
ディランを歌ったバーズは、
ディランをより音楽的に解りやすくした功績がある。
バーズのロジャーマッギンはディランの狂信者から、
いつも銃で狙われている気がしてステージに立っていた、
と語ったことがあった。
ディランは壬の人。マッギンは丁の人。
今尚、二人はツアーをする活力を維持している。
すごい。
僕は彼らよりもずっと若くて、整体通いの不甲斐なさ。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月 5 日
「 捨てた方が良い 」

宗教のために戦争があり、
子供が亡くなるなら、
宗教がなくなった方が良い。
豊かさを得るために差別が起こるなら、
豊かさを捨てた方が良い。
健康長寿の嗜好が、結果、若い人を苦しめているなら、
健康長寿を美徳とはしたくないのが、
政治家の本心にはあるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆
日本のミュージシャンは、
外貨を稼げないのは、
日本の音楽業界がつまらないからと言ってこそ、
本物のミュージシャンである。
俳優は、俳優なんてバカのやることだ、
と言えたら、本物の俳優だ。
アイドルもそう言ったら、本物のアイドルだ。
作家も漫画家も、そう言えるプロが早く出てほしい。
日本の消費者、ファンと言い直そう。
原点に回帰したら、本物と偽物、
紛い物の区別が出来るようになる。
若い人には、そのチャンスと可能性がある。
日本の財産なのだ。
それを潰す教育、マスコミ、新聞には
その力がもうないから、テレビか。
テレビを見るな。
棄てることが一番の己の為になり。
広告の罪の責任は誰がとるのか?

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月 4 日
「 ガンの国民 」

胃ガンの国民である日本の皆さん。
胃ガンの措置が早く出来るようになったが。
が、胃と肝臓、膵臓、胆のう、泌尿器、子宮、など。
臓器の関連性が西洋医学ではなおざりにされてきた結果が、
今の西洋医学の未解決問題の根底にある。
酒を飲む約半数の人は、
大腸に、膵臓に、肝臓にガンが生じやすい。
飲み放題なんか、サービスと思わない方が良い。
その分、食事がレトルト化されて原価を下げて
利益を出すようになっている。
酒の弱い人には肝脂肪が付く。
これは正常と言える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆◆コラム・音楽あれこれ◆◆
少し前に、ボブディランがノーベル賞を受賞したが。
ディランの歌詞の世界には、料理でいうレシピはない。
古典的な臭いがあり、これが変わり替わる。
白と黒の間には灰色があり、灰色にも白い灰色と黒い灰色があるが、
近くで見る色合いと遠くから見る色合いは違い、
子供に映る色合いと大人が見る色合いは違う。
ああ、何が良いやら悪いやら。
聖書も白人により、また黒人により意味は変わり解釈も変わる。
乞食により尻拭き紙になるか、家宝になるか変わる。
そんな乞食が自由で羨ましいと
神、上、マリアが笑って話を酒を飲みながら話していると、
雨がいつも降り始める。
乞食は河に飛び込んで身体を浄める。
あんたは、それが気にくわないと言うが、
あんたは売春婦と結婚して愛だ、と言う。
昨日はそんな話が市場で噂になっていたから、
魚を買うのをよしたけど、
あの魚をあんたが買ったのかい。
こんな展開が不規則に流れていく。
日本人には難しく映る歌詞だ。
歌詞を訳すこと、覚えることが出来ない、僕は。

◆ 最近のブログ 令和元年 5 月 2 日
「 陰陽の関係 」

自家製バニラアイスクリーム、苺の黒蜜フローズン冷菓、
林檎にメロン、桃、と夏には出揃う。
鯖の蒲焼、オムレツは肉じゃが入り、
ミートスパは仕込みに五時間かかる。
ポテトサラダは泣く子も黙る。
陰陽の関係をメニューに持ち込んでいる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、カレーを仕込みしながらブログを書いている。
聴いているのはザバーズの、昨日よりも若く。
作品はボブディラン。
昨日よりも若く、気持ちだけは生きていきたい。
この曲は僕にとって若返りの薬になっている。
69年でロックは去り、それ以降は商業音楽と定義している。
音楽家は、69年、70年の意見に分かれる。
どうでもよかろう? いや、音楽家には重大なる問題なのである。
浜田省吾のベストは、路地裏の少年、なのだ。

◆ 令和元年 5 月 1 日
「 令和元年 」

新たな時代に期待しております

◆ 最近のブログ  4 月 30 日
「 平成の世に感謝を申し上げます 」

平成の世に感謝を申し上げます

◆ 最近のブログ  4 月 29 日
「 帳消し 」

お寺にさえ、お家騒動があり、
教会にも神社にもインモラルなことがある。
学校の教師も不倫をするし、同性愛もある。
幼児の虐待や猥褻行為は、今に始まってはいない。
そんな話は昭和の30年代に
身近なところで起こっていたことを覚えている。
坊主、宮司、神父、医者、教師、政治家、みな人間。
その程度であるし、威張らないでもいいし、
どうせ何時か死ぬし、医者でもガンになるし。
いいところを9割で帳消しするかな。

◆ 最近のブログ  4 月 28 日
「 タブレットの食事メニュー 」

高菜にお茶漬け、鰯の缶詰め。
これが美味くて癖になっている。
年齢と共に食事の嗜好が変わる。
パンはこめ粉パンばかり。
1日2食。
砂糖と塩は高くても良いものを買う。
プリンは豆乳の黒糖。
カレーは玉葱でトロミをだし、パウダーのみ。
米は近々、鍋でガス炊き、水は天然水で。
レモンを絞り、黒糖で合わせた自家製濃縮を炭酸か天然水で割る。
オリーブオイルでほうれん草を炒める。
トマトを煮込んだソースを使う。
これがタブレットの食事メニュー。

◆ 最近のブログ  4 月 27 日
「 アナログ文化 」

こんな日本ではあるが、
日本人の物作りの能力は高い人が多い。
知合いの方が、
韓国にドリップだてのコーヒーの指導に招かれて行かれた。
韓国でコーヒーの嗜好が高まっているが、
美味しいコーヒーを入れる技術がなく、
日本で指導者を探すことになった。
また、ある方はパン作りの指導者として海外に招かれ、
第二の人生を歩み始めた。
アナログ文化こそ、日本人が守るべき伝統芸術と、
これからも変わらなく時代は刻まれる。
デジタルには哲学がないに違いない。
大学では農業を必修とするべきだ。

◆ 最近のブログ  4 月 26 日
「 贅沢病 」

肥えすぎ、肥満ぎみ、酒を飲みすぎ、肉のとりすぎ、
運動不足、ストレス、粗食をしていない、
天然塩、カリウムの多い砂糖を使っていない、
風呂に10分は使っていない、ジャンクフードをとる、
宿便をとらない、趣味がない、テレビばかり観る、
セックス足りない、パン食多い、
砂糖漬けの缶コーヒーを飲む、サプリを飲む。
こんな生活していたら、
まず消化器から肝臓に、そして大腸に、
肝臓からのリンパが詰まり、
膵臓に、心臓は肝臓と消化器と繋がってるし、
小腸は良い血液を作るも大腸に宿便があると、
出来なく、大腸にガンが。
石が出来るのは贅沢な飲食が元。
健康に長生きしたければ、粗食を。
それじゃなければ長生きしても痛風持ち。
贅沢病だ。
寿命はある程度は決まってますが、
人により大差あるから、平均寿命なんてあてにしたらダメ。

◆ 最近のブログ  4 月 25 日
「 天然 」

痴呆になりやすい人も生まれながらに決まっているようなもの。
大腸ガン体質、腎不全体質、心臓系、
人の健康法があるとしたら、一人一人により違う。
生まれつきの精子の多い、少ないも決まってるし、
性同一も普通にあり。
太陽の日照時間の短い北欧には、性同一の人が多くなる。
養殖ウナギの雄が約2割になるのも、
天然、つまり自然でないからだ。

◆ 最近のブログ  4 月 24 日
「 高層マンション 」

高層マンションはよらしくない。
マンションに住むなら下の階ほどよろしい。
上の階に住みたい人は、病気になりやすい。
上の階ほど値段が高い? アホ臭い。
高い所は不自然ですよ。
これにオール電化とは、最悪なり。
地に足が着いていない意識はなくても身体は嫌がっている。
まず子供が出来にくくなる。

◆ 最近のブログ  4 月 23 日
「 適職 : 四柱推命 」

四柱推命の生月と日干の陰陽五行による適職を記す。
2月、3月、4月生まれ。
陽の木。
サラリーマン不向き。
美術工芸、音響関連、法律、コンサルタント、理工、金属機械。
自営業良し。
5月、6月、7月生まれ。
外交的職種、芸術関連、飲食、数理哲学、
学術、作家、ジャーナリスト。
根のある甲は上昇志向あり。
頑固でもある。
肝系統弱し。
頭痛持ち。

◆ 最近のブログ  4 月 22 日
「 日干日支の組み合わせ : 四柱推命 」

生日の日干日支の組み合わせが60種ある。
これに12カ月と土用生まれを入れて13をかけると780種。
さらに月の干が10種ある。
7800種の男、女がいる。
これに60種の年をかけると、468000種の男、女がいる。
これに環境、家族、地域差を絡める。
皆違う。皆、命がある。
運命の人には出会えないだろうが、良い人には出逢える。
貴方次第だが。

◆ 最近のブログ  4 月 21 日
「 婚活中の方へ : 四柱推命 」

性格、顔立ち、スタイル、学歴、家柄、精力、健康度、仕事、
年収、清潔度、喋り度、教養、表現力、家族構成、マザコン度、
ファザコン度、食の好み、風呂のは入いり方、料理の巧さ度、
気の強さ度、優しさ度、明るさ度、暗さ度、酒の好き度、
タバコは?片付ける度合い、体臭、口臭、オナラ度、歯並び、
寝癖にイビキは? ペニスの大小? SかMか? 胸の大小?
足の長さ? 金遣いは? けち度は? 頭の回転率?
外ヅラは? 内ヅラは? 女性らしさ? 男性らしさ?
セクシー度? 家庭的度? ギャンブルは?
DVは?種は強いか?さあて、どれを優先するか?が問題です。
婚活中の方へ。

◆ 最近のブログ  4 月 20 日
「 開運色 : 四柱推命 」

木は青色。
火は赤。
土は黄色、
金は白。
水は黒色。
春、秋生まれの木の人は
太陽が必要だから赤色が開運色となり、
夏生まれの木の人は
水を求めるから黒色が良し。
冬生まれの木の人は
寒いから太陽の赤色が良い。
土用生まれは
土に負けないために木の色の青色が良い。
この通りの色を、
服や車の色を選んでいる人は、似合うし運気も良い。
日本のリクルートスーツは、
やたら黒を推奨しているが、よろしくない。
黒の車を冬生まれの水の人が乗って事故を起こすと、
大ケガをして腰から下を痛める。
黒色は霊界に近い色と言われるが、
喪服を見れば、その通り。

◆ 最近のブログ  4 月 19 日
「 火の気 : 四柱推命 」

火の気が他の木土金水にも混じっている。
まず火の外側は熱く陽の気で出来ている。
が、内側に行くに従い暗い。
火の内側には陰の気がある。
これが水。
火は人を焼き殺す。
これが金の殺気。
火は物を暖める。
暖まり万物を繁栄させる。
これが木の性質を表す。
火が万物を生み出す根源は、土の育てる働きを持つからだ。
火にも五行のすべてが息づいている。

◆ 最近のブログ  4 月 18 日
「 陰の火 : 四柱推命 」

陰の火の卯。
横綱、北の湖。
昭和の大関、栃光。
北尾は陰の火の亥。
夏生まれでないと、あまり身体を酷使はいけない、皆。
早く亡くなった。
羽生フィギアスケーターも陰の火の卯。
冬生まれだからこそ運動能力があるのだが。
舞ノ海は陰の火の巳。
解説が鋭い。
陰の火は基本、カルチャーの仕事よい。

◆ 最近のブログ  4 月 16 日
「 マクロビオテック : 四柱推命 」

料理の味付けはなにでするか? 陰と陽を用いる。
具体的に言うと、焼き飯の味付けは、塩とコショウでする。
卵ではないし、玉葱でもないし、ハムやベーコンでもオイルでもない。
塩とコショウの、ナトリウムとカリウムで、
ご飯、卵、ヤサイ、オイルが反応を起こす。
火力の火と空気と材料が、塩の働きで生き返る、と言うこと。
食卓塩や塩コショウはだめだ。
質の良い天然塩を使うこと。
料理が素材が生き返るから。
陰陽こそ料理の基本だ。

◆ 最近のブログ  4 月 15 日
「 テレビ好き : 四柱推命 」

テレビを好きな国民の多い国は、消費力が上がる。
が、少子化が起こる。
今の日本の少子化は、これが原因。
さらにネットの過剰情報。
夫婦はセックスをする時間を、作りたがらない。
これが慢性的になると、ある意味、家庭内他人現象が起こり、
夫婦が共に浮気をしたりすることが多くなる。
今の探偵界では、男性の浮気調査依頼が50%にもなる。
セックスレスから起こる妻の浮気が激増している。
少子化は、子育てが嫌と言うより、
ヤリタリナイ妻の不満があるためだ。

◆ 最近のブログ  4 月 14 日
「 適職 : 四柱推命 」

人の適職を決めているのは、天からの使命なり。
先生、医者、芸術家、警察官、料理人、看護師、
介護士、長距離トラック運転手、整体師、鍼灸師、
音楽家、俳優、司会者、金貸し、スポーツ選手、
各種職人、税理士。
サラリーマンに向き不向きが絶対的にあるのは間違いない。
サラリーマンでも職種は問うべき。

◆ 最近のブログ  4 月 12 日
「 人は誉められて育つ : 四柱推命 」

人は誉められて育つ。
誉めることをしない上司、
先生、社長は、部下、生徒、社員を
育てることが出来ない。
誉めるべき所が無い? いや、必ずある。
誉めるべき所は、当たり前にやれることだ、
と勘違いしている人が多い。
子供を支配することを母親の役割りと、
これまた勘違いしている人が多い。
支配されることが、子の役割と、
子も大人になっても支配されたがる。

◆ 最近のブログ  4 月 11 日
「 若手の有名人 : 四柱推命 」

四柱推命の占いに来られる方に、
吉永小百合と例を出しても、
吉永小百合を知らない人が最近は多くなっている。
20代は勿論、30代にも増えてきた。
若い人のために、分かりやすい若手の有名人を例に
挙げなければならないが、今の若い人は個性がないから、
例えが解りずらい。
芸能人は年を誤魔化しているし、
政治家には皆、興味なく、スポーツ選手は個性がないし。
さてまた勉強しなくてはならないが。

◆ 最近のブログ  4 月 10 日
「 印綬は慾望と解釈 : 四柱推命 」

印綬を母とみたり、資格、学問とみたりは
一般的に四柱推命では知られているが、
深く読むと慾望と解釈するべきであろう。
女性の印星三つは子縁薄しと言う定説がある。
印星が食傷星を剋すから言われる。
大運の偏印では子供が産まれにくい。
印星を剋すのは財星。
父親が母親を大切にしないことを表した、
これも家族関係の有り様を描いている。
父親の力が強い人には、印星よりも財星が出てくる。
母親は慾望が強い存在か。
子供、財、生活費、夫への不満、
女として美しくありたい、姑と競う、
他人より優れたいのが女性の世界。
確かにそのような女性はいるが。

◆ 最近のブログ  4 月 9 日
「 沐浴を持つ人 : 四柱推命 」

四柱推命の命式には、
その人が胎児である時の母親と父親の関係、
二人の有り様が影響して現れる。
母親の精神状態がかなりの影響を胎児に与える。
沐浴を持つ人は、母親の精神状態が不安定であった時の生まれ。
出来ちゃった婚や、予定外の妊娠、姑の過剰な期待、
男を産んで欲しいは、母親には相当なプレッシャーを与える。
男尊女卑、家長制度の昔、
沐浴を持って生まれた女子は、旅芸人か娼婦になる。
古典の四柱推命には書かれている。
時は変わっても、沐浴を持つ芸能人、音楽家、ミュージシャンは多い。
医者や鍼灸師、税理士にも沐浴は、良いように働く。

◆ 最近のブログ  4 月 8 日
「 頭隠して尻隠さず : 四柱推命 」

女性が男性の気を惹く行動パターンが四柱推命で解るとしたら。
かなり具体的に言うならば、
生日の壬申の女性は、
猿らしく自慢の尻を男性に向けて屈んだりするとなる。
壬寅の女性は、
逆に尻込みして、大胆にはなれない。
こんなことも分析出来るのが四柱推命だから。

頭隠して尻隠さず、の諺は申の人を知って生まれたのか。

◆ 最近のブログ  4 月 7 日
「 今年は陰の土の亥の年 : 四柱推命 」

今年は陰の土の亥の年。
占いに来られる方は生日の干が陰の水の方が
当然のように多くなります。
偏官の帝旺と年運がなるからです。
陽の水の方は正官の建禄となり、
会社をやめる方か、昇格となる方がいます。
又、陰の金の方は年運が偏印となりますから、
仕事で転勤や退職もあり得ます。
そう言えば、イチロー選手が今年、引退。
イチローは陰の金ですから、当然と診るわけです。

◆ 最近のブログ  4 月 5 日
「 結婚観 : 四柱推命 」

都会で言う、歳上の男性が相性良いとは、
一回りも二回りも違う相手を指すことがある。
事実、二回り位の歳の違いでの結婚は珍しくはない。
地方(田舎)になると歳上の一般的な解釈は、
四、五歳違いとみなす。
女性が男性を尊敬出来る歳は、四、五歳上ではまれ。
地方(田舎)に於いてはふつう
男女が同等と言う認識が薄いために仕方あるまいが。
ともあれ、
三十離れた夫婦でも本人達が良いとするなら、
素晴らしい人生だ。
若い女性は食わず嫌いにならない方が良いとアドバイスする。
画一的な結婚観をぶっ壊しなさい。

◆ 最近のブログ  4 月 4 日
「 美人 : 四柱推命 」

とてつもない美人。
例えば乙の巳。
沐浴。
男性が振り回される。
自分を見失う、ノイローゼになる。
こんなにあてにならない女性がいるのか。
気まぐれ過ぎて、信じるだけ傷つく。
こんな経験は自分を変えるだけの毒か薬か。
それから恋愛は出来なくなる。
きっと君もだ。

◆ 最近のブログ  4 月 3 日
「 後天運大運が偏印 : 四柱推命 」

後天運大運が偏印の10年間。
ここは人生観の変わる期間。
財星の無い人、弱い人は偏印の時は気を付けること。
この偏印の12運が旺運になると、副業をしたり、
芸術的なことを勉強するとか、少し特殊な海外に行くとか
自分を能動的に取り組む方が良い。
保守的に過ごすと災いに合う。
更年期障害に重なり、水気の強い女性ならば、
神社や寺には行かない方が無難。
仮に行くことになると、赤や青系の色使いで服装を。

◆ 最近のブログ  4 月 2 日
「 限界があることを知る : 四柱推命 」

4月・カフェバーたぶれっとは火曜日も営業しております。
是非お越しください。

人生を幸せに感じるか、感じないかが大切。
幸せに感じるには、楽しかったこと、
楽しいことだけを考える癖をつけること。
楽観主義とは、ちと違う。
慢心とも違う。
苦しいことからは学びなさい。
苦しいことに負けないで学びなさい。
学ぶとは、賢くなりなさいではなくではなく、
己を受け入れなさい。
欲を捨てると楽になることを知りなさい。
お金にあまり執着しない方が楽。
健康でいることにも、限界があることを知る。
つまり、
「自分の持つ袋には入る量の限界がある」
ということを知りなさい。

◆ 最近のブログ  4 月 1 日

4月・カフェバーたぶれっとは火曜日も営業しております。
是非お越しください。

「 親 : 四柱推命 」

立派な親を持つのもキツいし、そうでない親を持つのもキツい。
インナーマザーやインナーファザーと言われる、
心のなかに住む親が、自分自身を責めている人は、
自分に罪悪感を持ってしまい、他人を、また自分をも責めてしまう。
これがあるから己を開放出来ずにもがく。
親と自分は違うし、生きた時代も違う。
仕方ないじゃんか、でいいんですが。
父が黒なら母が白てな具合になりますね。
父が白なら母が黒ですか。
考えてみて下さい。
兄弟に男が多いと男性論理。
女性が多いと女性論理に陥って、苦しいのは母か、父かとなる。

◆ 最近のブログ  3 月 31 日
「 運命的な出会い : 四柱推命 」

運命的な出会い。
この言葉は男性が女性よりも男性に出会うことにより、
人生が良い意味で変化する、と解釈する方が現実的。
女性でも男性だけでなく、女性との縁により機を得ることがある。
占いは異性との関係を診たがるが、それは恋愛至上主義が、
女性の幸せイコールという創られた幻想に酔いやすいからで、
運命の人イコール異性とは限らないのが現実だ。
それは友達、先輩、上司、先生、親、身内、ライバル、
フラれた異性、別れた異性、憧れた芸術家、優れた医者、
と様々であり、決して異性とは限らない。

◆ 最近のブログ  3 月 30 日
「 相撲の力士 : 四柱推命 」

四柱推命で相撲の力士を診ると、
取り口から決め技、性格、寿命までよく解る。
横綱で最長寿命の栃ノ海について。
3月で81歳になった。
春生まれの陽の木で、生年は戊の寅。
寅、卯、生日が辰。
春の陽の木で年干に戊と丙がある。
年から建禄、帝旺、衰。
比刧星が3、食神、偏財と強い。
三支が方合。
勝ち気で相撲が好きで、反対を押切り入門。
15歳、18歳から傷官の十年運に入り、負けず嫌いが、
勝負強さが出てくる。
24歳で腰を悪くする。
27歳が引退時。
74歳の注意年を乗り越えた。
来年が憂いの年。
さらに88歳までは健康年齢。
小柄でも技巧と上昇志向の木の性と負けず嫌いが、
そのまま活かした名横綱だった。

◆ 最近のブログ  3 月 29 日
「 類は友を呼ぶ : 四柱推命 」

四柱推命で男女の引き合いのバターンで多いのが、
類は友を呼ぶケース。
誰かに必要とされたい女性は、誰かを必要とする男性に、
会った瞬間に引き合うのです。
誰かに必要とされたい女性とは、寂しがり屋ですから、
異性に必要とされることで安定を得ると、
潜在的に意識が働きかけ、行動が起こしやすくなります。
誰かを必要とする男性は友達がいない。
家庭が団らんでない。
何かしらコンプレックスを持っています。
それがために一緒に居てくれる。
それだけで満たされます。
愛しているとか、大切にしたい関係を望まないし、
望んだとしても微々たる気持ちであることから、
やがて本音が出てきます。
この関係は、喧嘩になり仲直りした時が快感と感じやすいので、
なかなか別れません。
どちらかがガラリと変われば、相手も変われるのですが。
自分を簡単には変えられないから、困ってしまうのです。
子供時代の
家庭に、学校生活につまずきがあった人に多く見られます。

◆ 最近のブログ  3 月 28 日
「 思い込み : 四柱推命 」

開運ばやり。
何について開運するのか?
開運とは、
これを使えば爽快になると言うCMのようなニアンスでしか
実はないのではと思ったりする。
占いの売り込みは、「貴方は開運していない」が前提であるのか?
「もっと美しくなれる」の美容、整形の売り込みと変わらない。
「貴方は美しくない」を前提にした「思い込み」をさせて引っ張る。
大企業は安定している。
スポーツは爽快。パソコンは便利だ 。
スマートフォンは良い。スターバックスは良い。
イケメンがいい。
そんな「思い込み」をしていて、大丈夫ですか?
これぞ開運のために役立つアドバイス。

◆ 最近のブログ  3 月 27 日
「 妊娠しやすい年運 : 四柱推命 」

女性が妊娠しやすい年運は、
食神、比肩、偏官、偏財、偏印。
日干から見て、陽陽配列または、陰陰配列になる年に孕みやすい。
大運が比肩、食神、正官、偏官、印綬、となる。
男性は日柱が帝旺であれば、まあ種が強い。
但し種が、帝旺でもあっても命式に食神と財星がないと、
育てる力が弱いので、女性に恵まれなかったりする。

◆ 最近のブログ  3 月 25 日
「 帝旺は性豪 : 四柱推命 」

四柱推命で言われる帝旺を日柱に持つ人は性豪とする。
しかし丙午と戊午の比較をすると、
丙午は火の気の蔵干が火の気となる。
戊午は土の気の蔵干が火の気となる。
戊は愛されたい。
丙は相手とは独立自存となる。
まるで違うタイプになる。
土の気は保守的過ぎて、火の気は上がる気で、
相手も上がって欲しいとなる。
火の気は仕事の出来る異性が好きなので、
束縛は土の気のようにはしない。
火の気は溺れても必ず上昇するので、
恋愛から女性を、人生を学ぶ。
火の人はだから芸術的である。

◆ 最近のブログ  3 月 23 日
「 大運 : 四柱推命 」

四柱推命で財星か食神が月柱か年柱にあれば恵まれた人。
さらに正官が1つあれば、なお良い。
日柱に正財か正官のある女性は結婚運が良い。
結婚運が悪いのは、財星がなく、
大運で20代で刧財、傷官、印綬、偏官、偏印、
などの大運が来る人は、慎重を要する。

◆ 最近のブログ  3 月 22 日
「 遠方の方でもどうぞ : 四柱推命 」

「四柱推命を勉強したい」と静岡県の方から連絡が入りました。
ある程度理解されてる方ならば、
遠方からの方でもタブレットで四柱推命を習得できますが、
一度だけは小倉にお越し頂いた方が、やり取りがうまくいきますので、
そうお願い致しました。
四柱推命は、『五行に始り五行で終わる』と言われています。
何月生まれの日干が何であるかが基本です。
陰陽五行でどこまで審察出来るのかを確認しないと
話を前に進めないからです。
現在、京都からも生徒さんが来られています。
遠方の方でも四柱推命を勉強されたい方は、ご連絡ください。

◆ 最近のブログ  3 月 21 日
「 日干が陰か陽の木 : 四柱推命 」

四柱推命で日干が陰か陽の木の人で、
生まれ月か日の蔵干に陰か陽の木がない人は、
最初に木運が年運に来たら、足腰がしっかりする。
つまり死木が生木となるのだ。
生まれて一年そこらで発達が出来る乳児もいれば、
何年か経ってから健康児になる子もいる。
あまりに早々に心配しなくても大丈夫。
西洋医学で解らないことが、四柱推命で解るから、
余り医者の言うことは当てにならない。
大運が始まるまでに、子供は病気もしやすいが、
大運が3、4、5、6、7歳位から始まると、
ほとんどが健康体になる。
つまり個人差が発達にはかなりある、と言うことだ。

◆ 最近のブログ  3 月 18 日
「 宗教 : 四柱推命 」

四柱推命は宗教で救われない人の為にある学門、哲学である。
寺がやがて過疎化、少子化により、経営が難しくなり、
一部の熱烈なる信仰人間により保たれるならば、
一人あたりの上納金が高くなる。
この形は新興宗教的な経営に似通ってくる危険性がある。
資本主義の終焉が日本で起こり、世界にも拡がりつつあるが、
カルト的な宗教は
さらなるカルト色濃くして生き残ろうとするだろう。
仏教も実際はカルト的なものであったはずだが。

◆ 最近のブログ  3 月 16 日
「 運気 : 四柱推命 」

四柱推命に来られた方が、
散々あちらこちらの占いに行って、
タブレットにたどり着いた。
住んでいる場所が悪いだの、名前が悪いだの、と言われ。
そんなことで運気が変わるなら、誰でも良くなるし、
誰でも占い師として一流になれます。
貴方の運気は宗教的なモノを越えた次元で自分を知ることから、
変えることが出来ます。
自分自身の持って生まれた宿命と、後天的な立命を知ることから、
仕事選び、男性縁、身体、心身との付き合い方を変えないと。
この方は変わっていくでしょう。

◆ 最近のブログ  3 月 15 日
「 価値観 : 四柱推命 」

四柱推命には、
その人の人生の道しるべが絵に書いたように潜んでいる。
これを知らずに、流されて生きていると、
運とツキだけで勝負をしているパチンコ好きと変わらない。
結果、負けて、時間と金と労力を捨てているだけ。
綺麗な女性が結婚を誤る。
そうでもない人が人並み以上の生き方を楽しめている。
綺麗と言われて図に乗ると、とんでもないことになるし、
一流にすがっても奈落の道に辿り着く。
自分の好きなアニメが原因。自分の親の価値観が原因。
マスコミの価値観に騙されていたり、
学校教育が毒していたり、貴方の敵を知らないうちに、
味方と勘違いしていたり。
万人に共通する薬はないし、共通する価値などない。
今の時代はすべてpropaganda。

◆ 最近のブログ  3 月 13 日
「 印授 : 四柱推命 」

四柱推命で印授を持っている女性は、
看護師になることが多い。
印授を若い時からそのまま用いて看護師になると、
独身女性にはマイナスとして作用していることが多い。
婚期を逃がす。
子供が産まれにくくなる。
生まれても男児が少ない。
看護師をすると財運が下がる。
男性運が下がる。
父親が病気になりやすくなる。
欲望は強くなる。
身体を病んでくる。
家庭運が悪くなる。
看護師になるには、母親との縁の薄い人なら、適しているが。
四柱推命の現代での診察結果である。
官星が旺じて印星のない人には適職とする。

◆ 最近のブログ  3 月 12 日
「 陰の火 : 四柱推命 」

陰の火は上昇志向が強いし、
強く上昇する人ほど地上に灯りを広く強く灯すために
生きていかねばならない。
やがて太陽に近付くにつれ、役割は薄れていく。
人が無限ではないとは、
そう言う意味をも含めているからだ。

◆ 最近のブログ  3 月 11 日
「 墓 : 四柱推命 」

土の陰陽ともに、ワキガが多い。
男性の金、陰陽ともに若くして体臭が強く、
加齢臭とやがてなる。
比肩の墓は幼少年で身内の生死別。
刧財の墓は兄弟に死別ある。
食神の墓は先祖に相当な資産あるも、
その後はよろしくない。
傷官の墓は両親に幼少で生死別となる。
偏財の墓は父と縁薄い。
正財の墓は妻がケチ。
偏官の墓は子縁薄い。
正官の墓は名を汚す事件が起こる。
偏印の墓は母乳少なく芸人で幸せになる。
印授の墓は若くて母と別れる。

◆ 最近のブログ  3 月 9 日
「 女性の命式 : 四柱推命 」

女性の命式の日柱に
偏印、比肩、刧財、傷官、偏官、あるはまず破婚。
帝旺、冠帯、墓、破婚。命式自星強いのも破婚相。
印星多いのも破婚相。
官星多いも未婚相。
傷官の陽干も破婚相。

◆ 最近のブログ  3 月 8 日
「 若い方 」

昨日、二年生に今年なる女子高生が二人来られた。
共に進学校に行っている。
二人の共通の質問は、自分の人生はどうなるか?
結婚、恋愛、仕事は?
大学に行くより手に職をつけなさい。
貴方は税理士が向いてます。
貴方は映像の才能があるから、好きですか? やはりね。
二人とも家を早く出る方が
結婚もうまくできるようになれますから、
一人暮らしを卒業後は薦めます。
本を読む。
映画を音楽を楽しみながら、
疑似体験することが豊かな考え方を育てます。
二人で三時間。
若い方には教えたい事が沢山あります。

◆ 最近のブログ  3 月 6 日
「 亥と巳 : 四柱推命 」

生年、生月、生日の干支に亥と巳があると、心が不安定。
これに食神と偏印があると、十中八九、女性は夫と生死別する。
亥の多い人は美人ではあるが、色情で男を陥落させてしまう。
また四柱に亥が多いと、双子を生む。
亥を持つ人は目に一癖特徴がある。
舛添氏のあの吊目がそう。

◆ 最近のブログ  3 月 5 日
「 占いの真意 : 四柱推命 」

支那、中国の香港、上海から伝わった占術は、
極端過ぎる嫌いがある。
本来の四柱推命は良い、悪いを診るものではなく、
その人にあった生き方を指針として伝えるものだ。
先祖の供養が足りないとか、
井戸があるから悪いことが起きるとか、
そんな他力本願的なものではない。
生れつきの先天運が良くても、
気を付けるべき年があるし、
先天運が偏よった人は母胎の中ですでに、
個性的な生き方をするようになって産まれる。
自分が解らないから悩む。
その悩みが希望や目標に変わると、人生は花開く。
資本主義の世の中を上手に生きる方法を知らせてあげる。
これが占いの真意だ。

◆ 最近のブログ  3 月 4 日
「 沐浴 : 四柱推命 」

沐浴の12運を持つ人は、街をウロウロしている。
よく見かける人、よく見かけると言われる人、
よく見かけると言う人。
この関係には、沐浴を持つ人が必ず絡んでいる。
沐浴を本来、持っていなくとも、沐浴運にある人も含む。
沐浴を持つ人は頭が賢いために、また気紛れであるからして、
予約なしに訪問する。
沐浴を持つ人は靴がピカピカしている。
何足も持っている。
シャツのエリがビシーとキレイだ。
身だしなみに気を使うから、よく見える。
自転車が好き。漢方薬が好き。映画が好き。宝塚が好き。
スポーツ観戦が好き。決断が早い。予想が下手。
古風なものを好む。味にうるさい。
すき焼きに拘りがありすぎる。

◆ 最近のブログ  3 月 2 日
「 偏官 : 四柱推命 」

偏官を七殺とも言う。
自分の生日から数えて7番目にあたる陰陽五行を言う。
陰の火で言うなら陰の水のこと。
陽の土なら陽の木。
この解釈の深さは簡単である。
軍人気質でも最前線のレインジャー。
後天運の偏官大運が最初に来ると、孫としての扱いの家庭運。
祖母から育てられる。
父親、母親との不仲でもあり、
母親からも愛情たっぷりとはならない。
晩年の大運偏官は、孫の面倒をみる、
関係が強くなる、と審察する。
子供の離婚や死別が絡む運気。先天運にあり、
背丈が小さいと狂暴を帯びて、悪になる。
偏官は軍人気質の人間魚雷を志願する、
また命令に忠実な性格を作るので、
ヤクザの世界では鉄砲玉になりやすい。
あまり偏官が多いと短命となりやすい。
義理人情に弱く、サービス残業が多くなる。
これを弱める方法は、自分を知って、沢山の趣味を持つこと。
愛に生きることなどが大切。

◆ 最近のブログ  3 月 1 日
「 五行相剋 : 四柱推命 」

木と土の日干の人はお喋りが得意とする。
火の日干の人で水が多いと木を求めるから、お喋りとなる。
水のない人は木をさほど求めないから、おとなしい。
寡黙。
怒ると激しいのは火が炎上してくるので木を必要とするから、
怒れば激しい口調になる。木の働き、つまり肝臓が傷む。
癇癪のカンとは肝で木である。
喋る人はたえず肝臓に負担をかけていることになる。
水はおとなしさ。静寂。
水は聴覚だから、うるさい喋りに疲れる。爆音で聴覚を失う。
金の人はグレーがないから、喋っても無駄な部分がない。
木や土ほど長くは喋らないし、あまり喋ると肝臓を壊す。
だから表現力に劣る。
また白黒しかないから、一方的な発言で気が収まるからだ。
相性は肝臓と、性の力、腎経で決まりやすい。
決して相性がいいと思い込むのは早計。
自分に都合が良いからだ。
五行相剋が人間関係の鍵。
話の話題で気を高められる、
これが人間としては相性が良い 間柄となる。
気は人、人格を作る。だ
から学問は性格をも変える。気を高めるのだ。
高めないものは音楽、映画、料理とて、実は下らない。
感性のエネルギー、栄養がないとなる。
下らない今の教育が寂しい人を作るし、社会も駄目にする。
それを政治に求める人は、ムダ。
自己実現をしなさい。

◆ 最近のブログ  2 月 28 日
「 木火土金水 : 四柱推命 」

火と木は天に向かって上昇する。
金を雲とすれば雨で水を生じる。
金属の刀や斧であるが、水を生じる物は雲でもあり、
金属が発見される前は、金を雲とみた。
故に金は白となる。
陽の火は太陽で陰の火は地上の灯火とみるが、月ともみる。
月の明かりは地上を照らす。
満月は明るく、なら灯火は気を休める。
新月は闇夜で灯火は活発になる。
灯火の人は暗闇の社会には輝く人となれ、だ。

◆ 最近のブログ  2 月 27 日
「 医学 : 四柱推命 」

四柱推命が医学と融合すれば、今の栄養学も変わる。
精神疾患もカウンセリングでは無理な壁をも乗り越える。
それを実現するには占術を占術者が
さらなる研究をしなくては認められない。
僕は岐路に立っている。
医学に四柱推命で進むか?
今の方向で良いのか?

◆ 最近のブログ  2 月 26 日
「 宗教 : 四柱推命 」

九星気学や六星占術が当たらないのは、
占術者の勉強不足から起因する。
空亡や大殺界をどうしたら救えるかを知らないからだ。
四柱推命には救いや癒しの術があり、
これを用いると方位の理論を制覇することが出来る。
風水にしても成り立たないことが理解できる。
占術は人を救うために存在する価値があるので、
人を救えないなら宗教以下になる。

◆ 最近のブログ  2 月 25 日
「 ご来店ありがとう 」

今日は久留米から御夫婦が来られました。
僕のブログを毎日、読んでくれているそうで、
そのブログの内容を話題にして下さっているそうです。
陰陽五行を理解できているようですし、話が弾みました。
結論は、歳をとってからの人生が楽しければ、すべて良し。
若いときの迷いや、どうしょうもない苦しさ、
歯がゆさから逃げるよりも、
人の様々な生き方を知ることが見識を深めるし、
世間の価値観に振り回されない生き方が出来る。
そういうことを考えると、都会の方が陽気になれる、でした。

◆ 最近のブログ  2 月 24 日
「 陰と陽 : 四柱推命 」

陰と陽の人の東洋医学で言うツボ。
陰の人のツボは深いところにあり、
陽の人のツボは浅い部位にある。
鍼を刺すのにも陰と陽の人により、
深くか、浅くかで指し方が違う。
陰の人は陽の人にツボを押さえてもらうこと。
陽の人は陰の人にツボを押さえてもらうこと。
施術者と被施術者は陰陽の関係が良し。
男と女の関係が良しともなる。
気は皮膚と肉の間にある。
魚も果物も皮ごと食べるべき。

◆ 最近のブログ  2 月 23 日
「 大殺界 : 四柱推命 」

空亡、天沖殺、また大殺界が当たらないのに、
これを言う占い師。
香港経由から来た四柱推命をしている人。
空亡占い、と正式には言う。
虚と実があるので、子丑が空亡なら午未も空亡となる。
さらに年、月、日のそれぞれの干支で空亡を出さねばならない。
そうすると4*3=12となることもある。
つまり方位はあてにならない。
気学や六星占術は当たらない。
時間は季節でないから時柱は参考程度に。
ホソキは当たらないのに。

◆ 最近のブログ  2 月 22 日
「 陰陽五行 : 四柱推命 」

食神と傷官。
陰陽配列が良いとされるのに、
何故、陽陽、陰陰配列になる食神が良いのか?
これを解説、説明出来ない四柱推命の占い師の鑑定は、
素人と知るべきです。
占い師に尋ねてみる。
説明が曖昧なら、バイバイして下さい。
ヒントを。
刧財が何故によろしくないか? これは陰陽配列。
何故か?にあり。
変通星は参考程度に。
あくまでも陰陽五行で観ないと、
何十年勉強しても一人前の占い師にはなれない。

◆ 最近のブログ  2 月 21 日
「 金・水 : 四柱推命 」

酸性体質は日干が金の人。
金の人はガンになりやすい。
アルカリ性体質の人、日干が水の人でも陰の水の癸の人は、
80%の人がガンになりにくいが、カリウムの数値が高くなり、
腎不全で亡くなります。
金の人は肉食を好むために、便秘や下痢を繰り返します。
癸の人はヤサイ、果物を過剰摂取して腎を患います。

◆ 最近のブログ  2 月 20 日
「 相性 : 四柱推命 」

相性が最悪の二人が結婚して子供を授かる。
相性の悪さが子供に出てきます。
どう出るか? 最悪、悪い、良くない、まあまあ、
良いとしても注意あり、こんな段階的な男女の相性を表すなら、
最悪の場合は結婚が出来ない子供が生まれてきます。
人間が変態生物であるかの如く。

◆ 最近のブログ  2 月 19 日
「 十年間 : 四柱推命 」

四柱推命は会社の倒産時期が出ます。
この十年間を知ることで防げます。
またこの十年間での結婚は100%後悔となります。
離婚率は90%。
この時期が25歳から35歳の間にかかる人がいます。
別れを覚悟で結婚するなら、と伝えます。
根性を出したとしても、破財になりますので、
別れざるを得なくなります。

◆ 最近のブログ  2 月 18 日
「 金: 四柱推命 」

欧米人は金気が強いから、殺傷を起こしやすい。
金は骨、肺系。
体質が酸性となる故に、肺癌になりやすいからタバコが害となる。
骨太だからランボウ。
破壊的だから戦争をけしかける。
ケンカ好き。肺と骨が立派だから歌が上手い。
中道でないから革命が起きる。
日本人は土性が強いから中道で、悪くいうと曖昧。
宗教で戦争なんかは理解し難い。
家康は水、土は秀吉、信長は金らしい。
安倍首相、トランプ大統領、北朝鮮のあの方も、金。
金は破壊力はあるが物創りは下手クソ。

◆ 最近のブログ  2 月 17 日
「 四柱推命 」

四柱推命の五行。
どの五行にも他の四つの行を持っていることを知るべきだ。
解りやすく金の破壊性を木、火、土、水が持っている話をしよう。
正確には五行相雑論についてだ。
金には万物を断ち切る、殺気をはらんでいる。
木の殺気は木刀。
これで人を殴り叩く。
火の殺気は火で人を焼き殺す。
爆発する。
土は金の様な岩を持つ。
これが強固な石垣となり外敵から身を守る。
金の刀も折れてしまう。
水は津波、洪水となり万物を破壊する殺気を持つ。
金は火に弱いから水を出す。
善人、悪人かかわらず、人も殺気を産まれながらに持つのだ。

◆ 最近のブログ  2 月 16 日
「 四柱推命 」

土のある人は孫に恵まれたりする。
木のある人は祖母と縁がある。
これが四柱推命。

◆ 最近のブログ  2 月 15 日
「 皮膚科と皮膚科整形外科 」

皮膚科と皮膚科整形外科、どっちがいいか?
本当に皮膚の炎症だけなら、皮膚科にしなさい。
待たされない。安い。早い。
街中には皮膚科専門医院が少ない。
街中には皮膚科整形外科医院が多い。
患者は女性が圧倒的。
綺麗になりたい願望の強い人が来る。
予約制であるから、病の方がいきなり行っても
待たされてしまうだけ。
街中、高い家賃、でも女性客が仕事の合間に来れる。
応対が病院らしくない低姿勢。
ここは特殊な世界だな、おじさんには。

◆ 最近のブログ  2 月 14 日
「 udauda 2 」

飲食の世界。
アナログの極めつけの中で、人、男は訓練、研究を積み重ね、料理人に必要な感を育て上げた。 昭和50年代は飲食店がレトルトを使うことは恥であった。 負けたくない、尊厳を得るために平和な時代、戦争に命をかけることのない料理、職人は、仕事に体を張ってアナログ文化を学んだ。 大学生は勉強してもマージャンも出来た。 このマージャンは勘、読み、ツキ、相手の癖、策戦、意外性、根性、勇気、研究、人生を学ぶような対決でもあった。 マージャンこそアナログ文化の極めつけの娯楽、ギャンブル。 対決の直面時間は三日三晩、いや満月から新月まで続くこともあった。 男性がやはり好きなマージャン。 マージャンのプロは三日三晩で百万を稼いだ。 男が熱中すると、死ぬまでやるくらい馬鹿だ。 そんな男は推理小説が好きで、競輪を愛した。 競輪は選手同士の心理の駆け引きを推理する。 これも勘、読み、研究、選手同士の同期の仲のよし悪し、同郷であるとか、性格までも読む。
なんたる究極の世界。
僕は幸いにしてマージャン、競輪、手打ちパチンコではプロと言われた時代があった。 このままギャンブルで飯を喰いたいと18歳まで真剣に考えていた。 人生がギャンブルそのもの。 が、半自動パチンコが登場し、マージャンも自動積み上げの器械が出てきて、器械とギャンブルは出来ないと、飲食の世界に入った。 そしてダウン誌をつくることに賭けてみることにした。
おいらの街。
無謀、出来るわけない、反対意見、後ろ指を尻目に無心にやった。三年たった。 ロング、ロング、ハード、ハード、セックスをした心地だった。アナログ文化だから出来た。金がなくても出来た。人の三倍働いた?活動した?ギャンブルした?野生に生きた?小倉と福岡を1日に軽自 動車にチラシを山積みして四往復した記憶がある。 高速道路のない時代に。 そのチラシはアリスのコンサート九州5ヶ所分のチラシだった。 金がなくても楽しい人生と言う人がいる。金があっても人生が楽しくない、と言う人がいる。 僕はお金が欲しいから仕事をしたのでは、幸せにはなれない、というタイプの人間だ。 つまりお金があっても楽しくないと嫌なんだ。 だから金はそこそこあれば貯めなくても、使って楽しめる本やビデオ、CDを買いたい。 だから僕にとってのストレスとは、よろしくない映画、音楽、本、さらに料理、よろしくない占い師、整体師、医者、政治家、よろしくない専門家の括りになる。 仮面を被った偽善家とも言う。 北九州はアナログ文化をもっと大切にするべきだ。 街創りはアナログ文化てきでないと、スペースワールドの二の舞になる。 ネットは使い方によってはアナログ文化を疎外することになる。 ネットのおいしい店を信じる人がいる。 ネットで出会い? 街を歩き回って、この人はと感じる人を探さずに、好い人など見つかるものか。 楽して出会いがないなど言うべきではない。 合コン、三回参加してダメなら、半永久的にだめです。 家にオタクしていると精子が弱く少なくなる。 やがて日本にも徴兵制がしかれる時代が来るだろう。 そんな時代を前に、家庭的に家を建てようなんて考える人がいることが、実は無知な日本人を象徴した人。 勘のよい人、世界を読む力のある人はすでに、第二の地を得たり、考えたりしている。 福島の原発はまだ危ない。 他の原発も危険含み。
今を生きる。
いかに生きるか?悔いのないように自分らしさを活かした仕事をしていますか? ナーバスから脱皮して、潔く生きなさい。 電気供給の自由化に伴い、詐欺が多発している。 まず電気代を聞き出す電話や営業が来たら、間違いなく詐欺。 九電から来ているなら使用料が最初から解っているので、聞く必要がない。 ここがポイント。 着信拒否に電話はしましょう。 この話を皆に知らせたら詐欺が防げます。 また人の仕事を奪うのはよろしくない。

◆ 最近のブログ  2 月 13 日
「 udauda 」

虐めや虐待、嫌がらせ、バワハラもセクハラも嫌がらせになったり、カツ!であったりする。 愛情をもってしても逆にとられる。 子供が好きな女の子にちょっかい出すように。 愛の定義は本来、多種多様であるはずが、いまの時代はギクシャクして寛容さが失われている。 被害意識しか働かないのは、世の中が世知辛いだからだろう。
なぜ、こうなったか?
まずは男性の中性化が起因している。女性化とは言わない。 女性の方が野生的だからだ。何度もここで言っている。 女性は生理がある。妊娠をする。 出産をし、授乳をし、やがて閉経していく。 この野生的を持つから男より逞しい。 月、潮の変化に同調して生きていく。 宇宙的であるから悟ることを心身で体感する。 男は女性的と言うべきではなかろう。 中性もおかしな表現。 草食動物も出産がある。 なら野生的でないことを養殖化と言う方が的を得てるか。 アナログ文化の衰退。マニュアル化。ネットの依存性。美容整形。 ゲーム。ビジネスも女性ターゲット。 アニメ、マンガ、アイドル、レトルト、ジャンクフード、IH、電子レンジ、テレビの低俗化、マスコミのいい加減さ、電動パチンコ、必要以上のアスリート熱、スポーツやり過ぎ、街には本物をマガイモノが覆い隠している。 マガイモノを商売にする悪徳商人が世の中をダメにしている。

◆ 最近のブログ  2 月 12 日
「 高齢化 」

高齢化に伴う経済効果を問うとしたら、
介護、医療医薬、葬儀、美容、ロボット産業、健康食品、か。
が、やがて先細りしていく。
年金の行き先は結局、
大企業とそれらに携わる人の所得と回り回っていく。
介護施設を国営化するのが利に叶う話ではあるが、
そこにまた公務員が増えることになるし、
先細りの仕事であると政府も知ってか、
民間に任せてしまった。
雇用を生むが、介護の仕事は今後の課題を残している。
国営が無料化とは決してならない。
過疎化する、さらにしていく地方には、
必要以上の市会議員や県会議員がいる。
過疎化とは、子供がいなくなること。
地方を大切にするなら、
農業に農協なしで振興させることが基本だ。

◆ 最近のブログ  2 月 11 日
「 気を大切に 」

気の欠乏、過剰が人を狂暴にしたり、
迷惑をかける行為として出る。
いくら英才教育を受けても、頭と気、また心とも気は違う。
人が成長していくのは頭、心ではなく、
気があるから成長していく。
気を大切にしなさい。
気が合わない人がいたら、近付かない。
気が合わない仕事なら早く転職を。
気が良くない人間を増やしたのは、化学、科学、ビジネス。
気は東洋医学、東洋哲学。
つまり東洋にしかない言葉。
欧米には気を表す単語がない。
そのものズバリだからキリスト教がひろまったか。

◆ 最近のブログ  2 月 10 日
「 立春 」

春になりました。立春が過ぎたら春。
残寒はあるが、残暑もある。
春は木の季節。
僕は毎年、春になると本を読みたくなる。
野口整体の野口晴哉の本をまた読み直している。
体癖の12種類と12支の関連性を探し始めたのだ。
肌のカサツキはセックスと関係ありと東洋医学ではあるが、
野口晴哉も同じ見解。どうも四柱推命をも野口晴哉は
勉強していた節があちらこちらにある。
アダルトビデオの見すぎ、頭デッカチの性知識、
曲がりもの玩具などの悪態が、
女性を満足させることの出来ない男を量産していると、
彼の書にも書かれている。
女性が結果、豹のようになると。
女性を愛する力のない男性が原因で少子化が起きている、か。
奥さんの肌がそれを表している。
余計なことばかりするな、考えるな、男やろう?

◆ 最近のブログ  2 月 8 日
「 悔いのない仕事 」

自分の才能を活かさずに生きてきた人も、
来るときが来たら転職していきます。
どんなに安定性の高い仕事、会社に勤めていても、
定年を前に辞めていく。
そして、悔いのない仕事へと。
音楽ひとつにしても、
ピアノよりバイオリンに向いている人は、聞くと、
ビアノをしてきたのは間違いだった、と言われます。
水の人はビアノよりバイオリン向きです。
作家になりたい人が、
もう先生を仕事にして生きるのは苦しい、と辞表を出します。
自分を知ることは大切です。
世間の一般論は通用しません。
親もしかり。
金を追う人、芸術を追う人、とでは尊厳の質が違う。

◆ 最近のブログ  2 月 6 日
「 十二運の続篇 」

十二運の続篇です。
衰は長老。
頑固な年寄みたいに気分に波があります。
長老だけに気ままな生活行動となる。病は病人のように甘えます。
美的センスは抜群。M。
死は、死人のようにマグロタイプ。
感がいいのとブヨを一発必中でしとめます。
努力に自ら制限をかける。
墓は安定を求めて生きます。
父親をなかなか尊敬しないし、我は強く子供好き。
父が働き者なら、自分も働き者になります。
絶は淋しがりやで気は強い。
名器の持ち主だから、駄目男が好む。
気分が不安定で、嫌いな人を徹底して嫌う。
胎は小さいときは人見知りで、馴れるまでは奥ゆかしいが、
馴れたら大胆。
諦めが良く、細かいことを好む。
男は女性的。
養は家を離れる。
男女共に異性にだらしがない。
歳上の異性と縁強く。
激しく欲情する。
これは日柱を見て読む。
沖になる干支の十二運も出る。
死も沐浴も旅好き、という風に。

◆ 最近のブログ  2 月 5 日
「 テレビが嫌いだ 」

僕はテレビが嫌いだから見ない。
だからテレビを持っていない。
テレビのドラマを大衆的としたならば、
僕は大衆的なものが嫌いなんだとなる。
自分に役に立たないから嫌いでもある。
テレビがトレンドなモノを発信しているとは感じないし、
トレンドなモノを良いとは感じないからだ。
人の生活を邪魔して欲しくないと感じるのは。
流れるNEWSが、下らないものと感じる。
テレビが本音を発信していないから、そう思えるのだ。
ジャーナリズムではないし、
ジャーナリストと思える人もいないからだ。
お笑い番組?笑いたくないし、笑えない内容だ。
テレビに見る時間を費やすほど、自分は暇でもないし、
その時間があるなら、映画や音楽を、また料理を作る時間とする。
必要なトレンドは自分で見つけることが出来るし、
必要性のないトレンドは取り入れない。
テレビでは僕の興味のあることが、流れてこないから。
これが一番、テレビが鬱陶しい理由と言える。
かといって、ネットもたいして見ないし。
占い師とは、こんな生活の中で生きながら、
ひたすら勉強しているものだろう。
ベストな状態で、たえず客と話をしたいからだ。
昔から、テレビで暇をつぶさなかった。
テレビにない世界を探して生きてきた。
言うなら、テレビの料理番組が食文化を食い物にしているからだ。

◆ 最近のブログ  2 月 4 日
「 親 」

親を敵視すること。
親を恨むこと。
親が悪いのだ。
こんな人は、生きていくことが辛かろう。
あまりに親が厳しかった。
親が無責任だった。
今の私は親のために、こうなってしまった、と嘆く人。
そんな人は、親の生き様や、
親の過ちをまずは許してあげることから、再生できます。
せめて気持ちの中で許してあげて下さい。
親を一生、恨んでどうなるというのか。
親にもなすすべが無かったのだ、と思ってあげてやらないと。
人間の限界、愛情の限界、これを無限と錯覚してはならない。

◆ 最近のブログ  2 月 3 日
「 運命そして宗教 」

運命を考えたら、
なんと人により異なり、違うとかと思うはず。
つまり時間の質が違っていることを知ることになる。
まさしく絵に描いたように、人の運命の違いに驚かされる。
自分は自分に相当する時間の流れに流されているのだ。
これは解るはずだ。
相応しくない時間であるならば、自分で意識を、考え方、
価値観を改革しなければならない。
これが理解出来るのでばあれば、実践して出来るとはず。
それを悟る人は運命を変えることが出来る、となる。
人は自分の時間の中に生き、時間そのものが人生となる。
やがて時間は、その人を時間と共に生かしていく。
幸せになるとは、自分の時間の質を高めたり、
浄化したりすることだ。
人は自分の心の中に住んでいる。
人間が修行をするのは、邪念から解き放されたいからだ。
生きること事態が修行でもある。
それが出来たなら、宗教は実用的とは思えないだろう。
信仰と信心は違う。

◆ 最近のブログ  2 月 2 日
「 24時間 」

時間は1日24時間。
これは人には同じように流れる。
が、北半球と南半球では、また沖縄と北海道では
時間に自然界の影響が加わるので、時間の質が、厳密には異なる。
これをさらに突き詰めたなら、人により考えること、考え方、
価値観、気質、性格、年齢、男女、子供、趣味、食べるもの、
聴く音楽の違い、見る光景、香るもの、触るもの、着ている服の色、
髪型、化粧の違い、生活の習慣、住居、接する人、仕事の内容、
などが時間の質を変える。
この違いがあるからして、人の運命が個人により違うとなる。

◆ 最近のブログ  2 月 1 日
「 整骨院 」

北九州市ではコンビニの件数を凌ぐ数の整骨院。
技術者を次々に卒業させる学校。
生徒の就職先は学校系列の整骨院が多く、
個人で人手不足に悩む整骨院には求人をかけても面接さえゼロ。
技術力のない整骨院は食うために保険の不正請求が横行し、
バレて営業停止に。
この煽りは鍼灸院の不景風を起こす。
真面目にやっている整骨院が気の毒。
専門学校の経営者は罪なことをしている。
医学界の問題は整骨院にも起こっている。
マスコミよ、不倫報道なんかくだらないことはやめて、
硬派な問題にメスをいれよ!
優秀なジャーナリストを育てよ。

◆ 最近のブログ  1 月 31 日
「 歯みがき粉 」

歯みがき粉が粉でなくなった。
新しい名前があるのか?と歯医者さんに尋ねると、
まだ歯みがき粉だそうで、
確かに粉であった昔のままだね、と疑問にうなずいていた。
可笑しな日本語は健在なりだ。
占いが、いらない、うれない、いたらない、
あたらない、にも成りかねないように、
占い師の皆さんはしっかり勉強しないと。
売れない占い師は要らない、となる。

◆ 最近のブログ  1 月 29 日
「 弱い強い 」

弱い人ほど強がる。
弱い人ほどネコを飼う。
強い人ほど威張らない。
強い人ほど犬を飼う。
猫は水、犬は土。
水の人は涙を流す。
悲しくても可笑しくても、また気持ちが良すぎても泣く。
泣くほど感じる女性は水の人。
泣いたり笑ったりするほど、解放されたら女性は幸せ。

◆ 最近のブログ  1 月 28 日
「 十二運すばり」

十二運すばり。
帝王は若くして頭角を表す。
目立つ、人気あり、平和主義も裏切られやすい。
建禄は歳相応な行き方。
野心はなく地道に楽しく生きたい。
冠帯は拘り、美的センス、頭が良い、工夫、
ロマンチストも傷つくと深傷で生き方を変えて
神の生き方に近くなる。
沐浴は自分に素直すぎて人には無頓着。
頭は賢く、要領が良い。
長生は競争意識薄い。
平凡を好む。
続く

◆ 最近のブログ  1 月 26 日
「 占い師の才能 」

占い師に才能は必要か?
才能よりも優しさが一番。
コミュニケーション能力。
観察眼。知的好奇心。
言葉を選ぶことが出来る人。
質問がしっかり出来る人。
言いにくいことも優しく言える人。
ボジティブな考えかたの出来る人。
相手の目を見て話せる人。
自分の過去を話せる人。
すぐ親しくなれる人。
さまざまな恋愛、修行的仕事をした人。
自分が片寄った宗教に洗脳されていない人。
音楽や映画、書籍に引かれる人。
お金を安くしてあげたいと思える人。
社会への矛盾をかんじたことのある人。
うらないの結果を自分が実践する好奇心と勇気、ある人。
自分の実力に合ったお客さんしか来ません。
自分には手強い人は、引き寄せられてきません。
結局は経験こそが生きた教科書となります。

◆ 最近のブログ  1 月 25 日
「 人生に影響を与えた 」

その後の人生に影響を与えた、
今回はロック、ポップスの括りであげてみる。
ブロコルハルムの、青い影。
ホリーズの、兄弟の絆。
ジョン・レノンの、ジェラス・ガイ。
フライング・ブリッドの、コロラド。
アルバート・ハモンドの、カリフォルニアの青い空。
ビーチ・ボーイズの、神のみぞ知る。
ディランの曲で、バーズの、昨日よりも若く。
オーティス・レディングの、トライ・ア・リトゥル・テンダーネス。
ストーンズの、アウト・オブ・タイム。
またの機会に。

◆ 最近のブログ  1 月 24 日
「 土用 」

土用は年に四回ある。
今年は1月17日から2月3日まで。
4月17日から 5月5日まで。
7月20日から8月7日まで。
10月21日から11月7日まで。
土用は季節の変わり目の土が大過する日々で、胃腸が弱りやすい。
火、木、水の陰陽日生まれの人は逆に弱くなる。
木の人は妊娠しやすくなる。
土の人もしかり。
病気になりやすくもある。

◆ 最近のブログ  1 月 23 日
「 マクロビオティク 」

白砂糖をキビ糖に。
塩を天然塩にまず変えることが、マクロビオティクの基本。
その塩と砂糖で味付けをする。
食パンをお米またはコメパンに変える。
チェーン店のハンバーガー、カレー、
チャンポン、ラーメンは食べない。
ジャンクフード、コンビニのオデン、
コンビニ弁当の醤油は使わない。
チェーン店のコーヒーは飲まない。
缶コーヒーは駄目。
マーガリンもだめ。
苺ジャムはだめ。
リンゴから作る苺ジャムは安くてあるが添加物が多すぎる。
流行りのカフェのチェーン店の
生クリームを使うお菓子のようなコーヒーは駄目。
回転寿司はイクラ、トロ鉄火は駄目。
ミカンの缶詰だめ。冷凍の魚だめ。
オリーブ油も瓶要り以上のものを。
テレビは1日二時間以内。
綺麗な色の食べものは危険。
肉の霜降り危険。

◆ 最近のブログ  1 月 22 日
「 30年変わらない 」

ベートーベンの交響曲第6番-田園は
ショルティ指揮、シカゴ交響楽団。
モーツァルトの交響曲第40番は
コリン・ディビス指揮、スタアカーペル・ドレスデン。
バッハのブランデンブルグ協奏曲は
カール・ミュンヒンガー指揮、シュトウットガルト室内管弦楽団。
バッハのバイオリン協奏曲は、ツインマーマン。
これが30年変わらない。
沢山聴いたが変わらない。
女性はカラヤン、バースタインを好きと言う。
ハンサムだからね。

◆ 最近のブログ  1 月 21 日
「 食べ放題 」

食べ放題やら飲み放題が終わる時代が来る。
すでにそんなサービスを嫌う人が増えている。
サービスと勘違いして実は利益を得ているのは実は店側で、
食材の原価率を下げに下げているのが現状。
団体客を多く収容出来る店ほど有利な、飲み放題システム。
料理人の人件費を押さえる。
当然、面倒な仕込みは止めて、レトルトや冷凍品を使う。
すべてはソースで誤魔化せる。
素人には味なんて解るものか。
そんな居酒屋が増え続けた今、陰りが見えてきた。
農業がダメになる原因は農協や政府にあるだけでなく、
居酒屋とアルコール業界と客席にある。
こんなところにロボットが入り込むと、
バカな日本人がさらに増える。

◆ 最近のブログ  1 月 20 日
「 会社で働く 」

能力のある人とない人が会社で働く。
能力のない人は頑張らないと仕事がこなせない。
だから自分は一生懸命やっていると思い、能力がないからとは思わない。
能力のある人は能力があるから一生懸命やらなくても仕事がこなせる。
この違いが有る限り、会社で悪口を言われる人、
悪口を言う人がいて当たり前になる。
人事評価を本人が採点すると、能力のない人は必ず、自己評価が高くする。
他人の仕事を見ていない、見えていないからだ。
やらされているという意識が強く働くのが、能力の低い人の意識だ。
大概、親が甘いか、回りに優秀な人がいなかった為になってしまう不感症だ。
会社の方針、給与体系が悪いから被害者が出てくる。
能力があっても手を抜く人がいる。
会社にとっては最低人間だが、辞めないからまた頭に来る人が出てくる。
会社が嫌なら、辞めなさい。

◆ 最近のブログ  1 月 19 日
「 創作料理 」

小倉北区大手町にある創作料理のLip−リップに久し振りに食事に行った。
入江ownerシェフの創る料理に感動してしまった。
フレンチのソースが決め手を超越した塩を用いた、による味付けに、
プロの真髄の味にうなされたわけだ。
シンブルな味。素材の持つ味を殺さずに、活かした味。
現代人が味わうことを疎かにしてしまった素材の味付け。
これが神の味だと感謝の心が自然に湧いてくる。
濃いソースの料理は誤魔化しの味であると気付いた。
北九州にこんな素晴らしい創作料理を作る料理人がいることを知ってほしい。
神の味を口にすると、バカな味に振り回されていた自分が愚かであると悟った。
この日を期に、僕も変わった気がする。
貴方も料理による洗礼を受けてみては? 薄汚れた価値観が変わる。
素直に生きることの大切さを思い起こせる。
金かね言う馬鹿を嫌いになる。
いつでも死んでいい気になった。
一皿の料理が人生を変えてくれた。

◆ 最近のブログ  1 月 18 日
「 優れた占い師 」

優れた占い師とは、美言信ならず、の人でなくてはならない。
また、升をもって石を量る、のことわざがあるように、
小人物では、大人物を理解できない。
精神科医の前でたじたじする女性をみて、手を握ってあげる。
それだけで女性の気分が良くなることが解る医者こそ、名医である。
その例えが優れた占い師を語ったつもりだが。
言葉だけでは相手を癒すには限界がある。
手を握って、とは例え話しで、いい気で、
相手のいい気を出してこそ名人。
いい気を相手に笑顔、語り、仕草、間の取り方で放つ。
そうすれば、相手の心が開かれるのだ。

◆ 最近のブログ  1 月 17 日
「 親子の愛 」

親に対する憎しみは狂気に感じるが、
その憎しみの中にもわずかな理性が潜む。
また親の愛に満たされと思う人の感情の中にも、ある種の狂気が潜む。
親子の愛は伝わったか、伝わっていないかの違いだけに過ぎない、
シンプルな問題である。
それに比べて男女の愛は、ある意味ではかなり狂気に近いものがある。
まるで麻疹のようで、老いてかかる麻疹ほどたちが悪くなる。
親離れできる人は、若くして男女の愛に苦しんだ人と、
相場は決まっている。

◆ 最近のブログ  1 月 16 日
「 サラエボ 」

サラエボ、希望の街角。
この国で占い師は存在出来ない。
そう感じたら、日本はいい国じゃないか?
日本ではきっと底辺辺りで生きた方が罪がない人生を送れると思う。
サラエボ、希望の街角は映画だ。
不妊治療は良いか?
こんなテーマは産めよ増やせよの国策に、宗教は関知しないか。
多重婚も国策か? さて、カレーを作るか。
我が道を行く。
貴方も我が道を行きなさい。

◆ 最近のブログ  1 月 15 日
「 早熟 」

中学時代の3年間、片想いをし続けた女の子とは、
一言も話すことがなく卒業。
僕は男子校のような高専に。
まだ仮設校舎が大手町で、
昼休みには女子高生を眺めたくて図書館によく行った。
そこで中学時代の片想いの女の子と再会。
一緒に行った友達の幼馴染みとかで、今にして話が出来た。
今度は彼女からアプローチが。
家に呼ばれ手作りの食事とビールを。
誰もいない。両親が離婚。父親はキャバレーのジャズマン。
朝まで帰らない。隣の部屋には布団が敷かれ。
一時間で逃げるように帰った。
帰りに、貴方ってセックスに関しては子供ね!と言われた。
童貞だからとは言えず、
あの彼女が早熟になるのも仕方ない、と家庭のことを考えたり。

◆ 最近のブログ  1 月 14 日
「 PTSD患者 」

歯槽膿漏と歯周病は、歯科の2つの派閥により、
使い分けが行われていたが、
これが統一されて近年、歯周病となった。
医学界にも派閥があり、東大の精神科では催眠療法が昔は盛んだった。
自立訓練法なるもの、これも一時、東大派で取り入れられたりしていた。
が、これは逆効果になる患者があることから、今は民間療法の域に。
PTSD心的外傷ストレスが日本でも一般化されたのは25年くらい前から。
これをパニック症候群と人括りに日本ではされるが、
重度のPTSDは実は入院を必要とする。
鬱と神経症の同時併発で、かなり苦しい症状で死にたくなるほど苦しい。
日本では戦争は基本的に、ない、ことになっているから、
あいまいな自律神経失調という病名に置き換えられる。
映画、地獄の七人では、
ベトナム帰りの兵士の苦しみをかなりリアルに描いている。
ランボーもPTSD患者だが、娯楽作品としてヒットしたため、
強いやつに変わってしまった。PTSDに陥ると、死にたくなるし、
死んだ方が楽と思える。約20年間、僕も苦しんだ。
やたら暴力的な喧嘩がしたくなるし、相手構わずに。
殺されてもいいとなり、なった。

◆ 最近のブログ  1 月 13 日
「 洋画 」

毎年、約500本の洋画DVDをレンタルや購入して観ている。
これを7年続けると、レンタルでの限界が来る。
購入でも手頃価格には限度が来てしまう。
1本が3000円以上するモノには手を出せないので、
観たいと思っても諦める。
オークションで10000円などの高い価格で
廃盤モノを出している人の嫌な性格を怨みたくなるものだ。
実際は怨まないが。
アメリカ映画とは縁が薄れ、
フランス美人とのお付き合いにも頻度が低下、
イタリア美人にも会えなくなり、
次はスペインやらブラジル、ドイツ、中近東まで
足をのばすことになる。
そうして見ると、アメリカを嫌っている
フランス、イギリス、スペインを知ることが出来て、
新聞やテレビよりも面白いと感じて、益々、テレビが嫌いになる。
日本の悪口が出てくるアメリカ映画もあるが、
アメリカを嫌うヨーロッパ諸国の在りかたを知ると、
日本と韓国とのゴタゴタは当たり前に思えてくるし、
韓国の意識にも疑問がわいてくる。

◆ 最近のブログ  1 月 12 日
「 強い人と弱い人 」

強い人は(将棋の名人、一流のプロ選手、など)は安定に強く、
弱い人は変化に強い。
弱い人にはハプニングが味方する。
強い人はハブニングに弱い。
ハプニングや不安定な状況が生じると
実力が百パーセント出せないから、強い人には奇襲作戦が功をなす。
相撲の世界では、小柄な力士ほど技が多く、
かの横綱・栃ノ海は小柄ながらも、名横綱・大鵬を破り優勝を成す。
競馬でも雨の重馬場では強い馬が負けることがある。
馬を奇襲作戦に操り、まさかの馬が勝つことが出来るのは、
騎手の才能でもある。
仕事社会でも奇襲作戦が成功となるのは、
その人の才能よりも作戦がハプニング。
まさかの花が咲くのだ。
まさかの巧妙力を生物は宿しているからだ。

弱い人は安定の中では生き辛い。
安定の中で生きられるのは強い人だからだ。
なら弱い人は不安定な職場で活路を見出だせる。
東大卒業の人が銀行では通用しないのは、実は強そうで弱い人だからだ。
世間の荒波に耐えれない知識だけの世界に生きていたからだ。
高学歴の人が医学や政治家になりたいのは、
弱いから安定したいからで、実は強くない。
そこに日本の病原があり、庶民が勘違いしている罪でもある。
強くて庶民の味方となる政治家が求められているのを阻害しているのが、
ダメな弱い人間の政治家達だ。
学歴社会は弱い人間の傘になってしまった。
田中角栄は、だから凄い政治家だった。

◆ 最近のブログ  1 月 11 日
「 狐屋と狸屋 」

街中には狐屋と狸屋がなぜか流行る。
手前味噌ほど不味いものはなく、
自画自賛の北九州名物を看板に出すタネキオヤジの店がある。
北九州名物て不味い!ラーメン屋の意味?
老舗ぶってるから年寄りが好きな店。
狐屋がまだある。井筒屋の品がいい。
政治家は偉い、歌舞伎は素晴らしい。
の洗脳を地でいく老舗。
なんとレトルトに冷凍を使ったメニューに
千円以上払う人が多いから、狐騙しの飲食店は大盛況。
アメリカンナイズ指針の飲食店がはびこる。
ハッキリと言って、焼鳥は一本が百円はバカ高い。
庶民価格のはずが、焼き鳥の食文化が崩れた。
一本60円の店を探せ。
それが焼き鳥の適正価格だ。

◆ 最近のブログ  1 月 10 日
「 筆または万年筆で書きたい 」

金という字は切れ味の良い斧をイメージして描く。
筆または万年筆で書きたい。
浜崎あゆみだから。
水という字は実態が掴めないから、水を浴びた清々しさと、
冬の雪のような魅惑をもって筆または万年筆で描く、書く。
柔らかさを感じながら。
火は太陽のイメージより、燈、野焼きの豊かさ、
花火の優雅さ、威勢のよさを表さなければ、尽きる火になる。
太く激しく、漆黒に筆または万年筆で描く。
土は穏やかに豊かに、また山のように悠々と、
チベットの轟々しさを筆または万年筆で堂々と描く。
木は樹齢300年を描くも花のような、可憐さ、
賢さを表す生き物らしく描かねばならぬ。
万年筆を使う方が女性的で優しい母性が香りが漂う字となる。
文語が口語よりも美しい所以に。

◆ 最近のブログ  1 月 9 日
「 欠点だらけ 」

他人のせい、親のせい、学校のせい、
会社のせい、社会のせい。
確かにみな、欠点だらけ。
あまり関わって生きたくないのも当然。
関わりたくないなら、
貧しく生きても、ダメで生きても、いいよ。
ただ人には迷惑をかけるなだ。
怒りで爆発寸前の人たちが、多かろうな、と感じる。
尊厳を保つことがボランティアになる人もいるだろうし、
ペットを可愛がることになる人もいるだろうし、
家を建てようとすることになる人もいるだろうし、
結婚をしたい、したくない、となることもあるだろう。
たちが悪いのが、人を虐めて気分が良くなるタイプの人。
自愛の裏返しで、これは良くない。
虐めている意識がなくなっているなら、病気だ。

◆ 最近のブログ  1 月 8 日
「 占いの区別 」

占いを信じない人は、信じないでいい占いと、
信じた方がいい占いの区別さえ出来ない人が言う。
占いを信じすぎる人も、占いの区別がつかない人だ。
占い師が優れた占術を出来るか出来ないかは、
占い師の人間性と研究心の強さ、いい加減な学問が嫌いか、
東洋医学と西洋医学を理解出来ているか、頭が良いか、
学歴がある程度優れた人、苦労が栄養になった人格者か、
恋愛経験が豊富か、性に長けているか、
料理、音楽、文章が巧みか、何かしら心に傷を持っているか、
親に感謝している心を持った人か、雑学に詳しい人か、
ギャンブルに悟りを開いた人か、魚釣りをした経験があるか、
右翼でも左翼でもない人か、などが求められる。
無宗教であることも必要。
詐欺をしない人も条件となる。

◆ 最近のブログ  1 月 7 日
「 里帰り 」

里帰りした若い男女の方達が、先週は沢山、いらっしゃいました。
仕事に関してのお尋ねことが圧倒的に多かったのが、印象的でした。
皆さん、今の仕事が自分に不向きであることに気付いていました。
高学歴の方が特に多いのも最近の傾向です。
独立自営の出来る方は、そちらの方向に。
適職をされてない方も転職をしていく。
海外に行きたい方もまた多く。
tabletには前向きに生きる方がとても多くいらっしゃいます。
高専の後輩やら、小倉高校、明治学園、戸畑高校出身の方がやって来ます。
彼らは陰陽五行の理解力もあり、四柱推命を哲学としてみていく理解力を持っています。
皆さん、成功するに違いない。

◆ 最近のブログ  1 月 6 日
「 裏技 」

四柱推命に裏技がある。
料理の世界にも裏技なるものがある。
その昔、美味しいコーヒーを作るために、
なんと味の素を入れることをした喫茶店があった。
笑い話になるが。鰻の蒲焼きに水飴を使う。
パスタに昆布茶を振り掛ける。ポテトサラダにバターを溶かして入れる。
バナナジュースには卵のキミを入れる。
イチゴジュースには卵のシロミを入れる。
ホットケーキにはバターを溶かして入れる。
焼き飯はラードが美味くなる。
河豚指しは河豚を寝かせて新鮮さを落とした方が薄く切れる。
お茶は二番茶が美味い。
焼きうどんは乾麺を湯がいて五分間タオルにまいて使う。
ハンバーグステーキにゼリーを入れて増量させて焼くと、
肉汁らしいものが増える。
これは某ホテルの朝食で行われているが。
裏技にもイカサマがあるので要注意。

◆ 最近のブログ  1 月 5 日
「 福袋の話し 」

福袋の話し。
直営のブランド店は、本社から福袋が直接送られてくる。
個数が10個とか15個とか決まっている。
人気ブランドだけに初売りに福袋目当ての客が並ぶ。
悪賢いスタッフが10個の福袋を12個まで増やす。
福袋から一品づつ抜いて、2個の福袋を作る。
この2個分の売り上げは、スタッフの飲み代に変わる。
あるブティックであった話しだ。
正月からせこい話でした。

◆ 最近のブログ  1 月 4 日
「 今年は陽の木の男女は財の年 」

今年と言っても2月の節分明けからが、新年となります。
陰の土の亥年は、生日日干が陽の木の男女共に財の年になります。
仕事の運気が安定します。
異性運が安定します。
大運が敗財の方は、ローンは組まないこと。
保証人にはならないこと。
不動産を買わないこと。
結婚は控えること。
開運色は青、オレンジ、赤。
黒は夏生まれ以外の方は使わないこと。
黒い車に乗る人は、クッションに青、オレンジ、赤を用いること。
不合格になった人は今年の受験に再度チャレンジを。

◆ 最近のブログ  1 月 3 日
「 年号 」

平成に変わる年号が4月1日に発表される。
四柱椎命では西暦と、平成、昭和、大正までの
年号が同時に載った暦本が実際に今は必要。
若い方は西暦で生年月日を書かれることが多い。
昭和生まれは、西暦では生年月日を書かない。
2000年以降、西暦を用いる方が増えてきた。
昭和50年以降に生れた方々から多くなる。
カレンダーや四柱椎命の専門書を
印刷するにあたっては慎重になる。
四柱椎命の本は今、増刷やら新刊では出せまい。
年号が入れられないから。
西暦で生年月日を言える人に僕もなったが、
その方が幾分若く感じられるのは、
昭和と平成の区切りがないためだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ サイト管理人の一言 ■

今年は皇紀2679年です。
我が日本には、西暦以前に皇紀があります。
皇紀とは日本書紀に基づき、
神武天皇即位の年を元年と定めた紀元です。
皇紀元年は西暦紀元前660年であり。
今年は皇紀2679年となります。


◆ 最近のブログ  1 月 2 日
「 一身二生 」

一身二生と言う言葉がある。
一生の間に人が、これはと思える仕事を2つ出来るなら、
人間は幸せであり、人生は素晴らしいものであると言う、名言だ。
サラリーマンが退職して、例えば農業をする。
新聞記者をやめてから、異国の地に移住し豆腐屋を開く。
これは新聞社にいた清水さんの話だ。
おいらの街をやめて四柱椎命の占いをする。
これは僕だ。
子供の時に、一身二生の話を教えてあげるだけで、
人生を前向きに生きていける、と考えたりする。
人生はそう考えたほうが、人は大きくなる。

◆ 最近のブログ  1 月 1 日
「 新年のご挨拶 」

明けましておめでとう御座います。
tabletが皆さま方の聖地と成るように精進、活動していきます。
今年もよろしく。
新年は2日から営業します。

ページトップへ
Copyright (C) tablet All Rights Reserved.